close

Enter

Log in using OpenID

26 25 広島大学 松川 寛二 スポーツ時の運動筋血流量はメンタルトレ

embedDownload
スポーツ時の運動筋血流量はメンタルトレ
ーニングにより増強できるか?
研究代表者
広島大学
松川 寛二
スポーツ時には、活動している骨格筋組織へ血液供給
が増加して代謝を高めています。この場合、筋活動によ
って作られた物質が血管内腔を拡げ血液の流れを多くし
ています。本論文は、運動開始時に交感神経系の働きよ
り筋肉への血流が増し、運動準備状態を作るのではない
かということについて検討したものであります。
超音波カラードップラー血流計などを用いた結果、運
動をイメージした時に骨格筋への血流が多くなりました。
この現象は、高次中枢からの交感神経性調節により血管
が拡張されて起こるものであろうと結論付けております。
これから推測すると、スポーツ時の活動筋への血液流は
メンタルトレーニングにより増強でき、運動のパフォー
マンスを向上できることに繋がります。そして、このよ
うな調節は短時間の瞬発的な競技スポーツにメリットを
与えるものと考えています。
メンタルトレーニングで活動筋への血流量が増強できる。
50
イメージ開始
イメージ終了
0
60
上
腕
動
脈 25
血
流
量
の
変 0
化
︵
%
︶
−60
−30
30
90
120秒
運動イメージ
25
26
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
382 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content