close

Enter

Log in using OpenID

平成27年1月12日号)「ビルオーナーの広場」に掲載されまし

embedDownload
第

号
が
竣
工
か
ら

年
目
を
迎
す
る
﹃
盛
光
伸
光
ビ
ル
﹄
和
義
氏
は
﹁
当
社
が
所
有
代
表
取
締
役
社
長
の
田
村
ル
経
営
を
行

て
い
る

ら
徒
歩
8
分
の
場
所
で
ビ
大
江
戸
線
﹁
蔵
前
﹂
駅
か
語 を て に い 改
同 る 入 い 一 う 修
社  れ た 部 話 に
替 だ の を 助
は
え き 費 聞 成
台
ま 空 用 き 金
東
し 調 を  を
区
た と 負 東 出
の
﹂ 照 担 京 す
助
と 明 し 都 と
成
い
て
お
り
ま
す

公
共
の
と
い
う
高
評
価
を
い
た
だ
東
区
︶
は

都
営
地
下
鉄
盛
光
伸
光
︵
東
京
都
台
代表取締役社長
田村 和義氏
助
成
金
を
活
用
し
て
省
エ
ネ
改
修
素
ベ
ン
チ
マ

ク
A
3
+
﹁
東
京
都
か
ら
は
低
酸
を
受
賞
し
た

区
グ
リ

ン
企
業
M
V
P
れ

平
成

年
に
は
台
東
氏 す 
︶ ﹂ て
︵ い
田 き
村 ま
ル
経
営
を
行
意
識
し
て
ビ
い
う
こ
と
を
ネ
ビ
ル
だ
と
な
く

駅
を
中
心
に
中
規
模
周
辺
に
は
大
規
模
ビ
ル
は
少
プ
ラ
ネ

ト
仲
町
ビ
ル
﹂

所
に
立
地
す
る
﹁
オ
フ

ス
町
﹂
駅
か
ら
徒
歩
2
分
の
場
都
営
大
江
戸
線
﹁
門
前
仲
物
販
店
舗
を
ど
が
飲
食
や
の

ほ
と
ん
あ
る
も
の
ビ
ル
が
多
く
し
て
い
る
た
め

高
齢
者
が

を
持
つ
医
療
施
設
が
入
居
同
ビ
ル
に
は
透
析
セ
ン
タ
て
い
る

建
て
住
宅
な
ど
も
多
く
建

と

築
古
の
戸
駅
か
ら
離
れ
る
て
い
る

少
し
舗
ビ
ル
と
な

中
心
と
し
た
店
が

下
層
階
に
学
習
塾

上
学
習
塾
も
入
居
し
て
い
る
き
る
よ
う
に
し
た
と
い
う

車
椅
子
で
も
楽
に
出
入
り
で
を
バ
リ
ア
フ
リ

化
し
て

そ
の
た
め

エ
ン
ト
ラ
ン
ス
﹁
車
椅
子
で
ビ
ル
に
出
入
り
締
役
で
あ
る
澤
井
均
氏
は

ス
プ
ラ
ネ

ト
の
代
表
取
を
欠
か
さ
な
い

と
し
て
様
々
な
点
で
気
配
り
入
り
す
る
ビ
ル
の
オ

ナ

高
齢
者
や
子
ど
も
が
多
く
出
り
ま
す
﹂
と
話
す
澤
井
氏

き
な
い
か
と
い
う
心
配
は
あ
す
る
人
も
い
ま
す
﹂
と
話
す

し
て
い
る
た
め
﹁
事
故
が
起
エ
ン
ト
ラ
ン
ス
は
道
路
に
面
る
こ
と
が
多
い

同
ビ
ル
の
通
院
者
は
送
迎
バ
ス
で
来
か
ら
も
省
エ
オ
フ

ス
プ
ラ
ネ

ト
ま
す

こ
れ
と
思

て
い
門
前
仲
町
代表取締役
澤井 均氏
平成

年  月
日
(毎週月曜 第
週除く) オーナー広場 (

)
週刊
平成6年月日第三種郵便物承認
盛
光
伸
光
物件のホームページを自作
名刺交換の延長線上を意識
ビ
ル
の
省
エ
ネ
中
小
テ
ナ
ン
ト
た

東
京
都
が
ル
を
行
い
ま
し
の
リ
ニ


ア
え
る
た
め
設
備
割
は
年
々
大
き
く
な

て
O
2
削
減
効
果
が
発
揮
さ
ル
を
設
置
し
た
こ
と
で
C
修
を
行
い

太
陽
光
パ
ネ
行

て
い
る

省
エ
ネ
改
太
陽
光
パ
ネ
ル
の
設
置
も
金
を
使
用
し
て
同
ビ
ル
に
す

当
物
件
の
ホ

ム
ペ
る
こ
と
で
メ
リ

ト
を
生
実
店
舗
の
双
方
を
運
営
す
れ
は
ネ

ト
上
の
店
舗
と
考
え
方
が
あ
り
ま
す

こ
ド
・
モ
ル
タ
ル
﹄
と
い
う
﹁
﹃
ク
リ

ク
・
ア
ン
と
な
る

と

て
強
力
な
営
業
マ
ン

ジ
は
ビ
ル
オ

ナ

に
味
で
は
物
件
の
ホ

ム
ペ

ル
が
で
き
る
と
い
う
意
補
の
企
業
に
対
し
て
ア
ピ
セ
ス
で
き

テ
ナ
ン
ト
候
ら
で
も
物
件
情
報
に
ア
ク
る
と
い
う

い
つ
ど
こ
か

ジ
を
チ


ク
し
て
く
多
く
が
事
前
に
ホ

ム
ペ
内
見
を
希
望
す
る
企
業
の
い
る

実
際
に
同
ビ
ル
の
ば
い
け
な
い
い
か
な
け
れ
を
維
持
し
て
省
エ
ネ
環
境
行

た
わ
け
で
す
か
ら

資
金
を
活
用
し
て
改
修
を
た 室 約
 稼 に
働 至
で り
新 
同
年 ビ
を ル
迎 は
え 満
て
か

5
階
の
空
室
が
成


ア
ル
の
効
果
も
あ

充
実
し
た
サ
イ
ト
リ
ニ
ル
﹄
な
デ
ザ
イ
ン
で
す
﹂
し
て
い
る
の
が
﹃
シ
ン
プ
た

そ
の
考
え
に
最
も
適
る
こ
と
を
意
識
し
ま
し
ホ

ム
ペ

ジ
で
再
現
す
提
と
し
た
名
刺
交
換
﹄
を
・
ト

・
フ

イ
ス
を
前
で
は
な
く

﹃
フ

イ
ス
過
剰
に
ア
ピ

ル
す
る
の
か
ら

ホ

ム
ペ

ジ
も
に
感
じ
て
い
ま
す

で
す
人
と
の
つ
な
が
り
を
大
切
で
い
る
か
ら
こ
そ

人
と
﹁
情
報
化
社
会
が
進
ん
に
た
ど
り
着
い
た

MVP受賞
高
齢
者
に
も
利
用
し
や
す
い
ビ
ル
を
つ
く

て
い
く
所
有
す
る
オ
フ
る

同
ビ
ル
を
多
く
出
入
り
す
ク
リ
ア
し
た

と
で

騒
音
な
ど
の
問
題
を
層
階
に
医
療
施
設
と
す
る
こ
る

今
年
の
目
標
と
し
て
耐
3
%
増
に
な

た
と
振
り
返
客
が
増
加

売
上
も
前
年
比

ム
ペ

ジ
が
占
め
る
役
と
い
う
点
で

物
件
の
ホ
テ
ナ
ン
ト
リ

シ
ン
グ
る
小
島
雄
一
氏
で
あ
る

同
ビ
ル
管
理
責
任
者
で
あ

ジ
を
作
成
し
た
の
は

る

実
は
こ
の
ホ

ム
ペ
に
工
夫
が
凝
ら
し
て
あ
特
徴
が
よ
く
分
か
る
よ
う
の
企
業
が
見
て
も
ビ
ル
の
者
は
も
ち
ろ
ん
移
転
希
望
を
用
意
し
て
お
り

入
居
は
専
用
の
ホ

ム
ペ

ジ
う
駒
込
K
ビ
ル

同
ビ
ル
駒
込
で
貸
ビ
ル
業
を
行
み
出
す
と
い
う
手
法
で
と
に
よ
り
路
面
店
で
は
利
用
横
断
歩
道
が
増
設
さ
れ
た
こ
協
力
者
と
し
て
具
体
的
に
N
T
T
都
市
開
発
が
事
業
本
格
化

野
村
不
動
産
と
た
大
規
模
開
発
の
検
討
を
や
﹁
S
L
広
場
﹂
を
含
め
度
を
目
標
に
再
開
発
準
備
定
だ
と
い
う

平
成

年
高
層
ビ
ル
を
建
設
す
る
予
街
区
の
2
区
画
に
複
数
の
小
ビ
ル
が
集
積
す
る
桜
田
会
が
﹁
ニ


新
橋
ビ
ル
﹂
を
含
む
駅
前
一
帯
と

中
し
て
い
る
よ
う
だ

を
見
据
え
た
競
争
が
激
化
り

水
面
下
で
は
再
開
発
る
動
き
も
見
ら
れ
て
お
周
辺
ビ
ル
の
取
得
を
進
め
橋
ビ
ル
﹂
の
区
分
店
舗
や
ま
た
同
ビ
ル
の
目
の
前
に
西
口
地
区
街
づ
く
り
協
議
橋
ビ
ル
﹂
と
﹁
S
L
広
場
﹂
る
以
前
か
ら
﹁
ニ


新
戻
し
つ
つ
あ
り
ま
す
﹂
月

新
橋
駅
以
前
の
よ
う
な
活
気
を
取
り
昨
年

水
面
下
の
動
き
も
活
発
化
発
が
決
定
す
人
通
り
・
店
舗
数
が
増
え

に
当
該
再
開
た

昨
年
末
か
ら
は
徐
々
に
退
す
る
店
舗
が
相
次
ぎ
ま
し
た
韓
流
百
貨
店
を
は
じ
め
撤
ア
の
ラ
ン
ド
マ

ク
で
あ

し
観
光
客
が
激
減

同
エ
リ
し
昨
年

反
韓
デ
モ
が
多
発
が
混
在
し
て
い
ま
す

し
か
れ
て
お
り

韓
国
系
の
店
舗
の
コ
リ
ア
ン
タ
ウ
ン
と
い
わ
管理責任者
小島 雄一氏
﹁
新
大
久
保
は
日
本
最
大
新橋再生
開発計画
池野商店
中小ビルが集積する新橋駅前に
複数の高層ビル建設を検討中
対
象
地
域
は
﹁
ニ


新
計
画
内
容
で
は
再
開
発
の
現
在
公
表
さ
れ
て
い
る
高
ま

た
模
様
だ

待
を
寄
せ
て
い
る

す
で
に
繋
が
る
の
で
は
﹂
と
期
洋
久
氏
は
﹁
街
の
活
性
化
い
な
い
が

同
社
の
石
井
開
発
へ
の
機
運
が
一
気
に
発
表
さ
れ
た
こ
と
で

再
計
画
区
域
に
は
か
か

て
池
野
商
店
の
保
有
ビ
ル
は
営業部 営業次長
石井 洋久氏
不
動
産
事
業
を
展
開
す
る
新
橋
エ
リ
ア
を
中
心
に
こ
と
に
な
る

今
後
活
動
を
本
格
化
す
る
駒
込
K
ビ
ル
組
合
の
設
立
を
目
指
し

◀
﹁
駒
込
K
ビ
ル
﹂
東
京
都
北
区
考
え
た
結
果

こ
の
結
論
練
し
て
い
た
方
が
良
い
と
調
す
る
の
で
は
な
く

洗
の
ビ
ル
と
の
差
別
化
を
強
う
に
振
り
返
る 昨 貴
 年 志
を 一
次 雄
の 氏
よ は
ル
の
オ

ナ

ビ
ル
﹂

同
ビ
地
す
る
﹁
貴
志
分
の
場
所
に
立
駅
か
ら
徒
歩
3


月
の
間
に
実
施
す
る
計
不
安
を
取
り
除
く
た
め
8
月
し
た

今
年
は
テ
ナ
ン
ト
の
か
な
か
実
行
で
き
ず
に
い
ま
極
的
に
参
加
し
ま
し
た
が
な
と
耐
震
セ
ミ
ナ

な
ど
に
積
す

昨
年
か
ら
実
施
し
よ
う
耐
震
補
強
を
実
施
し
ビ
ル
画
で
す
﹂
︵
貴
志
氏
︶
た
い
と
語

た

の
価
値
を
向
上
さ
せ
て
い
き
解
し
て
も
ら
う
に
は

他
込
K
ビ
ル
﹂
の
良
さ
を
理
た
と
話
す
小
島
氏

﹁
駒
﹁
シ
ン
プ
ル
﹂
を
心
が
け
す の ・ 
デ ﹂ 効 ア ジ
ザ
果 ン も
イ
を ド こ
ン
発 ・ の
に
揮 モ ﹃
つ
し ル ク
い
て タ リ
て
い ル 
は
ま ﹄ ク
昨年のトピックは横断歩道の設置
﹁
新
大
久
保
﹂
耐
震
強
度
に
不
安
が
あ
り
ま
貴志
商店
代表取締役
貴志 一雄氏
竣
工
し
た
た
め

氏 掲 震
﹁  げ 補
昭
て 強
和
い の

る 実
年
と 施
に
同 を
安
心
で
き
る
場
の
提
供
を
今
年
の
課
題
は
耐
震
補
強
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
146
File Size
1 736 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content