close

Enter

Log in using OpenID

世界で一番やさしい木造3階建て正誤表2

embedDownload
003
基準法上の階数
建 築 基 準 法 に お け る 建 物 の 階 数 は、
上下の床が何層重なっているかが基本
的な数え方になる。
階数に含まれるものとしては、一般
の居室、押入れや納戸などの収納、廊
部が地面と接している部分の平均の地
盤であるので、宅地が道路面より高い
場 合、 地 下 室 が 道 路 に 面 す る こ と で、
そこを車庫として利用することができ
るなどの利点がある。
室などが該当する。また、建物内に設
めた建物全体の階数から規制する場合
基準法や施行令などは、地上階の階
数をもとに規制する場合と、地階も含
法律上の対応
ける自動車車庫は、容積率などの算定
に分かれるので注意が必要である。一
下や洗面所、便所などの設備室、階段
用 床 面 積 に は 緩 和 規 定 が あ る も の の、
般に、地上階のみを対象とする場合は、
︵床面積にも含まれない︶
。
地階の定義と地盤面
天井高の 分の 以上が地盤面に入
っており、かつ地上に突出した部分が
1m 以下の場合は地階となる。
このときの地盤面とは、建物の外周
基準法上の階数
建 築 基 準 法 に お け る 建 物 の 階 数 は、
上下の床が何層重なっているかが基本
的な数え方になる。
階数に含まれるものとしては、一般
の居室、押入れや納戸などの収納、廊
建物全体の階数を対象とする場合は
﹁階数が⋮⋮﹂と表現される。
階、
地階、
このほか﹁階﹂については、
地上階、最上階、各階、上階、直上階、
直下階、避難階、階数など、さまざま
な用語が用いられる。このなかで、地
階、避難階、階数については定義がな
さ れ て い る が、
﹁階﹂そのものに定義
はない。一般には人が立ち入れる空間
で、原則として床や屋根があるものと
されている。
部が地面と接している部分の平均の地
盤であるので、宅地が道路面より高い
場 合、 地 下 室 が 道 路 に 面 す る こ と で、
そこを車庫として利用することができ
るなどの利点がある。
室などが該当する。また、建物内に設
めた建物全体の階数から規制する場合
基準法や施行令などは、地上階の階
数をもとに規制する場合と、地階も含
法律上の対応
ける自動車車庫は、容積率などの算定
1m 以下の場合は地階となる。
このときの地盤面とは、建物の外周
されている。
で、原則として床や屋根があるものと
はない。一般には人が立ち入れる空間
さ れ て い る が、
﹁階﹂そのものに定義
階、避難階、階数については定義がな
な用語が用いられる。このなかで、地
直下階、避難階、階数など、さまざま
階、
地階、
このほか﹁階﹂については、
地上階、最上階、各階、上階、直上階、
﹁階数が⋮⋮﹂と表現される。
建物全体の階数を対象とする場合は
﹁ 地 階 を 除 く 階 数 が ⋮⋮﹂ と 表 さ れ、
般に、地上階のみを対象とする場合は、
に分かれるので注意が必要である。一
分
以下であれば階数には含まれない
天井高の 分の 以上が地盤面に入
っており、かつ地上に突出した部分が
地階の定義と地盤面
︵床面積にも含まれない︶
。
の
が m 以下かつ直下階の床面積の
した中間階収納などは、最高天井高さ
これに対し、小屋組空間を利用した
小屋裏収納や階間の天井裏空間を利用
階数には必ず含まれる。
用 床 面 積 に は 緩 和 規 定 が あ る も の の、
下や洗面所、便所などの設備室、階段
﹁ 地 階 を 除 く 階 数 が ⋮⋮﹂ と 表 さ れ、
階数には必ず含まれる。
これに対し、小屋組空間を利用した
小屋裏収納や階間の天井裏空間を利用
分
した中間階収納などは、最高天井高さ
が m 以下かつ直下階の床面積の
1.4
の 未満であれば階数には含まれない
2
8
003
1
1
12
3
3
■ 地階を含めた規制と地階のみの規制がある
■ 地階を含めた規制と地階のみの規制がある
1
1.4
1
「3階」になる場合
「3階」になる場合
■ 小屋組空間、天井裏空間は階数に含まない
Point
■ 小屋組空間、天井裏空間は階数に含まない
Point
階数の考え方
階数の考え方
Keyword
正
Keyword
P.12 誤
P.67 誤
燃えしろ設計の考え方
図1
燃えしろ設計は長期荷重を支持する
すべての柱と梁に対してチェックを実
施する
●燃えしろ寸法
防火設計
想定した断面から所定の燃えしろ寸法
を差し引く。基本は4面共に差し引く
燃えしろ設計は長期荷重を支持する
すべての柱と梁に対してチェックを実
施する
集成材、LVL 製材
大規模木造建築物
(法21条、令129条の2の3、
昭62建告1901号、1902号)
燃えしろ
準耐火構造
(平12建告1358号)
1時間準耐火構造
(平12建告1308号)
25㎜
30㎜
35㎜
45㎜
45㎜
60㎜
想定した断面から所定の燃えしろ寸法
を差し引く。基本は4面共に差し引く
1時間準耐火構造
25㎜
30㎜
35㎜
45㎜
45㎜
60㎜
●不燃性の軒天材で覆う場合
準耐火構造の軒裏の仕様例
●木材を露しとする場合
●不燃性の軒天材で覆う場合
面戸板45㎜厚以上
野地板30㎜厚以上
垂木
垂木
構造設計
︵許容応力度︶
外壁:準耐火構造
硬質木片セメント
板厚12㎜以上など
外壁:準耐火構造
外壁:準耐火構造
鼻隠し:30㎜以上の木材でつくり不燃材料で覆う。
または葺くか、不燃材料でつくる
外壁表面に木材を張る場合
外壁:準耐火構造
鼻隠し:30㎜以上の木材でつくり不燃材料で覆う。
または葺くか、不燃材料でつくる
図3
外壁表面に木材を張る場合
建築計画
準耐火構造の外壁
準耐火構造の外壁
木材
木材
確認申請
準耐火構造の外壁表面に木材を張ることで、準耐火構造に
要求される性能(非損傷性、遮熱性、遮炎性)が低下する
ことはない。しかし、運用上、告示の外壁の表面には張って
よいが、大臣認定の外壁は木材を張った状態で認定を所得
していないと張ってはならないとされている
硬質木片セメント
板厚12㎜以上など
木材の燃え抜け防止性能を活用
構造設計
︵仕様規定︶
図2
野地板30㎜厚以上
67
準耐火構造
(平12建告1358号)
(平12建告1380号)
面戸板45㎜厚以上
図3
集成材、LVL 製材
大規模木造建築物
この断面に長期荷重が生じたときの
応力度が短期許容応力度を超えなけ
ればよい。超えた場合は、元の断面を
大きくする
準耐火構造の軒裏の仕様例
●木材を露しとする場合
●燃えしろ寸法
(法21条、令129条の2の3、
昭62建告1901号、1902号)
燃えしろ
この断面に長期荷重が生じたときの
応力度が短期許容応力度を超えなけ
ればよい。超えた場合は、元の断面を
大きくする
図2
木造準耐火建築物③
燃えしろ設計の考え方
029
木造3階建てとは
図1
正
準耐火構造の外壁表面に木材を張ることで、準耐火構造に
要求される性能(非損傷性、遮熱性、遮炎性)が低下する
ことはない。しかし、運用上、告示の外壁の表面には張って
よいが、大臣認定の外壁は木材を張った状態で認定を所得
していないと張ってはならないとされている
P.99 誤
木造3階建てとは
図
正
木造3階建ての構造安全性確認ルート
図
木造3階建ての構造安全性確認ルート
木造3階建て
木造3階建て
木造2階建て
高さ>13m
軒高> 9m
特定建築物
高さ>13m
軒高> 9m
木造2階建て
高さ>13m
軒高> 9m
特定建築物
木造平屋建て
高さ≦13m
軒高≦ 9m
防火設計
材料・仕様の確認
材料・仕様の確認
仕様規定
仕様規定
壁量計算(地震力・風圧力)
壁量計算(地震力・風圧力)
壁の片寄りの確認(地震力)
接合金物の選択
接合金物の選択
構造設計
︵仕様規定︶
壁の片寄りの確認(地震力)
荷重・外力の計算
荷重・外力の計算
1次設計
1次設計
構造設計
︵許容応力度︶
応力計算
(加重や外力の組み合わせによる、
長期・短期の応力)
部材に生じる応力度≦許容応力度
2次設計
2次設計
建築計画
偏心率の確認
偏心率≦0.15
剛性率の確認
各階剛性率≧0.6
確認申請
99
応力計算
(加重や外力の組み合わせによる、
長期・短期の応力)
部材に生じる応力度≦許容応力度
層間変形角の確認
層間変形角≦1/200
ルート2
END
木造平屋建て
層間変形角の確認
層間変形角≦1/120
偏心率の確認
偏心率≦0.15
剛性率の確認
各階剛性率≧0.6
ルート1
END
壁量計算
END
ルート2
END
ルート1
END
壁量計算
END
P.123 誤
木造3階建てとは
図
正
計算ルートの確認
図
計算ルートの確認
スタート
スタート
仕様規定の確認(令3章2節・3節)
仕様規定の確認(令3章2節・3節)
防火設計
加重、外力
(建基令82)
加重、外力
(建基令82)
応力計算
加重や外力の組み合わせによる
長期と短期の応力
加重や外力の組み合わせによる
長期と短期の応力
構造設計
︵仕様規定︶
許容応力度
1次設計
1次設計
応力計算
許容応力度
応力度の確認
応力度の確認
No
特定建築物*
特定建築物*
設計者の判断
Yes
構造設計
2次設計
2次設計
︵許容応力度︶
No
高さ≦31m
Yes
建築計画
剛性率、偏心率の確認(同令82の3) OK
剛性率≧6/10
偏心率≦15/100
ルート2
END
NG
ルート1
END
層間変形角の確認(同令82の2)
層間変形角≦1/200
(1/120)
ルート1
END
設計者の判断
高さ≦31m
Yes
設計者の判断
剛性率、偏心率の確認(同令82の6) OK
剛性率≧6/10
偏心率≦15/100
ルート2
END
NG
確認申請
保有水平耐力の確認(同令82の4)
ルート3
END
* 特定建築物とは、
木造で高さ13m、軒の高さ9mを超えるものをいう
123
設計者の判断
Yes
層間変形角の確認(同令82の2)
層間変形角≦1/200(1/120)
No
No
保有水平耐力の確認(同令82の3)
ルート3
END
* 特定建築物とは、木造では高さ13m、軒の高さ9mを超えるものをいう
P.125 誤
木造3階建てとは
図
正
壁倍率から許容耐力へ
図
●壁倍率から許容耐力を求める
壁倍率から許容耐力へ
●壁倍率から許容耐力を求める
910
910
防火設計
施行令や告示に壁倍率が記載されている耐力壁は、
壁倍率から許容耐力を求めることができる
施行令や告示に壁倍率が記載されている耐力壁は、
壁倍率から許容耐力を求めることができる
壁倍率2.0の耐力壁(例)
壁倍率2.0の耐力壁(例)
●
壁量計算では、壁倍率による壁長さで耐力を確認
●
壁量計算では、壁倍率による壁長さで耐力を確認
壁倍率 × 壁長さ = 存在壁量
(2.0倍)
(0.91m)
壁倍率 × 壁長さ = 存在壁量
(1.82m)
(2.0倍)
構造計算では、倍率ではなく許容せん断耐力で表す
(許容せん断耐力の略算式)
●
構造設計
︵仕様規定︶
壁倍率 × 1.96kN × 壁長さ = 許容せん断耐力
(1.96kN) (0.91m)
壁倍率 ×1.96kN/m × 壁長さ = 許容せん断耐力
(3.56kN)
筋かい45×90
(倍率2.0)
(1.82m)
構造計算では、倍率ではなく許容せん断耐力で表す
(許容せん断耐力の略算式)
●
(2.0倍)
(0.91m)
(2.0倍)
(1.96kN)
(0.91m)
筋かい45×90
(倍率2.0)
構造設計
︵許容応力度︶
●耐力壁
●準耐力壁
●準耐力壁
●腰壁、垂れ壁
品確法の準耐力壁は
壁量計算では使えな
いが、構造計算では
その壁倍率から許容
耐力を求めることが
できる
品確法の準耐力壁は
壁量計算では使えな
いが、構造計算では
その壁倍率から許容
耐力を求めることが
できる
建築計画
確認申請
基準法 壁量計算
125
(3.56kN)
×
×
品確法 壁量計算
○
△
基準法 構造計算
○
○
(両側を耐力壁・準耐力壁で
挟まれている場合のみ)
基準法 壁量計算
×
×
品確法 壁量計算
○
△
基準法 構造計算
○
○
(両側を耐力壁・準耐力壁で
挟まれている場合のみ)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
416 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content