close

Enter

Log in using OpenID

Sentence T_Mora Control_T Phono_T Control_Ph_T 彼の将来の夢

embedDownload
Sentences and parafoveal preview conditions in the Japanese reading experiment
Sentence
Target words in Katakana
彼の将来の夢はユニセフで働くことだ
このチームにはドリブルの得意な選手が多い
彼が最も嫌っているのはゴキブリです
母が泣いていたのはタマネギのせいだったなんて
学校中に彼女の美しいソプラノが響き渡る
近道をするために足場の悪いジグザグの道を歩くことにした
彼女の新しい仕事はグラビアに出ることだ
自衛隊の友達はベトナムに派遣されている
近所で評判のお店に行ってババロアを買った
甘いものに目がない彼だがカステラは苦手だそうだ
気合いを入れて試合に臨もうとバリカンで髪を刈った
朝寝坊をして慌てていたのでネクタイをしめ忘れてしまった
ドラックストアでシャンプーとカミソリを買った
一個30万もする高級フラスコを割ってしまった
この動物園の目玉はとても珍しいシロクマだ
そこへ行って初めてピラニアを見た
信用している人からボロクソに批判されたら誰でも傷つく
彼は上司からボケナスと叱責されたために会社を辞めた
その離島に行くためプロペラのついた小型飛行機を用意する
彼はよく人を笑わせるためにモノマネをする
子どもをのびのびと育てるには多少のイタズラは許すべきだ
私が唯一演奏できる楽器はウクレレです
好奇心旺盛な彼はゲテモノも平気で食べてしまう
強いチームを作るためにはベテランと若手の協力が必要だ
子どもの頃はよく友達とザリガニを取りに出かけた
悪徳業者にだまされてニセモノを買わされた
彼の部屋にはたくさんのガラクタがある
T_Mora
Control_T
Phono_T
Control_Ph_T
ユセニフ
ドブリル
ゴブキリ
タネマギ
ソラプノ
ジザググ
グビラア
ベナトム
バロバア
カテスラ
バァリン
ネタクイ
カソミリ
フスラコ
シクロマ
ピニラア
ボクロソ
ボナケス
プペロラ
モマノネ
イズタラ
ウレクレ
ゲモテノ
ベラテン
ザガリニ
ニモセノ
ガクラタ
ユラトフ
ドガコル
ゴガレリ
タドリギ
ソコゼノ
ジヨヘグ
グネズア
ベキルム
バミゼア
カハドラ
バネモン
ネシヘイ
カレバリ
フキドコ
ユシネフ
ドビルル
ゴビクリ
タナメギ
ソルパノ
ジズガグ
グバリア
ユキゲフ
ドギクル
ゴギルリ
タアレギ
ソクザノ
ジユハグ
グヤジア
ベドカム
バマゾア
カフデラ
バニマン
ネスハイ
カニドリ
フダクコ
シトスマ
ピガジア
ボトスソ
ボゲタス
プゾケラ
モドガネ
イパスラ
ウツデレ
ゲレコノ
ベメハン
ザヒサニ
ニレヨノ
ガタスタ
シタネマ
ピゲゾア
ボタシソ
ボギトス
プジクラ
モデギネ
イペソラ
ウトダレ
ゲラキノ
ベモヒン
ザヘソニ
ニラユノ
ガテソタ
ベノタム
バラボア
カツセラ
バキラン
ネツカイ
カシモリ
フサルコ
シコルマ
ピナリア
ボコルソ
ボネカス
プポレラ
モモナネ
イザツラ
ウルケレ
ゲメトノ
ベレタン
ザギラニ
ニメソノ
ガカルタ
大切に貯めていたお金をネコババされた
遠征にかかった費用の大部分はガソリンによるものだそうだ
ワニに急に襲われたらピストルを持っていても無駄だろう
彼は子どもの頃に同級生からガリベンと呼ばれていたらしい
幼い頃に父と見たペリカンのまぬけな顔が忘れられない
貧しかった頃住んでいたプレハブの家はまだあの町にある
彼はしばらくの間アメリカに留学することにした
書類に記入するときはフリガナの欄も忘れないようにしよう
遠くに見えるのはどうやらハゲタカのようだ
靴が欲しくてカタログを見てみたがどれも高くて手が出せない
どんなときも頭にあるのはキリストの教えである
あのドラマがヒットしたのはシナリオが良かったからだ
時代が変化してもやっぱりアナログの時計が好きだ
彼は日当たりの良い部屋でサボテンを育てている
常軌を逸した彼は徐々にオカルトの世界に魅せられていった
険しい山を登りきると美しいパノラマの景色が広がっていた
君はなかなかの美人なんだからガニマタ
で歩くのはやめなさい
ネバコバ
ガリソン
ピトスル
ガベリン
ペカリン
プハレブ
アリメカ
フガリナ
ハタゲカ
カロタグ
キスリト
シリナオ
アロナグ
サテボン
オルカト
パラノマ
ガマニタ ネジテバ
ガフネン
ピカベル
ガガコン
ペネモン
プビモブ
アカホカ
フヘソナ
ハソフカ
カメニグ
キナケト
シセクオ
アミテグ
サニズン
オモテト
パゲビマ
ガデクタ ネボカバ
ガロシン
ピツソル
ガビレン
ペキラン
プヘラブ
アレミカ
フギラナ
ハテガカ
カラトグ
キシルト
シラニオ
アラノグ
サトベン
オラクト
パロナマ
ガミナタ ネゾタバ
ガオニン
ピクヨル
ガギケン
ペニマン
プベマブ
アケヒカ
フヒサナ
ハセハカ
カマノグ
キニクト
シサキオ
アマトグ
サノゼン
オマツト
パゴダマ
ガヒダタ すさぐま
そかれら
ぬるかみ
もれくん
もさのし
いなきり
かぼまこ
すぶこる
はぐまり
はぶやさ
あせくく
あゆらる
うごわと
すでびま
そのみら
ぬのしみ
もみとん
もでくし
いでつり
かぷでこ
すねがる
はべじり
はねほさ
あらのく
あじこる
うぜみと
すすがま
そけらら
ぬらくみ
もるけん
もそなし
いにかり
かばもこ
すぼくる
はがむり
はばゆさ
あすけく
あやるる
うがをと
すつなま
そでまら
ぬさつみ
もすでん
もどらし
いしたり
かざどこ
すぽつる
はかずり
はわつさ
あつでく
あまくる
うなぼと
Target words in Hiragana
チケットの追加発売と聞いてすぐさま電話を掛けた
身長と体重それから体脂肪率もはかった
大雨の後散歩の途中ぬかるみにはまった
私の家の庭では春になるともくれんが白い花を咲かせる
今になって教室にものさしを忘れたことに気が付いた
車の陰から子どもがいきなり飛び出した
ミケの好物はなんといってもかまぼこだ
いつも怒りっぽい母なのに今日はすこぶる機嫌がよい
今日のみそ汁にははまぐりが入っている
草むらにいたのはとても大きなはやぶさだった
40年間この会社であくせく働いてきたがいまだに安月給だ
このお店にはあらゆる種類のものが置いてある
彼は宝のありかをうわごとで伝えた
遠くの壁の前にかげろうが立っている
若い頃は真夜中にきらめきの美しい星を眺めていた
どうしようもなくなった時にことわざが役に立つ
ヨーロッパ大陸へ1ヶ月間さすらいの旅に出る
このビルの回転扉を押すとせせらぎの音が聞こえる仕掛けになっている
この我が軍の守りをたやすく破れると思うなよ
確かに条件は悪いがつべこべ言うな
最近はまっているのはときめきを感じさせる恋愛シュミレーションゲームだ
大地震が起こった時どさくさにまぎれて彼女と逃げた
話には聞いていたがなるほど確かにこの店のものは安い
私と会うため旧友がはるばるイギリスからやってきた
私の人生で一番重要なのはひらめきだ
私は毎朝ふりかけをかけたご飯を食べている
授業の一環として最近私はままごとに注目している
君だけならば僕はそんなにたいしたもてなしをしないだろうに
別れた原因は彼女のひどいやきもちだ
素足が嫌ならそこの店でよりどり三足千円の靴下を買ってきなよ
将来何をするのかはこれから考える
最近の治療法ではかさぶたははがさないそうだ
隣の家の庭にはもうおいしそうないよかんがなっている
一年に一度は必ずおみくじを引いている
このバックが買えたのは今年くりこしできるほどお金があったからだ
音楽性の違いで解散するのはありがちな話だ
ここのところ調子がいいのはこれまでの練習の成果だ
長い間言わずにきたがいまでもあの台詞は覚えている
夜空に舞うひとひらの雪に見とれる
悲しくなって僕は汚れたてのひらをじっと見つめた
夏も終わりに差し掛かり、ひぐらしが鳴くようになった
今になってみると過去の自分のまぬけさが身に染みて分かる
唯一もっている資格はそろばん一級です
子供の頃好きだったのはかまきり
をモチーフにした怪獣のおもちゃだ
かろげう
きめらき
こわとざ
さらすい
せらせぎ
たすやく
つこべべ
とめきき
どくささ
なほるど
はばるる
ひめらき
ふかりけ
まごまと
もなてし
やもきち
よどりり
こかれら
かぶさた
いかよん
おくみじ
くこりし
あがりち
こまれで
いでまも
ひひとら
てひのら
ひらぐし
まけぬさ
そばろん
かきまり
かぶわう
きどじき
こみふざ
さもでい
せどつぎ
たきねく
つがずべ
とつそき
どのべさ
なみかど
はのみる
ひそじき
ふのめけ
まべじと
もきすし
やわつち
よまけり
このみら
かねきた
いしれん
おとわじ
くがでし
あてどち
こじほで
いすじも
ひばくら
てくめら
ひでびし
またぎさ
そぜしん
かてどり
かれごう
きまれき
こをたざ
さるさい
せれさぎ
たさゆく
つけぼべ
とみけき
どかすさ
なふろど
はぶらる
ひまれき
ふきらけ
まがもと
もねたし
やみこち
よぢろり
こけらら
かばすた
いこやん
おきむじ
くきろし
あぎらち
こめらで
いだめも
ひほちら
てほにら
ひるがし
まくねさ
そぼらん
かかみり
かめぼう
きわせき
こそはざ
さくまい
せけなぎ
たまぶく
つれごべ
とひれき
どたるさ
なぶごど
はむさる
ひさねき
ふにまけ
まなどと
もげかし
やひとち
よじごり
こでさら
かわくた
いのまん
おにずじ
くにほし
あびさち
こねさで
いなれも
ひそきら
てそきら
ひくなし
まつげさ
そぞさん
かたひり
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
126 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content