close

Enter

Log in using OpenID

<外来魚対策>

embedDownload
●技術紹介
<外来魚対策>
―在来生態系に配慮した外来魚の増加抑制対策―
1.概 要
近年のペットブームやルアー釣りブームの背景を受け、全国各地への外来魚の放流が見られていま
す。これらの外来魚が在来生態系に与える生態リスクを、食性、生息環境、生態的地位といった観点
から多面的に評価した上で、問題が生じる場合の対策手法の設定、潜在的に問題を生じる可能性があ
る場合の監視方法(モニタリング方法)の設定を行
●外来魚の生態把握
い、対策を実施することが重要です。
・食性
●外来魚と在来生態系
・産卵場
2.検討事例
の関係把握
・産卵生態
・生息範囲
亜熱帯地域のダム湖に流入する小河川において、
・生息密度etc.
東南アジア産の観賞用熱帯魚が爆発的に増殖し、在
来生態系に対する影響が懸念されていました。
●生態リスク評価
・場の占有
胃内容物調査や水中観察結果により、希少な在来
・餌の競合
・直接捕食
種への影響が確認されたため、まず、不明であった
影響なし
外来魚の生態特性として、繁殖期、成熟体長、成長
監視
影響あり
曲線等を把握しました。そして、把握した生態特性
●対策の実施
をもとに、流出対策、繁殖対策等を立案し、駆除を
・駆除
・流出対策
実施することによって、健全な生態系維持に貢献し
・繁殖対策
ています。 (担当:河川・環境本部 環境部)
外来魚対策フロー
繁殖期の把握
GSI
40
35
凡例
凡例
パールダニオ
のGSI
外来魚の GSI
成熟体長の把握
繁殖期
30
25
小型個体
20
15
小型個体
10
5
0
水温
0
9月 10月 11月
2
〔月〕
412月 1月 6 2月 3月 4月 5月
8
10
35
30
25
20
15
10
5
0
水温
体長と外来魚の GSI(生殖腺指数)の年変動
パ − サンプリング月
ル ダニオサ ンプリング月
水温と外来魚の GSI(生殖腺指数)の年変動
駆除の実施
成長曲線の把握
L(i)=5.43*(1-EXP(-0.66*(t(i)+0.12)))
3 年目
2 年目
耳石の形成
輪を測定
1 年目
外来魚の年齢-体長曲線
駆除された外来魚
外来魚の駆除作業状況
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
87 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content