close

Enter

Log in using OpenID

労働と看護の質評価事業 (DiNQL)に

embedDownload
∼日本看護協会による、労働と看護の質評価事業∼
DiNQL はベンチマーク評価を通じて、
看護管理者のマネジメントをサポートします!
ベンチマーク評価によって、自分たちの看護の強みと
弱みを把握し、強みを伸ばし、弱みを補う方法を、他施設
の取り組み事例の共有などから学びます。
参加病院の声
●評価指標は多いが、選択できるので負担は少なかった。
●他部署と連携するので、病院全体で質の向上に取り
組む雰囲気になった。
●目標管理で、ベンチマーク評価を参考に強みと
弱みを分析し、目標値を設定した。
あなたの病棟も
労働と看護の質評価事業
(DiNQL)に
参加しませんか。
DiNQLは、
すべての病院の病棟を
対象にしています。
参加費(税別)
1 ∼ 5 病棟まで
1 病院あたり 年間 4 万円
6 ∼10 病棟まで
1 病院あたり 年間 6 万円
11 病棟以上
1 病院あたり 年間 8 万円
DiNQLの評価指標は8つのカテゴリーで
DiNQL事業の目的
計136 項目(うち必須項目は10項目)。
看護実践をデータ化することで、
病棟の課題に合わせてお選びいただけます。
看護管理者のマネジメントを支援し、
看護実践の強化を図る
政策提言のためのエビデンスとして
データを有効活用し、
看護政策の実現を目指す
病院・病棟情報
31項目
労働状況
34項目
看護職情報
21項目
患者情報
9項目
褥瘡
13項目
感染
転倒・転落
8項目
11項目
9項目
医療安全
DiNQLでは入力された評価指標データを
リアルタイム に ベンチマーク評価 します。
結果はグラフ化され、同規模・同機能を有する他
施設との比較や、院内の他病棟との比較ができ
ます。
可視化 によって、
自分たちの強みと弱みを把握
し、PDCAサイクルを回して、
看護の質向上にむけた取り組
みをすすめましょう。
自分たちの「頑張り」を可視化
することで、モチベーション
アップにもつながります。
DiNQLでは評価指標に関する研修会や、データ
活用に関するワークショップなど、参加病院同士
が取り組み事例や知恵を共有できる場を大切に
しています。
貴院によるデータ入力
取組み成果を
評価
1.8
1.6
参加病院数
2013年度:75病院
参加申し込み期間
2015年度
2016年度
褥瘡推定発生率︵%︶
ベンチマーク評価の
フィードバック
1.2
1
0.8
0.6
褥瘡推定発生率︵%︶
1.4
1.4
1.2
1
0.8
0.6
0.4
0.2
0
0.4
H25.1Q
H25.2Q
(4 ∼ 6 月)
0.2
∼ 60
H25.3Q
(10∼12月)
(7∼9月)
あなたの病棟
0
∼ 70
∼ 80
中央値
∼ 90
∼ 100
上位 25%の施設の
∼ 110
100 床あたりの常勤看護職員数
273 病棟 2014年度:301病院 1451病棟
み なさまのご 参 加 を お 待ちして います!
2015 年 4 月1日(水)∼ 2015 年 5 月 31日(日)
2016 年 2月頃
DiNQL事業に関する情報や、詳しいお申し込み方法については、日本看護協会のホームページをご参照ください。 公益社団法人
日本看護協会 看護開発部 看護情報課 TEL:03 -5778 - 8495 Eメール:[email protected]
110 ∼
あなたの
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
2 912 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content