close

Enter

Log in using OpenID

コンカレント プログラム DV被害母子同時並行プログラム学ぶ

embedDownload
南北海道教育臨床研究会 2014年度第4回定例学習会
コンカレント
プログラム
定員
15名
(先着順とさせ
ていただきます)
テキスト代
込み
2,500円
DV被害母子同時並行
プログラムを学ぶ
コンカレントプログラムは、DV被害を受け
たお母さんと子どものためのグループによる
心理教育プログラムです。お母さんと子ども
のそれぞれのグループが同時期に同じテー
マに取り組みながら、母子ぞれぞれの回復
や母子関係の回復を目指していきます。
今回は春原先生にコンカレントプログラム
の概要の講義と演習をしていただきます。
講師 春原(すのはら)由紀先生
武蔵野大学名誉教授 臨床心理士
詳しいプロフィールは裏面をご覧ください。
日時
場所
2014年12月13日(土)
9:00~16:00
函館短期大学 講義室S21
(函館市高丘町52-1)
受講料
地図は裏面をご覧ください
テキスト代1,500円、会員参加費1,000円
別紙の申込用紙をFAXまたは郵送してください。
同内容を事務局宛にメールしていただいても結構です。
[経歴]
都立松沢病院、目黒区教育相談室等を経て、昭和58
年~平成12年 埼玉純真女子短期大学教授、平成12
年~平成25年 武蔵野大学人間関係学部・大学院人間
社会研究科人間学専攻臨床心理学コース・心理臨床セン
ター・教授
春原由紀
先生
平成8年~現在に至る 原宿カウンセリングセンターカウン
セラー
[専門分野]
 児童臨床・母子臨床・カウンセリング・グループカウンセリング
プロフィール
武蔵野大学名誉
教授
お茶の水女子大
学大学院修了
臨床心理士
[臨床活動]
 武蔵野大学心理臨床センター子ども相談部門において、
子どもと母親への心理臨床的支援。特に、虐待や、DV被
害母子の臨床に力を入れている。また、原宿カウンセリング
センタ―のカウンセラーとして、カウンセリング業務に長年携
わっている。さらにNPO法人RRP 研究会(理事長:信
田さよ子)の理事として、DVに曝された母子へのコンカレン
トプログラム(母子同時並行心理教育プログラム)の実
践研究も進めている。また、PCIT-JapanやCAREJapanの理事を務めている。
[主な著書]
 「子ども虐待としてのDV」編著 星和書店2011
 「精神保健―子どもと家族の援助のために―」編著 樹村
房2005
 「保育者は幼児虐待にどうかかわるか」共著 大月書店
2004
 「親へのグループアプローチ」『児童虐待へのブリーフセラ
ピー』所収 金剛出版 2003
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
360 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content