close

Enter

Log in using OpenID

カタログ

embedDownload
PAT.P
世界初
MADE IN JAPAN
5m 冠水時のイメージ画像/ PAS-Ⅰ型
34.6m 冠水時のイメージ画像/ PAS-Ⅰ型
ポンプエアシェルターは、
非常用自家発電設備の要となるポンプ・モーター部が
大雨やゲリラ豪雨・洪水・津波などによる冠水により水没することを
防止する支援機器として開発されました。
NETIS 国土交通省 新技術情報提供システム
登録番号:QS -130031-A
万一の大雨やゲリラ豪雨・洪水・津波からの安全と安心を支援!
!
原理
ポンプエアシェルター シリーズ
PAT.P
特長
本製品は、コップ等の容器を上下反転(開口部を下側)させた状態で
水中に沈めていくと、内部の空気が圧縮され、容器の上部に空気層が
確保される現象(ボイルの法則)を応用して開発されたものです。
標準仕様のポンプが使用可能、
だから経済的
既存の施設にも設置可能
簡単な配管工事、
電気工事のみで既存の施設に容易に設置できます。
下部遮 フロートと特殊遮 板による、二重の流れ込み対策を採用
ポンプ・モーター部への浸水防止として、
ポンプエアシェルターが冠水
本製品は、
標準仕様のポンプがご使用になれます。
した場合は、
下部遮 フロートが浮力によってシェルター底面の開口部
油中ポンプや高揚程吸い上げポンプに比べ、
非常に安価です。
を閉止し、
がれきや泥などがシェルター内に流入しにくい構造となって
メンテナンス・定期点検が容易
います。
同フロート上部に組み込まれた特殊遮 板の働きにより、
シェルタ
標準仕様のポンプが使用できるため、
メンテナンス時に特殊な作業等は また、
水面はゆるやかな上昇とな
発生せず、
カバーを開くだけで通常のメンテナンスや定期点検ができます。 ー内へ流れ込んでくる水の勢いは抑制され、
また、
地表面に設置できるため、
油中ポンプや高揚程吸い上げポンプの ります。
ように、
ポンプの抜き上げや高所作業が発生せず、
作業が容易です。
NETIS 登録番号 :QS-130031-A
登 録 年 月 日 :2014 年 2 月 26 日
技 術 名 称 :ポンプエアシェルター
詳しい登録内容につきましては、国土交通省「NETIS 新技術情報提供システム」の
ホームページのトップページから、
「新技術の検索」のキーワード入力欄に左記の
「登録番号」もしくは「技術名称」を入力した上で、検索されるとご覧いただけます。
ポンプエアシェルター PAS -Ⅰ(油溜枡無し)
●下部遮 フロートが開状態
(通常時)
ポンプ
上部空気層の高さは
約 42cm です。
モーター(防爆型)
ポンプ・モーター部
設置面
特殊遮
上部空気層の高さは
約 25cm です。
空気の流れ
34.6m 冠水時
水位上昇仮想ライン
水面からポンプ・モーター部
設置面までの高さは
約 21cmとなります。
板
下部遮 フロート
水面からポンプ・モーター部
設置面までの高さは
約 4cmとなります。
●下部遮 フロートが閉状態
(冠水時)
5m 冠水時
水位上昇ライン
特殊遮
板
下部遮 フロート
5m 冠水時のイメージ画像
水面からポンプ・モーター部設置面までの高さ
ポンプエアシェルター内の
水面高さ変化 ※2
ポンプ・モーター部設置面
水没試験結果
ポンプエアシェルターの
水深34.6m冠水時
水没試験の結果、南海トラフ巨大地震
における現状での推計最大津波高さ
34mを超える、
34.
6mの冠水時におい
ても、ポンプ・モーター部が水没しな
いことが確認されました。(※1 ※2)
上部空気層の
高さは
約25cmです。
水面
水面
冠水高さが34.6mの場合、
水面から
ポンプ・モーター部設置面までの
高さは約 4cmとなります。
冠水高さが 5mの場合、水面から
ポンプ・モーター部設置面までの
高さは約 21cmとなります。
(cm)
冠水高さ(m)
※1 平成 24 年8月29日付、内閣府 報道発表
資料「南海トラフの巨大地震による津波
高・浸水域等(第二次報告)及び被害想
定(第一次報告)について」による。
(東日
本大震災の最大津波高さは 21.1m。)
※2「独立行政法人 海上技術安全研究所様
深海水槽設備(世界で最も深い試験水
槽の一つ)
」における試験結果による。
特注品にも対応可能!
画像はイメージです。
※冠水高さが低くなれば、ポンプエアシェルター内の上部空気層が
増大し、同シェルター内の水面はさらに低く抑えられます。
シェルター本体は、
限られた設置スペー
スなどに対応した形状変更や部品の組
込みなどの特注品対応が可能です。
なお、特注品の場合は、対応冠水深さが
34.6mより低くなる場合があります。
最寄りの当社支店・営業所までお気軽に
ご相談ください。
NETIS(国土交通省 新技術情報提供システム)登録製品
ポンプエアシェルター シリーズ
型 式
PAS
PAS
PAS
PAS
仕 様
-Ⅰ
-Ⅰ- S
-Ⅱ
-Ⅱ- S
標準
油溜枡
最大対応冠水深さ
シェルター内流入対策
34.6m
特殊遮 板
+
下部遮 フロート
無
総 SUS
標準
有
総 SUS
●ポンプエアシェルターシリーズは、
大雨・ゲリラ豪雨・洪水などの冠水水位が低い現場や、津波などの冠水水位が高い現場など、
あらゆる現場
(最大対応冠水深さ 34.6m)
を想定した仕様となっています。
別途に防油堤(裏面の設置概要図を参照)
の設置が必要な場合が
●ポンプエアシェルター PAS Ⅱは油溜枡を装備していますが、
ありますので、事前に地区消防様にご確認ください。
●標準仕様は、
カバー・特殊遮 板・下部遮 フロート・蝶番・取手・ボルトナット類がSUS製となり、
それ以外の部品はSS製となります。
NETIS とは?
国土交通省が運用する「新技術情報提供システム」NETIS( New Technology Information System )
の
ことで、公共事業が抱える様々な課題に対し、民間企業などで開発された新技術情報をインターネット上に
公開し、閲覧を可能にしたデータベースシステムです。
詳細は国土交通省「NETIS 新技術情報提供システム」のホームページをご覧ください。
ポンプエアシェルター PAS -Ⅱ(油溜枡有り)
上部空気層の高さは
約 42cm です。
ポンプ
モーター(防爆型)
●下部遮 フロートが開状態
(通常時)
特殊遮
上部空気層の高さは
約 25cm です。
ポンプ・モーター部
設置面
板
34.6m 冠水時
水位上昇仮想ライン
水面からポンプ・モーター部
設置面までの高さは
約 21cmとなります。
下部遮 フロート
水面からポンプ・モーター部
設置面までの高さは
約 4cmとなります。
油溜枡
5m 冠水時
水位上昇ライン
空気の流れ
●下部遮 フロートが閉状態
(冠水時)
特殊遮
板
油溜枡
下部遮 フロート
油溜枡
5m 冠水時のイメージ画像
753
350
架台
200
カバー
サイズ/ W1110×H700×D860
(大型ポンプ仕様)
■ポンプエアシェルター
PAS -Ⅱ 外形図
モーター
(防爆型)
500
700
ポンプ
1003
500
860
下部遮 フロート
1110
753
350
1003
500
ポンプ
ベース
PAS -Ⅰ
モーター
(防爆型)
500
■ポンプエアシェルター
PAS -Ⅰ外形図
850
カバー
350
サイズ/ W1110×H850×D860
(大型ポンプ仕様)
架台
860
下部遮 フロート 油溜枡
1110
ベース
PAS -Ⅱ
ポンプエアシェルター PAS-Ⅰ 3D 図
カバー
カバーは
蝶番方式を採用
モーター
(防爆型)
ポンプエアシェルター PAS-Ⅱ 3D 図
カバー
カバーは
蝶番方式を採用
モーター
(防爆型)
ポンプ
ポンプ
ポンプ架台
ポンプ架台
架台
架台
点検口
ベース
ベース
特殊遮
板
下部遮 フロート
特殊遮
下部遮 フロート
油溜枡
板
動画をご覧いただけます。
設 置 概 要 図
■深さ3mの水槽内での水没試験の動画を当社ホームペー
ジでご覧いただけます。
(約4 分)
屋 外
サービスタンク
●本製品によってポンプ・モ
ーター部を水没から保護
しても、
それらを制御する
制御盤などの電気機器や
精密機器などが水没する
と故障して正常に作動し
なくなります。
水没によって故障が生じ
る上記機器などについて
も、
本製品を利用して保護
するか上層階へ設置する
など、必ず水没対策を講
じてください。
最上階発電機室
発電機
制御盤
送油管
●本製品は、制御盤などの電気機器や精密機器など水没すると故障
が生じる装置や機器などの水没対策としても利用することができ
ます。
また本製品の構造を建屋自体に応用して、建屋の上部に空間を設
けることで避難場所とするなど、各種重要施設の建屋は元より、原
子力発電施設のタービン建屋や原子炉建屋などにも応用すること
ができます。
◎ 制御盤もセットで取りそろえていますので、
ご用命ください。
◎ 耐圧防爆型モーター仕様や耐塩塗装仕様などもオプションとして
取りそろえています。
屋 内
1 階ポンプ室
ポンプエアシェルター
吸油管
返油管
ポンプ・モーター部
防油堤
基礎
GL(土間)
注意
■本製品は、
ポンプ・モーター部の水没を防止するための支援装置となっています。
水の勢いや流速や流量などの諸条件、
がれきや泥などの影響、
機器の設置環境や
設置状態など様々な状況下において、
同一の効果を保証するものではありません。
■本製品は、洪水や津波などの直接的な衝撃の影響を受けない場所に設置して
ください。
本製品に、
洪水や津波などの直接的な衝撃が加わると、
破損や変形などにより本来
の機能が正常に得られなくなりますので、
堅固な建物内部などに設置してください。
[SKK ホームページ]http://www.showa-kiki.co.jp
●お問い合わせは
油面
地下貯蔵タンク
C
ST
A
ISO 9001
ER
GE
TIFIE
D
EM
D
Y
MENT S
ST
TIFIE
EM
ER
MAN
カタログNo.426 27E07C
C
GE
A
■製品を安全にお使いいただくため、
ご使用の前に必ず
「安全上のご注意」
をよくお読みください。
■このカタログに掲載されている仕様・デザインなどは、予告なしに変更する場合があります。
MAN
警告
■本製品の故障の発生を考慮して、
事故や損害などに対する冗長設計などの安全設計ならびに安全対策をお願いいたします。
■当社の責任の有無にかかわらず、
いかなる場合においても本製品の使用や不具合、
本製品と当社や他社の製品
(ソフトを含む)
、
サービス
(役務等)
などを接続、
連携や併用等行った際の使用や不具合に起因もしくは関連する直接的または間接的な損害、
その他一切の損害について、
当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
Y
MENT S
ISO 14001
JQA-QMA11772 JQA-EM5031
本社・福岡工場・太宰府工場
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
8 882 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content