close

Enter

Log in using OpenID

ヒュミケア 単回使 付属品 添付 書

embedDownload
*2015年 7月21日作成
(第2版)
2014年11月25日作成
(第1版)
認証番号
226AABZX00055000
機械器具(06) 呼吸補助器
管理医療機器
加温加湿器 (70562000)
「加温加湿器ヒュミケアD900」の付属品
単回使用付属品
再使用禁止
【警告】
 可燃性麻酔ガスおよび高濃度酸素環境雰囲気下では、使用し
ないこと。[爆発および火災発生の危険がある]
 水チャンバーへのあるいは水チャンバーを経由した薬剤投与は
しないこと。
 エアチューブ内に過度の結露や水分の残留が見られる場合、
水チャンバー/エアチューブの内部汚染が考えられる場合等に
は、直ちに水チャンバーを交換すること。
 パスオーバー水チャンバーは、保証されたガスインレットにおけ
るガス温度の許容範囲(18℃~26℃)内で使用すること。[効果
を損ねる可能性がある]
 加温チューブが直接皮膚に触れないようにすること。[火傷のお
それがある]
 長いエアチューブ等をベッド周りに放置しないこと。[寝ている患
者の頭や首に巻きついたりする危険がある]
 エアチューブに寝具や衣服等をかぶせないこと。[エアチューブ
に蓄熱する可能性がある] また、エアチューブをねじったり、曲
げたりしないこと。
 エアチューブを外部の熱源に近づけないこと。[温度調節に悪影
響を及ぼす可能性がある]
 パスオーバー水チャンバーを使用する場合、水位の目視確認
を行うこと。[水位レベルのアラームが出ないため]
 複数患者間において使用する場合は、抗菌フィルタおよびエア
チューブを新品に交換すること。
 エアチューブ等は通常使用で劣化する。直射日光のあたる場
所を避けて保管し、定期的に点検・交換すること。
 プローブのクリーニングの際には、接続部を水に浸けないこと。
 リークバルブの呼気排出孔および窒息防止弁がふさがれてい
ないことを確認すること。また、呼気排出孔の周囲に寝具や衣
服等がなく、呼気排出孔が患者の方へ向いていないことを確認
すること。
⑧ ディスポーザブル回路セット HYH
⑨ ディスポーザブル回路セット HL
⑩ ディスポーザブル回路セット H
⑪ ディスポーザブル回路セット H-V
⑫ ディスポーザブル新生児用回路セット HYH
(4) 自動給水チューブ
2. 構成
(1) カウンターストリーム水チャンバー
(2) パスオーバー水チャンバー
(3) 加温チューブ回路
① 吸気チューブ (a.ライト, b.スタンダード)
② 呼気チューブ (a.ライト, b.スタンダード)
③ 接続用チューブ
④ 呼気弁セット(a.2082003, b.2082004, c.2082005, d.2082006,
e.2082007)
⑤ リークバルブ
⑥ ユニバーサルベント
⑦ ディスポーザブルYピースコネクタ
⑧ ディスポーザブル回路セット HYH
【禁忌・禁止】
 再使用禁止
⑨ ディスポーザブル回路セット HL
⑩ ディスポーザブル回路セットH
⑪ ディスポーザブル回路セットH-V
⑫ ディスポーザブル新生児用回路セット HYH
【形状、構造及び原理等】
(4) 自動給水チューブ
1. 外観図
3. 作動原理
(1) カウンターストリーム水チャン (2) パスオーバー水チャンバー
(1)カウンターストリーム水チャンバー使用時
鼻腔内、咽頭内および喉頭内におけるガス調整の生体機能メカ
a.2082003
ニズムを模倣し、確実かつ効率的な吸気ガスの加温加湿を行う。
非常に大きなガスと水の接触面積とカウンターストリーム原理によ
b.2082004
り、ガスと水の間の総エネルギーの均衡を保証し、相対湿度100%で
(3) 加温チューブ回路
水チャンバーの水温とほぼ等しい温度のガスを供給する。
c.2082005
(2)パスオーバー水チャンバー使用時
a.ライト
b.スタンダード
①吸気チューブ
a.ライト
b.スタンダード
供給されるガスは、加湿器の水チャンバー内の水の上を通過する
d.2082006
②呼気チューブ
とき、水の表面温度とガス流速に応じて、加温加湿される。
(3)加温チューブ
e.2082007
③接続用チューブ
④呼気弁セット
加温チューブは、エアチューブ内のヒーターにより、チューブを
加温することで、結露を防止するとともに、患者に適切な加温加湿
したガスを供給する。
温度センサにより供給ガスの温度を測定し、フィードバック制御を
行うことにより、適切な温度・湿度を保つ。
⑤リークバルブ
⑥ユニバーサルベント
⑦ディスポーザブル Y ピースコネクタ
取扱説明書を参照のこと
1/2
【使用目的、効能又は効果】
1. 使用目的
患者への供給ガスを加温及び加湿すること。
【操作方法又は使用方法等】
1. 使用環境
以下のような環境に設置し使用すること。
 周囲温度
:15~35℃
 相対湿度
:15~93%(結露のないこと)
2. 使用前の操作
① ACアダプタのDC電源プラグを本体後部に接続する。
② ACアダプタの他端をACコンセントに差し込む。
③ 水チャンバーを本体に取り付ける。
④ 自動給水チューブをウォーターバッグに接続する。
⑤ 自動給水チューブの他端を水チャンバーに接続し給水する。
⑥ 接続チューブを人工呼吸器等のガス出力ポートに接続し、他端
を水チャンバーのガスインレットに接続する。
⑦ 吸気チューブを水チャンバーのガスアウトレットに接続し、他端を
Yピースコネクタに接続する。
⑧ 吸気チューブ用接続ケーブルを本体に接続し、他端を吸気チュー
ブに接続する。
⑨ 呼気チューブをYピースコネクタに接続し、他端を人工呼吸器等に
接続する。
⑩ 呼気チューブ用接続ケーブルを本体に接続し、他端を呼気チュー
ブに接続する。
3. 以降の操作は「加温加湿器ヒュミケアD900」本体の操作に準ずる。
【使用上の注意】
1. 吸気口を塞がないこと。
2. 圧モニターチューブに水滴が流入しないよう、チューブの差込口が
常に上になるように設置すること。
3. 水チャンバーには、異物が混入しないようにすること。
4. 圧モニターチューブに水滴が見られた場合には速やかに取り除く
こと。[水滴でチューブ内が閉塞し、アラームが誤作動したり、適正
な換気が維持されない等の恐れがある。]
5. リークバルブの矢印の向きを本体から患者への気流の流れと
一致するように接続すること。
【貯蔵・保管方法及び使用期間等】
1. 保管条件
 周囲温度
:-10~50℃
 相対湿度
:0~93%(結露のないこと)
【保守・点検に係る事項】
1. プローブのクリーニングには、超音波洗浄機の使用、溶液/消毒液
への浸水、加圧滅菌等の滅菌処理は適さない。取扱説明書に記
載の方法で消毒すること。
【製造販売業者及び製造業者の氏名又は名称及び住所等】
製造販売業者:
レスメド株式会社
*
*
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-2-4
TEL 03-5829-4410
外国製造業者:
ResMed Humidification Technologies GmbH (ドイツ)
販売業者(連絡先):
株式会社アイビジョン
〒113-0034 東京都文京区湯島3-1-7
TEL 03-3834-2025
2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
260 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content