close

Enter

Log in using OpenID

ドル円の推移 前週のドル円レビュー 今週の重要指標予定 米金融・経済

embedDownload
株式会社 T&C フィナンシャルテクノロジーズ
東京都港区芝浦 1-12-3 Daiwa 芝浦ビル 5F
http://www.tandcft.com
5 月 16−20 日週のドル円 weekly レポート
May 23, 2011
■ドルインデックスの推移
■ドル円の推移
80.00
86.00
79.00
84.00
78.00
77.00
82.00
76.00
80.00
75.00
74.00
78.00
73.00
2011/05/18
2011/05/12
2011/05/06
2011/05/02
2011/04/26
2011/04/20
2011/04/14
2011/04/08
2011/04/04
2011/03/29
2011/03/23
2011/03/17
2011/03/11
2011/03/07
2011/02/23
2011/03/01
72.00
2011/05/18
2011/05/10
2011/05/02
2011/04/22
2011/04/14
2011/04/06
2011/03/29
2011/03/21
2011/03/11
2011/03/03
2011/02/23
76.00
Open
High
Low
Close
Open
High
Low
Close
80.93
82.23(5/19)
80.63(5/16)
81.75
75.88
76.00(5/16)
74.96(5/20)
75.44
■テクニカルポイント(ドル円)
■前週のドル円レビュー
ユーロドル主導の市場は続く。ユーロ圏財務相会合
83.90(52 週移動平均線)
でポルトガル支援は承認。しかし、ギリシャ債務再編
83.10(4 月 20 日高値)
は ECB と EU で見解の相違が根底にあり、懸念はく
82.73(200 日移動平均線)
すぶり続けて高官の発言のたびに乱高下。ドル円は米
82.46(日足一目均衡表・雲の上限)
経済指標が相対的に悪化して、米長期金利が低下で
==先週末の NY クローズ 81.75 円==
3.1%割れもあったものの、ドル円のオプション81円、
81.06(日足一目均衡表・雲の下限、週足一目・基準線)
81.60円のドルコールがあり動き難い状況下、海外勢は
80.15(5 月 10 日安値)
本邦企業の M&A また MSCI の日本銘柄20社削減によ
79.57(5 月 5 日安値)
る円売りをはやし立てたものの、上値は米金利低下で
76.25(3 月 17 日安値=史上最安値)
重い。週末、ワイトマン独連銀総裁が「ギリシャ国債
は償還期限延長されると、ECB の担保として受け入れ
不可能」とコメント、ノルウエーがギリシャへの支援金
支払い停止と発表。ユーロドル売りから、ドル円は81
ル売り主導となり、ドル円は底堅く 81 円後半で推移。
■今週の重要指標予定
23:00
〔予想〕
〔予想〕
〔-2.5%〕
〔予想〕
(+4.1%)
FRB の好むブレークイーブンレートについてダドリ
ーNY 連銀総裁は、
「景気回復は依然として連邦公開市
(前回)
〔+0.5%〕
わけではない。ドル円は 17 日に 81.77 円まで上昇し
たものの、依然として米長期金利は低水準持続であり、
(前回)
米 4 月個人消費支出
一歩は住宅ローン担保証券(MBS)の償還金再投資を
やめると一致したことであり、引き締めが近く始まる
(前回)
米 1Q・GDP 改定値(前期比年率)〔+2.2%〕(+1.8%)
■5/27(金)
21:30
場は即反応したものの、内容はあくまで正常化への第
(前回)
米 4 月耐久財受注
■5/26(木)
1:30
FOMC 議事録で出口議論がされていることに債券市
米 4 月新築住宅販売件数 〔30.0 万件〕(30.0 万件)
■5/25(水)
21:30
〔予想〕
■予想レンジ:79.50−82.50 円
週末、ギリシャ債務再編問題から引き続きユーロド
円後半で推移。81.75円で越週した。
■5/24(火)
■アウトルック ダイジェスト版
(+0.6%)ほか
■米金融・経済基礎情報
場委員会(FOMC)の目標に届いていない」との認識
で、ドル円の上値を重くしているのは事実。ドル円の
短期的な動きは、また米長期金利の動向を注視しなが
現在の米政策金利:0.00−0.25%(前回は据え置き)
らの展開が続くとみられる。ドル円は目先の目標
次回の政策金利スケジュール:6/21−22
82.20 円を超えると、テクニカル的に 200 日移動平均
直近の GDP:前期比年率+1.8%
線を試すか。81 円のドルコールオプションの設定は引
直近の CPI(コア):前月比+0.2%
き続き今週もありそうだ。
本レポートはお客様への情報提供のみを目的として作成したもので、売買の勧誘を目的としたものではありません。実際に投資をなさる場合の最終ご判断は、お客様ご自身でご判断
なさるようお願い致します。本レポートを原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については一切補償には応じません。 Copyright T&C FINANCIAL RESEARCH,INC.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
183 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content