close

Enter

Log in using OpenID

“変 革”を 前 面 に

embedDownload
6
1999 年 10 月 26 日発行
October 26, 1999
秋晴れ、開幕初の平日を迎えたが、来場者の出足は順調、12 時現在では早くも 4 万人を突破、ほぼ前回並みだった。常設駐
車場の入りは、午後 1 時の段階でほぼ満杯になった。この日は年輩者や外国人の来場者も目立ちはじめ、暖かな陽気に場内で
は多くの人が屋外のベンチに座って楽しむ風景が見られた。
“ 変 革 ”を 前 面 に ― 先進モデルでアピール ―
ショー直前の 18 日に「リバイバルプラン」を発表、これに連動した新しいメッセージ「ニッサン・ルネッ
サンス・はじまる」を前面に打ち出した。東京モーターショーの場を変革に取り組む第一歩と位置づけている。
展示ブースの入口にはルネッサンス・コーナーを設置、
ルノーとの提携によるシナジー効果として「世界ランク
No.4、生産台数 480 万台、グローバルシェア 9.1%」を掲げ
ているほか、VTR大画面ではリバイバルプランを発表する
カルロス・ゴーンCOO が映し出され、まずここで足を止め
る来場者が目立っていた。
南欧をイメージしたメインの展示コーナーでは、次世代
セダン「XVL」。それに日産車の中で最も革新さを感じさせ
るのが「AXY」、誰もが自由に使え、開放感が味わえるよ
う開口部の大きいドアとフラットなフロアで構成され、ベ
ビーカーや車椅子にも乗ったまま簡単に乗り降りできるの
が特徴。また、3 リッターで 100 キロの走行を可能にし、情
報ツールとして活用できる ITS 技術まで搭載されている
「サイパクト」などのコンセプトカーが、変革の方向をア
ピールする。
「XVL」はフロントミッドシップの3リッター直噴ガソリ
ンエンジンとハイパワー向け無段変速機「エクストロイド
CVT」を搭載した高級セダン。基本性能を追求した新設計
の FR 用プラットフォームに個性あるスタイリングを融合
させ、日産の新しいデザイン哲学をも示唆する。コンセプ
トカーといっても、近々の発売が確実で、多くの来場者の
熱い視線を浴びている。
環境対応では、発売が待たれる「ティーノ・ハイブリッ
ド」が、動力伝達部のオープン展示を行うなど、力点が置
かれている。同クラスのガソリン車に比べ 2 倍以上の燃費
向上など環境性能はライバル車と同等だが、駆動用モー
ターを内蔵したハイパーCVTで変速ショックのない走りが
自慢。ハイブリッドコーナーでは前回ショー同様に外国人
の注目度が高い。
●●●
来場者に聞く
変革への第一歩を印象づけたコーナー
誰もが簡単に使え、開放感のある「AXY」
●●●
カーメーカーと部品を交互に
東京・世田谷から息子さんと来た松尾馨
さん、モーターショーは30年間皆勤だとい
う。
「展示に関しては、各社よくできていて
何も言うことはない」と高い評価。そして
混雑解消にちょっとしたアイデア。
「カーメーカーが隣り合っているから混
雑に拍車がかかっている。カーメーカーの
前後にそれぞれ部品メーカーを配置すれ
ば、混雑が相当緩和されるはず。そうすれ
ば部品のブースにも人が流れ、部品メー
カーも喜ぶはず」
最後に注文。
「コンセプトカーもいいが、
現行の市販車をもう少し展示してもらいたい」。
超低燃費の“3 リッターカー”「サイパクト」
参考出品車では、オーテックの製作による電動メタル
ルーフのクーペ「シルビア・ヴァリエッタ」、さらにセンス
あるフォルムで「見られる存在」を目指したという7人乗り
ミニバン「BASSARA」(2.4 リッター直噴ディーゼル)に
若者の人気が集中している。
圧倒的人気は新世代“かぶと虫”
―フォルクスワーゲン ―
全乗用車をシルバーパールメタリック一色で統一し、
「車
の未来」を印象付けている。つい先日日本にデビューした
「ボーラ」、隙のないデザインが好評な「パサート」、コンパ
クトでかわいい「ポロ」など、ラインナップも充実している。
特にフォルクスワーゲンの代名詞である「ゴルフ」は、豊
富なバリエーションをそろえ、
実際にドアを開けて乗って見
る家族連れや若いカップルが多く見られた。
やや離れて別格扱いで展示され、圧倒的な人気を博してい
るのが「ニュービートル」
。かつて一世を風靡した“かぶと虫”
の現代版という売り込みだが、エクステリアの無駄のない曲
線、インテリアの小粋でおしゃれな感覚、FF駆動のパワート
レインなど、内容は全く別物である。また 4 モーション:ハ
ルデックスカップリングを使用するフォルクスワーゲンの新
しい四輪駆動システムがカットモデルで見られるのも楽しい。 生まれ変わった新世代かぶと虫「ニュービートル」
ル・マンの覇者と
“ボンドカー”
が人気
― BMW ―
圧倒的人気の 99 年度ル・マン優勝車「V12 LMR 99」
今回のBMWには人気を二分する展示がある。今年のル・マ
ン 24 時間レースで優勝した「V12 LMR 99」と、BMW 乗用車
の新しいシンボル Z8 だ。特に、次世代のボンドカーという Z8
は、クラシカルなボディに V8/400 馬力という強力なエンジン
を搭載し、
「写真より実物の方がかっこいい」と大人気。さら
にこの展示車の周囲では、外国人俳優による「ボンデージ」と
呼ばれるパフォーマンスが繰り広げられ、大変な人だかりだ。
BMWは5シリーズベースの、SAV(スポーツアクティビティ
ビークル)と呼ばれるハイパフォーマンス4輪駆動「X5」も発
表した。BMW ブースで見逃せないのが、M シリーズである。
BMWモータスポーツを意味するMマークは、プレステージ性
と高性能のシンボルであり、M クーペ、M ロードスター、M5
には、若い人々を中心に常に熱い視線が注がれていた。
現行技術の限界にチャレンジ
― オペル ―
中央に巨大な「風船」を据えたオペルのブースは、欧州で
の好調な販売を背景に、
近未来の車の姿に挑戦を続ける自動
車会社の姿勢が良く表わされている。人気の中心は、基本は
7人乗りながら多彩なシートアレンジにより様々な使い方が
できる、本物志向のマルチパーパス(多用途)ビークルの「ザ
フィーラ」だ。
「自在のシートアレンジ」は使い古された言
葉だが、
「ザフィーラ」の徹底ぶりには周囲から驚きの声が
上がるほどである。
扱いが比較的地味なので、目ざとい来場者しか気づかない
印象を受けたのが「G90」
。外見は 5 ドアのミニバン風でおと
なしいが、わずか 750kg という重量とCd値(空気抵抗係数)
が0.22しかない画期的なクルマだ。車名も1km走行あたりの
CO2 排出量が 90g ということから来ている。この値は欧州の 超エコのコンセプトモデル「G90」
2008 年規制を大幅に下回っている。
Topics
(第 4 回)
25日の入場者数
82,600 人
入場者数累計 370,200 人
クリーン作戦展開中
10 万人を超える入場者にもかかわらず、屋内外ともゴミひとつ見当たらない。
「と
てもきれい」と来場者の評判もいい。それもそのはず、毎日朝 7 時から午後 9 時まで
赤いユニフォーム姿の清掃担当者が巡回、ゴミを拾い集めているからだ。名づけてク
リーン作戦。メンバーは平日で213 人、日曜・祝日で 270 人。JR 京葉線の海浜幕張駅
周辺も守備範囲。
“お客様に少しでも気持ちよくと思って.
.
.
”休みなく駆け巡る。
ちなみに 23 日
(土)のゴミの量は 1 万 1200 キロ。前回とほぼ同じ量だったそうだ。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
365 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content