close

Enter

Log in using OpenID

要旨PDF - 北海道大学医学部保健学科/大学院保健科学院/大学院保健

embedDownload
心理臨床学研究 28(3): 279-290, 2010
<原
著>
佐藤 祐基
北海道大学大学院保健科学院
ファンタジーへの没頭を示したクライエントが現実との繋がりを形成するまで
-高機能広汎性発達障害が疑われる男子中学生の事例-
要約
本稿は、高機能広汎性発達障害が疑われる男子中学生の事例報告である。クライエントは、
アニメや漫画などのファンタジーに対して、周囲が当惑するほどの没頭を示し、他者との
コミュニケーションに問題を生じさせていた。クライエントが現実との繋がりを形成して
いった経過を通して、ファンタジーへの没頭の意味を吟味するとともに、有効な援助につ
いて次の点が考察された。①面接者がファンタジーを受容することで、クライエントは自
らの自閉的な世界を共有してくれる「よき理解者がいる」と思われた。②クライエントは
描画を物語で繋げることで、言語の繋がりが促されて、原初的な感覚を味わう段階を脱し
た。③クライエントは「自己の象徴」となり得る手法を通して、
「自己の器」を成長させる
ことができた。④クライエントは課題をこなす達成感とともに、ありのままの気持を表現
する自信を積み重ねた。⑤クライエントは情動を描画で表現したものを物語で繋ぐことに
よって、忘れていた母子関係に関する情動が複合体として再構成された。
心理臨床学研究 28(3): 279-290, 2010
Key words: ファンタジーへの没頭、表現の窓、現実との繋がりの形成
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
123 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content