close

Enter

Log in using OpenID

第 十 五 回 四 日 市 短 詩 型 文 学 祭 募 集 要 項 [ 短 歌 ] 第 十 五 回

embedDownload
第十五回四日市短詩型文学祭募集要項
[短歌]
切 り離 して 使用 して 下さ い
( ・新 かな づか い
名
本
年
学
℡
・旧 かな づかい )い ずれ かに ○
◇ 二 首一 組 と しま す 。
◇応 募 料 は 一組 一 ○ ○○ 円 で す。 但 し 、高 校 ・ 大 学生 は 五 ○○ 円 、 小・ 中 学 生は 無 料 。
応 募 料 は郵 便 小 為 替な ど を 応募 作 品 に同 封 し て下 さ い 。
小 中 学生 の 応 募者 は お 一 人一 組 に 限り ま す 。一 般 応 募者 は お 一人 何 組 で も応 募 で きま す 。
一 般応 募 者 と小 ・ 中 学生 の 入 選者 に は 後 日作 品 集 を進 呈 し ます 。
◇ 受 付 期 間は 平 成 二十 七 年 七月 一 日 (金 ) ~ 八 月三 十 一 日( 水 )。 但 し 、 小・ 中 学 生の 締 切 りは
九 月 十日 ( 土 ) とし 、 い ずれ も 必 着で す 。 受付 は 郵 送 に限 り ま す。
小 ・中 学 生 は学 校 名 ・ 学年 を 記 入、 学 校 単位 で の ご応 募 は 必ず 短 歌 ・ 俳句 な ど 部門 別 に 分け て 下 さい 。
外国 語 並 びに 点 字 によ る 作 品は 必 ず 訳 文を 添 付 して 下 さ い。
封 筒 の 表に 「 短 歌」 と 朱 書し て 下 さい 。 応 募 作品 は 返 却い た し ませ ん 。
◇ 作品 の 送 り 先
〒五 一 ○ ―○ ○ 五 七 四 日 市 市昌 栄 町 二一 ― 一 ○
( 一 社 )四 日 市 市 文 化 協 会
「第 十 五 回四 日 市 短詩 型 文 学祭 係 」 宛
お 問 い 合わ せ は 電話 ・ フ ァッ ク ス ○五 九 ― 三 五一 ― 三 七二 九 [ 月~ 金 曜 日午 後 一 ~五 時 ( 除 祝祭 日 )]
◇ 入賞 者 に は 十月 中 頃 まで に 、 一般 の 応 募者 に は 本人 宛 、 小 ・中 学 生 には 学 校 宛に そ れ ぞれ 通 知 し ます 。
◇賞 一 般の 部 に は四 日 市 市 長賞 、 四 日市 市 議 会議 長 賞 、四 日 市 市 教育 委 員 会賞 、
四 日 市 市文 化 ま ちづ く り 財団 賞 、 四 日市 市 文 化協 会 賞 、C T Y 賞お よ び 佳 作を 贈 り ます 。
小 ・ 中学 生 の 部に は 優 秀賞 、 奨 励賞 、 C T Y賞 を 贈 りま す 。
◇選 者 ( 五 十音 順 ) 高井 睦 朗 ・三 原 香 代・ 森 田 治 生
◇ 表 彰 賞式 は 十 一 月三 日 ( 祝) 午 後 二時 三 ○ 分よ り 四 日市 市 文 化 会館 第 3 ホー ル に て行 い ま す。
同 日 午後 一 時 三〇 分 か ら同 館 第 三 会議 室 に て小 中 学 生の 皆 さ んに も 楽 し んで 頂 け る「 四 日 市の 民 話 」を
テ ーマ に し た講 演 会 を開 催 し ます 。 お 早 めに お 出 掛け 下 さ い。
◇ 応 募 作 品の 合 評 会は 当 日 、十 一 月 三日 ( 祝 ) 午後 ○ 時 より 同 館 第二 会 議 室で 行 い ます 。
会 費 は四 ○ ○ 円 です 。
◇ この 用 紙 は四 日 市 市文 化 協 会 のホ ー ム ペー ジ か らダ ウ ン ・ロ ー ド で きま す 。
名
校
(ふりがな)
第十五回四日市短詩型文学祭応募用紙
所
住
前
名
[短歌]
〒
小中
学生
*小 中学 生で、学校 で取 りまとめて応募 される方は校 名と学年 のみ。個人 で応 募される方 は校名 、学 年の ほか
ご 住所 も記 入して くだ さい 。
受付 №
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
295 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content