close

Enter

Log in using OpenID

春休みこども記者 養鶏場見学ツアー参加者募集

embedDownload
告知リリース
告知リリース
<独立行政法人 農畜産業振興機構 畜産業振興事業>
~ みんなが毎日食
みんなが毎日食べているたまごはどのように
毎日食べているたまごはどのように作
べているたまごはどのように作られてるの?
られてるの? ~
社団法人 日本卵業協会主催 春休みこども記者 養鶏場見学ツアー参加者募集
見たこと、感じたことが、たまごのパックで記事になる
2008年3月24日(月)開催
2008年2月
社団法人 日本卵業協会
社団法人 日本卵業協会(住所:東京都中央区、会長:岩月忠和)は、3月24日(月)に実施する、
「春休みこども記者 養鶏場見学ツアー」に参加するこども記者(親子5組10名)を一般公募いたし
ます。 (※応募概要は次頁をご参照ください。)
春休みこども
みこども記者
記者 養鶏場見学ツアー
ツアーの
目的】
【春休
みこども
記者
養鶏場見学
ツアー
の目的
】
日本人の国民一人当たりの年間たまご消費量は、約330個と言われています。
これは、日本国民がほぼ毎日1個はたまごを食べているということです。世界有数のたまご消費大国である
日本では、今やお米などの主食と同様に、たまごは日本人の食生活には欠かせないものとなっています。
しかしその一方で、昨今の鳥インフルエンザやサルモネラ菌による食中毒などにより、一般消費者のたま
ごに対する「安全性」に対する意識も高まっています。
「春休みこども記者 養鶏場見学ツアー」は、記者として参加したこども達が、たまごの生産現場を実際に
自分の目で確かめることによって、たまごの「安全性」を確認してもらい、毎日の食生活で安心してたまごを
食べてもらうことを目的としています。
このツアーでは、養鶏が盛んな群馬県にある最新鋭の設備を備えた養鶏場、株式会社トマルの協力で、
養鶏場(たまごの採卵)から、パッキングセンター(たまごのパック詰め工場)の工程を見学していただきます。
また、普段何気なく食べている物にも多くのたまごが使用されています。こども記者には、実際にたまごの
調理にチャレンジ、試食してみることで、たまごの「おいしさ」までを実感してもらいます。
【こども記者
こども記者が
記者が書いた記事
いた記事が
記事が、たまごのパック
たまごのパックに
パックに掲載】
掲載】
さらに、ツアーに参加したこども記者には、体験取材したことを記事に書いてもらいます。
こども達が書いた記事は、たまごパックの上貼りラベルに印刷され、たまごのパックが“媒体”となって約5万
パックがスーパー等、全国の流通店頭で販売されます。
主婦層を中心とした方々に向けて、こども達が体験取材した記事を通して、たまごの「安全性」をさらに伝え
ていきます。
こども記者
こども記者の
記者の 記事掲載スペース
記事掲載スペース
【春休みこども記者 養鶏場見学ツアー参加者募集 応募要項】
■ツアー名 春休みこども記者 養鶏場見学ツアー
■ツアー実施日程 2008年3月24日(月)
■ツアー募集人数 小学生の親子5組10名
●募集期間
2008年3月7日(金) ※当日消印有効
●応募資格
小学生の親子1組2名の応募で、かつ3月24日(月)のツアーに
参加できること
●応募方法
官製はがきに、①住所、②電話番号、③参加者とその保護者の氏名
④応募理由を明記の上、下記宛てに郵送
●応募宛先 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8
㈱サニーサイドアップ 内 「日本卵業協会こども記者見学ツアー」 係
●当選者発表 発表は選考の上、電話連絡をさせていただきます。
●主催
社団法人 日本卵業協会 (URL:http://www.nichirankyo.or.jp/)
●一般からのお問い合わせ先 「こども記者見学ツアー」PR事務局
TEL:03-6825-3388
※集合・解散場所から自宅までの交通費は参加者負担となります。
※自宅で小鳥を飼育されている方の参加はできません。
掲載に
掲載に関するお問
するお問い合わせ先
わせ先
株式会社サニーサイドアップ
株式会社サニーサイドアップ サニーサイドアップ 担当:
担当:島谷(
島谷(しまや)
しまや)・松山・
松山・稲葉
Mail to: [email protected] TEL: 03-6825-3200 FAX: 03-5413-3050 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
173 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content