close

Enter

Log in using OpenID

インターネット社会を生きるための情報モラル

embedDownload
目
インターネット社会を生きるための
情報モラル
(中学生版)
次
1.インターネットで変わる暮らし
1
1.1
情報社会の特徴
1
1.2
社会生活における情報の活用
3
1.3
身近な生活における情報の活用
5
2.インターネットにおける情報の大切さ
9
2.1
情報社会と個人情報
9
2.2
情報社会と知的財産
11
3.インターネットにおける情報の受信
15
3.1
Web ページによる情報の受信
15
3.2
電子メールによる情報の受信
17
4.インターネットにおける情報の発信
19
4.1
Web ページによる情報の発信
19
4.2
電子メールによる情報の発信
21
5.インターネットでの犯罪と対策
23
5.1
ネット社会における被害
23
5.2
情報セキュリティ
27
確認してみよう
29
1.インターネットで変わる暮らし
インターネットの 影 には,①私たち自身の知識や意識,②
法律や条令などの規則,③セキュリティなどの技術で対策しなけ
1.1 情報社会の特徴
ればなりません。
(1)インターネット社会の光と影
(2)インターネット社会の情報の性質
コンピュータや携帯電話の普及やインターネットの整備によ
って,私たちは情報を入手するのが容易になっただけでなく,情
本来,人間の社会でやり取りされる情報は,次のような性質を
持っています。
報を発信したり,加工したりすることも簡単にできるようになり
① 情報はコピーが容易にできる
ました。そして私たちの生活も変わってきました。電子メールや
② 情報は消えにくい
Web ページの普及によって便利になったこと 光 もあれば,イ
③ 情報は伝わりやすい
ンターネット社会が広がることによって困ったこと 影 も増え
④ 情報の価値は人によって異なる
ました。
インターネット社会に生きる私たちは,インターネットの 光
インターネット社会で
の恩恵を受けるだけでなく, 影 にも対処することを学ばなけ
は,一人ひとりが情報の
ればなりません。
性質を充分に理解したう
えで,情報を収集,情報
光
影
• 電子メールやメーリング
リスト
• Web ページでの情報発信・
情報検索
• e-learning
• 電子商取引
• 緊急・災害時の情報収集
• 電子図書館・電子博物館
など
• 個人情報の流出
• 知的財産権の侵害
• インターネットコミュニ
ケーションでの誹謗・中傷
• 有害情報の広がり
• ネット犯罪の発生
• コンピュータウイルスの
感染
など
発信,情報検索などをす
る必要があります。
(3)メディアリテラシー
情報化が進んだ現在,我々が情報を受け取るメディアは,新聞
やテレビ・ラジオだけでなく,インターネットなどが加わり,膨
大な情報が身の回りにあふれるようになりました。
特に,インターネットなどでは誰でも情報を発信することがで
きるため,情報を受け取る私たちは「その情報の真偽を判断し,
正確な情報を選ぶ」能力(この能力のことをメディアリテラシー
と呼ぶ)を身につけなければなりません。
1
2
1.2 社会生活における情報の活用
うになっています。
医療現場でも電子化が進んでおり,カルテなどがコンピュータ
(1)情報社会の新しい文化
上で管理される電子カルテなどが普及しています。また,救急医
インターネットが普及することにより,電子図書館や電子美術
療や遠隔医療の分野でも電子化が進んでおり,救急車の中から病
館,電子博物館などネットワークを通じて様々なサービスを受け
院にいる医師に患者の情報を伝送する試みなども行われていま
ることができるようになりました。
す。
① 電子図書館・・・様々な出版物(図書や資料)を電子化し,イ
ンターネットを通じて公開するサービス
② 電子美術館・・・様々な美術品を電子化し,インターネット
を通じて公開するサービス
③ 電子博物館・・・様々な展示物を電子化し,インターネット
を通じて公開するサービス
コンピュータや携帯電話などの機器を利用してインターネッ
トなどで学習をすることを e-ラーニング(e-learning)と呼んで
います。Web ページによる教材の提供だけでなく,電子掲示板や
電子メールによる質問・回答などコミュニケーションをとること
もできます。
e-ラーニングによって,いつでも,どこでも,学習をすること
ができるようになりました。これにより,学校に通わなくても空
電子図書館や電子美術館,電子博物館のメリットは,家や学校
などどこからでも図書,資料や美術品を検索したり鑑賞したりす
いている時間に家にいながら学習をすることができ,生涯学習を
容易に行うことができるようになりました。
ることができることです。また,作品や資料を電子化するメリッ
トをして貴重な所蔵品を大切に保管しながら展示する意味もあ
ります。
(2)公共サービスの電子化
官公庁や地方自治体なども Web ページによって観光や行事な
ど様々な情報を提供しています。また,防災情報などを Web ペ
ージで提供している自治体もあり,災害対策として注目されてい
ます。さらに,行政手続を電子化している自治体も多く,自宅や
職場から事務手続きを行うことができます。
バスや電車,飛行機などの公共交通機関でも,時刻表や運賃の
情報提供だけでなく,座席の指定なども Web ページでできるよ
3
4
1.3 身近な生活における情報の活用
①携帯電話の電源を切らなければならない場所・環境
飛行機の機内,電車やバスの優先座席付近,医療機関 など
(1)携帯電話
②携帯電話の使用を控えなければならない場所・環境
携帯電話の普及により,どこでも相手と連絡がとれるようにな
り,私たちの生活は大変便利になりました。また,携帯電話でイ
電車やバスの車内,自動車や自転車の運転中,映画やコンサ
ート会場,授業や講演の会場 など
ンターネットに接続することができるようになり,どこでも,い
つでもメールの送受信や Web ページを検索して情報収集をする
(2)ディジタルデバイド
ことができるようになりました。さらに,携帯電話に登録した情
コンピュータや携帯電話などのディジタル機器を活用できる
報をもとに電子決済(お金の受け渡し)などを行うこともできる
人と,できない人の間に生じる格差のことをディジタルデバイド
ようになりました。
と呼びます。また,地域や世代による情報の格差のこともディジ
しかし,携帯電話はどこでも,いつでも使用できることから,
使用する環境に合わせたマナーを守らなければなりません。また,
電波を利用して通信する機器であるため,電波の影響を受ける環
タルデバイドと呼んでいます。
ディジタルデバイドは,さらなる経済的,社会的な格差を生む
として解消しなければならない問題です。
境では,電源を切ったり,使用を控えなければなりません。
(3)インターネットショッピング
インターネットなどを介して行われる商品やサービスの売買
を電子商取引と呼んでいます。電子商取引は,企業から個人が商
品を購入するインターネットショッピングや個人から個人が商
品を購入するネットオークションだけでなく,企業同士の商品の
受発注などにも利用されています。電子商取引は,インターネッ
トの普及により急速にサービスが増加・充実してきました。
インターネットショッピングの売り手や買い手にとってのメ
リットやデメリットは,次のとおりです。
売り手のメリット
① 店舗を設けなくても商品を販売することができる
5
6
② 全国(世界)の顧客に商品を販売することができる
り取りができます。しかし,個人同士の取引のため,相手の信頼
度をより慎重に確認する必要性もあります。
売り手のデメリット
① 買い手に対する決め細やかなサービスがしにくい
② 小さな商品でも,送料がかかる
(4)インターネットショッピングの注意点
インターネットショッピングは,インターネットの普及ととも
に急速に増加していますが,次のような問題点や課題もあります。
買い手のメリット
① お店に行かなくても商品を購入することができる
① 代金を支払っても,商品が届かない
② 複数の店舗の価格やサービスを比較して商品を購入
② 届いた商品が注文したものと違う
することができる
③ 届いた商品が,偽物や粗悪品
④ 相手が雲隠れして,クレームや返品することができない
買い手のデメリット
① 実際に商品を手にとって購入するかどうか判断でき
ない
これらのトラブルに巻き込まれないようにするには,次のよう
な点に気をつける必要があります。
② 商品を入手するのに時間がかかる(配送時間が必要)
③ アフターサービスなどに不安が残る
① 信用できるサイトを利用するように心がける(特に,イン
ターネットショッピングでは会社名や代表者名,住所,電
話番号などが記載されていないサイトはさける)
② 支払いや配送方法などを確認して注文する
③ 返品や交換などの条件を把握しておく
インターネットオークションに参加する場合も同様のことが
言えますが,特に,薬物や金券など個人売買が法律で制限されて
いるものがありますので注意が必要です。
インターネットショッピングやインターネットオークション
個人同士で商品を売買するインターネットオークションも,イ
ンターネットショッピング同様,全国(世界)の個人と商品のや
7
でトラブルに巻き込まれたら,最寄りの消費生活センターや警察
に相談することも解決策です。
8
2.インターネットにおける情報の大切さ
例えば,氏名と住所が記載された会員リストや利用者名簿など
が流出すると,ダイレクトメールを送付する業者に悪用されてし
まう場合もあります。
2.1 情報社会と個人情報
実際にクレジットカードの番号が流出して,悪用された事例も
報告されています。
(1)個人情報とは
氏名や住所,性別,生年月日,電話番号,学校名など,個人を
電子化された個人情報が流出した場合,一瞬で広がっていき,
特定することができる情報のことを個人情報といいます。このう
その情報を消去することは困難です。私たちは,自身の個人情報
ち,氏名・住所・性別・生年月日は,
「基本四情報」と呼ばれて
について安易に他人に提供しないように心がけるとともに,個人
います。
情報の保護について常に意識する必要があります。
<個人情報の例>
氏名,住所,性別,生年月日・・・基本四情報
学歴,職歴,資格,成績など・・・社会生活に関する個人情報
家族構成,婚姻暦など・・・家庭生活に関する個人情報
基本四情報を含む個人情報が流出した場合,プライバシーの権
利が侵害される場合があります。また,病歴など医療に関する個
人情報や,財産など経済活動に関する個人情報は,犯罪につなが
る可能性もあるため,これらの個人情報を扱う場合は慎重になら
なければなりません。
(2)個人情報の流出
(3)個人情報の保護
個人情報は,インターネット利用者の不注意から流出するもの
個人情報は,流出し悪用されるとさまざまな問題を引き起こす
から,個人情報を扱う会社や行政機関などから大量に流出するケ
可能性があります。したがって,個人情報は,
「個人情報の保護
ースまであります。流出した個人情報も,氏名や利用者番号,住
に関する法律」によって保護されています。また,個人情報を扱
所のようなものから,クレジットカードの番号など他人に知られ
う企業や団体などは,プライバシーマークの認定を受けることに
ては困るものまであります。
より信頼を得ています。
9
10
2.2 情報社会と知的財産
接権が与えられます。
著作者の権利はさらに,著作物を財産のように売買,譲渡する
(1)知的財産とは
権利や著作者人格権も与えられます。著作者人格権は,著作物を
著作物など創造的活動によって生産された作品や発明や発見
公表するかどうかを決める権利や内容に対する人格的な権利の
によって得られたものを知的財産と呼んでいます。創造的活動を
ことです。著作者人格権は,売買・譲渡することができません。
活発にするために,知的財産を創造した人(や組織)に独占する
著作権は,著作物が創造された時点から,著作者の死後 50 年
権利を与える制度が整備されています。
(映画は公開されてから 70 年)保護されます。
創造的活動から生まれた知的財産のうち,文化的価値の高いも
のを著作物とよび,著作権で保護され,産業的価値の高いものは
産業財産権で保護されています。それらの関係は下の図のとおり
です。
(3)産業財産権
産業活動や商業活動を行う際に生産された知的財産を保護す
る権利を産業財産権と呼んでいます。
高度な発明を保護する特許権,構造や組み合わせの工夫(考案)
著作権(財産権)
権,商品やサービスの信用を高める目的で独特なロゴやマークな
著作者の権利
著作権
を保護する実用新案権,視覚的に美しいデザインを保護する意匠
著作者人格権
著作隣接権
知的財産権
どを組み合わせたものを保護する商標権などが産業財産権です。
産業財産権は,著作権と異なり権利を主張するためには特許庁
に届け出て,認められる必要があります。
特許権
産業財産権
実用新案権
意匠権
商標権
(2)著作権
小説や音楽,美術など文化的価値の高い創造物を保護する権利
が著作権です。創造的活動を行った本人に与えられる著作者の権
利の他に,著作物を広める活動をする人(歌手など)にも著作隣
11
12
(4)知的財産権の保護
れています。
情報化が進み,知的財産をコンピュータや携帯電話をもちいて
生産したり,インターネットで公開したりすることが容易にでき
ただし,この場合でも,著作権者の利益を侵害する場合の利用
は認められていません。
るようになっただけでなく,知的財産を複製することも簡単にで
著作者が自分の著作物を自由に利用してもらいたいという意
きるようになりました。特に,Web ページは,誰でも簡単に制作
思がある場合,その意思表示を用意に行うために自由利用マーク
し,公開することができるようになりました。
が制定されています。利用の範囲は,
「コピーや無料配布を認め
こうした中,次のような事例など,知的財産権を侵害する事例
がたくさん発生するようになりました。
これらの行為は,知的財産権を有する人の権利を侵害するだけ
るマーク」
,
「障害者のための非営利活動にのみ利用を認めるマー
ク」
,
「学校教育の場面で利用を認めるマーク」などの種類によっ
て分けられています。
でなく,健全な文化や産業の発展を妨害することになります。知
的財産は,生産した人や団体に敬意を払い,正しく利用するよう
に心がけなければなりません。
知的財産権の侵害の事例には,次のようなものがあります。
① 他人の Web ページに掲載されている文章や画像を,無断
で自分の文章や画像として発表する
② 他人の描いた漫画や文章を無断で自分の Web ページで公
開する
文化庁 自由利用マークより
③ CDやDVDのデータをコピーして交換する
(http://www.bunka.go.jp/jiyuriyo/)
④ アニメのキャラクターを描いて自分の Web ページで公開
する
引用とは
引用とは,自分が書く文章をよりわかりやすく説明する
(5)知的財産の適切な利用
ことを目的に他人の著作物を利用することです。その場
知的財産を利用する場合は,基本的に権利をもった人の許諾を
合,『 』で囲むなどして,自分が考えた文章と他人の文
得なければなりません。直接,権利をもった人に交渉するか,許
書の関係を明らかにしなければなりません。また,誰のど
諾を代行する機関に申請する必要があります。
のような著作物を引用したのかを明らかにする必要があ
著作物の場合,一部を引用する場合や私的な利用,教育・福祉
ります。
の目的での利用で著作権者の許諾を得ずに利用することが許さ
13
14
3.インターネットにおける情報の受信
(3)Web ページの信ぴょう性
信ぴょう性とは,伝わってきた情報を信頼することができる度
合いです。さまざまな立場や考えの人が情報を発信できる Web
3.1 Web ページによる情報の受信
ページに書かれている情報は,信ぴょう性を考えながら収集する
必要があります。
(1)Web ページのしくみ
Web ページは世界中からインターネットを通じて情報を取り
例えば,1 週間後の天気に関する情報でも,公共機関が発表し
寄せることができる仕組みです。Web ページに掲載されている情
た天気予報や気象予報士が予測した情報と,個人の推測だけの情
報は,Web サーバに保存されており,インターネット上の住所で
報ではその信ぴょう性は大きく違います。私たちは,情報を検
ある URL(Uniform Resource Locator)をもとに情報提供のリクエ
索・収集して受け取る際に,その情報の信ぴょう性を充分に検討
ストをすると,その Web ページが表示される仕組みになってい
する必要があります。
より正確な情報を受け取るには,次のような点に注意する必要
ます。
URL は,ホスト名(IP アドレス)とファイル名(ディレクト
があります。
① 公共機関など責任ある組織や人が発信している情報かど
リ名)で構成されています。
うか確認する
http://www.kantei.go.jp/index.html
② はじめからひとつの情報元からの情報を信じずに,情報の
妥当性について検討する
③ 複数の情報元で確認する
ホスト名
ファイル名(ディレクトリ名)
(2)Web ページの検索
Web ページは,インターネット上に無数にあります。また,内
容の更新も頻繁に行われるものもあります。たくさんある Web
ページから必要な情報を探し出すのに便利な検索エンジンと呼
ばれるサイトがあります。探したい情報について,カテゴリー別
に検索したり,キーワードで検索したりすることができます。
15
16
3.2 電子メールによる情報の受信
メーリングリストは,メールサーバにメーリングリスト専用の
アドレスを設定することにより,そのアドレスにメッセージを送
(1)電子メールのしくみ
ると,メンバー全員に転送される仕組みになっています。
インターネット上での代表的なコミュニケーションの方法の
ひとつに電子メールがあります。
(3)迷惑メール
電子メールが送受信されるしくみは,次のとおりです。
電子メールで送られてくる広告やダイレクトメールで,不特定
多数の人に送られてくる迷惑なメールのことをスパムメールと
送信者のコンピュータや携帯電話
↓
送信者が登録されたメールサーバ
↓
受信者が登録されたメールサーバ
↓
受信者のコンピュータや携帯電話
呼んでいます。また,不幸の手紙のように転送を促すメールのこ
とをチェーンメールと呼んでいます。
これらのメールは,受信するために費用がかかるだけでなく,
不要な通信が膨大な量となり,ネットワークに負担をかけるため
迷惑な行為です。また,広告メールの中には,悪質な Web ペー
ジに誘導するものもあります。
迷惑メールの多くは,個人情報として収集されたメールアドレ
電子メールを送受信するためには,メールサーバに登録してお
く必要があります。メールアドレスのうち,@マーク(アットマ
ーク)の前がユーザ名,@マークの後ろがドメインと呼ばれるサ
スの名簿から送られてきたり,ランダムに文字列を組み合わせて
生成したメールアドレスに送られています。
迷惑メールの対策は,無視して,削除することです。チェーン
メールも他人に転送しないことです。
ーバの名前を意味します。
[email protected]
ユーザ名
ドメイン
(2)メーリングリスト
メーリングリストは,一度に複数の人にメールを送信するしく
みで,あるグループ内で情報交換する場合などに利用されていま
す。
17
18
4.インターネットにおける情報の発信
4.1 Web ページによる情報の発信
③ 明瞭で簡潔な文章にする
(2)Web ページによるコミュニケーション
Web ページには,文字や画像を表示するだけのものから,チャ
(1)Web ページによる情報発信
電子掲示板やブログなど,インターネット上のサービスの充実
ットや電子掲示板などインターネット上で他人とコミュニケー
ションをとることができるものまであります。
により,個人が自由に情報発信することが容易になりました。こ
チャットは,リアルタイムにコミュニケーションをとることが
れまで,情報発信は,新聞社やテレビ局,行政機関など公共の組
できるサービスです。電子掲示板(BBS)は,共通のテーマや話
織が責任をもって行ってきました。個人で情報発信する場合でも
題について,不特定多数の人が意見や情報を交換することができ
同様に責任をもたなければなりません。
るサービスです。どちらも,基本的にだれでも参加することがで
Web ページやブログ,電子掲示板などで情報発信する際は,次
きますので,いろいろな立場や年齢の人が書き込んだり,読んだ
りしています。
の点に気をつけましょう。
① 知的財産
したがって,意見や感情がすれ違い,嫌な思いをしたり,相手
② 個人情報
に嫌な思いをさせたりすることがあります。参加者全員のことを
③ 守秘義務のある情
考えながら,マナーを守って参加することを心がけましょう。
報
(3)ブログ(Blog)
④ 他人の名誉や信頼
Web ページに日記やコメントなどを記録(log)しているサイ
に関する情報
トのことをブログ(Blog・ウェブログ・Weblog)と呼んでいます。
(2)Web ページ閲覧者への配慮
Web ページは様々な人が閲覧する可能性があります。
その中には,携帯電話からのみ Web ページを閲覧する人や,
個人の日記のようなものから,個人的な意見主張・広報サイトの
ようなものまであります。
ブログの特徴は,次のとおりです。
視力が弱い人など特別な配慮が必要となる人も含まれています。
① ブラウザのみで操作することができるため,特別なソフト
Web ページをできるだけ多くの人に見てもらい,広く情報発信
や技術を用いなくても,情報発信をすることができる
をするためには,次のような点に気をつける必要があります。
① 画像が表示されない場合の代替文字を提供する
② トラックバック(リンクしたことを相手に伝えるしくみ)
などコミュニケーション機能がある
② 配色(色に依存した表現は控える)
19
20
4.2 電子メールによる情報の発信
④ ファイルを添付する場合,ファイル容量を配慮する
⑤ 機種依存文字などを使用しない
(1)電子メールの活用
また,電子メールは郵便のはがきや手紙と異なり,コンピュー
電子メールの特徴は,次のとおりです。
タや携帯電話の画面上で文章を作成し,簡単な操作で相手に送信
① コンピュータや携帯電話を操作するだけで送信すること
することができます。本文
ができる
の内容が相手に失礼でない
② 受信した文を容易に引用することができる
かどうか,分かりにくい文
③ ファイルを添付することができる
章でないかどうか確認して
また,電子メールはあて先だけでなく,他の人への同報も簡単
送信するように心がけなけ
に行うことができます。それぞれの違いは次のとおりです。
ればなりません。
To : 電子メールの主な送信先。受信者は誰に送られた電子
メールか確認することができる。
Cc(Carbon Copy) : To とは別に参考として電子メールを
送信する相手。受信者は誰に送られた電子メールか確認す
ることができる。
(3)携帯電話とパソコン
の電子メールの違い
電子メールは携帯電話でも,パソコンでも送受信することがで
きますが,次のような違いがあります。
Bcc(Blind Carbon Copy) : 受信者は誰に送られた電子メ
ールか確認することができない。自分への確認メールや,
不特定多数の人など,受信者同士がメールアドレスを知ら
ない場合などに用いる。
① 携帯電話には,電波が届く範囲内であれば時間や場所を問
わず着信する
② 携帯電話は,文字数や利用できるフォントなどの制限が多
い
③ 携帯電話特有の記号が使用できる
(2)電子メールのマナー
④ 携帯電話からパソコンに送信した電子メールには,メール
電子メールを送る場合のマナーは,次のとおりです。
アドレスしか表示されない場合がある
① 分かりやすい題,内容にするように心がける
② 勝手に他人のメールアドレスを,他の人に教えない(知人
同士でも,教えるかどうかは本人の判断に任せる)
③ メールに書かれている内容を勝手に他人に転送しない(メ
ールといえども,著作権がある)
21
以上のことから,パソコンから携帯電話にメールを送信する場
合には,時間帯や文字数に注意する必要があります。逆に携帯電
話からパソコンに電子メールを送信する場合には,差出人の名前
を文中に書く必要があります。
22
5.インターネットでの犯罪と対策
コンピュータウイルスの対策は次のとおりです。
① ワクチンソフトをインストールし,常に最新の状態に保つ
5.1 ネット社会における被害と対策
(最近では,コンピュータウイルスだけでなく,スパイウ
ェアや不正アクセスからもコンピュータを守るセキュリ
ティ対策ソフトもあります)
(1)コンピュータウイルス
コンピュータウイルスとは,コンピュータに感染し何らかの障
② OS やブラウザなどのソフトを常に最新の状態に保つ
害を発生させるプラグラムのことです。感染したコンピュータの
③ 定期的に必要なデータのバックアップをとる
画面にメッセージを表示するだけのものから,コンピュータを起
④ 電子メールに添付されたファイルは不用意に開かない
動できない状態にしてしまうものまで様々な種類があります。ま
⑤ 作成者は不確かな Web ページにはアクセスしない
た,自身のコピーをネットワークを通じて他のコンピュータに感
染させる自己増殖機能を備えているのが特徴です。近年,流行し
たコンピュータウイルスは,感染したコンピュータ内部に記録さ
れているメールアドレスに勝手に自身のコピーを送信してしま
うボットと呼ばれる種類です。
万が一,コンピュータウイルスに感染した場合の対処法は次の
とおりです。
① 感染を最小限にとどめるために,ネットワークから切り離
す
② 感染したコンピュータウイルスを特定し,対処する(ワク
主なコンピュータウイルスに感染した場合の症状は次のとお
チンソフトのメーカーから,対策ソフトが提供されている
場合があります)
りです。
① OS やソフトウェアが起動しなかったり,突然,終了した
③ 管理者(保護者や教師など)に連絡する
りする。
② 見知らぬファイルやアイコンが現れる
③ コンピュータが勝手にメールを送信したり,ネットワーク
(2)スパイウェア
スパイウェアとは,コンピュータの内部で密かに活動し,コン
ピュータ内部の情報を集め,外部に送信する機能をもったソフト
にアクセスしたりする
ウェアのことです。コンピュータウイルスと異なり,自己増殖機
コンピュータウイルスは,ネットワーク上のセキュリティホー
能はありませんが,不正アクセスを助長したり個人情報を流出さ
ルから侵入するケースや,電子メールに添付されて感染するケー
せたりするため,コンピュータ所有者にとって迷惑なソフトウェ
スがたくさんあります。また,Web ページを閲覧するだけで感染
アに変わりありません。
するコンピュータウイルスも報告されています。
23
スパイウェアの対策は,コンピュータウイルスの対策同様,セ
24
キュリティ対策ソフトをインストールしたり,OS やブラウザな
どのソフトを常に最新の状態に保つことです。
フィルタリングの方法は,利用者側のコンピュータやネットワ
ークにフィルタリングソフトを組み込む方法や,インターネット
接続業者などがサービスしている場合などがあります。
(3)有害サイト
インターネット上には,生活に役に立つサイトもたくさんあり
ますが,私たちの生活に有害なサイトもあります。次のような
Web ページなどが有害情報だと考えられます。
① 違法な薬物や危険物を売買するサイト
② 架空請求に誘導するサイト
③ 知的財産権を侵害するサイト
④ 他人の名誉を毀損するサイト
⑤ わいせつな情報が掲載されたサイト
⑥ 自殺を助長するサイト
⑦ 差別を助長するサイト
(5)ネット上でのトラブル(出会い系)
これらの Web サイトのうち,違法なものを運営すると法的に
処罰されることがあります。また,法的には問題ないサイトでも
インターネット上には,他人と知り合いになることができるサ
ービスもたくさんあります。
掲載されている情報を元に,殺人や破壊活動を行ってしまった事
同年代の友人を見つけたり,他人とコミュニケーションを楽し
件が起こったり,影響を受けて問題行動を起してしまう事例が発
む Web ページもありますが,匿名性の高いインターネットでは
生しており倫理的に問題があります。さらに,関るだけで詐欺や
年齢や性別を偽って参加することが不可能ではありません。
偽情報など被害を受ける場合もありますので,近づかないように
心がけなければなりません。
これらの Web ページで
知り合った人に誘い出さ
れて,犯罪に巻き込まれ
(4)フィルタリング
る事件も発生しています。
インターネット上にある有害な情報を規制する方法のひとつと
また,異性を紹介する
してフィルタリングがあります。フィルタリングは,有害な情報
出会い系サイトも情報社
が掲載された Web ページを選別して表示できないようにする仕
会に影を落としています。
組みです。
25
26
5.2 情報セキュリティ
セスを防ぐソフトウェアです。コンピュータウイルスを防ぐソフ
トウェアは,コンピュータウイルス対策ソフトと呼ばれ,不正ア
クセスを防ぐシステムはファイヤウォールと呼ばれています。最
(1)情報セキュリティとは
ネットワークに接続されたコンピュータは,不正行為によって
近では,それらの機能に加え,余計な広告を防いだり,有害サイ
侵入されたり,外部のコンピュータとの通信内容を盗聴されたり
トへのアクセスを防ぐ機能を統合させたソフトウェアもありま
して,何らかの被害を受ける可能性があります。特に不正な手段
す。
で他人のコンピュータに侵入する行為は不正アクセスと呼ばれ,
法律(不正アクセス禁止法)で禁じられています。
(4)暗号化
そのような被害から,コンピュータやネットワークを守ること
インターネット上でやり取りする情報は盗聴される可能性が
をセキュリティと呼んでいます。主な,セキュリティ対策は次の
あります。機密性の高い情報は,暗号化し盗聴されても簡単には
とおりです。
内容がわからないようにする必要があります。元のデータを暗号
化する時は「鍵」と呼ばれる 暗号化するルール と用いて暗号
文を作成し,元に戻す時も「鍵」を用いて復号化します。
(2)ID とパスワード
コンピュータの利用者に ID(identification)を与え,パスワー
Web ページなどでクレジットカード番号や暗証番号などの秘
ドとあわせて,利用者本人であるかどうか確認する仕組みが用い
匿性の高い個人情報などを送信しなければならない場合,データ
られています。パスワードが他人の手にわたると,なりすましの
の盗聴や改ざんを防ぐために,SSL(Secure Socket Layer)とい
被害にあう可能性もあります。したがって,パスワードの管理は
う技術をもちいて暗号化することができます。
慎重に行う必要があります。
パスワード管理のポイント
① 入力画面を他人に見られないにする
② 他人に教えない
③ 紙などにメモしない
④ 定期的に変更する(変更する場合,他人に推測されやすい
パスワードにしない)
(3)セキュリティ対策ソフト
セキュリティ対策ソフトは,コンピュータウイルスや不正アク
27
28
確認してみよう
次の文章のうち誤っているものを選びなさい。
おわりに
インターネットやケータイの利用年齢の低下とともに,ネット上
のトラブルが小学生にも広がってきた感じがする。さらには,想像
(1) 情報社会では,情報のコピーなどは監視され,容易に複製
することはできない
もできないよう大きな事件も起こっており,最近は,小学校から情
報モラル教育(情報安全教育)の重要性が指摘されている。
(2) 電子商取引は相手の信用度などに注意しながら行わなけ
ればならない
この小冊子は,初等中等教育における体系的な情報モラル教育を
実施するために,小・中学校でも実施できるように,やさしくコン
(3) 個人情報が流出した場合,プライバシーが侵害される恐れ
がある
パクトにまとめたものである。小・中学校での現場で,また,児童・
生徒が保護者とともに,情報モラルについて考えていただく資料と
(4) いかなる場合でも著作物を利用する場合,著作権者に許諾
を得なければならない
なれば幸いである。
2006 年 9 月 15 日
(5) Web ページに書かれている情報の信ぴょう性を確認する方
日本情報教育開発協議会(JADIE)情報モラル委員会
法として,複数の Web ページで確認することが挙げられる
情報教育学研究会(IEC)情報倫理教育研究グループ
(6) 迷惑メールは,自分が登録した Web からのみ送信されてく
代表者 高橋 参吉
る
(7) Web ページで情報発信する場合,秘守義務のある情報など
は発信しないよう心がけなければならない
(8) 特定の個人とのメールのやり取りでメーリングリストを
用いて行ってもかまわない
(9) インターネットで売買されている商品はすべて合法的な
ものである
(10)インターネットで安全に情報をやり取りするために暗号化
という技術がある
インターネット社会を生きるための情報モラル
(中学生版)
2006 年 9 月 15 日 初版第1刷発行
著者: 阿濱 茂樹
監修: 日本情報教育開発協議会(JADIE)情報モラル委員会
http://www.fest.or.jp/jadie/
情報教育学研究会(IEC)情報倫理教育研究グループ
http://www.psn.ne.jp/ iec-ken/rinri/rinri.html
非売品
29
30
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
394 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content