close

Enter

Log in using OpenID

家庭裁判所への相続関係の相談件数と遺産分割事件

embedDownload
はじめに∼
相続をめぐる最近の状況
最近の相続をめぐる紛争の状況
相続財産の51.2%、半数以上が、「土地」や「家
相続財産の内訳
屋」など不動産で占められています。
まずは、最近の相続の状況を確認していきまし
生前に相続について検討をしていない場合、不
ょう。
動産は分割が難しいため、残された家族がもめて
【図表1】は、平成24年の相続財産の内訳です。
しまうケースもあるようです。
【図表1】 相続財産の内訳
分割が難しい
不動産が
5割超
その他
11.1%
土地
45.9%
現金・預貯金等
25.4%
有価証券
12.3%
家屋 5.3%
国税庁「平成24年分の相続税の申告の状況について」より作成
遺産分割でもめることも……
この10年で約1.9倍に増加しています。
また、遺産分割事件の件数(家事調停・審判)
では改めて、相続に関する紛争について見てみ
も、この10年で約1.4倍に増加しています
【図表2】
。
ましょう。
相続における家事調停で話し合いがつかず、調
ここでは、統計データを基に、最近の相続をめぐ
停が成立しなかった場合には、審判手続きに移り
る紛争の状況を確認します。
ます。審判では、裁判官が遺産に属する物又は権
「平成24年度司法統計」(最高裁判所)により
利の種類及び性質その他一切の事情を考慮して、
ますと、家庭裁判所への相続関係の相談件数は、
結論を示すことになります。
【図表2】 家庭裁判所への相続関係の相談件数と遺産分割事件(家事調停・審判)
相続関係の相談件数
遺産分割事件
件
200,000
15,286件
14,029件
12,265件
150,000
11,223件
154,160
件
172,890
件
174,494
件
件
15,000
12,000
9,000
100,000
90,629
件
6,000
50,000
0
3,000
平成14年
平成19年
平成23年
平成24年
0
(注)相続における家事調停とは、相続人等の間の遺産分割に関する争いについて、家事審判官(裁判官)
と民間から
選ばれた調停委員が間に入り、非公開の場で、それぞれから言い分をよく聴きながら、話合いによって適切で妥
当な解決を目指す手続きをいいます。
最高裁判所「平成24年度司法統計」より作成
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
633 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content