close

Enter

Log in using OpenID

2016年度 年間展示案内

embedDownload
展示スケジュール 2016. 4 ~ 2017. 3
上田 信 展
企画展
缶詰ラベルコレクション
8 . 6(土)~ 10. 2(日)
企画展
御座船
-ミリタリーからキャラクターまで-
-船の科学館コレクションより-
絢爛豪華な大名の船
4 . 2 3(土)~ 6. 1 2(日)
イラストレーター・上
6 . 1 8(土)~ 7. 3 1(日)
缶詰は保存性の高さから再び注目されています。お茶の
レッテル印刷の技術を導入して発達したという缶詰ラベル
について、
その歴史や他の商品ラベルも交えて紹介します。
将軍や大名が風流を楽
田信氏の様々なイラスト
しんだり、参勤交代にも
を紹介します。小松崎茂
使った御座船を当時の絵
の内弟子となり、プラモ
図や絵画、模型などで紹
デルのボックスアートを
介します。
はじめ、雑誌のカラフル
な イ ラ ス ト、 キ ャ ラ ク
「ドイツ陸軍中戦車パンサー」
㈱タミヤ提供
ターなど、上田作品を原
画で紹介していきます。
徳川家天地丸模型
「ドライガーブルーシャトル」
㈱青島文化教材社提供
特別展
企画展
麒麟丸絵図
-文化財の保存と技術の伝承-
伊豆屋伝八文化振興財団 共催
前 期:1 0 . 8(土)~ 11. 1 3(日)
後 期:1 1 . 1 7(木)~ 12. 1 1(日)
写された明治時代
-エンバーソンのガラス乾板と絵はがき-
企画展
よみがえる文化財
企画展
1 2 . 1 7(土)~ 2. 2 6(日)
大正ロマンと女性の手仕事
明治時代初期にカナダか
-大正~昭和初期のくらしとデザイン-
ら静岡に移り住んだロバー
ト・エンバーソン氏が撮影
3 . 4(土)~ 4. 1 6(日)
文化財の修理技術とともに、
大正から昭和初期にかけての女性の手仕事によ
多くの人々の尽力により文化財
る「背守り」「つまみ細工」「着物」などに焦点を
が保存伝承されてきたことを紹
当て、当時の生活雑貨や子どもの遊び道具、学校
介します。静岡県の文化財の保
で使ったもの、雑誌や楽譜・・・、当時のくらし
護と伝承に貢献してきた伊豆屋
を雰囲気とともに紹介していきます。
したガラス乾板と、明治時
代の静岡と清水地域の写真
絵はがきを紹介します。
伝八文化振興財団の設立 20 周
年を記念して、同財団の助成を
「清水市街之一部」絵はがき
受けて修理が実施された文化財
ギャラリーコーナー
を紹介していきます。併せて、
文化財保存修理技術を修理の過
程とともに紹介していきます。
4・ 5 月 森本裕香(写真)①
6・ 7 月 音羽晴佳(ミクストメディア)②
8・ 9 月 岩本ゆうな(写真)③
霊山寺沙羯羅王像
②
10・11 月 松瀬千秋(ミクストメディア)④
12・ 1 月 榊原太朗(ドローイング)⑤
文化財の修復
①
③
④
⑤
⑥
2・ 3 月 杉村勇(油絵)⑥
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
400 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content