close

Enter

Log in using OpenID

2004 fieldwork no igi to houhou へのリンク

embedDownload
フィールドワークの意義と方法
1.フィールドワークの意義
「調べようとする出来事が起きている『現場』(=フィールド)に身を置いて調査を行
うときの作業」(佐藤郁哉[1992 年])
2.フィールドワークの「わざ」
・・・二つの立場
(1)十分に経験を積んだ者による過酷な経験の上に磨き上げられる(フィールドワ
ークの)知恵や技能⇒熱帯雨林や砂漠、都市の犯罪地域等におけるフィールド
ワーク
(2)研究者がフィールドワークの過程で工夫した手法やノウハウ⇒フィールドノー
トの書き方、統計の活用、パソコンの活用等
3.フィールドワークの方法
(1) インタビュー(interview)
(2) 参与観察(participant observation)
(3) フィールドノートと情報処理(漸次構造化法)
(4) マルチメディア・レポート(multimedia-report)
4.フィールドノートのフォーマット(参考事例1−2、その他資料参照)
フィールドノートのフォーマット(参考事例1)
☆☆☆雪の残る兼六園☆☆☆
【場 所】
金沢・兼六園
【年月日】
2003年1月26日
【時 刻】
9:00∼11:30
【天 候】
晴れ
【環 境】
都市公園
【観察種】
1.カイツブリ
9.ヒヨドリ
17.(メジロ)
2.(マガモ)
10.カワガラス
18.アオジ
3.カルガモ
11.シロハラ
19.カワラヒワ
4.(コガモ)
12.キクイタダキ
20.スズメ
5.トビ
13.エナガ
21.ハシボソガラス
6.ユリカモメ
14.ヒガラ
22.ハシブトガラス
7.(キジバト)
15.ヤマガラ
−
8.コゲラ
16.シジュウカラ
−
( )内は他の参加者が観察した種
【メモ】
石川支部の新年会前に行われる、恒例の兼六園探鳥会に参加しました。大勢の
観光客の中を望遠鏡や双眼鏡を構えてぞろぞろ歩く我らが一統は、ちょっと異様
な集団に見えたかも。とはいっても一同そんなこと気にする風もなく、いつもの
通りすっかり自分達の世界に入り込んでの鳥探しです。
兼六園も手入れが行き届き過ぎてどこへ行っても妙に明るく、鳥達の隠れ家に
なるような藪が年々少くなっているような印象です。いつも必ず観察できたカワ
セミも、今年はとうとう姿をみせることはありませんでした。お隣の金沢城跡も
なんとか博覧会の為だかに木々が随分伐られましたが、そのこととも無関係では
ないのかもしれません。
フィールドノートのフォーマット(参考事例2)
博物館評価ツール:5 段階スケール:徳島城博物館
1.観点
①施設に対するクリティーク 立地;アクセス;アメニティ;構造等
②資料に対するクリティーク 資料等の質;同量;レイアウト;更新度等
③イベントに対するクリティーク 頻度;規模;レイアウト;地域性等
④職員に対するクリティーク 資格;人数;役割;サービス;自由度等
⑤運営に対するクリティーク 予算;市民参加;ボランティア等
2.スケール
実施日:
面会者:
観点 アイテム
年
月
スケール
1
2
3
4
5
アクセス
1
2
3
4
5
アメニティ
1
2
3
4
5
施設 構造:動線
構造:光度
構造:設備
構造:材質
1
1
1
1
2
2
2
2
3
3
3
3
4
4
4
4
5
5
5
5
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
1
1
2
2
3
3
4
4
5
5
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
地域性
1
2
3
4
5
資格制度
1
2
3
4
5
人数
1
2
3
4
5
職員 調査・研究
1
2
3
4
5
サービス
1
2
3
4
5
企画力
1
2
3
4
5
予算
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
ボランティア
1
2
3
4
5
評価活動
1
2
3
4
5
常設 資料の量
資料 レイアウト
更新度
頻度
イベ 規模
ント レイアウト
運営 市民参加
∼
所 見
立地
資料の質
得点=
日 時刻
評点:5>非常に良い 4>良い 3>普通 2>良くない 1>非常に良くない
所見:各自のコメントを記す
備考:調査によらなければ不明なアイテムについては、後日記入する
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
52 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content