close

Enter

Log in using OpenID

スクールカウンセラーだより Vol.3

embedDownload
宮浦中学校 スクールカウンセラーだより 平成 25 年度 2月
Vol 3
文責:渡辺貴(臨床心理士)
相談室の主な利用者
今回は「相談室の利用者の大半が女性(女子生徒)である」ことをお伝えしたいと思います。
・ 保育園や小中高等学校や病院、その他の相談機関などで、私が担当する方の 7~8 割は、女性です。
この学校の中でのスクールカウンセラー利用比率も、社会一般のそれと割合は同じようです。
ちなみにカウンセラー(臨床心理士)の県内男女比も3:7ぐらいなのですが偶然なのかな?
時々「男の人には相談しにくい」
「男の人は怖いからイヤ」といった声
が、女子生徒からあがることがあります。そう言う事もあるだろうな
ぁとお察しします。ごめんなさい。しかしまあ、こればっかりは私に
はどうにもしようがない事なので許してやってください。
最初はそんなことを言っていた女子生徒からも「話してみたら話しや
すかった」「話して良かった。すっきりした」といった感想をもらうことがほとんどなのも事実と
してご紹介しておきます。どうしても合わなければ、外部になりますが女性カウンセラーのいる場
所をご紹介することもできるので、何らかの形でご相談ください。
男性(男子生徒)の場合は、相談を心の弱みを見せる場と捉えるよりは、情報
提供や客観的判断を受ける場であると捉えてもらうと、相談に来やすいようで
あることも、お伝えしておきます。
暴追センターの人とお話ししてみました。
・仕事柄、いろいろな相談を受けたり、様々な専門家の人たちとお会いするのですが、つい最近は、
暴力追放センターの方からお話を伺う機会がありました。教育機関が配布している相談機関リスト
に入ることはないので、みなさんご存じないかと思います。そこでのそこで仕入れた知識を踏まえ、
私の専門家としての視点も加えてまとめましたので紹介しておきますね。
・私がお話を伺ったその方は、元刑事課の警察官の方でした。暴力団やヤクザとよばれる人たちを相
手にお仕事をしてきた方ですから、迫力のある、そして心の熱い方でした。その方の話によれば、
人の弱みに付け込んで、お金を巻き上げて生活するのがヤクザなのだそうです。
・大体、その中でも一番格下の、チンピラやそれ未満の人たちが、中学を出たばかりのちょっと元気
のいい、意気がった子たちに声をかけ、遊んでくれたり、話を聞いて相談にのってくれたり、バ
イトや仕事の世話をしてくれるようです。大人に向けた第一歩を手探りで進み始めている子ども
たちはすっかり「友だちになった」とか「彼女になった」かのような感覚になるそうなのですが、
彼らは最初から、金銭的にも性的にも搾取する対象、カモとして子どもたちの事を見ていること
に注意しなければなりません。赤ずきんちゃんに出てくるオオカミさんよろしく、悪い事(怖い
事)をするまではいい人なわけです。
・中学まではゲームセンターやカラオケ、深夜徘徊や夜中のファミレスとい
った、悪い大人と接点が生まれそうな、場所や時間をあらかじめ校則など
で制限することで、子どもを守ろうとしているのですが、いくら指導や補
導などを強化しても、自分たちを守るためにあるルールを自ら破るような
状態にある子たちまでは守りきれないのが現状です。だから大抵、高校生
になってしばらくしたぐらいには、被害に遭うようなことをしている子た
ちは、そうした世界に引き込まれてしまいます。
・悪い事をしていれば、悪い人が寄ってくるし、悪い人と付き合っていれば自分も不幸になっていく
という典型なのかもしれません。それでも、なるべくそうならないようにと思いながら悪い事をし
ている生徒には注意をするようにしています。
・特に薬物の怖さは学校で習っても、売人やその使用者と接点を持つ怖さまでは習って
ないかもしれません。絶対にそういう人たちと接点を持つべきではないと色々な
ところで仕事をしていて思います。
・カモにされる時には、子ども相手にそこまでひどい事をするのかと思うぐらい、ひ
どい目に合うようです。逃げ出そうにも「バックに誰だれがいる」とか、
「お前も逮
捕されるぞ」とか、「どうせすぐ釈放されるから、その後でお礼参りに行くぞ」「俺
が捕まっても仲間が黙っちゃいない」等など、嘘を含めたあらゆる脅しや暴力を使
ってカモが警察に行かないようにし、追い込んでいくようです。
・対処の仕方としては、その場はお金を後で払う約束などして適当にやり過ごし、すぐに警察や暴追
センターに相談してくれとのことです。ほとんどの脅しが嘘で、「やりすぎちゃったかなー」とか
「めんどうくさい奴だな―他の楽なカモを絞るか」が彼らの感覚なのだそうで、実際にお礼参りに
会う事はほとんどないそうです。「ストーカーとヤクザは違う」と何度も力説されていました。
・暴力追放センターの電話番号は 025-281-8930 です。中学生のいじめや暴力についての相談はここ
ではなく、学校の中での外部性を大切にしながら勤務をしているスクールカウンセラーの私を含め、
すでに配布されあるいは掲示されている教育相談機関が適切です。どうぞご利用ください。
今年度残りの勤務日;2 月
ご予約は
13 日
宮浦中学校 025-247-5341
スクールカウンセラー窓口
「星名」「小池」
「山田」・「担任」 までお電話ください。
27 日
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
68
File Size
373 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content