close

Enter

Log in using OpenID

会計アップデート

embedDownload
会計アップデート
星谷 浩一 Manger, Audit
宮田 一宏 Associate Principal, Audit
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
1
2015年度決算における
会計・監査の主なトピック
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
2
1. 日系企業の会計を取り巻く環境
株主保護目的
連結決算
(企業の所有者)
予算管理
企業会計
親会社
(タイ)
内部監査
J-SOX
課税目的
債権者保護目的
(国・地方行政機関)
会計監査人による監査
規制当局による会計監査人が
実施した監査のレビュー
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
3
1. 最近の会計 – 資産・負債の概念①
現在の環境が求める会計 = バランスシート重視
B/S
資産概念
負債概念
負債概念の変化
負 債
資 産
資 本
過去の支払い原価を
重視する評価
(取得原価主義)
債務性を重視する概念
現在
当該資産が将来に獲得する
キャッシュフローの現在価値
を重視する評価(時価主義)
現在
将来の経済的価値の減少あるいは
消失の可能性を含む概念
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
4
1. 最近の会計 – 資産・負債の概念②
タイ国非上場会計基準(TFRs for NPAEs)では、資産・負債・引当金の定義について以下のよ
うに定めている。
 資産とは、過去の事象の結果として特定の企業が支配し、かつ、将来の経済的便益が当該
企業に流入すると期待される資源をいう。
 負債とは、過去の事象から発生した特定の企業の現在の義務であり、これを履行するため
には経済的便益を有する資源が当該企業から流出すると予想されるものをいう。
 引当金とは、企業が過去の事象の結果として現在の義務を有しており、義務を決済するため
に経済的便益をもつ資源の流出が必要となる可能性が高く、義務の見積金額について信頼
できる場合に計上する、時期または金額が不確実な負債をいう。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
5
2. 2015年度決算の会計・監査の主なトピック
•
売掛金評価
 長期滞留債権についての引当
•
棚卸資産評価
 低価法の適用(NRV)
 長期滞留在庫についての引当
•
減損会計
 有形固定資産評価
•
退職給付引当金
 年金数理人のレポート入手
 退職率・昇給率等、計算の基礎となる人事情報の更新
•
Going concern
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
6
2-1. 売掛金 1/3
事例
A社は決算期末において、得意先X~Z社に対する売掛金を計上しており、その内訳は
下表のとおりである。決算に際してどのような会計処理が必要になるか?
事例
得意先
売掛金
残高
滞留期間
1-6ヶ月
滞留なし
6ヶ月-1年
備考
1年超
X社
300
300
-
-
-
Y社
100
-
20
30
50
Z社
200
-
-
-
200
合計
600
300
20
30
250
特段問題なし。(A社の過去の貸倒実績率は
1%)
適宜督促等は行っているものの支払なし。また、
回収見込額以上の訴訟費用が見込まれる。
破産手続開始の申立
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
7
2-1. 売掛金 2/3
 X社への売掛金は特段回収可能性に問題はないため、売掛金残高(300)に過去
の貸倒実 績率(1%)を乗じた貸倒引当金(3)を計上する。
事例の回答
 Y社への売掛金は回収可能性に問題があるとの判断から、売掛金残高全額
(100)に対して 貸倒引当金(100)を計上する。
 Z社への売掛金は回収可能性に問題があるとの判断から、売掛金残高全額
(200)に対して 貸倒引当金(200)を計上する。
滞留期間
売掛金
残高
滞留なし
1-6ヶ月
X社
300
300
-
-
-
Y社
100
-
20
30
50
Z社
200
-
-
-
200
合計
600
300
20
30
250
得意先
6ヶ月-1年
備考
1年超
貸倒引当金
計上額
特段問題なし。(A社の過去の貸倒実績率は
1%)
3
適宜督促等は行っているものの支払なし。ま
た、回収見込額以上の訴訟費用が見込まれる。
100
破産手続開始の申立
200
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
303
8
2-1. 売掛金 3/3
回収可能性に応じた貸倒引当金の計上が要求される。
貸倒引当金の計上方法として以下の3つが明示されている。
 純売上高に対して一定の率を乗じて算定する。
 滞留期間に応じた債権区分を設け、個々の債権区分ごとに一定の率を乗じ
会計基準
て算定する。
 個々の債権ごとに相手先からの回収可能額を評価して算定する。
 Aging Listを作成し、回収に遅延が生じている債権の有無、滞留債権金
額を把握する。
 貸倒れが懸念される債権に対しては、個々の相手先毎に状況を把握し回
決算に先立ち
必要となる対応
収金額を見積る。
 一般引当を採用している場合、繰入率の見直しを定期的に行う。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
9
2-2. 棚卸資産 1/3
事例
A社は決算期末において、販売を目的として商品A~Cの3品目を有している。販売価格
の改定、原材料価格の高騰等に伴い、正味実現可能価額が帳簿価額を下回る在庫品
目があることが判明した。また、市況低迷により在庫の保有期間が長期化している傾向
にあることが判明した。決算に際してどのような会計処理が必要になるか?
品目
数量(①)
単価(②)
帳簿価額(①×②)
A
100
@20
2,000
B
80
@30
2,400
C
120
@10
1,200
-
-
5,600
合計
商品Aの直近の販売単価は@15であった。将来における商品Aの販売には見積販売費用
@2が見込まれている。
商品Bは直近1年間における販売実績がない。B社の会計方針には「1年間販売実績のない
品目は30%の評価減を行う」旨の規定がなされている。
商品Cは実地棚卸で現物を確認したところ、品質不良、損傷が判明し、翌期に廃棄処分する
こととなった。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
10
2-2. 棚卸資産 2/3
 商品Aの1個あたりの正味売却価額は@13(販売単価@15-見積販売費
用@2)のため、決 算後の帳簿価額は1,300(100個×@13)となる。差
引の△700を当期の費用として売上原価に計上する。
商品Bの1個あたりの評価額は@30から評価減率30%を控除した@21と
なり、決算後の帳 簿価額は1,680(80個×@21)となる。差引の△720を
当期の費用として売上原価に計上する。
事例の回答
商品Cは品質不良、損傷のため翌期に廃棄処分が見込まれるため決算
前の帳簿価額全額(1,200)を当期の費用として売上原価に計上する。
品目
数量
(①)
決算後
帳簿価額
(③=①×②)
単価
(②)
決算前
帳簿価額
(④)
評価減計上額
(③-④)
A
100
@13
1,300
2,000
△700
B
80
@21
1,680
2,400
△720
C
120
-
-
1,200
△1,200
-
-
2,980
5,600
△2.620
合計
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
11
2-2. 棚卸資産 3/3
正味実現可能価額、滞留期間等を考慮し、価値が下落している棚卸資産について
は、評価減の計上が要求される。
棚卸資産の評価として以下が規定されている。
 Net Realizable Value(正味実現可能価額)が帳簿価額を下回っ
ていた場合に生じる評価損については、売上原価にて認識する。
会計基準
 長期滞留品の評価損についても、売上原価にて認識する。
 在庫引当方針の設定を行う。
 正味実現可能価額を算定するために必要な直近の販売実績(決
算月等)を品目毎に把握する。
 Aging Listを作成し、長期間滞留している品目の有無、滞留金額
決算に先立ち
必要となる対応
を把握するとともに、滞留理由、販売可能性を調査する。
 棚卸実施の際に現物を確認し、陳腐化、損傷等、価値の下落が生
じている品目の有無を把握する。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
12
2-3. 有形固定資産 1/3
有形固定資産の減損
有形固定資産の価値が永久に下落する兆候がある場合、回収可能価額が帳
簿価額より低いか否かを検討し、回収可能価額が帳簿価額を下回る場合、差
額を損益計算書上、減損として認識する。
会計基準
決算に先立ち
必要となる対応
 有形固定資産の価値が永久に下落する兆候を把握する。
・資産が陳腐化または損傷している
・遊休の見込みが発生している
・不動産市況が長期にわたって低迷しその回復の見込みがない状況等
 減損の兆候がある場合、回収可能価額を検討し、回収可能価額が帳簿
価額がよりも低いか否かを検討する。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
13
固定資産
2-3.
有形固定資産
2/3
8.減損
減損会計適用ステップ
兆
候
有形固定資産の価値が永久に下落する兆候がある場合
・資産が陳腐化または損傷している
・遊休の見込みが発生している
・不動産市況が長期にわたって低迷しその回復の見込みが
ない状況等
NO
減損損失認識
しない
YES
測
定
回収可能価額を検討し、回収可能価額が帳簿価額がよりも
低いか否かを検討。
・回収可能価額の測定は、売却費用控除後の予想売却価 高い
額を使うことも可能(独立した不動産鑑定価額を入手する
必要はない。)
低い
認
識
帳簿価額と回収可能価額の差額を損益計算書上、
減損損失として認識する。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
14
固定資産
2-3.
有形固定資産
3/3
8.減損
回収可能価額の算定
使用価値(将来キャッシュ・フローの見積額の現在価値)又は売却価値に基づき算定する。
当該資産を使用することにより期待される
ネットのキャッシュ・フロー
(経済的残存使用年数を考慮)
時間
現在価値への割引計算
使用価値
1
(1+r)n
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
15
2-4. 退職給付引当金
退職給付引当金については、最善の見積りにより計上することとされている。
TFRS for NPAEsではTFRS for PAEsやIFRSのような詳細な規定はな
い。そのため、非上場会社の多くは以下の方法により計算している。
 年金数理人の計算レポートに基づいて計上する。この場合、年金数理
人の計算レポートに基づき計上を要求するTAS19号(TFRS for
PAEs)を適用した場合と同じ結果となる。
会計基準
 自社計算の結果に基づいて計上する(割引計算は要求されていない)。
決算に先立ち
必要となる対応
 年金数理人の計算レポートに基づいて計上している場合、直近の情
報に基づいた計算レポートの定期的な入手が行われているか確認す
る。
 従業員数・基本給・定年・退職率・昇給率等、計算の基礎となる人事
情報が定期的に更新されているか確認する。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
16
2-5. Going concern 1/3
タイ監査基準では継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況として以下を
例示している。
例示
種類
財務関係
営業関係
その他
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
債務超過、又は流動負債が流動資産を超過している状態
返済期限が間近の借入金があるが、借換え又は返済の見通しがない、又は長期性資産の資金調達を短
期借入金に過度に依存している状態
債権者による財務的支援の打切りの兆候、又は債務免除の動き
過去の財務諸表又は予測財務諸表におけるマイナスの営業キャッシュ・フロー
主要な財務比率の著しい悪化、又は売上高の著しい減少
重要な営業損失
配当の延滞又は中止
支払期日における債務の返済の困難性
借入金の契約条項の不履行
仕入先からの与信の拒絶
新たな資金調達の困難性、特に主力の新製品の開発又は必要な投資のための資金調達ができない状況
経営者による企業の清算又は事業停止の計画
後継者不在の状況での主要な経営者の喪失
主要な市場、フランチャイズ、ライセンス、特許又は主要な顧客や仕入先の喪失
労務問題に関する困難性
重要な原材料の不足
強力な競合企業の出現
自己資本規制その他の法的要件への抵触.
当該企業が被告となっている係争中の法的又は規制上の訴訟で、勝訴しても納得できそうにない請求結
果になるもの
企業に不利な影響を及ぼすと予想される法令又は政策の変更
担保されていない又は一部しか付保されていない、重大な災害による損失の発生
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
17
2-5. Going concern 2/3
継続企業の前提に関する監査手続
「継続企業の前提」に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況の
有無を確認
財務諸表の種類
無
継続企業を前提とした
財務諸表
有
経営者の評価、当該事象又は状況に関する経営者の対応策につい
て検討し、重要な不確実性の有無を確認(*)
(継続企業に関する注記無)
無
有
「継続企業の前提」で財務諸表を作成することの妥当性を検討
清算財務諸表等
妥当でない
(資産・負債時価評価)
適切
継続企業を前提とした
財務諸表
妥当
「継続企業の前提に関する注記」の記載が適切か検討
(継続企業に関する注記有)
(*) 合理的な期間(少なくとも貸借対照表日の翌日から1年間)にわたる経営者の対応策(例:キャッシュ・フ
ロー計画)が、状況を改善しえるかどうか、及び対応策が実行可能であるかどうかについて検討する。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
18
2-5. Going concern 3/3
 債務超過、又は流動負債が流動資産を超過
 重要な営業損失
監査上問題となるケース
が多い事象又は状況
重要な疑義を生じさせる事象又
は状況が識別された際に必要と
なる対応
 マイナスの営業キャッシュ・フロー
 合理的な期間(少なくとも貸借対照表日の翌日から1年間)
にわたる経営者の対応策(例:キャッシュ・フロー計画)を作
成する。
 対応策に親会社からの支援含まれる場合には、親会社か
ら支援の意思を示すサポートレターの入手が必要となる場
合がある。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
19
タイ国会計基準の
今後の動向
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
20
1. タイ国会計基準の概要
タイ国会計法(Accounting Act 2000)によって、全ての会社がタイ国会計基準に準拠した財務諸表の作成が義
務化された。タイ国会計基準は、タイ会計士連盟(FAP)が設定主体となり、公的説明責任を有するか否かによっ
て適用すべき会計基準を2つに分けて設定されている。
 Thai Financial Reporting Standards for Publicly Accountable Entities (TFRS for PAEs)
⇒上場会社等、Publicly Accountable Entities(以下、PAEsという)と呼ばれる公的説明責任を負う会社に
対して適用される会計基準である。
 Thai Financial Reporting Standard for Non-Publicly Accountable Entities (TFRS for NPAEs)
⇒PAEsに該当しないNon-Publicly Accountable Entities(以下、NPAEsという)と呼ばれる公的説明責任
を負わない会社について適用される会計基準で、FAPより別途公表されたタイ国独自の会計基準である。
タイ国会計基準の変遷(アジア通貨危機~)
アジア
通貨危機
企業実態を開示
するための会計
情報の要請
1999
2000
キャッシュフロー
計算書の適用
連結会計
持分法
減損会計
金融商品の時
価情報の開示
有価証券の
時価評価
その他 7基準
2001
工事契約会計
2002
セグメント情報
2011
2015
2016
2009年時点の
IFRSへのコン
バージェンス
2013年時点の
IFRSへのコン
バージェンス
2015年時点の
IFRSへのコン
バージェンス
TFRS for
NPAEsの適用
関係会社
取引の開示
その他 4基準
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
21
2. タイ国会計基準の今後 – TFRs for PAEsのロードマップ
現行
2017年度以降
IFRS
2015
2016
2017
2018
2019
TFRS
2016
2017
2018
2019
2020
IFRS9
金融商品
コンバージェン
ス未了の主な
基準書の適用
予定
IFRS16
リース
IFRS15
顧客との契約か
ら生じる収益
 2016年1月1日現在、TFRS for PAEsは、2015年1月1日時点で有効となっているIFRSのほぼ主要な
会計基準がコンバージェンスされたもので、その内容のみならず、基準書および解釈指針等の構成につ
いてもIFRSとほぼ同等となっている。
 2016年1月1日現在、金融商品等に関するIFRSとのコンバージェンスは、その会計処理の複雑性に鑑
み、現時点においては未了となっているものの、2017年度以降、コンバージェンスが予定されている。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
22
2. タイ国会計基準の今後 – TFRS for SMEsの導入
現行
2017年度以降
TFRS for PAEs
TFRS for PAEs
Complex NPAEs
TFRS for SMEs
TFRS for NPAEs
Non-complex NPAEs
TFRS for SMEs exemptions
 現時点においては、2017年1月1日開始事業年度より適用予定の改訂版IFRS for SMEs をコンバージェン
スしたTFRS for SMEsの導入が、2017年に予定されている。
 タイ国会計士連盟(FAP)では、TFRS for SMEsの適用対象会社につき、グループを構成する会社(親会社、
子会社、関係会社、ジョイントベンチャー)に該当するか否かにより、対象会社の複雑性を判定した上で、
TFRS for SMEs又はTFRs for SMEs(exemptions)を適用する方向で検討を行っている。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
23
3. IFRS for SMEsの概要
IFRS for SMEsとは
 IFRS for SMEsとは、 International Financial Reporting Standard for Small and Medium-sized
Entities の略称であり、2009年7月に国際財務報告基準(IFRS)と同じ国際会計基準審議会(IASB)に
より公表され、中小企業(SMEs)のニーズと能力に合わせて作られた約230ページの独立した基準であ
る。日本では中小企業向けIFRSと呼ばれている。
 資産、負債、収益及び費用の認識と測定に関する完全版IFRSの原則の多くを簡素化し、中小企業に関
連性のない項目は省略するとともに、要求される開示の数を大幅に削減している。
 中小企業の報告上の負荷をさらに軽減するために、IASBによるIFRS for SMEsの改訂は3年に1回程
度に限定されている。2012年以降行われていた見直しを踏まえて、2015年5月にIASBより修正が公表
された。修正後のIFRS for SMEsは2017年1月1日以降開始事業年度より適用される予定である。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
24
3. IFRS for SMEsの概要:
TFRS for NPAEsとの比較①
現時点で適用されているTFRS for NPAEsと、将来コンバージェンス予定のIFRS for SMEsとの
主な差異のうち、日系企業に与える影響が大きいと想定されるものは下表のとおりである。
主な差異項目
TFRS for NPAEs
IFRS for SMEs
包括利益計算書
規定なし
開示が必要
キャッシュ・フロー計算書
規定なし
ただしTAS第7号の任意適用が可能
開示が必要
連結財務諸表
規定なし
ただしTAS第27号の任意適用が可能
開示が必要
関連当事者についての開示
規定なし
ただしTAS第24号の任意適用が可能
開示が必要
事業セグメント
規定なし
ただしTFRS第8号の任意適用が可能
規定なし
耐用年数を確定できない無形資産
10年
10年と推定する
研究開発費
一定の要件を満たす場合に開発費の資産
化が要求される
全て発生時点で費用処理が要求される
借入費用
一定の要件を満たす適格資産に係る借入費
すべての借入費用を、発生した期間の費用
用は資産計上し、その他の借入費用につい
として認識する
ては発生した期間の費用として認識する
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
Check
25
3. IFRS for SMEsの概要:
TFRS for NPAEsとの比較②
主な差異項目
TFRS for NPAEs
IFRS for SMEs
従業員給付
(退職給付引当金)
最善の見積りに基づき計上が必要
原則として割引率・制度資産に係る期待収
益率・昇給率・離職率及び死亡率等の基礎
率を用いる予測単位積増方式に基づき認識
される
税効果会計
規定なし
ただしTAS第12号の任意適用が可能
税効果会計を適用し、繰延税金資産及び繰
延税金負債の計上が必要
Check
原則として期末日における公正価値により
測定し、公正価値の変動を純損益として認
識する
デリバティブ取引
規定なし
ヘッジ目的で行われるデリバティブ取引のう
ち、一定の要件を満たす場合においては、
ヘッジ会計を適用する
機能通貨
機能通貨を識別のうえ、外貨建取引につい
ては機能通貨による計上が必要
規定なし
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
26
4. TFRS for SMEsの概要:
Complex NPAEsの適用スケジュール(案)
2017年1月1日以降
適用が予定されているもの
2019年1月1日以降
適用が予定されているもの
2022年1月1日以降
適用が予定されているもの
第1章
中小企業
第18章
のれん以外の無形資産
第7章
キャッシュ・フロー計算書
際11章 基礎的金融雨品
第2章
概念及び全般的な原則
第21章
引当金及び偶発事象
第9章
連結及び個別財務諸表
第12章 その他の金融商品
第3章
財務諸表の表示
第24章
政府補助金
第14章
関連会社に対する投資
第22章 負債及び資本
第4章
財政状態計算書
第25章
借入費用
第15章
ジョイント・ベンチャーに
対する投資
第30章 外貨換算(機能通貨のみ*)
第26章
株式報酬
第19章
企業結合及びのれん
第27章
資産の減損
第20章
リース(契約にリースが含まれて
いるか否かの判断のみ*)
第28章
従業員給付
第23章
収益(カスタマーロイヤリティ
プログラムのみ*)
第29章
法人所得税
第33章
関連当事者についての開示
第34章
専門的活動(農業のみ*)
第5章
第6章
包括利益計算書及び損
益計算書
持分変動計算書並びに
損益及び剰余金計算書
第8章
財務諸表の注記
第10章
会計方針、見積り及び誤
謬
第31章
超インフレ経済下におけ
る財務報告
第13章
棚卸資産
第32章
1株当たり利益
第16章
投資不動産
第35章
SME基準への移行
第17章
有形固定資産
(*) 記載以外の項目については、2017年1月1日以降に適用が予定されている。
FAPでは、Complex NPAEsのTFRS for SMEsへの移行に係る実務上の負荷を軽減するために、2017年1
月1日以降開始事業年度より、TFRS for SMEsを段階的に適用する方向で検討を行っている。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
27
4. TFRS for SMEsの概要:
Non-complex NPAEsの適用スケジュール(案)
適用免除が予定されているもの
2017年1月1日以降適用が予定されているもの
第1章
中小企業
第16章
投資不動産
第9章
連結及び個別財務諸表
第26章
株式報酬
第2章
概念及び全般的な原則
第17章
有形固定資産
第11章
基礎的金融雨品
第27章
資産の減損
第3章
財務諸表の表示
第18章
のれん以外の無形資産
第12章
その他の金融商品
第28章
従業員給付
第4章
財政状態計算書
第19章
企業結合及びのれん(*)
第14章
関連会社に対する投資
第29章
法人所得税
第21章
引当金及び偶発事象
第15章
第30章
外貨換算(機能通貨のみ)
第24章
政府補助金
第20章
第5章
第6章
包括利益計算書及び損
益計算書
持分変動計算書並びに
損益及び剰余金計算書
ジョイント・ベンチャーに
対する投資
リース(契約にリースが含ま
れているか否かの判断のみ)
第31章
第7章
キャッシュ・フロー計算書(*) 第25章
借入費用
第22章
負債及び資本
第33章
第8章
財務諸表の注記
第32章
1株当たり利益
第23章
収益(カスタマーロイヤリティ
第34章
第10章
会計方針、見積り及び誤
謬
第35章
SME基準への移行
第13章
棚卸資産
プログラムのみ)
超インフレ経済下におけ
る財務報告
関連当事者についての開
示
専門的活動(農業のみ)
(*) Complex NPAEsと同様、2019年1月1日以降に適用が予定されている。
FAPでは、Non-complex NPAEsのTFRS for SMEsへの移行に係る実務上の負荷を軽減するために、
IFRS for SMEsのうち、一部の複雑な会計基準の適用を免除する方向で検討を行っている。
©2016 KPMG International Cooperative ("KPMG International"), a Swiss entity. Member firms of the KPMG network of independent firms are affiliated with KPMG
International. KPMG International provides no services to clients. No member firm has any authority to obligate or bind KPMG International or any other member firm vis-àvis third parties, nor does KPMG International have any such authority to obligate or bind any member firm. All rights reserved.
Document Classification: KPMG Confidential
28
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
491 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content