close

Enter

Log in using OpenID

NEWVeeam Agents

embedDownload
NEW Veeam Agents
for Microsoft Windows and Linux
多くの企業環境では、物理サーバー、
クラウドベースのサーバー、
ワークステーション、およびリモート環境のユーザなど
に対するアベイラビリティを提供することは困難なことです。複雑なハードウェア構成やコンプライアンス要件などのさま
ざまな要因により、一部の物理サーバーやワークステーションは仮想化を導入することができません。接続の切断、ハー
ドウェアの不具合、
ファイルの破損などの日常的に発生する障害のほか、
ランサムウェアやセキュリティ上の問題による
データ窃盗であればより一層、組織のデータをリスクにさらす可能性があります。
Veeam® Agent for Microsoft Windowsは、物理サーバー、
クラウドベースのサーバー、
ワークステーション、およびリモー
ト環境などに分散した利用者に対する、バックアップと復元を目的としてハイブリッド・クラウドを活用した新機能を提供
します。
•
エンタープライズレベルのバックアップと復元:完全なアプリケーション認識を含む、
ワークステーションと物理サー
バーの完全な保護
•
クラウドベースのバックアップと復元:Veeam Cloud Connectリポジトリへの直接バックアップ
•
ローミング・エンドポイントの保護:企業ネットワーク外のラップトップおよびタブレットに対しRPOを達成
Veeam Agent for Linuxは、パブリック・クラウドまたはオンプレミスの両方の環境で、Linuxサーバーのアベイラビリティ
を確保するために設計された、Linux向けのシンプルなバックアップ・エージェントです。Veeam Agent for Linuxには、以下
のようなメリットがあります。
•
場所を問わないバックアップ:クラウドまたはオンプレミスで実行しているLinuxインスタンスのコンピュータ全体を
保護。
または、ボリュームレベルおよびファイルレベルでバックアップを作成
•
柔軟な復元:個々のクラウド・インスタンスのバックアップからオンプレミスに復元するか、またはオンプレミスの
バックアップをクラウドに復元
•
Veeam Backup & Replication™との統合:Veeamのバックアップ・リポジトリをバックアップ先として最大限に利用し、
既存のきめ細かなリカバリ機能を活用。その他多くの役立つ機能を提供します。
*一部の機能ではVeeam Backup & Replication 9.5が必要です
© 2016 Veeam Software.All rights reserved.本ドキュメント中に記載された会社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
08192016
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
399 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content