close

Enter

Log in using OpenID

死の中への体験的探求 - 和尚アートユニティ

embedDownload
2016年9月
マニーシャ
来日 !
Living with Enlightenment
OSHOの瞑想ガイドを体験する3日間
9月2 日(金)∼4 日(日)
初開催!
l S
Squeeze the Juice of Life
日本
S i i
iving an d Dying
悟りの意識を体験する
後悔しない生を
最大限に生きるために
9月9日(金)∼11日(日)
死は生に対立するものではない。
死こそが、生命が種として宿していたものすべての開花なのだ。
死は突然やってくるのではない。それはあなたの中で成長する。
i
人生のジュースを搾り取れ!
マニーシャ・ジェームス
プロフィール
1947年オーストラリア・メルボルン生まれ。看
護士と助産婦としての教育を受け、精神医学
について学ぶ。
1974年、インドの神秘家OSHOとの出会いが、
期せずして彼女の人生を180度転換させるこ
ととなった。その後15年間、OSHOの傍らで過
ごし、彼の著書の編集長を務める。彼の初期
の瞑想法の実験台を勤める幸運にも恵まれ、
日課だった講話の質問の語り手として、あまり
にも有名。著書も多数、
「 OSHOとの至高の瞬
間」
(市民出版社)は日本語で入手可能。
その後20年にわたって、意識的な生と、意識
的な死に焦点を当てたワークショップやリト
リートを世界各国でファシリテート。OSHOと
過ごした長い年月からインスピレーションを
得て、広範囲にわたる瞑想テクニックとシンプ
ルなストラクチャーを用い、意識的な死を探
求するための安全なスペースを提供している。
マニーシャはまた、死に直面した人々への心
理的・スピリチュアルなサポートを実践する中
で、自らを「彼岸への助産婦」とも呼ぶことも
ある。
それはあなたの中で花開いていく。あなたが開花するのだ。
OSHO
ナイトイベント【鎌倉】
9月7日(木)
個人セッション【鎌倉】
9月1日(木)・6日(火)・7日(水)
好評
発売中!
OSHO講話録
死について
41の答え
詳細は ▶ http://oejbooks.com
悟りの意識を体験する
9月2 日(金)∼4 日(日)
この3日間のワークショップでは、マニーシャは15年
OSHOの瞑想ガイドを
体験する3日間
ていく機会となるでしょう。
間Osho とともに過ごした経験を分かち合います。とり
わけ瞑想についての経験と、彼女の究極の至福の瞬間
日 程 2016年9月2日(金)∼4日
(日)
全3日間
やOshoの瞑想指導で彼女が果たしてきたさまざまな
時 間 10:00∼18:00
(初日のみ11:00スタート)
役割などについてお話しします。この間、瞑想を始めと
会 場 鎌倉
する様々な質問やデイスカッションなどの時間もとり
参加費 75,000円(通訳、
税込)
ながら瞑想の理解を深めていきます。
早 割 70,000円(8月1日
(月)
までにお申込み、
そしてマニーシャが直接経験してきたさまざまな瞑想
お振込みの場合)
のテクニックを一緒に経験していきます。
定 員 16名
この三日間はOsho の瞑想を身近に体験し、瞑想を深め
講 師 マニーシャ・ジェームス
Living
with
Enlightenment
後悔しない生を最大限に生きるために
9月9日(金)∼11日(日)
人生のジュースを搾り取れ!
死ぬ間際になってはじめて、自分が望んだであろう人
すのは、単に生きるための処方だけでなく、満たされな
生を自分はまだ本当は生きてこなかった、と私たちが悟
かった人生の後悔と苦悩なしに死ぬための最善の準
るのはごく頻繁に起こることです。あるいは人生の終
備でもあります。
Squeeze
the
Juice of
Life
わりに直面してはじめて、一番大事なのは、自分が実際
に何をしたかではなく、自分の中にどんな資質が花開
日 程 2016年9月9日(金)
∼11日(日)
全3日間
いたのか──愛、喜び、安らぎ、感謝は花開いたか、と
時 間 10:00∼18:00
(初日のみ11:00スタート)
いうことだとわかるのです。
会 場 東京・品川
参加費 75,000円(通訳、
税込)
このワークショップは、私たちがその瞬間瞬間にいて、
早 割 70,000円(8月8日
(月)
までにお申込み、
トータルにより意識的に生きることを可能にする内な
お振込みの場合)
る資源を発見するのを助けることができる多彩な瞑想
定 員 26名
技法を提供しています。それらの多彩な技法が生み出
講 師 マニーシャ・ジェームス
個人セッション
9月1日(木)・6日(火)・7日(水)
「マニーシャのセッションは、オープンセッションです。
ナイトイベント
9月7日(水)
日 程:2016年9月1日
(木)
・6日
(火)
・7日(水)
そこでのテーマは、ありとあらゆること─関係性や人
会 場:鎌倉 和尚アートユニティ
生の方向性、自分に合った瞑想法を見出すといった、
参加費:90分 ¥25,000+¥3,000(通訳必要な場合)
どんなことでもありえます。あるいはそれは、死にまつ
日 程:2016年9月7日(水)
会 場:鎌倉 和尚アートユニティ
わること─あなたがフルに生きることを妨げている、
申し込みは、スケジュールの都合がありますので、
時 間:19:00∼20:30
未解決の悲しみや恐怖という課題かもしれません。
メールないしお電話にてお問い合わせください。
参加費:3,000円(通訳、税込)
セッションは1対1の親密なスペースのなかで行われ、
※人数が限られていますので、お早めにお申し込み
完全にプライバシーが保たれます」
ください。
Experiential Enquiry Into Death
死の中への体験的探求
2017年1月27日(金)∼31日(火)
於:インド、プネー、OSHO国際瞑想リゾート
ファシリテーター:マニーシャ・ジェイムズ、キマヤ・カル
ヴァロ
● 和尚アートユニティでは、
マニーシャの「死の中への体験的
探求」に参加するツアーを企画しています。 値段等はまだ
未定です。
参加ご希望の方は、
こちらにお申し込みください。
https://oshoartunity.com/mail/
お問い合わせの対象で
「ツアーについて」
をお選びください。
死は存在しないと繰り返し唱えても、死を否定する
ことはできません。
死は知られなければなりません。必ずそれに遭遇す
るときが来ます。
死は生きられなければなりません。死と馴染みにな
らなければならないのです。
もし旅立つ必要があることを知っていて、その旅に
ついて何か疑問があるのなら、前もってそれに本気
で取り組み、
それをより容易なものにするためにでき
ることがないかを調べてみるのは当然のことです。
瞑想技法や「デヴァイス(方便・手段)」を備えている
このワークショップは、まだ肉体と精神のなかにい
るうちに、死についての自分の疑問やフィーリングを
探求できるユニークな機会です。驚くべきことに、お
そらく私たちは、日常生活で自分がもっているその
同じ恐怖や心配が、死に直面するときの仕方にも反
映されることを発見するのです。ですからこのプロ
セスは、私たちの死に方だけでなく、私たちの生き
方にもポジティブな影響をおよぼします。
内的成長にフォーカスするすべてのワークとまさに
同じく、
「死の中への体験的探求」は感情的な対決で
ありながら、しかも仲間の参加者やファシリテー
ターによって生まれる環境によって、瞑想的で、思い
やり深く、深遠なサポートを与えるものとなります。
この4-day-plusのワークショップは、安全に護られ
た空間で実施され、どちらかのファシリテーターと
のインタビュー(一般的にはSkype)が予め前提され
ています。
● お問い合わせ・お申し込み 和尚アートユニティ tel:0467-23-5683 e-mail:[email protected] http://oshoartunity.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
411 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content