close

Enter

Log in using OpenID

BMC Remedy AR System 7.6.04: Foundation - Part 2

embedDownload
BMC Software トレーニング詳細
BMC Remedy AR System 7.6.04: Foundation - Part 2
このコースでは、日本語講師によるレクチャーと Lab エクササイズを通して AR System 7.6.04 の管理とアプ
リケーションの構築を学びます。AR System のユーザアクセスの管理からアプリケーション全体の管理まで
管理者が行う作業について学習し、さらに AR System の開発とカスタマイズの基礎も学ぶことができます。
< コースカリキュラム >
1.BMC Remedy ARS7.6.04 – Foundation コース概要
2. Venizyne シナリオの説明
¾
BMC Remedy ARS7.6.04:Foundation course に
¾
Venizyne ケーススタディについて理解する
ついて
¾
コースフローを理解する
3.アプリケーションの作成と設定
4.AR System オブジェクトの作成とカスタマイズ
¾
展開可能なアプリケーションの作成
¾
レギュラーフォームの作成
¾
AR System グループの作成
¾
レギュラーフォームにパネルの追加
¾
AR System ユーザの作成
¾
レギュラーフォームにフィールドの追加
¾
AR System ロールの作成
¾
バケーションリクエストフォームにイメージの
¾
サーバーインフォメーションフォームの構成
¾
デフォルトパーミッションを明確にする
¾
アクティブリンクの作成
¾
パスワードポリシーの設定
¾
Message アクションの使用
¾
AR System プリファレンスの設定
¾
Commit Changes アクションを使用してリクエ
追加
ストの送信
¾
フィルターで Notify アクションの使用
¾
Display Only form の作成ト使用
¾
フィルターを使用してカンパニーポリシー強化
¾
アクティブリンクで Open Window と Push
Fields アクションの使用
¾
AR System でエスカレーションの使用
¾
AR System でメニューの作成
¾
AR System で Join Form の作成
¾
結果リストフィールドの作成
¾
AR System でホームページの作成
¾
Form View の作成とアタッチメントの追加
5.AR System でアプリケーションの管理
6. 付録
A:パフォーマンスチューニング&トラブ
ルシューティング
¾
列レベルアクセスの構成
¾
パフォーマンスゴ―ルの理解の必要性
¾
アクセスコントロールで Assignee Group の使用
¾
AR System ログファイルの作成
¾
Dynamic group の使用
¾
エフェクティブ
¾
Computed group の使用
¾
AR System 環境の監視
¾
Form 結果リストの定義
¾
インデックスの作成
¾
保存プロセスの作成
¾
監査プロセスの作成
¾
AR System データのエクスポート
¾
AR System オブジェクトのエクスポート
フォームの作成
※短期間のコースにカスタマイズした場合や講義の進み具合によってカリキュラムは変更することがあります。
詳細は、[email protected] までお問い合わせください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
100 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content