close

Enter

Log in using OpenID

シリーズ 東日本震災にまつわる科学 第1回公開講演討論会

embedDownload
シリーズ 東日本震災にまつわる科学
第1回公開講演討論会
放射線はどれくらい怖いか
*-*-*
*-*-*
低線量放射線の生物への作用を検証する
日時:2011年7月3日(日)
時間:午後1時30分〜4時30分
場所:京都大学理学部セミナーハウス
司会 松田卓也(NPO法人あいんしゅたいん副理事長)
挨拶 「科学のウソを突破するために」坂東昌子(NPO法人あいんしゅたいん理事長)
*-*-* 第1部 講演
司会 松田卓也 *-*-*
「放射線と生命の関わり」
内海博司(京都大学名誉教授・放射線生物学)
「がんリスクと免疫の役割」
宇野賀津子(ルイ・パストゥール医学研究センター・免疫学)
*-*-* コーヒーブレイク *-*-*
ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞
*-*-* 第2部 パネル討論
司会 坂東昌子 *-*-*
パネリスト 内海博司・宇野賀津子・松田卓也
佐藤文隆(NPO法人あいんしゅたいん名誉会長)
NK
ガン細胞
*-*-* 講演会終了後・討論と交流の場を設けます *-*-*
ご自由にご参加ください。会費は無料です。
主催:基礎科学研究所(NPO法人あいんしゅたいん附置機関)
後援:日本物理学会京都支部
科学カフェ京都
京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ―
この企画は、以下の企画で採択され、独立行政法人科学技術振興機構の支援を受けています。
2011年度科学コミュニケーション連携推進事業 機関活動(企画:「科学のウソ突破!研修講演会」)
実行世話人:中家剛(京都大学理学研究科教授)・佐藤文隆(NPO法人あいんしゅたいん名誉会長)
坂東昌子(NPO法人あいんしゅたいん理事長) 松田卓也(NPO法人あいんしゅたいん副理事長)
「科学のウソ突破!」を始めるにあたって
2011年3月11日、日本は、東日本大震災の試練を受けました。中で
も、原子炉事敀をめぐって、放射能、食料汚染、さらにはエネルギー
の将来に対して、さまざまな情報が飛び交っています。むやみに怖がらず、安易に軽視せ
ず、正確なデータをもとに、一人ひとりが科学的に判断することが求められています。
このシリーズが、正しい判断ができるための材料を提供し、情報を共有し検討しあって、
ご一緒に考える機会になるよう願っています。科学リテラシィを身につけ、自ら判断する
自覚的な方々とのネットワークを広げていくことは、わが国ばかりでなく人類にとって緊
急の課題でもあります。
この講演討論会は、NPO 法人
シリーズの最初として、まず、「放射線の影響」を取り上
知的人材ネットワーク あ
げました。この問題は、専門家の中でもかなり意見の相違があ
いんしゅたいん附置機関
りますが、放射線の影響について、できるだけ客観的に現状を
基礎科学研究所開設記念行
理解する場にしたいと考えています。
どなたでも遠慮なくご参
加下さい。そして、質問や議論をして、理解を深めましょう。 事を兼ねています。
基礎科学研究所
なお、引き続き、「地震・津波」(8月7日予定)「エネルギ
坂東昌子・松田卓也
ーの将来」(9月)等も取り上げていく予定です。
あいんしゅたいん情報発信グループ(宇野賀津子・坂東昌子)
京
都
大
学
理
学
部
セ
ミ
ナ
l
ハ
ウ
ス
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
348 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content