close

Enter

Log in using OpenID

「平成26年度研究助成による成果報告会」開催

embedDownload
「平成26年度研究助成による成果報告会」開催について
一般財団法人 日本鉱業振興会
一般財団法人日本鉱業振興会は、
「平成26年度研究助成による成果報告会」を次のとおり
開催いたします。
聴講は自由ですので、ご希望の方はご参加下さい。
記
1.開 催 日
平成26年11月7日(金)10:00~
2.会
ホテル 東京ガーデンパレス
場
住所:文京区湯島 1-7-5
2階 天空
Tel.03-3813-6211
3.参加申込み
必要ありません(参加費・資料代無料)
4.主
一般財団法人日本鉱業振興会
催
(問合せ先)
5.プログラム
<会場案内図>
Tel 03-5280-2341
Fax 03-5280-2343
次頁参照 ※発表者、変更の場合あり
一般財団法人日本鉱業振興会 助成による研究成果報告会 プログラム
開催日: 平成26年11月7日(金)
会 場: 東京ガーデンパレス 2階 天空
東京都文京区湯島1-7-5 Tel.03-3813-6211
第 Ⅰ 会 場
(発表予定者)
10:00~10:35 1. テルル,セレン鉱物の解析に基づいた浅熱水性鉱床生成環境の解明
と資源探査への貢献
10:35~11:10 2. 熱水性粘土鉱床における希土類資源ポテンシャルの評価
東京学芸大学 中 田 正 隆
産業技術総合研究所 実 松 健 造
11:10~11:45 3. 資源・素材分野における人材育成の実証的研究
11:45~13:00
資源・素材学会 岡 部
進
< 昼 休 み >
13:00~13:35 4. 陸から海にいたる資源探査のための新しい要素技術の高度化と統合化
に関する調査研究
東北大学(院) 土 屋 範 芳
13:35~14:10 5. 適正な鉱山廃水処理のための環境アセスメント手法の開発
東北大学(院) 土 屋 範 芳
14:10~14:45 6. レニウム-オスミウム年代測定法の資源探査への展開
14:45~14:55
海洋研究開発機構 鈴 木 勝 彦
< 休 憩 >
14:55~15:30 7. 精鉱分野におけるサンプリング及びペナルティー成分を含む分析方法
国際標準化に関する調査研究
15:30~16:05 8. 物理選別を核にした21世紀型の選鉱・リサイクル技術に関する調査
研究
日本鉱業協会 横 岩 巨 盛
産業技術総合研究所 大 木 達 也
16:05~16:40 9. 選鉱技術を利用した2次電池からのレアメタルの再資源化技術に
関する試験研究
関西大学 村 山 憲 弘
16:40~17:1510. 我が国の資源戦略に寄与する資源開発技術の調査研究
秋田大学 安 達
毅
第 Ⅱ 会 場
10:00~10:35 1. 亜鉛の電析および腐食挙動の評価試験研究
10:35~11:10 2. 亜鉛合金ダイカストの実体強さと顕微鏡組織の調査
研究
芝浦工業大学 野 田 和 彦
東京都立産業技術研究センター 佐 藤 健 二
11:10~11:45 3. 銅によるカワヒバリガイ付着対策実用化に関する研究
11:45~13:00
電力中央研究所 小 林 卓 也
< 昼 休 み >
13:00~13:35 4. 非鉄製錬業における環境負荷元素の制御技術と社会貢献調査研究
東北大学 中 村
崇
13:35~14:10 5. チオシアン酸銅薄膜の電析とその電気的・光学的特性の評価
京都大学(院) 三 宅 正 男
14:10~14:45 6. 高リスク非鉄素材を活用した機能性材料開発に関する調査研究
大阪大学(院) 小 俣 孝 久
14:45~14:55
< 休 憩 >
14:55~15:30 7. 鉛複合耐震補強材の建築及び鉄骨構造への適用に関する
研究
全国鉛管鉛板工業協同組合 藤 井
15:30~16:05 8. 亜鉛の殺菌特性活用に関する調査・研究
16:05~16:40 9. 溶融亜鉛めっき鉄筋の曲げ加工部の試験評価方法に関する調査研究
16:40~17:1510. グリーンイノベーションに対応する新材料及びその市場に関する調査研究
誠
北里大学 笹 原 武 志
名古屋大学 市 野 良 一
日本鉱業協会 赤 瀬 文 彰
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
301 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content