close

Enter

Log in using OpenID

管理ツール構築

embedDownload
管理ツール構築
Redmine, Aipo
第1版
DATAGRAM INC.
平成 26 年 7 月 7 日
概 要
管理ツールを構築する手順を紹介します。プロジェクト管理は Redmine、出勤管理は Aipo を使います
と効率の良い仕事が可能となります。また、Redmine はコミュニケーションツールともいえます。PDCA
サイクル(plan-do-check-act cycle)を効率的に運営できます。
目次
1
準備
2
2
Redmine
2
3
Aipo
4
1
1
準備
ツールをインプリメントするにあたり、次の事項が必要条件となっています。
• 資料「Android 開発(lamp.pdf)」の「OS(Linux) のインストール」まで終わっていること。
• ファイルの用意: redmine-2.3.3.tar.gz, ruby-2.0.0-p353.tar.gz, aipo7010ja linux32.tar.gz
• SMTP。固有の SMTP がない場合、gmail アカウントを用意。
必要ファイルを予め所定の場所に配置しておきます。
• /root/wrk/redmine-2.3.3.tar.gz
• /root/wrk/ruby-2.0.0-p353.tar.gz
• /root/wrk/aipo7010ja linux32.tar.gz
2
Redmine
1. SELinux を無効にします。既に無効になっている場合、省略します。
# vi /etc/sysconfig/selinux
<<< 変更
SELINUX=disabled
>>>
# shutdown -r now
2. 予め 80 番ポートを開放しておきます。
# vi /etc/sysconfig/iptables
<<< 追加
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
>>>
# service iptables restart
3. ツールのインプリメントに必要なソフトウェアのインストール。
#
#
#
#
#
#
yum
yum
yum
yum
yum
yum
-y
-y
-y
-y
-y
-y
groupinstall "Development Tools"
install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel
install mysql-server mysql-devel
install httpd httpd-devel
install ImageMagick ImageMagick-devel
install ipa-pgothic-fonts
4. Ruby のインストール。
#
#
#
#
#
#
#
cd ~/wrk
tar xvzf ruby-2.0.0-p353.tar.gz
cd ruby-2.0.0-p353
./configure
make && make install
ruby -v
gem install bundler --no-rdoc --no-ri
5. MySQL の設定。
# vi /etc/my.cnf
<<< 編集/追加
[mysqld]
character-set-server=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8
>>>
# service mysqld start
# chkconfig mysqld on
# mysql -uroot
2
mysql>
mysql>
mysql>
mysql>
mysql>
use mysql;
update user set password=password(’ パスワード’) where user = ’root’;
delete from user where user = ’’;
flush privileges;
\q
# mysql -uroot -p
mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by ’ パスワード’;
mysql> flush privileges;
mysql> \q
6. Redmine のインストール。
# cd ~/wrk
# tar xvzf redmine-2.3.3.tar.gz
# mv redmine-2.3.3 /var/lib/redmine
# cd /var/lib/redmine/config
# vi database.yml
<<< 新規作成
production:
adapter: mysql2
database: db_redmine
host: localhost
username: user_redmine
password: パスワード
encoding: utf8
>>>
### SMTP の設定は各環境に合わせて下さい。
# vi configuration.yml
<<< 新規作成
production:
email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
enable_starttls_auto: true
address: "smtp.gmail.com"
port: 587
domain: "smtp.gmail.com"
authentication: :plain
user_name: "[email protected]"
password: "パスワード"
rmagick_font_path: /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf
>>>
# bundle install --without development test
# bundle exec rake generate_secret_token
# RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
# gem install passenger --no-rdoc --no-ri
# passenger-install-apache2-module
# vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
<<<新規作成
# Passenger の基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の 3 行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/... 行は継続しています...
2.0.0/gems/passenger-4.0.37/buildout/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-4.0.37
PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
# Passenger が追加する HTTP ヘッダを削除するための設定(任意)。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
3
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"
# 必要に応じて Passenger のチューニングのための設定を追加(任意)。
# 詳しくは Phusion Passenger users guide(http://... 行は継続しています...
www.modrails.com/documentation/Users%20guide%20Apache.html) をご覧ください。
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
PassengerSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0
>>>
#
#
#
#
#
chown -R apache:apache /var/lib/redmine
service httpd start
chkconfig httpd on
ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/redmine
vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
<<< 追加
# Redmine
RackBaseURI /redmine
>>>
# service httpd configtest
# service httpd restart
7. Redmine の初期設定。。
(a) admin ユーザのパスワードの変更
#
#
>
>
>
>
cd /var/lib/redmine
ruby script/rails console production
admin_user = User.find_by_login(’admin’)
admin_user.password = ’ パスワード’
admin_user.save!
quit
(b) ログイン
http://192.168.101.254/redmine/login
(c) デフォルトデータのロード
ログイン後、[管理]をクリック。デフォルト設定をクリック。
(d) 日本語での利用に適した設定
(e) メールに含まれる Redmine のアドレスを正しく設定する
(f) ユーザーの追加
(g) プロジェクトの追加
(h) プロジェクトのメンバーを追加
3
Aipo
Aipo のインプリメントも SELinux を無効にする必要があります。
1. 必要ソフトウェアのインストール
# yum -y install make gcc readline-devel zlib-devel nmap
2. ポートの開放
# vi /etc/sysconfig/iptables
<<< 追加
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 81 -j ACCEPT
>>>
# service iptables restart
4
3. Aipo のインストール
# cd ~/wrk
# tar xvzf aipo7010ja_linux32.tar.gz
# cd /usr/local
# tar xvzf ~/wrk/aipo7010ja_linux/aipo7010.tar.gz
# chmod -R 777 aipo
# cd aipo/bin
# ./installer.sh
...
==Aipo7.0.1.0 インストール終了==
user:aipo_postgres
pass:t360TatMCPID
directory:/usr/local/aipo/./postgres
port:5432
Aipo URL: http://192.168.101.254:81/aipo/
4. インストール後の設定/起動
# cd /etc/rc.d/init.d/
# vi aipo
<<< 新規作成
#!/bin/sh
# chkconfig: 2345 99 1
# description: Aipo
# processname: Aipo
start(){
/usr/local/aipo/bin/startup.sh
return 0
}
stop(){
/usr/local/aipo/bin/shutdown.sh
return 0
}
case $1 in
start)
start
;;
stop)
stop
;;
esac
>>>
# chmod +x aipo
# chkconfig aipo on
# service aipo start
5. 管理者ログイン
• ユーザ名: admin
• パスワード: admin
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
27 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content