close

Enter

Log in using OpenID

学校だよりNO28;pdf

embedDownload
2015年(平成27年)3月24日(火)
の
始
業
式
を
迎
え
ま
し
ょ
う
。
く
れ
ぐ
れ
も
事
故
や
ケ
ガ
・
病
気
に
気
を
つ
け
て
四
月
思
い
ま
す
。
食
事
・
九
十
分
学
習
」
を
心
が
け
て
生
活
し
て
欲
し
い
と
※
給
食
は
あ
り
ま
せ
ん
。
ま
し
た
。
す
る
決
意
で
す
。
お
世
話
に
な
り
本
当
に
有
り
難
う
ご
ざ
い
携
わ
り
ま
す
。
南
中
で
学
ん
だ
こ
と
を
活
か
し
精
一
杯
努
力
四
月
か
ら
は
北
海
道
美
唄
養
護
学
校
で
特
別
支
援
教
育
に
こ
と
の
で
き
な
い
思
い
出
と
な
り
ま
し
た
。
い
で
す
。
九
年
間
の
南
中
で
の
教
員
生
活
は
、
生
涯
忘
れ
る
た
。
皆
様
方
に
育
て
て
い
た
だ
き
感
謝
の
気
持
ち
で
い
っ
ぱ
生
活
リ
ズ
ム
改
善
ス
ロ
ー
ガ
ン
「
八
時
間
睡
眠
・
三
度
の
午
前
十
一
時
四
十
五
分
下
校
予
定
年
に
備
え
る
こ
と
が
大
切
で
す
。
具
体
的
に
は
、
南
中
式
午
前
八
時
二
十
五
分
ま
で
に
登
校
に
、
学
習
面
で
は
復
習
を
し
っ
か
り
と
お
こ
な
い
、
新
学
生
活
リ
ズ
ム
を
崩
さ
な
い
よ
う
に
心
が
け
る
と
同
時
配
布
し
ま
し
た
。
ご
確
認
下
さ
い
。
沢
山
の
方
々
に
お
世
話
に
な
り
ま
し
で
「
あ
っ
」
と
い
う
間
に
終
わ
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
夏
休
み
や
冬
休
み
と
違
い
、
春
休
み
は
期
間
が
短
い
の
と
思
い
ま
す
。
成
長
点
や
次
年
度
に
努
力
す
る
こ
と
な
ど
が
確
認
さ
れ
た
修
了
証
書
(
通
知
表
)
を
受
け
取
り
、
こ
の
一
年
間
の
本
日
、
修
了
式
が
お
こ
な
わ
れ
ま
し
た
。
■発行日:平成27年3月24日
発行
■発行者:稚内市立稚内南中学校
■責任者:校長 藤間 直樹
■電 話:0162-23-4128
■ファックス:0162-22-7939
◇
内
◇ ◇
時 期
◇ ◇ ◇
内 時 期
間 日
容
間 日
容 間 日
一
校
時
…
着
任
式
・
始
業
式
通
常
ど
お
り
、
午
前
八
時
二
十
五
分
ま
で
に
登
校
在
校
生
は
通
常
ど
お
り
で
す
。
平
成
二
十
七
年
四
月
九
日
(
木
)
※
給
食
は
あ
り
ま
せ
ん
。
優
輔
た
。
お
陰
様
で
微
力
な
が
ら
も
教
育
活
学
校
か
ら
「
春
休
み
の
生
活
」
に
つ
い
て
プ
リ
ン
ト
を
◇ ◇
時 期
齊
藤
動
に
全
力
投
球
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
稚内市立稚内南中学校だより
保
護
者
の
皆
様
や
地
域
の
方
々
な
ど
、
稚
内
南
中
学
校
で
は
、
子
ど
も
た
ち
、
北
海
道
美
唄
養
護
学
校
教
諭
【
異
動
】
三
校
時
…
入
学
式
準
備
ざ
い
ま
し
た
。
二
校
時
…
学
活
正
午
(
十
二
時
〇
〇
分
)
下
校
平
成
二
十
七
年
四
月
八
日
(
水
)
校
内
に
は
入
れ
ま
せ
ん
。
※
制
服
ま
た
は
、
南
中
ジ
ャ
ー
ジ
を
着
用
。
また
しれ
本す。四たて
当。こ月。、
れか
と
に
お
から
て
らは
も
世
話
も豊
充
南富
実
に
な
中中
し方い協の
豊
生学
た々つ力み人富
り
ま
の校
二、もをなな
活へ
年情学おさつ町
し
た
躍赴
間熱校しんっ立
。
を任
をあをま、こ豊
期す
過ふ支な部く富
ど
う
待る
ごれえい活明中
するて保動る学
しこ
も
あ
、と
こ先下護やく校
応に
と生さ者行元
り
が
援な
が方るの事気
しり
出に地皆なな
と
う
てま
来囲域様ど生
いし
ままの、で徒
ご
米
田
達
雄
教
頭
【
異
動
】
生
徒
玄
関
に
掲
示
。
午
前
一
○
時
〇
〇
分
~
午
前
十
一
時
〇
〇
分
ま
で
平
成
二
十
七
年
四
月
七
日
(
火
)
2015年(平成27年)3月24日(火)
ま
力
す 新 を
。 任 頂
地 き
に ま
お し
い た
て 。
も あ
活 り
躍 が
さ と
れ う
る ご
こ ざ
と い
を ま
期 し
待 た
し 。
て
い
先
生
方
か
ら
の
あ
い
さ
つ
、
生
徒
会
代
表
の
あ
い
さ
つ
、
離
任
式
で
は
、
校
長
先
生
か
ら
の
紹
介
、
離
任
さ
れ
る
る
先
生
方
と
の
別
れ
を
惜
し
み
ま
し
た
。
卒
業
し
た
三
年
生
も
た
く
さ
ん
登
校
し
て
、
離
任
さ
れ
ま 康 が
す と 、 お
。 ご 離 別
活 任
さ れ
躍 れ は
を る さ
祈 先 び
念 生 し
申 方 い
し の の
上 ご で
げ 健 す
今
ま
で
稚
内
南
中
学
校
の
教
育
活
動
の
た
め
に
、
ご
尽
な
い
ま
し
た
。
の
贈
呈
が
お
こ
な
わ
れ
ま
し
た
。
の
教
職
員
が
転
出
さ
れ
ま
す
。
三
月
二
十
四
日
(
火
)
の
五
時
間
目
、
離
任
式
を
お
こ
最
後
に
生
徒
会
役
員
よ
り
花
束
い
ま
し
た
。
こ
の
た
び
の
人
事
異
動
で
、
稚
内
南
中
学
校
か
ら
八
名
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
こ
れ
ま
で
地
域
行
事
な
ど
で
大
変
お
世
話
に
な
り
、
本
当
に
最
後
に
な
り
ま
す
が
保
護
者
や
地
域
の
皆
様
方
を
は
じ
め
磯
小
学
校
で
も
頑
張
り
ま
す
。
今
ま
で
本
当
に
お
世
話
に
な
り
ま
し
た
。
あ
り
が
と
う
ご
ざ
か
せ
る
よ
う
に
一
生
懸
命
頑
張
り
た
い
と
思
っ
て
い
ま
す
。
新
し
い
学
校
へ
行
っ
て
も
南
中
学
校
で
学
ん
だ
こ
と
を
活
練
を
乗
り
越
え
て
更
に
前
進
し
続
け
て
く
だ
さ
い
。
り
組
む
姿
に
心
を
打
た
れ
ま
し
た
。
こ
れ
か
ら
も
様
々
な
試
時
に
見
せ
て
く
れ
る
笑
顔
や
真
剣
な
表
情
で
す
。
全
力
で
取
登
り
切
れ
な
い
南
中
坂
、
下
界
と
の
天
気
の
違
い
…
…
。
壁
板
の
修
理
、
吹
き
荒
れ
る
強
風
と
吹
き
溜
ま
る
雪
、
除
雪
、
四
年
間
お
世
話
に
な
り
ま
し
た
。
次
の
勤
務
地
で
あ
る
富
け
て
も
ら
い
ま
し
た
。
特
に
印
象
深
い
こ
と
は
生
徒
の
皆
さ
ん
が
様
々
な
行
事
の
花
壇
の
植
え
替
え
、
窓
ガ
ラ
ス
の
交
換
、
廊
下
や
体
育
館
の
保
護
者
や
地
域
の
方
々
に
も
た
く
さ
ん
支
え
て
頂
き
、
助
稚内市立稚内南中学校だより
中
島
幸
恵
て
も
ら
う
こ
と
が
多
か
っ
た
で
す
。
ら
っ
た
り
、
励
ま
さ
れ
た
り
、
学
ば
せ
こ
と
が
で
き
ま
し
た優中
。し生
さの
」持
にち
包味
みで
こあ
まる
れ「
毎人
日懐
をっ
過こ
ごさ
す・
の
群
れ
と
の
攻
防
、
草
刈
り
、
雪
融
け
大
雨
に
よ
る
雨
漏
り
、
気
な
子
が
多
く
、
私
自
身
も
助
け
て
も
に
な
り
ま
し
た
。
南
中
生
は
明
る
く
元
稚
内
南
中
学
校
で
は
四
年
間
お
世
話
稚
内
市
立
宗
谷
中
学
校
教
諭
【
異
動
】
松
岡
陽
子
一
年
間
と
い
う
短
い
期
間
で
し
た
が
南
こ
と
と
な
り
ま
し
た
。
こ
の
度
、
稚
内
養
護
学
校
へ
赴
任
す
る
北
海
道
稚
内
養
護
学
校
教
諭
【
期
限
満
了
】
熊
田
智
和
で
の
毎
日
は
、
花
壇
を
荒
ら
し
に
く
る
鹿
年
が
経
過
し
て
い
ま
し
た
。
そ
ん
な
南
中
中
に
配
属
さ
れ
て
か
ら
、
気
が
つ
け
ば
四
で
も
一
番
規
模
の
大
き
い
学
校
で
あ
る
南
学
校
用
務
員
と
し
て
採
用
さ
れ
、
市
内
稚
内
市
立
富
磯
小
学
校
技
師
【
異
動
】
ま
し
た
。
皆
様
の
ご
活
躍
を
心
よ
り
祈
っ
て
お
り
ま
す
。
ら
え
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
。
本
当
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
後
の
年
に
は
「
南
中
吹
奏
楽
の
フ
ァ
ン
で
す
」
と
言
っ
て
も
ま
た
、
吹
奏
楽
部
を
5
年
間
担
当
さ
せ
て
い
た
だ
き
、
最
分
野
で
の
ご
活
躍
を
期
待
し
て
い
ま
す
。
が
、
頑
張
り
た
い
と
思
い
ま
す
。
今
後
も
南
中
生
の
様
々
な
大
学
高
等
学
校
で
は
新
し
い
分
野
へ
の
挑
戦
に
な
り
ま
す
こ
こ
で
の
経
験
を
活
か
し
て
、
次
の
赴
任
先
で
あ
る
旭
川
本
当
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
り
た
い
と
思
い
ま
す
。
こ
こ
で
の
経
験
を
生
か
し
、
次
の
学
校
で
も
精
一
杯
頑
張
お
世
話
に
な
り
ま
し
た
。
本
当
に
感
謝
し
て
お
り
ま
す
。
様
に
顔
と
名
前
を
覚
え
て
も
ら
え
る
よ
う
に
な
り
、
何
か
と
き
ま
し
た
。
い
た
だ
き
な
が
ら
、
充
実
し
た
南
中
生
活
を
送
る
こ
と
が
で
の
日
々
は
、
私
の
か
け
が
え
の
な
い
宝
物
で
す
。
小
川
弘
晴
た
が
っ
て
、
保
護
者
や
担
当
地
域
の
皆
た
ふ
た
し
て
い
ま
し
た
が
、
慣
れ
る
に
た
ば
か
り
の
頃
は
訳
が
わ
か
ら
ず
に
あ
い
に
異
動
す
る
事
に
な
り
ま
し
た
。
来
稚
内
南
中
学
校
に
来
て
、
七
年
、
つ
稚
内
市
立
稚
内
東
中
学
校
教
諭
【
異
動
】
田
中
介
域
、
保
護
者
、
地
域
の
皆
様
に
協
力
し
て
り
で
し
た
。
南
中
学
校
で
の
二
年
間
は
地
し
た
。
着
任
時
は
分
か
ら
な
い
こ
と
ば
か
居
た
南
中
学
校
を
離
れ
る
こ
と
に
な
り
ま
こ
の
た
び
、
期
限
満
了
に
つ
き
二
年
間
旭
川
大
学
高
等
学
校
教
諭
【
期
限
満
了
】
堺
田
美
幸
す
る
こ
と
が
で
き
ま
し
た
。
南
中
学
校
で
支
え
ら
れ
、
多
く
の
こ
と
を
学
び
、
成
長
生
徒
・
保
護
者
の
皆
様
・
地
域
の
方
々
に
一
年
半
と
い
う
短
い
期
間
で
し
た
が
、
稚
内
市
立
声
問
小
学
校
養
護
教
諭
【
期
限
満
了
】
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
52
File Size
682 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content