close

Enter

Log in using OpenID

FR-BU2-H220K

embedDownload
名 称(形名)
仕様・構造など
• 結線図
ON
T
MC
NFB
インバータ
MC
*1
モータ
U
V
W
R/L1
S/L2
T/L3
3相交流
電源
PR
PX
M
MC
抵抗器ユニット
または放電抵抗器
P
PR
PR
*3
OFF
*4
P/+
N/-
*3
マスタ/
スレーブ用信号
PR
A
B
C
P/+
N/-
リセット
ブレーキ許可信号
抵抗器ユニット
または放電抵抗器 P
PR
P/+
N/-
*3
A
B
C
RES
BUE *2
SD
MSG
SD
MSG
SD
RES
BUE *2
SD
MSG
SD
MSG
SD
ブレーキユニット
FR-BU2
ブレーキユニット
FR-BU2
複数台接続する場合
∗1
∗2
∗3
∗4
FR-A820-7.5K(00490) 以下、FR-A840-7.5K(00250) 以下のインバータで FR-BU2 を使用する場合は、
必ず端子 PR と
PX の間の短絡片を外してください。
BUE と SD は初期状態で短絡片が接続されています。
必ずインバータの端子(P/+、N/-)とブレーキユニット(FR-BU2)の端子記号が同じになるように接続してくださ
い。接続を誤るとインバータが破損します。(FR-A820-15K(00770) ∼ 22K(02150)、FR-A840-18.5K(00470) ∼
55K(01800) は端子 P3、N/- です。)
DC リアクトルを接続する場合以外、端子 P/+ と P1 の間の短絡片は外さないでください。
電源が 400V クラスの場合には降圧トランスを設置してください。
• 外形寸法図
《FR-BU2》
ブレーキユニット
FR-BU2-(H)[]K
抵抗器ユニット
FR-BR-(H)[]K
MT-BR5-(H)[]K
放電抵抗器
GZG 形
GRZG 形
H
H
形名
W
FR-BU2-1.5K ∼ 15K
W
D
D
FR-BU2-H220K、H280K
FR-BU2-1.5K∼55K
FR-BU2-H7.5K∼H75K
D
128
132.5
FR-BU2-30K
108
128
129.5
FR-BU2-55K
170
128
142.5
68
128
132.5
FR-BU2-H7.5K、H15K
W
H
68
FR-BU2-H30K
108
128
129.5
FR-BU2-H55K、H75K
170
128
142.5
FR-BU2-H220K、H280K
250
300
200
(単位 mm )
H
《GZG、GRZG》
W
D
形名
W
GZG300W
335
40
D
78
H
GRZG200
306
26
55
GRZG300
334
40
79
GRZG400
411
40
79
(単位 mm )
《FR-BR》
D
形名
H
W
H
D
FR-BR-15K
170
450
220
FR-BR-30K
340
600
220
FR-BR-55K
480
700
450
FR-BR-H15K
170
450
220
FR-BR-H30K
340
600
220
FR-BR-H55K
480
700
450
(単位 mm )
W
85
《MT-BR5》
800
NP
TH2
E
85
M4
30
P PR TH1
40
M6
193
189
37
60 10 21
480
510
75
4φ15取付け穴
123
7.5
300
450
75
7.5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
31
File Size
950 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content