close

Enter

Log in using OpenID

印刷・ダウンロードが必要な方は賛助会員専用へ。

embedDownload
JARI Research Journal 20150101
【解説】
ISO/TC204 における ITS の国際標準化動向
Trends on ITS Standardization Activities in ISO/TC204
香月 伸一*1
Shinichi KATSUKI
1. はじめに
Committee)の承認を受けて ITS 標準化委員会(委
ISO/TC204(Intelligent Transport Systems)
員長:東洋大学尾崎晴男教授,事務局:公益社団
は,ISO において ITS に関する国際標準化を担当
法人自動車技術会)が設置されており,活発に活
する専門委員会である.ISO/TC204 は 1992 年に
動を推進している.JARI は,一般社団法人日本
設置され,1993 年から活動が始まった.初期には
自動車工業会の支援を受けて ITS 標準化委員会に
システムアーキテクチャや個別システムの標準化
幹事を派遣,委員長,事務局を補佐している.
作業が活発に行われた.
近年は欧州委員会の標準化命令に対応して標準
3. ISO/TC204 バンクーバー会議の結果概要
化作業を急ぐ CEN に協力する形で協調システム
ISO/TC204 バンクーバー会議は,バンクーバー
(C-ITS: Cooperative ITS)の標準化検討が活発
の Marriott Vancouver Downtown Pinnacle
に行われてきた.2014 年 2 月に欧州委員会が第
Hotel で開催された(図 1).以下に,バンクーバ
一段階の標準化作業が完了したことを発表し,一
ー会議で開催された各種会議等の結果をまとめる.
部標準化作業が続いている協調システム関連作業
項目もあるが,自動運転システムなど新しい領域
の標準化に関心が集まっている.
JARI と公益社団法人自動車技術会は,経済産
業省の委託を受けて,2014 年度から自動運転シス
テムの国際標準化に取り組んでいる.
2. ISO/TC204
ISO/TC204 の議長国,ならびに幹事国は米国で
あ る . 米 国 国 家 規 格 協 会 ( ANSI: American
National Standards Institute ) に Technical
Advisory Group が設置され,ITS America が事
務局を務めている.
図 1 バンクーバー会議 Plenary Meeting 風景
2014 年に入り,永年議長を務めてきた Michael
(写真提供:公益社団法人自動車技術会)
Noblett 氏(元 IBM)に代わり Dick Shnacke 氏
(TransCore 社)が議長に就任し,2014 年 5 月の
3. 1 WG 毎の Meeting
第 44 回 ISO/TC204 バンクーバー会議では,ま
オスロ総会よりチェアをとっている.時を同じく
して,TC 事務局も Tyler Messa 氏(ITS America)
ず TC204 傘下の各 WG(WG1 と WG5 を除く)
から Patty Fusaro 氏(同)に交代した.
の会議が 10 月 27 日(月)から 29 日(水)まで
我が国の TC204 対応組織として日本工業標準
調 査 会 ( JISC: Japanese Industrial Standards
開催され,作業項目(規格案)の審議や新規作業
項目の提案などが行われた.
*1 一般財団法人日本自動車研究所 ITS 研究部
JARI Research Journal
- 1 -
(2015.1)
各 WG での審議状況や決議要求などを日本から
3. 2 CHod/Plenary Meeting
10 月 30 日(木)午後 3 時からは,CHoD
参加した専門家から集約するとともに,尾崎委員
(Conveners & Heads of Delegation)/Plenary
長 が 出 席 し た 議 長 の 私 的 諮 問 会 議 Strategic
Meeting が始まった.冒頭,出席国確認,議題採
Planning Committee の結果などを情報共有した.
択,前回オスロ会議で採択された決議案や議事録
の確認が行われた後,議題に入った.
3. 4 Workshop
TC204 で は , CHoD Meeting と Plenary
協調システムの標準化への取組み開始以来,複
Meeting の区分がはっきりしていないが,本来の
数の WG に跨る課題の検討の場として Cross-
CHoD Meeting の目的は,各 WG のコンビーナか
cutting Meeting が開催されてきたが,会議効率
らの,WG 会議の審議結果と Plenary Meeting で
化の観点からバンクーバー会議から廃止される一
の決議要求の報告(Conveners' Report)である.
方で,7 つもの Workshop が開催された.
 HTG#6 Workshop on Harmonized Cooperative
決議要求の内容は,作業項目のステージ(作業段
階)を進めることについて承認を要求するものや
ITS Security Policy
新規作業項目の承認要求のほか,他標準化機関と
 Workshop on Signal Priority
のリエゾン締結や関係先への働きかけの承認要求
 Workshop on Green ITS
などさまざまである.会議が開催されなかった
 Workshop on Freight Data Exchange
WG の コ ン ビ ー ナ は , 同 じ 国 の Head of
Interoperability
Delegation が進捗報告や決議要求を代行した.
 Workshop on Vehicle Automation/Autonomy
Plenary Meeting の主目的は,各 WG コンビー
 Workshop on Cooperative ITS Deployment
 US National Architecture Mapping
ナより要求のあった決議案の採択であるが,あわ
せて WG の新設や廃止,会議効率化など TC204
運営に関する課題や ISO 内外の標準化組織/活
これらのうち,自動運転関連の Workshop は好
動とのリエゾン状況の確認,新分野への取り組み
評で,次回の中国杭州会議でも継続開催すること
などについて議論を行う.
バンクーバー会議では,
になったが,一方で多すぎる Workshop は TC 運
休眠中の WG11(ナビ・経路誘導)と WG15(狭
営上の新たな課題とする意見も聞かれた.
域通信)の廃止や TC 運営改善の一環としての
Conveners' Report のテンプレート採用効果,自
4. ISO/TC204 の標準化新分野
動運転など標準化新分野への取り組み,TC22(自
4. 1 自動運転システム
2013 年 10 月に開催された TC204 神戸会議で,
動車)と TC204 のリエゾン問題,車両データの
インタフェースの要否や ITS 用無線通信帯域の通
取り組むべき新しい標準化領域の一つに自動運転
信品質といった ITS の実配備上の課題などについ
システムが採り上げられた.
続くオスロ会議では,
て意見が交わされた.その結果,WG11 と WG15
尾崎委員長,三角 WG14 コンビーナの Workshop
については廃止し,WG16 の名称を「広域通信」
開催提案を受ける形で,Vehicle Automation と
から「通信」に変更する決議などが採択された.
Autonomy の違いを調査し,その結果も含めてバ
ンクーバー会議で Workshop を開催することが決
定.
調査,及び Workshop 企画の 3 極代表として,
3. 3 日本団会議
日本代表団(尾崎委員長,柴田潤 WG3 コンビ
米州からは Dr. Shladover(UC Berkley 教授)
,
ーナ/一般財団法人日本デジタル道路地図協会,
欧州からは Czepinsky 氏(ERTICO),日本からは
三角正法 WG14 コンビーナ/マツダ,佐藤健哉同
三角 WG14 コンビーナが議長によって指名され
志社大学教授)は,CHoD/Plenary Meeting へ
た.途中 Czepinsky 氏が Tom Alkim 氏(オランダ
の対応を確実にするため,すべての WG 会議が終
社会基盤・環境省)に交代したが,電話会議等に
了した 29 日(水)の夕刻に日本団会議を招集し,
よって調査,および企画検討が進められた.
JARI Research Journal
- 2 -
(2015.1)
Workshop on Vehicle Automation/Autonomy
られた.このReport on standardization for vehicle
は議長自らモデレータを務め,10 月 30 日に開催
automated driving system(RoVAS)と題するTR
された.始めに Dr. Shladover から自動運転シス
は,自動運転システムに係わる標準化領域や取り組
テム研究開発の歴史を紹介.続いて議長からの要
み方法などについて記述したもので,一般社団法人
請があった Autonomous と Automated の定義に
日本自動車工業会自動運転検討会や戦略的イノベ
ついて解説.さらに SAE が定義した自動運転の
ーション創造プログラム(略称SIP)の自動走行(自
レベルやシステム例,開発状況,ロードマップを
動運転)システム関係者などへの意見照会を通じて
紹介した.Automation と Autonomous の違いに
取りまとめてきたものである.
ついては,Autonomous ITS と Cooperative ITS
自動運転システムには,他の地域や国,また
を対比させ,その上に Automated Driving を位置
WG14 以外の WG はもとより TC22 の関心も高い.
づけた(図 2)
.
早期にこの TR を発行することで,日本が,また
TC204 が自動運転システムの標準化に関する議
論をリードしたいとの狙いがある.
WG14国内分科会(分科会長:三角WG14コンビ
ーナ,事務局;公益社団法人自動車技術会)では,
早急にTRドラフトを完成させてDTR投票を行い,
発行に漕ぎ着け,その後自動運転システムに関する
規格の開発に移りたい考えである.最終的には,一
連の規格をUN/ECEにおける基準策定にも反映し
ていきたいとしている.
図2
Automation と Auntonomous
出典:Automation and Autonomy for TC204, Dr.Shladover
4. 2 Urban ITS
2009 年 10 月に発行された協調システムの標準
続けて,Tom Alkim 氏,三角 WG14 コンビー
化に関する Mandate(標準化要請)に続いて,
ナ,Dr. Shladover 氏が,それぞれ EU,日本およ
CEN や ETSI 支援の標準化要請がいつ,どのよう
び韓国,米州の動向を紹介.
な形で発行されるかが注目されてきたが,バンク
さらに三角 WG14 コンビーナから,WG14 で審
ー バ ー 会 議 Plenary Meeting で 行 わ れ た
議中の自動運転標準化に関する TR(Technical
CEN/TC_278(ITS)のリエゾンレポートの中で,
Report)について紹介.これには,出席していた
欧州委員会が CEN,ETSI に対し,Urban ITS と
TC22 Nicolas Morand 氏が強い関心を示した.
題した新たな標準化要請を発行すべく調整が行わ
最後に,議長から SC(Sub-committee)やコ
れていることが判明した.
ーディネーション機能の設置や WG18 の経験の
Urban ITS は都市部におけるモビリティ改善
活かし方,各 WG からの WI 提案,戦略プランの
を目的としており,以下の目標が掲げられている.
策定など今後の対応について課題提起があり,各
 人や物の移動の改善
WG のコンビーナからさまざまな意見や参加意向
 信頼性が高くアクセスが容易な交通情報や
表明があった.議長から,杭州で議論したいとし
旅行者情報
 交通の及ぼす環境や社会経済への影響低減
て,アクションアイテムに対するフィードバック
の要請があり,2 時間半の Workshop は成功裡に
具体的には、以下の項目が標準化候補である.
終了した.
こうしたWorkshopの成果もあり,WG14で審議
① 新しいモビリティサービスのためのデータフ
ォーマットに関する EN,または TS
中の自動運転標準化に関するTR(Technical
Report)も総会時にDTR投票に進める承認まで得
JARI Research Journal
- 3 -
 カーシェアリング
(2015.1)
 カープーリング
や通信(V2X)を用いた協調システムなどの標準
 バイク(自転車)シェアリング
化に取組む方針であり,2014 年には SC 再編が行
 パーク&ライド
われた.
2013 年 10 月の TC204 神戸会議に TC22 の議
 バイク&ライド
長 Igor Demay 氏(PSA)が出席して以降,両 TC
 代替燃料インフラなど
② 都市物流に関する EN,または TS
の代表者間で連携に関する覚書の案が協議され,
 乗用車,商用車,バス,トラック用インテリ
TC204 側は 2014 年 5 月のレターバロットで,
TC22 側は翌 6 月の総会で,
覚書締結を承認した.
ジェントパーキングエリア
TC204 バンクーバー会議に議長の代理として
 荷捌きエリア情報
 公共交通専用レーンの貨物車へ供用方法
Nicolas Morand 氏が出席し前述の通り自動運転
 特定ベイにおける電動貨物車の走行中,また
にも大きな関心を示したように,Workshop 開催
や TR 発行準備といった自動運転に関する TC204
は荷捌き中の充電に関する課金方法
③ 流入規制情報や道路利用課金情報を含む交通
側の足早な動きに TC22 側は神経を尖らせている.
TC204/WG14 は日本がコンビーナを務めており,
マネジメントに関する EN,または TS
これまで日本の優れた技術を反映させつつ自立系
ここに挙げられたサービス自体に目新しさは感
や協調系の運転支援システムの標準化を積極的に
じられない.標準化の前提となる具体的なユース
進めてきたが,過去には TC204/WG13 で進めら
ケースやシステム構成は不明であるが,多くのサ
れていたヒューマン・インタフェースの標準化が
ービスに協調システムが利用されることは想像に
TC22 に移った経緯がある.TC22 は欧州の自動車
難くない.
メーカやサプライヤの活動が活発であり,TC22
CEN は,標準化要請が正式に発行された場合
に Active Safety や協調システム,さらには自動
には受諾する方向であるが,ETSI の態度は不明
運転システムの標準化の主戦場が移るようなこと
である.ETSI はスマートグリッドや EV 充電に
になれば日本にとって大きな打撃となる.
関する通信の標準化も ITS の範疇として TC_ITS
幸い,国内では TC204,TC22 とも国内審議団
が担当しているが,これらは ISO では TC204 で
体は自動車技術会が引受となっており,両 TC の
はなく TC22 の担当分野である.
担当事務局が連携して国内意見の調整,対応に当
CEN は WG の新設も視野に入れているとして
おり,協調システム同様 TC204 を巻き込んでの
たっている.今後とも両者が連携し,慎重かつ積
極的に標準化に取り組んでいく必要がある.
活動,さらには TC22 に跨る活動に拡大する可能
性がある.
日本としては,
具体的な標準化の内容,
6. おわりに
本 稿 で は , 2014 年 10 月 に 開 催 さ れ た
CEN と ETSI の動きに注目しておく必要がある.
ISO/TC204 の第 44 回バンクーバー総会の概要,
5. TC204 標準化活動の課題
および国際標準化の動向と課題について紹介した.
TC204 は ITS 全般を標準化対象としているが,
in-vehicle transport information and control
ISO/TC204 の活動の詳細,ITS 標準化委員会内の
体制等については,公益社団法人自動車技術会発
systems (ISO / TC 22)を除くとしている.TC22
行の報告書 1),ITS の標準化パンフレット 20142)
は ISO 中最大の専門委員会であり,活動の歴史も
などを参照願いたい.
長い.近年,自動車のさまざまな機能に電子制御
が採用され,またスマートフォンの普及によって
参考文献
外部との通信を利用したテレマティクスなどのサ
1)
「ISO/TC204 関連の国内および国際活動」報告書, JSAE,
2014 年 3 月
ービスが普及しつつある中,TC22 はこれまで
TC204 が標準化を進めてきた Active Safety 技術
JARI Research Journal
2)「ITS の標準化 2014」パンフレット, JSAE, 2014 年 8 月
- 4 -
(2015.1)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
494 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content