close

Enter

Log in using OpenID

第69回東北男女総合バスケットボール選手権大会 郡山クラブ JR東日本

embedDownload
第69回東北男女総合バスケットボール選手権大会
兼 第90回天皇杯・第81回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会東北地区予選会
男 子 の 部
平成26年
11月8日 (土)
(推薦1位)
JR東日本秋田
1
11月9日 (日)
89
65
97
(福島2位)
郡山クラブ
2
(宮城2位)
SESSIONS
3
(山形1位)
YAMAGATA KUBERA
4
64
88
58
(推薦2位)
東北学院大学
5
72
シ
決ー
定
ド
戦
権
71
80
B4
96
東
北
学
院
大
学
福
島
教
員
A
74
78
(岩手2位)
岩手大学
6
64
(秋田2位)
三種体協琴丘
7
74
60
J
R
東
日
本
秋
田
66
(青森1位)
鶴田クラブ
8
71
(岩手1位)
ST-IWATE
9
66
67
(秋田3位)
厚生倶楽部
10
51
61
68
(秋田4位)
光風倶楽部
11
(福島1位)
福島教員A
12
74
13
89
76
(秋田1位)
能代工業高校
68
100
(青森2位)
青森大学
14
69
58
(山形2位)
吹浦クラブ
15
(宮城1位)
仙台大学
16
76
69
70
大会名
Competition
第69回 東北男女総合バスケットボール選手権大会
兼第90回 天皇杯・第81回皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会 東北地区予選会
Year
男子決勝
場 所
Place
2014
年
Month
Day
Time
11 月
9 日
13 : 55
秋田県バスケットボール協会
秋田市立体育館
チームA
チームB
主審:Referee
片寄 達
宮城
27
1st
11
19
2nd
17
96
27
3rd
11
68
佐藤 匠
秋田
○
23
4th
29
●
植田 浩司
福島
JR東日本秋田
能代工高
副審:Umpire
OT
テーブル・オフィシャルズ:Table officals
秋田県バスケットボール協会T0委員会
No,
0
1
3
7
9
11
12
13
18
24
26
Pl-in
4
0
0
徹
1
0
0
1
1
5
奨
10
2
2
0
1
6
鉱 介
2
0
1
0
0
24
0
12
0
祐 也
2
0
0
城 二
10
0
哲 郎
4
恭
/ 斉 藤
/ 工 藤
× 石 橋
× 一 戸
× 根 岸
/ 佐 藤
55
/ 菅
3P
2P
FT
F
Pl-in
選手氏名 Name of Players
/ 長 谷 川
× 荒 木
暢
直
PTS
3P
2P
FT
F
25
4
5
3
3
4
0
2
0
1
碧 杜
8
0
4
0
5
7
竜 也
-
-
-
-
0
1
8
藤 谷
洋 人
-
-
-
-
0
2
1
9
望 海
16
2
4
2
1
5
0
2
10
× 小 室
× 斉 藤
大 輔
8
0
3
2
2
0
2
0
1
11
翔
0
0
0
0
1
2
0
1
0
0
12
渉
-
-
-
-
0
純
8
0
3
2
1
13
健 人
0
0
0
0
1
貴 将
3
1
0
0
0
14
海 翔
0
0
0
0
0
光
20
2
7
0
2
15
翔
-
-
-
-
0
喜
2
0
1
0
1
16
7
1
2
0
2
-
-
-
-
0
17
祐 哉
/ 大 髙
長濱 宏治郎
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
18
柴 田
一 真
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
19
植 村
太 一
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
-
-
-
-
0
68
7
20
7
16
拓
佑
柿 崎
智 弥
黒 政
成 広
合 計
PTS
/ 中 村
渡 邉
/ 佐 々 木
/ 高 橋
33
Aコーチ
0
純 也
/ 平 塚
× 佐 藤
コーチ
8
No,
4
選手氏名 Name of Players
× 畠 山
/ 若 月
CAP
コーチ
Aコーチ
96
5
38
5
11
/ 金 久 保
猪 狩
× 藤 原
× 盛 實
長 谷 川
佐 藤
信 長
栄 田
直 宏
CAP
合 計
※×:スターター /:交代選手 PTS:ポイント 3P:3Pポイントシュート 2P:2Pポイントシュート FT:フリースロー F:ファウル
5年連続6回目の優勝を狙うJR東日本秋田と、18年ぶり15回目の優勝を狙う能代工業との男子決勝戦。
第1ピリオド:両チームともマンツーマンでスタート。JRが#0畠山のシュートで先制すると、能代工業も
すかさず#5荒木がシュートを決め、開始3分は一進一退の展開が続く。JRのディフェンスが激しくなると
能代工業の得点が止まり、JRは#9石橋の連続得点で徐々に点差が広がる。残り4分、能代工業のタイムア
ウト後からディフェンスをオールコートプレスに変えて相手のミスを誘うが、リバウンドを支配したJRが
主導権を握ったまま27-11で終了。
第2ピリオド:逆転したい能代工業はオールコートマンツーマンでプレスをかける。JRは#9石橋、#33佐
藤(光)を中心にオフェンスを組み立て、得点につなげていく。対する能代工業は#4長谷川を中心にオフェン
スを組み立てていく。アウトサイド中心のオフェンスが目立つ能代工業に対し、JRはインサイド、アウト
サイドとバランスよく加点していく。このピリオドは両者互角の展開となり、前半を46-28とJRリードで
折り返す。
第3ピリオド:巻き返しを図りたい能代工業は#16大髙のシュートで先制するが、マンツーマンディフェンス
がうまく機能せず点差が広がる。JRはリバウンドからのファーストブレイク、アウトサイドシュートで確
実に点差を広げていく。少しでも点差を縮めたい能代工業は選手交代を繰り返すが点数に結びつかない。73
-39とJRがリードを広げ、ピリオドを終了。
第4ピリオド:追いつきたい能代工業はオールコートディフェンスでプレッシャーを強めるが、JRは落ち着
いてボールを運び、合わせのプレー、インサイドアウトのシュート等で着実に得点していく。勝利への執念
を見せたい能代工業は、#4長谷川、#6中村が奮起し、得点につなげていくが、終始JRのペースは変わら
ず、リバウンドとシュート確率で勝るJRが96-68の圧勝で優勝を飾った。
文責 【 【大山 忠則
】
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
16
File Size
283 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content