close

Enter

Log in using OpenID

顔面神経麻痺(原因・診断・治療・予後診断・追加治療・後遺症・リハビリ

embedDownload
★☆ 顔面神経麻痺(
顔面神経麻痺(原因・
原因・診断・
診断・治療・
治療・予後診断・
予後診断・追加治療・
追加治療・後遺症・
後遺症・リハビリ)
リハビリ) ☆★
顔面神経麻痺とは、通常片側の顔面表情運動が悪くなる病気の事です。発症から数日間は症状が進行する
ことがあります。
大多数は一側性の急性末梢性顔面神経麻痺であり、ベル麻痺といわれます。原因は不明ですが、ウイルス
説が有力です。膝神経節という場所に潜伏感染している単純ヘルペスウイルス 1 型が、再活性化することで神
経炎を起こし顔面麻痺になるという説です。寒冷被爆、紫外線曝露、ストレス、抜歯、妊娠などが誘因となりま
す。
次に多いのはラムゼイ・ハント症候群です。これは水痘-帯状疱疹ウイルスが膝神経節で再活性化して発症
します。顔面麻痺だけでなく耳介・外耳道入孔部の帯状疱疹(皮膚表面できる発赤や痛みを伴う疱疹)やめまい、
難聴、耳鳴の随伴症状を伴います。難治性のものも多く、他の脳神経領域にも及んで多発性脳神経障害となる
場合もあります。
ベル麻痺やラムゼイ・ハント症候群は、前述のようにウイルスの再活性化で発症します。ウイルス性神経炎に
より顔面神経は膨張(浮腫)しますが、顔面神経管(側頭骨内にある顔面神経を取り囲んでいる骨のトンネル)に
より相対的に絞扼(圧迫)され、神経内の毛細血管は循環障害(虚血)となります。『神経浮腫→神経絞扼→虚
血→神経浮腫』という悪循環となる訳です。
ですからベル麻痺とハント症候群などの神経疾患では早期治療が重要になります。ステロイド治療が最も有
効とされています。入院加療が可能な方にはステロイド点滴大量療法を行います(約 10 日間)。入院治療が困
難な場合には、ステロイド投与量が少なくなりますが、ステロイド内服漸減療法を行います(12日間)。発症早期
には抗ウイルス剤も併用します(5日以内が原則)。ステロイドには様々な副作用がありますので、医師からの用
量・用法を正しく守って下さい。
その他には、外傷性・腫瘍性・耳炎性・反復性などがありますが、この場合はステロイド治療だけでなく原因疾
患の治療も平行して行います。
当科は顔面神経麻痺に精通しており、発症 7~10 日で予後(将来の見通し)判定が可能な電気生理学的検査
を全症例に実施しています。予後不良と判明した場合には、速やかに追加治療を行っています。①ステロイド2
コースあるいは②顔面神経減圧手術がその内容です。当院では経験豊富・人材豊富な麻酔科医師と理解ある
手術室から協力を頂けており、診断から数日で準緊急手術としてこの顔面神経減圧手術を行っています。
前述の予後診断で治癒まで3ヶ月以上かかると判断された場合には、病的共同運動(4ヶ月以降)や顔面拘
縮(6ヶ月以降)といった後遺症が出現してきます。こういった後遺症は顔面表情の粗大運動や低周波マッサー
ジなどで増悪しますので、行うべきではありません。インターネットでは様々なことが言われていますが、根拠が
ないものが多いので、注意が必要です。我々はリハビリテーションに関しても、麻痺スコア・診断内容・治療内
容・予後診断から科学的に検証し、有効と判断できた方法だけを勧めています。その一部をお示ししますと、病
初期からは①ホットパック、②マッサージ、③ストレッチ、④開瞼運動などを実施し、表情運動が出現し始めた時
から⑤(バイオ)フィードバック療法などのゆっくりとした随意運動を開始するようにしています。
表情運動の改善は9ヶ月程度までしか見込めませんが、後遺症はその後も1年半程度まで悪化することが多
いです。中等度以上の後遺症に対しては、ボトックス筋肉注射(後述)という治療法を適応しています。後遺症は
徐々に悪化していきますので、ボトックス治療は麻痺発症後 最低1年は経過してから行っています。
★☆ 顔面神経麻痺の
顔面神経麻痺の手術(
手術(早期・
早期・陳旧例)
陳旧例) ☆★
当科では発症 10 日目までに予後診断を行い、予後不良と判断された場合には顔面神経減圧手術を追加治
療の選択肢の一つとして説明しています。また他院で治療された方のうち『麻痺発症後 1 ヶ月を経過しても治っ
てくる傾向がみられない』ということで、我々の外来を受診されることも多いですが、このような場合には、このま
ま経過をみていても完全治癒は困難な場合がほとんどです。顔面神経減圧手術は可能な限り早期が望ましい
ですが、発症3ヶ月までであれば適応とされています。
顔面神経減圧手術とは、顔面神経管で圧迫されている顔面神経を開放する目的の手術ですが、耳手術の応
用となります。当科は耳手術の経験も豊富ですので、専門的な技術を要求されるこの手術は得意とするところで
す。
脳外科手術などで起こった術後性顔面神経麻痺では、顔面神経が切断されていなければ術後数ヶ月間は改
善の余地がありますので、しばらく経過観察することが多いです。しかし改善が見込めない場合には、手術が必
要となってきます。当科ではより先鋭的な手術方法(舌下神経-顔面神経吻合術変法:動的再建)も行っていま
す。陳旧例の場合でも舌下神経-顔面神経吻合術変法の対象となる場合があります。
★☆ ボトックス治療
ボトックス治療(
治療(顔面神経麻痺の
顔面神経麻痺の後遺症・
後遺症・顔面痙攣)
顔面痙攣)☆★
いろいろな治療法を駆使しても残念ながら麻痺が完治せず、後遺症(病的共同運動や顔面拘縮)が出現する
事があります。後遺症の症状や程度にもよりますが、ボトックス(ボツリヌス毒素)の筋肉注射することで、表情筋
を一旦麻痺させて、その後リハビリを導入すれば症状を緩和できることがあります。ボトックスの効果は3~4ヶ
月間持続します。後遺症や顔面痙攣でお困りの方はボトックス治療をお試し下さい。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
85 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content