close

Enter

Log in using OpenID

IPP1.20 から Windouws powershell を使いシャットダウンを行う設定

embedDownload
IPP1.20 から Windouws powershell を使いシャットダウンを
シャットダウンを行う設定
今回は powershell 使用をトリガーとして、シャットダウン用 powershell を実行します
用意するもの
B.bat と app_shutdown.ps1 の実行ファイル
・B.bat
記述文は下記 1 行
powershell.exe -noexit -command c:¥app_shutdown.ps1
・app_shutdown.ps1
記述文
#----特定のプロセス(アプリケーション)終了をする----------------------------------#
#【記述式】
#
if(Get-Process | Where-Object {$_.name -eq "プロセス名"}){ Command }
#【説明】
#
"プロセス名"に指定したプロセスが実行されていたら,Command を実行する
#
記述した
#
#-------------------------------------------------------------------------if (Get-Process | Where-Object {$_.name -eq "mspaint"}){
#プロセスが起動していた場合プロセスを終了させる
#Stop-Process -ProcessName mspaint
#←
強制終了
Stop-Process -ProcessName mspaint -Confirm
#←
終了確認付の場合
}
#----ローカルコンピュータシャットダウン-----------------------------------#【記述式】
#
Stop-Computer
#【説明】
#
ローカルコンピュータをシャットダウンする
#
#-------------------------------------------------------------------------Stop-Computer
IPP のシャットダウン構成の編集をクリックし、シャットダウンタイプをスクリプトにし
スクリプトに C:¥B.bat を入力し保存
管理ツールよりタスクスケジューラを起動します。
タスクスケジューラ右枠の基本タスクの作成をクリックします。
名前と説明に任意に入力し次へをクリック
トリガーに特定のイベントのログへの記録時を選択し、次へをクリック
トリガーを選択します。ログを選択し Windows PowerShell を選択し次へをクリック
今回は Windows PowerShell を実行した時をトリガーにします。
プログラムの開始を選択し、次へをクリック
プログラムに C:¥B.bat
開始オプションに C:¥
入力し次へをクリック
完了をクリック
作成したルールが準備完了で使用可能
右側の実行をクリックし動作テストが可能
IPP からシャットダウンのテストを実行し確認
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
553 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content