close

Enter

Log in using OpenID

OPTPiX iMageStudio3.0、プレイステーション2へ対応

embedDownload
News Release
OPTPiX iMageStudio3.0、プレイステーション2へ対応
株式会社ウェブテクノロジ
1999年 10月26日
(株)ウェブテクノロジは 、「プレイステーション2(2000年 3月発売予定)」に対応したゲームデザイナ向けプロフェッショナ
ル・グラフィクスソフト「OPTPiX iMageStudio 3.0」を発売いたします。
超高性能減色エンジンを搭載し、画像を扱うさまざまな
場面で広く使われているグラフィクスツール「OPTPiXシリ
ー ズ 」。 そ の フ ラ ッ グ シ ッ プ ・ モ デ ル で あ る 「 OPTPiX
iMageStudio」は、シリーズ中、究極ともいえる減色エンジ
ン、そしてゲーム作成に特化したユーザーインターフェー
スを持ち、数々のハイクオリティなタイトル作成に役立っ
て参りました。
これは、プレイステーション2の現場においても変わるこ
とはありません。限られたグラフィックメモリを効率よく
活用するためにも高性能な減色機能は必須といえるでしょ
う。
「OPTPiX iMageStudio 3.0」は、プレイステーション2対応
機能のプラットフォームとして、またゲームCGデザイン用の汎用グラフィクスツールとして開発中です。
アルファ値の表示・編集機能はもちろん、レイヤにも対応。レイヤごとに色数を割り振り減色することもできる
ようになります。縮小・減色を一括して行う MIPMAPテクスチャの作成やアニメーション表示機能等、ゲームタイ
トル作成に必須の機能が大幅に強化されます。(注)機能はすべて予定のものです。
アルファ付画像に対応した超高性能減色エンジン
プレイステーション2のハードウェア性能を十分に引き出すためには、
プレイステーション2の持つ、 アルファブレンディング機能 をフルに使い
こなす必要があります。OPTPiX iMageStudio 3.0では、プレイステーション
2に最適なアルファ値付き画像の減色ができるようになります。
アドオンとして提供される 「アルファ・ブレンディング減色アドオン」 は、アル
ファチャンネルを持ったフルカラー画像を、アルファ値を考慮しつつ、イ
ン デ ッ ク ス カ ラ ー 画 像 に 減 色 ・ 変 換 し ま す 。 OPTPiX並 び に OPTPiX
iMageStudioで認められた超高画質減色エンジンをアルファ対応にリファイ
ン。32bitデータから高品質な256色データを作成します。
もちろん、単にRGB+アルファの減色を行うだけではありません 。
アルファ値付き CLUTを効率よく生成するための減色アルゴリズム
を新規に開発。アルファ減色のチューニング用パラメータまでユー
ザー設定可能です。画質を極力落とさず、アルファチャンネル付き
最適化パレットを生成します。
さまざまな場面でさまざまな効果を生み出す可能性を秘めたプレ
イステーション2のGraphics Synthesizer。iMageStudio 3.0は、そのア
ルファブレンディング機能を十二分に引き出し、より魅力的なタイ
トルづくりをサポートします。
News Release
DTL-T10000用リモート出力モジュール
開発ツールである、EB-2000/SやDTL-T10000にネットワーク経由で画像を送り込む「リ
モート画像出力アドオン for GS」 も同時に提供します。
iMageStudioで編集中の画像を瞬時にテレビモニタにも表示させることができます。
ファイル保存→ファイル転送→表示プログラムのロードといった煩雑な作業を省き、
開発効率や画像品質の大幅な向上に寄与します。
プレイステーション2用画像フォーマット「TIM2」を提案
(株)ウェブテクノロジは、プレイステーション2用の 2D画像フォーマッ
トとして「TIM2」を提案しております。
TIM2は、プレイステーション 2用の 2D画像フォーマットのデファクトス
タンダードとなりつつあります。 iMageStudio3.0は、 TIM2フォーマットを全
面的にサポートしています。
TIM2フォーマットは、プレイステーション2のハードウェア構成を子細に
検討の上で設計いたしました。
当然のことながら、アルファ値を含んだ
フルカラー画像とインデックスカラーを完全サポートしています。
TIM2フォーマットは、プレイステーション2契約ベンダ様ならばどなたで
もご利用いただけます。(株)ウェブテクノロジは 、「TIM2」フォーマットが
プレイステーション 2の標準 2D画像フォーマットとして、プレイステーショ
ン 2のゲームデベロッパーおよびツールベンダー様に広く利用されることを
希望しています。正規のゲームデベロッパーあるいはツールベンダー様が
「 TIM2」フォーマットを採用・利用する事に関して、何ら制限は設けませ
ん。また、ライセンス料・Copyrightの表記等も不要です。
お問い合わせ先:
株式会社ウェブテクノロジ・サポート係
171-0021東京都豊島区西池袋 3-30-3西池本田ビル 8F
fax:03-5954-9755
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
292 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content