close

Enter

Log in using OpenID

印刷用目次ファイル(pdf)を表示 - ニュー・インターナショナリスト・ジャパン

embedDownload
New Internationalist (No.442) & ニュー・インターナショナリスト日本版(No.130)
20 11年5月号
温暖化なんてウソだと言うあなたへ
Climate change denial - Busting the myths
人為的要因による地球温暖化と気候変動が自然と人間を脅かし
ていることは定説となっており、多くの科学的なデータがそれを証
明している。しかし一方で、そんなデータや現実を真っ向から否定
する意見も耳にする。もしもそんな主張を繰り広げる人々に出会っ
たとき、それにどう反論し、彼らにはなんと言って説明したらよいの
だろうか? 今月は、否定論者がよく繰り広げる主張に対し、デー
タと図表も使いながら、彼らにも分かりやすい解説を掲載した。そ
してまた、否定する人々の心理と事情についても説明する。
NI日本版 No.130 2011年5月号
温暖化なんてウソだと言うあなたへ
<内容>
(本文は日本語です)
1 否定論者からのよくある質問
気候変動(そして地球温暖化)否
定論者は何を信じ、何を考え、何
を疑っているのだろうか。彼らは
例えば、その現実は本当なのか、
それは人為的原因によるものな
のか、その影響は実は大したこと
はないのではないか、等と問い
かける。ここでは、彼らの問いか
けと主張に対して、一つ一つ分り
やすく反論して解説する。
10 気候変動 ― その事実
史上最も暑い 1年、自然災害発生件数、北極の海氷面積
の減少、世界各国の現在の排出量とこれまでの累積排出
量、そしてその責任についてデータで見る。
11 ビッグ・バッド・ワールド(風刺漫画)
Moral High Groundからの眺め。
12 気候変動否定論者の心理と事情
否定論者はなぜ否定するのか? その5つの理由。
13 日本での動き
●温暖化を否定する書籍から考えた
データを扱う時の落とし穴 地球温暖化を議論する場合、科学的データによる論証は
避けられない。しかしそのデータへの理解不足、持論補強
のためだけの歪曲した解釈は、有効な議論の障害になる
だけでなく、地球温暖化の正しい理解をも妨げてしまう。
14 ニュース&オルタナティブ
・より美しい社会を目指して
町中を毛糸で落書きするニット・グラフィティ・アーティストが、
「地球を温かみのある場所にする」活動を世界各地で展開。
・サイを救えサミット(5月4日)
がん「治療」のため密猟で残虐に殺されるサイの現実。南
アフリカからの報告。
・ガザ自由船団2の出航(5月31日)
ガザの不法な海上封鎖解除に取り組まない各国政府に代
わり、各国市民が中心となってガザを支援する船団が今年
も出航する。
・「もう絶対に汚物掃除はしない!」
掃除人のカーストで、手作業による汚物清掃を代々強いら
れてきたインドのバルミキの人々が立ち上がった。
16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
※NI日本版は、英語版からの翻訳・要約記事を中心に構成され
ています。
NI No.442 May 2011
Climate change denial - Busting the myths
日本版掲載
以外の記事
<内容>
(本文は英語です)
●期待されるシェールガスの真実
新たな天然ガスとして期待が高いシェー
ルガス。水平坑井や水圧破砕採掘法で
けつ岩(シェール)層を砕いてその中の
ガスを放出させて採掘を行う。原油価格
高騰だけでなく、この新技術でコストが下
がったこともあり、シェールガスにビジネ
スの期待が集まる。しかしその掘削方法
ゆえ、深刻な地下水汚染、微震誘発、当
初考えられていたよりも高い二酸化炭素
排出量などが大きな問題となっている。
●エジプトのデジタル革命とこの国のゆくえ
デジタル技術で世界に出来事を伝える新しい世代の市民記者、
ジジ・イブラヒムがエジプトの市民革命について報告する。
→6月12日発行のメルマガに日本語訳を掲載します。メルマガ登
録はウェブサイトからどうぞ。
●町中での収穫を楽しもう
英国では果樹を植える自治体が増えている。果樹は放置してお
けば町を汚してしまうだけだが、市民グループなどが収穫して利
用すれば果物の自給率アップにもつながるのだ。
●激論! タリバンとの対話はアフガニスタン女性への裏切り行為
なのか?
アフガニスタンからの米軍撤退が開始されるまであとわずかと
なったが、タリバンとの交渉は暗礁に乗り上げたままである。タリ
バンが米軍撤退とともにその勢力を拡大するのは必死だが、そ
れは女性たちにどんな将来をもたらすのだろうか。どちらも平和
と正義のために活動する2人の活動家と開発ワーカーが、腐敗し
たアフガニスタンの現状とタリバンがもたらすインパクトについて
火花を散らす。
※このほかの記事の詳細はウェ ブサイトをご覧ください。
英語版:A4・カラー・約40p 日本版:A4・モノクロ・16p
【定期購読(年10回発行:1/2月号と7/8月号は合併号)】
英語版&日本版
1年= ¥9,500
日本版のみ
1年= ¥4,500
英語版のみ
1年= ¥7,000
【最新号/バックナンバー 1部】 ¥500∼¥1,200
<お問い合わせ・お申し込み>
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン 有限会社インティリンクス
〒182-0035 東京都調布市上石原1-36-6 西調布シティ303 Tel / Fax:042-498-3126
E-mail:[email protected] URL http://www.ni-japan.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
48 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content