close

Enter

Log in using OpenID

PDFダウンロード(0.2MB)

embedDownload
DICOM Conformance Statement
for
TEAC
DICOM Gateway
MV-3CH-D
Rev1.0
ティアック株式会社
Copyright(C)TEAC Corporation.2014 All right reserved.
目次
1. 序章
1.1 本書の目的
1.2 関連資料
1.3 省略表記
2. 実装モデル
2.1 アプリケーションデータフロー図
2.2 アプリケーションエンティティの機能定義
2.3 実世界活動の順序制御
2.4 アプリケーションエンティティ仕様
3. アプリケーションエンティティ仕様
3.1 アソシエーションの確立方法
3.1.1 概要
3.1.2 アソシエーションの数
3.1.3 非同期性
3.1.4 実装識別情報
3.2 実世界活動によるアソシエーションの関係
3.2.1 実世界活動シーケンス
3.2.2 プレゼンテーションコンテキスト
4. 通信プロファイル
4.1 サポートする通信スタック
4.2 TCP/IPスタック
4.3 物理媒体
4.4 Point to Point スタック
5. 拡張/特殊化/私有化
5.1 拡張
5.2 私有化
6. コンフィギュレーション
7. 拡張文字セットのサポート
8. 付記
2
1. 序文
1.1 本書の目的
本書は、ティアック社DICOM GatewayのMV-3C のDICOM 転送機能に関する
DICOM 3.0への適合性について宣言するものです。
本書では、アプリケーションエンティティで構成されるコンポーネントのDICOM機
能のみを取り扱っています。
このDICOM規格準拠条件は、DICOM SCU 機能に適用され、DICOM 3.0と互換性の
ある機器へイメージ情報を送信・MWM情報の受信・MPPSの送信をするための送受信構造
及び送受信方法を取り扱います。MV-3Cの他の機能及び、DICOM 3.0の適応範囲外
の接続仕様について記述するものではありません。
1.2 関連資料
ACR-NEMA Digital Imaging and Communications in Medicine, DICOM 3.0
1.3 省略表記
DICOM Digital Imaging and Communications in Medicine
医療におけるデジタルイメージグ及び通信
NEMA National Electrical Manufacturing Association
米国電機製造者協会の発行する規格
AE Application Entity
SCP Service Class Provider
SCU Service Class User
TCP/IP Transmission Control Protocol/Internet Protocol
UID Unique Identifier
3
2 実装モデル
MV-3C は、外部の DICOM サーバとの間に接続されたイーサネットを介し次の機能を
持ちます。
・保存サービスクラスを用いて、二次取得画像情報を転送する機能。
・モダリティワークリスト管理サービスクラスを用いて、ワークリストから検査を選
択し開始する機能。
・モダリティ実施済み手続きステップ取得クラスを用いて、検査の開始・終了を通知
する機能。
2.1 アプリケーションデータフロー図
MV-3C に患者 ID が入力されるか、ワークリスト取得操作が行われると(設定に依存)、
MV-3C AE は、外部装置に対してアソシエーションを開始します。ここでアソシエーシ
ョンが確立すれば、MV-3C AE は外部のワークリスト・サーバに患者 ID、日付、モダリ
ティ、AE Title での照合を要求します。応答結果を受信するか、エラーが発生した時に
は、このアソシエーションは終了します。
MV-3C で検査開始後、一枚目の画像を取得すると、MV-3C AE は外部装置に対してア
ソシエーションを開始します。ここでアソシエーションが確立すれば、MV-3C AE は外
部のモダリティ実施済み手続きステップ取得クラスにその内容を通知します。応答結果
を受信するか、エラーが発生した時には、このアソシエーションは終了します。
MV-3C に画像の保存要求が発生すると、MV-3C AE は外部装置に対してアソシエーシ
ョンを開始します。ここでアソシエーションが確立すれば、MV-3C AE は外部の保存サ
ーバに二次取得画像を送出します。画像の送出が終了するか、エラーが発生した時には、
このアソシエーションは終了します。
MV-3C で検査終了後、その検査の最後の画像を送信し終わると、MV-3C AE は外部装
置に対してアソシエーションを開始します。ここでアソシエーションが確立すれば、
MV-3C AE は外部のモダリティ実施済み手続きステップ取得クラスにその内容を通知し
ます。応答結果を受信するか、エラーが発生した時には、このアソシエーションは終了
します。
4
MV3C
MV-3C AE
C-STORE
画像データ
保存
サーバ
C-FINED
ワーク
リスト
サーバ
患者予約情報
N-CREATE/N-SET
実施済み
手続き
サーバ
DICOM 規格
インターフェース
2.2 アプリケーションエンティティの機能定義
本装置のAEはネットワーク上のサーバへ情報を送受信するためにTCP/IP プロトコ
ルスタックとDICOMトランスポートプロトコルを使って SCU インスタンスを生成
する事を想定しています。
2.3 実世界活動の順序制御
適用しません。
2.4 アプリケーションエンティティ仕様
本装置のアプリケーションエンティティは以下のSOP Class に対して、SCU として
標準の準拠条件を提供しています。
SOP Class UID
二次取得画像保存 SOP クラス
モダリティワークリスト情報モデル-FIND
モダリティ実施済み手続きステップ取得ク
ラス SOP
SOP Class Name
1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7
1.2.840.10008.5.1.4.31
1.2.840.10008.3.1.2.3.3
5
3 アプリケーションエンティティ仕様
3.1 アソシエーションの確立方法
3.1.1 概要
本装置にはホスト名、ポート番号、サーバAE名などアプリケーションエンティティと
ネゴシエーションを行うためのパラメータを設定できます。
3.1.2 アソシエーションの数
保存は設定により複数の同時アソシエーションをサポートします。
ワークリスト/モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス AE は、複数の同時アソ
シエーションをサポートしません。
3.1.3 非同期性
保存/ワークリスト/モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス AE は、非同期性の
処理をサポートしません。
3.1.4 実装識別情報
本装置の実装クラスUIDは、1.2.392.200235.130.1です。
実装バージョン名はMV3Cのファームウェア・バージョン番号となります。
3.2 実世界活動によるアソシエーションの関係
Storage Service Class SCP への確立要求により、アソシエーションを確立します。
3.2.1 実世界活動シーケンス
Storage Service Class SCU の要求シーケンスに応答します。
3.2.2 プレゼンテーション・コンテキスト
保存/ワークリスト/モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス AE は、以下に示
すプレゼンテーション・コンテキストのみを提案します。このプレゼンテーション・
コンテキストでは、二次取得画像情報オブジェクトの保存 SOP クラス UID、モデリ
ティワークリスト情報モデルの SOP クラス UID、およびモダリティ実施済み手続き
ステップ取得クラスを抽象構文として使用し、DICOM 暗黙的 VR リトルエンディア
ン転送構文として提案します。
ただし、JPEG データを転送する場合は、非可逆 JPEG 8Bit Base Line 転送構文とし
て提案します。
6
名前
二次取得
画像保存
SOP
モダリテ
ィワーク
リスト情
報モデル
-FIND
モダリテ
ィ実施済
み手続き
ステップ
取得クラ
ス SOP
プレゼンテーション・コンテキスト
転送構文
名前リスト
UID リスト
1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7
DICOM 暗 黙 的 1.2.840.10008.1.2
VR リトルエンデ
ィアン
1.2.840.10008.1.2.1
DICOM 明 示 的
VR リトルエンデ
ィアン
1.2.840.10008.1.2.4.50
非 可 逆 JPEG
8Bit Base Line
1.2.840.10008.5.1.4.31
DICOM 暗 黙 的 1.2.840.10008.1.2
VR リトルエンデ
ィアン
1.2.840.10008.1.2.1
DICOM 明 示 的
VR リトルエンデ
ィアン
1.2.840.10008.3.1.2.3.3
DICOM 暗 黙 的 1.2.840.10008.1.2
VR リトルエンデ
ィアン
1.2.840.10008.1.2.1
DICOM 明 示 的
VR リトルエンデ
ィアン
抽象構文
UID
7
役割
SCU
拡張
折衝
無し
SCU
無し
SCU
無し
3.1.3.2 モダリティワークリスト管理 SOP のクライアント動作
3.1.3.2.1 関連する実際の動作
モダリティワークリスト管理サービスは、モダリティに接続された MV-3C にワークリスト
取得指示がされたときに起動されます。
設定されているモダリティワークリスト管理サービスクラスの SCP をサポートする DICOM
AE に対して、A-ASSOCIATE-RQ PDU を送信し A-ASSOCIATE-AC PDU を受信することに
よりアソシエーションを確立します。
P-DATA TF により C-FIND-RQ メッセージおよびモダリティワークリスト管理 IOD の照合
キーモジュールを送信後、C-FIND-RSP メッセージと応答キーモジュールを受信すると、
A-RELEASE-RQ PDU を送信し A-RELEASE-RSP PDU を受信することによりアソシエーシ
ョンを開放し、モダリティワークリスト管理サービスを終了します。
3.1.3.2.2 モダリティワークリスト管理 SOP クラスの適合性
モダリティワークリスト AE で使用する IOD モジュールは、標準 DICOM モダリティワーク
リスト管理クラスの SCU として適合します。
モダリティワークリスト管理 IOD を構成する情報モジュールの一覧を以下に記載します。
モジュール
SOP 共通
予約済み手続きステップ
依頼済み手続き
画像サービス要求
患者関係
患者識別
患者記述
患者診療
来院関係
来院識別
来院状態
来院受診
照合キータイプ
O
R
O
O
O
R
O
O
O
O
O
O
8
応答キータイプ
1C
1
1
2
3
1
2
2
2
2
2
3
使用状況
使用する
使用する
使用する
使用する
使用しない
使用する
使用する
使用する
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
3.1.3.2.2.1 SOP 共通 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0005)
特定文字集合
(0008,0016)
SOP
UID
ク ラ ス
値表現
CS
照合キー
タイプ
O
応答キー
タイプ
1C
CS
O
3
3.1.3.2.2.2 予約済み手続きステップモジュール
タグ
属性名
値表 照合キー
現
タイプ
(0040,0100) 予約済み手続き SQ
R
ステップシーケ
ンス
(0008,0060) モダリティ
CS
R
説明
特定文字集合で照合
応答によりカナを使用
“1.2.840.10008.5.1.4.31”
で照合
応答は使用していない
応答キー
タイプ
1
1
説明
モダリティで照合
応答は SC 画像 IOD に反映
(0040,0001)
(0040,0002)
(0040,0003)
(0040,0006)
(0040,0007)
予約済みステー
ション AE 名称
予約済み手続き
ステップ開始日
付
予約済み手続き
ステップ開始時
刻
予約済み実行医
師の名称
予約済みステッ
プ記述
AE
R
1
DA
R
1
TM
R
1
“000000-235959”で照合
応答は使用していない
PN
R
2
“”で照合
AE タイトルで照合
応答は使用していない
検査日で照合
応答は使用していない
応答は使用していない
LO
O
1C
“”で照合
応 答 は 設 定 に よ り SC 画 像
IOD の検査部位(0018,0015)お
よ び プ ロ ト コ ル 名
(0008,1030)に反映
9
3.1.3.2.2.3 依頼済手続きモジュール
タグ
属性名
値表現
(0018,0015)
検査部位
CS
照合キー
タイプ
O
応答キー
タイプ
1
説明
“”で照合
応答は使用していない
(0020,000D)
(0032,1060)
検査インスタン
ス UID
依頼手続き記述
UI
O
1
LO
O
1C
“”で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
“”で照合
応答は設定により SC 画像
IOD の検査部位(0018,0015)
お よ び プ ロ ト コ ル 名
(0008,1030)に反映
3.1.3.2.2.4 画像サービス要求モジュール
タグ
属性名
値表現
(0008,0050)
受付番号
SH
参照キー
タイプ
O
応答キー
タイプ
2
説明
“”で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
(0008,0090)
紹介医師の名称
PN
3.1.3.2.2.5 患者識別モジュール
タグ
属性名
値表現
(0010,0010)
患者の名前
PN
O
2
照合キー
タイプ
R
応答キー
タイプ
1
“”で照合
応答は使用していない
説明
“”で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
(0010,0020)
患者 ID
LO
R
1
患者 ID で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
10
3.1.3.2.2.6 患者記述モジュール
タグ
属性名
値表現
(0010,0030)
患者の誕生日
DA
照合キー
タイプ
O
応答キー
タイプ
2
説明
“”で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
(0010,0040)
患者の性別
CS
O
2
“”で照合
応答は SC 画像 IOD に反映
3.1.3.2.2.7 患者診療モジュール
タグ
属性名
値表現
(0038,0050)
特別な介助
LO
照合キー
タイプ
O
(0038,0500)
患者の状態
LO
O
応答キー
タイプ
2
2
説明
“”で照合
応答は使用していない
“”で照合
応答は使用していない
3.1.3.3 二次取得画像保存 SOP のクライアント動作
3.1.3.3.1 関連する実際の動作
二次取得画像の保存サービスは MV-3C に新しく画像が登録されると起動されます。
設定されている保存サービスクラスの SCP をサポートする DICOM AE に対して、
A-ASSOCIATE-RQ PDU を送信して A-ASSOCIATE-AC PDU を受信することによりアソシエ
ーションを確立します。
P-DATA-TF により C-STORE-RQ メッセージおよび二次取得画像 IOD モジュールを送信後、
C-STORE-RSP メッセージを受信すると、A-RELEASE-RQ PDU を送信し A-RELEASE-RSP
PDU を受信することによりアソシエーションを開放し、二次取得画像保存サービスを終了しま
す。
11
3.1.3.3.2 二次取得画像保存 SOP クラスの適合性
二次取得画像保存 AE で使用する IOD モジュールは、二次取得画像 IOD の標準 DICOM 保
存 SOP クラスの SCU として適合します。
二次取得画像 IOD を構成する情報モジュールの一覧を以下に記載します。
IE
モジュール
使用法
使用状況
患者
患者
必須
使用する
検査
一般検査
必須
使用する
患者検査
任意
使用しない
シリーズ
一般シリーズ
必須
使用する
装置
一般装置
任意
使用する
SC 装置
必須
使用する
画像
一般画像
必須
使用する
画像画素
必須
使用する
SC 画像
必須
使用する
オーバーレイ面
任意
使用しない
マダリティ LUT
任意
使用しない
VOI LUT
任意
使用しない
SOP 共通
必須
使用する
3.1.3.3.2.1 患者 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,1120) 参照患者シーケンス
(0010,0010) 患者の名前
(0010,0020) 患者 ID
(0010,0030) 患者の誕生日
(0010,0032) 患者の誕生時刻
(0010,0040) 患者の性別
(0010,1000) 患者の別 ID
(0010,1001) 患者の別名
(0010,2160) 民族グループ
(0010,4000) 患者コメント
3.1.3.3.2.2 一般検査 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0020) 検査日付
(0008,0030) 検査時刻
(0008,0050) 受付番号
(0008,0090) 紹介医師名
(0008,1030) 検査記述
(0008,1060) 検査読影医師名
(0008,1110) 参照検査シーケンス
(0020,000D) 検 査 イ ン ス タ ン ス
UID
値表現
SQ
PN
LO
DA
TM
CS
LO
PN
SH
LT
タイプ
3
2
2
2
3
2
3
3
3
3
値表現
DA
TM
SH
PN
LO
PN
SQ
UI
タイプ
2
2
2
2
3
3
3
1
12
説明
(使用しない)
半角カナ氏名(ローマ字可)
識別番号
西暦の生年月日
(使用しない)
設定可能
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
説明
検査開始日付
検査開始時間
受付番号
値無し
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
検査のユニーク識別子
(0020,0010)
検査 ID
3.1.3.3.2.3 患者検査 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,1080) 来院診断記述
(0010,1010) 患者の年齢
(0010,1020) 患者の身長
(0010,1030) 患者の体重
(0010,2180) 職業
(0010,21B0) 患者の他の病歴
SH
2
値表現
LO
AS
DS
DS
SH
LT
3.1.3.3.2.4 一般シリーズ IOD モジュール
タグ
属性名
値表現
(0008,0021) シリーズ日付
DA
(0008,0031) シリーズ時刻
TM
(0008,0060) モダリティ
CS
(0008,103E) シリーズ記述
LO
(0008,1050) 実施医師の名前
PN
(0008,1070) 操作者の名前
PN
(0008,1111) 参 照 検 査 構 成 要 素 シ ー SQ
ケンス
(0018,0015) 検査部位
CS
検査 ID
タイプ
3
3
3
3
3
3
説明
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
タイプ
3
3
1
3
3
3
3
説明
シリーズの開始日付
シリーズの開始時刻
設定可能
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
3
(0018,1030)
プロトコル名
LO
3
(0018,5100)
(0020,000E)
患者位置
シリーズインスタンス
UID
シリーズ番号
左右
シリーズの中の最小画
素値
シリーズの中の最大画
素値
CS
UI
2C
1
設定可能
MWM か ら取 得 し た 場合 は
(0032,1060)” 依 頼 手 続 き 記
述”もしくは、(0040,0007)” 予
約済み手続きステップ記述”
の値を設定
設定可能
MWM か ら取 得 し た 場合 は
(0032,1060)” 依 頼 手 続 き 記
述”もしくは、(0040,0007)” 予
約済み手続きステップ記述”
の値を設定
(該当しない)
シリーズのユニーク識別子
IS
CS
US
2
2C
3
検査中の追い番号
値無し
(使用しない)
US
3
(使用しない)
(0020,0011)
(0020,0060)
(0028,0108)
(0028,0109)
13
3.1.3.3.2.5 一般装置 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0070) 製造者
(0008,0080) 施設名
(0008,0081) 施設の住所
(0008,1010) ステーション名
(0008,1040) 施設部門名
(0008,1090) 製造者のモデル名
(0018,1000) 装置のシリアル番号
(0018,1020) ソフトウエア版
(0018,1050) 空間分解能
(0018,1200) 最終較正の日付
(0018,1201) 最終較正の時刻
(0028,0120) 画素パディング値
3.1.3.3.2.6 SC 装置 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0060) モダリティ
(0008,0064) 変換形式
(0018,1010) 二次取得装置 ID
(0018,1016) 二次取得装置製造者
(0018,1018) 二 次 取 得 装 置 製 造 者 型
式名
(0018,1019) 二 次 取 得 装 置 ソ フ ト ウ
エア版
(0018,1022) 取 得 し た ビ デ オ 画 像 の
形式
(0018,1023) 取 得 し た デ ジ タ ル 画 像
の形式
値表現
LO
LO
ST
SH
LO
LO
LO
LO
DS
DA
TM
US
タイプ
2
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
説明
(使用しない)
設定可能
(使用しない)
設定可能
(使用しない)
設定可能
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
値表現
CS
CS
LO
LO
LO
タイプ
3
1
3
3
3
説明
設定可能
”DV”
設定可能
”TEAC CORP”
”MV3C”
LO
3
ファームウェア版を使用
SH
3
画像による
LO
3
(使用しない)
14
3.1.3.3.2.7 一般画像 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0008) 画像タイプ
(0008,0022) 収集日付
(0008,0023) 画像日付
(0008,0032) 収集時刻
(0008,0033) 画像時刻
(0008,1140) 参照画像シーケンス
(0028,2110) 非可逆画像圧縮処理
値表現
CS
DA
DA
TM
TM
SQ
CS
タイプ
3
3
2C
3
2C
3
3
(0008,2111)
(0008,2112)
(0020,0012)
導出記述
発生元画像シーケンス
収集番号
ST
SQ
IS
3
3
3
説明
“DERIVED¥SECONDARY”
(使用しない)
画像を取得した日付
(使用しない)
画像を取得した時刻
(使用しない)
“00”=非圧縮
“01”=圧縮
値無し
(使用しない)
(使用しない)
(0020,0013)
(0020,0020)
(0020,1002)
(0020,4000)
画像番号
患者方向
収集の中の画像
画像コメント
IS
CS
IS
LT
2
2C
3
3
シリーズ中の追番号
値無し
(使用しない)
(使用しない)
15
3.1.3.3.2.8 画像画素 IOD モジュール
タグ
属性名
(0028,0002) 画 素 あ た り の サ ン プ ル
数
(0028,0004) 光度測定解釈
(0028,0006)
(0028,0010)
(0028,0011)
(0028,0034)
(0028,0100)
(0028,0101)
(0028,0102)
(0028,0103)
(0028,0106)
(0028,0107)
(7FE0,0010)
面構成
行数
列数
画素アスペクト比
割り当てビット
格納ビット
高位ビット
画素表現
最小画像画素値
最大画像画素値
画素データ
3.1.3.3.2.9 SC 画像 IOD モジュール
タグ
属性名
(0018,1012) 二次取得の日付
(0018,1014) 二次取得の時刻
3.1.3.3.2.10 SOP 共通 IOD モジュール
タグ
属性名
(0008,0005) 特定文字集合
(0008,0012) インスタンス生成日付
(0008,0013) インスタンス生成時刻
(0008,0014) イ ン ス タ ン ス 生 成 者
UID
(0008,0016) SOP クラスの UID
(0008,0018) SOP インスタンス UID
値表現
US
タイプ
1
CS
1
US
US
US
IS
US
US
US
US
US
US
OB
1C
1
1
1C
1
1
1
1
3
3
1
“RGB”=非圧縮
“YBR_FULL 422”=JPEG
0
録画画像による
録画画像による
“1¥1”
8
8
7
0
(使用しない)
(使用しない)
画素データ
値表現
DA
TM
タイプ
3
3
値無し
値無し
値表現
CS
DA
TM
UI
タイプ
1C
3
3
3
設定可能
(使用しない)
(使用しない)
(使用しない)
UI
UI
1
1
1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7
1.2.392.200235.110.~
16
説明
3
説明
説明
3.1.3.4 モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス SOP のクライアント
3.1.3.4.1 関連する実際の動作
モダリティ実施済み手続きステップ取得クラスは MV-3C で検査が開始され、一枚目の画像
を取得したとき(N-CREATE)と、検査が終了し画像をすべて転送したとき(N-SET)起動されま
す。
設定されているモダリティ実施済み手続きステップ取得クラスの SCP をサポートする
DICOM AE に対して、A-ASSOCIATE-RQ PDU を送信し、A-ASSOCIATE-AC PDU を受信
することによりアソシエーションを確立します。
P-DATA TF により、検査開始時は N-CREATE-RQ メッセージとモダリティ実施済み手続き
ステップ取得クラス IOD を、検査終了時は N-SET-RQ メッセージとモダリティ実施済み手続
きステップ取得クラス IOD を送信します。N-CREATE-RSP または N-SET-RSP メッセージと
応答モジュールを受信すると、A-RELEASE-RQ PDU を送信し A-RELEASE-RSP PDU を受
信することによりアソシエーションを開放しモダリティ実施済み手続きステップ取得クラスサ
ービスを終了します。
3.1.3.4.2 モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス SOP の適合性
モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス AE で使用する IOD モジュールは、標準
DICOM モダリティ実施済み手続きステップ取得クラスの SCU として適合します。
3.1.3.4.2.1 SOP 共通モジュール
タグ
属性名
値表現
(0008,0005)
CS
特定文字集合
3.1.3.4.2.2 実施済み手続きステップ関連モジュール
タグ
属性名
(0010,0010)
(0010,0020)
(0010,0030)
(0010,0040)
(0008,1120)
(0008,1150)
(0008,1155)
(0040,0270)
(0020,000D)
(0008,1110)
(0008,1150)
(0008,1155)
(0008,0050)
(0040,2016)
(0040,2017)
(0040,1001)
患者名
患者 ID
患者の生年月日
患者の性別
参照患者シーケンス
>参照 SOP クラス UID
>参照 SOP インスタンス UID
予約済みステップ属性シーケンス
>検査インスタンス UID
>参照検査シーケンス
>>参照 SOP クラス UID
>>参照 SOP インスタンス UID
>受付番号
>発注側オーダー番号
>受注側オーダー番号
>依頼済み手続き ID
17
値表現
PN
LO
DA
CS
SQ
UI
UI
SQ
UI
SQ
UI
UI
SH
LO
LO
SH
N-CREATE
キータイプ
1C
N-SET キー
タイプ
使用しない
N-CREATE
キータイプ
2
1
2
2
2
使用しない
使用しない
1
1
2
使用しない
使用しない
2
使用しない
使用しない
2
N-SET キー
タイプ
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
(0032,1060)
(0040,0009)
(0040,0007)
(0040,0008)
(0008,0100)
(0008,0102)
(0008,0103)
(0008,0104)
>依頼手続き記述
>予約済み手続きステップ ID
>予約済み手続きステップ記述
>予約済みプロトコル符号シーケン
ス
>>コード値
>>符号化系指定子
>>符号化系版
>>コード意味
18
LO
SH
LO
SQ
2
2
2
2
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
SH
SH
SH
LO
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
3.1.3.4.2.3 実施済み手続きステップ情報モジュール
タグ
属性名
値表現
(0040,0241)
(0040,0242)
(0040,0243)
(0040,0244)
(0040,0245)
(0040,0250)
(0040,0251)
(0040,0252)
(0040,0253)
(0040,0254)
(0040,0280)
(0040,0255)
(0008,1032)
(0008,0100)
(0008,0102)
(0008,0103)
(0008,0104)
実施済みステーション AE 名称
実施済みステーション名
実施済み場所
実施済み手続きステップ開始日付
実施済み手続きステップ開始時刻
実施済み手続きステップ終了日付
実施済み手続きステップ終了時刻
実施済み手続きステップ状態
実施済み手続きステップ ID
実施済み手続きステップ記述
実施済み手続きステップのコメン
ト
実施済み手続きタイプ記述
手続き符号コードシーケンス
>コード値
>符号化系指定子
>符号化系版
>コード意味
19
AE
SH
SH
DA
TM
DA
TM
CS
SH
LO
ST
N-CREATE
キータイプ
1
2
2
1
1
2
2
1
1
2
使用しない
N-SET キー
タイプ
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
3
3
3
使用しない
使用しない
使用しない
LO
SQ
SH
SH
SH
LO
2
2
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
3.1.3.4.2.4 画像収集結果モジュール
タグ
属性名
(0008,0060)
(0020,0010)
(0040,0260)
(0008,0100)
(0008,0102)
(0008,0104)
(0040,0340)
(0040,0340)
(0008,1050)
(0008,1070)
(0018,1030)
(0020,000E)
(0008,103E)
(0008,0054)
(0008,1140)
(0008,1150)
(0008,1155)
(0040,0220)
(0008,1150)
(0008,1155)
値表現
CS
モダリティ
SH
検査 ID
SQ
実施済みプロトコルシーケンス
SH
>コード値
SH
>符号化系指定子
SH
>符号化系版
LO
>コード意味
SQ
実施済みシリーズシーケンス
PN
>実施医師名
PN
>操作者名
LO
>プロトコル名
UI
>シリーズインスタンス UID
LO
>シリーズ記述
AE
>取得 AE 名称
SQ
参照画像シーケンス
UI
>参照 SOP クラス UID
UI
>参照 SOP インスタンス UID
参照独立 SOP インスタンスシーケ SQ
ンス
UI
>参照 SOP クラス UID
UI
>参照 SOP インスタンス UID
N-CREATE
キータイプ
1
2
2
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
2
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
N-SET キー
タイプ
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
1
2
2
1
1
2
2
2
1
1
2
使用しない
使用しない
使用しない
使用しない
2.1.3 アソシエーション受諾の方針
保存/ワークリスト/モダリティ実施済み手続きステップ取得クラス AE は SCP として動作し
ない。従ってアソシエーション要求には応答しません。
20
拡張折衝は、必要に応じて対応します。
4 通信プロファイル
4.1 サポートする通信スタック
DICOM 3.0 Part8で定義されているTCP/IPネットワーク通信を提供します。
4.2 TCP/IPスタック
本装置は、WindowsのSocket インターフェースにより、TCP/IPプロトコルスタック
を継承します。
4.3 物理媒体
本装置は、Ethernet(10Base-T)、FAST Ethernet(100Base-TX)、Gigabit
Ethernet(1000Base-T)物理媒体で接続します。
4.4 Point to Point スタック
サポートしません。
5 拡張/特殊化/私有化
5.1 拡張
適用しません。
5.2 私有化
適用しません。
6 コンフィグレーション
本装置は、下記テーブルのパラメータを変更可能です。
6.1.共通設定
項目
ステーション名
特定文字集合
PDUサイズ
モダリティ名
製造者のモデル名
二時取得装置ID
施設名
内容
ステーション名を設定
特定文字集合を設定
PDUのサイズを設定
モダリティ名を設定
製造者のモデル名を設定
二時取得装置IDを設定
施設名を設定
21
6.2.保存設定
項目
ストレージ機能ON/OFF
ストレージ VR選択
ストレージサーバIPアドレス
ストレージサーバポート番号
ストレージサーバAE名称
ストレージ自AE名称
6.3.ワークリスト設定
項目
MWM機能ON/FF
MWM VR選択
MWMサーバIPアドレス
MWMサーバポート番号
MWMサーバAE名称
MWM自AE名称
患者情報のみ取得
MWMキー設定日付
MWMキー設定
予約済AE名称
MWMキー設定
モダリティ
内容
機能の有効/無効設定
VRの明示・暗示設定
サーバのIPアドレスを設定
サーバのポート番号を設定
サーバのAE名称を設定
MV-3CのAE名称を設定
内容
機能の有効/無効設定
VRの明示・暗示設定
サーバのIPアドレスを設定
サーバのポート番号を設定
サーバのAE名称を設定
MV-3CのAE名称を設定
患者情報のみを取得するかどう
かの設定
検索時に日付をキーとして使用
するかの設定
検索時に予約AE名称をキーとし
て使用するかの設定
検索時にモダリティをキーとし
て使用するかの設定
22
6.4. モダリティ実施済み手続きステップ取得設定
項目
内容
MPPS機能ON/FF
機能の有効/無効設定
MPPS VR選択
VRの明示・暗示設定
MPPSサーバ
サーバのIPアドレスを設定
IPアドレス
MPPSサーバ
サーバのポート番号を設定
IPアドレス
MPPSサーバ
サーバのAE名称を設定
IPアドレス
MPPS
MV-3CのAE名称を設定
自AE名称
7 拡張文字セットのサポート
拡張文字レパートリは、デフォルト文字セット以外に、ISO IR 13を適応する。
23
更新履歴
更新履歴 更新日時
2014/03/24
バージョン
内容
初版
Rev.1.0
24
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
255 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content