close

Enter

Log in using OpenID

KENTEN - 社団法人・日本建築材料協会

embedDownload
建築材料・住宅設備総合展
建
展
▲
6.10● 12●
水
金
10:00∼17:00
インテックス大阪4号館
(大阪市住之江区南港北1-5-102)
2015
出 展 の ご 案 内
主催:一般社団法人日本建築材料協会、日本経済新聞社、テレビ大阪、テレビ大阪エクスプロ(順不同) 共催:大阪建築金物卸商協同組合
お問合せ先
http://ken-ten.jp
建築材料・住宅設備総合展 KENTEN事務局
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15(テレビ大阪エクスプロ内) Tel: 06-6944-9916 Fax: 06-6944-9912 E-mail: k[email protected]
5
POINT
つのポイント 「快適」
「環境」
「省エネ」
「安全」
「安心」をキ
P O I N T
建築材料・住宅設備の最新情報を発信する
西日本最大級の建材関連総合展
西日本最大級の建築材料・住宅設備総合展
1
「KENTEN」は最新の商品・情
報・技術が一堂に集まる西日本最
大級の建築材料・住宅設備総合
展です。建築設計事務所、工務
店、建材メーカーなど業界キーマ
ンが多数来場します。
出展者数/小間数
官公庁・地方自治体・関連団体 1.9%
3日間合計 16,509人
保守・メンテナンス業 2.4%
(前回実績)
やノウハウを持ち寄り、
(一社)日本建築材料協会のネットワークと日本経
済新聞社、テレビ大阪の各媒体を活用する広告宣伝活動は、他展示会の
追随を許しません。
2つの同時開催展示会により、住まいに関する情報・技術
3
4
5
関西エクステリアフェア
2015
防犯防災総合展 in KANSAI 2015
会 期:2015年6月11日(木)
・12日(金)の2日間
主 催:防犯防災総合展実行委員会、テレビ大阪株式会社
来場対象:・官公庁・地方自治体・関連団体・建築、土木関係、設計事務所、工務店等
・不動産、ビル・マンション管理会社等・各企業の防災・防犯担当者等
5号館
1号館
第10回関西エクステリアフェア 2015
会 期:2015年6月11日(木)
・12日(金)の2日間
主 催:関西エクステリアフェア 2015実行委員会
高い出展効果&出展満足度
前回(KENTEN2014)ご参加
いただいた出展者様の多くが展
示会後に「今後の商談に期待が
できる」とご返答いただいてお
り、出展の成果についても9割の
出展者様に満足をいただいてお
ります。
POINT
(建材・設備などの)商社 12.
5%
日本建築材料協会、日本経済新聞社、テレビ大阪グループ
「防犯防災総合展 in KANSAI
2015」と「第10回関西エクステ
リアフェア 2015」との同時開催
をすることにより、広報宣伝面で
の相乗効果による高い集客力と、
来場者の相互交流によるビジネ
ス機会の創出を図ります。
POINT
流通関連
(小売業・飲食業・サービス業)7.5%
登録来場者数
本展示会は(一社)日本建築材料協会と毎年3月開催の日経メッセ「建築・
建材展」を主催する日本経済新聞社と「防犯防災総合展 in KANSAI」を
主催するテレビ大阪グループが共催する展示会です。各社・団体の強み
POINT
発注者
(店舗オーナー・ビルオーナーなど)1.0%
125社・団体/195小間
2
POINT
来場者業種
大学・学校、研究機関等の専門家
および関係者、その他ユーザー 2.0%
出展の成果について
不満である 9.3%
どちらかと言えば
満足している
40.7%
大いに満足している
7.4%
満足
している
42.6%
専門家による専門家のための講演会・セミナー・企画コー
業界関係者に関心が高いテーマ
を取り上げ、多彩な講師を招いて
のセミナーや企画を実施します。
特別講演、基調講演
主催者より「最新技術の紹介」
「建築業界の今後」
「企業の取り組み」について講師を招き行なう講演会
プレゼンテーションセミナー
各出展者様から来場者に向けて最新技術を発表
するセミナー
住まいの省エネ・創エネ・蓄エネフェア
・
「省エネ」
「創エネ」
「蓄エネ」に関する展示
・特別講演会
産学連携コーナー
建築業界と研究・教育機関である大学・学生との交流・
連携を促進する取り組みとして各大学での研究成果を
ご紹介
・研究成果展示 ・学生プレゼンテーション
建築プロフェッショナルセミナー
専門家と企業による建築家のための建築技術・設備専
門セミナー
開催概要
建材メーカー・住宅設備メーカー・
インテリア関連メーカー 22.1%
名 称 建築材料・住宅設備総合展 KENTEN2015
会 期 2015年6月10日〔水〕∼12日〔金〕 〔3日間〕
会 場 インテックス大阪 4号館(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102)
主 催 一般社団法人日本建築材料協会、日本経済新聞社、テレビ大阪、テレビ大阪エクスプロ(順不同)
共 催 大阪建築金物卸商協同組合
後 援 経済産業省、国土交通省、農林水産省、環境省、大阪府、京都府、兵庫県、大阪市、京都市、
神戸市、大阪商工会議所、在名古屋カナダ領事館、
(一社)大阪空気調和衛生工業協会、
(一社)大阪建設業協会、
(一社)大阪府設備設計事務所協会、
(一社)大阪電業協会、
(公社)大阪府建築士会、
(一社)大阪府建築士事務所協会、
(一社)建築設備技術者協会 近畿支部、
(一社)日本建設業連合会、
(一社)日本建築構造技術者協会 関西支部、
(公社)日本建築家協会 近畿支部、
(一社)日本建築学会 近畿支部、
(一社)日本建築協会、
(公社)日本建築積算協会 関西支部、
(一社)関西建築構造設計事務所協会〔前回実績〕
運営事務局 テレビ大阪エクスプロ
入 場 料 金 無料〔登録制〕
目標来場者数 18,000人
展 示 面 積 6,729㎡〔予定〕
展 示 規 模 140社・団体、220小間〔見込み〕
出 展 料 金 300,000円(税別)
(1小間:9㎡、間口3m×奥行3m×高さ2.7m)
住宅メーカー・工務店・リフォーム業
14.5%
出展対象
ーワードに
建築設計事務所 7.0%
建設業(ゼネコン・サブコン)5.8%
その他
20.2%
不動産・デベロッパー 3.0%
建材関連
による共催展示会
内・外装工事材、金属工事材、左官工事材、木工事材、防水工事材、屋根工事材、塗装工事材、
合成樹脂材、遮音工事材、断熱工事材、耐震工事材、免震工事材、雑工事材、コンクリートブロック、
タイルガラス、建築金物、建具、塗料、接着剤 ほか
住宅設備関連
電気設備、給排水設備、ガス設備、空調設備、排煙設備、厨房設備、浴室/浴槽/トイレ/洗面設備、
階段、物置、ソーラーシステム、防災設備、避難設備・機器、ホームオートメーション関連機器、
ホームセキュリティー設備・機器、生ゴミ処理設備、ユニット家具、室内装飾材、照明機器、音響設備、
ホームシアター関連設備・機器、フィットネス設備健康機器 ほか
が集結
景観材料・エクステリア関連
KENTEN
建
展
門扉、フェンス、園芸資材、造園設備、公園設備資材街灯、庭園灯、各種景観材料、各種駐車設備、
テラス土壌改良剤、緑化資材、舗装資材、DIY資材 ほか
2015
環境関連
6号館B
4号館
3号館
6号館A
2号館
防犯防災総合展
in KANSAI 2015
リサイクル建築資材、廃棄物再利用土木資材、省工ネ建築工法、蓄熱式冷暖房システム、
コ・ジェネシステム、冷熱利用システム、太陽光発電システム、土壌改良システム、
屋上緑化関連資機材、雨水利用関連機器排水処理システム ほか
健康住宅関連
ノンホルマリン建材、抗菌・抗力ビ建材、通気・換気システムほか
高齢者対応住宅関連
商談内容について
バリアフリー関連資機材、介護機器、ホームエレベーター、階段昇降機 ほか
今後の商談に
期待できない 7.7%
リフォーム関連
リフォーム対応建築材料・設備、
リフォーム対応ソフト・システム ほか
耐震・制震・免震関連
耐震構造材・補強部材、制震・免震システム・工法、各種地震対策設備・建材・サービス ほか
今後の商談に期待できる
92.3%
※KENTEN2014
出展者アンケートより
ナー
建設ソフト・システム関連
各種設計CAD、建築CAD/CG、設備CAD、インテリアデザインシステム、都市・住宅デザインシステム、
各種積算システム、工事原価管理システム、測定・分析機器 ほか
図書・情報・サービス関連
各種建築・住宅関連図書、建築・住宅関連情報サービス ほか
来場対象
■建築設計事務所 ■建設業(ゼネコン・サブコン) ■建材メーカー・住宅設備メーカー・インテリア関連メーカー
■住宅メーカー・工務店・リフォーム業 ■不動産・デベロッパー ■(建材・設備などの)商社 ■保守・メンテナンス業 ■官公庁・地方自治体・関連団体 ■流通関連(小売業・飲食業・サービス業) ■発注者(店舗オーナー・ビルオーナーなど)
■大学・学校、研究機関等の専門家および関係者、その他ユーザー
※上記概要・内容は、2014年8月時点の予定です。展示会規模などの都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。
広報宣伝プラン
日経グループのメディアを中心に活用し、各メディアでの来場者を誘致します。
新聞
交通広告
●
日本経済新聞への広告
●
一般紙・業界新聞の広告
●
JR西日本及び大阪市営地下鉄にて中吊り・車内広告、主要駅にて
駅貼り広告を掲出
●
私鉄各社(阪急・南海・阪神・京阪・近鉄)の主要駅にて駅貼り広告を掲出
テレビ
●
主催者であるテレビ大阪での告知CMを放送
インターネット
●
各報道機関への告知を強化し、各媒体での露出を増やします
公式サイトを使用しての情報発信
雑誌、機関誌
●
建築・建材・建設業界紙、専門誌への広告
●
関連団体発行の機関誌による告知&特集
ポスター・招待券・展示会ガイド
●
出展者に対して告知用のポスター、招待券などの広報ツールを
希望枚数無料提供いたします
●
後援団体に対しても広報ツール(ポスター、招待券)を配布し広報活動
にご協力いただけるよう依頼を行います
DM(ダイレクトメール)
&メール配信
「建築・建材展」の来場者データを使用し、開催告知に関する
●
メール配信を実施予定
●
本展の前回来場者や関西地方の建築事務所や工務店に対して、
招待券の発送とメール配信にて告知活動を行います
ビジネスにつながる質の高いユーザー層を動員
(建設設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカー・工務店・リフォーム業)
KENTEN2014広報実績
新聞広告
●
DM
日本経済新聞:2月26日(水)夕刊/2月28日(金)朝刊・夕刊/
●
3月5日(水)夕刊/3月8日(土)夕刊/
3月9日(日)朝刊/5月15日(木)夕刊/
5月16日(金)朝刊/5月21日(水)夕刊/
事務局より発送:
建築事務所・工務店/5月15日/1回目
防犯・防災総合展と共同/5月末/2回目
●
5月22日(木)朝刊/5月30日(金)朝刊/
アーキテクツ・スタジオ・ジャパンより発送:
建築家・建築スタジオ/5月12日、28日
●
読売新聞:6月6日(金)/朝刊
●
全国賃貸住宅新聞:6月2日(月)
●
フジサンケイビジネスアイ:6月4日(水)
・6日(金)
・11日(水)
メール配信
●
住研タイムス
●
日本経済新聞:
「建築・建材展」来場者データより
●
日経BP社:属性ターゲットメール
●
建築知識ビルダーズ:メールマガジン
専門誌 ●
建築知識ビルダーズ:5月27日号
●
新建ハウジング:5月20日・30日号
合計10万枚の招待券を発送
合計20万件のメール配送を実施
スポットCM
機関誌
●
けんざい:日本建築材料協会
●
大阪府建築産業協会機関誌:大阪府建築産業協会
●
テレビ大阪:15秒、併催展との合同15秒/
5月13日∼6月12日
●
建築人:大阪府建築士会
交通広告
●
まちなみ:大阪府建築士事務所協会
●
大阪市営地下鉄 ドア横額面 ポスター
●
日経REVIVE
●
ニュートラム線 ドア横額面 ポスター
●
JR西日本 主要駅 ポスター駅貼り
●
私鉄各社(阪急、南海、阪神、京阪、近鉄) ポスター駅貼り
その他
KENTEN2014会場レイアウト〔インテックス大阪 4号館〕
501
ストックスペース
第1
セミナー
会場
日本
文化用品
安全
試験所
502
奈良工業高等
専門学校
R-04
401
夢
ハウス
303
エヌ・エス
・ケー
ニシダ
工業
302
301
300-2
ドリンク
配布コーナー
休憩スペース
プロ
ホーム
・大台
タムラ
プラン
ニング
503
504
505
ALSOK
アイリス
オーヤマ
R-02
ストックスペース
201
大阪
建築金物
卸商
協同組合
202
清水
204
カタログ
展示コーナー
朝日工業
川喜金物
大一鋼業
207
208
ジョー・
プリンス アシスト
竹下
日本建築
総合試験所
403
510
住研
タイムス
511
新建ハウジング
桑本
総合設計
405
タイコー
軽金属
404
森村
金属
安田
第2
セミナー
会場
407
408
エスケー化研
サンゲツ
409
水生活
製作所
日本
トリム
414
416
310
淀川
製鋼所
光
ユニオン
105
103
104
駒谷
マツ六
丸喜
金属本社
タキヤ
横森
製作所
210
212
110
新協和
308
309
ハマ
キャスト
オイレス
ECO
児玉
ハイ
ロジック
217
浪速
鉄工
山陽
山中
製作所
216
フェルーフ
FEROOF
215
113
長尾木鋼
栃木屋
クマモト
帝金
エイト
日本デコ
ラックス
102
106
109
112
出入口
114
ビス
ダック
ジャパン
シャープ
化学
工業
219
115
116
中部
アイ
コーポ ・エム
レーション ・エー
出入口
岡本
インター
ナショナル
312
313
九州
ハイテック
220
222
佐渡島
君岡
鉄工
東邦
レオ
ベル
テック
221
223
117
119
121
123
タケウチ
建設
建材
試験
センター
カツロン
ラスコ
ジャパン
カネシン
オメガ
ジャパン
アズビル
LED光
商事
118
120
122
124
315
317
マツボー サンコー
休憩スペース
日本
セメント
防水剤
製造所
311
ハウゼコ
218
111
108
107
214
213
413 ブレス
サイ
エンス
307
理研
軽金属
工業
411
P・C・G・テクニカ
406
306
211
410
ダイナガ
415
ローヤル
電機
共和
305
ハンマー
シロクマ
キャスター
206
101
太幸
209
205
203
大阪
建築防災
センター
509
ダイケン
大阪
金物団地
協同組合
508
506
304
R-01
507-2 507-3
香港貿易 近畿
発展局 大学
507
日本建築
材料協会
神々の国しまねの木
412
402
夢ハウス
300-1
リーフ
山長
商店
224
225
平田
ネジ
王建
工業
125
西邦
工業
314
316
226
228
大丸
白倉商店
九州
日栄
東亜
コルク
大和
ハウス
工業
227
229
127
金具工房 ケーアイ
まえだ
エヌ
日本鳩対策
厦冂中岸
センター大阪
進出口
ベル
126
フジナガ
230
128
131
出入口
232
福井
コンピュータ ジェット
アーキテクト
エス
ロイヤル
イーエル
231
233
132
メルシー
R-05
R-06
133
130
テクノ
129
コンピュータトゥールズ
システム
研究所
I&C
関包
スチール
ストックスペース
R-03
マー
ベックス 都市再生
機構
西日本
支社
134
出入口
カタログ
展示コーナー
KENTEN2014出展者一覧
株式会社I&C
神々の国しまねの木
株式会社アイ・エム・エー
川喜金物株式会社
アイリスオーヤマ株式会社
関包スチール株式会社
朝日工業株式会社
君岡鉄工株式会社
株式会社アシスト
株式会社九州日栄
アズビル株式会社
株式会社九州ハイテック
厦門中岸進出口有限会社
株式会社共和
ALSOK
近畿大学建築学部
株式会社エイト
株式会社クマモト
有限会社エスイーエル
株式会社桑本総合設計
エスケー化研株式会社
株式会社ケーアイエヌ
エヌ・エス・ケー ニシダ工業株式会社
一般財団法人建材試験センター
LED光商事株式会社
児玉(株)エンジニアリング事業部
オイレスECO株式会社
株式会社駒谷
株式会社コンピュータシステム研究所
王建工業株式会社
大阪金物団地協同組合
サ 株式会社サイエンス
株式会社佐渡島
大阪建築金物卸商協同組合
株式会社サンゲツ
一般財団法人大阪建築防災センター
株式会社サンコー
岡本インターナショナル株式会社
山陽株式会社
オメガジャパン株式会社
カ 株式会社カツロン
ジェット株式会社
清水株式会社
金具工房まえだ (株)まえだ
シャープ化学工業株式会社
株式会社カネシン
ア
住研タイムス
ジョー・プリンス竹下株式会社
株式会社シロクマ
株式会社新協和
新建ハウジング
西邦工業(株) 大阪営業所
タ 大一鋼業株式会社
株式会社ダイケン
株式会社太幸
株式会社タイコー軽金属
ダイナガ株式会社
株式会社大丸白倉商店
大和ハウス工業株式会社
タキヤ株式会社
株式会社タケウチ建設
株式会社タムラプランニング&
オペレーティング
株式会社中部コーポレーション
帝金株式会社
テクノトゥールズ株式会社
東亜コルク株式会社
東邦レオ株式会社
(独)都市再生機構 西日本支社
株式会社栃木屋
株式会社長尾木鋼
浪速鉄工株式会社
奈良工業高等専門学校 産学交流室
一般社団法人日本建築材料協会
一般財団法人日本建築総合試験所
株式会社日本セメント防水剤製造所
日本デコラックス株式会社
株式会社日本トリム
日本鳩対策センター大阪 株式会社ベル
日本文化用品安全試験所
ハ 株式会社ハイロジック
株式会社ハウゼコ
株式会社ハマキャスト
ハンマーキャスター株式会社
株式会社P・C・Gテクニカ
株式会社光
株式会社ビスダックジャパン
平田ネジ株式会社
福井コンピュータアーキテクト株式会社
株式会社フジナガ
株式会社ブレス
株式会社プロホーム・大台
ナ
FEROOF
株式会社ベルテック
香港貿易発展局
マ 株式会社マーベックス
株式会社マツボー
マツ六株式会社
株式会社丸喜金属本社
株式会社水生活製作所
株式会社メルシー
森村金属株式会社
ヤ 安田株式会社
株式会社山長商店
株式会社山中製作所
株式会社ユニオン
株式会社夢ハウス
株式会社横森製作所
株式会社淀川製鋼所
ラ 株式会社ラスコジャパン
株式会社リーフ
理研軽金属工業株式会社
株式会社ロイヤル
ローヤル電機株式会社
KENTEN2014講演・セミナー
特別講演
The Seven Lamps of SHIN TAKAMATSU
建築家・京都大学名誉教授 株式会社高松伸建築設計事務所代表取締役 高松 伸氏
基調講演
「あべのハルカス」の計画および施工概要について
近畿日本鉄道株式会社 技術部 部長 安東 隆昭氏
スマートウェルネス住宅実現に向けた調査研究とその内容
慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 教授 伊香賀 俊治氏
近畿日本鉄道株式会社 技術部 課長 柏 雅之氏
国土交通省の最新動向とスマートウェルネス住宅・シティの概要について
我が国のスマートコミュニティ事業の現状
国土交通省 住宅局住宅生産課 企画専門官 豊嶋 太朗氏
経済産業省近畿経済産業局 エネルギー対策課 課長 中村 秀樹氏
スマートウェルネス住宅のすすめ
一般財団法人建築環境・省エネルギー機構 理事長 村上 周三氏
プレゼンテーションセミナー
10セッション開講(前回実績)
出展申込要項
小間情報
出展料金
300,000円(税抜)+消費税/小間(基礎パネル・小間番号ボードのみ付属
※右図参照)
カーペットなどその他備品は付属しません。下記パッケージブースのご案内を参照ください。
小間形態
①小間の大きさ:間口 約3m×奥行 約3m×高さ 2.7m(約9㎡)
②形態:複列(4小間以上)
または単列
4小間
<複列の例>
※6小間以上の複列が
独立小間(4面通路)
となります。
6小間
7小間
9小間
63㎡
9m
隣接小間
7m
※小間の位置は主催者にて決定させていただきます。小間の場所(角小間等)を指定しての申込みはできません。
パッケージブースのご案内
セット装飾ベーシックプランとオプションパーツ(展示台、照明、各種レンタル備品)を組み合わせることにより出展形態および出展製品に
合わせた独自の小間装飾を行うことができます。詳細は出展者説明会でご案内します。
ベーシックプランA
ベーシックプランB
オプションパーツ
・社名板
・システムパラペット
・床パンチカーペット
・受付カウンター×1台
・パイプイス×1脚
・アームスポットライト×3灯
・1次側幹線工事費1kW
・コンセント
会 社 名
会 社 名
オプションパーツ
・社名板
・システムパラペット
・床パンチカーペット
1小間
30,800円+消費税
1小間
2小間
60,300円+消費税
56,600円+消費税
2小間
95,100円+消費税
※ベーシックプランの内容・価格は変更する場合がございます。
申込方法
①最終ページの出展申込書にご記入、ご捺印の上、右記のKENTEN
申込書提出先/お問合せ先
建築材料・住宅設備総合展KENTEN事務局
事務局宛に郵送またはFAXでお申込みください。
②出展申込書の「出展ジャンル」には必ず1カ所のみチェックを入れて
ください。
③出展内容が本展開催趣旨・目的に沿わない場合は、出展をお断りす
ることがあります(※詳細は事務局にお問合せください。)。
④申込出展者以外に共同出展する企業を表記する場合は、出展申込
書の「共同出展者」欄に必ずご記入ください。
※申込小間数は1小間を単位とします。
※角小間を条件とした申込みはできません。
※会場の運営上、1小間あたり9㎡を基本として、特殊寸法になることがあります。
申込締切日
2015年3月13日(金)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15(株)テレビ大阪エクスプロ内
TEL:06-6944-9916 FAX:06-6944-9912
E-mail : [email protected]
出展料金のお支払い
①事務局からの請求により、出展料金全額を指定の銀行口座に
お振込みください。
②支払期限
2015年4月30日(木)
出展申込みの取消(キャンセル)
出展者の都合により、やむなく出展の取消、もしくは申込み内容の変更を行う場
合には、その理由を明記した文書を事務局に提出し、取消には下記の出展取消
料をお支払いください。
書面による取消通知を受領した日
2015年3月14日∼2015年3月31日
2015年4月1日以降
※但し、満小間になり次第締切ります。
出展取消料
出展料金の50%
出展料金の100%
申し込みスケジュール
出展
申込期限
2015年
3月13日
(金)
出展者
説明会
(予定)
2015年
4月中旬予定
出展業務
手続き
2015年
4月中旬より
順次
出展料金
支払期限
2015年
4月30日
(木)
展示会場
搬入・装飾
2015年
6月8日
(月)
∼9日
(火)
※上記内容は、2014年8月時点の予定です。展示会規模などの都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。
KENTEN
2015
建
展
開会
閉会
2015年
6月10日
(水)
2015年
6月12日
(金)
搬出・撤去
2015年
6月12日
(金)
午後5時∼
即日撤去
建築材料・住宅設備総合展
KENTEN
建
展 2015
※控えとしてコピーをお取りください
KENTEN事務局殿
年 月 日
裏面記載の出展規程を遵守することを承諾し、 下記の通り出展を申込みます。
出展者
●
申込日 :
出展申込書
フリガナ
役職
会
和文表記社名
社
名 英文表記社名
代
フリガナ
表
者 氏名
印
フリガナ
本社所在地
〒
TEL
FAX
ホームページURL http://
出展実務(連絡) フ リ ガ ナ
〒
担当者
所在地
役職
担 所属部課
フリガナ
当
者 氏名
●
TEL
印
FAX
E-mail
出展申込小間数
小間単価①
申込小間数②
¥300,000
(税抜)
出展料金(①×②)
支払予定期日
¥
年 月 日
小間
+消費税
支払期限 2015年4月30日(木)<厳守>
出展料を含め本展示会に関するすべての料金の消費税率は開催初日の6月10日時の税率が適用されます。詳しくは事務局までお問合せください。
キ
リ
ト
リ
線
●
出展内容等 *印刷物、ホームページ等に掲載させていただきますので、正確にご記入ください。
フリガナ
出展者名
〒
住 所
TEL
FAX
*今回出展される主なジャンルを 1ヶ所 チェックしてください。
出展分野
□ 建材関連
□ 住宅設備関連
□ 高齢者対応住宅関連 □ リフォーム関連
□ 図書・情報・サービス関連
□ 景観材料・エクステリア関連
□ 耐震・制震・免震関連
□ 環境関連
□ 健康住宅関連
□ 建設ソフト・システム関連
出展製品・内容 *50字程度。文章の場合は体言止めでご記入ください 例)建具関連商品の展示。
ホームページURL http://
共同出展者名
(共同出展者のある場合のみご記入ください。)
ホームページURL http://
●
連絡欄
一般社団法人 日本建築材料協会
事務局使用欄
受 付
受 付 日
受付番号
請求内容
出展料金
請求書 No.
請 求 日
入 金 日
1
4
7
2
5
8
3
6
9
建築材料・住宅設備総合展 KENTEN事務局 〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15(株)テレビ大阪エクスプロ内 TEL:06-6944-9916 FAX:06-6944-9912
※本申込書の記載内容は、
DMパンフレットなどの作成時に参考にします。また、出展受理連絡書や請求書の発行をはじめ、展示会事務局からの各種連絡、本展示会の関連広告のご案内、
主催者が開催する展示会に関するご案内の送付などに使用する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
出展規約
【1. 規約の履行】
出展者(以下「出展者」といい、その役員・従業員、関係者、代理店、施工・運営を委託する者など
を含む)は「建築材料・住宅設備総合展 KENTEN」以下「本展示会」という)に出展するにあた
り、本規約、主催者から提示された「出展のご案内」
(出展要項)および「出展細則・提出書類」
(出
展申込者に対して後日配布)の記載内容(これらを総称して以下「本展規約等」という。
【7.
展示
に関するルールの概要】
に一部記載されています)を遵守しなくてはなりません。これらに違反し
たと主催者が判断した場合、主催者はその時期(本展示会の搬入期間・開催期間を含む)を問わ
ず出展申し込みの拒否、出展の取り消し、小間・展示物・装飾物の撤去・変更の命令、または関連
サービスの提供中止を行うことができます。その際、主催者の判断基準・根拠などは公表しませ
ん。また出展者から事前に支払われた費用の返還には応じません。その他、出展取り消し、小間・
展示物・装飾物の撤去・変更によって生じた出展者の損害も補償しません。さらに出展者は出展の
取り消しによって主催者またはその関係者に生じた損害を賠償するものとします。
【2. 出展にあたっての諸注意】
2-1.出展者は、主催者が定める本展示会の開催趣旨に合致する製品・サービスを提供する法人・
団体などに限定します。また主催者は出展基準に従い、法人・団体および製品・サービスなど
が出展に適するか否かを決定する権利を持ちます。下記事例などに該当すると判断した場
合には出展申し込み受付の保留または出展をお断りする場合があります。
≪出展申し込み受付の保留または出展をお断りする事例≫
・
「出展申込書その他の提出書類の記載事項に不備や虚偽の申請などがあった場合」
7-3.装飾・展示物などの搬入・搬出および展示方法などは、
「出展細則・提出書類」に規定され、出
展者はこれを遵守しなければなりません。
7-4.出展者は、通路など自社小間内以外の場所で展示・宣伝・営業行為などを行うことはできませ
ん。また近隣の展示を妨害してはいけません。妨害の有無などは主催者が判断し、出展者は
これに従うものとします。
7-5.出展者は、強い光、熱、臭気、または大音量を放つ実演など他の出展者や来場者の迷惑とな
る行為を行ってはいけません。実演などが他の出展者や来場者に多大な迷惑を与えている
と主催者が判断した場合、主催者はその中止・変更を命じることができ、出展者はその判断
に従うものとします。なお、大阪市条例の中で危険物と見なされるものは危険物として届け
るものとします。
7-6.出展者は、展示会場に適用されるすべての防火および安全法規・行政指導を厳守しなければ
なりません。
7-7.本展示会会期中および会期後に他の出展者や来場者などに対し迷惑のかかる行為(強引な
セールス、勧誘、誹謗中傷、営業妨害またはそれらに類する行為など)があったと主催者が判
断した場合、主催者は出展中止または次回以降の出展申し込み拒否などの申し入れを行う
権利を持ち、出展者はこれに従うものとします。
7-8.本展示会会期中および会期後の出展者と来場者間における商談・契約内容などに関して、主
催者はその責を一切負いません。
7-9.出展者は主催者に届け出て了承を得た後、自社ブースおよび出展者が特定されない全景の
み撮影することができます。
・
「出展内容が本展示会の趣旨にそぐわないと判断される場合」
・
「出展者が第三者の権利(知的財産権、肖像権など)やプライバシーを侵害していると判断される場合」
・
「他の出展者や来場者などから苦情が予想される場合」
・
「出展者が自ら法的整理手続きの申し立てをし、あるいは申し立てを受けている場合」
・
「出展者が
【10.反社会的勢力の排除】
に定める反社会的勢力であることが判明した場合」
・
「その他、出展が著しく不相応と判断される場合」
2-2.出展申し込みを正式に受理した後(本展示会の搬入期間・開催期間を含む)でも、出展者が本
展規約等に違反したと主催者が判断した場合、主催者は出展を取り消す権利を持ちます。
2-3.疫病などでWHO(世界保健機関)の伝播地域に指定された国・地域からの出展を保留または
お断りする場合があります。なお、指定国・地域外においても主催者の判断で関連書類の提
出を求める場合があります。
【3. 出展申し込みおよび出展料金の支払い】
3-1.出展申込書は主催者が定める方法で提出するものとします。出展申込書を主催者が受領し、
出展審査を経た時点をもって正式な出展申込受理とします。なお「会社案内」
「製品カタロ
グ」など別途添付資料を定める場合があります。すべての添付資料をご提出いただかない場
合、主催者は出展申し込みの保留または出展をお断りする権利を持ちます。出展申込書、添
付資料その他すべての提出書類は返却しませんので、出展者はコピーなどをとりお手元に
保管するものとします。
3-2.出展申込受理の後、主催者は出展者に出展料金をご請求します。出展者は2015年4月30
日(木)までに指定の銀行口座へ振り込むものとします(振込手数料は出展者が負担してくだ
さい)。主催者が定める期日までに出展料金のお振り込みがない場合、主催者は出展申込受
理を取り消す権利を持ちます。
【4. 出展取消】
4-1.出展申込受理後の出展取り消し・解約は認められません。出展者の事情により、出展のすべ
てまたは一部の取り消し・解約をする場合、出展者は主催者が認める方法で主催者に届け出
たうえ、規定の出展取消料を主催者に支払わなければなりません。
4-2.出展取消料
○2015年3月14日(土)
∼2015年3月31日(火)
まで =請求金額の50%
○2015年4月1日(水)以降 =請求金額の全額
4-3.出展取消料以上の損害が主催者またはその関係者に発生している場合には、別途損害賠償
を請求することがあります。
【5. 展示スペースの割り当て】
5-1.展示スペースは、主催者が定める小間の配置・形状に基づき決定します。出展者はその結果
に従うものとします。
5-2.出展者は、主催者が定めた展示スペースをいかなる理由があってもその全部または一部を
他の出展者や第三者との間で交換・譲渡・貸与などすることはできません。
5-3.主催者は、会場ならびに所轄の警察署・消防署・保健所などによる指導・命令や出展キャンセ
ルなどがあった場合、小間配置の全体レイアウトを変更することができます。
【6. 各種書類の提出】
出展者は、
「出展細則・提出書類」の提出書類など主催者が求める各種書類を指定期日までに所
定の方法で提出しなければなりません。期日に遅れた場合、主催者およびその関係者は申込事項
を履行するか否かを決定する権利を持ちます。
【7. 展示に関するルールの概要】
7-1.出展申込書に記載された法人・団体および製品・サービスなどが出展対象となります。その関
連・関係会社およびグループ・提携関係にある法人・団体であっても出展申込書に記載がない
場合は、それらの製品・サービスなどの出展や、自社小間内でそれらの社名などの掲出がで
きない場合もありますのでご注意ください。
7-2.出展者は、出展申込書に記載された法人・団体および製品・サービスなどの出展内容などに
変更が生じた場合、速やかに主催者が定める方法で主催者に届け出たうえで、許可を得なけ
ればなりません。
【8. 個人情報の取り扱い】
8-1.出展者は、展示などを通じて「個人情報」を取得する場合、個人情報保護法および関連法令
を遵守し、適法かつ適切に取得しなければなりません。利用目的は必ず公表・通知し、その範
囲内で活用するものとします。特に第三者提供を行う場合は必ず「個人情報」の情報主体か
ら「同意」を取らなければなりません。
8-2.出展者は、展示などを通じて取得した「個人情報」について、法律に定められた「安全管理」
を遵守した適切な管理・運営を行わなければなりません。
8-3.出展者は、
「個人情報」の情報主体から展示などを通じて取得した「個人情報」の開示、訂
正、追加、削除、利用停止、消去の要求や、苦情の訴えなどを受けた場合、法令を遵守した適
法かつ適切な対応をとらなければなりません。
8-4.出展者が展示などを通じて取得・管理・運営する「個人情報」の情報主体または情報主体と主
張する者との間で紛争などが生じた場合、両者で協議して当該紛争の解決にあたるものとし
ます。かかる紛争に関し、主催者は一切の責を負いません。
【9. 損害賠償責任】
9-1.主催者はいかなる理由においても、出展者が展示スペース、印刷物および本展示会Webサ
イトを使用することによって生じた人および物品に対する傷害・損害などに対し、一切の責を
負いません。
9-2.出展者は、故意・過失の如何を問わず、展示会場内およびその周辺の建築物・設備および主
催者が用意した設備に与えたすべての損害について、遅滞なく賠償するものとします。
9-3.出展された製品・サービスについて他の出展者や第三者と紛争が起きた場合、主催者はその
責を一切負いません。出展者はその費用と責任において、これを解決、処理し、主催者には
一切迷惑をかけないものとします。万一、主催者に紛争に関連して損害等が発生した場合、
すみやかに補填しなければならないものとします。
9-4.主催者は、天災地変、疫病、交通機関の遅延・ストライキ、戦争、内乱、テロその他の不可抗
力のほか、主催者の責によらない事由による会期の変更・開催の中止によって生じた出展者
の損害は補償しません。
【10. 反社会的勢力の排除】
出展者もしくはその主要な株主や出資者、あるいは出展者が本展示会出展のために契約する者
(施工を委託する者を含むが、それに限らない)は、現に反社会的勢力(以下の①∼⑧に掲げる者
および団体をいう)ではないこと、または過去においても反社会的勢力ではなかったことを表明・
保証するものとします。
①『無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律』
に基づき処分を受けた団体もしくは
かかる団体に属している者、またはこれらの者と取引のある者、その他これらに類する団体も
しくはかかる団体に属している者またはこれらの者と取引のある者
②『組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律』に定める犯罪収益等隠匿もしく
は犯罪収益等収受を行いもしくは行っている疑いのある者、またはこれらの者と取引のある者
③『暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律』第2条第2号に定義される暴力団および
その関係団体ならびにその構成員
④総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団などの団体または個人
⑤暴力、威力、脅迫的言辞および詐欺的手法を用いて不当な要求を行い、経済的利益を追求す
る団体または個人
⑥前①∼⑤のいずれかに該当する者または団体(以下「反社会的団体等」という)
と関係すること
を示唆して不当な要求を行い、経済的利益を追求する者または団体
⑦反社会的団体等が代表し、または支配する法人その他の団体
⑧反社会的団体等が取締役、執行役、業務執行社員、監査役、理事、監事またはこれらに類する
地位の役職にある法人または団体
【11. その他】
11-1.本展規約等に関連して生じる一切の紛争は大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁
判所とすることに出展者は同意するものとします。
11-2.主催者が必要と判断した場合、出展者にあらかじめ通知することなくいつでも本展規約等
を変更することができるものとします
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
1 768 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content