close

Enter

Log in using OpenID

ガラスビーズを用いた簡易ELISA法の開発

embedDownload
ガラスビーズを用いた簡易ELISA法の開発
概要
植物ウイルス病の抗血清診断法の一つ、イムノクロマト法は簡便、迅速(約30分)ですが、市販キットが高価なため、
検査単価が高くつきます。また、通常の ELISA 法は大量検定に適し検査単価は比較的安いのですが、検査時間が長く
(2~3日)かかります。そこで、ELISA 法で目的のウイルスを捕捉する担体(固相化担体)をプレートからガラスビーズに
変え、短時間(約30分~1時間)に結果が判る簡易 ELISA 法を開発しました。
方法
あらかじめ、直径約0.4mmのガラスビーズの表面に植物ウイルス(標的ウイルス)の抗体(IgG)をコーティングした
「IgG コーティングガラスビーズ」を作製し、0.2gずつ小分けして冷凍保存しておきます。この簡易 ELISA 法の検定手順は
図1のとおりです。また、その原理を簡単に図示しました(図2)。
図1. ビーズ ELISA 法による診断の流れ
図2. ビーズ ELISA 法の原理
<お問い合わせ>
本診断についてのお問い合わせはこちらから。
URL:https://cpscent.ws.hosei.ac.jp/wp/contact_form
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
202 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content