close

Enter

Log in using OpenID

PDFファイル

embedDownload
金融商品販売法に係る重要事項のご説明
1.
国内株式
株価の変動により投資元本を割り込むことがあります。
また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化により、投資
元本を割り込むことがあります。
なお、東京証券取引所・マザーズ上場銘柄、JASDAQグロース市場上場銘柄などの
新興市場上場銘柄は、一般に既存市場の銘柄と比べて流動性が低くなる傾向があります。
2.
外国株式
上記に加え、為替相場の変動などにより、投資元本を割り込むことがあります。
3.
国内債券
債券の価格は金利の変動などにより上下しますので、償還前に売却する場合は投資元本
を割り込むことがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びこれらに関する
外部評価の変化などにより、投資元本を割り込むことがあります。
4.
外貨建債券
上記に加え、為替相場の変動などにより、投資元本を割り込むことがあります。
5.
国内転換社債(CB)
転換社債の価格は転換の対象となる株式の価格及び金利の変動の影響などにより上下
しますので、これにより投資元本を割り込むことがあります。また発行者の経営・財務
状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化などにより、投資元本を割り込むことが
あります。
なお、株式への転換を請求できる期間は限定されておりますのでご留意ください。
6.
外貨建て転換社債(CB)
上記に加え、為替相場の変動などにより、投資元本を割り込むことがあります。
以
上
金融商品販売法に係る重要事項のご説明
(投資信託全般編)
投資信託は、その投資対象や投資方針が多岐にわたりますので、以下の分類に基づきま
して、投資信託全般に関する「金融商品販売法に係る重要事項」をご説明させていただき
ます。お客様におかれましては、以下の重要事項をご熟読の上、ご購入時には必ず目論見
書の内容をご確認いただき、それぞれの投資信託をご購入くださいますようお願い申しあ
げます。
価格が円建てで表示される投資信託
1.
国内株式を中心に投資する投資信託
主に国内株式を投資対象としますので、組み入れた株式の値動きなどにより基準価格が
上下し、投資元本を割り込むことがあります。また組み入れた株式発行者の経営・財務
状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化などにより、投資元本を割り込むことが
あります。
2.
外貨建て株式中心に投資する投資信託
主に外貨建て株式を投資対象としますので、上記(1)に加え為替相場の変動などによ
り、投資元本を割り込むことがあります。
3.
円建て公社債を中心に投資する投資信託(外貨建て資産や株式などには投資しな
いもの)
主に円建て公社債を投資対象としますので、この投資信託の基準価格は金利の変動など
による組み入れ債券の値動きにより上下し、これにより投資元本を割り込むことがあり
ます。また組み入れた債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価
の変化などにより投資元本を割り込むことがあります。
4.
外貨建て公社債中心に投資する投資信託(株式などには投資しないもの)
主に外貨建て公社債を投資対象としますので、上記(3)に加え為替相場の変動などに
より、投資元本を割り込むことがあります。
5.
国内転換社債(CB)を中心に投資する投資信託
主に国内転換社債を投資対象としますので、この投資信託の基準価格は、組み入れ転換
社債の転換の対象となる株式の価格変動や金利の変動の影響により上下し、これにより
投資元本を割り込むことがあります。組み入れた転換社債の発行者の経営・財務状況の
変化及びそれに関する外部評価の変動などにより、投資元本を割り込むことがあります。
6.
外貨建て転換社債(CB)を中心に投資する投資信託
主に外貨建ての転換社債を投資対象としますので、上記(5)に加え為替相場の変動な
どにより投資元本を割り込むことがあります。
7.
国内の株式、公社債中心に投資する投資信託(一部転換社債にも投資)
主に国内の株式、円建て公社債を投資対象としますので(一部転換社債に投資する場合
もあります。)基準価格は上記(1)(3)(5)の影響により上下し、これにより投資
元本を割り込むことがあります。
8.
外貨建ての株式、公社債を中心に投資する投資信託(一部転換社債にも投資)
主に外貨建ての株式、公社債を投資対象としますので(一部転換社債に投資する場合も
あります。)上記(7)に加え為替相場の変動などにより、投資元本を割り込むことが
あります。
9.
その他金融商品を中心に投資する投資信託
その他、上記以外の金融商品を主に投資対象とする、投資信託については、銘柄ごとに
目論見書を基に商品の特徴及び投資元本を割り込むリスクなどをご説明いたします。
以
上
金融商品販売法に係る重要事項のご説明
(デリバティブ編)
デリバティブ取引(先物取引、オプション取引)につきましては、以下の分類に基づき
「金融商品販売法に係る重要事項」をご説明させていただきます。お客様におかれまして
は以下の重要事項をご熟読の上、取引開始前にお渡しいたしました各種「契約締結前交付
書面」の内容をご確認いただき、それぞれの取引を行っていただきますようお願い申しあ
げます。
1.
指数先物取引
指数先物の価格は対象とする指数の変動などにより上下しますので、これにより差損を
生じることがあります。対象とする指数の変動などによる先物価格の上下により、損失
を被ることがあります。
2.
国債先物取引
国債先物の価格は金利の変動の影響などにより上下しますので、これにより差損を生じ
ることがあります。
金利の変動などによる先物価格の上下により、損失を被ることがあります。
3.
指数オプション取引
指数オプションの価格は対象とする指数の変動などにより上下しますので、これにより
差損を生じることがあります。
対象とする指数の変動などによるオプション価格の上下により、損失を被ることがあり
ます。なお、オプションを行使できる期間は限定されておりますのでご留意ください。
4.
有価証券オプション取引
有価証券オプションの価格は対象とする有価証券の市場価格の変動などにより上下し
ますので、これにより差損を生じることがあります。また、対象有価証券発行者の経営・
財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化などにより、差損を生じることがあ
ります。
オプションの対象とする有価証券の値動きなどによるオプション価格の上下、有価証券
発行者の信用状況の変化などにより、損失を被ることがあります。なお、オプションを
行使できる期間は限定されていますのでご留意ください。
5.
国債先物オプション取引
国債先物オプションの価格は金利の変動の影響などにより上下しますので、これにより
差損を生じることがあります。
金利の変動などによるオプション価格の上下により、損失を被ることがあります。なお、
オプションを行使できる期間は限定されていますのでご留意ください。
以
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
100 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content