close

Enter

Log in using OpenID

日立電線グループ グリーン調達ガイドライン

embedDownload
サプライヤー様配布版
文書番号QAG―006A−1
制定2006年11月21日
改訂2009年 7月 2日
日立電線グループ
グリーン調達ガイドライン
(Ver.2)
目次
1.日立電線グループの環境活動への取組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2/18
2.日立電線グループのグリーン調達の目的と適用範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
2.1 目的・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
2.2 適用範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
3.納入品に含有される化学物質の管理について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
3.1 日立電線グループ自主管理化学物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
3.2 サプライヤー様に対して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3/18
3.3 納入品に対して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4/18
3.4 変更管理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4/18
4.化学物質含有情報の調査協力のお願い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4/18
4.1 調査回答方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4/18
4.2 調査頻度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4/18
5.納入品に関するその他の要望事項・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5/18
添付資料
日立電線グループ自主管理化学物質一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7/18
別表1(レベルA禁止物質群リスト)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7/18
別表2(レベルB管理物質群リスト)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8/18
別表3(レベルA、Bの例示物質リスト)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9/18
別表4(オゾン層破壊物質)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13/18
別表5(特定アミン(1以上のアゾ基の分解により生成するもの))・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14/18
添付1(含有化学物質の調査)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15/18
添付2(測定方法について)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18/18
【改訂履歴】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18/18
1.日立電線グループの環境活動への取組み
日立電線グループは、2005年4月に、ステークホルダーとの相互理解と協力関係強化を盛り込んだ
10項目からなる「環境保全行動指針」を制定し、日立電線グループの事業活動において環境保全に
向けて積極に行動することを定め、グループ全体の活動を推進してきました。
日立電線グループでは、この指針に基づいて毎年度「環境行動計画」を策定し、企業の責任と社会
への貢献をめざした環境保全活動を推進することに努めています。
日立電線グループ環境保全行動指針
本指針は、「日立電線企業行動基準」(1992.2.24 改訂)を基本理念とし、日立電線グループの事業活動に関わる環境保
全への取り組みに対する日立電線グループの行動の指針を示すものである。
スローガン
製品・サービスを通じて環境と調和した持続可能な社会を実現するために、当社グループは製品の全ライフサイクルにお
ける環境負荷低減を目指したグローバルなモノづくりを推進し、環境保全に努めることにより社会的責任を果たす。
行動指針
1.地球環境保全は人類共通の重要課題であり、環境と
6.国際的環境規制並びに国、地方自治体などの環境規
調和した持続可能な社会の実現を経営の最優先課
制を遵守するにとどまらず、必要に応じて自主基準を策
題の一つとして取り組み、社会的責任を果たす。
定して環境保全に努める。
2.地球環境保全及び資源有限性への配慮に関するニ
7.グローバルなモノづくりに際しては、当該地域の環境に
ーズを的確に把握し、これに対応する高度で信頼性の
与える影響に配慮し、地域社会の要請に応えられる対
高い技術及び製品を開発することにより社会に貢献
策を実施するよう努める。
するよう努める。
8.従業員の環境に関する法律遵守、環境への意識向上、
3.環境保全を担当する役員は、環境保全活動を適切に
広く社会に目を向け、幅広い観点からの環境保全活動
推進する責任を負う。環境保全を担当する部署は、環
境関連規定の整備、環境負荷削減目標の設定などに
について教育する。
9.環境問題の可能性を評価し、発生の防止に努める。
より環境保全活動の推進・徹底を図るとともに、環境
万一、環境問題が生じた場合には、環境負荷を最小
保全活動が適切に行われていることを確認し、その維
化するよう適切な措置を講ずる。
持向上に努める。
10.環境保全活動についてステークホルダーへの情報開
4.製品の研究開発・設計の段階から生産、流通、販売、
示と積極的なコミュニケーションに努め、相互理解と協
使用、廃棄などの各段階における環境負荷の低減を
力関係の強化に努める。
目指したグローバルなモノづくりを推進する。
5.モノづくりによって生じる環境への影響を調査・検討し、
環境負荷を低減するために省エネルギー、省資源、化
学物質管理、リサイクル等、環境保全性に優れた技術、
資材の導入を図る。
2005年4月制定
2/18
2.日立電線グループのグリーン調達の目的と適用範囲
2.1 目的
日立電線グループは、環境に配慮した製品(環境適合製品)を開発・設計・製造し社会へお届
けすることにより地球環境を保全し、持続可能な社会構築に貢献したいと願っております。
グリーン調達は、この活動の一環として、積極的に環境保全活動に取り組んでいるサプライヤ
ー様から、化学物質の適正使用、省エネルギー、長寿命、省資源、再生・分解・処理の容易性を
考慮した、環境負荷のより少ない製品・サービスを調達することが目的です。
2.2 適用範囲
日立電線グループがサプライヤー様から調達させていただく原材料、部品、半完成品、完成品、
梱包材などの納入品に対して適用されます。
3.納入品に含有される化学物質の管理について
3.1 日立電線グループ自主管理化学物質
日立電線グループでは、下記「日立電線グループ自主管理化学物質」の考え方に従い、「禁止
物質群」と「管理物質群」の二つのカテゴリーに分けて、納入品に含有される化学物質の情報を
把握します。
■「日立電線グループ自主管理化学物質」の考え方
区分
レベルA
禁止物質群
管理対象物質
主な法規制
納入品に含有していることを禁止する化学物質。(国内外の
法規制で、含有製品の販売、製品への使用が禁止または制限
されている物質。
)
ただし、法規制の濃度以下の場合、法規制で適用除外されて
いる場合、または当社要求による場合はこの限りではない。
「レベルA禁止物
質群リスト」
(別表1)に記載。
「レベルA 禁止物質群リスト」(別表1)による。
レベルB
意図的な使用を制限するものではないが、使用実態を把握
「レベルB管理物
管理物質群
し、リサイクルや適性処理を配慮すべき管理物質。
質群リスト」
「レベルB 管理物質群リスト」(別表2)による。
(別表2)に記載。
ただし、業界動向等の事情から、日立電線グループの事業部門により管理内容(物質群、管理
レベル、閾値等)が異なる場合がありますので、当社からの要求事項にご留意頂くよう願います。
また、納入品に最終的に含有せずとも、納品までの製造、貯蔵、輸送等の段階で使用される化
学物質について、供給保全の趣旨から調査をお願いする場合があります。合わせてご協力をお願
いします。
3.2 サプライヤー様に対して
日立電線グループでは、「資材取引基本契約書」若しくは「納入資材の含有化学物質に関する覚
書」を締結し、サプライヤー様に環境に対するご協力をお願いしております。
3/18
3.3 納入品に対して
個々の納入品について「納入物品の含有化学物質に関する不含有保証書」、「化学物質含有情
報」、「分析報告書」、「MSDS」等(以後、環境情報と称す)の提出をお願いしています。た
だし、納入品によっては別表1、2と異なった内容でお願いをする場合があります。
また、必要に応じ、購入仕様書等で納入品の含有化学物質要求事項を個別仕様に盛り込む場合
があります。その場合は、個別仕様を本ガイドラインに優先します。
3.4 変更管理について
①サプライヤー様は、納入品に対する材料の変更、加工方法の変更、作業方法の変更、仕様の変更、
製造設備・場所の変更等が生じた場合、必ず事前に変更理由等必要事項を記載した「変更申請書 兼
承認通知書」とともに、再度環境情報を提出いただくようお願いします。
なお、実際に変更を実施した納入品は、上記を承認されるまで納入しないようお願いします。
②上記①以外で、既に報告された環境情報に変更が生じた場合は、速やかに当社へご連絡いただき、
当社からの指示を仰ぐようお願いします。
4.化学物質含有情報の調査協力のお願い
日立電線グループは、納入品の化学物質含有情報を活用することにより、環境に配慮した製品を社
会にお届けする取組みを強化して参ります。サプライヤーの皆様には、以下の調査にご協力ください
ますようよろしくお願いいたします。
4.1 調査回答方法
日立電線グループでは、グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI)に準じたフォーマットに従っ
て納入品に含有される化学物質の調査を推進しております。
一方、2007年6月1日より施行された、欧州の新化学物質規制であるREACH規則*1では、欧州に出荷
する部品、製品などのアーティクル(成形品)に含まれるSVHC*2についての情報提供等が義務付けられ
ました。
一部サプライヤー様には、この化学物質情報伝達方法として、当社顧客からの要求によりJAMP*3の
提供するAIS及びMSDSplus*4での提出をお願いする場合がありますので、よろしくお願いいたします。
4.2 調査頻度
第4.1項の方法による情報提供に関し、必要に応じて調査依頼いたしますので、その際はよろ
しくお願いいたします。
*1
*2
*3
*4
REACH規則: 2007年6月1日より施行された欧州における化学物質の総合的な登録・評価・認可・制限制度。
SVHC: REACH 規則で管理対象となる高懸念物質。含有の際は届出が必要。
JAMP: アーティクルマネジメント推進協議会: http://www.jamp-info.com/
AIS 及び MSDSplus:JAMP が提供する化学物質情報伝達フォーム。AIS は成型品に含有する化学物質を扱い、
MSDSplus は MSDS を補完する。
4/18
5.納入品に関するその他の要望事項
日立電線グループは、環境に配慮した製品(環境適合製品)を開発・設計・製造し社会へお届けする
ことにより地球環境を保全し、持続可能な社会構築に貢献したいと願っております。
サプライヤーの皆様に対しては、納入品の環境配慮に関し、以下の項目に積極的に取組むよう要望い
たします。
■省資源
①製品の減量化、小型化に配慮している
②再生部品または再生資源を利用している(再生材含有率)
③長寿命化に配慮している
■省エネ
④待機時、使用時の省エネルギー化に配慮している(エネルギー低減率)
■リサイクル
⑤製品を回収、リサイクルしている(リサイクル率)
⑥材料の統一、標準化をしている
⑦分解、分別の容易性に配慮している
■梱包材
⑧梱包材を削減し、回収、リユース、リサイクルに配慮している
■情報提供
⑨製品に関する環境情報を提供している
■化学物質
⑩化学物質の使用の適正化に努めている。
5/18
添付資料
日立電線グループ自主管理化学物質一覧
別表1(レベルA禁止物質群リスト)
別表2(レベルB管理物質群リスト)
別表3(レベルA、Bの例示物質リスト)
別表4(オゾン層破壊物質)
別表5(特定アミン(1以上のアゾ基の分解により生成するもの))
添付1(含有化学物質の調査)
添付2(測定方法について)
6/18
日立電線グループ自主管理化学物質一覧
別表1(レベルA禁止物質群リスト)
№
化学物質群
法規制値
(最大許容濃度)
1
カドミウム及びその化合物*1
100ppm
100ppm(包装材)*6
2
六価クロム化合物*1
1,000ppm
100ppm(包装材)*6
3
鉛及びその化合物*1
1,000ppm
100ppm(包装材)*6
4
水銀及びその化合物*1
1,000ppm
100ppm(包装材)*6
5
6
ビス(トリブチルスズ)=オキシド
意図的な使用禁止
(TBTO)
トリブチルスズ類(TBT類)、
意図的な使用禁止
トリフェニルスズ類(TPT類)
7
ポリ臭化ビフェニール類
(PBB類)
1,000ppm
8
ポリ臭化ジフェニルエーテル類
(PBDE類)*2
1,000ppm
関連する主な法規制等
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「危険物質及び調剤の上市と使用の
制限に係わる加盟諸国の法律・規則・行政規程の近代化を図るため
の理事会指令(EU)」、「特定危険物質を含む電池・蓄電池に関する指
令(EU)」、「ELV指令(EU)」、「RoHS指令(EU)」、「包装・包装廃棄物指
令(EU)」
、「米国包装材重金属規制」
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「ELV指令(EU)」
、
「RoHS指令(EU)」、
「包装・包装廃棄物指令(EU)」、
「米国包装材重金属規制」
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「危険物質及び調剤の上市と使用の
制限に係わる加盟諸国の法律・規則・行政規程の近代化を図るため
の理事会指令(EU)、
「特定危険物質を含む電池・蓄電池に関する指令
(EU)」、「ELV指令(EU)」、「RoHS指令(EU)」、「包装・包装廃棄物指令
(EU)」、
「米国包装材重金属規制」
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「危険物質及び調剤の上市と使用の
制限に係わる加盟諸国の法律・規則・行政規程の近代化を図るため
の理事会指令(EU)、
「特定危険物質を含む電池・蓄電池に関する指令
(EU)」、「ELV指令(EU)」、「RoHS指令(EU)」、「包装・包装廃棄物指令
(EU)」、
「米国包装材重金属規制」
「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(以下化審法とい
う)」
(第1種特定化学物質)
「化審法」
(第2種特定化学物質)
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「RoHS指令(EU)」
、
「ドイツダイオキ
シン法令」
「資源の有効な利用の促進に関する法律(日本)」、「電子情報製品
汚染予防管理方法(中国)」、「電気電子製品及び自動車の資源循環
に関する法律(第2章)(韓国)」、「RoHS指令(EU)」
、
「ドイツダイオキ
シン法令」、pentaBDE,octaBDE;「危険物質及び調査の上市と使用の
制限に係わる加盟諸国の法律・規則・行政規程の近代化を図るため
の理事会指令(EU)」
「化審法」
(第1種特定化学物質)
、
「危険物質及び調査の上市と使用
の制限に係わる加盟諸国の法律・規則・行政規程の近代化を図るた
めの理事会指令(EU)」
9
ポリ塩化ビフェニル類
(PCB類)
意図的な使用禁止
10
ポリ塩化ナフタレン
(塩素数が3以上)
意図的な使用禁止 「化審法」(第1種特定化学物質)
「危険物質及び調査の上市と使用の制限に係わる加盟諸国の法律・
11 短鎖型塩化パラフィン*3
意図的な使用禁止 規則・行政規程の近代化を図るための理事会指令(EU)」、「ドイツダ
イオキシン法令」
労働安全衛生法施行令(日本2006/09/01施行)
「危険物質及び調査の上市と使用の制限に係わる加盟諸国の法律・
規則・行政規程の近代化を図るための理事会指令(EU)」
「危険物質及び調査の上市と使用の制限に係わる加盟諸国の法律・
規則・行政規程の近代化を図るための理事会指令(EU)」、「ドイツ日
用品規制」
「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(日本)」
「モ
ントリオール議定書」、「1990年大気浄化法第611条(米国)」、「危険
物質及び調査の上市と使用の制限に係わる加盟諸国の法律・規則・
行政規程の近代化を図るための理事会指令(EU)」、「オゾン層破壊に
関するEU規則」
12 アスベスト類
1,000ppm
13 特定アゾ染料・顔料*4
30ppm
14 オゾン層破壊物質*5
意図的な使用禁止
15 放射性物質
意図的な使用禁止 原子炉等規正法
*1:金属は、その合金も含む。
*2:Deca-BDE を含む
*3:炭素鎖長/10∼13 の短鎖型塩素化パラフィンを対象とする。
*4:特定アミンを形成するアゾ染料・顔料(別表5)
*5:モントリオール議定書の ClassⅠ物質、Class Ⅱ物質(別表4)
*6:包装材は4物質合計で 100ppm 以下
7/18
別表2(レベルB管理物質群リスト)
№
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
化学物質(群)名
アンチモン及びその化合物※1
ヒ素及びその化合物※1
ベリリウム及びその化合物※1
ビスマス及びその化合物※1
ニッケル及びその化合物(合金は除く)
セレン及びその化合物※1
マグネシウム(化合物は除く)※1
臭素系難燃剤※2
ポリ塩化ビニル(PVC)
フタル酸エステル類
銅及びその化合物※1
金及びその化合物※1
パラジウム及びその化合物※1
銀及びその化合物※1
※1:金属は、その合金も含む。ただし、ニッケル合金は除く。
※2:PBB、PBDE類以外のもの(PBB、PBDE類は別表1のレベルA
禁止物質群に該当する)
8/18
別表3(レベルA、Bの例示物質リスト)
※電気・電子機器において使用されたことがある化学物質及び法規制で制限されている化学物質を例としてあげたリストです。
※CAS No、Chemical Formula、重金属換算係数については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
物質
例示物質
Substance
物質群
例示物質名
大分類 群分
分類№
類№
レベルA
金属類 A05 カドミウム及び
A05001
カドミウム
Cadmium
化合物
その化合物
A05002
酸化カドミウム
Cadmium oxide
A05003
硫化カドミウム
Cadmium sulfide
A05004
塩化カドミウム
Cadmium chloride
A05005
硫酸カドミウム
Cadmium sulfate
A05997∼9 その他のカドミウム化合物
Other cadmium compounds
A07 六価クロム
A07001
重クロム酸ナトリウム
Sodium dichromate
化合物
A07002
三酸化クロム
Chromium(VI) oxide
A07003
クロム酸カルシウム
Calcium chromate
A07004
クロム酸鉛
Lead(II) chromate
A07005
重クロム酸カリウム
Potassium dichromate
A07006
クロム酸カリウム
Potassium chromate
A07997∼9 その他の六価クロム化合物
Other hexavalent chromium compounds
A09 鉛及び
A09001
鉛
Lead
その化合物
A09002
炭酸鉛
Lead(II) carbonate
A09003
酸化鉛(Ⅳ)
Lead(IV) oxide
A09004
四酸化三鉛
Lead(II,IV) oxide
A09005
硫化鉛(Ⅱ)
Lead(II) sulfide
A09006
酸化鉛(Ⅱ)
Lead(II) oxide
A09007
塩基性炭酸鉛(Ⅱ)
Lead(II) carbonate basic
A09008
炭酸水酸化鉛(亜炭酸鉛)
Lead hydroxidcarbonate
A09009
硫酸鉛(Ⅱ)
Lead(II) sulfate
A09010
リン酸鉛(Ⅱ)
Lead(II) phosphate
A09011
クロム酸鉛
Lead(II) chromate
A09012
チタン酸鉛
Lead(II) titanate
A09013
硫酸鉛
Lead sulfate,sulphuric acid, lead salt
A09014
三塩基性硫酸鉛
Lead sulphate,tribasic
A09015
ステアリン酸鉛
Lead stearate
A09016
A09997∼9
水銀及び
A10001
その化合物
A10002
A10003
A10997∼9
A17 ビス(トリブチルスズ) A17001
=オキシド(TBTO)
A18 トリブチルスズ類(TB
A18001
T類)、トリフェニル
スズ類(TPT類)
A18002
A18003
A18004
A18005
A18006
二塩基性ステアリン酸鉛
Lead stearate,dibasic
その他の鉛化合物
水銀
塩化第二水銀
酸化水銀(Ⅱ)
その他の水銀化合物
ビス(トリブチルスズ)=オキシド
Other lead compounds
Mercury
Mercury(II) chloride
Mercury(II) oxide
Other mercury compounds
Bis(tri-n-butyltin) oxide
トリフェニルスズ=N,N-ジメチルジチオ
カルバマート
トリフェニルスズ=フルオリド
トリフェニルスズ=アセタート
トリフェニルスズ=クロリド
トリフェニルスズ=ヒドロキシド
トリフェニルスズ脂肪酸塩(脂肪酸の
炭素数が、9,10 または 11 のものに限
る)
Triphenyltin N,N'-dimethyldithiocarbamate
Triphenyltin fluoride
Triphenyltin acetate
Triphenyltin chloride
Triphenyltin hydroxide
トリフェ ニルスズ=クロロアセタート
Triphenyltin chloroacetate
A18008
トリブチルスズ=メタクリラート
Tributyltin methacrylate
A18009
ビス(トリブチルスズ)=フマラート
Bis(tributyltin) fumarate
A18010
Tributyltin fluoride
A18012
A18013
トリブチルスズ=フルオリド
トリブチルスズ=2,3-ジブロモスクシ
ナート
トリブチルスズ=アセタート
トリブチルスズ=ラウラート
A18014
トリブチルスズ=フタラート
Bis(tributyltin) phthalate
Bis(tributyltin) 2,3-dibromosuccinate
Tributyltin acetate
Tributyltin laurate
A18016
アルキル=アクリラート・メチル=メタク
リラート・トリブチルスズ=メタクリラー
ト、共重合物(アルキル=アクリラート
のアルキル基の炭素数が 8 のものに限
る)
トリブチルスズ=スルファマート
A18017
ビス(トリブチルスズ)=マレアート
A18015
トリブチルスズ=クロリド
トリブチルスズ=シクロペンタンカル
A18019
ボキシラート及びこの類縁化合物の
混合物
トリブチルスズ
=1,2,3,4,4a,4b,5,6,10,10a-デカヒドロー
A18020
7 ーイソプロピル-1,4a-ジメチルー 1 ー
フェナントレンカルボキシラート及び
この類縁化合物の混合物
その他のトリブチルスズ類(TBT)、
A18997∼9
トリフェニルスズ類(TPT)
A18018
Cd
CdO
CdS
CdCl2
CdSO4
Na2Cr2O7
CrO3
CaCrO4
PbCrO4
K2Cr2O7
K2CrO4
Pb
PbCO3
PbO2
Pb3O 4
PbS
PbO
2PbCO3.Pb(OH)2
2PbCO3.Pb(OH)2
PbSO 4
Pb3(PO4)2
PbCrO4
PbTiO3
PbXSO 4
PbSO 4.H2O
Pb(C17H35COO)2
2PbO・
Pb(C17H35COO)2
Hg
HgCl2
HgO
O(Sn(C4H9)3)2
(C6H5)3Sn(CH3) 2N
CS2
(C6H5)3SnF
(C6H5)3SnOCOCH3
(C6H5)3SnCl
(C6H5)3SnOH
-
金属
換算
係数
1.000
0.875
0.778
0.613
0.539
0.397
0.520
0.333
0.161
0.353
0.268
1.000
0.775
0.866
0.907
0.866
0.928
0.801
0.801
0.683
0.766
0.641
0.686
1.000
0.850
0.268
CAS №
7440-43-9
1306-19-0
1306-23-6
10108-64-2
10124-36-4
10588-01-9
1333-82-0
13765-19-0
7758-97-6
7778-50-9
7789-00-6
7439-92-1
598-63-0
1309-60-0
1314-41-6
1314-87-0
1317-36-8
1319-46-6
1344-36-1
7446-14-2
7446-27-7
7758-97-6
12060-00-3
15739-80-7
12202-17-4
1072-35-1
0.410 56189-09-4
1.000
0.739
0.926
-
7439-97-6
7487-94-7
21908-53-2
56-35-9
1803-12-9
379-52-2
900-95-8
639-58-7
76-87-9
47672-31-1
Triphenyltin fatty acid salts (C=9-11)
A18007
A18011
Chemical
Formula
(C6H5)3SnOCOCH2
Cl
(C4H9)3SnC4H5O2
C2H2(COO)2((C4H9)
3Sn)2
(C4H9)3SnF
((C4H9)3Sn)2C2H2(B
r)2(COO)2
(C4H9)3SnOCOCH3
(C4H9)3SnC12H23O 2
(C6H4)(COO)2((C4H
9)3Sn)2
-
-
7094-94-2
-
2155-70-6
-
1983-10-4
-
56-36-0
3090-36-6
-
6454-35-9
31732-71-5
4782-29-0
-
Copolymer of alkyl acrylate, methyl
methacrylate and tributyltin
methacrylate(alkyl; C=8)
Tributyltin chloride
(C4H9)3SnSO3NH2
C2H2(COO)2((C4H9)
3Sn)2
(C4H9)3SnCl
Mixture of tributyltin cyclopentanecarboxylate
and its analogs (Tributyltin naphthenate)
(C4H9)3SnCO3C5H9
Tributyltin sulfamate
Bis(tributyltin) maleate
Mixture of tributyltin 1,2,3,4,4a,4b,5,6,10,10a
decahydro-7-isopropyl-1,4a-dimethyl-1
-phenanthlenecarboxylate and its analogs
(Tributyltin rosin salt)
Other Tributyl Tins & Triphenyl Tins
9/18
-
6517-25-5
-
1461-22-9
-
14275-57-1
-
-
-
-
-
-
物質
大分類 群分
類№
レベルA
ハロゲ B02
ン系有
機化合 B03
物
物質群
例示物質
分類№
ポリ臭化ビフェ
B02001
ニール類(PBB 類) B02997∼9
ポリ臭化ジフェニルエ B03001
ーテル類(PBDE 類) B03997∼9
B05 ポリ塩化ビフェニル類 B05001
(PCB 類)
B05002
B05997∼9
B06 ポリ塩化ナフタレン
B06001
(塩素数が3以上)
B06997∼9
B09 短鎖型塩化パラフィ B09001
ン
B09997∼9
その他 C01 アスベスト類
C01001
C01002
C01003
C01004
C01005
C01006
C01997∼9
C02 アゾ染料・顔料※4 C02001
C04 オゾン層破壊物質
C04097
※1
C04098
C04099
C04100
C04101
C04102
C04103
C04104
C04105
C06 放射性物質
レベルB
金属類 A01 アンチモン及び
化合物
その化合物
C06001
C06002
C06003
C06004
C06005
C06006
C06007
C06997∼9
A01001
A01002
A01003
A01004
A01005
A01997∼9
A02 ヒ素及びその化合物 A02001
A02002
A02003
A02004
A02997∼9
A03 ベリリウム及び
A03001
その化合物
A03002
A03997∼9
A04 ビスマス及び
A04001
その化合物
A04002
A04003
A04997∼9
A11 ニッケル及び
A11001
その化合物※2
A11002
A11003
A11004
A11997∼9
A13 セレン及び
A13001
その化合物
A13002
A13997∼9
A16 マグネシウム
A16001
例示物質名
PBB 類
polybrominated biphenyl
その他の PBB 類
Other polybrominated biphenyls
PBDE 類
polybrominated diphenyl ether
その他の PBDE 類
Other polybrominated diphenyl ethers
PCB(ポリ塩化ビフェニル)
Polychlorinated biphenyls
PCT(ポリ塩化ターフェニル)
Polychlorinated terphenyls
その他の PCB 類/PCT 類
Other PCBs/PCTs
ポリ塩化ナフタレン
Polychlorinated Naphthalenes
(Cl≧3)
(塩素数が3以上)
その他のポリ塩化ナフタレン
Other polychlorinated Naphthalenes
(Cl≧3)
(塩素数が3以上)
塩化パラフィン(C10-13)
Chlorinated paraffine (C10-13)
その他の短鎖型塩化パラフィン
Other Short Chain Chlorinated Paraffins
アクチノイト
Actinolite
アモサイト
Amosite
アンソフィライト
Anthophyllite
クリソタイル
Chrysotile
クロシドライト
Crocidolite
トレモライト
Tremolite
その他のアスベスト類
Other asbestos
特定アミンを形成するアゾ染料・顔料
Azo colorants forming certain amines
CFC(モントリオール議定書附属書 A グルー CFCs(Annex A Group I substances in the
Montreal Protocol)
プⅠ)
ハロン(モントリオール議定書附属書 A グル Halons(Annex A Group II substances in the
Montreal Protocol)
ープⅡ)
その他の CFC(モントリオール議定書附属CFCs(Annex B Group I substances in the
Montreal Protocol)
書 B グループⅠ)
四塩化炭素(モントリオール議定書附属書 Carbon tetrachloride(Annex B Group II
substance in the Montreal Protocol)
B グループⅡ)
1,1,1− トリクロロエタン(モントリオール 1,1,1-trichloroethane(Annex B Group III
substance in the Montreal Protocol)
議定書附属書 B グループⅢ)
ブロモクロロメタン(モントリオール議定書附 Bromochloromethane(Annex C Group III
substance in the Montreal Protocol)
属書 C グループⅢ)
臭化メチル(モントリオール議定書附属書Methyl bromide(Annex E substance in the
Montreal Protocol)
E)
HBFC(モントリオール議定書附属書 C グル HBFCs(Annex C Group II substances in the
Montreal Protocol)
ープⅡ)
HCFC(モントリオール議定書附属書 C グル HCFCs(Annex C Group I substances in the
Montreal Protocol)
ープⅠ)
ウラン
Uranium
プルトニウム
Plutonium
ラドン
Radon
アメリシウム
Americium
トリウム
Thorium
セシウム
Cesium
ストロンチウム
Strontium
その他の放射性物質
Other radioactive substances
アンチモン
三塩化アンチモン
三酸化アンチモン
五酸化アンチモン
アンチモン酸ナトリウム
その他のアンチモン化合物
ヒ素
ガリウムヒ素
五酸化ニヒ素
三酸化ヒ素
その他のヒ素化合物
ベリリウム
酸化ベリリウム
その他のベリリウム化合物
ビスマス
三酸化ビスマス
硝酸ビスマス
その他のビスマス化合物
酸化ニッケル
炭酸ニッケル
硫酸ニッケル
ニッケル
その他のニッケル化合物
セレン
亜セレン酸
その他のセレン化合物
マグネシウム
Chemical
Formula
Substance
Antimony
Antimony trichloride
Antimony trioxide
Antimony pentoxide
Sodium antimonate
Other antimony compounds
Arsenic
Gallium arsenide
Arsenic pentoxide
Arsenic trioxide
Other arsenic compounds
Beryllium
Beryllium oxide
Other beryllium compounds
Bismuth
Bismuth trioxide
Bismuth nitrate
Other bismuth compounds
Nickel(II) oxide
Nickel(II) carbonate
Nickel(II) Sulfate
Nickel
Other nickel compounds
Selenium
Selenous acid
Other selenium compounds
Magnesium
10/18
C12HXBr(10-X)
C12HXBr(10-X)O
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
Unspecified
-
-
CAS №
1336-36-3
61788-33-8
70776-03-3
85535-84-8
77536-66-4
12172-73-5
77536-67-5
12001-29-5
12001-28-4
77536-68-6
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
U
Pu
Rn
Am
Th
Cs
Sr
Sb
SbCl3
Sb2O3
Sb2O5
NaSbO2
As
GaAs
As2O5
As2O3
Be
BeO
Bi
Bi4O6
BiN3O9
NiO
NiO3
NiSO4
Ni
Se
H2SeO3
Mg
金属
換算
係数
1.000
0.534
0.835
0.753
0.632
1.000
0.518
0.652
0.757
1.000
0.360
1.000
0.897
0.529
0.786
0.494
0.379
1.000
1.000
0.612
1.000
7440-36-0
10025-91-9
1309-64-4
1314-60-9
15432-85-6
7440-38-2
1303-00-0
1303-28-2
1327-53-3
7440-41-7
1304-56-9
7440-69-9
1304-76-3
10361-44-1
1313-99-1
3333-67-3
7786-81-4
7440-02-0
7782-49-2
7783-00-8
7439-95-4
物質
物質群
大分類 群分
類№
レベルB
ハロゲ B08 臭素系難燃剤※3
ン系有
機化合
物
例示物質
分類№
B08001
B08002
B08003
B08004
B08005
B08006
B08007
B08008
B08009
B08010
B08011
B08012
B08013
B08014
例示物質名
ISO 1043-4 コード番号 FR(14) [脂肪族/脂Brominated flame retardant which comes under
環式臭素化化合物]の表記法に該当する臭 notation of ISO 1043-4 code number FR(14)
[ Aliphatic/alicyclic brominated compounds ]
素系難燃剤
ISO 1043-4 コード番号 FR(15) [脂肪族/脂Brominated flame retardant which comes under
notation of ISO 1043-4 code number FR(15)
環式臭素化化合物とアンチモン化合物の組
[ Aliphatic/alicyclic brominated compounds in
合せ]の表記法に該当する臭素系難燃剤 combination with antimony compounds ]
ISO 1043-4 コード番号 FR(16) [芳香族臭素Brominated flame retardant which comes under
化化合物(臭素化ジフェニルエーテル及び notation of ISO 1043-4 code number FR(16)
ビフェニルを除く)]の表記法に該当する臭 [ Aromatic brominated compounds (excluding
brominated diphenyl ether and biphenyls) ]
素系難燃剤
Brominated flame retardant which comes under
ISO 1043-4 コード番号 FR(17) [芳香族臭素
notation of ISO 1043-4 code number FR(17)
化化合物(臭素化ジフェニルエーテル及びビフェニル
[ Aromatic brominated compounds (excluding
は除く)とアンチモン化合物の組合せ]の表記法
brominated diphenyl ether and biphenyls) in
に該当する臭素系難燃剤
combination with antimony compounds ]
ISO 1043-4 コード番号 FR(22) [脂肪族/脂Brominated flame retardant which comes under
notation of ISO 1043-4 code number FR(22)
環式塩素化及び臭素化化合物]の表記法に
[ Aliphatic/alicyclic chlorinated and brominated
該当する臭素系難燃剤
compounds ]
ISO 1043-4 コード番号 FR(42)[臭素化有機Brominated flame retardant which comes under
りん化合物]の表記法に該当する臭素系難notation of ISO 1043-4 code number FR(42)
[ Brominated organic phosphorus compounds ]
燃剤
ポリ(2,6-ジブロモフェニレンオキシド)
Poly(2,6-dibromo-phenylene oxide)
テトラブロモ−P− ジフェニキシンベンゼン Tetra-decabromo-diphenoxy-benzene
1,2− ビス(2,4,6− トリプロモフェノキ
1,2-Bis(2,4,6-tribromo-phenoxy) ethane
シ)エタン
3,5,3',5'-テトラブロモビスフェノールA
3,5,3’,5’-Tetrabromo-bisphenol A (TBBA)
テトラブロモビスフェノールA(構造特定せ
TBBA, unspecified
ず)
テトラブロモビスフェノールA(エピクロロヒド
TBBA-epichlorhydrin oligomer
リンオリゴマー)
テトラブロモビスフェノールA(TBBA-ジグリ
TBBA-TBBA-diglycidyl-ether oligomer
シジルエーテルオリゴマー)
テトラブロモビスフェノールA(炭酸オリゴマ
TBBA carbonate oligomer
ー)
B08015
BC-52 テトラブロモビスフェノール A
B08016
BC-58 テトラブロモビスフェノール A
B08017
B08018
B08019
B08020
B08021
B08022
B08023
B08024
B08025
B08026
B08027
B08028
B08029
B08030
Substance
-
Chemical
Formula
金属
換算
係数
CAS №
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
69882-11-7
58965-66-5
C15H12Br 4O2
-
-
79-94-7
(C15H12Br 4O2.C3H5
ClO)x
-
-
(C6H2Br2O)x
C18Br14O2
C14H8Br6O 2
(C15H12Br 4O2.CCl2
O)x
(C7H5O2)(C16H10Br 4
TBBA carbonate oligomer, phenoxy end capped O3)x(C6H5O)
(x=3∼5)
(C7H2Br3O3)(C16H10
TBBA carbonate oligomer,
Br4O3)n(C6H2Br 3)
2,4,6-tribromo-phenol terminated
(n=3∼5)
(C15H16O 2.C15H12Br
TBBA-bisphenol A-phosgene polymer
4O2.CCl2O)x
Brominated epoxy resin end-capped with
tribromophenol
Brominated epoxy resin end-capped with
tribromophenol
テトラブロモビスフェノールA(2,3-ジブロモ
TBBA-(2,3-dibromo-propyl-ether)
プロピルエーテル)
テトラブロモビスフェノールAビス(2-ヒドロキ
TBBA bis-(2-hydroxy-ethyl-ether)
シエチルエーテル)
テトラブロモビスフェノール A ビス(アリルエ
TBBA-bis-(allyl-ether)
ーテル)
テトラブロモビスフェノール A ジメチルエーテ
TBBA-dimethyl-ether
ル
ビス(4−ヒドロキシ−3,5−ジブロモフェニ
Tetrabromo-bisphenol S
ル)スルホン
ビス(3,5-ジブロモ-4-ジブロモプロピルオキ
TBBS-bis-(2,3-dibromo-propyl-ether)
シフェニル)スルホン
2,4− ジブロモフェノール
2,4-Dibromo-phenol
2,4,6− トリブロモフェノール
2,4,6-tribromo-phenol
ペンタブロモフェノール
Pentabromo-phenol
2,4,6− トリブロモフェニルアリルエーテル2,4,6-Tribromo-phenyl-alltl-ether
モノ(∼テトラ)ブロモ(又はクロロ)フェニル
アルキル(C=2∼8)(又はアリルグリシジ Tribromo-phenyl-allyl-ether, unspecified
ール)エーテル
11/18
C21H20Br 8O2
C19H20Br 4O4
C21H20Br 4O2
C17H16Br 4O2
C12H6Br4O 4S
C18H14Br 8O4S
C6H4Br2O
C6H3Br3O
C6HBr5O
C9H7Br3O
C9H7Br3O
-
37853-59-1
30496-13-0
40039-93-8
70682-74-5
28906-13-0
94334-64-2
71342-77-3
-
32844-27-2
139638-58-7
135229-48-0
21850-44-2
4162-45-2
25327-89-3
37853-61-5
39635-79-5
42757-55-1
615-58-7
118-79-6
608-71-9
3278-89-5
26762-91-4
物質
物質群
大分類 群分
類№
レベルB
ハロゲ B08 臭素系難燃剤※3
ン系有
機化合
物
B07
その他 C05
貴金属 D01
類
D02
D03
D04
例示物質
分類№
例示物質名
Substance
Chemical
Formula
1,2,5,6,9,10−ヘキサブロモシクロドHexabromo-cyclo-dodecane (HBCD),
C12H18Br 6
unspecified
デカン
臭素化または塩素化環状(7∼12員環)炭
B08032
Tetrabromo-chyclo-octane
C8H12Br4
化水素(Cl又はBr数:4∼12)
1,2− ジブロモ− 4−( 1,2− ジブロモエチ1,2-Dibromo-4-(1,2
B08033
C8H12Br4
dibromo-methyl)-cyclo-hexane
ル)シクロヘキサン
B08034
TBPA Na salt
C8Br4O4Na2
B08035
テトラブロモフタル酸無水物
Tetrabromo phthalic anhydride
C8Br4O3
B08036
テトラブロモフタル酸ジメチル
Bis(methyl)tetrabromo-phtalate
C10H6Br4O 4
テトラブロモフタル酸ジアルキル(C=6∼2
Bis(2-ethlhexyl)tetrabromo-phtalate
B08037
C24H34Br 4O4
3)
2−( 2− ヒドロキシエトキシ)エチル− 2− ヒ2-Hydroxy-propyl-2-(2-hydroxy-ethoxy)-ethyl-T
B08038
C15H16Br 4O7
BP
ドロキシプロピルテトラブロモフタレート
B08039
TBPA, glycol-and propylene-oxide esters
B08040
N,N’-Ethylene –bis-(tetrabromo-phthalimide)
C18H4Br8N2O4
Ethylene-bis85,6-dibromo-norbornane-2,3-dicar
B08041
C20H20Br 4N2O 4
boximide)
2,3− ジブロモー2− ブテンー1,4− ジオ
B08042
2,3-Dibromo-2-butene-1,4-diol
C4H6Br2O2
ール
B08043
ジブロモネオペンチルグリコール
Dibromo-neopentyl-glycol
C5H10Br2O 2
B08044
2,3− ジブロモプロパノール
Dibromo-propanol
C3H6Br2O
B08045
トリブロモーネオペンチルアルコール
Tribromo-neopentyl-alcohol
C5H9Br3O
B08046
ポリトリブロモスチレン
Poly tribromo-styrene
B08047
トリブロモスチレン
Tribromo-styrene
C8H5Br3
B08048
Dibromo-styrene grafted PP
B08049
ポリジブロモスチレン
Poly-dibromo-styrene
C8H6Br2
B08050
ブロモ/クロロスチレン
Bromo-/Chloro-paraffins
B08051
ブロモ/クロロアルファオレフィン
Bromo-/Chloro-alpha-olefin
B08052
ブロモエチレン
Vinylbromide
C2H3Br
トリス(2,3− ジブロモプロピル)イソシアヌ
B08053
Tris-(2,3-dibromo-propyl)-isocyanurate
C12H15Br 6N3O 3
ル酸
トリス(2,4− ジブロモフェニル)フォスフェ
B08054
Tris(2,4-Dibromo-phenyl) phosphate
C18H9Br6O 4P
ート
トリス(トリブロモーネオペンチル)フォスフェ
B08055
Tris(tribromo-neopentyl) phosphate
C15H24Br 9O4P
ート
B08056
Chlorinated and brominated phosphate esther
B08057
ペンタブロモアルキル(C=1∼2)ベンゼン Pentabromo-toluene
C7H3Br5
B08058
ペンタブロモベンジルブロミド
Pentabromo-benzyl bromide
C7H2Br6
B08059
1,3-Butadiene homopolymer,brominated
B08060
ペルブロモ(フェニル)メチル=アクリラート Pentabromo-benzyl-acrylate, monomer
C10H5Br5O 2
B08061
ペンタブロモベンジルアクリレートポリマー Pentabromo-benzyl-acrylate, polymer
(C10H5Br5O 2)x
B08062
デカブロモジフェニルエタン
Decabromo-diphenyl-ethane
C14H4Br10O2
B08063
Tribromo-bisphenyl-maleinimide
C10H4Br3NO2
B08064
Brominated trimethylphenyl-lindane
B08997∼9 その他の臭素系難燃剤
Other Brominated Flame Retardants
(CH2CHCl)n
ポリ塩化ビニル(PV B07001
ポリ塩化ビニル
Poly vinyl chloride(PVC)
C)
フタル酸エステル
C05001
フタル酸ジブチル
Dibutylphthalate
C16H22O 4
C05002
フタル酸ジ(2− エチルヘキシル)
Di(2-ethylhexyl)phthalate
C24H38O 4
C05003
フタル酸ジイソノニル
Diisononyl phthalate
C24H38O 4
C05004
フタル酸ジイソデシル
1,2-Benzenedicarboxylic acid diisodecyl ester C28H46O 4
C05005
フタル酸ブチルベンジル
Butyl benzyl phthalate
C19H20O 4
C05997∼9 その他のフタル酸エステル化合物
Other phtalates
銅及びその化合物 D01001
銅
Copper
Cu
D01997∼9 その他の銅化合物
Other copper compounds
金及びその化合物 D02001
金
Gold
Au
D02997∼9 その他の金化合物
Other gold compounds
パラジウム及び
D03001
パラジウム
Palladium
Pd
その化合物
D03997∼9 その他のパラジウム化合物
Other palladium compounds
銀及びその化合物 D04001
銀
Silver
Ag
D04997∼9 その他の銀化合物
Other silver compounds
B08031
※1:モントリオール議定書対象物質、クラス分けの詳細は別表4参照
なお、ClassⅡ物質については禁止対象となっていないが、調査の対象には含める。
※2:ニッケルに関しては合金(例:ステンレス)を除く。
※3:PBB類、PBDE類を除く臭素系難燃剤。ISOコード1043-4、又はCAS№のどちらかで回答すること。
※4:特定アミン(別表5参照)を形成するアゾ染料・顔料
(特定アミンとは、76/769/EEC、第19次修正指令より出典されているアミン化合物をいう)
※5:金属換算係数が特定できない化学物質については、係数を「1」としている。
12/18
金属
換算
係数
1.000
1.000
1.000
1.000
-
CAS №
3194-55-6
31454-48-5
3322-93-8
25357-79-3
632-79-1
55481-60-2
26040-51-7
20566-35-2
75790-69-1
32588-76-4
52907-07-0
3234-02-4
3296-90-0
96-13-9
36483-57-5
57137-10-7
61368-34-1
171091-06-8
31780-26-4
68955-41-9
82600-56-4
593-60-2
52434-90-9
49690-63-3
19186-97-1
125997-20-8
87-83-2
38521-51-6
68441-46-3
59447-55-1
59447-57-3
61262-53-1
59789-51-4
59789-51-4
9002-86-2
84-74-2
117-81-7
28553-12-0
26761-40-0
85-68-7
7440-50-8
7440-57-5
7440-05-3
7440-22--4
-
別表4(オゾン層破壊物質)
オゾン層破壊物質※1 (異性体を含む)
Class
ClassⅠ
例示物質
分類№
CFC(モントリオール議定書附属書AグループⅠ)
C04098
ハロン(モントリオール議定書附属書AグループⅡ)
C04099
その他のCFC(モントリオール議定書附属書BグループⅠ)
C04100
C04104
四塩化炭素(モントリオール議定書附属書BグループⅡ)
1,1,1− トリクロロエタン(モントリオール議定書附属書BグループⅢ)
ブロモクロロメタン(モントリオール議定書附属書CグループⅢ)
臭化メチル(モントリオール議定書附属書E)
HBFC(モントリオール議定書附属書CグループⅡ)
C04105
HCFC(モントリオール議定書附属書CグループⅠ)
C04101
C04102
C04103
ClassⅡ
例示物質名
C04097
Substance
例示物質名詳細
CFC−11
CFC−12
CFC−113
CFC−114
CFC−115
ハロン−1211
ハロン−1301
ハロン−2402
CFC−13
CFC−111
CFC−112
CFC−211
CFC−212
CFC−213
CFC−214
CFC−215
CFC−216
CFC−217
四塩化炭素
1,1,1−トリクロロエタン
ブロモクロロメタン
臭化メチル
ジブロモフルオロメタン
ブロモジフルオロメタン
ブロモフルオロメタン
テトラブロモフルオロエタン
トリブロモジフルオロエタン
ジブロモトリフルオロエタン
ブロモテトラフルオロエタン
トリブロモフルオロエタン
ジブロモジフルオロエタン
ブロモトリフルオロエタン
ジブロモフルオロエタン
ブロモジフルオロエタン
ブロモフルオロエタン
ヘキサブロモフルオロプロパン
ペンタブロモジフルオロプロパン
テトラブロモトリフルオロプロパン
トリブロモテトラフルオロプロパン
ジブロモペンタフルオロプロパン
ブロモヘキサフルオロプロパン
ペンタブロモフルオロプロパン
テトラブロモジフルオロプロパン
トリブロモトリフルオロプロパン
ジブロモテトラフルオロプロパン
ブロモペンタフルオロプロパン
テトラブロモフルオロプロパン
トリブロモジフルオロプロパン
ジブロモトリフルオロプロパン
ブロモテトラフルオロプロパン
トリブロモフルオロプロパン
ジブロモジフルオロプロパン
ブロモトリフルオロプロパン
ジブロモフルオロプロパン
ブロモジフルオロプロパン
ブロモフルオロプロパン
ブロモクロロメタン
HCFC−21
HCFC−22
HCFC−31
HCFC−121
HCFC−122
HCFC−123
HCFC−123※2
HCFC−124
HCFC−124※2
HCFC−131
HCFC−132
HCFC−133
HCFC−141
HCFC−141b※2
HCFC−142
HCFC−142b※2
HCFC−151
HCFC−221
HCFC−222
HCFC−223
HCFC−224
HCFC−225
HCFC−225ca※2
HCFC−225cb※2
HCFC−226
HCFC−231
HCFC−232
HCFC−233
HCFC−234
HCFC−235
HCFC−241
HCFC−242
HCFC−243
HCFC−244
HCFC−251
HCFC−252
HCFC−253
HCFC−261
HCFC−262
HCFC−271
※1:モントリオール議定書対象物質
※2:商業上使われる可能性の最も高い物質を示したものである。
13/18
CFC-11
CFC-12
CFC-113
CFC-114
CFC-115
Halon 1211
Halon 1301
Halon 2402
CFC-13
CFC-111
CFC-112
CFC-211
CFC-212
CFC-213
CFC-214
CFC-215
CFC-216
CFC-217
Carbon tetrachloride
1,1,1-Trichloroethane
Chlorobromomethane
Methyl bromide
Dibromofluoromethane
Bromodifluoromethane
Bromofluoromethane
Tetrabromofluoroethane
Tribromodifluoroethane
Dibromotrifluoroethane
Bromotetrafluoroethane
Tribromofluoroethane
Dibromodifluoroethane
Bromotrifluoroethane
Dibromofluoroethane
Bromodifluoroethane
Bromofluoroethane
Hexabromofluoropropane
Pentabromodifluoropropane
Tetrabromotrifluoropropane
Tribromotetrafluoropropane
Dibromopentafluoropropane
Bromohexafluoropropane
Pentabromofluoropropane
Tetrabromodifluoropropane
Tribromotrifluoropropane
Dibromotetrafluoropropane
Bromopentafluoropropane
Tetrabromofluoropropane
Tribromodifluoropropane
Dibromotrifluoropropane
Bromotetrafluoropropane
Tribromofluoropropane
Dibromodifluoropropane
Bromotrifluoropropane
Dibromofluoropropane
Bromodifluoropropane
Bromofluoropropane
Chlorobromomethane
HCFC-21
HCFC-22
HCFC-3
HCFC-121
HCFC-12
HCFC-123
HCFC-123※2
HCFC-124
HCFC-124※2
HCFC-131
HCFC-132
HCFC-133
HCFC-141
HCFC-141b※2
HCFC-142
HCFC-142b※2
HCFC-151
HCFC-221
HCFC-222
HCFC-223
HCFC-224
HCFC-225
HCFC-225ca※2
HCFC-225cb※2
HCFC-226
HCFC-231
HCFC-232
HCFC-233
HCFC-234
HCFC-235
HCFC-241
HCFC-242
HCFC-243
HCFC-244
HCFC-251
HCFC-252
HCFC-253
HCFC-261
HCFC-262
HCFC-271
Chemical
Formula
CFCl3
CF2Cl2
C2F3Cl3
C2F4Cl2
C2F5Cl
CF2BrCl
CF3Br
C2F4Br2
CF3Cl
C2FCl5
C2F2Cl4
C3FCl7
C3F2Cl6
C3F3Cl5
C3F4Cl4
C3F5Cl3
C3F6Cl2
C3F7Cl
CCl4
C2H3Cl3
CH2BrCl
CH3Br
CHFBr2
CHF2Br
CH2FBr
C2HFBr4
C2HF2Br3
C2HF3Br2
C2HF4Br
C2H2FBr3
C2H2F2Br2
C2H2F3Br
C2H3FBr2
C2H3F2Br
C2H4FBr
C3HFBr6
C3HF2Br5
C3HF3Br4
C3HF4Br3
C3HF5Br2
C3HF6Br
C3H2FBr5
C3H2F2Br4
C3H2F3Br3
C3H2F4Br2
C3H2F5Br
C3H3FBr4
C3H3F2Br3
C3H3F3Br2
C3H3F4Br
C3H4FBr3
C3H4F2Br2
C3H4F3Br
C3H5FBr2
C3H5F2Br
C3H6FBr
CH2BrCl
CHFCl2
CHF2Cl
CH2FCl
C2HFCl4
C2HF2Cl3
C2HF3Cl2
CHCl2CF3
C2HF4Cl
CHFClCF3
C2H2FCl3
C2H2F2Cl2
C2H2F3Cl
C2H3FCl2
CH3CFCl2
C2H3F2Cl
CH3CF2Cl
C2H4FCl
C3HFCl6
C3HF2Cl5
C3HF3Cl4
C2HF4Cl3
C3HF5Cl2
CF3CF2CHCl2
CF2ClCF2CHClF
C3HF6Cl
C3H2FCl5
C3H2F2Cl4
C3H2F3Cl3
C3H2F4Cl2
C3H2F5Cl
C3H3FCl4
C3H3F2Cl3
C3H3F3Cl2
C3H3F4Cl
C3H4FCl3
C3H4F2Cl2
C3H4F3Cl
C3H5FCl2
C3H5F2Cl
C3H6FCl
別表5(特定アミン(1以上のアゾ基の分解により生成するもの))
物質名
4-アミノアゾベンゼン
o− アニシジン
2− ナフチルアミン
3,3’− ジクロロベンジジン
4− アミノビフェニル
ベンジジン
o− トルイジン
4− クロロ−o− トルイジン
(4− クロロ− 2− メチルアニリン)
4− メチル−m− フェニレンジアミン
(2,4− トルエンジアミン)
o− アミノアゾトルエン
5− ニトロ−o− トルイジン
4,4’− メチレン− ビス−( 2− クロロアニリン)
4,4’− メチレンジアニリン
(4,4’− ジアミノジフェニルメタン)
4,4’− オキシジアニリン
(4,4’− ジアミノジフェニルエーテル )
p− クロロアニリン
3,3’− ジメトキシベンジジン
3,3’− ジメチルベンジジン
6− メトキシ−m− トルイジン
(p− クレイジン)
(2− メトキシ− 5− メチルアニリン)
2,4,5− トリメチルアニリン
4,4’− チオジアニリン
(4,4’− ジアミノジフェニルスルフィド)
2,4-ジアミノアニソ− ル
4,4’− ジアミノ− 3,3’− ジメチルジフェニルメタン
(3,3− ジメチル− 4,4− ジアミノジフェニルメタン)
Substance
CAS №
Chemical
Formula
C12H11N3
C7H9 NO
60-09-3
90-04-0
C10H9N
C12H10Cl2 N2
91-59-8
91-94-1
C12H11N
92-67-1
C12H12N2
C7H9 N
92-87-5
95-53-4
C7H8 ClN
95-69-2
4-methyl-m-phenylenediamine
(2,4-toluenediamin)
C7H10N2
95-80-7
o-aminoazotoluene
(4-amino-2',3-dimethylazobenzene)
(4-o-tolylazo-o-toluidine)
5-nitro-o-toluidine
4,4'-methylene-bis-(2-chloro-aniline)
(2,2'-dichloro-4,4'-methylene-dianiline)
4,4'-methylenedianiline
(4,4'-diaminodiphenylmethane)
C14H15N3
97-56-3
C7H8 N2O2
C13H12Cl2 N2
99-55-8
101-14-4
C13H14N2
101-77-9
4,4'-oxydianiline
(4,4'-diaminodiphenylether)
4-chloroaniline
(p-chloroaniline)
3,3'-dimethoxybenzidine
(o-dianisidine)
3,3'-dimethylbenzidine
(4,4'-bi-o-toluidine)
6-methoxy-m-toluidine
(p-cresidine)
(2-methoxy-5-methylaniline)
C12H12N2 O
101-80-4
C6H6 ClN
106-47-8
C14H16N2 O2
119-90-4
C14H16N2
119-93-7
C8H11N
120-71-8
2,4,5-trimethylaniline
4,4'-thiodianiline
C9H13N
C12H12N2 S
137-17-7
139-65-1
4-methoxy-m-phenylenediamine
(2,4-diaminoanisole)
4,4'-methylenedi-o-toluidine
(3,3-dimethyl-4,4-diaminodiphenylmethane)
C7H10N2 O
615-05-4
C15H18N2
838-88-0
4-amino azobenzene
o-anisidine
(2-methoxyaniline)
2-naphthylamine
3,3'-dichlorobenzidine
(3,3'-dichlorobiphenyl-4,4'-ylenediamine)
4-aminobiphenyl
(biphenyl-4-ylamine)
(xenylamine)
benzidine
o-toluidine
(2-aminotoluene)
4-chloro-o-toluidine
※注)上記のとおり同じ物質でも複数の物質名が付けられている場合がありますので、CAS No.で確認願います。
14/18
添付1(含有化学物質の調査)
■原材料、部品、半完成品、完成品、梱包材などの含有化学物質の調査について
数値の入手基準
調査の
最大値/
レベル
調査数値の単位
意図的添加が
非意図的添加が
単位(部位)
平均値
ある場合
想定される場合
含有部位ごとのa)分
最大値(理論
レベルA
均質材料
母の質量および分子
含有する可能性のある
値または実
禁止物質群
単位
の質量、またはb)分
場合に回答
測値)
母の質量および濃度
数値の如何に
かかわらず回
納入単位ま 納入単位中に含有す 平均値また
たは任意の る当該物質の質量ま は最大値(そ 答
存在が確認され、その
レベルB
階層に分割 たは任意の階層に分 れぞれ理論
数値を把握できている
管理物質群
した各階層 割した各階層単位の 値または実
場合に回答
単位
当該物質の質量
測値)
※ただし、上記以外の物質群に関して、個別の管理をお願いすることがあります。
※特に、以下の場合は不純物として禁止物質を含有している場合があるため、その含有濃度を明らかにし、
最大値/平均値 を超えないように管理をお願いします。
【不純物として禁止物質を含有する場合】
・黄銅およびアルミダイキャスト中の不純物のカドミウム
・ポリ塩化ビニル中に製造過程で混入する不純物の鉛
・難燃化樹脂中に含まれる三酸化アンチモン由来の不純物の鉛
・溶融亜鉛メッキ中の不純物のカドミウム及び鉛
※禁止物質の中には、製品性能特性を得る為の添加剤として過去に様々な用途で使用されてきたものがあ
ります。これらは、現在でも製品に混入する可能性があります。
自然界で原材料に通常含まれているもの、製造工程で副生し、または副資材として使用され残留するも
の、製造ライン共用や在庫品の流用等で混入するもの等々、禁止物質の誤使用・混入・汚染の事例が度々
報告されております。
サプライヤー各位におかれては法規制除外対象も含めて、扱う原材料や部品の特性や来歴を把握し、禁
止物質がしきい値を超えて混入することのないよう適切な管理をお願いします。
15/18
■含有する化学物質質量の含有率を計算するための分母と分子の定義
(1)分母の定義
禁止物質:均質材料単位
管理物質:納入単位または任意の階層に分割した各階層単位
【均質材料の考え方】
・均質材料とは、単一の化合物または元素で構成された材料
・複合材料の場合は、以下の表を参照
複合材料
判断基準
化合物、ポリマーアロイ、金属合金など
均質材料とみなす
塗料、接着剤、インク、ペースト、
それぞれ想定される使用方法によって最終的に形成されるもの
樹脂ポリマー、ガラスパウダー、
を均質材料とみなす
セラミックパウダー等の原材料
例:塗料、接着剤においては乾燥硬化後の状態
樹脂ポリマーは、成形後の状態
ガラス及びセラミックの形成後の状態
塗装、印刷、めっき(クロメ−ト処理)など 各々の単一層を均質材料とみなす
の処理がされているもの
(亜鉛めっきクロメート処理の場合は、亜鉛めっき層とクロメー
ト処理層のそれぞれを均質材料とみなす。
ただし、複層を分離してそれぞれの単層ごとの数値を求めること
が困難な場合には、分離可能な最小単位を均質な単位とみなす
(JISC0950))
(2)分子の定義
・化学物質とは「元素または化合物」を指します。
化学物質
分子の定義
金属および金属化合物
金属元素の質量
金属および金属化合物以外
その化学物質の質量
16/18
■部品の構成単位となる事例
以下は、回答欄の使用部位の項を記載していただくにあたり、参考となる部位名称の事例です。
以下の計算例を参考に、他の部品類についても対象物質の含有量を算出して、お答え下さい。
【部位名の表示例・含有量算出計算例】:電気部品(抵抗器,コンデンサ等)
スリーブ
ケース
内部エレメント
電解液
*構成部品ごとの含有量(例)とその計算
構成部品
対象物質
アルミニウム電解コンデンサ
スリーブ(外装チューブ):
ポリ塩化ビニル製
ポリ塩化ビニル(PVC)
重量 0.3g
フタル酸ジブチル
三酸化アンチモン
封止ゴム
含有率
50%
40%
10%
リード端子
含有量
0.3g × 0.50 = 150mg
0.3g × 0.40 = 120mg
0.3g × 0.10 × 0.835 = 25mg
(三酸化アンチモンは金属化合物なので、例示物質リストの金属換算係数0.835
を組成割合に掛け、金属アンチモン量を算出する。)
ケース
内部エレメント(本体)
重量 2.0g
電解液
リード端子
重量 0.1g
封止ゴム
該当物質なし
アンチモン
鉛
該当物質なし
20mg
9mg
鉛
銅
該当物質なし
11mg
20mg
回答は以下のようになります。
物質群
含有量
使用部位
使用目的
含有量計算明細
A01:アンチモン及びその化合物
45mg
スリーブ等
難燃剤
← 25 mg + 20 mg = 45 mg
A09:鉛及びその化合物
20mg
リード端子等
はんだメッキ
← 9 mg + 11 mg = 20 mg
B07:ポリ塩化ビニル(PVC)
150mg
スリーブ
主成分
−
C05:フタル酸エステル類
120mg
スリーブ
可塑剤
−
D01:銅及びその化合物
20mg
リード端子
主成分
−
上記の計算例を参考に、他の部品類についても対象物質の含有量を算出しお答え下さい。
17/18
添付2(測定方法について)
■含有する化学物質質量の測定方法について
(1) 鉛、六価クロム、カドミウム、水銀、PBB、PBDE の測定方法
・日立グループの「RoHS 指令対応、カドミウム・鉛・水銀・六価クロム・臭素系難燃剤(PBB・PBDE)
の分析ガイドライン」
(http://www.hitachi-cable.co.jp/ICSFiles/about/procurement/g7_jpn.pdf)
に準拠した測定方法を用いるか、または同等以上の精度の測定方法により測定して下さい。
【改訂履歴】
Ver. 発行日付
− 2006 年 11 月 21 日
2 2009 年 7 月 2 日
主な改訂内容
初版発行
1)全体的に用語を見直し…『調達先様』→『サプライヤー様』、『調達品』
→『納入品』
2)初版記載の『はじめに』、『日立電線企業行動基準』を削除
3)P.3/18、3.2 項:『「基本契約書」及び…「納入資材の含有化学物質に関
する覚書」の締結…」→『「資材取引基本契約書」若しくは「納入資材の
含有化学物質に関する覚書」を締結』に変更
4)P.4/18、3.4 項:②として既に報告された環境情報に変更が生じた場合の
対応方法を追記
5)P.4/18、4.1 項:REACH 規則対応として、JAMP の提供する AIS 及び MSDSplus
での提出依頼をする場合がある旨を追記
6)P.7/18、『別表1(レベルA禁止物質群リスト)
』において、化学物質群
No.1(カドミウム)の法規制値『75ppm(樹脂、塗料、インク)』と法規制
のデンマーク法規制名を削除、さらに化学物質群 No.1∼4、7、8(RoHS 指
令 6 物質)の法規制に日本、中国、韓国の法規制名を追加
7)P.15/18、別表5、特定アミンの物質名及び Substance 内に( )で別名
を、さらに下部に※注)を追記
8)その他、全体構成及び一部表現を見直し
18/18
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
657 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content