close

Enter

Log in using OpenID

新機能 - SAP Help Portal

embedDownload
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite
文書バージョン: 4.0 Support Package 10 - 2014-07-24
新機能
目次
1
このドキュメントについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
2
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
2.1
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 へようこそ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
2.2
Web アプリケーションデプロイメントのインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
2.3
SAP Solution Manager への統合および診断アプリケーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
2.4
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 で追加される新しいアプリケーション. . . . . . . . . . . . . . 7
2.4.1
アップグレードマネジメントツール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
2.4.2
モニタリング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
2.4.3
インフォメーションデザインツール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
2.5
既存の SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム製品の新機能および変更された機能
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
2.5.1
管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
2.5.2
柔軟な開発者向け機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
2.5.3
エンドユーザ体験. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
2.5.4
SAP Crystal Reports. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
3
サポートパッケージおよび機能パックの機能強化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .48
4
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP1. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
4.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP1). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .49
4.2
アプリケーションの拡張機能 (4.0 SP1). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
5
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP2. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
5.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP2). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .51
5.2
BI Suite アプリケーション (4.0 SP2). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
5.2.1
Microsoft SharePoint のインストール事前要件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
6
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
6.1
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 FP3 へようこそ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .55
6.2
新しい製品およびアプリケーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
6.3
2
6.2.1
Business Intelligence プラットフォーム RESTful Web サービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
6.2.2
Crystal Reports JavaScript API. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
6.2.3
Crystal Reports RESTful Web サービス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
6.2.4
セマンティックレイヤ Java SDK. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .57
既存の製品およびアプリケーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
6.3.1
Analysis, edition for OLAP. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
6.3.2
ビジネスインテリジェンスプラットフォーム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
6.3.3
BI ワークスペース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
目次
6.3.4
Crystal Reports for Enterprise. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
6.3.5
Dashboards. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
6.3.6
データアクセス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
6.3.7
Explorer. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
6.3.8
インフォメーションデザインツール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .71
6.3.9
ユニバースデザインツール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
6.3.10
Web Intelligence. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
7
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP4. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
7.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP4). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
7.2
アプリケーションの機能強化 (4.0 SP4). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
8
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
8.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP5). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
8.2
BI Suite の機能強化 (4.0 SP5). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .80
8.3
BI プラットフォームの機能強化 (4.0 SP5). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .81
8.4
BI アプリケーションの機能強化 (4.0 SP5). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
9
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP6. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
9.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP6). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
9.2
BI アプリケーションの機能強化 (4.0 SP6). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
10
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP7. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
10.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP7). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
10.2
4.0 SP7 の BI Suite 拡張. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
11
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP8. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
11.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP8). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
12
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP9. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
12.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP9). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .91
12.2
4.0 SP9 の BI Suite 拡張. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
13
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP10. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
13.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP10). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .92
13.2
Web Intelligence の拡張 (4 0 SP10). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
新機能
目次
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
3
1
このドキュメントについて
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 の新機能ガイドには、SAP BusinessObjects Business
Intelligence Suite の最新リリースで使用可能な新機能およびプラットフォームがすべて記載されています。本リリースでサポ
ートされているすべての新製品と機能についての情報が記載されています。
4
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
このドキュメントについて
2
SAP BusinessObjects Business
Intelligence Suite 4.0
2.1 SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
4.0 へようこそ
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム は、パフォーマンスマネジメント、レポート、クエリ、および分
析アプリケーションを幅広くサポートするビジネスインテリジェンスプラットフォームです。実証済みのアーキテクチャとプラット
フォームがあり、セマンティック層、データ統合、およびセキュリティをサポートします。SAP BusinessObjects Business
Intelligence プラットフォーム 4.0 では、Web を使ったシステム全体の管理および設定を実現します。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0:
以前のリリースで提供されていた情報インフラストラクチャがさらに拡張され、既存の製品ラインとシームレスに統合されて
います。
すべてのデプロイメントモデルをサポートし、システム全体の細かな管理および設定を実現します。
Web Intelligence への Web アクセスの実現から、SAP Crystal Reports の対話性やパーソナライゼーションの向上ま
で、ますます高まるレポートニーズに応えられるように、SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の製品ライ
ンのさまざまな機能が集約されます。
SAP BusinessObjects Enterprise 5.x および 6.x から SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
4.0 への移行が容易に行えます。ただし、最初に Release XI 2.0 に移行する必要があります。
ユーザの生産性を向上させ、セルフサービスのレポーティングを促進する新しいツールを提供します。
少ないレポートで多くのレポート機能を提供します。
データアクセス方式、管理機能、レポートデザインオプションなど、広範囲にわたって施された各種の機能強化が含まれて
います。
ダッシュボード機能とユーザ体験の向上により、ビジネスの監視が簡単になります。
SAP の顧客に対してセルフサービスによる最強のクエリおよび分析ソリューションを提供します。
このドキュメントでは、SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 で使用可能な機能と拡張機能について説明
し、新しい機能を使い始める際に役立つ製品マニュアルを紹介します。
サポートされるプラットフォーム、データベース、およびアプリケーションサーバの一覧については、SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォーム 4.0 サポートされるプラットフォームドキュメントを参照してください。このドキュメント
は、SAP サービスマーケットプレイスの SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームサポートセクション
(http://service.sap.com
) にあります。
以前のリリースの機能については、サポート Web サイト (http://help.sap.com) をご覧ください。
2.2
Web アプリケーションデプロイメントのインストール
以下に示すコンポーネントは、BI プラットフォーム のインストールプログラムに統合され、個別にインストールする必要がなく
なりました。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
5
●
企業資源計画 システムのアドオン
インストールプログラムで、ERP 統合 (SAP Business Warehouse (BW)、Siebel Enterprise、PeopleSoft
Enterprise、JD Edwards EnterpriseOne) およびポータル (Microsoft SharePoint、WebLogic Portal、WebSphere
Portal、Oracle Portal Server) がサポートされるようになりました。
詳細については、企業資源計画 システムのアドオン [17 ページ]を参照してください。
●
ライフサイクルマネジメント
ライフサイクルマネジメントコンソールが BI プラットフォーム に追加され、リソースの依存関係に影響を与えずに、BI リソ
ースをあるシステムから別のシステムに移動できるようになりました。また、異なるバージョンの BI リソースを管理したり、
BI リソースの依存関係を管理したり、昇格済みのリソースをロールバックして出力先システムを初期の状態に復元したり
できます。
インストールプログラムによって、Subversion バージョン管理システムがインストールおよび設定されます。または、既存
の Subversion または ClearCase のインストールを使用することができます。
ライフサイクルマネジメントコンソールは、昇格ワークフロー用のアップグレードマネジメントツールです。
●
SAP Solution Manager のサポート
インストールプログラムで、BI プラットフォームが SAP Solution Manager インフラストラクチャに統合されました。これに
より、SAP システムランドスケープディレクトリ (SLD)、SAP Solution Manager Diagnostics (SMD)、CA Wily
Introscope、IBM Tivoli のような、システムインベントリツールとパフォーマンス計測ツールが使用可能になりました。
●
データフェデレーション
データフェデレーションは、異なるデータソースにクエリを分散することにより複数ソースユニバースを可能にし、単一のデ
ータファンデーションを通してデータを連合できます。
●
Mobile サーバのサポート
Mobile サーバのサポートにより、ユーザは BI レポート、メトリクス、およびリアルタイムデータに、ワイヤレスデバイスか
らリモートでアクセスすることができます。
●
SAP BusinessObjects Dashboard Design (旧 Xcelsius) サーバのサポート
SAP BusinessObjects Dashboard Design は、データのビジュアライゼーションおよび動的な対話型ダッシュボードの
作成に使用できるツールです。
●
言語サポート
サポートされる言語は、インストールプログラムによってのみインストールされるようになりました。
注記
組織にインストールする必要のある言語はどれなのか、インストールする前に慎重に検討してください。言語のサポー
トを後から追加または削除するには、BI プラットフォームを削除して再インストールする必要があります。
●
SAP BW 公開サーバ
SAP BW にレポートを公開するこの機能には、別のインストールは必要なくなりました。
注記
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームのインストールプログラムには、クライアントツールコンポ
ーネントは含まれなくなりました。クライアントツールをインストールするには、専用の SAP BusinessObjects Business
Intelligence プラットフォームクライアントツールのインストールプログラムを使用します。
Web アプリケーションサーバへの Web アプリケーションのデプロイメントに対して、以下の機能改善が行われました。
●
WDeploy グラフィカルユーザインタフェース (GUI)
WDeploy Web アプリケーションのデプロイメントツールに、Web アプリケーションサーバにすべての Web アプリケーショ
ンをデプロイおよび削除するための GUI が追加されました。
6
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
Web アプリケーションの統合
セントラル管理コンソール (CMC)、BI 起動パッド (旧 InfoView)、およびその他の主要な Web アプリケーションが 1 つ
のアーカイブに統合されました。
2.3
SAP Solution Manager への統合および診断アプリケーション
このリリースでは、以下の新機能と拡張機能が追加されました。
●
Java コンポーネントおよび C++ コンポーネントのトレースメカニズムが統合されました。
●
SAP パスポートサポートを使用した、エンドツーエンドのトレース。
●
CA Wily Introscope Enterprise Manager の統合により、C++ コンポーネントの計測を介したパフォーマンス測定が強
●
SAP BusinessObjects License Measurement Tool: SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
化されました。
のライセンスデータを収集および保存するための Java コマンドラインツールです。
2.4 SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 で追
加される新しいアプリケーション
2.4.1
アップグレードマネジメントツール
アップグレードマネジメントツールは、以前のバージョンの SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームか
ら BI リポジトリの内容をアップグレードできる、新しいソフトウェアコンポーネントです。
完全アップグレードまたはインクリメンタルアップグレードを実行できます。完全アップグレードは、以前セントラル設定マネー
ジャ (CCM) にあった機能を置き換えます。インクリメンタルアップグレードは、以前インポートウィザードにあった機能を置き
換えます。
BI リポジトリの内容を、同じバージョンを持つ他のリポジトリに移行するには、ライフサイクルマネジメントコンソールを使用しま
す。
2.4.2
モニタリング
モニタリングは SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 の新しいツールです。このアプリケーショ
ンは、レポーティングと通知について、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 サーバおよびアプ
リケーションのランタイムメトリクスおよび履歴メトリクスを取得するための機能を提供します。システム管理者は、ツールを使
用して、レポートしているアプリケーションが正常に動作し、応答時間が予想範囲内かどうかを特定できます。
モニタリングには、次の機能もあります。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
7
●
各サーバのパフォーマンスチェック: 監視と呼ばれる機能は、各サーバの状態を信号機で表します。システム管理者は、
これらの監視に対するしきい値を設定し、しきい値の違反が発生した場合にアラートを受信することができます。これによ
り、障害や故障の可能性を未然に防止する対策を取ることができます。
●
重要なシステム KPI の表示: アクティビティおよびリソースをモニタリングする KPI は、モニタリングアプリケーションの [ダ
ッシュボード] ページに表示されます。
●
プローブによるシステムの可用性および応答時間のチェック: プローブを使用して、プラットフォームデプロイメントのサー
バとサービスが期待どおりに機能しているかどうかをチェックするため、ワークフローをシミュレーションします。これらのプ
ローブの往復時間を定期的な間隔で分析することにより、システム管理者はシステム使用パターンを評価することができ
ます。
●
Central Management Server (CMS) のピーク負荷およびピーク期間の分析: これにより、システム管理者は追加のラ
イセンスまたはシステムリソースが必要かどうかを決定することができます。
●
ほかのプラットフォームアプリケーションとの統合: BI プラットフォーム モニタリングアプリケーションは、SAP Solution
Manager や IBM Tivoli など、ほかのプラットフォームアプリケーションと統合することができます。
2.4.3
インフォメーションデザインツール
インフォメーションデザインツールは、SAP BusinessObjects のユニバースと接続を新しく作成して公開するための、SAP
BusinessObjects デザイン環境です。インフォメーションデザインツールを使用すると、次のユニバースデザインの主な新機
能を利用できます。
●
OLAP ディメンションと階層をサポートするディメンションユニバース
●
複数のリレーショナルデータソースを連結するマルチソースユニバース
●
デザイナのチームワークとユニバースのリソース共有を容易にするデザイン環境
●
ユニバースデータとメタデータのためのセキュリティエディタ
●
拡張された接続管理
●
より簡単なリポジトリリソース管理
以降の節で、これらの機能の詳細について説明します。
ユニバースデザイナ XI R2/XI 3 で作成された既存のユニバースを変換して、ユニバースの新機能を使い始めることができま
す。SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 のユニバースデザインツールで作成されたユニバー
スは、インフォメーションデザインツールでも変換して編集できます。
インフォメーションデザインツールを使用して作成されたユニバースは、次の SAP BusinessObjects のデータ分析アプリケー
ションおよびレポーティングアプリケーションで使用できます。
●
SAP BusinessObjects Web Intelligence 4.0
●
SAP Crystal Reports for enterprise 4.0
●
SAP BusinessObjects Explorer 4.0
●
SAP BusinessObjects Dashboard Design 4.0
ディメンションユニバース
インフォメーションデザインツールは、Microsoft Analysis Services OLAP キューブの OLAP ユニバースを自動的に生成し
ます。生成されたユニバースには、ディメンションがあり、次のようなオブジェクトが含まれます。
8
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
ディメンションおよび分析ディメンション (同じ分析軸を共有するディメンションのグループ)
●
階層 (親子およびレベルベース)
●
ディメンションの属性
●
計算メンバーとメジャー
●
メンバーの名前付きセット
●
ディメンションのあるビジネスオブジェクトに基づくフィルタ
●
カスケード表示される値の階層一覧
クエリパネルが機能強化され、階層または階層のメンバーに基づいてクエリを作成できるようになりました。クエリパネルの主
な新機能を次に示します。
●
次のことを実行できるメンバーセレクタ
○
子、子孫、または親などの OLAP 形式の選択を使用する
○
階層レベルを選択する
○
計算メンバーと名前付きセットを選択する
○
ユニバース定義中にメンバーの名前付きセットを作成する
○
クエリから除外するメンバーを選択する
●
結果セットをプレビューできるプレビューペイン
●
値の階層一覧で複数のレベルの値を選択する機能
マルチソースユニバース
インフォメーションデザインツールを使用すると、複数のリレーショナルデータソース上に 1 つのデータファンデーションを作成
して、マルチソースユニバースを作成できます。このユニバースを使用すると、SAP BusinessObjects のデータ分析アプリケ
ーションおよびレポーティングアプリケーションで、複数のリレーショナルソースを同時にクエリできます。この機能を実現する
ために、SAP BusinessObjects Data Federator のクエリエンジンテクノロジーが機能強化され、SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォーム 4.0 に統合されました。
統合されたデータフェデレーションクエリエンジンは、次のような多くの機能を提供します。
●
複数のリレーショナルデータベースのデータを連結する機能。
●
SAP NetWeaver Business Warehouse へのリレーショナル接続。これらの接続では、インフォキューブ、マルチプロバ
イダ、仮想プロバイダ、およびデータストアの各種オブジェクトのリレーショナルテーブルに基づいて、スター型スキーマの
データファンデーションを生成できます。すべてのリレーショナル接続について、データファンデーション内でオブジェクトを
定義して操作できます。
●
SAS へのリレーショナル接続。
●
結合、抽出テーブル、およびビジネスオブジェクトを定義する、標準 SQL 92 構文の使用。クエリエンジンでは、すべての
ソースのクエリが変換され、それらが配布されます。
●
データファンデーションの計算列および派生テーブルの式を定義する、データベース固有構文の使用。これらのネイティ
ブ式では、データソースのデータベース固有関数が使用されます。
●
強化された絞り込みクエリ (小さなテーブルのデータを使用してフィルタリング可能な大きなテーブルのデータ) のパフォ
ーマンスと検出。この半結合テクノロジーでは、データ量に応じて、実行中にデータソースからデータを取得するための最
適な方法を選択できます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
9
デザイン環境
ユニバースを作成するには、インフォメーションデザインツールのエディタを使用して次のリソースを定義します。
●
OLAP またはリレーショナルデータソースへの接続
●
リレーショナルユニバースのスキーマを定義する、接続に基づくデータファンデーション
●
データファンデーションまたは OLAP 接続に基づくビジネスオブジェクトを定義する、ビジネスレイヤ
次に、ビジネスレイヤを公開します。このビジネスレイヤは、ビジネスレイヤ自身と、ユニバースを作成するために参照するリ
ソースをエクスポートするものです。
リソースはプロジェクトに保存されます。リポジトリ内でプロジェクトを共有して、他のデザイナがリソースを使用できるようにで
きます。複数のデザイナが同時に同一のプロジェクトで作業でき、ユニバースリソースを共有したり同期したりできます。
ユニバースリソースを再利用することもできます。たとえば、複数のビジネスレイヤを、1 つのデータファンデーションの基にで
きます。すると、データファンデーションにおけるデータのモデル化を、複数のユニバースで共有できます。
データファンデーションをデザインするときに、次のユニバースの新機能を使用できます。
●
複数のリレーショナル接続に基づくマルチソースユニバース。
●
計算列。計算列は、同じテーブルの 1 つ以上の列に基づいた計算結果である、テーブルの新しい列です。
●
データファンデーションビュー。ビューは、デザイナの作業をスキーマの特定部分に集中させるのに使用される、データフ
ァンデーションのテーブルと結合のセットです。
●
列に保存されたデータのプロファイリング。その列で固有の値の再区分が、グラフとテーブルに表示されます。
●
結合パスループを解決する、機能強化されたコンテキスト。
●
テーブルファミリ。ファミリは、エディタで作業中に、同じタイプのテーブルを視覚的にグループ化するために使用できる表
示パラメータのセットです。
●
接続、テーブルタイプ、コンテキスト、またはファミリなどの指定した特性に基づいてデータファンデーションのテーブルを
視覚的にフィルタリングする、強力な検索パネル。
●
データファンデーションで作成されるすべてのビジネスレイヤが継承する、値の一覧 (LOV) と各種パラメータの入力要
求。
ビジネスレイヤをデザインするときに、次のユニバースの新機能を使用できます。
●
ディメンションユニバースの節で説明した、ディメンションオブジェクト。
●
テストクエリを作成して実行し、それらのクエリをビジネスレイヤに保存する機能。
●
ビジネスレイヤビュー。ビジネスレイヤビューを使用すると、クエリ作成の開始点として、ユニバースのサブセットを定義で
きます。ビューを使用すると、より大きなユニバースを作成して、ビジネス指向にできるより小さなビュー (人事ビューや財
務ビューなど) を提供できます。
●
共有可能なユニバースの個々のオブジェクトとしての、パラメータと LOV の入力要求。
○
LOV は、複数のビジネスレイヤオブジェクトで共有できます。
○
LOV は、複数のパラメータ (プロンプト) またはフィルタで共有できます。
○
複数列の LOV の場合、表示する列とクエリに使用する列を選択できます。
ユニバースデータとメタデータの保護
インフォメーションデザインツールのセキュリティエディタを使用すると、ユーザやグループに対してユニバースのセキュリティ
を定義できます。はじめに、次のユニバースのプロファイルを定義します。
10
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
データセキュリティプロファイルは、データに対するアクセスをコントロールします。データセキュリティプロファイルは、ユニ
バースデザインツールを使用してユニバースに定義される、アクセス制限と同様に表示できます。
●
ビジネスセキュリティプロファイルは、ビジネスレイヤビューおよびオブジェクトを使用するか、これらのオブジェクトにフィ
ルタを定義することで、データに対するアクセスをコントロールします。
次に、プロファイルをユーザおよびグループに割り当てます。
セキュリティエディタでは、ユーザまたはユニバースが定義したセキュリティを簡単に参照できます。ユーザまたはグループの
ネットセキュリティプロファイルをプレビューして、ユーザに継承されるセキュリティを表示することもできます。
ユニバースデザインツールでユニバースに定義されたアクセス制限とその割り当ては、セキュアなユニバースの変換時に、同
等のデータおよびビジネスセキュリティプロファイルに変換されます。
セキュリティエディタから、リポジトリ内のユニバースにクエリを実行できます。その後、このクエリはデータセキュリティプロファ
イルおよびビジネスセキュリティプロファイルによって保護されます。これらのプロファイルはセキュリティエディタにログインす
るのに使用されたユーザに適用されるものです。
接続管理
インフォメーションデザインツールを使用すると、ファイルシステムにローカル接続を作成するか、リポジトリにセキュアな接続
を作成できます。ローカル接続を有効にすると、それをリポジトリに公開して、同等のセキュアな接続を作成できます。リポジト
リでは、接続を [Connections] フォルダおよびそのサブフォルダに保存します。
インフォメーションデザインツールおよびユニバースデザインツールで作成されたユニバースで、同じリレーショナル接続を使
用できます。
インフォメーションデザインツールおよび SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP で、同じ OLAP 接続を使用で
きます。
リポジトリ管理
インフォメーションデザインツールのリポジトリリソースビューを使用すると、複数のリポジトリを同時に移動できます。セキュア
な接続の作成と編集、ユニバースの取得と変換ができ、リポジトリリソースを [Connections] フォルダ、[Universes] フォル
ダ、およびこれらのサブフォルダにまとめることができます。
リポジトリリソースビューで実行可能な対処方法は、Central Management Console のセキュリティ権限によって制御されま
す。
2.5 既存の SAP BusinessObjects Business Intelligence プラット
フォーム製品の新機能および変更された機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 は、旧 SAP Business Objects 製品および旧 Crystal
Reports 製品と完全に統合されており、各製品の最も優れた機能が組み込まれています。これまでの SAP
BusinessObjects Enterprise システムまたは Crystal Enterprise システムと比較すると、SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォーム 4.0 には盛りだくさんの新機能が搭載されていることがわかります。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
11
2.5.1
2.5.1.1
管理
監査
新しい監査ダッシュボードでは監査の一元管理が可能で、新しい一貫性のあるイベントおよび、新しい監査データベーススキ
ーマによって監査レポートを簡単に作成できます。アクション監査によって、1 つのユーザアクションから発生した複数の監査
イベントを相互に関連付けることができます。
2.5.1.2
データアクセス
データアクセスレイヤには以下の新機能が提供されています。
64 ビットオペレーティングシステムのサポート
Connection Server とデータアクセスドライバは、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームリリースに
よってサポートされる以下のすべてのオペレーティングシステム上で読み込みおよび実行できます。
●
●
32 ビット Microsoft Windows
Connection Server が処理している、またはリモートサーバとして使用されている場合は、64 ビット Microsoft
Windows と各種の UNIX (Linux、IBM AIX、および Sun Solaris Sparc)。
64 ビット Microsoft Windows プラットフォームでは、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームは、32
ビットリモート Connection Server に、64 ビットミドルウェアには提供されていないデータソースへのアクセスも提供します。
64 ビットサポートに関する詳しい説明は、データアクセスガイドを参照してください。
新しい Java CORBA サーバ
Adaptive Connectivity サービスは、Java CORBA サーバを通したデータアクセスレイヤの新しい N 層デプロイメントモード
です。これにより、ユーザアプリケーションは、任意の Java ベースデータソースにリモートアクセスできます。詳細について
は、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 計画ガイドを参照してください。
CMC の新しいプロパティ
CMC のサーバの [プロパティ] ページには、以下の操作を可能にする新しいパラメータが表示されます。
●
ジョブおよびミドルウェアトレースを有効にします。
●
リモートアクセスで Connection Server が使用されている場合は、サポートするデータソースを選択します。
12
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
新しい ODBC 接続
データアクセスレイヤには以下の新しい接続が提供されています。
●
すべてのプラットフォームの ODBC および DB2 CAE を介した IBM DB2 UDB for iSeries v6
●
すべてのプラットフォームの Ingres Database 9
●
MS Windows の SAP High-Performance Analytic Appliance (HANA) 1.0
●
すべてのプラットフォームの Sybase SQL Anywhere 11
●
すべてのプラットフォームの Teradata 13
新しい JDBC 接続
データアクセスレイヤには以下の新しい接続が提供されています。
●
すべてのプラットフォームの SAP High-Performance Analytic Appliance (HANA) 1.0
●
すべてのプラットフォームの Sybase SQL Anywhere 11
●
すべてのプラットフォームの Teradata 13
接続の作成については、データアクセスガイドを参照してください。
廃止された接続
以下のデータソースに対する既存の接続は機能しますが、新たな接続を作成することはできません。
●
MS SQL Server
●
MS SQL Server 2000
●
MySQL 4
●
Oracle 9
●
Informix Dynamic Server 7.3
●
Informix Dynamic Server 2000
●
Sybase Adaptive Server 12
●
Teradata V2 R6
●
RedBrick Decision Server 6.x
●
DB2 UDB for OS/390 v7
SAP MaxDB サポート
データアクセスレイヤは、本リリースでサポートされているすべての 32 ビットおよび 64 ビットプラットフォームで ODBC およ
び JDBC を通した SAP MaxDB 7.7 データベースへの新しい接続を提供します。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
13
警告
この接続で、ストアドプロシージャはサポートされていません。
DataDirect 6.0 SP2 サポート
データアクセスレイヤでは、すべての UNIX プラットフォームで MS SQL Server 2005 および 2008 データベース用の
DataDirect ODBC 6.0 SP2 ブランドドライバを使用できます。
CA Wily Introscope Workstation の Connection Server アクティビティ
Connection Server に関連するワークフローのアクティビティが CA Wily Introscope Workstation でトレースされます。
Connection Server の機能は、ツールから提案される以下の異なるビューを通して分析できます。
●
すべての情報のダッシュボードおよびサマリ ビュー
●
トレース ビューでは、エラーが強調されメッセージによって説明されます。
●
ツリー ビューでは、特定のワークフローの連続した関数呼び出しが表示され、関数の実行時間が強調表示されて、時間
が長くかかっているアクティビティが簡単に追跡できます。
詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 管理者ガイドを参照してください。
Extension パラメータを使った接続の設定
データアクセスレイヤは、JDBC および JavaBean 接続を設定する新しい方法を提供します。JAR ファイルの詳細を
jdbc.sbo または javabean.sbo 設定ファイルに設定して JAR ファイルを保存するのではなく、Extensions パラメータ
値を基に独自のディレクトリを作成できます。接続の設定法については、データアクセスガイドを参照してください。
実行時の接続のチェック
実行時に接続を確認するよう、ドライバをカスタマイズできます。この機能は、汎用 ODBC、汎用 OLE DB および汎用 JDBC
接続で使用できます。接続の動的チェックについては、データアクセスガイドを参照してください。
サポートされている他のすべての接続で、この接続チェックが実行されるためカスタマイズする必要はありません。
14
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
データアクセスレイヤディレクトリの再編成
データアクセスドライバ DLL および JAR ファイルは、新しい drivers フォルダにあります。データアクセスドライバの設定フ
ァイルを含むディレクトリが、再編成されています。詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラット
フォームのインストールディレクトリまたはデータアクセスガイドを参照してください。
シングルサインオン (SSO) のサポートに関するドキュメンテーション
データアクセスガイドには、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームのシングルサインオン認証をサポ
ートするデータベースとネットワークレイヤが記載されています。
ストアド プロシージャの限界に関するドキュメンテーション
一部のストアドプロシージャは、データアクセスレイヤでデータソースとしてサポートされていません。データアクセス ガイドで
は、これらについての制限が説明されています。ストアドプロシージャへのアクセス方法とデータの取得方法の詳細について
は SAP BusinessObjects ユニバースデザインツールユーザガイドを参照してください。
データベース機能パラメータに関するドキュメンテーション
本リリースのデータアクセス PRM ファイルには、対象データベースの機能の設定に使用するパラメータのみが含まれていま
す。SQL 生成機能を処理するパラメータは、アプリケーション固有の拡張 PRM ファイルにすべて保存されています。データア
クセスガイドには、データベース機能パラメータについての情報のみが記載されています。SQL 生成パラメータの詳細につい
ては、Designer ガイドを参照してください。
Driver Development Kit の新しいメソッド
DDK API には、データアクセスドライバの PRM ファイルに設定された PRM パラメータの値を取得する新しいメソッドがありま
す。また、環境がドライバ設定にアクセスするための新しいメソッドも提供されています。さらに、例外を管理するための新しい
クラスも提供されています。詳細については、データアクセスドライバ Java SDK 開発者ガイドを参照してください。
新しい接続 SDK API
新しい接続 SDK API には、顧客が CMS に保存された接続への独自のアクセスを開発するための SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォームが提供されています。接続 SDK API を使って、開発者は、データソースへの接続の
読み取りと更新を管理できます。詳細については、データアクセス接続 Java SDK 開発者ガイドを参照してください。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
15
データソースサポート
データソースのサポートの詳細については、製品出荷マトリックスを参照してください。
2.5.1.3
データセキュリティ
以下の機能強化がデータセキュリティに追加されました。
●
動作の FIPS-140 準拠モード
●
暗号の管理を行う専門の暗号管理者グループ。
●
CMS に保管されている機密データを保護するための 2 キー暗号システム
2.5.1.4
データフェデレーション管理ツール
データフェデレーション管理ツールは、データフェデレーションサービスを管理するための使いやすい機能を提供するリッチク
ライアントインタフェースです。
データフェデレーションクエリエンジンを含むこれらのサービスは、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォ
ームに統合されています。このテクノロジーは、異なるデータソースにクエリを分散することによりマルチソースユニバースを可
能にし、単一のデータファンデーションを通してデータを連合できます。
注記
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 のデータフェデレーション技術は、Data Federator
XI 3.0 に置き換えられていません。マッピングやターゲットテーブルなど一部のデータフェデレーション機能は、SAP
BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 で使用できません。これらの機能を使用するには、ユニバ
ースデザインツールを使用してユニバースを作成し、Data Federator XI 3.0 のインストールに接続を追加できます。
データフェデレーション管理ツールを使用してデータフェデレーションクエリを最適化し、最大限のパフォーマンスを発揮できる
ようデータフェデレーションクエリエンジンを微調整できます。
以下を実行するためにデータフェデレーション管理ツールを使用します。
●
SQL クエリをテストする。
●
連合されたクエリの各ソースへの分散方法の詳細を規定する最適化計画を視覚化します。
●
統計の計算とシステムパラメータの設定。
●
クエリがコネクタレベルの各データソースでどのように実行されるかを制御するプロパティを管理します。
たとえば、maxConnections などのプロパティを使用して、クエリエンジンから基になるデータソースへの最大接続数を設
定し、エンジンがそのデータソースに同時に送信できるサブクエリの数を許可したり制限したりできます。
●
SQL クエリの実行を監視します。
●
実行されたクエリの履歴を参照する。
16
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
2.5.1.5
企業資源計画 システムのアドオン
SAP、Oracle E-Business Suite、PeopleSoft、JD Edwards EnterpriseOne および Siebel との統合のためのアドオンソリ
ューションが、標準の BI プラットフォーム パッケージに統合されました。
2.5.1.6
ライセンス
SAP BusinessObjects Intelligence プラットフォームでは、ユーザロールを基にしたライセンスモデルが導入されています。
●
BI アナリスト: コンテンツデザイナ用。
●
BI ビューア: コンテンツの利用者用。
注記
指定ユーザおよび同時ユーザを基にした以前のライセンスモデルも、継続してサポートします。
2.5.1.7
2.5.1.7.1
ライフサイクルマネジメントコンソール
転送システムの変更
移送/修正システム (CTS) は、ABAP ワークベンチでプロジェクト開発を整理するためのツールです。SAP システムとシステ
ムランドスケープ間の変更をカスタマイズしたり移送したりするためにも使用できます。
2.5.1.7.2
コマンドライン入力オプション
ライフサイクルマネジメントコンソールのコマンドラインオプションを使用すると、SAP BusinessObjects Business
Intelligence プラットフォームからコマンドラインの入力を介して、別の BI プラットフォームにオブジェクトを昇格できます。
ライフサイクルマネジメントコンソールツールでは、コマンドラインオプションを介して次のジョブの昇格がサポートされていま
す。
●
ライフサイクルマネジメントコンソールの既存のジョブテンプレートのエクスポート
●
ライフサイクルマネジメントコンソールの既存のジョブテンプレートの昇格
●
既存の LCMBIAR の昇格
●
単独/複数のプラットフォームのクエリのエクスポート
●
複数のプラットフォームクエリの昇格
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
17
2.5.1.7.3
上書き設定
上書き設定オプションを使用すると、ジョブの昇格または BIAR ファイルを介して、上書きを昇格できます。
2.5.1.7.4
差分の視覚化
Visual Difference では、2 つのバージョンの同一ファイル間の差分を表示できます。この機能を使用して、レポートの出力元
と出力先バージョンなどの異なるレポートタイプを作成し、管理できます。この機能では、比較元バージョンと比較先バージョン
間の比較ステータスが提供されます。以前のバージョンのユーザレポートが正確で現在のバージョンのユーザレポートは不
正確である場合、ファイルを比較および分析して問題点を的確に評価できます。
2.5.1.8
プラットフォーム検索
プラットフォーム検索は完全に再設計され、クラスタ認識、インデックス化、検索などの高度な管理機能が備わりました。プラッ
トフォーム検索は、OpenSearch API、BI 起動パッドのポータル、Live Office、SAP BusinessObjects Business
Intelligence プラットフォーム向けウィジェット、および BI ワークスペースを使用して公開されるようになりました。
また、次のような別の技術も提供されます。
●
属性検索
●
引用符を使用する囲い込み検索
●
ワイルドカード検索
プラットフォーム検索には、以下の一覧に示すように、詳細検索を設定できる多数のオプションが用意されています。
●
検索の統計: プラットフォーム検索では、インデックス処理のステータス、インデックス済みドキュメント数、前回インデック
ス処理タイムスタンプなどの検索の統計情報が提供されます。
●
インデックス処理の開始/インデックス処理の停止: インデックス処理を開始、または停止できます。
●
インデックスロケール: インデックス処理のロケールを次のいずれかの言語に設定できます。日本語、イタリア語、韓国
語、ノルウェー語 (ブークモール)、チェコ語、ポーランド語、デンマーク語、フランス語、中国語、オランダ語、スペイン語、
フィンランド語、タイ語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、英語、およびブラジル語。インデックスロケー
ルを別の言語に変更すると、プラットフォーム検索によって、選択した言語のドキュメントが再インデックス処理されます。
注記
デフォルトでは、英語がインデックスロケールとして選択されます。
●
クロール頻度: 連続して実行するか、スケジュール設定したクロールを実行できます。
●
インデックスの場所: ドキュメントがインデックス処理されると、そのドキュメントはインデックスの場所にある共有フォルダ
内に保存されます。インデックスの場所には、マスタインデックスロケーション、永続的データロケーション、および非永続
的データロケーションなどがあります。
●
インデックス処理のレベル: インデックス処理のレベルを 3 つの方法で設定し、検索内容をきめ細かく調整できます。3 つ
の方法とは、プラットフォームメタデータ、プラットフォームおよびドキュメントのメタデータ、フルコンテンツを指します。
●
18
コンテンツタイプ: 高度なインデックス処理を行うためのエクストラクタを選択できます。
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
インデックスの再構築: このオプションを使用して、インデックス処理されたすべての既存コンテンツを削除し、初めから再
インデックス処理することができます。
●
インデックス処理から除外するドキュメント: インデックス処理を行わない Info オブジェクトのドキュメント ID を、手動で入
力できます。
●
インデックス処理失敗一覧: このオプションを使用すると、インデックス処理に失敗したドキュメントを一覧表示できます。
2.5.1.9
サーバの管理と設定
このリリースでは、以下の拡張機能が追加されました。
●
システムの透明性を高める新しいサーバメトリクスが公開されました。
●
ノード管理ワークフローが強化されました。
●
CCM から、クラスタ全体のサーバ設定をバックアップして復元できるようになりました。
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームサーバで、使用中のネットワークリソースを説明するログ
ファイルが生成されるようになり、ファイアウォールの背後のデプロイメントのトラブルシューティングが容易になりました。
●
統合、強化された Adaptive Job Server で処理されるジョブの種類が増えました。
2.5.2
2.5.2.1
柔軟な開発者向け機能
SDK の機能
アプリケーション開発者は、提供されている SDK を使って本リリースに含まれている多くの新機能を使用できます。新機能の
SDK サポートの詳細については、対応する開発者ガイドを参照してください。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム Java SDK の新機能の詳細については、SAP
BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム Java SDK 開発者ガイドを参照してください。この SDK には以下
の機能強化が含まれています。
●
アラートのサポート
●
データセキュリティのサポート
●
監査への変更
●
2 つの Central Management Servers (CMS) 間でのオブジェクトの直接転送を可能にする BIAR インタフェースへの変
更。
●
CeProgID と CeKind クラスの使用に関する変更
Report Application Server (RAS) Java SDK の新機能の詳細については、Report Application Server Java SDK 開発者
ガイドを参照してください。この SDK には以下の機能強化が含まれています。
●
汎用 Java のサポート
●
API のグループ化と並べ替えへの変更
●
Crystal Reports Read-Only (RPTR) および Microsoft Excel 2007 (XLSX) Data-Only エクスポート形式のサポート
Report Application Server (RAS) .NET SDK の新機能の詳細については、Report Application Server .NET SDK 開発者
ガイドを参照してください。この SDK には以下の機能強化が含まれています。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
19
●
Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーション用の Crystal Report ビューアコントロール
●
Crystal Reports Read-Only (RPTR) および Microsoft Excel 2007 (XLSX) Data-Only エクスポート形式のサポート
Crystal Reports Read-Only (RPTR) および Microsoft Excel 2007 (XLSX) Data-Only エクスポート形式のサポートを含
めた Viewers Java SDK の新機能については、Viewers Java SDK 開発者ガイドを参照してください。
Web Services SDK の新機能については SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム Web Services 開
発者ガイドを参照してください。
2.5.3
エンドユーザ体験
2.5.3.1
SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP
SAP BusinessObjects Analysis、edition for OLAP は、SAP BusinessObjects Voyager の後継製品で SAP BEx
Analyzer の高品質な代替製品です。Analysis は、生産性の向上と分析の深さに焦点を置いた以下の新機能と機能強化を
提供します。
ワークスペースシート
ワークスペースシートには、最大 4 つのクロスタブおよびチャートを含めることができ、関連のある分析をグループ化すること
ができます。シートには、分析ウィンドウの下部のタブとしてアクセスできます。
タスクパネル
タスクパネルでは、分析ウィンドウに関連データを表示したまま、多くの対話操作と分析タスクを実行できます。フィルタ処理や
計算タスクパネルなどの他のタスクパネルは要求したときに使用できるのに対し、データ、プロパティ、アウトラインタスクパネ
ルは、いつでもすぐに使用できます。
●
[データ] パネルには、データソース接続とそのディメンションと階層が表示されます。
●
[プロパティ] パネルには、選択したコンポーネントのプロパティが表示されます。[分析名] や [説明] およびチャートディメ
ンションなどの共通プロパティを編集できます。
●
[アウトライン] パネルでは、ワークスペースシート全体にわたる、分析とビジュアルコンポーネントの関係が表示されま
す。
[レイアウト] パネル
[レイアウト] パネルは、ビジュアルコンポーネントを表示および配列するもう 1 つの方法です。ディメンションや階層は、これら
の要素を [列]、[行] および [背景] ドロップゾーンにドラッグアンドドロップすることで追加および配列変更できます。これらの
要素は、パネル内でフィルタの適用、並べ替えまたは整理することができます。
20
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
タブ付きツールバー
タブ付きツールバーを使用することにより、ツールバーから多くのデータ分析タスクを実行できます。レイアウトを見やすくする
ために、類似した機能がまとめられています。ツールバーにあるボタンの中には複数の機能に関連付けられているものがあ
り、これらはボタンの横にある矢印をクリックしてアクセスできます。ほとんどのツールバー機能は、コンテキストによって変わ
る右クリックメニューからも使用できます。
[自動更新] をツールバーから切り替えて、クロスタブやチャートコンポーネントを更新する前に複数のナビゲーション操作を実
行できます。
分析タスクパネル
[フィルタ]、[カスタム計算]、[条件付き書式設定] タスクパネルなどの分析タスクパネルで分析機能を設定できます。分析ウィ
ンドウが常に見えるように、[分析] タスクパネルが [タスク] パネル上で表示されます。また、[条件付き書式設定] タスクパネ
ルには [プレビュー] オプションがあり、変更を適用する前にその効果を表示できます。
データの表示
データの表示に関して以下の改善が追加されました。
●
親の位置と、結果メンバーの位置を制御できるようになりました。
●
メンバー選択をまとめる集計計算を実行時に変更できるようになりました。各メジャーメンバーには固有の集計が使用で
きます。
●
軸に複数の階層がネストされている場合は、階層の異なる部分を非対称的に拡張できるようになりました。
●
メイン分析から独立してサブ分析の軸を交換できます。
●
簡単に比較できるよう、メンバーの順序を変更できます。
並べ替え
メンバー名および値を基準に並べ替えられます。
検索
SAP BusinessObjects Analysis には、関連性や、論理値の検索演算子を基準にした順位結果などの新機能を備えた検索
機能があります。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
21
条件付き書式設定
条件付き書式設定では、選択した列、行、またはセルの書式を設定して、重要な結果を強調表示できます。これには、選択し
た効果を分析に追加する前に表示するプレビュー機能が含まれています。書式設定ルールに優先順位レベルを割り当てるこ
とができます。これにより、どの条件付き書式設定を表示するかが決定されます。書式設定は、ネストされたディメンション内
の特定のディメンションに割り当てることができます。書式設定のために選択できる範囲数に制限はありません。
計算
計算は、フィルタ処理や条件付き書式設定の適用のような他のメンバーと同様の動作をする新しいメンバーとして追加されま
す (動的計算を除く)。SAP BusinessObjects Analysis には、以下の計算が含まれています。
●
[カスタム計算] では、関数やメンバーを自由に組み合わせて独自の計算を作成できます。
●
[動的計算] では、データが変更されたときに関連するメンバーが自動的に再計算されます。
●
[単純計算] は、複数のメンバーと、加算、減算、乗算、除算の 4 つの基本的な算術演算子が関連するあらゆる計算で
す。
NULL およびゼロ
[NULL & ゼロ] ボタンを使用すると、ゼロや NULL 値のある行や列を表示しないことによって、意味のある値のみに絞り込む
ことができます。
複数のクエリー
SAP BusinessObjects Analysis では、シート当たり最高 4 つのデータソースからの異なるデータプロバイダから複数の同時
クエリを実行することができます。
共有
SAP BusinessObjects Analysis では、Microsoft Excel へのエクスポート機能が改善されています。チャート、分析、シート
およびワークスペースをエクスポートでき、数字の書式設定および条件付き書式設定を維持できます。
データは次の 2 つの形式の PDF ファイルに印刷できます。
●
シート形式では、画面の内容が 1 ページに印刷されます。
●
データ形式では、ビジュアルコンポーネントの代わりに、フィルタ処理されたデータが印刷されます。
22
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
分析ビュー
分析ビューでは、SAP BusinessObjects Analysis と、Crystal Reports および Web Intelligence などの他の SAP
BusinessObjects 製品との相互運用性が実現できます。分析の特定のナビゲーション状態である分析ビューは、ワークスペ
ースとは独立して保存されます。分析ビューは、Analysis で作成でき、Analysis、Crystal Reports および Web Intelligence
で使用されます。
サーバ管理
サーバに障害が発生した場合には、すべてのセッションは他のライブサーバに転送されます。そこで、ユーザ状態は維持さ
れ、管理者はユーザへの影響を最小限に抑えながらメンテナンスを実行できます。
監査
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームで標準化されている監査機能では、すべての表示、保存、お
よびエクスポート操作、およびすべてのキューブとサーバ接続が記録されるようになりました。
トレース
トレースログを SAP Solution Manager Diagnostics と、Product and Production Management System (PPMS) で使用
できるようになりました。統合されたトレース機能を使って、管理者は、複数のコンポーネントやサーバにわたってワークフロー
をトレースできます。計測されたサーバコードによって、パフォーマンスを簡単に診断できます。
ライフサイクル管理
ライフサイクルマネジメントコンソールを使用して、管理者は、SAP BW クエリ、キューブ、およびその他の依存関係を含むワ
ークスペースおよびデータ接続を異なるデプロイメントに導入できます。
2.5.3.2
BI 起動パッド
BI 起動パッド (以前の InfoView) では、ユーザインタフェースが改善され、インタフェースのカスタマイズ用に追加のオプショ
ンが提供されています。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
23
タブ
新しいユーザインタフェースには、ホームタブとドキュメントタブの 2 つのメインナビゲーションタブがあります。オブジェクトは、
ユーザ基本設定に応じて、新しいタブまたはウィンドウを開きます。また、頻繁にアクセスするドキュメントをタブに開いて、固
定できます。次回 BI 起動パッドにログオンするときに、固定されたドキュメントタブが自動的に開かれ、表示の準備ができま
す。
ホームタブ
デフォルトのホームタブレイアウトには、以下のモジュールが含まれています。
●
最近表示したドキュメント
●
最近実行したドキュメント
●
マイ受信ボックスの未読メッセージ数
●
未読警告
●
マイアプリケーション
ユーザまたはシステム管理者は、カスタム BI ワークスペースをデザインして、それを異なるユーザやグループのデフォルトの
ホームタブとして設定できます。
ドキュメントタブ
ドキュメントタブ (以前のドキュメント一覧) のユーザインタフェースが改善されました。左側のナビゲーションパネルのドロワを
使用すると、リポジトリ内の異なるビューに簡単に切り替えられます。さらに、詳細パネルを使用すると、ドキュメントのメタデー
タを移動しながら表示できます。
ドキュメントの表示
BI 起動パッドのデフォルトのドキュメント表示動作が変更されました。オブジェクトの表示方法によって表示されるものが異な
ります。
●
[リスト] パネルでオブジェクトをダブルクリックして動的コンテンツドキュメント (たとえば、Crystal レポートまたは Web
Intelligence ドキュメント) を表示する場合は、ドキュメントの最新のインスタンスが開きます。最新のインスタンスがない
場合は、オブジェクト自体が開きます。
●
●
●
ビュー
ビュー
をクリックして、オブジェクトを表示すると、オブジェクトが開きます。
ビュー
最新のインスタンスを表示
をクリックすると、最新のオブジェクトインスタンスが開きます。
パブリケーションまたはプログラムオブジェクトを表示し、最新のインスタンスがない場合は、BI 起動パッドにオブジェクト
プロパティが表示されます。
24
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
プラットフォーム検索
プラットフォーム検索の機能とパフォーマンスが、今回のリリースで改善されました。ツールバーの [検索] フィールドに検索す
るテキストを入力すると、入力中に、“クイック検索”機能が関連度によって検索した上位 6 つの結果が表示されます。リポジト
リおよび Explorer 内にあるドキュメントの内容、およびメタデータが検索されます。論理型、フレーズ、属性値などの高度な構
文を検索で使用することもできます。
検索を実行すると、結果が [検索] ドロワに一覧表示され、ファセット別に並べ替えられます。これらのファセットでは、
InfoObject メタデータ、ドキュメントメタデータ、およびドキュメントの内容によって、結果がグループ化されます。
アラート
アラートは、さまざまなアプリケーションを対象とし、イベントがトリガされた場合のユーザおよび管理者への通知に使用される
機能です。SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームでは、ユーザとシステム管理者がシステム、ファイ
ルやカスタムイベントのアラートを購読することができます。アラートを含む、SAP Crystal Reports for enterprise で作成さ
れたレポートも、アラートをサポートします。イベントまたはレポートアラートがトリガされると、通知が購読者の電子メールアド
レスまたは BI システム送信先 (BI 起動パッドアカウントなど) に送信されます。
SAP Business Explorer Web アプリケーション
今回のリリースでは、Business Explorer Web アプリケーションと BI 起動パッドを統合できます。これらのアプリケーション
は、Web 上のデータ分析アプリケーション、レポーティングアプリケーション、および分析アプリケーションのための SAP
NetWeaver Business Warehouse (BW) の Business Explorer (BEx) に含まれている Web ベースのアプリケーションで
す。ユーザは BI 起動パッドで BEx Web アプリケーションを開いてデータをナビゲートし、BEx Web アプリケーションをブック
マークとして Web ブラウザのお気に入りに保存できます。
BI 起動パッドの詳細については、BI 起動パッドのヘルプまたは、SAP Help Portal (http://help.sap.com) で入手できる BI
起動パッドユーザガイドを参照してください。
2.5.3.3
BI ワークスペース
この節では、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 BI ワークスペースの最新リリースで提供さ
れるコンポーネントおよび機能について概説します。Dashboard Builder という製品名は、本リリースで BI ワークスペースと
改名され、以下の機能を提供します。
BI ワークスペース作成ワークフローの単純化
●
より簡単に BI ワークスペースの作成、設計、管理が行えます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
25
●
BI ワークスペースをパブリックフォルダまたは個人フォルダに保存するための [保存]、[名前を付けて保存]、および [開
く] の各ワークフローが強化されました。
●
My InfoView、マイダッシュボード、および会社用ダッシュボードなどの従来のワークスペース作成オブジェクトが、BI ワ
ークスペースという単一オブジェクトに統合されました。
BI ワークスペースインタフェースの機能強化
●
[モジュールライブラリ] の改善
●
[モジュールライブラリ] の新しい高度な検索オプション
●
[モジュールライブラリ] のドッキングオプション
●
BI ワークスペースのツールバーおよびトップバーの機能が向上しました。
注記
機能強化されたツールバーが提供するさまざまなオプションにより、ユーザは BI ワークスペースレベルでの複数タブ
編集および保存オプションを使用して、BI ワークスペースを作成、編集および保存することができます。
BI ワークスペース作業時のユーザ経験の向上
●
ツールバーのドロップダウンメニューにより、すべてのタブおよびサブタブのリストを表示し、スクロールすることができま
す。
●
列レイアウトモードでは、列のサイズを変更できます。
注記
旧リリースまでは、BI ワークスペースの列の幅は自動的に設定されていました。これらの列のサイズを変更できるよう
になりました。
●
複数ナビゲートリストオプションによって、ページ当たり複数のナビゲートリストを作成できます。
●
最近のインスタンスの表示または最近見たドキュメントの表示オプションにより、最近表示したドキュメントに簡単にアクセ
スできます。
●
多言語サポートにより、複数の言語で BI ワークスペースを作成および管理できます。
●
個別のワークフローでモジュールを作成および管理できます。
●
openDocument URL リンクによる簡単なナビゲート。
BI ワークスペースのモニタリング、管理、およびデプロイメントの向上
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームセントラル管理コンソール (CMC) のセキュリティ機能と
の緊密な統合。
●
26
CMC を介した BI ワークスペースの表示および編集におけるセキュリティ機能の向上。
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
CMC を介した BI ワークスペースの監査。
●
アップグレードマネジメントツールを使った、旧リリースの BI ワークスペースからの自動移行。
●
アクセスを追跡するための複数のログ。
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームエンドツーエンドトレースのサポートと改善されたパフォ
ーマンス。
高度なコンテンツリンクを使用した、レポートへのシームレスな接続
●
コンテンツリンク: ポートレット間通信により、さまざまなソースやターゲットデータタイプ間の高度なビジュアル詳細リンクを
実行できます。ソース Dashboard Design または Web Intelligence コンポーネントを、複合 BI ワークスペース上のター
ゲット Dashboard Design、Crystal Reports、または Web Intelligence ドキュメント内のターゲットプロンプトおよびフィ
ルタに適用することができます。
●
詳細マッピング: Dashboard Design と Web Intelligence で使用されるデータ、およびその他の関連データタイプをビジ
ュアル表現として表示できます。ソースおよびターゲットのモジュールでリンク可能なデータは、自動的にマッピングされビ
ジュアル表示されます。
関連マニュアル
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 の BI ワークスペースの詳細については、BI ワークスペ
ース作成スタートアップガイド、または SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームワークスペース ユーザ
ガイドを参照してください。
2.5.3.4
Dashboard Design では、
SAP BusinessObjects Dashboard Design (旧称 Xcelsius) には、生産性を向上し、プラットフォームデータへの直接接続を
実現するための新機能と機能強化が含まれています。これらの機能および機能強化には、SAP BusinessObjects ユニバー
スクエリへの新しい、および更新されたサポートと、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームとの統合
が含まれています。
Dashboard Design キャッシングおよび処理サーバ
プラットフォームデータ接続のための新しいデータ処理レイヤが用意されており、大規模なダッシュボードデプロイメントの拡張
性とパフォーマンス要件に適合できるよう設計されています。これには、Dashboard Design Cache Server と Dashboard
Processing Server の 2 つのサーバが含まれます。Dashboard Design Cache Server は、セマンティックレイヤの整合性
のあるデータモデル (リレーショナルユニバースクエリ) にデータキャッシングとデータ共有機能を提供します。Dashboard
Processing Server は、クエリ処理要求を管理します。両方のサーバが、監査と監視を含む標準の BI プラットフォームサービ
スに統合されています。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
27
クエリー パネル
ユニバースベースのクエリを作成できる新しいクエリパネルが Dashboard Design で提供されています。クエリパネルからリ
レーショナルユニバースオブジェクト、ディメンション、メジャーをキャンバスにドラッグすることにより、クエリを定義できるように
なりました。また、クエリから返される結果オブジェクトの順序、データの並べ替え順序、クエリフィルタおよび単一または複数
の選択プロンプトを定義できるようになりました。クエリパネルでは、クエリのデータプレビュー機能も提供されています。
[クエリブラウザ] パネル
新しいクエリブラウザパネルには、モデルに含まれる結果オブジェクト、フィルタ、プロンプトのサマリビューが表示され、簡単
にクエリパネルにアクセスしてクエリを作成、編集できます。クエリは、クエリブラウザからも最新表示でき、コンポーネントにバ
インドされたクエリデータを更新できます。クエリブラウザからクエリをキャンバスにドラッグすると、プロンプトセレクタコンポー
ネントが自動的にモデルに追加されます。
直接データバインディング
Dashboard Design では、クエリ結果オブジェクトからチャートやセレクタにデータを直接バインドできるようになりました。デー
タがチャートやセレクタに直接バインドされると、設計時にキャンバスのクエリデータのプレビューがコンポーネントに表示され
ます。
ユニバース接続コンポーネント
コンポーネントブラウザには、クエリデータ接続専用の新しいユニバース接続カテゴリが含まれています。ユニバース接続カテ
ゴリには、クエリプロンプトセレクタとクエリ最新表示ボタンの 2 つの新しいコンポーネントが含まれます。
クエリプロンプトセレクタコンポーネントは、クエリプロンプトのメタデータに基づいて、プロンプト値の選択動作を自動的に処理
します。クエリプロンプトセレクタコンポーネントは、次の 3 つのスタイルで使用できます。
●
単一の値
●
値の一覧で単一または複数の選択
●
値のカスケード一覧で単一または複数の選択
プロンプトに値の一覧が含まれる場合、クエリプロンプトセレクタコンポーネントでは、実行時にそのリストを検索したり参照す
ることができ、モデルで表示されている値も非表示になっている値も選択できます。
クエリ最新表示ボタンコンポーネントを使って、実行時にモデルからクエリデータの最新表示を要求できます。
ユーザ優先表示ロケールによる、地域データ書式設定
データ書式設定は、日付、時刻、通貨、数値などのデータがユーザにどのように表示されるかを制御します。旧バージョンの
製品では、データ書式設定は、モデルが作成されたときのロケールセットによって定義されていました。Dashboard Design
28
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
では、動的地域データ書式設定を使用してモデルによってデータの書式設定が設定され、エンドユーザの優先表示ロケール
に合った形式に自動的に変更できるようになりました。
地域データ書式設定をユーザが指定する必要はありません。Dashboard Design がプラットフォームに保存されると、モデル
によって、BI 起動パッドに設定されている優先表示ロケールと一致するように自動的にデータ書式設定が調節されます。
テキスト翻訳
Dashboard Design では、トランスレーションマネージャを使って、プラットフォームに公開されるモデルに含まれるテキストの
大部分を翻訳できます。
モデルがプラットフォームに保存されると、翻訳ワークフローが有効化され、翻訳の専門家がモデルで使用されているテキスト
を翻訳します。次に、テキストの翻訳がプラットフォームに公開され、モデルと統合されて、ローカライズ済みバージョンのモデ
ルが作成されます。
実行時に、ユーザの優先表示ロケールと一致するローカライズ済みバージョンが表示されます。
Dashboard Design モデルの以下のテキストを翻訳できます。
●
テキスト入力の多くには、タイトル、サブタイトル、シリーズ名、カテゴリ名などが含まれます。
●
モデルのデザイナによって翻訳可能と印が付けられた Excel 範囲のデータ。
Dashboard Design オブジェクト
Dashboard Design では SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームの新しいオブジェクトタイプが導入
されています。旧バージョンのソフトウェアでは、デザイナ内でモデルを操作するための Xcelsius オブジェクトと、モデルを実
行するための Flash オブジェクトの 2 つのオブジェクトが必要でした。新しい Dashboard Design オブジェクトでは、デザイン
ドキュメント (XLF) と Flash ファイル (SWF) の両方を 1 つのオブジェクトに収められます。
オブジェクトを Dashboard Design またはトランスレーションマネージャで開いて変更すると、Dashboard Design オブジェクト
にキャッシュされている SWF がその変更を反映して自動的に更新されます。ユーザが最新の変更を受け取るために、モデル
デザイナが Flash オブジェクトを個別に再エクスポートする必要はありません。
Dashboard Design オブジェクトはオブジェクトレベルのセキュリティをサポートします。たとえば、システム管理者は、ユーザ
権限を設定して、特定のユーザまたはユーザグループによるダッシュボードの変更、または表示をブロックできます。
ユニバースクエリ接続のあるモデルでは、システム管理者は、クエリキャッシングと処理のための優先サーバグループを指定
できます。オブジェクトレベルのキャッシングオプションは、サーバレベルの設定より優先されるため、システム管理者は各モ
デルの要件に適合するようリソースを割り当て、処理設定を調節できます。
Dashboard Design オブジェクトのライフサイクルマネジメント
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 にライフサイクルマネジメントサポートを統合するため
に、新しい Dashboard Design オブジェクトでは、以下のものを含めたモデルの関係および依存関係情報が維持されます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
29
●
ユニバースクエリとの関係
●
QaaWS 接続の QaaWS とユニバースオブジェクトの依存関係
●
Live Office 接続内の対応する Crystal レポート、Web Intelligence ドキュメント、およびユニバースオブジェクトの依存
関係
ライフサイクルマネジメントツールを統合すると、システム管理者は、Dashboard Design オブジェクトに関する依存関係情報
を調べ、依存するオブジェクトすべてが一緒に昇格されていることを確認できます。
Dashboard Design モデルは Web サービス接続を通して BI プラットフォームデータにアクセスします。検証システムから実
稼動環境へなど、モデルが異なる場所に移行された場合は、Web サービス URL が変更される場合があります。このシナリ
オに対応するには、Dashboard Design モデルは、実行時に動的 Web サービス URL を受け入れます。BI 起動パッドと
CMC は、Web サービス接続のための Web サービス URL を Web サービスアプリケーションオブジェクトから取得します。
2.5.3.5
[Explorer]
SAP BusinessObjects Explorer とは、ビジネス上の質問に対する回答を会社のデータから迅速かつ直接的に取得できるデ
ータ発見アプリケーションです。情報スペースと呼ばれる整合性があり有効なデータセット内に保管されている関連のあるデ
ータを見つけるため、強力な検索エンジンを使用します。
BI 起動パッドとの統合
SAP BusinessObjects Explorer は SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 のアドオンとしてイ
ンストールされています。
BI 起動パッドから SAP BusinessObjects Explorer を起動します。Explorer をアプリケーションとして起動したり、またはドキ
ュメントタブの BI 起動パッドドキュメント一覧から直接情報スペースを開いて閲覧したりできます。
CMS でのサーバ統合
Explorer サーバは、BI プラットフォーム CMS に完全に統合されています。監査、監視および CMS の他のサーバと同様の
Solution Manager Diagnostics への統合などの Explorer サーバ管理タスクを管理できるようになりました。以下のメトリク
スの管理については、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム管理者ガイドを参照してください。
●
現在ログインしているユーザ数
●
進行中のインデックス化の数
●
進行中の複製の数
●
閲覧の応答時間
●
検索の応答時間
●
情報スペースのオープン操作の応答時間
30
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
データソースサポート
本リリースの SAP BusinessObjects Explorer では、以下のデータソースにアクセスできます。
●
.UNX 形式のユニバース (リレーショナルソースのみ)
●
Excel ファイル (平均集計メソッドを追加)
キーボードアクセス
SAP BusinessObjects Explorer では、アプリケーション内をキーボードを使ってナビゲートするユーザにキーボードアクセス
を提供します。キーボードアクセスは、すべてのユーザがいつでも使用でき、特別なインストールや設定は必要ありません。
注記
本バージョンの Explorer では、閲覧はキーボードからアクセスできますが、情報スペース管理はアクセスできません。
2.5.3.6
Web Intelligence
2.5.3.6.1
SAP BusinessObjects Web Intelligence
SAP BusinessObjects Web Intelligence はクエリの 1 つで、リレーショナルデータソースおよび OLAP データソースからレ
ポートを作成したり、フィルタ、条件付き書式設定、データ追跡などの機能を使用してデータを分析したりするのに使用される、
レポーティングおよび分析ツールです。
2.5.3.6.1.1
階層データ
クエリを作成し、レポートオブジェクトを使用して階層として整理されたデータの分析を実行できるようになりました。レポートオ
ブジェクトには、分析ディメンション、階層、レベル、属性、名前付きセット、および計算メンバーがあります。クエリでは、階層か
ら明示的にデータメンバーを選択したり、関数を使用してデータメンバーを選択したりできます。
階層メンバーを展開したり折りたたんだりしてレポートの階層データを参照できます。また、階層におけるメジャーの位置に基
づいて、メジャーを計算できます。すべての既存の機能 (並び替え、データの同期、ブレークなど) では、階層オブジェクトが操
作されます。
2.5.3.6.1.2
新規のデータソース
次のデータソースにクエリを作成できるようになりました。
●
新しい (UNX) ユニバース形式のユニバース
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
31
注記
ユニバースを使用すると、リレーショナルデータソースおよび OLAP データソースからデータにアクセスできます。
●
BEx クエリを使用する SAP InfoCube
●
SAP BusinessObjects Analysis ワークスペース
UNX ユニバース
新しい UNX ファイル拡張子を持つユニバースは、新しい SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 の新しい
インフォメーションデザインツールを使用して作成します。ユニバースを使用して、リレーショナルデータソースおよび OLAP デ
ータソースからデータにアクセスできます。(従来の UNV ユニバースを使用しても、リレーショナルデータや OLAP データにア
クセスできます。)
BEx クエリを使用する SAP InfoCube
BEx クエリを使用して SAP InfoCube のデータにアクセスすると、SAP BusinessObjects Web Intelligence がそのデータ
を、階層、レベル、ディメンションなどの標準ユニバースオブジェクトとしてクエリパネルに表示します。BEx クエリは、ユニバー
スにクエリを作成するのと同じ方法で作成します。
SAP BusinessObjects Analysis ワークスペース
SAP BusinessObjects Analysis からエクスポートした分析ビューでクエリを作成できます。分析ビューは、クエリパネルに標
準のユニバースオブジェクトとして表示されます。
2.5.3.6.1.3
再デザインされたインタフェース
SAP BusinessObjects Web Intelligence のインタフェースが、Java インタフェースと Web インタフェース間 (旧 Java
Report Panel と旧 Web Intelligence Interactive) にさらに高度な UI の一貫性を実現しました。また、SAP Crystal
Reports for enterprise や SAP BusinessObjects Analysis などのその他の BI クライアントツールも提供します。
2.5.3.6.1.4
コピーと貼り付けの強化
クエリ、変数、テーブル、およびチャートを、ドキュメント間でコピーできます。あるオブジェクトをコピーすると、その依存オブジ
ェクトすべてがコピーされます。たとえば、テーブルをコピーすると、そのテーブルにデータを供給しているすべてのクエリ、階
層、ディメンション、メジャー、および変数がコピーされます。
32
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
テーブルとチャートは、書式設定やデータと共にコピーすることも、これらを除外してコピーすることもできます。
強化されたコピーと貼り付けは、Java インタフェースと Web Intelligence デスクトップで使用できます。
2.5.3.6.1.5
デフォルトの形式
デフォルトのレポート形式が強化され、書式設定に対するコントロールが追加されました。セクション、テーブル、フォーム、テ
ーブルのセル、セクションのセル、フリーセル、ヘッダ、およびフッタの、ほとんどの書式設定属性を定義できます。既存のドキ
ュメントを、新しいデフォルトの形式でアップデートできます。
デフォルトの形式は、サーバまたは Web Intelligence デスクトップの場合はローカルマシンの、<インストールドライブ>
\Program Files\SAP BusinessObjects\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\images
\WebiDefaultStyleSheet.css フォルダに、カスケード形式で保存されるようになりました。
2.5.3.6.1.6
式言語
式言語には、階層データを操作する新しい関数と演算子のセットが含まれます。既存の集計関数の一部は、階層メンバーの
セットを受け入れて、メジャーの計算コンテキストを提供します。
2.5.3.6.1.7
新しいチャート作成機能
このリリースでは、次の新しいチャート作成機能が追加されました。
新しいチャートタイプ
深さを持つ円チャート
散布図
バブル チャート
ボックスプロット
ヒートマップ
ツリーマップ
階層表示のサポート
専用階層チャート (ツリーマップ)
軸ラベル内の階層の視覚表示
階層レベルをフィードとしてサポート
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
33
チャート作成の新しいワークフロー
チャートをフィードするのに構造モードに移動する必要はありません。
フィードが未完了の場合、チャートが灰色で表示されます。
柔軟なビジュアライゼーション
棒チャートおよび折れ線チャートで、同一の値軸を共有できます。
"メジャー名" ディメンションを使用すると新しい設定ができます (カテゴリ軸としてのメジャー名など)。
個別の軸を積み上げることで、積み上げ棒チャートおよび積み上げ折れ線チャートを定義できます。
フィードをよりコントロールできます (散布図でディメンションを地域の形に関連付けるなど)。
メジャータイプを柔軟に変換できます (棒、折れ線、面)。
積み上げメジャーが可能になりました。
双方向性
ツールヒント
チャートの回転
編集用にチャート領域を選択可能
書式設定
●
チャートプロパティをオブジェクトサイズに自動調整
●
ツールボックス (パレットおよびスタイル) を使用する迅速な書式設定
●
高度な書式設定のためのダイアログボックス
●
選択可能な表示項目の追加
タイトルの式、軸目盛の最小値/最大値
より詳細なデータ値コントロール
より魅力的な棒の種類、より詳細な折れ線やマーカーのコントロール
光と影の効果
透明度とグラデーション
従来の項目はディメンション別にグループ化可能
階層または積み上げディメンションのグリッド表示
チャート領域の高さと幅が調整可能 (絶対値または相対値で指定) - 長い軸ラベルの管理がしやすくなりました。
34
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
選択可能な表示項目の追加
タイトルの式、軸目盛の最小値/最大値
より詳細なデータ値コントロール
より魅力的な棒の種類、より詳細な折れ線やマーカーのコントロール
光と影の効果
透明度とグラデーション
従来の項目はディメンション別にグループ化可能
階層または積み上げディメンションのグリッド表示
チャート領域の高さと幅が調整可能 (絶対値または相対値で指定) - 長い軸ラベルの管理がしやすくなりました。
2.5.3.6.2
Web Intelligence デスクトップ
Web Intelligence デスクトップ (Web Intelligence リッチクライアント) は、SAP BusinessObjects Web Intelligence 用のデ
スクトップインタフェースです。
リポジトリ内編集
Web Intelligence デスクトップでは、リポジトリにあるときにも、ドキュメントを直接編集できるようになりました。
2.5.3.6.3
個人用データプロバイダ
個人用データプロバイダの新機能は次のとおりです。
Excel 2007 による個人用データプロバイダのサポート
Web Intelligence Desktop は Excel 2007 をデータソースとして使用し、Web Intelligence ドキュメントの作成をサポートし
ます。
PDP/CDP データソースに基づく Web Intelligence ドキュメントの最新表示
テキスト、Excel ファイルなど、個人用データプロバイダから作成、およびすべての UNIX プラットフォーム上にある BI 起動パ
ッドからの Web サービスなどのカスタムデータプロバイダから作成された Web Intelligence ドキュメントを、最新表示するこ
とができます。以前のリリースでは、これは Windows プラットフォームからしかできませんでした。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
35
CDP フレームワークプラグイン向けの設定およびデプロイメントの変更
●
以前のリリースでは、webi_customds_extension.xml 設定ファイルはプラグインの確認とロードにのみ使用されていま
した。4.0 では、この設定ファイルは削除され、プラグインの検索とロードは、プラグインバイナリファイルのリソースディレ
クトリ META-INF/services にあるプラグイン設定ファイルを解析することによって行われます。この設定ファイルの名
前は、プラグインのエントリポイント実装の完全修飾バイナリ名です。プラグインのクラスパスの依存関係は、プラグイン
バイナリの META-INF/MANIFEST.MF ファイルの MODULE-PATH 属性からフェッチされます。プラグインのその他の
詳細は、CDSExtensionDescriptor インタフェースおよび CDSExtensionBaseDescriptor インタフェースの実
装からフェッチされます。
●
以前のリリースでは、任意の場所にプラグインバイナリをデプロイできました。4.0 では、プラグインバイナリは
<SAP_BOBJ_INST_DIR>\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\java\lib
\PersonalDPPlugins フォルダにデプロイする必要があります。
●
以前のリリースでは、ユーザインタフェースのエントリポイント実装を持つ必要はありませんでした。デフォルトのユーザイ
ンタフェース実装は、データプロバイダソースのエントリポイント用の設定ファイル内にプラグインのエントリがあるときの
み入力していました。4.0 では、ユーザインタフェースのエントリポイント実装は必須です。
2.5.3.7
Live Office
Microsoft Outlook の Live Office パネル
Microsoft Outlook では、ユーザが新しい Live Office パネルを使用して電子メールメッセージから ビジネスインテリジェンス
コンテンツに直接アクセスできます。ユーザはこのパネルの中から、内容の検索、電子メールスレッドへのファイルの関連付
け、およびお気に入り一覧へのドキュメントの追加を実行できます。この情報に基づいて、Live Office パネルでは、電子メー
ルメッセージに関連する可能性のあるドキュメントの提案も行われます。
Live Office パネルは、[検索]、[関連付け]、[お気に入りに追加]、[提案]、および [Live Office オブジェクトとして挿入] で、次
のドキュメントタイプをサポートします。
●
SAP Crystal Reports 2011
●
SAP BusinessObjects Web Intelligence
●
ユニバース クエリー
[検索]、[関連付け]、[お気に入りに追加]、および [提案] では、次のドキュメントタイプをサポートします。これらは、Live
Office オブジェクトとして挿入できません。
●
Dashboard Design では、
●
Microsoft Office (2003 および 2007)
●
Adobe Acrobat (PDF) バージョン 8 および 9
●
情報スペース
●
BI ワークスペース
●
オブジェクトパッケージ
●
Flash
●
TXT
●
RTF
36
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
Microsoft Excel におけるパフォーマンスの強化
Live Office オブジェクトを Microsoft Excel ドキュメントに簡単に挿入できます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームに含まれる監査イベント
Live Office からの最新表示とプロンプトの選択イベントが、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
監査 (イベントタイプ ID 10,700-10,799) に記録されるようになりました。Live Office の作成、削除、変更、ログオン、および
ログオフの各種イベントは、CMS イベントとして同じ名前で記録されます。SAP BusinessObjects Business Intelligence プ
ラットフォームの監査の詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム管理者ガイドの「“モ
ニタリング”」の節を参照してください。
Excel データの閲覧
Microsoft Excel では、SAP BusinessObjects Explorer Premium Edition にデータを簡単にアップロードでき、ビジュアライ
ゼーションと検索機能を使用して、選択した領域のデータを検証したり、Excel ワークシートを完成させることができます。その
後で、結果 (データおよびビジュアライゼーション) をダウンロードして、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などの他のアプ
リケーションで使用できます。
2.5.3.8
トランスレーションマネジメントツール
翻訳可能なリソースの種類
次のリソースを翻訳できるようになりました。
リソースの種類
説明
Web Intelligence レポート
ローカルに、または CMS リポジトリに格納されます。
ユニバースデザインツールで作成したユニバース
ローカルに、または CMS リポジトリに格納されます。
インフォメーションデザインツール で作成したデータファンデ
ローカルに、または CMS リポジトリの共有プロジェクトフォル
ーションレイヤまたはビジネスレイヤ
ダに格納されます。
Crystal Reports ドキュメント
CMS リポジトリに格納されます。
Dashboard Design ドキュメントで作成したダッシュボード
CMS リポジトリに格納されます。
BI ワークスペースおよびほとんどの InfoObject とともに作
CMS リポジトリに格納されます。
成したワークスペース
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
37
XLIFF ステータス
トランスレーションマネジメントツールは、次の XLIFF ステータスをサポートします。
カテゴリ
XLIFF ステータス
翻訳が必要
NEW
(このコンテンツ
はエンドユーザ
に対して表示さ
れません)
NEEDS_TRANSLATION
NEEDS_ADAPTATION
NEEDS_L10N
翻訳を表示
NEEDS_REVIEW_ADAPTATION
(このコンテンツ
はエンドユーザ
に対して表示で
きます)
NEEDS_REVIEW_ L10N
NEEDS_REVIEW_TRANSLATION
説明
コンテンツが新規であることを示します。たとえば、コン
テンツが追加された場合、または以前翻訳されたドキュ
メントが編集された場合です。
コンテンツの翻訳が必要であることを示します。
非テキスト情報のみで、手直しが必要であることを示し
ます。
テキスト情報には翻訳が必要であり、非テキスト情報に
は手直しが必要であることを示します。
非テキスト情報のみで、レビューが必要であることを示
します。
非テキストコンテンツの翻訳および手直しで、レビュー
が必要であることを示します。
翻訳済みのコンテンツで、レビューが必要であることを
示します。
TRANSLATED
コンテンツが翻訳されたことを示します。
SIGNED_OFF
変更がレビューされ、承認されたことを示します。
FINAL
終了状態を示します。
同時翻訳
同時翻訳を使用すると、同時に進行される複数の異なる言語へのドキュメントの翻訳を管理できます。
複数の翻訳者が並行して同一のドキュメントを異なる言語で作業できるようにするために、ロケールパブリケーションの管理
が改良されました。
トランスレーションマネジメントツールは、次のロケールをエクスポートします。
●
翻訳者がトランスレーションマネジメントツールを使用して追加したロケール (ロケールはリソースに追加されます)。
●
翻訳者がトランスレーションマネジメントツールを使用して変更したロケール (同期の問題がない場合は、ロケールは更
新されます)。
38
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
XLIFF ファイル形式との互換性
トランスレーションマネジメントツールは、XLIFF 仕様バージョン 1.2 に準拠します。
スタンドアロンリソースの翻訳
スタンドアロンモードでは、リポジトリに接続せずに作業できます。これを行うには、翻訳するコンテンツをローカルに保存する
必要があります。
リポジトリに保存されたリソースの翻訳
リポジトリに保存されたオブジェクトを翻訳できます。これを行うには、オブジェクトの翻訳権限を持ち、翻訳前に CMS に認証
される必要があります。
安全な公開
このツールでは、以前のバージョンで編集したドキュメントの内容が検証され、ドキュメントを元の場所に公開するときに作業
が失われないようにします。
オブジェクトと翻訳バージョンの管理
このツールでは、翻訳されたドキュメントと元のソースドキュメントが比較され、ソースドキュメントに対して行われたすべての変
更が検出されます。
トランスレーションマネジメントツールによって翻訳可能なプロパティをソースから取得する際、ソースはロックされません。翻
訳中にソースが変更された場合は、このツールで新しい翻訳をソースにエクスポートするときにチェックが実行され、ソースと
翻訳済みドキュメントの間で同期と整合性が検証されます。
不一致が見つかった場合は、ツールは次の 3 つのオプションを提案します。
●
ソースを使用して、トランスレーションマネジメントツール内のコンテンツを更新する (推奨)。
●
エクスポート全体をキャンセルする。この場合、何も実行されません。トランスレーションマネジメントツール で開いたメタ
●
翻訳済みの文字列を強制的にエクスポートする。
データは何も変更されず、ソースも変更されません。
単一ロケールの公開
一度に 1 つのロケールを公開できます。これにより、翻訳者は作業をいつでも提出できます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
39
2.5.3.9
SAP BusinessObjects Mobile
SAP BusinessObjects Mobile 4.0 では、次の新機能が提供されます。
[ホーム] ページの Mobile ドキュメント
モバイルアプリケーションにログオンすると、SAP BusinessObjects Mobile によって、使用中のモバイルデバイス上で開くこ
とができるドキュメントの一覧を掲載したホームページが表示されます。これにより、ログオンするたびにドキュメントにアクセ
スするのに必要なクリック数を減らすことができます。
モバイルカテゴリと SAP BusinessObjects Mobile の [ホーム] ページについては、SAP BusinessObjects Mobile のインス
トールとデプロイメントガイドの Mobile カテゴリとドキュメントへのアクセスの節を参照してください。
ビジネスインテリジェンスドキュメントの検索
SAP BusinessObjects Mobile を使用すると、BI プラットフォーム リポジトリ内でビジネスインテリジェンスドキュメントを検索
できます。また、ビジネスインテリジェンスドキュメントへのアクセスが素早く容易に行えます。
モバイルデバイスからのビジネスインテリジェンスドキュメントの検索の詳細については、SAP BusinessObjects Mobile の使
用方法ガイドのドキュメントの検索の節を参照してください。
Mobile サーバ設定ツール
Mobile サーバ設定ツールは、Mobile サーバの設定を容易にするウィザードです。また、管理者は、設定ファイルを手動で編
集しなくても、以前選択した Mobile サーバパラメータを編集できます。
Mobile サーバ設定ツールの詳細については、SAP BusinessObjects Mobile のインストールとデプロイメントガイドを参照し
てください。
SAP BusinessObjects Mobile インストールパッケージ
SAP BusinessObjects Mobile 4.0 は、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームのインストールパッ
ケージの一部としてデフォルトで提供されます。しかし、最適なパフォーマンスを得るために、専用サーバに SAP
BusinessObjects Mobile をインストールすることをお勧めします。SAP BusinessObjects Mobile を専用サーバにインスト
ールするには、[カスタム] インストールオプションを使用する必要があります。
カスタムインストールの説明については、SAP BusinessObjects Mobile のインストールとデプロイメントガイドの SAP
BusinessObjects Mobile サーバのインストールの節を参照してください。
40
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
電子メールによるビジネスインテリジェンスドキュメントのリンクの送信
ビジネスインテリジェンスドキュメントの URL を電子メールで送信することができます。受信者は、電子メール本文の
openDocument URL にアクセスして自分のデスクトップのブラウザでドキュメントを開くことができます。
電子メールによるビジネスインテリジェンスドキュメントの送信の詳細については、SAP BusinessObjects Mobile ユーザガイ
ドを参照してください。
ユーザおよびグループの Mobile 権限
SAP BusinessObjects Mobile は、選択されたユーザおよびグループのために次のアプリケーション権限をサポートしていま
す。
Right
説明
SAP BusinessObjects Mobile アプリケーションへのログオン
モバイルアプリケーションを介して BI プラットフォームにログインし、
ドキュメントを表示する権限を許可します。
ドキュメントアラートの購読
ドキュメントまたは繰り返しアラートを購読する権限を許可します。
デバイスのローカルストアへのドキュメントの保存
ドキュメントをモバイルデバイスに保存する権限を許可します。
デバイスからドキュメントを電子メールとして送信
電子メールによってレポートを送信する権限を許可します。
Mobile 権限の詳細については、SAP BusinessObjects Mobile のインストールとデプロイメントガイドを参照してください。
CVOM のサポート
SAP BusinessObjects Mobile は、CVOM ベースのチャートの表示をサポートしています。
レポート内の特定セルへの複数ローカルアクションの埋め込み
複数のローカルアクションをレポート内の特定のセルに埋め込み、セルの内容に対して複数のアクションを実行することがで
きます。「phoneto」、「smsto」、および「mailto」のローカルアクションをセルの内容に同時に埋め込み、モバイルクライアント
で電話、SMS、および電子メールというローカルアクションをコンテキストメニューに表示できます。
詳細については、モバイルユーザ向けビジネスインテリジェンスドキュメントの作成ガイドを参照してください。
タッチベースのスマートフォン向けシングルクリックのサポート
タッチスクリーンのスマートフォンでは、タイトルを 1 回クリックすればドキュメント、フォルダまたはレポートを開くことができま
す。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
41
新しいローカルアクション: elookup および plookup
SAP BusinessObjects Mobile では、次の新しいローカルアクションが提供されます。
対処方法
説明
elookup
アドレス帳から電子メールアドレスを取得できます。
plookup
デバイスのアドレス帳から電話番号を取得できます。
コマンドと構文の詳細については、モバイルユーザ向けビジネスインテリジェンスドキュメントの作成ガイドを参照してください。
セントラル設定マネージャ (CCM) における Mobile サーバの管理
SAP BusinessObjects Mobile では、CCM を使用して Mobile サーバを起動および停止できます。
強化された事前設定のサポート
クライアントをデバイスにデプロイする前に、モバイルクライアントアプリケーションに接続設定の詳細 (Mobile サーバ、VAS
ポート番号、CMS 名、認証の種類など) を設定することができます。これにより、接続設定を手動で設定する必要がなくなりま
す。
詳細については、SAP BusinessObjects Mobile インストールとデプロイメントガイド の接続設定の詳細を含むモバイルクラ
イアントアプリケーションの事前設定の節を参照してください。
強化されたプラットフォームのサポート
SAP BusinessObjects Mobile では、次のクライアントプラットフォームがサポートされています。
●
BlackBerry: BlackBerry OS 4.2.1、4.3、4.5、4.6、および 4.7
●
Symbian: S60 3rd Edition および 5th Edition
●
Windows Mobile: Windows Mobile 6.0 および 6.1
サポートされているプラットフォームとデータベースの詳細については、「Products Availability Report」 (http://
service.sap.com/bosap-support
) を参照してください。
2.5.3.10 SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォ
ーム向けウィジェット
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム向けウィジェットのコンポーネントでは、以下の新機能および
拡張機能が提供されます。
42
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
2.5.3.10.1
ウィジェットと SAP Web Intelligence コンテンツ
Web Intelligence ウィジェットからのコンテンツのコピー
ユーザは Web Intelligence コンテンツからウィジェットを作成後、ウィジェットからテーブルまたはチャートをコピーして、
Microsoft Office アプリケーション (Excel、Word、PowerPoint、Outlook) に貼り付けることができるようになりました。
Web Intelligence ウィジェットのプロンプト値の変更
Web Intelligence データからウィジェットを作成した場合、ユーザは現在のプロンプト値を表示したり、それらの値を変更した
り、新しいプロンプト価を使用してウィジェットを最新表示したりできるようになりました。
Web Intelligence ウィジェットからのアクティブなハイパーリンク
Web Intelligence データに基づくウィジェットにハイパーリンクが含まれている場合、ユーザはそのハイパーリンクをクリックし
て、新しいブラウザウィンドウで対象のサイトにアクセスできるようになりました。
2.5.3.10.2 ウィジェットと SAP Web Dynpro コンテンツ
Web Dynpro アプリケーションへのアクセス
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム向けウィジェットでは、SAP NetWeaver Application Server
に接続して、Web Dynpro で作成されたアプリケーションやウィジェットとして登録されているアプリケーションを取得できるよう
になりました。これらのアプリケーションは取得後、ウィジェットとしてデスクトップに追加できます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームおよび SAP
NetWeaver Application Server 両方への接続
ウィジェットでは、BI プラットフォーム リポジトリに接続できるだけでなく、SAP NetWeaver Application Server に接続して、
どちらかのシステムのデータに基づいてデスクトップウィジェットを作成できるようになりました。ウィジェットからは、両方のシス
テムに同時に接続でき、さらに各システムへの複数の同時接続を行うこともできます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
43
ウィジェットからの SAP 業務トランザクションの実行
ウィジェットから、SAP トランザクションシステムに直接接続できるようになりました。ユーザは分析データを確認するだけでな
く、インターネットによる従業員採用のための募集フォームをデータから作成するなど、ウィジェット内から直接処理を行うこと
ができます。
カスタマイズ可能なウィジェット
ユーザはソースアプリケーションに影響を与えることなく、個人的な好みに合うようにウィジェットをカスタマイズできます。テー
ブル、列、または Web Dynpro コントロールの表示/非表示を切り替えたり、データの最新表示のスケジュールを定義するこ
とができます。これらの変更は、ウィジェットを終了した後もそのユーザに対して保持されます。
データのビジュアル表現の作成
ウィジェットでは、テーブルデータのビジュアル表現を簡単に作成できるようになりました。使用するデータと、チャートタイプを
選択し、[視覚化] をクリックすると、選択したデータがチャートに変換されます。
ポータルでのデータ表示
ユーザはブラウザで、ポータルまたはオリジナルの Web Dynpro アプリケーションに簡単に移動して、データを操作するため
の別の機能にアクセスすることができます。
2.5.4
2.5.4.1
SAP Crystal Reports
SAP Crystal Reports for enterprise
SAP Crystal Reports for enterprise は Crystal Reports デザイナの新設計バージョンです。SAP Crystal Reports for
enterprise ソリューションの目的は、レポートの作成プロセスを効率化し、SAP BusinessObjects のセマンティックレイヤへ
のサポート機能を大幅に強化し、改善された SAP BW への接続を活用することです。また、顧客が、SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォームを活用するために使用できる新機能も含まれています。
最初のバージョンの SAP Crystal Reports for enterprise と SAP Crystal Reports 2008/2011 では、大きな違いがいくつ
かあります。レポートソリューションとして SAP Crystal Reports for enterprise を使用するかどうかを決定する前に、これら
の相違点をしっかり理解して考慮に入れてください。これらの相違点と、現在および将来どちらのバージョンを使用するか決定
する方法を明確に定義したドキュメントが別途提供される予定です。
44
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
注記
新しい SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームでは、SAP Crystal Reports 2011 と SAP Crystal
Reports for enterprise レポートの両方を処理できます。
新しく効率化されたインタフェース
SAP Crystal Reports for enterprise では、インタフェースが効率化され、少ない工数でユーザにレポートを簡単に配信でき
ます。
●
新規および既存のユーザは、新しくタブを使って整理できるレポート設計機能を活用できます。デザイナを開くと、ユーザ
には、[挿入]、[形式]、[データ] の 3 つのタブが表示されます。3 つのタブには、それぞれ、選択されたタブに固有の機能
を提供する一連のボタンがあります。
●
合計、グループ、および並び替えなどのレポートコンポーネントを、少ないクリック数で挿入および管理できます。
●
チャートプレビューが重なった、チャート作成のための単一のウィンドウから構成される新しいチャート設計 UI を使って、
少ない工数でチャートを挿入および設計できます。このようにして、設計時にチャートの外観を確認できます。
●
オブジェクトの列のサイズや順番を変更できる新しいスマートガイドライン機能を使って、レポート内のオブジェクトのレイ
アウトを簡単に変更できます。
●
スマートデフォルト書式設定機能によってレポートをより簡単に作成および管理できます。新しいオブジェクトがレポートに
挿入されると、SAP Crystal Reports for enterprise デザイナが、レポートの他の類似したオブジェクトの書式設定を検
知し、同じ書式設定を新しく挿入されたオブジェクトに適用します。
●
デザイナには、共通のセマンティックレイヤにある情報を活用してレポートの設計欠陥の可能性を警告する機能が加えら
れました。たとえば、レポート内のメジャーオブジェクトに誤った集計を適用しようとすると、警告メッセージが表示されま
す。
新しい共通セマンティックレイヤ
新しい SAP BusinessObjects 共通セマンティックレイヤと、改善された SAP BW への接続機能を活用し、美しく強力なレポ
ートを作成できます。
●
複数の SAP BusinessObjects クライアントツールで共通である新しいクエリパネルを使って、オブジェクトをドラッグアン
ドドロップしてレポートの構築に使用できるクエリを作成できます。
●
新しい共通セマンティックレイヤには階層認識機能があり、階層ソースに対して、詳細に書式設定されたレポートを構築
できます。
●
新しい共通セマンティックレイヤのもう 1 つの利点は、複数のデータソースを認識できることです。これにより、セマンティッ
クレイヤの機能を活用しながら、複数のソースからのデータを組み合わせてレポートを構築できます。
●
SAP Crystal Reports for enterprise 4.0 以前のバージョンで構築された既存のレポートを開くとウィザードが表示され、
その指示に従って、既存のレポートを新しいセマンティックレイヤにデータソースとして接続できます。
●
BI プラットフォームで使用できる新しいテクノロジーを活用して、スイートが SAP InfoQueries に一貫してアクセスできる
ようになります。SAP Crystal Reports から、SAP BICS 接続を使用して直接 SAP BEx クエリに接続できます。この接続
はプラットフォームによって管理されます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
45
プラットフォームに対する複数の改善
プラットフォーム全体にわたる改善を活用して、必要なときに必要な情報をユーザに提供するレポートを効率的に配信できま
す。
●
新しい Analysis クライアントを使用して OLAP 分析を実行し、情報配布や大量消費のために分析の書式を設定できま
す。Analysis で作業を完了したら、分析を保存して、その分析から Crystal レポートを作成できます。
●
Crystal Reports ですでに提供されていた多言語機能を基に、さらにすべてのテキストベースの要素 (プロンプト、ツール
ヒント、テキスト要素など) を翻訳できます。また、トランスレーションマネジメントツールを使ってすべての翻訳をプラットフ
ォームレベルで管理およびスケジュールできます。
●
BI プラットフォームでホスティングされているアラートを活用することにより、ユーザが必要としているときのみ情報を配信
できます。ユーザ自身がアラートの購読を管理するため、レポートデザイナ側の管理工数を削減できます。
●
プラットフォームレポートデプロイメントに 64 ビットアーキテクチャの威力を導入できます。新しい BI プラットフォームは、
64 ビットネイティブです。
●
SAP BusinessObjects Lifecycle Manager を使用して、BI コンテンツを、デプロイメントから QA、そして本稼動まで、す
べて単一のツールで管理できます。
2.5.4.2
SAP Crystal Reports 2011
SAP Crystal Reports 2011 は、Crystal Reports 2008 で実証された強力なレポート機能を基盤とし、さらに、スタンドアロン
レポートの作成者やアプリケーション開発者向けの新しい機能を提供します。引き続き活用できる使い慣れた Crystal
Reports 2008 の機能に加え、新しい読み取り専用レポート形式や XSLX へのエクスポート機能を使用して、レポートへの新
たなアクセス方法を提供します。Visual Studio 2010 との統合により、アプリケーション開発者は Microsoft が提供する新機
能にアプリケーションをアップグレードしながら、Crystal Reports の柔軟な対話型レポート機能を引き続き組み込めます。
新しい読み取り専用形式
Crystal Report の新しい読み取り専用形式を活用することで、投資を守り、レポートの知的財産を保護することができます。
●
新しい読み取り専用レポート形式の活用により、レポートの作成への投資を守ることができます。スタンドアロンレポート
の作成者やアプリケーション開発者にとっては、レポートが配布後に変更される心配がないため、有益です。
●
SAP Crystal Reports 2011 からレポートを読み取り専用レポート形式 (RPTR) でエクスポートします。
●
エクスポートしたレポートは、Crystal Reports ビューアでのみ表示できます。Crystal Reports デザイナでは開くことが
できません。
Excel 2007 Workbook へのレポートのエクスポート
デザイナまたはビューアから Microsoft Excel 2007 Workbook 形式でレポートをエクスポートします。
●
新しい Microsoft Open XML Excel 形式でレポートをエクスポートすることで、Office 2007 の圧縮技術により、Excel フ
ァイル全体のサイズを小さくできます。
46
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
●
新しい XSLX 形式を活用することで、1 つの Crystal レポートから 100 万行までエクスポートできます。
●
デザイナまたはビューアから Microsoft Excel 2007 (XLSX) Workbook 形式で Crystal レポートをエクスポートします。
Crystal Reports for Visual Studio を使ってカスタムアプリケーションを構築する
Crystal Reports for Visual Studio を使って Crystal Reports コンテンツを組み入れたカスタムアプリケーションを引き続き
構築することができます。
●
Crystal Reports と Visual Studio の統合は、Crystal Reports の主力製品以外にも拡大しています。そのため、個別に
ダウンロードして Visual Studio 上にインストールして使用できます。SAP は、Visual Studio 開発者市場のニーズに的
確に対応し、開発者の役に立つ機能を弾力的に提供しています。
2.5.4.3
SAP Crystal Reports ビューア 2011
SAP Crystal Reports ビューアは、SAP Crystal Reports for enterprise と SAP Crystal R ports 2011 の両方で作成され
たコンテンツの表示および対話型操作に必要な機能を提供するよう更新されています。
キーの新機能
●
Windows クライアントのための印刷ダイアログの改良
●
SAP Crystal Reports for enterprise と SAP Crystal Reports 2011 のいずれで構築されたレポートでも開くことができ
●
ブレッドクラム、ナビゲートパスが、ステータスバーではなくレポートの最上部に表示されるようになりました。
●
レポートをビューアから直接 Microsoft Excel 2007 ワークブック形式にエクスポートできます。
ます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
47
3
サポートパッケージおよび機能パックの機能強化
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 のサポートパッケージおよび機能パックに提供された拡張プラット
フォームサポートおよびアプリケーション機能強化は次のことを実現します。
48
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
サポートパッケージおよび機能パックの機能強化
4 SAP BusinessObjects Business
Intelligence Suite 4.0 SP1
4.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP1)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI Platform 4.0」と入力して、バージョン 4.0 SP1 でサポートされるプラットフォームドキュ
メントを検索します。
SAP BusinessObjects ポートフォリオのサポートされるプラットフォームドキュメントは、http://service.sap.com/bosapsupportedplatforms
4.2
でも入手可能です。
アプリケーションの拡張機能 (4.0 SP1)
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite アプリケーションの機能強化の一部がサポートパッケージに提供され
ます。
SAP BusinessObjects Advanced Analysis
Advanced Analysis, Web edition は、Analysis, edition for OLAP にリブランドされました。このアプリケーションでは、現在
SAP BusinessObjects Extended Analytics v7.5 および SAP BusinessObjects Extended Analytics v10 をサポートして
います。
SAP BusinessObjects Mobile
レポートレベルでタッチジェスチャを使用してセルやドリル分析を選択する機能により、タッチスクリーンデバイスでの使いやす
さが向上しました。ドリルするには、各セルを保持する必要があります。セルをクリックすると、特定のセルが選択または強調
表示されます。
プラットフォームリポジトリまたは CMS に接続せずにデモドキュメントを表示できるようになりました。お使いのデバイスで
SAP BusinessObjects Mobile アプリケーションを起動すると、 [ようこそ] ページが表示されます。このページには、「プラット
フォームリポジトリに接続せずにデモドキュメントを表示する」、または「プラットフォームリポジトリに接続してサーバドキュメン
トを表示する」オプションも表示されます。ただし、アプリケーションにログインするたびにこのページを表示させたくない場合
は、[この画面を今後表示しない] オプションを選択するとログイン認証情報ページにリダイレクトされます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP1
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
49
注記
この機能は BlackBerry デバイスでのみ使用できます。
サンプルの Mobile ドキュメントが提供されます。これらはローカルデバイスで表示できるよう、プラットフォームリポジトリにイ
ンポートする必要があります。モバイルサンプルドキュメントが <SAP_BOBJ_INST_DIR>/Mobile14/Sample folder
にある lcmbiar ファイルで使用できるようになりました。lcmbiar ファイルには、Mobile feature 480X360 レポート
(解像度 480 x 360 のモバイルでの表示が最適) およびモバイルカテゴリを持つ Mobile Sample レポートフォルダが含ま
れています。このサンプルドキュメントをモバイルデバイスで表示するには、lcmbiar ファイルをプラットフォームリポジトリに
インポートする必要があります。また、モバイルからプラットフォームリポジトリに接続し、ホームページの [モバイル対応ドキュ
メント] リンクを使用する必要があります。
50
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP1
5
SAP BusinessObjects Business
Intelligence Suite 4.0 SP2
5.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP2)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI プラットフォーム 4.0」と入力して、バージョン 4.0 SP2 でサポートされるプラットフォー
ムドキュメントを検索します。
SAP BusinessObjects ポートフォリオのサポートされるプラットフォームドキュメントは、http://service.sap.com/bosapsupportedplatforms
5.2
でも入手可能です。
BI Suite アプリケーション (4.0 SP2)
SAP BusinessObjects BI Suite アプリケーションの追加機能の一部がこのサポートパッケージに提供されます。
Integration Option for Microsoft SharePoint
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 Service Pack 2 では、Integration Option for Microsoft SharePoint software は
Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 の両方をサポートします。
必要なプラットフォームアーキテクチャは 64 ビットです。また、SharePoint 管理サービスが稼働中である必要があります。
注記
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 では SAP BusinessObjects Desktop Intelligence が廃止されたため、Desktop
Intelligence レポートは、Integration Option for Microsoft SharePoint software 4.0 サービスパック 2 ではサポートさ
れなくなりました。
次のような新機能があります。
●
SAP BusinessObjects Site Definition と呼ばれるそのまま使用できるサイトテンプレートには、7 つの Web ページと 5
つの基本的な Web パーツが用意されています。このテンプレートの構造により、BI プラットフォームコンテンツの表示、
管理、および対話を行うために必要なすべての基本アクティビティを、SharePoint 環境内から簡単に実行することができ
ます。IT 管理者はテンプレートを使用して、基本設定を行う必要がなく、ユーザ専用の BusinessObjects サイトを簡単に
作成できます。
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP2
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
51
●
レポートについてほかのビジネスユーザとディスカッションする新しい機能が提供されます。ユーザは、SAP
BusinessObjects サイトの [ユーザアクション] Web ページ上でレポートに関連する意見やビューを投稿できます。また、
投稿に対してほかのユーザが自分のコメントを付けて返信して相互ディスカッションに参加できます。
●
Web パーツは、このリリースのプレフィックス "IOMS-" を含む名前に変更されました。たとえば、コンテンツエクスプロー
ラは "IOMS - コンテンツエクスプローラ" と呼ばれるようになり、このように Web パーツギャラリに表示されます。
●
InfoView は BI Suite の一部ではなくなりました。そのため、ダッシュボード Web パーツは削除されました。
●
[高度な検索] Web パーツは、IOMS - 検索 Web パーツに置き換えられました。XI3.1 で見られた、[タイトルで検索]、[キ
ーワードで検索] などの [高度な検索] フィールドはここから削除されました。同様に、IOMS - 検索により、すべての基本
的な検索機能に特定の新しい機能が提供されます。新機能には、ヒットの強調表示、ページ番号付きの検索結果、クエリ
用語の提案などが含まれます。
●
4.0 SP02 以降では、Integration Option for Microsoft SharePoint software により次の新しい Web パーツが提供さ
れます。
○
IOMS - アドバタイズメント - この Web パーツは基本的に製品広告を表示します。これは画像バナーとその近くにあ
○
IOMS - 最近の検索 - この Web パーツはユーザが最近の検索で入力したキーワードを一覧表示します。各キーワ
るテキストで構成され、ソフトウェア全体の機能を強調表示します。
ードは検索文字を表し、この Web パーツにリストされているアイテムをクリックすると、そのキーワードに対応する検
索結果を表示する検索結果ページが表示されます。
○
IOMS - 最近の表示 - この Web パーツはユーザが最近表示したレポートを一覧表示します。
注記
ユーザがすべてを再度検索しなくても頻繁にアクセスされる一部のレポートをすぐに取得するのに役立つため、
上記の 2 つの Web パーツはまとめて "役に立つユニット" と呼ばれます。
●
このソフトウェアでは、BusinessObjects サイト内を簡単に移動するためのブレッドクラムと呼ばれる新しい機能が提供さ
れています。ブレッドクラムは、[ヘルプ] と [ログイン] ページを除くすべてのページの上部に表示されます。任意の時点
でブレッドクラムは、サイト名で始まりフォルダ階層から現在アクセスしているファイルまたはフォルダの名前が続くナビゲ
ーションパス全体を表示します。ブレッドクラムに表示されたすべての要素はクリック可能で直接アクセスできます。
●
ユーザアクション Web パーツは、Integration option for Microsoft SharePoint software から削除されました。代わり
に、すべてのユーザアクションは、[ユーザアクション] Web ページと呼ばれる新しい Web ページ上で実行されます。オブ
ジェクトのスケジュール、オブジェクトの表示履歴、オブジェクトプロパティの設定、オブジェクトへのカテゴリの割り当て、
オブジェクトの送信などのアクションを実行しようとすると、ユーザは常にこのページに転送されます。
●
IOMS - コンテンツエクスプローラ Web パーツは、SharePoint のルックアンドフィールとよりよく連携するよう改良されま
した。そのため、構造およびツールバーには次のような特定の変更があります。
○
エクスプローラの本体に個別の [ツリー] パネルおよび [詳細] パネルはありません。単一の [一覧] パネルのみが、
行内のオブジェクトと列内のオブジェクトプロパティを表示します。
○
コンテンツエクスプローラのツールバーは、多くのタブとオプション用に変更されました。
[フォルダに切り替え] および [カテゴリに切り替え] オプションは、ツールバーの右端に配列されている 1 つの [ビ
ューモード] ドロップダウン項目に置き換えられました。ドロップダウンメニューには [フォルダビュー] と [カテゴリ
ビュー] の 2 つのオプションがあり、必要に応じて選択できます。
レポートデータに明示的な最新表示は必要ではないため、[最新表示] オプションは削除されました。レポートをク
リックするたびに、レポートには BI プラットフォームユニバースからの最新のデータが自動的に表示されます。
[追加] ボタンはなくなりました。
ローカルドキュメントをディレクトリ構造内の任意の場所でアップロードするための [アップロード] オプションが追
加されました。
52
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP2
[整理] および [送信先] は、[切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、および [送信] の各アクションにより実行される
[アクション] オプション内に配置されました。
[スケジュール]、[プロパティ]、[ビューの履歴]、[ディスカッション] などのユーザアクションは、[一覧] パネルのオ
ブジェクトの隣に表示されるファイルコンテキストメニューからも実行できるようになりました。
ツールバーの [検索] オプションはなくなりました。
○
SharePoint 2010 プラットフォームの場合、IOMS - コンテンツエクスプローラでは、ファイルやフォルダに対してさま
ざまなアクションを実行するためのリボンメニューも利用できます。ツールバーの代わりに、サイトページの上部に表
示されるリボンメニューを使用してさまざまなアクションを実行することができます。
●
IOMS - コンテンツエクスプローラ Web パーツおよび IOMS - 検索 Web パーツは、これらの Web パーツのプロパティを
●
[ユーザ基本設定] ページの [ユーザ基本設定] オプションが変更されました。-
設定することによってカスタマイズできます。
○
全般的初期設定は製品ロケール、現在のタイムゾーン、優先表示ロケール、およびパスワード設定にのみ含まれる
ようになりました。InfoView はこれらにないため、関連するすべての設定も削除されました。
○
全般基本設定 - XI 3.1 にあった [ドキュメントナビゲーションビュー]、[ドキュメント一覧の表示]、[ページあたりのオブ
ジェクト数 (最大) の設定] は削除され、現在は IOMS - コンテンツエクスプローラおよび IOMS - 検索の Web パー
ツプロパティによって設定されるようになりました。
○
Web Intelligence ユーザ基本設定 - [デフォルトの表示形式を選択] 設定オプションはなくなりました。1 つのツール
(リッチインターネットアプリケーション) のみで、ドキュメントと対話できます。
○
Crystal レポートのユーザ基本設定 - 新しいチェックボックスオプションの [SAP 変数の技術名の表示 (SAP
Crystal Reports 2011 のみ)] が一覧に追加されました。SAP データソースを介したレポートです。アプリケーション
実行時のプロンプト中に、このボックスが選択されている場合は、選択可能な変数の技術名が説明の代わりに表示
されます。
●
SharePoint サイトへのログイン用および Central Management Server (CMS) への接続用の個別の認証ページはなく
なりました。共通のログオンページを使用して、サイトへのログインおよび CMS への接続用のユーザの認証情報の認証
を行います。
●
Crystal Report スケジューリング
○
"言語" と呼ばれる新しいスケジュールオプションが Crystal Reports に追加されました。レポートは多言語でスケジ
ュールすることができます。
○
5.2.1
"パラメータ" スケジュールオプションの名前が "プロンプト" に変更されました。
Microsoft SharePoint のインストール事前要件
SAP BusinessObjects 4.0 サポートパッケージ 2 では、Integration Option for Microsoft SharePoint software は
Microsoft Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office SharePoint Server 2010 の両方をサポートします。
必要なプラットフォームアーキテクチャは 64 ビットです。また、SharePoint 管理サービスが稼働中である必要があります。
Integration Option をインストールする前に、次のソフトウェアアプリケーションのいずれかがシステムにインストールされて
いる必要があります。
●
Microsoft SharePoint Server 2010
●
Microsoft SharePoint Foundation 2010
●
Microsoft Office SharePoint Server 2007
●
Windows Sharepoint Services 3.0
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP2
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
53
システム要件のアップデート
オペレーティング システム
●
SharePoint Server 2007 の場合、64 ビットのオペレーティングシステムがサポートされます。
●
SharePoint Server 2010 の場合、Windows 2008 がサポートされます。
RAM:
●
SharePoint Server 2007: 3GB (最小) または 4GB (推奨)
●
SharePoint Server 2010: 8 GB
最小ディスク容量: 1.3 GB
すべての言語パックをインストールするために必要な空き容量: 1.4 GB (SharePoint 2007 および SharePoint 2010 いずれ
の場合も)
54
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 SP2
6
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 FP3 で提供されている機能強化については、SAP
BusinessObjects Business Intelligent Suite 4.0 FP3 の新機能の節を参照してください。
6.1 SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 FP3
へようこそ
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite は、データを有用な情報に変換し、それを最も必要とする人々に配信
するための包括的なツールセットです。 このスイートには、データのレポート作成、ドキュメントのスケジュールと配信、データ
の分析と閲覧、情報の表示と視覚化、これらすべてのタスクの管理、および独自のソリューションのカスタマイズを行うための
各種のツールが含まれます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite 4.0 FP3 では、次の改良が行われました。
●
新しい開発者ツール
FP3 リリースには、Crystal Reports と Business Intelligence プラットフォームに対応する RESTful Web サービスが導
入されました。 これには、組み込み Web アプリケーションで Crystal レポートを表示するための新しい JavaScript API
と、ユニバースおよび接続で管理タスクとセキュリティタスクを実行する Java アプリケーションを開発するための新しいセ
マンティックレイヤ Java SDK も含まれます。
●
SAP HANA サポート
SAP HANA データベースのサポートがスイート全体に導入されました。
●
SAP BW 統合
Analysis, edition for OLAP における新しいクロスタブ表示機能、Crystal Reports、Web Intelligence ドキュメント、
Dashboards における SAP BW クエリサポートの改善、ランドスケープ内の BW システム管理におけるライフサイクル管
理の強化など、スイートのクライアントツールとの SAP BW 統合が強化されました。
●
BI プラットフォームのバックアップとシステムコピー
システムがアクティブな状態にあるときに、BI プラットフォームデータのホットバックアップを実行できるようになりました。
既存の BI プラットフォームデプロイメントの完全コピーを作成できるようになりました。
●
OEM が可能
Crystal Reports および Business Intelligence プラットフォームのユーザインタフェースやインストールプログラムのカ
スタマイズが容易になり、ソフトウェア更新間のカスタマイズ内容の維持が容易になりました。
●
プラットフォーム検索
BI プラットフォームの検索機能に、改良された複数言語サポート、新しい検索構文オプションなどが導入されました。
●
モニタリング
BI プラットフォームのモニタリング機能に対して大きな改良が行われました。これには、新しいダッシュボード、リマインダ
アラート、新しい検索オプションなどが含まれます。
●
SAP StreamWork サポート
SAP StreamWork がより幅広くスイート全体に統合されました。これには、BI 起動パッドと BI ワークスペースの統合が
含まれます。 また、セントラル管理コンソール (CMC) のアプリケーションタブを使用して、SAP StreamWork の構成設
定を管理できるようになりました。
●
その他
詳細についてはこのガイドを参照してください。 新しい製品およびアプリケーションが最初にリストされ、続いて、既存の
製品およびアプリケーションに対する改良点の一覧が記載されています (アルファベット順)。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
55
注記
●
サポートされるプラットフォーム、データベース、Web アプリケーションサーバ、Web サーバ、およびこのリリースでサ
ポートされるその他のシステムの一覧については、Product Availability Matrix (サポートされるプラットフォーム/
PAR) を参照してください。このドキュメントは、SAP サポートポータルの SAP BusinessObjects のセクションにありま
す。https://service.sap.com/bosap-support
●
。
以前のリリースの機能については、SAP ヘルプポータル (http://help.sap.com) をご覧ください。
6.2
新しい製品およびアプリケーション
6.2.1
ス
Business Intelligence プラットフォーム RESTful Web サービ
Business Intelligence プラットフォーム RESTful Web サービスにより、HTTP プロトコルを使用して BI プラットフォームにア
クセスできます。 この Web サービスを使用すると、BI プラットフォームへのログオン、BI プラットフォームリポジトリへの移動、
リソースへのアクセス、および基本リソースのスケジュールを実行することができます。 HTTP プロトコルをサポートする任意
のプログラミング言語を使用するアプリケーションを記述するか、HTTP 要求の作成をサポートする任意のツールを使用する
ことで、この Web サービスにアクセスすることができます。
詳細については、Business Intelligence Platform RESTful Web Developer Guide を参照してください。
6.2.2
Crystal Reports JavaScript API
SAP Crystal Reports JavaScript API を使用すると、クライアント側にコンポーネントをインストールしなくても、Crystal レポ
ートコンテンツを組み込みの Web アプリケーションで表示することができます。 この JavaScript API を使用すると、レポート
ビューアをカスタマイズして、Crystal レポートコンテンツに対話性を追加することができます。 レポートは DHTML で生成され
るため、JavaScript を使用するすべての言語で、Web アプリケーションを開発することができます。
6.2.3
Crystal Reports RESTful Web サービス
SAP Crystal Reports RESTful Web サービスでは、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームリポジト
リで管理されているレポートデータを使用したり、このデータをモバイルデバイスや Web 対応テクノロジーに組み込むことが
できます。 XML 形式または JSON 形式でレポートコンテンツを取得して、RESTful API や OData サービスを使用してレポー
トを操作することができます。 RESTful Web サービスを使用すると、好みの開発言語を使用してアプリケーションを作成でき
ます。
56
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
6.2.4
セマンティックレイヤ Java SDK
セマンティックレイヤ Java SDK を使用すると、ユニバースおよび接続上で管理タスクとセキュリティタスクを実行する Java ア
プリケーションを開発することができます。 たとえば、ユニバースをリポジトリに公開するサービスや、セキュリティ保護された
接続をリポジトリから取得してワークスペースに渡すサービスを実装できます。 このアプリケーションは、SAP
BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームが OEM として統合されている Business Intelligence ソリューシ
ョンに埋め込むことができます。
注記
セマンティックレイヤ Java SDK は、BI プラットフォーム 4.0 機能パック 3 に含まれています。 過去のリリースに対するパッ
チとしては提供されません。
詳しい説明は、次のドキュメンテーションを参照してください:
●
セマンティックレイヤ Java SDK 開発者ガイド
●
セマンティックレイヤ Java SDK HTML リファレンス
6.3
既存の製品およびアプリケーション
6.3.1
Analysis, edition for OLAP
SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP が提供するパワフルな Web ベースの OLAP 分析ツールによって、ビジ
ネスデータへの見識が深まり、企業の業績に影響するインテリジェントな決断が可能になります。
Analysis, edition for OLAP の新機能
●
新しい分析機能
●
追加データソースのサポート
6.3.1.1
新機能
SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP で、次の新しい分析機能が使用できるようになりました。
●
フォーカス分析
フォーカス分析では、メインのクロスタブデータのサブセットを選択して、サブ分析チャートまたはクロスタブでそのサブセ
ットのみを表示することができます。 これにより、メインのクロスタブでビューを再定義しなくても、メインのクロスタブでは
他のデータによって見えなくなっていたデータに注目することができます。
サブ分析は、メインの分析からリンク解除して、後で分析を継続することができる、ブックマークまたはスナップショットとし
てとらえることができます。
●
次をピボット
データに異常を検出したときに、"次をピボット" 機能を使用して、異常の根本原因を見つけるためにデータを調査すること
ができます。 次をピボット機能では、現在クロスタブにあるメンバーを固定またはフィルタすることができ、同時にそのメン
バーの階層を、調査する他の階層で置き換えることができます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
57
●
表示属性のサポート (SAP BW および SAP HANA データソースを使用する場合のみ)
表示属性は、各階層に関連付けられた追加のメタデータのことです。 クロスタブに表示属性を設定して分析に役立てた
り、これらを使用してメンバーの選択およびフィルタに役立てることができます。
●
コンパクト軸の表示 (SAP BW データソースを使用する場合のみ)
軸にネストされた階層がある場合、複数の階層を 1 つにマージすることができます。 1 つの軸にコンパクト化すると、複数
の階層が 1 つのツリー構造に折りたたまれます。このツリー構造は、軸上で場所をあまりとらないので、メンバー間をより
簡単に移動することができます。
6.3.1.2
新規のデータ ソース
SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP で、次の追加データソースがサポートされるようになりました。
●
SAP HANA (メモリ内コンピューティング)
●
SAP BusinessObjects Planning and Consolidation for the SAP NetWeaver Platform 10
●
SAP BusinessObjects Planning and Consolidation for the Microsoft Platform 10
●
SAP BusinessObjects Profitability and Cost Management 10
6.3.2
ビジネスインテリジェンスプラットフォーム
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームは、パフォーマンスマネジメント、レポーティング、クエリ、およ
び分析アプリケーションを幅広くサポートします。 アーキテクチャとプラットフォームがあり、セマンティックレイヤ、データ統合、
およびセキュリティをサポートします。 BI プラットフォームでは、Web を使ったシステム全体の管理および設定も実現します。
ここでは、このリリースの新機能と拡張された機能について説明します。
6.3.2.1
●
インストール、アップグレード、およびデプロイメント
アップグレードマネジメントツール
○
CMS 間または .BIAR ファイルから CMS へのインクリメントアップグレード中に、接続およびユニバースが上書きさ
れないように除外することができます。 このオプションが使用できるのは、接続またはユニバースが最後のアップグ
レード以降変更されていて、レポートドキュメントのみは上書きするが、依存される接続またはユニバースが出力先
CMS にすでに存在する場合です。
○
インクリメンタルアップグレード中に、ユーザフォルダを明示的に選択したり、選択解除することができるようになりま
した。 このオプションが使用できるのは、ユーザはインポートするが、ユーザが依存するユーザフォルダはインポート
しない場合です。
詳細については、Business Intelligence プラットフォームアップグレードガイドの“インクリメンタルアップグレード”の章を
参照してください。
●
SQL Anywhere
○
58
BI プラットフォーム では、SQL Anywhere がサポートされるようになりました。
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
○
Unix デプロイメントでは、ノード管理操作用に SQL Anywhere を ODBC データソースとして使用する前に
odbc.ini ファイルを作成してこれをソースする必要があります。 詳細については、Business Intelligence プラット
フォーム管理者ガイドの“ノードの管理”の章を参照してください。
6.3.2.2
●
システム管理
ホットバックアップ: システムがアクティブな状態にあるときに、BI プラットフォームデータのバックアップを実行できるように
なりました。 詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム管理者ガイドの“バックアッ
プと復元”に関する章を参照してください。
●
システムコピー: 既存の BI プラットフォームデプロイメントの完全コピーをシステム管理者が作成できるようになりました。
このコピーは、その後、元のように実行され、テストまたはバックアップの目的で使用されます。 SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォーム管理者ガイドの“デプロイメントのコピー”に関する章を参照してください。
●
委任管理: 優先度が高いタスクにのみ注力するシステム管理者は、委任管理者を作成して、管理タスクのサブセットを割
り当てることができます。 委任管理者は制限されたタスクセットを実行し、システムのオブジェクトに対してより少ない権限
を持ちます。 ユーザ経験およびワークフローを向上させるために、委任管理者 (または主体) が使用しない CMC タブ
を、システム管理者が非表示にすることがあります。 詳細については、Business Intelligence プラットフォーム管理者ガ
イドの“CMC タブアクセスの管理”の章を参照してください。
●
Insight to Action: Insight to Action フレームワークには、レポート間インタフェース (RRI) アクセスに SAP BW クエリを
データソースとして使用する、SAP Crystal Reports と SAP BusinessObjects Dashboards 共通のインタフェースが用
意されています。 Adaptive Processing Server のサービスである Insight to Action サービスは、CMC から設定できま
す。 詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite マスタガイドの“Insight to Action フレームワ
ーク”に関する節を参照してください。
●
SAP StreamWork 統合設定アプリケーションが、CMC のアプリケーション管理領域に追加されました。 このアプリケー
ションは、システム管理者が SAP StreamWork と BI 起動パッドの統合を有効にする各種のセキュリティパラメータを設
定するために使用します。
●
ユーザ属性管理領域が CMC に追加され、BI プラットフォームユーザの追加属性を、システム管理者が追加またはマッ
プすることができます。 拡張された属性は、レポーティングを目的として使用するか、開発者が SDK を使用して使用する
ことができます。
6.3.2.3
●
BI 起動パッド
SAP StreamWork の統合: SAP StreamWork のソーシャルメディア機能とアクティビティコラボレーション機能が、BI 起
動パッドに統合されました。 SAP StreamWork フィードを使用してホームタブをカスタマイズし、パブリックドキュメントに
対するコメントを投稿して追跡したり、SAP StreamWork アクティビティに対してドキュメントを送信したりスケジュールし
たりできます。 詳細については、SAP BusinessObjects Business Intelligence 起動パッドユーザガイドの“SAP
StreamWork の使用”の節を参照してください。
●
パブリケーションソースドキュメントのパーソナライズされたプレースホルダ: パブリケーションのソースドキュメント名を、特
定の受信者のドキュメントをフィルタするのに使用されるパラメータに基づいて、パーソナライズすることができます。 詳細
については、SAP BusinessObjects Business Intelligence 起動パッドユーザガイドおよび SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォームユーザガイドの“パブリケーションソースドキュメント名のパーソナライズされたプレ
ースホルダ”を参照してください。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
59
●
パブリケーション宛先のパーソナライズされたプレースホルダ: 電子メールの宛先オプションを、特定の受信者のドキュメ
ントをフィルタするのに使用されるパラメータに基づいて、パーソナライズすることができます。 詳細については、SAP
BusinessObjects Business Intelligence 起動パッドユーザガイドおよび SAP BusinessObjects Business Intelligence
プラットフォームユーザガイドの“電子メールフィールドのパーソナライズされたプレースホルダ”を参照してください。
●
BCC フィールド: オブジェクトまたはインスタンスの公開用、スケジュール用、または送信用の出力先として電子メールを
選択した場合に、BCC フィールドで非公開の受信者を指定することができます。
6.3.2.4
ライフサイクルマネジメント
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP3 リリースでは、ライフサイクルマネジメントが昇格管理とバ
ージョン管理の 2 つのアプリケーションに分割されました。 SAP BusinessObjects Enterprise 4.0 FP3 の昇格管理アプリケ
ーションには、ビジネスインテリジェンス (BI) リソースのリポジトリ間移動、リソースの依存関係の管理を行い、出力先システ
ムで昇格されたリソースをロールバックする機能があります。 バージョン管理アプリケーションを使用すると、ユーザが異なる
バージョンの BI リソースを管理することができます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP 3 リリースでは、この領域に次の改良点が導入されました。
●
ユーザビリティの改良点: UI の統合されたコンテンツ、新しいオブジェクトの昇格 (完了したインスタンス、受信トレイおよ
びお気に入りコンテンツ)、昇格テストフィルタ、既存のジョブを上書きしないジョブのインポート、LCM ジョブのバージョン
管理、定期的ジョブでのコンテンツの動的な更新、新しいスケジュールオプション、新しい VMS のテストおよび削除オプ
ション、SubVersion コンテンツのアップグレード。
●
セキュリティの改良点: 昇格およびバージョン管理可能な内容に関して従来よりも詳細なコントロールをユーザに提供す
る、新しい権限セット。
●
構成設定: 標準の BIAR ファイルのインポート、FTP の保存場所に対する LCMBIAR のエクスポートまたはインポート、
ユニバースおよびオーバーロードのバージョン管理、Web サービスを追加するための新しい CTS 設定オプションの使
用、およびランドスケープでの BW システム管理。
6.3.2.4.1
ユーザビリティの改良点
●
LCM と CMC の統合: LifeCycle Manager が、昇格管理およびバージョン管理という 2 つの個別タブとして CMC に統
●
受信トレイおよびお気に入り昇格のサポート: 受信トレイとお気に入りコンテンツを昇格できるようになりました。
●
完了したインスタンスの昇格: オプションを有効にすると、ジョブで完了したインスタンスを昇格することができるようになり
●
テスト昇格フィルタ: 任意のオブジェクトの昇格テストステータスに、より簡単にアクセスするため、成功、失敗、一部成功、
合されました。
ました。
および警告に関する個別のフィルタが昇格テストに追加されました。
●
新しい CUID を使用するインポート: リポジトリの既存のジョブを上書きせずにジョブをインポートできるようになりました。
●
新しいコンテンツを動的に昇格する定期的ジョブ: 新しいコンテンツが定期的に実行されるジョブの保存場所に追加され
た場合、次の実行時に、この新しいコンテンツがジョブに動的に追加されるようになりました。
●
上書き設定スキャン: 上書き設定の新しいスキャンオプションによって、上書きの昇格が失敗したときに、ジョブの概要に
上書き一覧を表示できるようになりました。
60
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
●
新しいスケジュールオプション: 昇格用に LCMBIAR ファイルのエクスポートをスケジュールできるようになりました。 ま
た、新しいスケジュールオプションが追加されました。このスケジュールオプションで、CMC で提供されるほとんどのオプ
ションがサポートされるようになりました。
●
VMS の新しい削除オプション: バージョン管理システムの新しい削除オプションでは、VMS リポジトリからすべてのバー
ジョン管理対象コンテンツを削除できます。
●
VMS の VMS のテストオプション: バージョン管理システムの新しい VMS のテストオプションでは、VMS 設定の構成を完
●
LCM ジョブのバージョン管理: LCM ジョブを、バージョン管理のバージョンに使用することができます。
●
バージョン管理での VisualDifference の統合: バージョン管理された 2 つの BI リソースのバージョンの差異を表示でき
了する前に VMS 設定を検証できます。
ます。 現在は、LCM ジョブの 2 つのバージョンの比較がサポートされています。
●
CMC および昇格タブからの VMS アクションの実行: 追加、チェックイン、改訂の取得などのバージョン管理アクティビティ
を、CMC および昇格タブから実行できるようになりました。
●
SubVersion コンテンツのアップグレード: 以前のバージョンの BusinessObjects プラットフォームを使用して作成された
古い SubVersion コンテンツがある場合、コンテンツを最新バージョンにアップグレードすることができます。
6.3.2.4.2
●
セキュリティの改良点
昇格およびバージョン管理に関する新しい権限: 新しい権限セットが提供されました。これらの権限によって、昇格および
バージョン管理可能な内容に関してより詳細なコントロールが提供されます。
6.3.2.4.3
●
構成設定
標準 BIAR のインポート: 標準 BIAR ファイルをインポートできるようになりました。 BIAR ファイルのすべてのコンテンツ
は、ジョブの一次オブジェクトとして追加されます。 依存を識別することはできません。
●
LCMBIAR の FTP の保存場所へのエクスポートまたはインポート: FTP の保存場所からのコンテンツのエクスポートまた
はインポートが、昇格管理アプリケーションでサポートされるようになりました。
●
サブバージョン用 HTTP プロトコル: HTTP プロトコルを使用してサブバージョンリポジトリにアクセスできるようになりまし
た。 HTTP プロトコルと SVN プロトコルを切り替えることができます。
●
CTS+ 設定オプション: CTS 設定オプションが、昇格管理アプリケーションで使用できるようになりました。 このオプション
を使用して、ランドスケープ内で Web サービスを追加したり BW システムを管理したりすることができます。
●
ユニバースおよびオーバーロードのバージョン管理: ユニバースのバージョン管理を行うと、そのオーバーロードのバージ
ョン管理も実行されます。 デフォルトでは、ユニバースで実行されるすべての VMS 操作が、そのオーバーロードに対して
も実行されます。
6.3.2.5
モニタリング
SAP BusinessObjects Enterprise 4.0 FP3 のモニタリングアプリケーションは、レポーティングと通知について、Business
Intelligence サーバのランタイムメトリクスおよび履歴メトリクスを取得します。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
61
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP 3 リリースでは、モニタリングコンポーネントに次の改良点が
導入されました。
●
ユーザビリティの改良点: トポロジモジュールを持つ新しいダッシュボード、監視を管理する拡張機能、グラフのスナップシ
ョット、リマインダアラート、監視を容易に検索する機能。
●
機能の改良点: プローブの作成と管理、直感的なレポートを生成する新しいモニタリングユニバースの使用、派生メトリク
スの作成など。
6.3.2.5.1
●
ユーザビリティの改良点
新しいダッシュボード: 新しいモニタリングダッシュボードには、SAP Business Intelligence プラットフォームランドスケー
プ、全体ヘルスステータス、KPI、最近のアラート、および最近の失敗が含まれます。
●
ダッシュボードのトポロジモジュール: ダッシュボードでは、サーバグループ、サービスカテゴリ、および Enterprise ノード
に基づいて、グラフィック形式と表形式の両方で BOE デプロイメントを表示できます。
●
ミニビューウィンドウ: ダッシュボードのミニビューでは、オブジェクトのピアノードまたは親ノードを選択して、それに対応す
る詳細を表示することができます。
●
統合されたヘルスステータス: 新しい全体ヘルスステータスペインには、Business Intelligence プラットフォームデプロイ
メント全体の全体ヘルスステータスが表示されます。 ここから、各サービスのステータスに直接ドリルダウンすることがで
きます。
●
最近のアラート: 最近のアラートタブにアラートステータスがリストされます。
●
KPI 一覧への監視の追加: 監視を右クリックして、KPI 一覧に追加できます。 この監視は、KPI の選択一覧に表示されま
す。
●
メトリクスページからの監視の作成: ユーザは複数のメトリクスを選択し、監視の作成オプションを使用して、新しい監視を
素早く作成することができます。
●
●
複数の監視の削除: ユーザは複数の監視を選択して、次のアクションを実行することができます。
○
KPI 一覧に追加または KPI 一覧から削除する。
○
お気に入りに追加またはお気に入りから削除する。
○
複数の監視を無効化または有効化する。
○
複数の監視を同時に削除する。
グラフのスナップショットと注釈: メトリクスのグラフのスナップショットをトラブルシューティングの補助として使用できます。
たとえば、関心のあるグラフのパターン、その原因およびアクションを記録しておき、後で類似パターンが発生したときに、
同じものを取り出すことができます。 これは、その問題の原因とアクションを容易に特定するのに役立ちます。
●
KPI ステータスペイン: KPI ステータスペインには、ユーザの選択に基づいて KPI が表示されます。 表示される KPI をカ
スタマイズして、根本的原因分析を実行する情報を活用できます。
●
アラート: メトリクス情報を含められるようにアラートが拡張されました。 アラートに基づいて電子メール通知を設定するこ
ともできます。
●
リマインダアラート: ユーザが最初のアラートに応答しないときにリマインダアラートが送信されます。 たとえば、監視がし
きい値に達した後でアラートが送信されたと仮定した場合、アラートが送信された最初の段階でアラートを確認しないと、
リマインダアラートが送信されます。 リマインダアラートが送信される頻度を設定できます。
●
検索: 監視名またはメトリクス名を使用して、既存の監視を検索することができます。
●
監視: 監視プロパティページで監視に関連するメトリクスのグラフ全体をユーザが確認できるようになりました。 監視ルー
ルページに個々のメトリクスに関するグラフがリストされ、このページのドリルダウンタブに実行済みジョブの一覧が表示
されます。
62
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
6.3.2.5.2
●
モニタリング機能の改良点
新しいプローブを登録する機能: システム管理者が独自のスクリプトを作成し、それをプローブとして実行して、メトリクス
の作成に使用できるようになりました。 システム管理者は、Java ベースのスクリプトプローブを追加することもできます。
スクリプトプローブは、CLI を使用しても追加することができます。
●
プローブの管理: ユーザがプローブをスケジュール、編集、および削除できるようになりました。
●
異なるトレンド DB のサポート: モニタリングアプリケーションで複数のデータベースをサポートするようになりました。 デー
タベースに監査が設定されている場合、同じデータベースに対してトレンドも設定することができます。 サポートされてい
る次のデータベースのいずれかを選択して、監査データを保存することができます。
●
○
DB2
○
MySQL
○
Sybase DB
○
MS SQL
○
Max DB
○
Oracle DB
○
SQL Anywhere DB
新しいモニタリングユニバース: パッケージの一部となったモニタリングユニバースを使用して、直感的なレポートを作成
し、モニタリング情報を確認できます。モニタリング情報には、監視データのレポート、監視のトレンド、一定期間の監視の
動作、トレンドのプローブ、メトリクスに対する監視のドリルダウンなどがあります。
●
派生メトリクス: システム管理者は、複数サーバにわたるメトリクスから派生メトリクスを作成することができます。 作成さ
れた派生メトリクスをユーザが UI で削除することもできます。
●
メトリクスのモニタリング: CMS クエリメトリクスがメトリクス一覧に表示されるようになりました。
●
古いデータの移行: モニタリングアプリケーションの新しいエクスポートオプションを使用することで、以前のデプロイメント
シナリオから履歴情報を移行することができます。
6.3.2.6
プラットフォーム検索
SAP BusinessObjects Enterprise 4.0 FP3 のプラットフォーム検索アプリケーションを使用して、SAP BusinessObjects
Enterprise リポジトリ内におけるコンテンツを検索することができます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP 3 リリースでは、プラットフォーム検索アプリケーションに次
の改良点が導入されました。
●
機能の改良点: 複数言語サポート、新しいアーティファクトのサポート、名前または電子メール ID または CUID を使用す
る検索、拡張された検索構文、新しいオンラインホットバックアップツール。
6.3.2.6.1
●
機能の改良点
新しいアーティファクトのサポート: プラットフォーム検索で、BIW や CR Next Gen コンテンツなどの新しいアーティファクト
の検索がサポートされるようになりました。
●
拡張された検索オプション: ドキュメントの ID または CUID を使用することで、ユーザがアーティファクトを検索できます。
ユーザは、ユーザ名属性および電子メール ID 属性を使用することで、コンテンツを検索することもできます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
63
●
検索結果順位の正規化: プラットフォーム検索で、上位の結果を生成するために優先すべきカテゴリをシステム管理者が
決定できるようになりました。
●
拡張された検索構文: 拡張された新しい検索構文は、次の理由で、より効果的な検索結果を提供します。
○
AND、OR、BRACKET ({}) などの字句演算子をサポートします。 複数の括弧がサポートされるようになったため、一
度の検索に異なる複数の条件を設定できます。
○
デフォルトの演算子として、AND ではなく OR を使用します。 その結果、より多くの結果が生成され、適切なアーティ
ファクトを検出する可能性が高まります。
●
多言語サポート: プラットフォーム検索では、コンテンツのインデックス処理、検索結果の取得、希望言語での提案の取得
に対する多言語サポートが用意されています。 検索はクライアントの製品ロケール設定を基に行われ、取得された検索
結果によってクライアントの製品ロケールのコンテンツに対して高い重要度が与えられます。
●
ファセットの改良: 新しいファセット 'すべて' が '最新表示時刻' カテゴリに追加されました。 このオプションでは、最新表示
●
オンラインホットバックアップツール: オンラインホットバックアップツールが、プラットフォーム検索で、インデックスと関連
時刻にかかわらず、すべてのドキュメントが表示されます。
付けられたデータファイルのバックアップを生成するため、ユーザは特定の復元ポイントに戻ることができます。
6.3.3
BI ワークスペース
BI ワークスペースは、BI 起動パッドに統合された Web アプリケーションです。 ビジネスのアクティビティとパフォーマンスを監
視して追跡するのに必要な情報の収集と保守を行うことができます。
4.0 FP3 リリースの BI ワークスペースでは、次の改良が行われました。
●
パフォーマンスの改善:
BI ワークスペースの機能の無駄をなくす改善を実行
●
ユーザビリティに注力:
アクセシビリティとユーザの親しみやすさを向上するためにユーザインタフェースを変更
●
機能の拡張:
既存の機能に新しい能力を追加
●
新機能
BI ワークスペースの適用範囲を広げる新機能
BI ワークスペースの詳細については、BI ワークスペース作成スタートアップガイドまたは SAP BusinessObjects Business
Intelligence プラットフォームの BI ワークスペースユーザガイドを参照してください。
6.3.3.1
●
パフォーマンスの改善
このリリースでは、BI ワークスペースサーバ (Dashboard サーバおよびアナリティクスサーバ) が CMC から削除されま
した。 この機能は、Java BI ワークスペースバンドルによって置換されました。 この結果、次のことが実現されました。
○
サーバ設定が削除されインストールの無駄がなくなったことによる総所有コストの削減
○
通信レイヤを削除したことによるパフォーマンスとスケーラビリティの改善
●
ユーザは、別々にリストされた BI ワークスペースのログとトレースを、SAP ログビューアで表示できるようになりました。
●
BI ワークスペースが Mozilla Firefox 4 および Microsoft Internet Explorer 9 で実行されるようになりました。
64
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
●
パフォーマンスを向上させるその他の改良点には、編集時間を短縮するために、アプレットエディタを HTML に移行した
ことがあげられます。
6.3.3.2
●
ユーザビリティに注力
ワークスペースとモジュールの同時編集が可能になりました。 これにより、複数のユーザが同じワークスペースやモジュ
ールを同時に開いたり編集したりできます。 同一セッションの他のユーザによってすでに変更済みのモジュール、ワーク
スペース、またはワークスペースタブを保存または変更しようとするユーザに通知が送信されます。
●
ワークスペース、タブ、およびサブタブの名前は、トランスレーションマネジメントツールを使用して翻訳されます。 ユーザ
がターゲット言語の PVL を選択すると、データは PVL を使用して表示されます。 ユーザがターゲット言語ではない PVL
を選択すると、データは自動的にデフォルトのロケールで表示されます。
●
次のアクセシビリティギャップが対処されました。
○
JAWS がモジュール名をアナウンスします。
○
JAWS がタブ名をリンクとして扱うのではなくアナウンスします。 これにより、ワークスペースの構造が明確化されま
す。
○
上キー、下キー、左キー、右キー、およびスペースバーを使用して、ワークスペースナビゲーションが改善されまし
た。
●
モジュールライブラリにプライベートモジュールタブが追加されました。
●
外部のモジュールやレポートのコンテンツの編集ダイアログボックスとビューアモジュールそのものが次のように改良され
ました。
●
○
表示するレポートを選択できるように、ドキュメント一覧オプションにプライベートフォルダとパブリックフォルダ
両方のツリーが表示されます。
○
レポート固有のオプションが各レポートタイプ向けに更新されました。
○
最新表示オプションで、オンザフライで表示されるツリーの内容が更新されます。
ナビゲーション一覧モジュールのコンテンツの編集ダイアログボックスからレポートモジュールを直接編集できるようにな
りました。
6.3.3.3
●
機能の拡張
BI ワークスペースのコンテンツリンク関数により、Web ページモジュールの入力ポートパラメータと出力ポートパラメータ
の両方を使用できるようになりました。 ページの URL パラメータが IPC パラメータとして公開されました。
さらに、他のモジュールの出力ポートパラメータを Web ページの入力ポートパラメータにマッピングするために、詳細マッ
ピングが使用されます。 これにより、レポートを外部サイトまたはカスタム開発に接続できます。
●
表示されたワークスペースを印刷することができます。 スタンドアロンモジュールの印刷はサポートされていません。
6.3.3.4
●
新機能
BI 起動パッド用に定義されたスタイルを一致させるために、BI ワークスペースで BI 起動パッドのホームページのカスタ
マイズをサポートするようになりました。 カスタマイズを実行するには、モジュールか BI ワークスペースの CSS ファイル
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
65
を変更して、異なる BI 起動パッドのテーマのレイアウト、色、およびフォントを一致させます。同様にイメージを追加する
オプションも使用します。 カスタマイズはデプロイメントごとに実装されます。
●
BI 起動パッドの代替ホームページを作成するために、SAP StreamWork Feed モジュールを BI ワークスペースまたは
複合モジュールに統合できるようになりました。 StreamWork モジュールは、モジュールライブラリの 2 つ目のタブ BI 起
動パッドモジュールからワークスペースまたはモジュールに追加されます。
6.3.4
Crystal Reports for Enterprise
このリリースでは、SAP Crystal Reports for Enterprise に新しい機能が追加されました。
●
Crystal Reports for Enterprise で、次の 3 つの新しいチャートタイプが使用できるようになりました。
○
タグクラウド: ディメンションのクラウドを表示
○
ツリーマップ: サイズ別のディメンションの重要度
○
ボックスプロット: 一度に 5 つのディメンションのチャートを作成
●
レポートのデータをドリルダウンするときに、一連のタブではなくブレッドクラムトレイルとして、ナビゲーションパスが表示
されるようになりました。 ドリルの履歴はビューアに保存されます。
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム (BI プラットフォーム) のリレーショナル接続により、簡易
なレポートオーサリング、デプロイメント、および管理が可能です。 接続を一度作成すると、複数の Crystal Reports for
Enterprise デザイナで使用できます。
●
BI プラットフォームでリレーショナル接続データソースを使用することに加え、次のいずれかのデータソースに直接接続す
ることで BI プラットフォームをバイパスするレポートを作成できます。
○
ODBC
○
JDBC
○
MySQL
○
OLE DB
○
DB2
○
Microsoft SQL Server
○
Microsoft Access
○
Microsoft Excel
○
Sybase
○
Teradata
●
オンラインカタログによって、独自のチャート作成時に開始点として使用できる、複数のレポートテンプレートが提供されま
す。 このカタログは定期的に更新されます。
●
データソース間で変更を行うときに、新しいデータソースにフィールドをマップするかどうか選択できます。 このワークフロ
ーは、データソース内に明確な一致を持つフィールドに対して、限定された自動マッピングを実現します。 残りのフィール
ドについては、手動でマッピングを行うか、プレースホルダ式を使用して有効な一致を持たないすべてのフィールドのレポ
ートの保存場所を保持することができます。
●
アクションとレポートオブジェクトをバインドして、レポートからアクションを起動できるようになりました。 これは、クエリに基
●
Crystal Reports のオフラインコンテンツは、SAP BusinessObjects Mobile for iPad を介して利用できます。 SAP
づくレポートに対してサポートされます。
BusinessObjects Mobile 内では、最新のインスタンスを表示するか、または Crystal Reports コンテンツを PDF ドキュ
メントとして最新表示することができます。
66
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
6.3.5
Dashboards
Dashboards は、対話型のダッシュボードを Excel スプレッドシートまたは他の外部データソースから作成して、エクスポート
できるデータビジュアライゼーションソフトウェアです。 これらのダッシュボードには、チャート、メーター、ダイヤルなど、データ
ソースに接続されたさまざまなコンポーネントが含まれています。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームの 4.0 機能パック 3 リリースでは、Dashboards に対して次
の改良点が導入されました。
●
新しくサポートされた外部接続: サードパーティの OLAP ソース、クエリを介した BI プラットフォームへの接続、およびモ
デルを Flash Island として使用する Web Dynpro アプリケーションへの接続など。
●
階層データのサポート: 階層データを階層テーブルコンポーネントおよびクエリプロンプトセレクタコンポーネントにバイン
●
拡張されたチャートコンポーネント: 複数のシリーズデータを表示する組み合わせチャートコンポーネントで視覚的なアラ
ドできるようになりました。
ートを有効化できるようになり、ウォーターフォールチャートコンポーネントが追加されました。
●
Adobe Flex 4 でアドオンコンポーネントを開発できるようになりました。
6.3.5.1
●
外部接続
サードパーティの OLAP ソースへの接続が可能になりました。 SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフ
ォームのユニバース (UNX ファイル) には、Dashboards のクエリビルダパネルを介して接続します。
●
SAP NetWeaver Business Warehouse への接続が可能になりました。 Business Warehouse のクエリには、
Dashboards のクエリビルダパネルを介して接続します。 接続には SAP BusinessObjects Business Intelligence プラ
ットフォームが必要ですが、NetWeaver Java BI Server は必要ありません。
●
NetWeaver Flash Islands への接続が可能になりました。 エクスポートした Dashboards モデル (SWF ファイル) を、
Flash Island として Web Dynpro アプリケーションに組み込みます。
6.3.5.2
●
階層データのサポート
Dashboards のクエリブラウザパネルを使用して、BEx クエリまたはユニバースファイルから階層結果オブジェクトを選択
できるようになりました。 メンバーを個別に選択したり、階層レベルで選択したりすることができ、クエリプロンプトとこれら
の結果オブジェクトの BEx クエリで定義された BW 変数の値を設定できます。
●
クエリプロンプトセレクタコンポーネントが使用できるようになりました。 クエリプロンプトセレクタではデータを階層形式で
表示することができ、ユーザは階層の参照、異なるレベルの展開と折りたたみを行うことができ、個別のメンバーを選択
するか、子のエントリセット全体を選択することができます。
●
階層テーブルコンポーネントが使用できるようになりました。ユーザは階層クエリデータを表示することができます。 この
コンポーネントは、ユーザが選択した 1 つ以上のエントリを埋め込みスプレッドシートまたはクエリプロンプトに挿入するよ
うに設定することができます。
●
モデルで BEx クエリデータソースを使用する場合、階層テーブルコンポーネントをレポート間インタフェースの送信者とし
て動作させることができます。 テーブルの各行から、外部リソースの一覧を開いてそれらのリソースの 1 つに移動するこ
とができます。 レポート間インタフェースでは、ユーザが行に関連するコンテキスト情報を表示できるように、テーブル行
から出力先リソースに対してコンテキスト情報を渡すこともできます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
67
6.3.5.3
●
チャートコンポーネントの拡張
以前のバージョンの Dashboards では、視覚的なアラートは単一のデータシリーズが設定されたチャートでしか使用でき
ませんでした。 複数のデータシリーズが設定された組み合わせチャートコンポーネントのアラートを設定して、ユーザが 1
つのチャートで複数のメトリクスを評価するのを支援できるようになりました。
●
ウォータフォールチャートコンポーネントが使用できるようになりました。 このチャートを使用すると、初期データ値に対す
る複数回の変更による累積効果を分析することができます。 初期値と最終値が全体列として表示され、他の値は以前の
値に対する正または負の変化を表示する部分列になります。
6.3.5.4
●
Adobe Flex 4 アドオン開発
Dashboards 用に作成されたアドオンコンポーネントを、Adobe Flex 4 を使用して開発できるようになりました。
注記
Adobe Flex 2 で開発された既存のアドオンは、Dashboards 4.0 機能パック 3 で操作できるように Flex 4.0 にアップ
グレードする必要があります。
6.3.6
データアクセス
Connection Server は、SAP BusinessObjects アプリケーションとデータソースとの間の接続を管理するデータアクセスソフ
トウェアです。 詳細については、データアクセスガイドを参照してください。
6.3.6.1
データソース
●
このリリースでは、新しいデータソースがサポートされます。 詳細については、製品出荷マトリックスを参照してください。
●
次の接続の新しいデータアクセスドライバが提供されます。
○
すべてのプラットフォーム上の SAP JCo 3.x API を含む SAP ERP システム (SAP R/3 リリース 4、mySAP ERP
2004、および SAP ERP 6)
○
●
BusinessObjects OpenConnectivity を使用する CSV ファイル
Connection Server はパッケージ内の Oracle ストアドプロシージャをサポートします。
6.3.6.2
シングルサインオン
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームは、次の接続に対応するシングルサインオン (SSO) 認証を
提供するようになりました。
68
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
●
すべてのプラットフォームの OCI 経由の Oracle EBS
●
すべてのプラットフォームの SAP Java Connectivity (JCo) 3.x を使用する SAP ERP システム
●
MS Windows および Linux プラットフォームの JDBC を介した SAP HANA データベース 1.0 SP3
6.3.6.3
パフォーマンスモニタリング
ODBC および JDBC を介した SAP HANA 接続のため、CA Wily Introscope によるエンドツーエンドトレースが提供されま
す。
6.3.6.4
接続サービス
●
Connection Server のサーバモードには、負荷バランシングメカニズムが実装されています。
●
ネイティブの接続サービス (64 ビット) では、MS Windows の HOARD メモリ割り当て機能を使用できます。
6.3.6.5
●
データ型
データアクセスドライバは、ODBC、JDBC、OCI、CTLib、DB2 CAE、および OLE DB の各種ネットワークレイヤを介し
て、バイナリおよび文字の大きな変数長データ型をサポートします。
注記
これらのデータ型のサポートは、Crystal Reports アプリケーションにのみ追加されました。
●
レポートの通貨記号を適切に表示するために、データアクセスドライバでは MONEY データ型と CURRENCY データ型を
サポートします。
6.3.7
Explorer
SAP BusinessObjects Explorer とは、ビジネス上の質問に対する回答を企業データから迅速に取得できるデータ発見アプ
リケーションです。 情報スペースと呼ばれる、整合性があり有効なデータセット内の関連データを見つけるために、直感的な
検索エンジンを使用します。 チャート、テーブル、グラフなどの視覚ツールを用いてデータを閲覧したり視覚化して、データの
表現方法を最適化します。 情報スペースの閲覧は情報ビューとして保存され、これらは情報ビューセットというフォルダ内で主
題別に整理されます。 情報スペースとビューセットは、開発中の情報ニーズに従って、容易にアクセスしたり変更したりするこ
とができます。
SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP3 リリースで、閲覧ビューが導入されます。 これによって、情
報スペースの閲覧を保存したり整理したりすることができます。 データを物理的な地図上で直接視覚化することができる、地
域分析タイプも新しく導入されました。 特定のチャートでは、分析に第 2 ディメンションを含めることができるため、データ分析
が改善されました。 ユーザインタフェースも改良され、検索機能が拡張されました。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
69
次のセクションでは、これらの改良点について説明します。 詳細については、SAP BusinessObjects Explorer オンラインヘ
ルプを参照してください。
6.3.7.1
●
閲覧ビュー
閲覧ビュー: 閲覧ビューは、情報スペースに保存された閲覧のことです。 対象とする分析やデータのビジュアライゼーショ
ンを公開、閲覧、および保存するために、1 つまたは複数の閲覧ビューを作成できるようになりました。 閲覧ビューは、1
つのデータソースに基づくもので、閲覧ビューセット内に保存されます。
●
閲覧ビューセット: 各種の閲覧ビューは、閲覧ビューセット内に保存および整理されます。 閲覧ビューセットを、主題別に
グループ化した一連の閲覧ビューのコンテナとして作成することができます。 閲覧ビューセットには、同一のデータソース
にアクセスする閲覧ビューも、異なるデータソースにアクセスするデータソースも別々に含めることができます。 閲覧ビュ
ーセットは、情報スペースとともに、Explorer のホームページからアクセスできます。
●
ビュー要素: 閲覧ビュー内でのデータの整理を可能にする視覚オブジェクト。 閲覧ビュー内では、テーブル、チャート、お
よびグラフをカスタマイズし、データのビジュアル分析を最適化できます。
6.3.7.2
●
データの地図表現
地域分析タイプ: データを対応する地図上に直接表示可能にするために、新しい地域分析タイプが追加されました。 たと
えば、ヨーロッパ各国の地域別の売上げの差異を、ヨーロッパの地図上に直接表示することができるようになりました。 こ
の機能は、ユニバースの "地域" ディメンション、または地名として定義されたタイプを持つ Excel データソースの "地域"
ディメンションのどちらかに対して使用することができます。
6.3.7.3
検索の改良点
●
検索結果: 検索クエリのランキング結果が改善されました。
●
新しい "次の条件で検索" 機能: 検索クエリにスペル修正案が提案されます。 現在および特定の場合に、Explorer では
ユニバースデータソースに基づいたすべてのメタデータおよび情報スペースに対して、オリジナルのクエリでのスペル修
正を使用して代わりのクエリを自動で実行する提案を行っています。 ただし、この機能は現在、HANA および Business
Intelligence Accelerator (BIA) データをサポートしていません。
6.3.7.4
第 2 ディメンション分析
以下の種類のチャートには、第 2 ディメンションを追加できます。
●
トレンドラインチャート
●
棒チャート
チャートに第二ディメンションを追加すると、同じチャート内にデータ分析の第 2 の軸を視覚化できます。 単一ディメンションの
場合と同様に、メジャーを引き続き追加および変更できます。操作は、両方のディメンションの影響を受けます。
70
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
6.3.7.5
●
ユーザビリティの向上
ホームタブの拡張: ホームタブに、閲覧に利用できる情報スペースと新しい閲覧ビューセットが一覧表示されるようになり
ました。 新しいプロパティペインにより、情報スペース、ビューセット、ファセット、およびメジャーについて、従来よりも直感
的なプロパティ表示が可能になりました。
●
スペースの管理の拡張: 選択したファセットおよびメジャーの詳細を表示するオブジェクトタブに、プロパティシートが追加
されました。
●
分析タイプ: データの地図表現のため、新しい地域分析タイプが導入されました。 新しく拡張された折れ線チャートおよび
棒チャートもあります。
6.3.8
インフォメーションデザインツール
インフォメーションデザインツールは、SAP BusinessObjects のユニバースと接続を新しく作成して公開するための、SAP
BusinessObjects デザイン環境です。 SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite の 4.0 FP3 リリースでは、イン
フォメーションデザインツールの新しいデータソースおよび改良が導入されます。 次のセクションでは、これらの改良点につい
て説明します。 詳細については、インフォメーションデザインツールユーザガイドを参照してください。
6.3.8.1
●
ユニバースの新しいデータソース
SAP ERP リレーショナル接続に関するユニバースのサポート: データソースのインフォセット、SAP クエリ、および ABAP
関数は、インフォメーションデザインツールでテーブルとして表示されます。 ABAP 関数入力パラメータをマップするため、
入力列が作成されます。 テーブル間の結合のサポートを活用するため、複数ソース有効データファンデーションを作成で
きます。 ローカルで公開されたユニバースを必要とするアプリケーションに対しては、単一ソースデータファンデーションを
作成できます。
●
Essbase OLAP 接続のサポート: ビジネスレイヤオブジェクトは、Essbase キューブのオブジェクトから自動的に生成され
ます。 その結果作成されるユニバースでは、ユーザ定義の属性、階層、属性の階層、および置換変数がサポートされ、
柔軟にメジャーを定義できます。
●
Apache Hadoop HIVE 接続に関する単一ソースリレーショナルユニバースのサポート。 これらのユニバースについて
は、SAP Crystal Reports for Enterprise、SAP BusinessObjects Explorer、SAP BusinessObjects Dashboard
Design、および SAP BusinessObjects Web Intelligence でクエリを実行できます。
6.3.8.2
●
オブジェクト定義の改良点
ユーザ属性: @Variable 関数を使用すると、次の定義に、セントラル管理コンソール (CMC) のユーザ属性管理領域で定
義されているユーザ属性を含めることができます。
○
データファンデーションやビジネスレイヤオブジェクトの SQL 定義または MDX 定義
○
クエリパネルのフィルタ定義
○
動的および一般的なセキュリティ条件を有効にするデータおよびビジネスセキュリティプロファイルでのフィルタ定義
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
71
●
クエリフィルタパネル: フィルタ定義で @Variable 関数を使用できるようになりました。
●
入力列の編集: データファンデーションテーブルの入力列は、値を求めるデータソース内のパラメータにマップされます。
データファンデーションでは、入力列を編集して、値を入力するか、クエリ実行時にユーザに対して入力を要求するパラメ
ータに列を割り当てることができます。
●
名前境界: クエリがデータベースに送信されると、データソースの要件に応じて、アプリケーションがテーブル名、列名、修
飾子、および所有者を区切ります。 区切られた名前の要件は、データファンデーションのテーブルプロパティとともに保存
され、データファンデーションに表示されます。 単一ソーステーブルでは、デフォルトの境界を上書きすることができます。
6.3.8.3
●
ユーザビリティの向上
メンバーの選択: クエリパネルで OLAP ソースのクエリを作成するときに、名前付きラベルまたはルートから指定した数の
レベルまでのすべての階層メンバーを暗黙的に選択することができます。
●
データファンデーションのテーブル検索: データファンデーションの接続パネルを参照するときに、テーブル名を検索してフ
ィルタされたテーブル一覧を作成することができます。 フィルタされた一覧から、テーブルをデータファンデーションに挿入
することができます。
●
デーブルタイプによる接続のフィルタリング: 一部の接続にはさまざまなテーブルタイプがあります。たとえば、SAP
HANA 接続では、分析ビューおよび計算ビューなど、複数のテーブルタイプがあります。 データファンデーションの接続を
参照するとき、テーブルタイプを選択して、表示されるテーブル一覧をフィルタすることができます。
●
カンニングペーパー: インフォメーションデザインツールに慣れていない場合、リレーショナルユニバースの作成を支援す
るカンニングペーパーを使用することができます。 カンニングペーパーには、実行すべき手順が説明されており、適切な
アプリケーションウィザードと追加のヘルプがリンクされています。
●
オンラインチュートリアル: ヘルプメニューの新しいコマンドには、SAP Community Network のインフォメーションデザイ
ンツールに関する公式な製品チュートリアルがリンクされています。
6.3.8.4
●
セキュリティの拡張
ユーザ名やパスワードなどの、慎重に扱う必要のあるセキュリティ接続パラメータの機密を保つために、これらをリポジト
リで保持し続けます。 デフォルトでは、セキュリティ接続に関するクエリは、サーバミドルウェアを使用して、サーバから実
行されます。 インフォメーションデザインツールの基本設定を使用すると、セントラル管理コンソールで付与された適切な
接続権限がある場合に、ローカルミドルウェアドライバを使用できます。
6.3.9
ユニバースデザインツール
Business Objects ユニバースデザインツールは、Web Intelligence ユーザ用のユニバースを作成するためのソフトウェアツ
ールです。
4.0 FP3 リリースの SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite では、ユニバースデザインツールに対して次の改
良点が導入されました。
●
セキュリティ: 接続オブジェクトに "接続をローカルにダウンロード" というシステム管理者定義のセキュリティ権限が追加
されました。 管理者が、接続に関連付けるセキュリティを定義します。たとえば、接続情報をローカルにダウンロードでき
るメンバーを定義することができます。
72
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
6.3.10 Web Intelligence
Web Intelligence は、レポートの作成および公開にクエリを使用するレポーティングツールです。 分析するデータに基づいて
レポートを作成して編集するか、既存のドキュメントを開くことができます。 ライセンスおよびセキュリティ権限に応じて、ドリル
ダウンして詳細を表示する、別のデータソースのデータを結合する、チャートにデータを表示する、式を追加するなどしてレポ
ート内のデータを分析できます。
SAP BusinessObjects Web Intelligence の Java インタフェースまたは HTML インタフェースを使用して、BI 起動パッドから
Interactive Analysis を実行できます。 起動されるインタフェースは、 BI 起動パッドの基本設定に応じて異なります。
Web Intelligence リッチクライアントを使用して Interactive Analysis を実行することもできます。 Web Intelligence リッチク
ライアントを使用すると、リポジトリに接続せずにローカルで操作できます。 詳細については、SAP BusinessObjects Web
Intelligence リッチクライアントユーザーズガイドを参照してください。
4.0 FP3 リリースの SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite では、Web Intelligence に対して次のページで説
明する改良点が導入されました。
詳細については、SAP BusinessObjects Web Intelligence ユーザーズガイドおよび SAP BusinessObjects Web
Intelligence リッチクライアントユーザーズガイドを参照してください。
6.3.10.1 セキュリティ
ローカル接続の新しいセキュリティ設定
接続オブジェクトに "接続をローカルにダウンロード" というシステム管理者定義のセキュリティ権限が追加されました。 管理
者が、接続に関連付けるセキュリティを定義する必要があります。たとえば、重要な接続情報をローカルにダウンロードできる
メンバーを定義する必要があります。 Business Intelligence プラットフォーム 4.0.x から .wid ドキュメントを開くときは、新し
い Business Intelligence 4.0 FP3 プラットフォームで接続を開いて、新しいセキュアな形式をアクティブにするためにこれを
保存する必要があります。
セキュアな [起動時に最新表示] オプション
"起動時に最新表示" オプションは、ドキュメント関連セキュリティ設定とユーザ関連セキュリティ設定という、2 つの CMS 設定
によって決まります。 この設定は、CMC/Application/Webi の "起動時の自動最新表示を確認する" プロパティと、CMC/
Application/user の "起動時の自動最新表示を無効にする" セキュリティ設定です。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
73
6.3.10.2 リッチクライアント
クイック起動機能
Web Intelligence リッチクライアントに、クイック起動機能が追加されました。この機能は、.wid ドキュメントを最初に開くか、
または閉じるときに使用できます。 クイック起動ボタンは、メインペインの右下に表示されます。
クエリパネルの改良点
Web Intelligence リッチクライアントのクエリパネルとメンバーセレクタが改善されました。 Web Intelligence リッチクライアン
トが、Web Intelligence と同じ機能を持つようになりました。
●
BEx クエリのスケール係数情報がメジャー名に表示されます。スケール係数はメジャー属性として表示されます。
●
クエリパネルに、BEx クエリでアクティブ化されている階層が示されます。
●
BEx 条件はサポートされません。
●
レポートに技術名が表示されます。
●
デフォルトの階層がある場合、その他の階層はクエリパネルに表示されません。
●
メンバー選択のプロンプトをクエリパネルで使用できます。
●
指定した深さまでのすべての階層メンバーを暗黙的に選択できます。
●
レベルに基づいてメンバーを選択できます。
6.3.10.3 クエリ
クエリでは、BICS 接続または UNX 接続を使用して、階層オブジェクトから入力コントロールを定義することができます。
階層オブジェクトから入力コントロールの定義が可能
レポートでは、入力コントロールで、階層オブジェクトのデータを管理することができます。
BW クエリでプロンプトが使用可能
[クエリパネル] で、プロンプトを含む BW クエリを使用できるようになりました。
74
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
.unv から BICS へのクエリソースの変更
クエリのソースがユニバース (.unv ファイル) である場合、このソースをクエリの BICS ソースに変更することができます。 新し
いソースの対応するオブジェクトタイプにオブジェクトを再マップする必要があります。
既知の制限事項
レベルに基づくメンバー選択は、階層変数を含む特性には使用できません。
メンバー選択でのプロンプトは、階層ノード変数のように動作しません。 ユーザがノードを選択した場合、ノードのメンバーが
自動的に選択されません。
制限事項の詳細については、ユーザドキュメントを参照してください。
6.3.10.4 チャート
統一されたチャート用語とグラフ用語
特定のチャート用語とグラフ用語が、Crystal Reports のユーザインタフェース用語と一致するように調整されました。
ウォータフォールチャート
垂直棒を表示するのに、ウォータフォールチャート (ブリッジチャート) を使用できます。
階層ナビゲーション
チャートで、階層ナビゲーションを使用できるようになりました。
色同期
ツールボックスで、色同期 (または色割り当て) を使用できます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
75
チャート領域の書式設定 (Java のみ)
チャート領域の書式設定を、ツールボックスを使用して実行できます (Java のみ)。
レポート出力 (テキストとして保存)
レポートを .txt 形式で保存できます。
既知の制限事項
カスタムパレットはありません。設定ファイルの会社用パレットのみです。 詳細については、ユーザドキュメントを参照してくだ
さい。
階層ナビゲーション: CVOM 自動レイアウトでは、下位レベルの軸ラベルを非表示にできます。データバーのみが生成されま
す。
キー数値は 1 つのみ許可されます。
チャートでのローカライズはサポートされていません。
Web Intelligence では、系列透明度が公開されません。
チャートオブジェクト間の共有は行われず、書式ペインタはありません。
選択したチャートインスタンスに関するフィードバックは、Web Intelligence リッチクライアントおよびアプレットでのみ使用でき
ます。
リッチインターネットアプリケーション (DHTML): 系列選択フィードバックはありません。ツールボックスを使用してチャート領域
の書式設定を行います。
レポート出力の制限: フォント形式の一部の組み合わせはサポートされません (アラビア語 + イタリックなど)。
6.3.10.5 レポート
レポートの書式設定用の CSS スタイルシート
レポートの書式設定を容易にするため、CSS 書式設定スタイルシートが提供されます。 WebIDefaultStyleSheet.css
ファイルに、これらのスタイルシートが含まれています。このファイルは、(デフォルトインストールでは) C:\Program Files
(x86)\SAP BusinessObjects\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\images に格納されています。
この CSS は、defaultconfig.xml ファイルに置き換わり、これを拡張します。 この .css ファイルの各値は、チャートを除
くすべてのレポート要素の書式設定プロパティのデフォルト値を定義するのに使用されます。
アプレットを使用して、ドキュメントのデフォルトスタイル (埋め込み CSS) を変更します。
76
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
レポートのエクスポート時に解像度 (dpi) を定義可能
レポートをエクスポートするときに、解像度 (DPI) を選択することができるため、生成されるファイルのサイズが小さくなりま
す。 このことは、レポートに複数のチャートが含まれる場合に、特に有用です。
入力制御
入力制御は、階層オブジェクトで使用できます。
6.3.10.6 他のドキュメントへのリンク
リンクできるドキュメントの種類は、BEx クエリを参照するターゲットドキュメント、.unx ユニバース、またはインデックス認識を
使用するプロンプトを含む .unv ユニバースです。 [ハイパーリンクの作成] ダイアログに、設定する追加のパラメータがありま
す。 詳細については、ユーザドキュメントを参照してください。
6.3.10.7 計算機の新機能
属性のマージが可能です。これにより、キー属性を使用した同期が可能になります。
メジャー値が 0 (0 BEx 非表示と同等) の場合に、行を表示するか、または非表示にするかを選択できます。
6.3.10.8 データプロバイダサーバ
SAP NetWeaver BI (BW) の新機能:
スケール係数: スケール係数値は、キー数値属性として表示されます。
階層表示はアウトラインで使用できます。
階層変数あり: デフォルト階層以外の階層をクエリパネルから削除できます。
データ不整合を防ぐため、階層ノード変数が存在する場合にメンバー選択が無効になります。
基盤となる BEx クエリで有効な階層の新規アイコン。
レベルに基づくメンバー選択が可能です。
指定された深さまでのノードからの暗黙的なメンバー選択が可能です。
メンバー選択でのプロンプトが可能です。
[キー] および [名前] 属性にプレフィクスとして親の名前を付けることができます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 FP3
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
77
7
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP4
7.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP4)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI Platform 4.0」と入力して、バージョン 4.0 SP4 でサポートされるプラットフォームドキ
ュメントを検索します。
SAP BusinessObjects ポートフォリオのサポートされるプラットフォームドキュメントは、http://service.sap.com/bosapsupportedplatforms
7.2
でも入手可能です。
アプリケーションの機能強化 (4.0 SP4)
このサポートパッケージでは、SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite アプリケーションへの機能強化がいくつ
か提供されています。
Crystal Reports、Dashboards、および Web Intelligence での BEx クエリ
SP4 より前では、BW システムで BEx クエリに接続するために使用される BI コンシューマサービス (BICS) の一時的ユニバ
ースは、最新表示される BI クエリとは独立して作成されました。結果として、レポートを最新表示するのに必要ないメタデータ
も含め、BEx クエリと関連付けられたメタデータはすべてロードされていました。これによりパフォーマンスが低下していまし
た。特に、多数の特性、キー数値、および階層が BEx クエリに含まれているときに顕著でした。
SAP BusinessObjects BI 4.0 SP4 からは、BI クエリが分析され、レポートの最新表示に必要なメタデータのみが特定されま
す。このため、BW システムに対して、必要なメタデータのみクエリされます。このことにより、RFC 呼び出しの数、BW システ
ムによって返されるメタデータのサイズ、およびクエリを最新表示する時間が大幅に増加します。
この概念は、余分なオブジェクトを取り除き、最新表示のときにクエリを最適化してパフォーマンスを向上させることから、リー
ン (無駄のない) ユニバースと呼ばれます。この機能強化に対するユーザインタフェースの変更はないため、エンドユーザは
ワークフローを変更する必要はありません。この変更はドキュメントの最新表示にのみ適用され、作成プロセスにおけるパフォ
ーマンスは変わらないことに注意してください。
78
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP4
注記
SAP は、複数の同じようなレポートをサービスする BEx クエリを作成して、BEx クエリをレポーティングのニーズに合わせ
ることをお勧めします。複数のレポート要件を満たすために使用できる、すべてを包括する大規模な BEx クエリを作成する
ことは、レポートのデザインと最新更新の時間を増加させるためお勧めしません。
レポーティングのニーズに合う BEx クエリをデザインするための支援および BI プラットフォーム環境のサイジング方法につい
てのガイドが必要な場合は、コンサルタントとともに作業することをお勧めします。詳細については、SAP ノート (https://
service.sap.com/sap/support/notes/83020
) を参照してください。
Web Intelligence
●
新しい [最後に選択したプロンプト値を消去] 機能は、プロンプトを含むクエリを最新表示すると最後に使用されたプロン
プト値が消去され、ユーザにデフォルト値 (設定されている場合) が提案されることを意味します。この機能を選択しない
場合は、最後に使用した値が提案されますが、ユーザは (権限に応じて) 他の使用可能な値を使用することができます。
●
新しいドキュメントのプロパティの属性である [プロンプトの結合/結合解除 (BEx 変数)] は、同じ技術名を持つ BEx 変数
同士を結合または (すでに結合されている場合は) 結合解除できることを意味します。
Analysis, edition for OLAP
●
SAP HANA データソースの階層およびプロンプトがサポートされるようになりました。
●
Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services データソースに接続できます。
●
パフォーマンスを向上させるために、SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP の以前のバージョンで処理さ
れた操作の一部は OLAP サーバに依頼されるようになりました。これには次のものが含まれます。
○
親メンバーの展開と折りたたみ
○
NULL 値および 0 の値の除外
これらの操作は OLAP サーバで処理されるため、Analysis はより小さいチャンクでデータを取得して表示でき、製品のパ
フォーマンス、応答性、および使いやすさが向上します。この変更の結果、一部の分析をフィルタリングして NULL 値の
みを除外することが可能となり、非対称のドリルダウンはネストされた階層に対して実行できなくなります。
インフォメーションデザインツール
●
新しい <@Execute> 関数では、SQL クエリスクリプトを指定するためのオプションが提供されています。<@Execute>
関数を使用して、メインのクエリに含める SELECT 述語の値の一覧を取得するための事前クエリを定義することができま
す。
●
新しいシステム変数 <DOCID> は、<@Variable> を使用してドキュメント ID を取得します。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP4
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
79
8
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
8.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP5)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI Platform 4.0」と入力して、バージョン 4.0 SP5 でサポートされるプラットフォームドキ
ュメントを検索します。
SAP BusinessObjects ポートフォリオのサポートされるプラットフォームドキュメントは、http://service.sap.com/bosapsupportedplatforms
8.2
でも入手可能です。
BI Suite の機能強化 (4.0 SP5)
このリリースでは、以下の Business Intelligence Suite に対する機能強化を提供しています。
新しい Windows ショートカットメニューの場所
SAP BusinessObjects Business Intelligence ソフトウェアへの Windows ショートカットメニューが変更されました。新しいシ
ョートカットは、
スタート
すべてのプログラム
SAP Business Intelligence
ルートノードにあります。
修正インストール中の言語の追加または削除
SAP BusinessObjects BI 製品インストールを修正して、言語を追加または削除できるようになりました。新しい言語を選択す
るために、製品を削除してから再インストールする必要はなくなりました。この変更は、以下を含む、すべての SAP
BusinessObjects BI 製品のインストールプログラムに適用されます。
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームサーバ
●
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームクライアントツール
●
SAP BusinessObjects Dashboards
●
SAP BusinessObjects Explorer
●
SAP BusinessObjects Integration Option for Microsoft SharePoint software
●
SAP BusinessObjects Live Office
●
SAP Crystal Reports for Enterprise
80
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
●
SAP Crystal Reports 2011
●
SAP Crystal Reports Viewer 2011
言語を追加または削除するには、次の手順を実行します。
●
新しいバージョンの Windows (Windows Server 2008 など) の場合は、
と機能
スタート
コントロールパネル
プログラム
に移動し、製品を選択し、[アンインストールと変更] をクリックします。[変更] オプションを選択し、[言語パックの
選択] 画面で言語を追加または削除します。
●
古いバージョンの Windows (Windows Server 2003 など) の場合は、
の追加と削除
スタート
コントロールパネル
プログラム
に移動し、製品を選択し、[変更] をクリックします。[変更] オプションを選択し、[言語パックの選択] 画面
で言語を追加または削除します。
●
UNIX (BI プラットフォームサーバインストール) の場合、modifyOrRemoveProducts.sh プログラムを実行し、製品
を選択してから [変更] オプションを選択し、[言語パックの選択] 画面で言語を追加または削除します。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム、SAP Crystal Reports
2011 およびインストールのカスタマイズツール
パッチまたはサポートパッケージのインストールプログラムをカスタマイズするためのパラメータが、以前の
baselinePackages パラメータから新しい baselinePath パラメータに置き換わりました。
新しい動作と例の詳細については、SAP BusinessObjects OEM カスタマイゼーションガイドを参照してください。
8.3
BI プラットフォームの機能強化 (4.0 SP5)
このリリースでは、以下の Business Intelligence プラットフォームに対する機能強化を提供しています。
インフォメーションデザインツール
メジャーに変換する機能が強化されました。
ビジネスレイヤで、[集計関数を使用してメジャーに変換] コマンドを使用しても、適切な見通し関数を設定できます。
データアクセス
次の新しいパラメータを利用できます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
81
パラメータ
説明
cs.cfg ファイルの新しい Temp Data Dir パラメータ
このパラメータは、CSV OpenDriver および SAP ERP ドライバによ
って使用され、一時データのディスク上の書き込み先となるディレク
トリパスを指定します。
jco.sbo ファイルの新しい String Max Length パラメータ このパラメータは、SAP ERP ドライバによって使用されます。値の
長さが 0 と等しい ABAP 関数のパラメータにマッピングされるテー
ブル列の文字列の最大長を指定します。
セマンティックレイヤ SDK
SP5 では、以下の新しい機能と機能強化が提供されます。
●
グローバル API の再設計
●
主要な新しい機能: データファンデーションおよびビジネスレイヤの編集
●
新しいサンプル
詳細については、セマンティックレイヤ Java SDK 開発者ガイドを参照してください。
RESTful Web サービス SDK
●
CMC WACS (Web アプリケーションコンテナサーバ) RESTful Web サービスには、クロスオリジンリソース共有設定
(CORS) のサポートが含まれるようになりました。新しい [オリジンを許可する] 設定により、アクセス可能なドメインとタイ
ムアウト値の一覧表示が許可されます。
●
コマンドラインパラメータに、許容されるメソッドとヘッダを追加するためのサポートが含まれるようになりました。
●
JSON 形式のサポートが拡張されました。
●
RESTful Web サービスのドキュメントに、RWS クラスのエラーメッセージの一覧が記載されています。
BI プラットフォーム .NET SDK
新しい CrystalDecisions.Enterprise.SecurityInfo2 クラスでは、オブジェクトに対するロール、権限、制限をユ
ーザとユーザグループに割り当てることができます。この新しい .NET API の詳細については、Business Intelligence プラ
ットフォーム .NET API リファレンスを参照してください。
8.4
BI アプリケーションの機能強化 (4.0 SP5)
このサポートパッケージでは、SAP BusinessObjects Business Intelligence Suite アプリケーションへの機能強化がいくつ
か提供されています。
82
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
SAP BusinessObjects Analysis, edition for OLAP
Teradata OLAP データソースのサポート - Analysis は、Teradata の XMLA インタフェースを使用して、Teradata
Database 13.0、13.10、および 14.0 をサポートします。
階層ノードプロンプトへの手動入力 - SAP BW データソースの [プロンプト] ダイアログボックスで、階層ノードプロンプトに手
動で値を入力できます。
SAP BusinessObjects Dashboards
このリリースでは、以下の機能強化が提供されます。
●
モバイルとの互換性 - ダッシュボードが iPad などのモバイルデバイスで表示できるようになりました。画面が小さく、マウ
スオーバー機能がないため、モバイルデバイスでは特定のコンポーネントとダッシュボード機能はサポートされません。
●
"オブジェクトブラウザ" 検索 - "オブジェクトブラウザ" で種類別または名前別にコンポーネントを検索できます。
●
"コンポーネント" ブラウザによるフィルタリング - "コンポーネント" ブラウザにより、リストをフィルタリングしてモバイルデ
バイスでサポートされるコンポーネントのみを表示できます。
●
モバイルプレビューモード - [プレビュー] 機能にダッシュボードを表示する 2 つの新しいオプション ([画面に合わせる] と
[元のサイズ]) が用意され、モバイルデバイスでダッシュボードを表示する際に使用できるようになりました。
SAP BusinessObjects Explorer
このリリースでは、以下の機能強化が提供されます。
●
データソースの変更 - 情報スペースのデータソースを変更することができます。これにより、元のデータが移動、変更、ま
たは削除された場合に、情報スペースを別のデータソースに接続することができます。変更可能なデータソースは、
BWA、Hana、およびユニバース (.UNX) です。
●
新しい基本設定ペイン - [スペースの管理] の新しい基本設定ノードでは、情報スペースでのファセットの表示方法を指定
できるペインが開きます。ファセットの表示順序は、新しいオプション [この情報スペースを開くときファセットパネルを非表
示にする] とともにこのペインに表示されるようになりました。このことにより、閲覧に必要なときにファセットを表示できま
す。詳細については、この一覧の次の項目を参照ください。
●
新しいファセットフィルタ - 新しい基本設定オプション [この情報スペースを開くときにはファセットパネルを非表示にしてく
ださい。] では、ユーザはファセットをフィルタリングして、閲覧に必要なファセットのみを表示することができます。このオプ
ションが選択されると、情報スペースを開くときにファセットパネルは表示されません。代わりに矢印が表示され、矢印をク
リックすると、ファセットリストが表示されて閲覧に必要なファセットを選択できます。これにより、情報スペースに含まれて
いるファセットが多い場合に、情報スペースを開く時間を最適化できます。
●
管理ドキュメンテーションの更新 - SAP SSO についての新しい節を追加するなど、Explorer の『管理者ガイド』の SSO
設定に関する記述を更新しました。このガイドには、カスタマイズされた地域リポジトリを新しく作成するための情報も記
載されています。これらのリポジトリでは、新しい都市および都市の別名の両方を、地域ディメンションで使用可能な地域
の値に追加できます。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
83
SAP BusinessObjects Web Intelligence
このバージョンの Web Intelligence および Web Intelligence リッチクライアントでは、以下の機能強化が提供されています。
●
BW 階層バージョンのサポート -- 作成時に使用された階層のバージョンが、階層とレポートに表示されます。
●
拡張するレベル (BEx クエリからデータを取得するレベルを、管理者によって設定)
●
レベルの先頭に、そのレベルの階層における相対的レベル (1、2、3...) が付け加えられました。
●
プロパティパネルで、クエリストリッピングが BEx クエリに対してデフォルトで有効になります。
●
円チャートでテキストが折り返せるようになりました。
Web Intelligence で、SAP NetWeaver BW 階層が表示されると、階層のバージョンも表示されます (BW は、BW で階層が
変更されると、変更時の階層のバージョンを記録します)。
Web Intelligence RESTful サービス SDK
Web Intelligence RESTful Web サービス SDK は、以下の操作に使用する API です。
●
Web Intelligence ドキュメントおよびレポートの操作
●
データプロバイダからのデータの取得
●
使用可能なユニバースのリストとユニバースの詳細の取得
●
ドキュメントのスケジュール
注記
SAP Web Intelligence ドキュメントの編集と作成には、使用することはできません。
Web Intelligence RESTful Web サービス SDK は、セッション管理とリポジトリへのアクセスに、BI プラットフォーム RESTful
Web サービス API を使用します。
SAP Crystal Reports for Enterprise および SAP Crystal Reports 2011
SAP NetWeaver BW の機能強化 -- いくつかの BW 関連の改善が Crystal Reports for Enterprise に対して行われていま
す。
●
複数言語の環境におけるクエリパネルでのレベルの選択
●
階層バージョンのサポートの改善
モバイルでの使用 -- 対話型の Crystal Reports コンテンツが SAP BusinessObjects Mobile BI 4.4.0 で使用できるように
なりました。
Mobile BI の対話型の Crystal Reports コンテンツの詳細については、SAP BusinessObjects Mobile for iOS 4.4.0 User
Guide を参照してください。
管理機能の強化 -- 管理者は、セントラル管理コンソールの [Smart View] 設定を使用して、BI 起動パッドのレポート表示の
動作を、レポートの最新インスタンスの表示からデータソースのレポートコンテンツの最新表示に変更することができます。
84
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
1.
セントラル管理コンソールで [アプリケーション] をクリックします。
2.
[アプリケーション] ページで、[Crystal Reports 設定] をダブルクリックします。
3.
[プロパティ: Crystal Reports 設定] ダイアログボックスが表示されます。
4.
[プロパティ] の下で、[BI 起動パッド] を選択します。
5.
[Smart View] の下で、以下のいずれかの操作を実行します。
○
最後に成功したインスタンスを表示するには、BI 起動パッドでパブリケーションをダブルクリックし、[最新のインスタ
ンスを表示] を選択します。成功したインスタンスが存在しない場合は、パブリケーションはそのデータソースに対し
て最新表示されます。これは、デフォルトの表示です。
○
BI 起動パッドでパブリケーションをダブルクリックするときに、(インスタンスの存在に関係なく) 常にパブリケーション
をそのデータソースに対して最新表示するには、[オブジェクトの表示] を選択します。
6.
[保存して閉じる] をクリックします。
SAP BusinessObjects Mobile
SAP BusinessObjects Mobile 4.0 SP5 では、以下の変更が行われました。
●
Mobile サーバ ("MobileBIServers.war" および "MOBIServer.war") が、Windows および Linux オペレーティングシ
ステムに自動的にデプロイされます。
●
実装の変更:
○
モバイル認証サーバ (VAS) および Mobile Job Server (VMS) は、Mobile BI Web アプリケーションサーバ
(MobileBIService.war) に置き換わりました。そのため、Android デバイス (スマートフォンまたはタブレット)、iOS、
および BlackBerry などのモバイルクライアントデバイスからのすべてのサーバ要求は、この Web アプリケーション
サーバによって処理されるようになりました。結果は次のようになります。
○
VAS および VMS のデータを保存していた認証および同期データベースは使用されなくなりました。この機能
は、MobileBIService.war ファイルによって処理されるようになりました。
○
VAS および VMS を設定するために必要だった cluster.config ファイルおよび server.config ファイルは不要
になりました。MobileBIService.war ファイルで Mobile サーバの設定を処理します。詳細については、
SAP ヘルプポータル (http://help.sap.com/bomobile40) にあるサーバのインストールとデプロイメントガイ
ド: SAP BusinessObjects Mobile 4.0 Service Pack 5 のアプリケーションのアップグレードの節を参照してくだ
さい。
○
ポート番号 11011 (VAS のデフォルトポート) または 11711 (VMS のデフォルトポート) を使用するプロセスはなく
なりました。そのため、すべてのファイアウォールで、これらのポートを使用する通信を有効にする変更を安全に
前の状態に戻せます。
○
XI3MobileAuthServer および XI3MobileJobServer Windows サービスは不要になったため、4.1 の
インストールでこれらは作成されません。
詳細については、SAP ヘルプポータル (http://help.sap.com/bomobile40) にある『SAP BusinessObjects Mobile 4.0
Service Pack 5 の Mobile サーバのインストールとデプロイメントガイド』を参照してください。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP5
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
85
9
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP6
9.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP6)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI プラットフォーム 4.0」と入力して、バージョン 4.0 SP6 でサポートされるプラットフォー
ムドキュメントを検索します。
SAP BusinessObjects ポートフォリオのサポートされるプラットフォームドキュメントは、https://service.sap.com/bosapsupportedplatforms
9.2
でも入手可能です。
BI アプリケーションの機能強化 (4.0 SP6)
データアクセス
新しいデータソース - BI プラットフォームで新しいデータソースへの接続を作成できます。 詳細については、製品出荷マトリッ
クスを参照してください。
廃止された接続 - 以下のデータソースに対する既存の接続は引き続き機能しますが、新たな接続を作成することはできませ
ん。
●
DB2 for z/OS v8、DB2 UDB v8、DB2 v9.1
●
GreenPlum 3
●
MS Access 2003、MS Excel 2003、MS SQL Server 2005
●
Progress OpenEdge 10
●
Sybase IQ 12.7、Sybase SQL Anywhere 10
SAP Web Intelligence RESTful Web サービス SDK
ドキュメント管理 - 以下のドキュメント関連機能が更新されました。
●
プロパティ
●
スタイル
●
関数
●
演算子
86
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP6
●
変数
●
アラータ
●
変更の追跡
●
添付ファイル
●
リンク
詳細については、ユーザーズガイドの第 3.2 節を参照してください。
ドキュメントライフサイクル管理 - ドキュメントの状態およびスナップショットの作成/管理に関する新しい方法とオプションが追
加されました。 詳細については、ユーザーズガイドの第 3.3 節を参照してください。
レポート管理 - 以下のレポート関連機能が更新されました。
●
エクスポート
●
一覧
●
ドリル
●
構造
詳細については、ユーザーズガイドの第 3.4 節を参照してください。
データプロバイダの管理 - 以下のレポート関連機能が更新されました。
●
データプロバイダの詳細
●
マッピング
●
データプロバイダの移動
●
フロー情報
●
クエリ仕様
詳細については、ユーザーズガイドの第 3.5 節を参照してください。
ドキュメントのスケジュール - 以下の方法が更新されました。
●
スケジュールの追加
●
スケジュールの削除
●
スケジュールのキャンセル
●
スケジュールの一覧の取得
●
スケジュールの詳細の取得
詳細については、ユーザーズガイドの第 3.6 節を参照してください。
ドキュメントの最新表示 - 以下の方法が更新されました。
●
最新表示パラメータの取得
●
ドキュメントの最新表示
●
ドキュメントの最新表示のキャンセル
詳細については、ユーザーズガイドの第 3.7 節を参照してください。
ユニバースの管理 - ユニバースのクエリ機能を利用できるようになりました。 詳細については、ユーザーズガイドの第 3.8 節
を参照してください。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP6
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
87
10 SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP7
10.1 サポートされるプラットフォーム (4.0 SP7)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス (http://service.sap.com/pam
) を参照してください。
注記
[検索] フィールドに「SBOP BI プラットフォーム 4.0 SP7」と入力して、バージョン 4.0 SP6 でサポートされるプラット
フォームドキュメントを検索します。.
10.2 4.0 SP7 の BI Suite 拡張
このバージョンで導入される新機能
Web Intelligence
チャート機能の拡張: 棒チャート、縦棒チャート、折れ線チャート、円チャート、散布図、バブルチャート、点チャートの要素や点
の色、色の不透明度、データラベルの位置を調整できるようになりました。
データアクセス
新しい接続: データアクセスレイヤは、すべての UNIX プラットフォームで MS SQL Server データベース用の DataDirect
ODBC 7.0 ドライバの使用をサポートします。 詳細については、製品出荷マトリックスを参照してください。
RESTful Web サービス SDK
新たなファイルエクスポートサポート: ページ区切りモードで、レポートまたはそのページを HTML 形式の圧縮ファイルでエク
スポートできるようになりました。
88
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP7
レポート変換ツール
新しいドキュメントインタフェース変換機能: Desktop Intelligence ドキュメントを Web Intelligence ドキュメントに変換するだ
けでなく、レポート変換ツールを使用して Desktop Intelligence ドキュメントのインスタンスを Web Intelligence 形式に変換
できるようになりました。 Desktop Intelligence レポートインスタンスを Web Intelligence インスタンスに変換する方法につ
いては、4.0、サポートパッケージ 7 のレポート変換ツールガイドの「Desktop Intelligence レポートインスタンスの Web
Intelligence インスタンスへの変換」の章を参照してください。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP7
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
89
11
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP8
11.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP8)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス http://service.sap.com/pam
90
を参照してください。
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP8
12
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP9
12.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP9)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス http://service.sap.com/pam
を参照してください。
12.2 4.0 SP9 の BI Suite 拡張
Web Intelligence RESTful Web サービス SDK
●
.unv ユニバースの場合、データソース識別子が公開されるデータプロバイダと SDK を介してリンクされるようになりまし
た。 データプロバイダの詳細には、データソースオブジェクト識別子のデータソースプレフィックスが含まれます。
●
Web Intelligence ドキュメントを zip 形式で圧縮された HTML ファイルとしてエクスポートできるようになりました。
●
ドキュメントまたはレポートを zip 形式で圧縮された HTML ファイルとしてエクスポートするときに、HTTP 呼び出しに zip
ファイルの名前を指定できるようになりました。
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP9
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
91
13
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP10
13.1
サポートされるプラットフォーム (4.0 SP10)
サポートされる SAP 製品のバージョンと関連するサードパーティ製ソフトウェアに関する詳細については、SAP 製品出荷マト
リックス http://service.sap.com/pam
を参照してください。
13.2 Web Intelligence の拡張 (4 0 SP10)
この節では、Web Intelligence 4.0 SP10 で使用可能な新しい機能をリストしています。
次のユーザガイドには、BE x クエリのランタイム設定の情報が含まれています。
●
SAP BusinessObjects Web Intelligence ユーザーズガイド
●
SAP BusinessObjects Web Intelligence リッチクライアントユーザーズガイド
●
BEx クエリをベースにした SAP BusinessObjects Web Intelligence クエリの作成
注記
この情報は、英語バージョンの PDF にある SP 10 のみで参照できます。 翻訳されたバージョンは、SP 11 の Web
Intelligence PDF およびアプリケーションヘルプで利用可能になる予定です。
92
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
新機能
SAP BusinessObjects BI Suite 4.0 SP10
法的側面に関する重要免責事項
この文書は、情報提供のみを目的としています。 その内容は予告なしに変更される場合があります。又、SAP はその内容に間違いがないことの保証を行いません。 SAP は、商品性又は
特定目的との適合性に関する明示的又は暗示的保証も一切行いません。
コードサンプル
この文書に含まれるソフトウェアコード及び / 又はコードライン / 文字列 (「コード」) はすべてサンプルとしてのみ提供されるものであり、本稼動システム環境で使用することが目的ではあり
ません。 「コード」は、特定のコードの構文及び表現規則を分かりやすく説明及び視覚化することのみを目的としています。 SAP は、この文書に記載される「コード」の正確性及び完全性の
保証を行いません。更に、SAP は、「コード」の使用により発生したエラー又は損害が SAP の故意又は重大な過失が原因で発生させたものでない限り、そのエラー又は損害に対して一切
責任を負いません。
アクセシビリティ
この SAP 文書に含まれる情報は、公開日現在のアクセシビリティ基準に関する SAP の最新の見解を表明するものであり、ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能の確実な提供方法に関
する拘束力のあるガイドラインとして意図されるものではありません。 SAP は、この文書に関する一切の責任を明確に放棄するものであり、この文書により直接又は間接的に契約上の義
務又は誓約が発生することは一切ありません。
ジェンダーニュートラルな表現
SAP 文書では、可能な限りジェンダーニュートラルな表現を使用しています。 文脈により、文書の読者は「あなた」と直接的な呼ばれ方をされたり、ジェンダーニュートラルな名詞 (例: 「販売
員」又は「勤務日数」) で表現されます。 ただし、男女両方を指すとき、三人称単数形の使用が避けられない又はジェンダーニュートラルな名詞が存在しない場合、SAP はその名詞又は代
名詞の男性形を使用する権利を有します。 これは、文書を分かりやすくするためです。
インターネットハイパーリンク
SAP 文書にはインターネットへのハイパーリンクが含まれる場合があります。 これらのハイパーリンクは、関連情報を見いだすヒントを提供することが目的です。 SAP は、この関連情報の
可用性や正確性又はこの情報が特定の目的に役立つことの保証は行いません。 SAP は、関連情報の使用により発生した損害が、SAP の重大な過失又は意図的な違法行為が原因で発
生したものでない限り、その損害に対して一切責任を負いません。 リンクの分類に関しては、http://help.sap.com/disclaimer を参照してください。.
新機能
法的側面に関する重要免責事項
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
93
www.sap.com/contactsap
© 2014 SAP AG or an SAP affiliate company. All rights reserved.
本書のいかなる部分も SAP AG の明示的許可なしに、いかなる形式、目
的を問わず、複写、または送信することを禁じます。 本書に記載された情
報は、予告なしに変更されることがあります。
SAP AG がライセンス、またはその頒布業者が頒布するソフトウェア製品に
は、他のソフトウェア会社の専有ソフトウェアコンポーネントが含まれていま
す。 製品仕様は、国ごとに変わる場合があります。
これらの文書は SAP AG およびその関連会社 (「SAP グループ」) が情報
提供のためにのみ提供するもので、いかなる種類の表明および保証を伴う
ものではなく、SAP グループは文書に関する錯誤または脱漏等に対する
責任を負うものではありません。 SAP グループの製品およびサービスに対
する唯一の保証は、当該製品およびサービスに伴う明示的保証がある場
合に、これに規定されたものに限られます。 本書のいかなる記述も、追加
の保証となるものではありません。
SAP、および本書で言及されるその他 SAP の製品およびサービス、ならび
にそれらのロゴは、ドイツおよびその他諸国における SAP AG の商標また
は登録商標です。
商標に関する情報および表示の詳細については、http://
www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/index.epx をご覧くださ
い。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
2 615 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content