close

Enter

Log in using OpenID

平成25年度広島市安佐動物公園年報 p17~P26(pdf 約1530kb)

embedDownload
施設調書
1.土地
総面積
513,735㎡
使用面積 255,670㎡
2.建物
管理便益施設
施設名
構造
面積(単位:㎡) 築年数
管理事務所
2階建
延
528
42
RC造*1
飼育事務所
〃
〃
延
396
25
調理室
鉄骨造
平家建
123
42
動物病院
RC造
2階建
延
441.14
23
資材倉庫
軽量鉄骨造
平家建
77.76
39
わら倉庫
鉄骨造
〃
124.44
37
非常資材倉庫
〃
〃
42
40
堆肥積出施設
〃
2階建
延
216
14
駐車場詰所
〃
平家建
4
40
受電室
RC造
〃
70.8 42以上
ポンプ室
〃
〃
2.52
28
灯油庫
〃
〃
3
28
ボイラー室
〃
〃
4.71
28
焼却場
軽量鉄骨造
〃
71.25
42
西園サル舎管理棟
プレハブ軽量鉄骨造
〃
29.16
27
公舎 (3号)
鉄骨造
〃
63.96
42
〃 (4号)
〃
〃
53.32
42
〃 (5号)
〃
〃
48
42
動物科学館
RC造
2階建
延 1,021.17
26
こども動物園管理棟
〃
一部2階建
延
413.55
12
(軽食喫茶どんぐり含む)
なかよしホール
鉄骨造
平家建
165.85
12
野外ステージ
補強コンクリートブロック造
〃
334.68
42
食堂
RC造
平家建(150席)
513.97
42
正門売店
鉄骨造
平家建
62.58
42
みはらし売店
〃
〃
18
42
ふれあい売店
〃
〃
36.9
29
野鳥の森便所(西園サル舎横)
RC造
カラールーフィング葺平家建
32.83
32
正門身障者便所
〃
平家建
5.25
18
山の手便所(ピクニック広場)
〃
陸屋根平家建
30.15
32
山の手身障者便所
〃
陸屋根平家建
5.25
18
動物科学館前身障者便所
17
〃
平家建
12.5
花園便所(キリン舎裏)
〃
〃
32.72
42
花園身障者便所
〃
〃
5.25
18
庭園便所(アフリカスイギュウ舎横)
〃
〃
32.72
42
庭園身障者便所
〃
〃
5.25
18
中央便所(野外ステージ横)
〃
〃
32.72
42
中央身障者便所
〃
〃
5.25
18
展望台便所(展望広場)
〃
〃
17.84
42
展望台身障者便所
〃
〃
5.25
18
荷物一時預所
軽量鉄骨造
〃
15
21
ログハウス
木造
〃
51
20
横断陸橋
鋼橋
(長さ49.50m)
17
ベビールーム・救護室
軽量鉄骨造
平家建
24.3
17
-17-
動物収容施設
面積(単位:㎡)
施設名
構造
フラミンゴ池
ヒヒ山
シマウマ舎
キリン舎
ゾウ舎
ハイラックス舎
サイ舎
スイギュウ舎
類人猿舎
サル舎
チーター舎
はちゅうるい館
はちゅうるい野外飼育場
ラクダ舎
マレーバク舎
白鳥池
キツネ・タヌキ舎
クマ舎
シカ舎
大鳥舎
イノシシ舎
ワシ・タカ舎
トラ・ヒョウ舎
ライオン舎
コンクリートブロック造
建物
8
FRP製擬岩
RC造 地下1階地上2階建
477*2
〃
平家建
224.5
*2
〃
〃
271.25
〃
〃
955.75*2
〃
〃
56
〃
〃
176.8
〃
〃
99
〃
〃
272.75
〃
〃
138.45
木造
〃
149
RC造 2階建
522.56*2
鉄骨造 平家建
39.04
RC造
〃
84
〃
〃
110.25
放飼場
(水場含む)
モート・
植栽等
計
築年数
501.45
81.87
591.32 42
467.1
944.1 16
3,352.00
186.5 3,763.00 43
3,913.09
192 4,376.34 43
1,587.92
675.81 3,219.48 29
71.25
39
166.25 42
1,374.37 1,230.79 2,781.96 42
853.46
915.17 1,867.63 42
121.82
213.16
607.73 43
68.2
41.16
247.81 42
949.41
211.83 1310.81
1
522.56 40
44.44
83.48 33
601.87
685.87 42
360.02
470.27 15
コンクリート造
1,800.00
1,800.00 42以上
〃
〃
45.8
289.8
121
456.6 42
〃
〃
93
145.46
130.92
369.38 42
木造
〃
96.5
742.24
50.4
889.14 42
合成網張
鉄骨造
8.64
390
398.64 42
木造 平家建
24
196.6
220.6 42
鉄骨造
〃
60
39
99 42
RC造
〃
120
153.28
54
327.28 41
〃
〃
150
401.28
179.98
731.26 42
こども動物園
(ぴーちくパーク)
(全体面積 5,189.00㎡)
どうぶつ子育ての家 鉄骨造 平家建
87.98
87.98
くじゃくの家
〃
〃
116.32
54
8.8
179.12
ポニーの家
〃
〃
93.38
272.26
16.12
381.76
ことりの家
〃
〃
154.03
101.04
23.1
278.17
ヤギの山
RC造
〃
108.45
63
171.45
わくわく広場
672
672 13
ウサギ・テンジクネズミ舎 鉄骨造
〃
40.57
30
70.57
ステンレス網張
リス舎(大・小)
〃
18.02
11.47
29.49
*4
一部ガラス張
コンクリート造
34
34
ぺんぎんぷーる
カメ池
〃
18
18
インコの森
鉄骨造
27.47
13.65
68.59
砂利敷
コンクリート造
69.44
64.25
133.69
さらさら川*5
カモシカ舎
木造 カラールーフィング葺平家建
59.3
781.41
111.05
951.76 29
ツル舎
鉄骨造
ステンレス網張
566.03
71.4
637.43 22
シロフクロウ舎
RC造 平家建 一部ステンレス網張
22.5
52.5
19.32
94.32 27
レッサーパンダ舎
〃
〃
115.5
74.25
39.18
228.93 27
レッサーパンダ予備放飼場 鉄骨造
〃
ステンレス網張
83.84
83.84 24
一部鉄骨
ステンレス網張
西園サル舎
RC造
〃
36
60
30
126 27
カワウソ舎
〃
〃
105.33
48.33
14.13
167.79 22
シフゾウ舎
木造
〃
140
716.56
183.48 1,040.04 16
ふ卵育雛室・予備飼育室 鉄骨造
〃
一部金網張
198
198 22
オオサンショウウオ保護増殖施設
飼育水槽設置・管理棟
8.75
570.3*3 16
第2クロサイ舎
RC造 平家建
81.38
208.6
289.98 15
ヒヒ仮獣舎
鉄骨造
〃
ステンレス網張
80
80 17
ミーアキャット舎
RC造 平家建
11
40
51 42
*1:RC造=鉄筋コンクリート造 *2:総面積 *3:敷地面積(有効面積は389.00㎡) *4:あひる池を改修 *5:橋より上流除く
-18-
3.駐車場
駐車場名
面積(㎡)
駐車可能台数(台)
第1有料駐車場
6,472
275(221)
第2有料駐車場
5,341
241(195)
第3有料駐車場
17,627
683(513)
無料駐車場
557
25(17)
計
29,997
1,224(946)
( )は内数で駐車枠数
4.工作物
わんぱくとりで
96.00㎡
ぽちゃぽちゃ池 41.18㎡
(さらさら川上流)
境界柵
4,725m
外 柵
3,288m
人止柵
3,031m
外 灯
61基
井 戸
3ヵ所
日除棚(藤棚)
16ヵ所
東 屋
3ヵ所
常設テント
1ヵ所
汚水処理場
1ヵ所
動物観察テラス
2か所
-19-
-20-
ログハウス
散策道
どんぐりの森
安佐動物公園平面図
シフゾウ舎
カワウソ舎
ちょうやく広場
あしあと広場
カモシカ舎
ツル舎
大鳥舎
ウサギトンネル
便所
管理棟
インコの森
くじゃくの家
ポニーの家
なかよしホール
ペンギン・カメ
さらさら川
わんぱくとりで
喫茶
どんぐり
ことりの家
わくわく広場
ヤギの山
ぴーちくパーク詳細図
レッサーパンダ舎
シロフクロウ舎
自販機コーナー
どうぶつ子育ての家
西園サル舎
便所
展望台
ピクニック広場
便所
イノシシ舎
貯水池
レオガラス
ライオン舎
食堂
わら倉庫
便所
展望広場
便所
ミーアキャット舎
スイギュウ舎
ぴーちくパーク
野外ステージ
はちゅうるい館
詰所
第1有料駐車場
便所
正門
動物病院
受電室
資材倉庫
第2有料駐車場
焼却場
キリンテラス
第2有料駐車場
キリン舎
ハイラックス舎
サバンナテラス
便所
動物科学館
便所
フラミンゴ池
ベビー
ルーム
シマウマ舎
無料駐車場
調理室
飼料倉庫
予備飼育室
飼育事務所
ふ卵育雛室
ゾウ舎
案内所 管理事務所
荷物一時預所
正面売店
ヒヒ山
リクガメ広場
ライノテラス
サイ舎
チーター舎
便所
堆肥積出施設
ラクダ舎
サル舎
チンパンジー舎
自販機コーナー
ワシ・タカ舎
白鳥池
トラ・ヒョウ舎
パンセラビュー
キョン舎
ブラックバック舎
クマ舎
マレーバク舎
キツネ・タヌキ舎
第2クロサイ舎
汚水処理場
第3有料駐車場
公舎
0
オオサンショウウオ
保護増殖施設
50
100m
動物科学館企画展示実施状況
企画展示名
期間
内容
動物と消防の写生大会
入賞作品展
4月13日(土) 園内の動物と消防車が描かれた、動物画の入
~4月21日(日) 賞作品を展示。
動物写真コンクール
入賞作品展
4月27日(土) 動物園や野生の動物、ペットなど身近な動物
~5月26日(日) を被写体とした写真の入賞作品を展示。
こども写生大会
入賞作品展
6月8日(土) 園内の動物たちがのびのびと描かれた、幼
~7月7日(日) 児・児童・生徒による動物画の入賞作品展。
企画展示
「チーター」
地上最速の動物「チーター」が速く走れる秘
7月20日(土)
密や、生態についてパネルや標本を展示して
~9月16日(祝)
解説。
亀井 由美子
「紙の恐竜展~進化の道~」
造形作家 亀井由美子氏による再生紙や再生ハ
9月28日(土)
ンガーなどを使って作製した恐竜や動物たち
~11月3日(祝)
を進化の道筋をたどりながら展示。
動物画コンクール
入賞作品展
11月10日(日) 園内の動物たちがのびのびと描かれた、動物
~12月1日(日) 画の入賞作品展。
市民公募展
「広島市立大学芸術学部日本画
専攻一年生による動物画展」
12月14日(土) 広島市立大学芸術学部日本画専攻一年生によ
~1月13日(祝) る動物画の作品展。
市民公募展
「カワセミブルーに魅せられ
て」&「カモの木彫り展」
地元安川に生息するカワセミに魅せられた小
1月25日(土) 西秀信氏と仲間たちの写真展と、「本物より
~2月23日(日) も本物らしく」を追求した菊田カービング
ダック教室の作品展。
市民公募展
ビーズアクセサリー作家山田恵美氏とその生
3月8日(土)
「山田恵美 ゆかいな仲間たちと
徒さんたちの作品展。動物をモチーフにした
~3月30日(日)
作るビーズワールド」
ビーズアクセサリー大小約60点展示。
動物科学館入館者数
(単位:人)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
合計
総入園者数
63,107 81,850 30,164 14,095 47,592 47,920 61,009 41,884 16,023 24,825 19,741 52,922
501,132
入館者数
20,508 22,954 14,100 9,191 25,607 21,648 21,944 17,016 7,956 11,205 9,632 19,275
201,036
対入園者比率 32.50% 28.04% 46.74% 65.21% 53.80% 45.18% 35.97% 40.63% 49.65% 45.13% 48.79% 36.42%
40.12%
-21-
動物愛好会主要行事
行事名
第248回例会
実施日・期間
平成25年
4月14日(日)
行事内容
飼育係の話
「チーター導入に向けて」
チーター舎見学
参加者数
嶋田浩明
飼育・展示課技師
第249回例会
飼育係の話
「エリマキキツネザル人工哺育」
6月 9日(日)
エリマキキツネザルの子ども見学、
大鳥舎見学
第94回自然観察会
6月16日(日) 安芸太田町中筒賀井仁の棚田で動植物を観察
第250回例会
8月11日(日)
飼育係の話
「コウモリについて」
コウモリの観察
鎌田博
飼育・展示課技師
畑瀬淳
飼育・展示係長
32人
31人
52人
24人
第251回例会
飼育係の話
「マレーバクについてのお話」
10月 11日(日)
マレーバクの子ども見学、
オオサンショウウオ保護増殖施設見学
第95回自然観察会
11月 9日(日) 安芸太田町柴木(三段峡)で動植物を観察
29人
第252回例会
12月8日(日) 今年の十大ニュース、親睦会、ビンゴゲーム
42人
坪田麻実子
飼育・展示課技師
講演会
和田直己
「重量級動物の移動運動について
山口大学生体システ
平成26年
ム科研究室教授
第253回例会
~サイ、ゾウ、キリン、ラクダ~」
2月9日(日)
チンパンジーの赤ちゃん見学、
クロサイ舎・ゾウ舎・キリン舎見学
平成25年度 会員数 349人(個人会員169人、家族会員44組172人、賛助会員8団体)
27人
40人
ASAZOOボランティアーズ活動状況
グループ名
人 数
動物ガイドグループ
58人
作業グループ
両グループ合同
34人
92人※
活動内容
キリン、ダチョウ、シマウマ、アフリカゾウ、クロ
延べ
サイ、ポニー、レッサーパンダ、トラなどの動物の
活動人数
解説活動。毎月第2日曜日には「みんなでガイドボラ
153人
の日」を設けて解説活動。
花の植え替えや水やり、植木の剪定、木製ベンチへ
の防腐剤塗装など。
延べ
活動人数
607人
・イベントの開催(どうぶつ工作広場、動物にどんぐりプレゼ
ント、落ち葉DE動物アート、フェルトでゆきだるま)
・連絡協議会、研修会の開催(6回)
・会報「ASAずうぼらだより」の発行(6回)
※両グループ兼務の8人を含む。
-22-
教育活動の実施状況
1.動物レクチャーなど
(単位:件)
*
区分
動物レクチャー
骨格標本等貸出
幼・保育園
29
0
102
小学校
95
9
0
中学校
7
63
0
6
高等学校
7
3
0
2
専修学校・大学
14
12
0
1
教員研修
0
1
0
0
その他
29
8
0
14
なかよし動物教室
講師の派遣
2
(保護者含む)
22
(保護者含む)
181
102
96
47
(10,182人)
(3,198人)
*事前申込制・幼児対象のポニー乗馬、テンジクネズミとのふれあい、ヤギ・ヒツジへの餌やり
計
2.ふれあい体験活動
(単位:人)
区分
参加者数
ポニー体験乗馬
7,033
ウサギ・テンジクネズミの
ふれあい体験
42,992
計
50,025
3.実習生の受入れ
(単位:人)
区分
学芸員実習
獣医実習
飼育実習
計
大学生
13
13
27
53
その他
0
0
6
6
計
13
13
33
59
-23-
研究上の活動業績
1.安佐動物公園外で発表したもの(刊行物)
題名
掲載誌名
巻号
頁
http://o
nlinelib
publishe rary.wil
d early ey.com/d
view
oi/10.11
11/azo.1
2070/pdf
著者
Ayano Omura,
Ken‐Ichiro
Ejima, Kazuya
Honda, Wataru
Anzai, Yuki
Taguchi,
Daisuke Koyabu
and Hideki Endo
Locomotion pattern and trunk
musculoskeletal architecture
among Urodela.
Acta Zoologica
オオサンショウウオの保全活動
新・ポケット版 学研の
図鑑 爬虫類・両生類.
Gakken,東京
186-189
両生類
河川生態学.講談社,
東京
夏原由博・
田口勇輝,
144-150 川那部浩哉・
水野信彦(監),
中村太(編)
オオサンショウウオの
保護増殖に関する調査研究
平成24年度野生動物保
護募金助成活動報告書
田口勇輝,
大渕希郷(監)
1‐21
田口勇輝
ソシオグラムを用いたグラントシ
動物園水族館雑誌
マウマの群れの社会関係の解析
55巻
(2)
35-40
屋野丸勢津子,
中道正之
キクガシラコウモリの自力採食飼育 動物園水族館雑誌
54
(3・4)
53-60
畑瀬淳
掲載誌名
巻号
頁
マレーバク幼齢個体の
体色変化の一例
安佐動物公園飼育記録集
37
1‐4
坪田麻実子
アフリカゾウの飼育管理と
繁殖について
安佐動物公園飼育記録集
37
5‐8
栗原龍太
小原二郎初代園長が残してくれたオ
オサンショウウオの行方~Asa Zoo 安佐動物公園飼育記録集
がGSで成功した理由は?~
37
9
田口勇輝
キクガシラコウモリの自力採食飼育 安佐動物公園飼育記録集
37
10
畑瀬淳
小鳥舎で発生した小型鳥類のエルシ
安佐動物公園飼育記録集
ニア感染症とその対処について
37
22
野田亜矢子
広島市安佐坊物公園における塩酸エ
安佐動物公園飼育記録集
トルフィンの使用(2007年~2013年)
37
23‐25
野々上範之
2.安佐動物公園内で発表したもの
題名
著者
チンパンジーの運動場が
広くなりました
すづくり
Feb-42
6‐9
江草真治
チーターの新規導入
すづくり
Mar-42
4‐7
嶋田浩明
-24-
エリマキキツネザルの人工哺育
すづくり
Apr-42
4‐7
鎌田博
アニマル実験室
「色覚の不思議体験」の巻
すづくり
Jan-43
4‐7
畑瀬淳
3.外部の研究会・シンポジウム等で発表したもの(口頭発表、ポスター発表)
発表会名
演題名
「動物園」と研究する
第29 回日本霊長類学会・
<動物園で研究試料を手に入れる方法> 日本哺乳類学会2013年度合同大会
動物園で発生した小型鳥類のエルシ
第19回野生動物医学会
ニア感染症とその対処について
動物園のあり方について
第10回野生動物保護セミナー in関東
暖房器具が原因と考えられる大型イ
第61回動物園技術者研究会
ンコ類の集団中毒
発表者
畑瀬淳
野田亜矢子
野田亜矢子
福永美紀
エリマキキツネザルの
人工哺育について
平成25年度
中国四国ブロック動物園技術者研究会
安佐動物公園における
ケープハイラックス飼育の歩み
第10回
梅田拓也
動物公園・植物公園・昆虫館研究活動発表会
雌ゾウ(アイ)導入後の経過について
第23回ゾウ会議
第2報
症例報告
第25回大型動物麻酔研究会
鎌田博
佐々木直行
久保盛恵
オオサンショウウオの雄(占有個体)
第10回日本オオサンショウウオの会
による他個体への攻撃
南方延宣・
田口勇輝
アメリカオオサンショウウオにおけ
る 研 究 ・ 保 全 の 最 前 線 - The 6th 第10回日本オオサンショウウオの会
Hellbender Symposiumに参加して-
田口勇輝
症例報告等
第46回中国四国野生動物医療看護勉強会
広島市安佐動物公園におけるオオサ
ンショ ウウ オ占 有個 体の 繁殖 行動
第18回種保存会議,
-人工繁殖巣穴に設置した暗視カメ
広島国際会議場,広島県広島市
ラによる行動記録の解析- (ポス
ター)
野田亜矢子
田口勇輝・野々上
範之・鎌田 博・
嶋田浩明・南方延
宣・足利和英・南
心司・増川一幸
アメリカオオサンショウウオにおけ 第25回全国両生類爬虫類会議,
田口勇輝
鳥羽水族館レクチャーホール,三重県鳥羽市
る飼育下繁殖の現状(口頭)
オオサンショウウオ,このSF的で広 第52回 日本SF大会,
田口勇輝
アステールプラザ(中ホール),広島県広島市
島的な生きもの!(講演)
Breeding Ecology of the Japanese
Giant Salamander, Andrias
japonicus in Captive Breeding of 6th Hellbender Symposium, Chattanooga
Zoo, Chattanooga, Tennessee, USA
Asa Zoo, Hiroshima, Japan –
Analysis of 91 Ovipositions for
34 Years - (Oral)
-25-
Yuki Taguchi,
Kazuhide
Ashikaga, Shinji
Minami
公刊した出版物
出版物名
すづくり
巻号
発行部数
42巻2号~43巻1号(計4号)
1,300部 ×4回
計 5,200部
安佐動物公園飼育記録集(37)
220部
どうぶつカレンダー2014年
120部 ※
2013年度安佐動物公園
動物作文・詩、動物画コンクール入賞作品集
750部
※ 販売用は除く 飼育研究会開催状況
開催日
題 目
発 表 者
2013年
6月16日
キクガシラコウモリの自力採食飼育
9月17日
Chinese giant salamander conservation
10月12日
小鳥舎で発生した小型鳥類のエルシニア感染症と
その対処について
野田亜矢子
10月12日
安佐動物公園におけるM99の使用
野々上範之
10月15日
The modern zoo, conservation, education and research
10月15日
A sustainable future for Chinese giant salamanders
畑瀬 淳
Helen Meredith
(Zoological Society of London)
Benjamin Tapley
(Zoological Society of London)
Becky Shu Chen
(Zoological Society of London)
2014年
1月8日
暖房器具が原因と考えられる大型インコ類の集団中毒
1月18日
エリマキキツネザルの人工哺育について
1月25日
安佐動物公園におけるケープハイラックス飼育の歩み
梅田拓也
2月16日
飼育・展示課のありかたについて考える
ーユウコの死を無駄にしないためにー
江草真治
-26-
水野美紀
鎌田博
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
1 532 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content