close

Enter

Log in using OpenID

2016年度 国士舘大学 大学院

embedDownload
2016年度 国士舘大学 大学院
学生募集要項(海外現地入試)-海外在住者向-
1.募集人員・入学試験日程及び試験会場
(1) 募集する研究科及び人員
①政治学研究科 政治学専攻
修士課程(2016年4月入学生)
募集人員 20名(日本国内・海外現地入試を含む)
学位の種類
修士(政治学)
修士(学術) =JAPAN PROGRAM (p.7参照)
②グローバルアジア研究科 グローバルアジア専攻
修士課程(2016年4月入学生)
募集人員 30名(日本国内・海外現地入試を含む)
学位の種類
・ビジネスコミュニケーション分野 / 修士(ビジネスコミュニケーション)
・国際日本語教育分野
/ 修士(日本語教育)
・文化遺産学分野
/ 修士(文化遺産学)
*すべての分野で「修士(学術)
」を選択することもできます。
(2)入学試験日程及び試験会場
①試 験 日 2015年10月27日(火曜日)
試験会場 インドネシア(スラカルタ市)
セブラスマル大学(事務局本館2F、会議室1)
(address)
Universitas Sebelas Maret, Solo
Ruang sidang 1 kantor pusat UNS lantai 2
(phone)
International Office UNS
Gedung Puskom Jl. Ir. Sutami 36 A Solo, 57126
+62 271-646994 ext. 410
-1-
②試 験 日 2015年10月29日(木曜日)
試験会場 インドネシア(ジャカルタ市)
日本文化センター(The Japan Foundation, Jakarta.)
(address)
Gedung Sumitmas Lt. 2-3
Jl. Jendral Sudirman Kav. 61-62 Jakarta 12190
(phone&fax)
Tel +62 21-520-1266
Fax +62 21-52- 5159, +62 21-525-1750
*志願票A票の受験希望日を必ず選択してください。
2.募集対象者及び受験資格
(1) 募集対象者
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)
① 現地大学において日本語等日本関連科目を教育・研究している教員
② 公務員
③ 日本に関する研究を志す者
*出身学部は問わない。
グローバルアジア研究科
① 本研究科のアドミッションポリシーに該当する者(p.8 参照)
。
*出身学部は問わない。
(2) 受験資格
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)は以下の①②③を満たしていること。
グローバルアジア研究科は以下の①②③④を満たしていること。
①
②
③
日本国外に在住し、日本国籍を持たない外国人。
本学の外国人留学生として在留資格「留学」を取得することが可能な者。
大学を卒業した者、もしくは2016年3月31日までに卒業見込みの者。外国に
おいて、学校教育における16 年の課程を修了した者、または2016年3月31
日までに修了見込みの者で、2016年4月1日までに22歳に達する者。
④ ※日本語能力試験N1もしくはそれに相当する語学力を有する者。
(証明書のない者は、それを証明する人の推薦書を必要とします。)
-2-
3.試験区分・科目・時間及び選考方法
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)
(1)試験区分:留学生選考(海外現地入試)
(2)試験科目:面接及び書類審査
(3)時
間:10:30開始(受験生集合10:00)
(4)選考方法:面接及び書類審査の総合評価によって合否判定を行います。合
格者に対し合格通知書を送付します。不合格者には送付しません。
グローバルアジア研究科
(1)試験区分:留学生選考(海外現地入試)
(2)試験科目:面接及び書類審査
(3)時
間:10:30開始(受験生集合10:00)
(4)選考方法:面接及び書類審査の総合評価によって合否判定を行います。合格
者に対し合格通知書を送付します。不合格者には送付しません。
4.出願期間・方法等及び出願書類
(1) 出願受付期間及び出願方法
①
出願受付期間:2015年9月7日(月)~ 10月16日(金)
* 不足書類のないよう十分確認のうえ、当該期間内必着でお願いします。
なお、書類が整っていない場合や期間内に届かない場合には受験でき
ません。
* 連絡がとれるよう、パソコン及び携帯電話のE-mailアドレス、自宅
の電話番号、FAX番号を必ず志願票A票に記載(国番号も記載)し
てください。
② 出願方法:Webでの出願(写で可能)となります。
※ 添付ファイル、スキャナー等(PDF)を利用して、下記の該当E-mail
アドレス宛出願書類を送付してください。
なお、書類の原本は受験日当日に受付で必ず提出してください。
*出願書類の送信先E-mailアドレス
・政治学研究科(JAPAN PROGRAM)への出願者
E-mailアドレス:[email protected]
・グローバルアジア研究科への出願者
E-mail アドレス:[email protected]
③ E-mail で出願書類を受信後、受信確認のメールを返信いたします。
送信後、3日以内に確認のメールが届かない場合はE-mail でお問い合わせ
ください。
-3-
(2) 入学検定料
5,000円(日本円)
*入学検定料は、試験当日に会場の受付にて午前9時から10時の間に
日本円で納入し、領収書を受け取ってください。
*一旦納入した入学検定料は、理由のいかんを問わず返還できません。
(3) 受験票の受け渡しについて
受験票は、受験生のE-mailアドレス宛に送信(添付)します。
内容を確認し、受信したことを必ず返信してください。
試験当日、本人と判る身分証明書(顔写真付)と共に写真を貼付した受験
票を必ず持参してください。
(4) 出願書類
募集要項及び出願書類は、7月下旬に本学ホームページ
(アドレス http://www.kokushikan.ac.jp
検索方法は、国士舘大学大学院 → 入学を希望する方)
に掲載しますので、ダウンロードしてください。
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)は以下の①②③④⑤⑦⑧⑨⑩を必要とする。
グローバルアジア研究科は以下の①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩を必要とする。
① 志願票A票:全てを記入し、写真を貼付すること。受験希望日、連絡が取れ
るパソコン及び携帯E-mail アドレス、自宅の TEL・FAX 番号
を必ず記載すること。
② 卒業・修了(見込)証明書: 出身大学等の卒業・修了(見込)証明書(原本
は受験日提出)
*証明書は日本語・英語・中国語のいずれかで発行されたものに限る。
③ 成績証明書 :出身大学等の成績証明書(原本は受験日提出)
*証明書は日本語・英語・中国語のいずれかで発行されたものに限る。
④ 面接票: 本学所定用紙(様式1)を使用。
⑤ 研究計画書: 日本語で記入すること。本学所定用紙(様式2)を使用。
⑥ 日本語能力を証明するもの:
証明書は出願時より2年以内のもの。もしくは日本語能力を証明できる
人からの推薦書。
(様式自由)
⑦ 推薦書:推薦者は受験生が学生の場合は指導教員もしくは学部長、教員の
場合は学長もしくは校長、公務員の場合は所属長とする。(英語
あるいは日本語訳を付けること。)本学所定用紙(様式4)を使
用。
⑧ 在留状況調査票: 本学所定用紙(様式6)を使用
⑨ 学歴書: 本学所定用紙(様式7)を使用
⑩ 経費支弁書:英語あるいは日本語訳を付けること。
本学所定用紙(添付書類)を使用(必要者のみ)
* 出願書類の、①④⑤⑧⑨⑩は日本語で記入(パソコン使用可)すること。
* 書類は全て、パソコンで作成または黒ボールペンで記入すること。
* 一旦提出した書類は、理由のいかんを問わず返却しない。
-4-
5.受験上の注意事項
(1)試験会場
①試験開始30分前までに、受付を済ませてから各試験控え室において待機
してください。
②試験室においては、携帯電話を使用することはできません。
(2)遅刻について
①試験当日、公共交通機関のダイヤ乱れ等、不測の事態が発生した場合には、
E-mail、
受験する会場もしくは実施本部(国士舘大学教務部大学院課)まで、
または電話で連絡ください。
*なお、開始予定時間から20分経過後の試験室への入室はできません。
6.合格発表
合格発表及び入学手続きについて
合格発表日:2015年11月9日(月) 17:00(日本時間)
本大学院ホームページに掲載しますので、各自確認ください。
*ホームページアドレスhttp://www.kokushikan.ac.jp
検索方法は、国士舘大学大学院 → 入学を希望する方
① 合格通知書及び入学手続き書類は、EMS(国際スピード郵便)で志願
票A票に記載された住所宛に送付いたします。
定められた期間内(合格発表日から12月16日(水)の間)に、入学
手続き書類を提出(郵送:消印有効)し、定められた納入金の振り込み
を済ませてください。
②
本学が定めた所定手続期間を過ぎてからの納入金振り込み、および入
学手続書類の郵送は一切受付けません。
この場合入学を許可できませんので、十分ご注意ください。
-5-
7.学費
(2016年度入学生に適用する学費等を示します。また、学費については全納もしく
は、前期・後期を分納することができます。)
初年度学費等
(単位:円)
費
専攻・分野
政治学
政治学
240,000
650,000
115,000
0
20,000
1,025,000
グローバ
ルアジア
ビジネスコミュ
ニケーション
240,000
702,000
170,000
10,000
70,000
1,192,000
〃
国際日本語教育
240,000
702,000
150,000
10,000
20,000
1,122,000
240,000
702,000
260,000
10,000
20,000
1,232,000
〃
文化遺産学
〔諸費〕(修士課程)
入学金
学
施設
設備費
研究科
授業料
演習・実験
実習費
教材費
合
計
上記学費以外に必要なもの
(単位:円)
研究科
学会費
研究費
通信費
学生保険料
新聞広報費
健康管理費
合
計
政治学
3,000
12,000
500
1,340
1,600
1,500
19,940
グローバル
アジア
3,000
12,000
500
1,340
1,600
1,500
19,940
【注意】①本学の入学手続き完了後に、入学辞退を希望し指定の期日までに所定の届け出をした
者は、入学金を除くその他の納入金を返還しますので、合格者に送付する「入学手続き
の手引」を参照してください。
8.奨学金制度
外国人留学生を対象とした奨学金制度
① 入学後、在留資格「留学」の査証を受けている(変更申請中も含む)者から、
本学の規程に基づき選考されます。
給付期間は奨学生に採用された当該年度限りです。
給付額 月額
70,000 円
-6-
9.専修科目の選択
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)
当該研究科を志望する者は、入学後に作成する研究論文(学位論文)の分野に関する
科目として以下の開講予定専修科目群の中から、1科目を選択してください。
(第2志望を選択できます)。この科目が自己の「志望専修科目」になります。
(*志願票A票の、志望専修科目欄に必ず記入してください。なお、教員名は大学院ガイ
ドブック2016(ホームページ掲載)を参照してください。)
開
政治学研究
地方行政研究
憲法研究
南アジア地域研究
アフリカ地域研究
講 予
8101
8105
8110
8115
8119
定 専 修 科 目 ・ コ ー ド
外交史研究
8103 行政学研究
政治思想研究
8106 国際関係研究
アメリカ地域研究 8113 現代政治理論研究
日本文明研究
8116 政治文化研究
8104
8109
8114
8118
グローバルアジア研究科
当該研究科を志望する者は、入学後に作成する研究論文(学位論文)の分野に関する
科目として下記の開講予定専修科目群の中から、1科目を選択してください。
(第2志望を選択できます)。この科目が自己の「志望専修科目」になります。
(*志願票A票の、志望専修科目欄に必ず記入してください。なお、教員名は大学院ガイ
ドブック2016(ホームページ掲載)を参照してください。)
研究分野
開
講 予
ビジネスコミュニケーション研究
ビジネスコミュニケーション
国際日本語教育
文化遺産学
金融経済研究
地域文化研究(アジア)
ビジネスマネジメント研究
日本語教育研究
文化遺産研究
定 専
修 科
グローバルビジネス研究
グローバル経済研究
地域文化研究(日本)
グローバル経営史研究
対照言語研究(日中)
メソポタミア考古学研究
目
アカウンティング研究
アジア地域経済研究
マーケティング研究
西アジア考古学研究
10.修了に必要な単位数と履修および学位授与
政治学研究科
①2年以上在学し、所定の科目について32単位以上を修得し、かつ修士論文を提出
して審査に合格すれば、修士「政治学」を授与する。
②2年以上在学し、日本政治研究プログラムの中の科目を履修し、所定の科目について
40単位以上を修得し、かつ修士論文を提出して審査に合格すれば、修士「学術」
を授与する。
日本政治研究プログラムの配当授業科目(講義) *2016 年度休講予定科目含む
日本近代化研究、近代日本の戦争研究、江戸時代研究(A)、江戸時代研究(B)
日本博物館史研究、日本教育史研究、日本の公共政策研究、日本の地方行政研究
日本の民主主義研究、日本人の宗教研究、日本大衆文化研究、日本文化遺産研究
日米関係研究、日中関係研究、日韓関係研究、日本東南アジア関係研究
-7-
日本 EU 関係研究、日本・イスラム関係研究
グローバルアジア研究科
①2年以上在学し、所定の科目について 32 単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し
て審査に合格すれば、修士(ビジネスコミュニケーション/日本語教育/文化遺産
学/学術)を授与する。
②ビジネスコミュニケーション分野(地域文化研究を除く)においては、2年以上在
学し、所定の科目について 40 単位以上を修得し、かつ研究成果報告書を提出して審
査に合格すれば、修士(ビジネスコミュニケーション)を授与する。
③国際日本語教育分野において、日本語教員として充分な実務経験があると研究科で
認めた場合には、実習を免除する場合がある。
④分野を横断、または他研究科で単位互換が可能な科目を履修し、学位を取得するこ
とも可能である。その場合には修士(学術)を授与する。
⑤分野を問わず(地域文化研究を除く)研究成果報告書で修了する者は、修了に 40 単
位を必要とする。
11.入学者受入の方針(アドミッションポリシー)
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)
○修士課程
1.政治学研究科の教育研究上の目的を理解している。
2.学習への動機づけが明確かつ具体的であり、修学意欲が旺盛である。
3.研究の遂行に支障のない程度の教養および語学力を有すること。
4.修了後の進路について明確な展望をもっている。
グローバルアジア研究科
○修士課程
1.学部で学んだ基礎的知識をさらに深める意欲がある。
2.専門性の高い知識と教養を身につけ、高度専門職業人を目指している。
3.アジアにおける経済、ビジネス、地域文化、歴史の領域をさらに研究する意欲
がある。
4.コミュニケーション能力、異文化理解、分野横断的識見を高めたいと考えてい
る。
5.フィールドワーク(文化遺産学分野)、長期国外実習(国際日本語教育分野)
、
ケーススタディー(ビジネスコミュニケーション分野)などを通して研究する
意欲がある。
-8-
12.問い合わせ先
*問い合わせは、E-mailに限る
政治学研究科(JAPAN PROGRAM)への出願者
E-mailアドレス
:
[email protected]
国士舘大学 教務部 大学院課(世田谷キャンパス)
〒154-8515 日本国 東京都世田谷区世田谷 4-28-1
Tel .03-5481-3140
Fax .03-5481-3142
Kokushikan University Graduate School 4-28-1
Setagaya Setagaya-ku Tokyo
Postal code 154-8515, JAPAN
Tel +81-3-5481-3140
Fax +81-3-5481-3142
グローバルアジア研究科への出願者
E-mail アドレス
:
[email protected]
国士舘大学 教務部 大学院課(町田キャンパス)
〒195-8550 日本国 東京都町田市広袴 1-1-1
Tel. 042-736-2390 Fax. 042-736-2326
Graduate School of Globalising Asia, Kokushikan University
1-1-1 Hirohakama, Machida-shi, Tokyo 195-8550, JAPAN
Tel +81-42-736-2390 Fax +81-42-736-2326
13.個人情報の取扱いについて
出願および入学の手続にあたってお知らせいただいた氏名、住所その他の個
人情報は、入学試験実施(出願受付、試験実施)、合格発表、入学手続、学生
生活を始めるに当たって必要となる書類、お知らせ等の送付及び入学データの
統計処理(個人を特定することができない方法、形式)、これらに付随する事
項等を行うために使用します。
以
-9-
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
448 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content