close

Enter

Log in using OpenID

Avaya Visual Vectors ユーザーガイド

embedDownload
Avaya Visual Vectors
ユーザーガイド
バージョン 11
585-210-709JA
第1版
2002 年 5 月
Copyright 2002, Avaya Inc. All Rights Reserved.
本書は米国および他の国で著作権法により保護されています。本書は、(アバイア株式会社の社内、社外を問わず)いかなる方法におい
ても、また、いかなる当事者によっても、複製、配布、変更することは禁じられています。ただし、契約またはライセンスにより許可
されている場合、およびカスタマトレーニング部門、情報製品部門、本書の発行者により文書にて許可されている場合を除きます。
注意
本書の内容は、発行時に最新かつ正確なものであることを期していますが、予告なく変更される場合があります。
必須の
必須のユーザ
ユーザー情報
ー情報
欧州連
欧州連合(EU)
合( )が定める
定める規格へ
規格への準拠
の準拠
Avaya は、本書に明記されている機器が、欧州連合(EU)が定める規格、EMC Directive–89/336/EEC、Low Voltage Directive–73/23/EEC
に準拠していることを宣言します。機器に添付されている「CE」マークは、上記の規格に準拠していることを表します。
継承条
継承条項
アバイア株式会社(Lucent より分離・独立し、設立された)は、公衆通信回線および自社ネットワーク、通信システムおよびソフト
ウェア、家庭用およびビジネス用電話システムを多岐にわたって設計、構築、納入しています。研究および開発部門として、世界的に
有名な Bell Laboratories(ベル研究所)より継承したアバイア研究所を抱えています。
セキュ
セキュリティ
リティ条項
お客様の電話通信システムへの利用に際して正規の認可を受けてない当事者、例えば、貴社の従業員、エージェント、下請け業者、ま
たは貴社の代理人以外が通信システムを不正に使用することは、電話料金の詐欺行為に該当します。料金不正のリスクがお客様の電話
通信システムに伴うこと、この不正が生じた場合は、お客様の電話通信サービスに対して追加料金が請求される場合があり得ることに
ご注意ください。お客様とお客様のシステム管理者は、不正使用を防止する機器のプログラミングや設定など、システムのセキュリ
ティに責任を負います。また、システム管理者は、本製品とともに提供されるインストール、使用方法、システム管理に関するすべて
のドキュメントに目を通し、電話料金の詐欺行為のリスクを生じる恐れのある機能やそのリスクを軽減する手順について十分に理解す
る責任も負います。アバイア株式会社は、本製品が、本製品からアクセスする、もしくは、本製品に接続される電信電話会社のサービ
スあるいは設備の不正使用から守られ、またはそのような使用を防ぐことを保証するものではありません。アバイア株式会社は、かか
る不正使用の結果生じるいかなる追加料金についても責任を負いません。
商標
Sun: Sun Microsystems, Inc., Sun Microsystems: Sun Microsystems, Inc., the Sun Logo: Sun Microsystems, Inc., Solaris: Sun Microsystems, Inc.,
Solstice DiskSuite: Sun Microsystems, Inc., SunLink: Sun Microsystems, Inc., Ultra: Sun Microsystems, Inc.
すべての SPARC という商標は許諾を得て使用しており、これは米国およびその他の国における SPARC International, Inc. の商標または登
録商標です。SPARC という商標を有する製品は、Sun Microsystems, Inc. が開発したアーキテクチャに基づいています。
SPARC International, Inc., INTEL: Intel Corporation, Pentium: Intel Corporation, Microsoft: Microsoft Corporation, MS: Microsoft Corporation,
MS-DOS: Microsoft Corporation, Windows: Microsoft Corporation, Windows NT: Microsoft Corporation
注文情
注文情報
電話:
電話:
米国内
米国内 電話:
電話:1 800 457 1235
米国内
米国内ファッ
ファックス:
クス: 1 800 457 1764
米国外
米国外 電話:
電話:+1 410 568 3680
米国外
米国外ファッ
ファックス:
クス: +1 410 891 0207
住所:
住所:
Globalware Solutions
200 Ward Hill Avenue
Haverhill, MA 01835 USA
アバイ
アバイア株式
ア株式会社不
会社不正防止
正防止ホット
ホットライン
ライン
もし、お客様が電話料金の詐欺行為に巻き込まれている疑いがあり、技術的なサポートや支援が必要な場合は、 Technical Service Center
Toll Fraud Intervention Hotline(技術サービスセンタ料金不正防止ホットライン)までお問い合わせください(電話:1-800-643-2353)。
このドキュメントは、米国コロラド州デンバーにあるアバイア株式会社のトレーニング部門の Avaya University で作成しました。
この製品(商標を含む)に関連する知的所有権および Lucent Techonologies, Inc. に登録された知的所有権は、アバイア株式会社に移管ま
たはライセンス登録されています。
本文中、Lucent Technologies Inc. または Lucent と記載されている部分はアバイア株式会社と読み替えてください。ただし、2001 年 4 月
1 日以前に発行された出版物への相互参照は除きます。これらの出版物では、元の Lucent というタイトルが変わっていない可能性があ
ります。
アバイア株式会社は、Lucent より分離・独立し、音声、音声/データ統合、カスタマー・リレーションシップ・マネージメント、メッ
セージング、マルチサービスネットワーキング、配線ケーブルの製品やサービスを設計、構築、納入しています。Avaya Labs(アバイア
研究所)は、アバイア株式会社の研究開発部門です。
.........................................................................................................................
目次
本書につ
書について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
概要
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-1
一般情報
般情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-2
Visual Vectors ソフトウェ
トウェアとは
アとは .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-3
プラット
ラットフォー
フォームとソ
ムとソフトウ
フトウェア要
ェア要件 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-4
対応する
応する交換機
交換機 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-5
必要な交
要な交換機と
換機と CMS 機能
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-6
Visual Vectors を使用する
用する前に知
前に知ってお
っておくべき
くべき情報 . . . . . . . . . . .
1-8
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-8
.
.
.
.
.
.
.
.
1-9
.
.
.
.
.
.
.
.
1-10
. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-11
Avaya CMS Supervisor とのイ
とのインタラ
ンタラクショ
クション
CMS とのイ
とのインタラ
ンタラクショ
クション .
Call Center データ
データの基本
の基本知識
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-11
.
.
.
.
.
.
1-12
前提条件
となる
るシステ
提条件とな
システム管理
ム管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-14
CMS が ACD データ
データを保存
を保存し、ト
し、トラッキ
ラッキングす
ングする方法
る方法
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-14
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1-15
マイワー
イワールド オブジ
オブジェクト
ェクト用ディ
用ディレクト
レクトリの設
リの設定 . . . . . . . . . . . . .
2-1
テクニカ
クニカルサポ
ルサポート
2
vii
マイワー
イワールド オブジェク
ジェクト用デ
ト用ディレク
ィレクトリの
トリの 概要
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-2
マイワー
イワールド ディレクト
レクトリの機
リの機能 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-3
CMS サーバ
サーバーへの
ーへの接続
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-4
マイワー
イワールド ディレクト
レクトリ内の
リ内のオブジ
オブジェクト
ェクトの
管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-7
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-2
.
概要
.
. . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-7
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
目 次
iii
オブジェ
ブジェクトの
クトの選択 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-8
オブジェ
ブジェクトの
クトの追加 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2-9
オブジェ
ブジェクトの
クトの削除 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-11
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-13
他のオブ
のオブジェク
ジェクトプロ
トプロパティの
パティの変更 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-15
オブジェ
ブジェクトの
クトの名前の
名前の変更
マイワー
イワールド オブジ
オブジェクト
ェクト
概要 .
.
.
.
.
.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
2-16
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-16
マイワー
イワールド オブジ
オブジェクト
ェクトの定義
の定義
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-17
マイワー
イワールド オブジ
オブジェクト
ェクトのプロ
のプロパティ
パティ . . . . . . . . . . . . . . .
概要 .
3
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-23
オブジェ
クトプ
プロパテ
ブジェクト
ロパティの定義
ィの定義 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 2-24
.
.
.
.
.
.
.
Visual Vectors Framework の 使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-1
Visual Vectors Framework の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-2
概要 .
4
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
3-2
Visual Vectors Framework の機能 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
3-3
動と終了 .
Visual Vectors Framework の起動と終了
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
3-4
Framework ウィンド
ィンドウ オブジェ
オブジェクト .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
3-7
.
Navigator の使用
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4-1
Navigator の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4-2
概要 .
.
.
.
.
Navigator の機能
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
4-2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
4-3
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
4-4
[Navigator] ウィンドウ
ンドウのオブ
のオブジェク
ジェクト
5
2-23
Vector Editor の使用
の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5-1
Vector Editor の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5-2
概要 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-2
Vector Editor の機能
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-3
Vector Editor を開く、お
く、および閉
よび閉じる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-4
[Vector Editor] ウィンド
ィンドウのオ
ウのオブジェ
ブジェクト
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-5
Vector Editor ウィンドウ
ンドウの使用
の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
概要 .
.
.
.
.
.
5-6
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-6
ベクター
へのア
アクセス
クターへの
クセス .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-7
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-9
ベクター
の保存
存および
クターの保
および印刷
..............................................................................................................................
目 次
iv
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクター
クターステッ
ステップの使
プの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-12
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-13
ベクター
クターステッ
ステップのプ
プのプロパテ
ロパティ .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-15
新規 Go to ベクターの
ターの作成 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-29
タイプの
イプの異なる
異なる ACD にベクタ
ベクターを移
ーを移動、
またはコ
たはコピーす
ピーする . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5-42
VDN 割当てウ
当てウィザー
ィザードの 使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6-1
割当てウィザ
ウィザードの
ードの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
VDN 割当て
6-2
ベクター
クターステッ
ステップのパ
プのパレット
レット
6
概要
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
6-2
VDN 割当て
割当てウィザ
ウィザードの
ードの機能
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
6-3
割当てウィザ
ウィザードの
ードの開始
VDN 割当て
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
6-4
[VDN 割当てウ
当てウィザード
ィザード ] ウィンド
ウィンドウのオ
ウのオブジェ
ブジェクト .
.
.
.
.
.
.
6-5
[VDN 割当て ] ウィンド
ィンドウの使
ウの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6-6
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
6-6
VDN の割当
の割当て
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
6-7
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポートウ
ートウィザード
ィザードの使用
の使用 . . . . . . . . . . . . . . .
7-1
インポー
ト/エ
エクスポ
ンポート/
クスポートウ
ートウィザー
ィザードの
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7-2
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-2
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポートウ
ートウィザー
ィザードの機
ドの機能
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-3
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポートウ
ートウィザー
ィザードの開
ドの開始
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-4
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポートウ
ートウィザー
ィザード オブジ
オブジェクト
ェクト .
.
.
.
.
.
.
7-5
ベクター
のイン
ンポート
クターのイ
ポートおよび
および
エクスポ
クスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7-6
概要
.
.
.
.
概要
.
.
.
.
概要
7
5-12
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-6
ベクター
クターのエク
のエクスポー
スポート .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-7
ベクター
クターのイン
のインポート
ポート .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
7-12
用語集 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. GL-1
索引 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
IN-1
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
目 次
v
..............................................................................................................................
目 次
vi
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
本書について
目的
この『Avaya Visual Vectors ユーザーガイド (585–210–709JA)』
は、1 つまたは複数の CMS サーバーのすべての領域にアクセス
する Avaya コールマネジメントシステム(CMS)管理者を主な
対象読者としています。また、特定のベクターやベクターディ
レクトリ番号などへの限定アクセス権を持つ副管理者やスプ
リット/スキルのスーパーバイザーにもご利用いただけます。
はじめに
じめに
第 2 章、「マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定」
と
第 3 章、「Visual Vectors Framework の 使用」を読んで、Visual
Vectors Framework インタフェースの使用方法を習得してくだ
さい。
改訂の
改訂の理由
本書は、Visual Vectors バージョン 11 に対応するように改訂さ
れています。
安全ラ
安全ラベル
これは、本ガイドには該当しません。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
vii
本情報製品
報製品の使用
の使用方法
本書の主要なセクションの内容は次のとおりです。
タイトル
内容
概要
Visual Vectors の概要について説明しています。こ
こでは、製品を使用する前の注意事項についても説
明しています。
マイワールド のセッ
トアップ
Navigator ツールを使用して マイワールド オブジェ
クトディレクトリにオブジェクトを設定する方法に
ついて説明しています。
Framework の使用
Visual Vectors Framework ツールについて説明してい
ます。
Navigator の使用
オブジェクトの表示方法と Navigator ツールで操作
を実行する方法について説明しています。
Vector Editor の使用
Vector Editor を使用して、ベクターを新規に作成し
たり、既存のベクターを編集したりする方法につい
て説明しています。また、ベクターへのコメントの
追加、ベクターの表示および印刷方法についても説
明しています。
VDN 割当てウィザー
ドの使用
ウィザード形式のツールを使用して、VDN のベク
ターへの割当て、スキル設定の設定方法について説
明しています。
インポート/エクス
ポートウィザードの
使用
ウィザード形式のツールを使用して、他のユーザー
がベクターをインポートできるメモ帳や ACD にベ
クターをエクスポートすることによって、ベクター
を共有する方法について説明しています。
表記規則
本書では、次の表記規則が使用されています。
ドキュメ
キュメント番号
ント番号
出版物には、タイトルの後ろにドキュメント番号が明記されて
います。例:詳細については『Avaya Visual Vectors Installation &
Getting Started(585–210–710)』を参照してください。
..............................................................................................................................
viii
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
書体
イタリックフォントは、以下のものを表しています。
•
書籍や CD-ROM のタイトル。例:詳細については、6 章の
「Visual Vectors の起動」、『Avaya Visual Vectors Installation
and Getting Started(585-210-710)』の「Avaya Visual Vectors
を始めるには」を参照してください。
•
強調。例:[ デジットを取得 ] ステップはプロンプトなしの
ベクターには使用できません。
•
単語として使用することを示す場合。例:この処理が完了
するまでの間、画面の下の部分に作業中という単語が点滅
します。
クーリエフォントは入力と出力を表しています。
関連ド
関連ドキュメ
キュメント
•
入力とは、ユーザーインタフェースに入力する内容です。
例:Sales と入力した場合、Pre-Sales、Sales、および
Sales Split という名前の選択可能な VDN が表示され
ます。
•
出力とは、システムが生成する文字や語句です。例:初期
化しています。しばらくお待ちください ....
Avaya CMS の機能を最大限に活用するために役立つ、数多くの
ドキュメントが用意されています。ここでは、中でも重要なド
キュメントのタイトルとドキュメント番号を紹介します。
•
『Avaya Call Center V11 Change Description(585-780-400)』
•
『Avaya Call Center R3V11 Documentation CD-ROM(585-780800)』
•
『Avaya Visual Vectors Version 11 Installation and Getting
Started(585-210-710)』
•
『Avaya CMS R3V11 Administration(585-215-515)』
•
『Avaya CMS Supervisor Version 11 Reports(585-210-708)』
•
『CentreVu CMS R3V11 Software Installation, Maintenance, and
Troubleshooting(585-215-115)』
•
『CentreVu Call Center V11 Little Instruction Book Basic
Administration(585-210-506)』
•
『CentreVu Call Center V9 Little Instruction Book Advanced
Administration(585-210-505)』
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ix
本情報製
情報製品の注文
品の注文方法
電話の場合:
Avaya Publications Center
米国内用電話:1-800-457-1235 米国外用電話:1-410-568-3680
米国内用 ファックス : 1-800-457-1764 米国外用 ファックス : 1410-891-0207
郵送の場合:
Globalware Solutions
200 Ward Hill Avenue
Haverhill, MA 01835
USA
電子メールの場合:
[email protected]
注文:
ドキュメント番号:585-210-709JA
コムコード番号:108502220
2002 年 5 月 1 日発行
追加ドキュメントについては、関連ドキュメント (ix) を参照し
てください。
本書および他のドキュメントの継続購読にご登録いただけます。
継続購読は、各ドキュメントが改訂された場合に改訂版を自動
的にお受け取りになれるシステムです。料金はご指定の口座か
ら引き落とされます。継続購読、または本書の改訂版ご購入登
録の詳細については、Avaya Publications Center までお問い合わ
せください。
..............................................................................................................................
x
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1
概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この 『Avaya Visual Vectors ユーザーガイド』には、Visual
Vectors クライアントソフトウェアパッケージを使いこなす上で
必要な情報が記載されています。
この章は次のセクションで構成されています。
•
一般情報
•
Visual Vectors を使用する前に知っておくべき情報
•
Call Center データの基本知識
•
前提条件となるシステム管理
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 1
概要
一般情報
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、このソフトウェアで行えること、対象
ユーザー、仕組みが簡単に説明されています。その後には、サ
ポートしているハードウェアとソフトウェアの概要が記述され
ています。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
Visual Vectors ソフトウェアとは
•
プラットフォームとソフトウェア要件
•
対応する交換機
•
必要な交換機と CMS 機能
.............................................................................................................................
1 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
概要
Visual
Vectors ソフトウェアとは
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Avaya コールマネージメントシステム(CMS)は、
AvayaMultiVantageTM や Avaya DefinityTM 交換機の自動呼分配
(ACD)機能およびコールベクタリング機能を使用して処理さ
れる電話着信量の多い企業および各種機関向けの製品です。
CMS は、呼トラフィックデータの収集や管理レポートのフォー
マット化を行い、また交換機の ACD 機能への管理インター
フェイスを提供します。
CMS 管理者は、CMS データベースにアクセスし、レポートを
作成し、ACD パラメータを管理することができます。また、顧
客へもっとも効率的なサービスを提供できるように呼のアク
ティビティをモニタできます。CMS サーバーは、Avaya CMS
Supervisor クライアントコンピュータをサポートしています。
Visual Vectors サーバーソフトウェアは、CMS ソフトウェアと
同じサーバー上にインストールされています。また、Visual
Vectors サーバーソフトウェアでは PC ワークステーション上に
インストールされている Visual Vectors クライアントソフトウェ
アをサポートしています。クライアントソフトウェアを使用す
れば、管理者はコールセンターのエンティティのプロパティを
変更できるだけではなく、ベクターの作成と編集、ベクターへ
のベクターディレクトリ番号(VDN)の割当て、VDN スキル
選択の設定も行えます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 3
概要
プラットフォームとソフトウェア要件
............................................................................................................................................................................................................................................................
クライア
ライアントコ
ントコンピュ
ンピュータ
の推奨
の推奨構成
Visual Vectors V11 クライアントソフトウェアが動作するのに必
要なコンピュータの推奨構成は次のとおりです。
•
Intel 社の Pentium またはその互換プロセッサで、動作速度
は 300 MHz 以上(必要最低限のプロセッサ速度は 133 MHz
ですが、133 MHz では十分なパフォーマンスを得られない
場合があります)。
•
ハードディスクの空き容量 50MB
•
CD-ROM ドライブ
•
Visual Vectors と CMSpervisor を共存させる場合は、64 MB
または 96 MB の RAM(必要最小限の物理メモリは 48
MB)。サーバーで多数のオブジェクト(例えば、数千の
VDN)を扱う場合は、96 MB 以上の RAM(Supervisor も同
時に実行する場合は 128 MB 以上)をお薦めします。
Microsoft Windows 2000 をご使用の場合、さらに 16 MB の
RAM が必要です。
•
解像度が 800x600 以上、色数が 256 色以上に設定されてい
るビデオモニタおよびアダプタ
•
Windows オペレーティングシステムと互換性のあるマウス
または他のポインティングデバイス
•
ネットワーク接続を行う場合:
– WinSock 1.1 準拠の TCP/IP スタック
– Xerox 社の Ethernet 通信ボード
Windows ベース
ベースのクラ
のクライア
ントプ
ントプラット
ラットフォー
フォームで
必要なソ
要なソフトウ
フトウェア
Visual Vectors は、Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、
Windows NT 4.0(Service Pack 4 以降)、Windows 2000、または
Windows XP オペレーティングシステム上で動作します。
Visual Vectors オンラインヘルプを表示するのに必要なブラウザ
は、Microsoft Internet Explorer 3.02 以降です。Visual Vectors をイ
ンストールする前に、Microsoft Internet Explorer 3.02 以降が正し
くインストールされていることをご確認ください。ただし、デ
フォルトのブラウザまたは .htm アプリケーションとして設定さ
れている必要はありません。
.............................................................................................................................
1 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
概要
対応する交換機
............................................................................................................................................................................................................................................................
単一ま
単一または複
たは複数の ACD
CMS ソフトウェアは最大 8 つの ACD と通信できます。ただし、
これは使用しているサーバーと CMS ソフトウェアがどのよう
にインストールされているかによって異なります。
Visual Vectors V11 クライアントソフトウェアは、最大 20 台の
CMS サーバーと通信できます。ただし、これは Visual Vectors
サーバーソフトウェアがどのようにインストールされ、設定さ
れているかによって異なります。
このドキュメントで「複数の ACD」という場合は、複数の交換
機を用いた構成を指しています。1 台の交換機しかない場合は、
複数の ACD の考慮事項を無視できます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 5
概要
必要な交換機と
CMS 機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
ACD 管理と
管理と Visual Vectors
CMS には、自動呼分配(ACD)を管理する機能と、システムの
さまざまな面を管理するオプションの機能があります。Visual
Vectors ソフトウェアを使用するのに必要な機能は、次のとおり
です。
CMS および Visual Vectors ソフトウェアは、交換機との管理イ
ンターフェイスを提供します。また、CMS ソフトウェアでは
Avaya CMS Supervisor クライアントをサポートしています。
エージェント管理およびコールセンター管理領域を使用するこ
とによって、Supervisor を使用して、ACD、ベクタリング、エ
キスパートエージェントセレクション(EAS)に関連する交換
機のさまざまなパラメータを表示したり変更したりできます。
コールセンターの構成を説明するレポート機能も実行できます。
例えば、次のことができます。
•
スプリットまたはスキルへのエージェントの追加もしくは
スプリットまたはスキルからのエージェントの削除
•
スプリット間での内線の移動
•
スキル割当ての変更
•
次に示す割当ての変更(トランクグループからスプリット
へ、トランクグループから VDN へ、VDN からベクター
へ)
•
エージェントトレースを開始し、トレース中のエージェン
トをリストすること
Visual Vectors クライアントソフトウェアを使用すれば、管理者
はコールセンターのエンティティのプロパティを変更できるだ
けでなく、ベクターの作成と編集、ベクターへの VDN の割当
て、VDN スキル設定も行えます。
必要な ACD および CMS 設定については Visual Vectors の管理
者と交換機の管理者の双方が理解していなければならず、その
ために Visual Vectors の管理者は交換機の管理者と連携する必要
があります。
.............................................................................................................................
1 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
必要な交換機と CMS 機能
ベクタリン
タリングと
Visual Vectors
概要
Avaya コールベクタリング機能を使うと、サポートされている
MultiVantage または Definity ECS 交換機でベクターを作成、コ
ピー、変更できます。コールベクターは、指定されたネット
ワーク内またはネットワーク外のあて先や、ACD スプリット内
のキューや、さまざまな処理(音楽、録音アナウンス、強制切
断、強制ビジーなど)へ呼を送信します。Visual Vectors には、
コールベクタリング機能を直感的に実行できるグラフィカル・
ユーザー・インタフェース(GUI)が備えられています。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 7
概要
Visual Vectors を使用する前に知っ
ておくべき情報
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Visual Vectors ソフトウェアと他のコール
センター・クライアント・ソフトウェアとのインタラクション
について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
Avaya CMS Supervisor とのインタラクション
•
CMS とのインタラクション
.............................................................................................................................
1 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
概要
Avaya
CMS Supervisor とのインタラクション
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Avaya CMS
Supervisor との
インタ
インタラクシ
ラクション
Visual Vectors ソフトウェアは、Avaya CMS Supervisor バージョ
ン 6 以降と共に動作します。
Avaya CMS Supervisor バージョン 6 以降がクライアントコン
ピュータに正しくインストールされている場合は、[Visual
Vectors Framework] ウィンドウに Supervisor 起動用ツールバーア
イコンが表示されます。[ ツール ] メニューから Supervisor を選
択することもできます。
Visual Vectors から Supervisor を実行することはできますが、こ
の 2 つのソフトウェアプログラム(Visual Vectors と Supervisor)
で直接やりとりすることはありません。2 つのプログラムから
の情報が一致しないような場合は、まず、それぞれのプログラ
ムを CMS サーバーからログオフし、再度ログオンします。こ
れにより、Supervisor は Visual Vectors の設定ファイルを読み込
んで、正しい情報で応答するようになります。
Avaya CMS
Supervisor の使用
Supervisor ソフトウェアを使用して、次の作業を行います。
•
Visual Vectors ツールを使用して割当てた VDN、ベクター、
およびスキル設定についてのレポートの作成。
•
CMS 辞書内のスプリットまたはスキル、トランクグルー
プ、ACD、ベクター、および VDN への名前の割当て(つ
まりマイワールド オブジェクト用ディレクトリ内のオブ
ジェクトに複数の意味ある名前がある)。
Avaya CMS Supervisor バージョン 8 以降がインストールされて
いる場合、Avaya CMS Supervisor のツールバーに [Visual
Vectors] アイコンが表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 9
概要
CMS
とのインタラクション
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Visual Vectors ソフトウェアは、CMS R3V6 以降とともに動作し
ます。
インタラクシ
ラクション
CMS とのインタ
2 つのクライアント・ソフトウェア・プログラムからの情報が
一致しないような場合は、まず、それぞれのクライアント・ソ
フトウェア・プログラムを CMS サーバーからログオフし、再
度ログオンします。これにより、CMS サーバーソフトウェアは
Visual Vectors の設定ファイルを読み込んで、正しい情報で応答
するようになります。
重要 ! ベクターの編集は、必ず Visual Vectors で行ってく
ださい。それ以外の方法(CMS 端末など)で編集すると、
ベクターステップのコメントは、接続されていないコメン
トに変換されます。
.............................................................................................................................
1 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
概要
Call Center データの基本知識
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、コールセンターの交換機データを保存し
たり追跡したりする、Avaya CMS の処理について説明します。
ここでは、CMS が動作する仕組み、CMS がデータを格納する
場所、Visual Vectors サーバーソフトウェアが CMS 辞書とユー
ザー許可データにアクセスする仕組みを説明することを目的と
しています。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
CMS が ACD データを保存し、トラッキングする方法
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 11
概要
CMS
が ACD データを保存し、トラッキングする方法
............................................................................................................................................................................................................................................................
リアルタ
アルタイムデ
イムデータベ
ータベース
およびヒ
ストリ
リカルデ
よびヒスト
カルデータ
ベース
CMS は、交換機から受信した ACD データを、リアルタイム
データベースとヒストリカルデータベースに保存します。CMS
は、エージェント、スプリットまたはスキル、トランク、トラ
ンクグループ、ベクター、VDN のそれぞれの ACD データを
別々のデータベーステーブルに格納します。コールワークコー
ド(CWC)にも、リアルタイムデータベースとヒストリカル
データベースに別々のデータベーステーブルがあります。
CMS データの
ータの集計
CMS がリアルタイムデータを ACD から集めると、データは、
インターバル終了まで現在のイントラアワー・インターバル・
テーブル(エージェント、スプリット/スキル、トランク、
トランクグループ、ベクター、および VDN)に保存されます。
現在のイントラアワーインターバルが終わると、データは、
直前のイントラアワー・インターバル・テーブルとイントラア
ワー・ヒストリカル・テーブルにアーカイブされます。ユー
ザーが指定した時刻になると、ヒストリカル・イントラア
ワー・データは日間データに集計されます。ユーザーが指定し
た週の終わり(システム設定サブシステムの [ データ保存イン
ターバル ] ウィンドウで指定)には、日間データが週間データ
に集計されます。新しい月の最初の日には、直前の月の日間
データから月間サマリーが作成されます。
CMS 辞書
CMS 辞書には、コールセンターの ACD とそれらのエンティ
ティの名前が入っています。それには、アナウンスやスプリッ
トまたはスキル、トランクグループ、VDN、ベクターなどその
エンティティが含まれます。割当てられた名前は CMS レポー
トに表示され、CMS レポートの解釈が容易になるとともに、
Visual Vectors ソフトウェアでも簡単に使用できるようになりま
す。Visual Vectors のツールを使用して、エンティティの名前を
変更したり、その他のプロパティを編集したりできます。
.............................................................................................................................
1 - 12
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
CMS が ACD データを保存し、
トラッキングする方法
ユーザー
ーザー許可
概要
Visual Vectors ソフトウェアは、CMS ユーザー許可に基づいて、
表示や修正を行えるユーザーを決定します。例えば、あるユー
ザーがある ACD またはそのベクター(あるいはその両方)に
読み取り許可を持っているが書き込み許可を持っていない場合、
そのユーザーはベクターをその ACD に保存したりコピーした
りすることはできません。同様に、あるユーザーがあるタイプ
のエンティティ(VDN など)への読み取り許可も書き込み許可
も持たない場合、Navigator 上では ACD のそれらのエンティ
ティのフォルダには空白が表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 13
概要
前提条件となるシステム管理
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Visual Vectors を実行するのに必要なシス
テムレベルの管理(許可など)について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
テクニカルサポート
.............................................................................................................................
1 - 14
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
概要
テクニカルサポート
............................................................................................................................................................................................................................................................
問題が発
題が発生した
生した場合
Visual Vectors で問題が発生した場合は、まず以下の情報源を参
照してください。
•
[ ヘルプ ] の目次、アルファベット / 五十音順の索引、およ
び全文検索機能。
•
ソフトウェアに付属の readme.txt ファイル。
重要 ! この readme.txt ファイルには、このソフトウェアに
関する最新の変更点やお知らせが記載されています。この
ファイルを読むには、Notepad などのテキストエディタを
使用します。
システム
ステム管理者
管理者に提供
に提供する
情報
これらの情報源に解決策が記載されていない場合は、ご使用の
CMS のシステム管理者にお問い合わせください。システム管理
者には、以下の情報を伝えてください。
•
お使いの PC にインストールしたバージョン([ ヘルプ ] メ
ニューから [ バージョン情報 ...] 項目を選択し、右上隅の
ロード番号をメモしてください)。
•
ご使用の CMS サーバーの名前または IP アドレス(これに
より、システム管理者はご使用のサーバーにインストール
されている CMS のバージョンおよびロードを知ることが
できます)。
•
サーバーへの接続タイプ(シリアルまたはネットワーク
経由)。
•
ご使用の PC の製造元と機種名および実装済みの RAM 容量。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
1 - 15
テクニカルサポート
概要
.............................................................................................................................
1 - 16
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2
マイワールド オブジェクト
用ディレクトリの設定
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、Navigator に表示されている マイワールド オブ
ジェクト用ディレクトリの設定方法について説明します。この
章は次のセクションで構成されています。
•
マイワールド ディレクトリの機能
•
マイワールド ディレクトリ内のオブジェクトの 管理
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 1
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの 概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、マイワールド機能の概要と、新規 CMS
サーバーに接続する方法および マイワールド ディレクトリに新
規 CMS サーバーを追加する方法について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
マイワールド ディレクトリの機能
•
CMS サーバーへの接続
.............................................................................................................................
2 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド
ディレクトリの機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Visual Vectors はオブジェクト指向です。このシステムでは、
すべてのエンティティをオブジェクトとして処理します。オブ
ジェクトとは、ユーザーが定義したプロパティを持つコン
ピュータ命令の集合体です。この章では、マイワールド オブ
ジェクト用ディレクトリ内のオブジェクトに対して操作を実行
する方法について説明します。具体的には、オブジェクトの選
択方法、オブジェクトの名前の変更方法、オブジェクトの削除
方法などです。
ACD フォルダ
マイワールド ディレクトリ内の各 CMS オブジェクトには、最
大 8 つの ACD オブジェクトを格納することができ、各 ACD オ
ブジェクト内には、アナウンス、スプリットまたはスキルオブ
ジェクト、トランクグループ、VDN、ベクター用のエンティ
ティフォルダが入ります。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 3
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
CMS
サーバーへの接続
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
[ 接続 ] メニュー項目またはツールバーボタンを使用して、
CMS サーバーにログインします。
接続の
接続の種類
[Visual Vectors Framework] メニュー から、1 つ以上の既存の
CMS サーバーに接続したり、新規の CMS サーバーを追加した
りできます。1 つのサーバーに同一のログイン ID で複数ログイ
ンすることはできません。
既存サーバ
サーバーへの
ーへの接続
マイワールド オブジェクト用ディレクトリにサーバーが一覧表
示されている場合に CMS 接続を確立するには、次の手順に従い
ます。
...........................................................................................................................................................................
1
[ 接続 ] メニューから [ 接続 ] を選択するか、ツールバーの [ 接
続 ] アイコンをクリックします。
[ サーバーに接続 ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
CMS の ログイン ID を [ ログイン ID] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
3
Tab キーを押して、カーソルを [ パスワード ] テキストボックス
に移動します。
...........................................................................................................................................................................
4
CMS のパスワードを [ パスワード ] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
5
[ サーバーに接続 ] ドロップダウンリストから、マイワールド
オブジェクト用ディレクトリにある CMS サーバーを選択しま
す。
.............................................................................................................................
2 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
CMS サーバーへの接続
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
...........................................................................................................................................................................
6
[ 接続 ] をクリックします。
結果: ソフトウェアが CMS サーバーに接続中であることを
示すステータスメッセージが表示されます。ツールを使用し
ているときに接続が切断された場合は、オンラインで開いて
いるベクターをどこかに保存することが求められます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
新規 CMS サーバ
サーバーへの
ーへの接続
マイワールド オブジェクト用ディレクトリに一覧表示されてい
ない新規 CMS サーバーとの接続を確立するには、次の手順に
従います。
...........................................................................................................................................................................
1
次のいずれかを行います。
•
[Visual Vectors Framework] ウィンドウで、[ ファイル ] メ
ニューから [ 接続 ] を選択する。
•
[Navigator] ウィンドウで、左窓枠にある マイワールド をハ
イライトしたのちに、[ ファイル ] メニューまたはショート
カットメニューから [ 新規 CMS] を選択する。
•
[Navigator] ツールバーで [ 新規 ] をクリックする。
[ 新規の CMS] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
CMS サーバーのホスト名または IP アドレスを [ サーバーのネッ
トワークアドレス ] テキストボックスに入力します。
...........................................................................................................................................................................
3
CMS のログイン ID を [ ログイン ID] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
4
CMS のパスワードを [ パスワード ] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
5
[OK] をクリックします。
結果: 入力した CMS サーバーに接続できるかどうかによっ
て、次のいずれかの状態になります。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 5
CMS サーバーへの接続
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
•
そのサーバーが存在し、接続できる場合は、新規 CMS
オブジェクトが マイワールド ディレクトリに追加され、
この新規サーバーへ接続されます。ツールを使用してい
るときに接続が切断された場合は、オンラインで開いて
いるベクターをどこかに保存することが求められます。
•
そのサーバーが存在しない、または接続できない場合は、
障害の原因を示すエラーメッセージが表示されます。ス
テップ 2 に戻って、必要な情報を再度入力します。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
2 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド ディレクトリ内のオブジェクトの
管理
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、マイワールド ディレクトリ内のオブジェ
クトの操作方法について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
オブジェクトの選択
•
オブジェクトの追加
•
オブジェクトの削除
•
オブジェクトの名前の変更
•
他のオブジェクトプロパティの変更
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 7
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェクトの選択
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
入力ウィン
ウィンドウの
ドウの動作
マイワールド ディレクトリ内のオブジェクトに対して操作を実
行するには、まずオブジェクトを選択する必要があります。オ
ブジェクトを選択するには、次のいずれかの方法を選択します。
•
オブジェクトをクリックする。
•
矢印キーを使用して、項目をハイライトしてから、Enter
キーを押す。
次の表で、入力ウィンドウの機能を説明します。
機能
操作
メニューバー
操作、編集オプション、オンラインヘルプのプル
ダウンリスト。
ツールバーの
操作ボタン
ボタンをクリックして操作を実行します。
入力フィールド ある操作を完了するのに必要な情報を入力します。
選択リスト
入力フィールドに入力できる内容のリストが表示
されます。
.............................................................................................................................
2 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェクトの追加
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
オブジェクトを マイワールド ディレクトリに追加する(例え
ば、ベクターフォルダに ACD の新規ベクターを追加する)に
は、まず、[Navigator] ウィンドウ内にあるオブジェクトのコン
テナを選択する必要があります。測定 ACD の場合は、ベク
ターをベクターフォルダに追加または保存すると、そのベク
ターが CMS データベースに追加されることに注意してくださ
い。
手順
新規ベクターまたはメモ帳を マイワールド ディレクトリに追加
するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Navigator] ウィンドウの左窓枠内にあるメモ帳またはベクター
フォルダをハイライトしてから、マウスの右ボタンをクリック
します。ショートカットメニューが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
ショートカットメニューからベクターのタイプを選択します。
メモ帳をハイライトした場合は、このメニューから [ メモ帳 ]
も選択できます。
[ 新規ベクター ] ウィンドウまたは [ 新規のメモ帳 ] ウィンドウ
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
3
ウィンドウの入力フィールドに必要な情報を入力します。新規
ベクターの場合は、名前を入力する必要があります。新規ベク
ターを ACD に追加する場合には、ID も必要になります。
...........................................................................................................................................................................
4
[OK] をクリックします。
結果:
結果: 結果は、オブジェクトの追加の成否によって次のよう
になります。
•
成功した場合は、[Navigator] ウィンドウに新規オブジェ
クトが表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 9
オブジェクトの追加
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
•
失敗した場合は、障害の原因を示すエラーメッセージが
表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
2 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェクトの削除
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
情報の
情報の取得
マイワールド ディレクトリから CMS を削除したり、CMS デー
タベースからベクターを削除したい場合があります。今後の参
考のために、アイテムを削除する前に CMS データベースから
の情報の収集が必要な場合があります。
アイテムを削除する前に CMS データベースから情報を収集す
るには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Navigator] ウィンドウでオブジェクトを選択してから、次のい
ずれかを行います。
•
[ ファイル ] メニューまたはショートカットメニューから
[ プロパティ ] を選択する。
•
ツールバーの [ プロパティ ] をクリックする。
•
Alt+Enter を押す。
[ プロパティ ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
関連のある情報を探して、メモを取ります。例えば、対象アイ
テムを削除する許可を持っていることを確認します。
...........................................................................................................................................................................
3
[ プロパティ ] ウィンドウを閉じます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 11
オブジェクトの削除
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェ
ブジェクトの
クトの削除
マイワールド ディレクトリから CMS サーバー またはベクターを
削除するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Navigator] ウィンドウでオブジェクトを選択します。
...........................................................................................................................................................................
2
次のいずれかを行います。
•
[ ファイル ] メニューまたはショートカットメニューから
[ 削除 ] を選択する。
•
ツールバーの [ 削除 ] をクリックする。
•
Delete キーを押す。
結果:
結果: 結果は、オブジェクトの削除の成否によって次のよう
になります。
•
成功した場合は、オブジェクト(ステップ)の内容が削
除され、削除されたベクターは Navigator に表示されな
くなります。
•
失敗した場合は、障害の原因を示すエラーメッセージが
表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
2 - 12
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェクトの名前の変更
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
情報収集
マイワールド ディレクトリ内に存在しているオブジェクトの名
前を変更したい場合があります。今後の参考にするために、そ
のアイテムの名前を変更する前に CMS データベースからの情
報の収集が必要な場合があります。
対象アイテムの名前を変更する前に CMS データベースから情
報を収集するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Navigator] ウィンドウでオブジェクトを選択してから、次のい
ずれかを行います。
•
[ ファイル ] メニューまたはショートカットメニューから
[ プロパティ ] を選択する。
•
ツールバーの [ プロパティ ] をクリックする。
•
Alt+Enter を押す。
[ プロパティ ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
関連のある情報を探して、メモを取ります。例えば、名前を変
更するベクターのタイプを確認します。
...........................................................................................................................................................................
3
[ プロパティ ] ウィンドウを閉じます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
名前の
名前の変更の
変更の実行
CMS データベースの ACD オブジェクトの名前を変更するには、
次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Navigator] ウィンドウでオブジェクトを選択します。
...........................................................................................................................................................................
2
次のいずれかを行います。
•
[ ファイル ] メニューまたはショートカットメニューから
[ 名前の変更 ] を選択する。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 13
オブジェクトの名前の変更
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
ツールバーの [ 名前の変更 ] をクリックする。
•
[ オブジェクトの名前を変更 ] ウィンドウにハイライトされ
た [ 名前プロパティ ] フィールドが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
3
新規に名前を入力するか、既存の名前を編集して、[OK] を
クリックします。
結果:
結果: 結果は、オブジェクトの名前変更の成否によって次の
ようになります。
•
成功した場合は、[Navigator] ウィンドウに新しい名前が
表示されます。
•
失敗した場合は、障害の原因を示すエラーメッセージが
表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
2 - 14
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
他のオブジェクトプロパティの変更
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
1 つまたは複数のオブジェクトやエンティティ(スプリット/
スキルやベクター、VDN、トランクグループ)のプロパティを
変更するには、次の手順に従います。
1
[Navigator] ウィンドウで 1 つまたは複数のオブジェクトを選択
してから、次のいずれかを行います。
...........................................................................................................................................................................
•
[ ファイル ] メニューまたはショートカットメニューから
[ プロパティ ] を選択する。
•
ツールバーの [ プロパティ ] をクリックする。
•
Alt+Enter を押す。
選択されたオブジェクトが 1 つだけであれば、[ プロパ
ティ ] ダイアログが表示されます。複数のオブジェクトが
選択された場合、[ 複数のオブジェクトのプロパティ ] ダイ
アログが表示されます。
このウィンドウには、CMS 辞書内の、ユーザーが許可を持って
いるオブジェクトのプロパティが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
変更後の新しい値をフィールドに入力します。
結果: 無効な値が入力されたプロパティフィールドは赤い
ボックスで囲まれます。
...........................................................................................................................................................................
3
変更をすべて終了した後、赤のボックスが表示されなければ、
[OK] をクリックします。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 15
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド オブジェクト
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
オブジェクトとは、マイワールド ディレクトリで操作を実行す
ることができる要素のことです。例えば、オブジェクトにはベ
クター、トランクグループ、ACD などがあります。
どのツールでオブジェクトを選択しても、操作を実行する方法
は同じです。
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
マイワールド オブジェクトの定義
.............................................................................................................................
2 - 16
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド
オブジェクトの定義
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
マイワー
イワールド
オブジェ
ブジェクト
マイワールド ディレクトリに入れることができるオブジェクト
を以下に示します。オブジェクトに対して操作を実行するには、
マウスの右ボタンを使用してオブジェクトをクリックします。
•
マイワールド ディレクトリの機能
•
メモ帳オブジェクト
•
CMS オブジェクト
•
ACD オブジェクト
•
アナウンスフォルダ オブジェクト
•
アナウンスオブジェクト
•
スプリット/スキル フォルダ オブジェクト
•
スプリット/スキル オブジェクト
•
トランクグループフォルダ オブジェクト
•
トランクグループ オブジェクト
•
ベクターフォルダ オブジェクト
•
ベクターオブジェクト
•
VDN フォルダオブジェクト
•
VDN オブジェクト
次の表で、マイワールド オブジェクトの場合について説明し
ます。
操作
説明
エクスプローラ マイワールド が展開され、読み取り(R)または
読み取り/書き込み(R/W)許可を持っている 1
つ以上の CMS サーバーが表示されます。
すべて切断
接続されている CMS サーバーがすべてハイライト
された状態の [ 切断 ] ウィンドウが表示されます。
Navigator
マイワールド ディレクトリを参照開始位置とし
て、[Navigator] ウィンドウが開きます。
新規
[CMS] サブメニューをクリックすると、[ 新規
CMS] ウィンドウにアクセスして、新規サーバー
を マイワールド に追加します。
プロパティ
マイワールド ディレクトリのプロパティを表示
します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 17
マイワールド オブジェクトの定義
メモ帳オ
モ帳オブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
次の表で、メモ帳オブジェクトについて説明します。
操作
説明
エクスプローラ メモ帳が展開されます。
CMS オブジェ
ブジェクト
Navigator
選択されたメモ帳を参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
新規
新規のメモ帳または新規のベクターを作成します。
切り取り
あとで貼り付けることができるように、選択した
メモ帳を切り取ります。
コピー
あとで貼り付けることができるように、オブジェ
クトをコピーします。
貼り付け
切り取ったか、またはコピーしたオブジェクトを
貼り付けます。
削除
メモ帳を削除します。
名前の変更
[ メモ帳の名前を変更 ] ウィンドウの [ メモ帳の
名前 ] フィールドの編集モードに入ります。
プロパティ
メモ帳のプロパティを表示します。
次の表で、CMS オブジェクトについて説明します。
操作
説明
エクスプローラ CMS オブジェクトが展開され、読み取り(R)ま
たは読み取りおよび書き込み(R/W)許可を持っ
ている 1 つ以上の ACD が表示されます。
接続
この CMS の [ サーバーに接続 ] ウィンドウが表
示されます。
切断
この CMS がハイライトされた状態の [ 切断 ]
ウィンドウが表示されます。
Navigator
選択された CMS を参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
削除
マイワールド ディレクトリから CMS を削除しま
す。
プロパティ
CMS のプロパティを表示します。
.............................................................................................................................
2 - 18
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクトの定義
ブジェクト
ACD オブジェ
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
次の表で、ACD オブジェクトについて説明します。
操作
説明
エクスプローラ ACD オブジェクトが展開され、CMS エンティ
ティのフォルダが表示されます。
アナウン
ナウンスフォ
スフォルダ
オブジェ
ブジェクト
Navigator
選択された ACD を参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
名前の変更
[ACD の名前を変更 ] ウィンドウの [ACD の名前 ]
フィールドの編集モードに入ります。
プロパティ
ACD のプロパティを表示します。
次の表で、アナウンスフォルダオブジェクトについて説明し
ます。
操作
説明
エクスプローラ アナウンスフォルダが展開されます。
アナウ
アナウンスオ
ンスオブジェ
ブジェクト
スプリッ
プリット/ス
ト/スキル
フォル
ルダ オブジェ
フォ
ブジェクト
Navigator
選択されたフォルダを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
プロパティ
アナウンスフォルダのプロパティを表示します。
次の表で、アナウンスオブジェクトについて説明します。
操作
説明
Navigator
選択されたアナウンスを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
名前の変更
[ アナウンスの名前を変更 ] ウィンドウの [ アナ
ウンスの名前 ] フィールドの編集モードに入りま
す。
プロパティ
アナウンスのプロパティを表示します。
次の表で、スプリット/スキルフォルダ オブジェクトについて
説明します。
操作
説明
エクスプローラ スプリット/スキルフォルダが展開されます。
Navigator
選択されたフォルダを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
プロパティ
スプリット/スキルフォルダのプロパティを表示
します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 19
マイワールド オブジェクトの定義
スプリッ
プリット/ス
ト/スキル
オブジェ
ブジェクト
トランク
ランクグルー
グループフォ
プフォルダ
オブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
次の表で、スプリット/スキルオブジェクトについて説明し
ます。
操作
説明
Navigator
選択されたスプリット/スキルを参照開始位置と
して、[Navigator] ウィンドウが開きます。
名前の変更
[ スプリット/スキルの名前を変更 ] ウィンドウ
の [ スプリット/スキルの名前 ] フィールドの編
集モードに入ります。
プロパティ
スプリット/スキルのプロパティを表示します。
次の表で、トランクグループ フォルダ オブジェクトについて説
明します。
操作
説明
エクスプローラ トランクグループフォルダが展開されます。
トラン
トランクグル
クグループ
オブジェ
ブジェクト
ベクタ
ベクターフォ
ーフォルダ
オブジェ
ブジェクト
Navigator
選択されたフォルダを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
プロパティ
トランクグループフォルダのプロパティを表示し
ます。
次の表で、トランクグループオブジェクトについて説明します。
操作
説明
Navigator
選択されたトランクグループを参照開始位置とし
て、[Navigator] ウィンドウが開きます。
名前の変更
[ トランクグループの名前を変更 ] ウィンドウの
[ トランクグループの名前 ] フィールドの編集
モードに入ります。
プロパティ
トランクグループのプロパティを表示します。
次の表で、ベクターフォルダ オブジェクトについて説明し
ます。
操作
説明
エクスプローラ ベクターフォルダが展開されます。
Navigator
選択されたフォルダを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
新規ベクター
1 つの [ 停止 ] ステップがある新規ベクターを
フォルダに作成します。
.............................................................................................................................
2 - 20
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクトの定義
ベクターオ
ターオブジェ
ブジェクト
VDN フォルダオ
ルダオブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
操作
説明
貼り付け
切り取ったか、コピーしたベクターがある場合
は、そのベクターを貼り付けます。
プロパティ
ベクターフォルダのプロパティを表示します。
次の表で、ベクターオブジェクトについて説明します。
操作
説明
編集
ベクターを編集するための Vector Editor ツールに
アクセスします。
エクスポート
インポート/エクスポートウィザードにアクセス
して、ベクターをエクスポートします。
Navigator
選択されたベクターを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
切り取り
ベクターをメモりにコピーして、空白のベクター
と置き換えます。
コピー
後で貼り付けることができるように、ベクターを
コピーします。
削除
この ACD のフォルダからベクターを削除します。
削除されたベクターは、空白のベクターと置き換
えられますが、辞書には名前が残ります。
名前の変更
[ 名前を変更 ] ウィンドウの [ ベクターの名前 ]
フィールドの編集モードに入ります。
プロパティ
ベクターのプロパティを表示します。
次の表で、VDN フォルダオブジェクトについて説明します。
操作
説明
エクスプローラ VDN フォルダが展開されます。
Navigator
選択されたフォルダを参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
プロパティ
VDN フォルダのプロパティを表示します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 21
マイワールド オブジェクトの定義
ブジェクト
VDN オブジェ
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
次の表で、VDN オブジェクトについて説明します。
操作
説明
Navigator
選択された VDN を参照開始位置として、
[Navigator] ウィンドウが開きます。
名前の変更
[VDN の名前を変更 ] ウィンドウの [VDN の名前 ]
フィールドの編集モードに入ります。
プロパティ
VDN のプロパティを表示します。
.............................................................................................................................
2 - 22
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
マイワールド オブジェクトのプロパティ
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
オブジェクトのプロパティで、次のオブジェクトのパラメータ
を変更します。
•
ACD の任意のエンティティ : アナウンス、スプリットまた
はスキル、トランクグループ、VDN、ベクターなど。
•
VDN 管理 : 例えば、割当てられているベクターやスキル設
定。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
オブジェクトプロパティの定義
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 23
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
オブジェクトプロパティの定義
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
マイワ
マイワールド
ールド オブジェ
ブジェクト
次の表では、マイワールド ディレクトリ内のすべてのオブジェ
クトのプロパティについて説明します。オブジェクトに対して
操作を実行するには、マウスの右ボタンを使用してオブジェク
トをクリックしてから [ プロパティ ] を選択します。
•
マイワールド オブジェクト
•
メモ帳オブジェクト
•
CMS オブジェクト
•
ACD オブジェクト
•
アナウンスフォルダ オブジェクト
•
アナウンスオブジェクト
•
スプリット/スキル フォルダ オブジェクト
•
スプリット/スキル オブジェクト
•
トランクグループフォルダ オブジェクト
•
トランクグループ オブジェクト
•
ベクターフォルダ オブジェクト
•
ベクターオブジェクト
•
VDN フォルダオブジェクト
•
VDN オブジェクト
次の表では、マイワールド オブジェクトのプロパティについて
説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この名前は編集できません。
タイプ
。
オブジェクトのタイプ(ワールド)
許可
マイワールド ディレクトリに対して持っている
許可(R は読み取りを表す)を表示します。
説明
マイワールド オブジェクトの説明このフィール
ドは編集可能です。
.............................................................................................................................
2 - 24
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
オブジェクトプロパティの定義
メモ帳オ
モ帳オブジェ
ブジェクト
CMS オブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
次の表で、メモ帳オブジェクトのプロパティについて説明し
ます。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
オフラインベクターが入っているフォルダの名
前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(メモ帳)
。
許可
メモ帳の許可(R は読み取りを表し、W は書き込
みを表す)を表示します。
説明
メモ帳オブジェクトの説明。このフィールドは編
集可能です。
次の表で、CMS オブジェクトのプロパティについて説明し
ます。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS サーバーの名前。この名前は編集できませ
ん。
タイプ
オブジェクトのタイプ(CMS または接続されて
いない CMS)
。
許可
CMS サーバーに対して持っている許可(R は読
み取りを表し、空白は何も許可されていないこと
を表す)を表示します。
バージョン
接続されている場合、CMS サーバーソフトウェ
アのリリース番号およびバージョン番号を表示し
ます。
言語情報
接続されている場合、CMS サーバーソフトウェ
アの言語情報および時間帯(例えば、TZ GMT 05:00)を表示します。
コンテナ内の数 接続されている場合、このオブジェクトに含まれ
るオブジェクト(ACD)の数を表示します。
ACD オブジェ
ブジェクト
次の表で、ACD オブジェクトのプロパティについて説明し
ます。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にある ACD の名前。CMS で ACD に対
する読み取りおよび書き込みアクセスを持つユー
ザーは、この名前を変更できます。
タイプ
オブジェクトのタイプ(ACD)
。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 25
オブジェクトプロパティの定義
アナウン
スフォ
ォルダ
ナウンスフ
オブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
プロパテ
ロパティ
説明
許可
CMS で持っている ACD 許可(読み取り、書き込
み、または両方)を表示します。
ID
CMS の ACD を識別する番号。
バージョン
MultiVantage または Definity サーバーソフトウェ
アのリリース番号およびバージョン番号を表示し
ます。
言語情報
Definity サーバーソフトウェアの言語情報および
時間帯(例:TZ GMT - 05:00)
。
リンク状況
ACD と CMS 間のリンク状況([ リンクアップ ]、
[ リンクダウン ])。リンクダウンの場合、ACD ア
イコンには [Navigator] ウィンドウで抹消の印が付
けられて表示されます。
ACD 機能
ACD で使用可能な機能。EAS、プロンプティン
グ、ベクタリングなどがあります。
説明
CMS 辞書にある ACD の説明。このフィールドは
編集可能です。
次の表で、アナウンスフォルダオブジェクトのプロパティにつ
いて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この ACD のアナウンスが入っているフォルダの
名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(フォルダ)
。
許可
この ACD に対して持っているアナウンス許可
(読み取り、書き込み、または両方)を表示し
ます。
コンテナ内の数 フォルダに入っているアナウンス数を表示します。
アナウ
アナウンスオ
ンスオブジェ
ブジェクト
次の表で、アナウンスオブジェクトのプロパティについて説明
します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にあるアナウンスの名前。読み取りお
よび書き込み許可を持つユーザーは、この名前を
変更できます。
タイプ
オブジェクトのタイプ(アナウンス)
。
許可
このアナウンスに対して持っている許可(読み取
り、書き込み、または両方)を表示します。
.............................................................................................................................
2 - 26
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
オブジェクトプロパティの定義
スプリッ
プリット/ス
ト/スキル
フォル
フォルダ オブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
プロパテ
ロパティ
説明
内線
アナウンスの内線番号。
説明
CMS 辞書にあるアナウンスの説明。このフィー
ルドは編集可能です。
次の表で、スプリット/スキルフォルダ オブジェクトのプロパ
ティについて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この ACD の測定スプリットまたはスキルが入っ
ているフォルダの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(フォルダ)
。
許可
この ACD に対して持っているスプリットおよび
スキル許可(読み取り、書き込み、または両方)
を表示します。
コンテナ内の数 フォルダに入っているスプリットまたはスキルの
数を表示します。
スプリッ
プリット/ス
ト/スキル
オブジェ
ブジェクト
次の表で、スプリット/スキルオブジェクトのプロパティにつ
いて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にあるスプリット/スキルの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(スプリット/スキル)
。
許可
トランク
ランクグルー
グループフォ
プフォルダ
オブジェ
ブジェクト
このスプリット/スキルに対して持っている許可
(読み取り、書き込み、または両方)を表示し
ます。
ID
CMS のスプリット/スキルを識別する番号。
説明
CMS 辞書にあるスプリット/スキルの説明です。
このフィールドは編集可能です。
次の表で、トランクグループフォルダ オブジェクトのプロパ
ティについて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この ACD の測定トランクグループが入っている
フォルダの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(フォルダ)
。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 27
オブジェクトプロパティの定義
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
プロパテ
ロパティ
説明
許可
この ACD に対して持っているトランクグループ
許可(読み取り、書き込み、または両方)を表示
します。
コンテナ内の数 フォルダに入っているトランクグループ数を表示
します。
トラン
トランクグル
クグループ
オブジェ
ブジェクト
次の表で、トランクグループオブジェクトのプロパティについ
て説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にあるトランクグループの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(トランクグループ)
。
許可
ベクタ
ベクターフォ
ーフォルダ
オブジェ
ブジェクト
このトランクグループに対して持っている許可
(読み取り、書き込み、または両方)を表示し
ます。
ID
CMS のトランクグループを識別する番号。
説明
CMS 辞書にあるトランクグループの説明。この
フィールドは編集可能です。
次の表で、ベクターフォルダ オブジェクトのプロパティについ
て説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この ACD の空でないベクターが入っているフォ
ルダの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ。
許可
この ACD に対して持っているベクター許可(読
み取り、書き込み、または両方)を表示します。
コンテナ内の数 フォルダに入っているベクター数を表示します。
ベクターオ
ターオブジェ
ブジェクト
次の表で、ベクターオブジェクトのプロパティについて説明し
ます。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にあるベクターの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(ベクター)
。
許可
このベクターに対して持っている許可(読み取
り、書き込み、または両方)を表示します。
.............................................................................................................................
2 - 28
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
オブジェクトプロパティの定義
VDN フォルダオ
ルダオブジェ
ブジェクト
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
プロパテ
ロパティ
説明
説明
CMS 辞書にあるベクターの説明。このフィール
ドは編集可能です。
ID
CMS のベクターを識別する番号。
ステップ数
ベクターに含まれるステップ数。
次の表で、VDN フォルダオブジェクトのプロパティについて説
明します。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
この ACD の測定 VDN を含むフォルダの名前。
タイプ
オブジェクトのタイプ(フォルダ)
。
許可
この ACD に対して持っている VDN 許可(読み取
り、書き込み、または両方)を表示します。
コンテナ内の数 フォルダに入っている VDN 数を表示します。
VDN オブジェ
ブジェクト
次の表で、VDN オブジェクトのプロパティについて説明し
ます。
プロパテ
ロパティ
説明
名前
CMS 辞書にある VDN の名前。
タイプ
。
オブジェクトのタイプ(VDN)
許可
この VDN に対して持っている許可(読み取り、
書き込み、または両方)を表示します。
内線
VDN の内線番号。
ベクター ID
この VDN に割当てられたベクターを識別する数
字または名称を表示します。ACD に関する CMS
に VDN 許可を持っている場合は、この割当てを
変更できます。
説明
CMS 辞書にある VDN の説明。このフィールドは
編集可能です。
スキル設定
この VDN に割当てられたスキル設定の内容を表
示します。ACD について CMS に VDN 許可があ
る場合に、この割当てを変更できます [ エキス
パートエージェントセレクション (EAS) のみ ]。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
2 - 29
オブジェクトプロパティの定義
マイワールド オブジェクト用ディレクトリの設定
.............................................................................................................................
2 - 30
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3
Visual Vectors Framework の
使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、Visual Vectors Framework の使用方法について説明
します。この章は次のセクションで構成されています。
•
Visual Vectors Framework の概要
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3 - 1
Visual Vectors Framework の 使用
Visual Vectors Framework の概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Visual Vectors Framework の機能と
[Framework] ウィンドウの使用方法について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
Visual Vectors Framework の機能
•
Visual Vectors Framework の起動と終了
•
Framework ウィンドウ オブジェクト
.............................................................................................................................
3 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Visual Vectors Framework の 使用
Visual
Vectors Framework の機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Visual Vectors は、Framework から始まります。Framework から
すべての Visual Vectors の機能にアクセスできます。また、
Visual Vectors からコールマネージメントシステム(CMS)サー
バーへのすべての接続を管理できます。例えば、[Framework]
ウィンドウから Visual Vectors のツールにアクセスして、CMS
データベースの ACD アイテムを表示、変更、追加、削除でき
ます。
Framework を開くと、次のツールにアクセスして使用すること
ができます。
•
マイワールド 内にあるオブジェクトのプロパティを表示し
たり修正する Navigator。例えば、あるタイプのオブジェク
トの名前を変更できます。
•
新規のベクターを作成したり、既存のベクターを編集した
りする Vector Editor。
•
1 つ以上の VDN をベクターに割当てる VDN 割当てウィ
ザード。
•
公開ディレクトリまたは他のアプリケーションにベクター
をインポートするインポート/エクスポートウィザード。
どのツールから操作を選択しても、その操作の実行方法は同じ
です。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3 - 3
Visual Vectors Framework の 使用
Visual
Vectors Framework の起動と終了
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Framework の起動
ここでは、Framework の起動方法と、既存サーバーや新規サー
バーにログインする方法、Framework を終了してサーバーから
切断する方法について説明します。
Framework を起動するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
Microsoft Windows のタスクバーから [ スタート ] を選択し
ます。
...........................................................................................................................................................................
2
[ スタート ] メニューから [ プログラム ] を選択します。
...........................................................................................................................................................................
3
[Avaya Visual Vectors] プログラムグループを選択します。
...........................................................................................................................................................................
4
[Visual Vectors] を選択します。
Visual Vectors プログラムが起動して、[Framework] ウィンドウ
が表示されます。Visual Vectors は動作していますが、CMS
サーバーにはまだ接続されていません。
既存のサーバーに接続したり、新規のサーバーとの接続を確
立することができます。1 つのサーバーに同一のログイン
ID で複数ログインできませんが、一度に複数のサーバーに
接続することはできます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
3 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Visual Vectors Framework の起動と終了
既存サー
存サーバーへ
バーへのログ
のログイン
Visual Vectors Framework の 使用
少なくとも一度は CMS サーバーに接続したことがある場合は、
この手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
ツールバーの [ 接続 ] をクリックするか、[ 接続 ] メニューから
[ 接続 ] を選択します。
最後に接続したサーバーを表示した [ サーバーに接続 ] ダイア
ログボックスが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
表示されたサーバー以外のサーバーに接続する場合には、
[ サーバーに接続 ] リストから CMS サーバーを選択します。
...........................................................................................................................................................................
3
CMS の ログイン ID を [ ログイン ID] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
4
CMS のパスワードを [ パスワード ] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
5
[ 接続 ] をクリックします。
結果: Framework の [ 切断 ] ツールバーボタンがハイライト
されている場合、CMS サーバーへのログインは正常に行わ
れています。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
新規サー
規サーバーへ
バーへのログ
のログイン
CMS サーバーに一度も接続していない場合は、接続を確立する
必要があります。新規サーバーに接続するには、次の手順に従
います。
...........................................................................................................................................................................
1
[ 接続 ] メニューから [ 接続 ] を選択します。
結果: [ 新規 CMS ログイン ] ダイアログボックスが表示され
ます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3 - 5
Visual Vectors Framework の起動と終了
Visual Vectors Framework の 使用
...........................................................................................................................................................................
2
CMS/Visual Vectors サーバーのホスト名または IP アドレスを
[ サーバーのネットワークアドレス ] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
3
CMS の ログイン ID を [ ログイン ID] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
4
CMS パスワードを [ パスワード ] テキストボックスに入力し
ます。
...........................................................................................................................................................................
5
[OK] をクリックします。
結果: 入力した CMS サーバーが存在する場合は、この新規
サーバーに接続されます。入力した CMS サーバーが存在し
ない場合は、障害の原因を示すエラーメッセージが表示され
ます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
からの
の切断
CMS サーバー
ーバーから
Framework を終了する前に、CMS サーバーとの接続を切断する
必要はありません。[Framework] ウィンドウを閉じる前に、
Visual Vectors プログラムが自動的にユーザーのコンピューター
の接続を切断します。
...........................................................................................................................................................................
1
1 つまたは複数のサーバーとの接続を切断するには、次のいず
れかを行います。
•
Framework の [ 接続 ] メニューから [ 切断 ] を選択する。
•
Framework のツールバーにある [ 切断 ] をクリックする。
[ 切断 ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
切断するサーバーを選択してから、[ 切断 ] をクリックします。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
3 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Visual Vectors Framework の 使用
Framework
ウィンドウ オブジェクト
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
ここでは、CMS サーバーに接続する前と接続した後に表示され
る [Framework] ウィンドウの機能について説明します。
タイトル
イトルバー
タイトルバーには、ツール名が表示されます。Vector Editor で
ベクターが開いている場合は、そのベクターの名前が表示され
ます。
[ 最小化 ] ボタン
ボタン、[ 最大化
/元のサイ
のサイズに戻
ズに戻す ]
ボタン、[ 閉じる ] ボタン
これらのボタンを使用して、現行ウィンドウのサイズを調整し
たり、閉じたりします。
ツール
ツールバー
ツールバーには、アプリケーション独自の機能に迅速にアクセ
スできるボタンがあります。マウスカーソルを数秒間ツール
バーボタンの上に置くと、ボタンに関する簡単な説明が表示さ
れます。ボタンを選択すると、そのボタンで実行されるコマン
ドの説明がステータスバーに表示されます。
次の表で、ツールバーのボタンについて説明します。
ボタン名
タン名
機能
接続
CMS サーバーへの接続を開始します。
切断
CMS サーバーに接続するまで使用不可になって
います。
Navigator
Navigator 用ウィンドウにアクセスします。
Vector Editor
Vector Editor 用ウィンドウにアクセスします。
VDN 割当て
ウィザード
VDN 割当てウィザード用の最初のダイアログ
ボックスにアクセスします。
インポート/エ インポート/エクスポートウィザード用の最初の
クスポートウィ ダイアログボックスにアクセスします。
ザード
Avaya CMS
Supervisor
Supervisor Version 6 以降が正しくインストールさ
れていれば、Supervisor が起動します。インス
トールされていない場合、このボタンは表示され
ません。
ヘルプの表示
Visual Vectors 用 [ ヘルプアプリケーション ] ウィ
ンドウが開きます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3 - 7
Framework ウィンドウオブジェクト
ステータス
ータスバー
メニュー
ニューバー
[ 接続 ] メニュー
Visual Vectors Framework の 使用
ステータスバーは、[Framework] ウィンドウと [Vector Editor]
ウィンドウの一番下にあります。Framework では、実行中の操
作についての簡単な説明が表示されます。Vector Editor では、
現行ベクターのステップ数が表示されます。
メニューバーには、使用可能なドロップダウンメニューが一覧
されます。このセクションでは、CMS サーバーにログインする
前に使用できる、[ 接続 ]、[ ツール ]、[ ウィンドウ ]、[ ヘルプ ]
のメニューについて説明します。
メニューバーから [ 接続 ] を選択して、[ 接続 ] メニューを表示
します。
[ 接続 ] メニュー項
ュー項目
[ 接続 ] メニューには、次の項目があります。
接続 [ サーバーに接続 ] ウィンドウが表示されます。
以前に接続したことのあるサーバーのドロップダウンリストから
サーバーを選択するか、[ 新規 CMS] をクリックし、ログインし
て マイワールド に追加する新規サーバーを指定できます。
切断 接続されているサーバーが一覧された [ 切断 ] ウィンドウ
が表示されます。
切断したい 1 つまたは複数のサーバーをハイライトして、[ 切
断 ] を選択するか、Enter キーを押します。
終了 接続先の CMS サーバーからユーザーのコンピュータを自
動的に切断し、[Framework] ウィンドウを閉じます。開いたまま
になっているツールのウィンドウがある場合は、警告メッセー
ジが表示されます。
[ ツール
ツール ] メニュー
メニューバーから [ ツール ] を選択して、[ ツール ] メニューを
表示します。
[ ツール
ツール ] メニュー
ニュー項目
[ ツール ] メニューには、次の項目があります。
Vector Editor Vector Editor 用ウィンドウを開きます。必要な許
可を持っているか、ユーザーのコンピュータ上にメモ帳がある
場合は、このウィンドウで、新規のベクターを作成したり既存
のベクターを編集してから ACD に保存できます。
.............................................................................................................................
3 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Framework ウィンドウオブジェクト
Visual Vectors Framework の 使用
Navigator Navigator 用ウィンドウを開きます。このウィンドウ
を使用して、ユーザーの マイワールド にオブジェクトを表示、
追加、削除、または移動できます。
VDN 割当てウィザード VDN 割当てウィザード用の最初のダイ
アログボックスを表示します。このツールによって、VDN をベ
クターおよび VDN スキル設定に割当てることができます。どの
VDN がどのベクターに割当てられているかを表示したり、必要
であればこれらの割当てを変更することもできます。
インポート/エクスポートウィザード インポート/エクスポー
トウィザード用の最初のダイアログボックスを表示します。こ
のツールによって、ベクターファイルを作成できます。その
ファイルには、1 つ以上のベクターオブジェクトを入れること
ができます。その後、そのベクターファイルを共有または公開
ディレクトリにエクスポートできます。他のユーザーは、その
ディレクトリでベクターファイルをインポートしたり共有でき
ます。
Avaya CMS Supervisor Avaya CMS Supervisor の個別のセッショ
ンを起動します。これら 2 つのプログラムは自律的です。ユー
ザーのコンピュータに正しいバージョンがインストールされて
いる場合にだけ、Supervisor が表示されます。
設定 ... [ 設定 ] ウィンドウを開きます。言語情報などの設定を
表示、変更したり、ツールヒントが使用可能になっているかど
うかを確認できます。
アドバンストデバッギング
アドバンストデバッギング ... デバッギングに使用します。ア
バイア社員からの指示がない限り、[ アドバンス ] ウィンドウの
設定は変更しないでください。
[ ウィンド
ィンドウ ] メニュー
メニューバーから [ ウィンドウ ] を選択して、[ ウィンドウ ] メ
ニューを表示します。
[ ウィンドウ
ンドウ ] メニュー
ニュー項目
[ ウィンドウ ] メニューには、次の項目があります。
すべて閉じる 開いているツールのすべてのウィンドウが閉じま
すが、[Framework] ウィンドウは開いたままで、Visual Vectors
ソフトウェアも実行を続けます。
VDN 割当てウィザード VDN 割当てウィザードを現行ウィンド
ウにします。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
3 - 9
Framework ウィンドウオブジェクト
ヘルプ ] メニュー
[ ヘルプ
Visual Vectors Framework の 使用
メニューバーから [ ヘルプ ] を選択して、[ ヘルプ ] メニューを
表示します。
F1 キーを押すか、[ ヘルプ ] をクリックして、ウィンドウまた
はツールにヘルプを表示します。
[ ヘルプ
ヘルプ ] メニュー
ニュー項目
[ ヘルプ ] メニューでは、次のオプションを選択できます。
ヘルプの表示 [ ヘルプ ] ウィンドウが開き、Visual Vectors の目
次が表示されます。
バージョン情報
バージョン情報 ... ソフトウェアビルド番号を示す、[Visual
Vectors のバージョン情報 ...] ウィンドウが表示されます。
.............................................................................................................................
3 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
4
Navigator の使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、Visual Vectors Navigator の機能を使用する方法につ
いて説明します。この章は次のセクションで構成されています。
•
Navigator の概要
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
4 - 1
Navigator の使用
Navigator の概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Navigator の機能と、Navigator を開く方法
および閉じる方法について説明します。また、[Navigator] ウィ
ンドウ内のオブジェクトに慣れていただきます。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
Navigator の機能
•
[Navigator] ウィンドウのオブジェクト
.............................................................................................................................
4 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Navigator の使用
Navigator
の機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Navigator を使用すると、Microsoft Windows のエクスプローラを
操作するのと同じ方法で、コールセンターオブジェクトを表示
したり操作したりできます。Navigator では次のことを行うこと
ができます。
•
ベクターで使用されている交換機オブジェクトを表示した
り、操作したりする。
•
オフラインメモ帳を使用して、ベクターをコンピュータに
保存する。ベクターがたくさんある場合には、それらを
フォルダに入れて整理する。
•
メモ帳から 1 つ以上の ACD に対して、または ACD 間で、
ベクターのコピーや移動を行う。
•
VDN のプロパティを変更する。
•
持っている許可に応じて、オブジェクトの表示や名前の変
更を行う。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
4 - 3
Navigator の使用
[Navigator]
ウィンドウのオブジェクト
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
このセクションでは、CMS サーバーに接続する前と接続した後
に表示される [Navigator] ウィンドウのさまざまな機能について
説明します。
ステー
ステータスイ
タスインジケ
ンジケータ
次の表で、Navigator のインジケータについて説明します。これ
らのインジケータは、CMS サーバーと測定 ACD の状態を知ら
せます。
ステータス
ータスメッセ
メッセージ
インジケ
ンジケータ
表示内
表示内容
ログイン状況
接続されていない場合は、Navigator 内の CMS オ
ブジェクトのアイコンの 画面が黒く表示されま
す。
ACD リンク
状況
CMS がサポートしている ACD を表すアイコン。
ACD とのリンクがダウンすると、このアイコン
に抹消の印(赤いバツ印)が付けられます。CMS
サーバーが TCP/IP 接続で ACD に接続されてい
て、接続が非定常状態になると、このアイコンは
直線に変わります。
次の表で、Visual Vectors が表示するステータスメッセージを説
明します。
メッセー
ッセージ
表示さ
表示される場
れる場合
ツールを起動中 [Visual Vectors] ウィンドウが開こうとしていると
き。この間、Framework はロックされています。
接続する項目を Framework がユーザーの マイワールド ディレク
検索中
トリで CMS サーバーを検索しているとき。
.............................................................................................................................
4 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5
Vector Editor の使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、Vector Editor の使用方法について説明します。
この章は次のセクションで構成されています。
•
Vector Editor の概要
•
Vector Editor ウィンドウの使用
•
ベクターステップの使用
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 1
Vector Editor の使用
Vector Editor の概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Visual Vectors の Vector Editor の概要につ
いて説明します。また、Vector Editor を開く方法、ウィンドウ
を閉じる方法、Vector Editor を終了する方法についても説明し
ます。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
Vector Editor の機能
•
Vector Editor を開く、および閉じる
•
[Vector Editor] ウィンドウのオブジェクト
.............................................................................................................................
5 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
Vector
Editor の機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Vector Editor では、グラフィカル・ユーザー・インタフェース
(GUI)を使用して、ベクターを作成したり編集したりできま
す。このユーザーインタフェースでは、パレットからアイコン
をドラッグアンドドロップしてそのアイコンを作業領域に並べ
ることにより、ベクターステップを作成できます。Vector Editor
では、次のことができます。
•
簡単なドラッグアンドドロップ操作で、ベクターを作成し
たり編集したりできる。
•
注釈、すなわち、ベクターにコメントを付けることが
できる。
•
ベクター表示を印刷できる。
Navigator は、端末経由でベクターにアクセスすることに慣れて
いるユーザー用に、ベクターを読み取り専用のプレーンテキス
トで表示します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 3
Vector Editor の使用
Vector
Editor を開く、および閉じる
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
Vector Editor を開くには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
Framework ツールバーで、次のいずれかを行います。
•
[ ツール ] メニューから [Vector Editor] を選択する。
•
ツールバーの [Vector Editor] アイコンをクリックする。
結果: [Vector Editor] サブメニューに、交換機ソフトウェア
のリリース番号に基づいて整理されているベクター一覧が表
示されます。
Navigator 内のベクターをダブルクリックして、Vector Editor
を起動することもできます。
...........................................................................................................................................................................
2
[Vector Editor] メニューからベクターのタイプを選択します。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
5 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
[Vector
Editor] ウィンドウのオブジェクト
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
ステー
ステータスイ
タスインジケ
ンジケータ
[Vector Editor] ウィンドウを使用すると、一般的な Windows の
使用方法でベクターをビジュアルに作成したり編集したりでき
ます。例えば、ドラッグアンドドロップ操作でパレットからコ
マンドを表すアイコンを移動して、そのアイコンを作業領域に
並べてベクターステップを作ることができます。コメントの添
付、レイアウトの変更、ベクターの保存と印刷もできます。
次の表で、ステータスインジケータについて説明します。
インジケー
ジケータ 機能
ベクターの
場所
新規ベクターまたは マイワールド ディレクトリ内
の既存ベクターのフルパスを示します(例えば、
/My World/CMS20/ACD8/Vector Folder/Visual
。
Vector)
現在表示
されている
ステップ
現在表示されているベクターのパレットアイコン
数を表示します。最初にある [ 開始 ] アイコンは
アイコン数に含まれません。
現在保存
されている
ステップ
現在のベクターを ACD に保存した場合に、ベク
ターが占有するベクターステップ数を表示しま
す。上限は、32 ステップです。ステップ 29 で、
ステップ数を示す線が黄色に変わります。ステッ
プ 33 で、この線が赤に変わります。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 5
Vector Editor の使用
Vector Editor ウィンドウの使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、[Vector Editor] ウィンドウの機能について
説明します。メニュー項目を選択したり、[Vector Editor] ダイア
ログボックスの入力フィールドに値を入力したりするには、説
明に従ってください。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
ベクターへのアクセス
•
ベクターの保存および印刷
.............................................................................................................................
5 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
ベクターへのアクセス
............................................................................................................................................................................................................................................................
ベクター
クターへのア
へのアクセス
クセス方法
[Navigator] ウィンドウまたは Vector Editor からベクターにアク
セスできます。
からベクター
クターへの
Navigator からベ
アクセス
[Navigator] ウィンドウからベクターにアクセスするには、次の
手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Framework] ウィンドウで、[ ツール ] メニューから [Navigator]
を選択するか、ツールバーの [Navigator] アイコンをクリックし
ます。
結果: [Navigator] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
マイワールド ディレクトリを参照し、目的のオブジェクトを検
索します。
...........................................................................................................................................................................
3
[Navigator] ウィンドウで必要なオブジェクト(メモ帳や ACD の
ベクターフォルダなど)を見つけたら、そのオブジェクトをダ
ブルクリックします。このフォルダに入っているオブジェクト
が、[Navigator] ウィンドウの右窓枠に表示されます。
...........................................................................................................................................................................
4
ベクターをダブルクリックして開きます。
結果: Vector Editor にベクターが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 7
ベクターへのアクセス
Vector Editor の使用
Vector Editor から
ベクターへ
ターへのアク
のアクセス
[Vector Editor] ウィンドウからベクターにアクセスするには、
次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
Vector Editor の [ ファイル ] メニューから [ 開く ...] を選択しま
す。
[ 開きたいベクターの選択 ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
マイワールド ディレクトリを参照し、目的のベクターを検索し
ます。
...........................................................................................................................................................................
3
目的のベクターをダブルクリックします。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
5 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
ベクターの保存および印刷
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
[Vector Editor] ウィンドウからベクターを保存するには、次の手
順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[ ファイル ] メニューから [ 名前を付けて保存 ...] を選択します。
結果: Vector Editor に [ ベクター名を付けて保存 ] ウィンド
ウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
マイワールド ディレクトリを参照して、現行ベクターを保存す
るコンテナを検索します。
...........................................................................................................................................................................
3
ベクターを保存するコンテナ(メモ帳またはベクターフォルダ)
の名前をクリックします。
...........................................................................................................................................................................
4
ベクターにデフォルト名以外の名前を付けたい場合は、その名
前を [ オブジェクト名 ] または [ 名前 ] テキストボックスに入力
します。
...........................................................................................................................................................................
5
[ 保存 ] または [OK] をクリックします。
結果: Vector Editor は次のいずれかを行います。
•
選択したベクターをグラフ表現形式でメモ帳に保存する。
•
表示されているベクターを変換して、ベクターフォルダ
に入っている ACD に保存する。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
Navigator でのベ
でのベクター
クターの保存
の保存
Navigator で、保存したいコンテナにベクターをドラッグアンド
ドロップします。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 9
ベクターの保存および印刷
Vector Editor の使用
グラフ形式
フ形式のベク
のベクターの
ターの印刷
ここで説明する印刷機能は、Vector Editor でのみ使用できます。
グラフ形式のベクターを印刷するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Vector Editor] ウィンドウの [ ファイル ] メニューから [ 印刷 ]
を選択します。
結果: [ 印刷 ] ダイアログボックスが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
[ 印刷 ] ダイアログボックスで、プリンタ、印刷範囲、印刷部数
を選択します。
...........................................................................................................................................................................
3
プリンタのプロパティを指定する必要がある場合には、[ プロ
パティ ] をクリックして [ ドキュメントのプロパティ ] ウィンド
ウで変更を行います。変更が完了したら、[OK] をクリックしま
す。
...........................................................................................................................................................................
4
[ 印刷 ] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。
結果: [ 印刷のプロパティ ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
5
[ 印刷のプロパティ ] ウィンドウで、印刷するグラフの縮尺を指
定できます。
次のいずれかの印刷オプションを選択します。
•
1 対 1:画面に表示されているサイズと同じサイズでグラフ
形式のベクターを印刷する。これがデフォルト値である。
•
1 ページ内に印刷:グラフ形式のベクターが 1 ページに印
刷される。
•
ページの幅に合わせる:ページフィールドに指定したペー
ジ数のグラフ形式のベクターを印刷します。印刷されるグ
ラフは、縦横比が保たれる。
•
ページの高さに合わせる:ページフィールドに指定した
ページ数のグラフ形式のベクターを印刷します。印刷され
るグラフは、縦横比が保たれる。
•
指定の率に拡縮:% フィールドに指定したサイズでグラフ
形式のベクターを印刷する。印刷されるグラフは、縦横比
が保たれる。
.............................................................................................................................
5 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターの保存および印刷
Vector Editor の使用
•
ステップラベル:クリックすると、グラフ形式のベクター
に表示されているステップラベルを印刷できる。ステップ
ラベルがない場合には、このフィールドは使用できない。
•
接続されていないコメント:クリックすると、グラフ形式
のベクターに表示されているコメント全体を印刷できる。
グローバルコメントがない場合には、このフィールドは使
用できない。
•
ステップコメント:クリックすると、グラフ形式のベク
ターに表示されているステップコメントを印刷できる。ス
テップコメントがない場合には、このフィールドは使用で
きない。
•
配置:印刷物上でのグラフ形式のベクターの位置を決める
ことができる。
...........................................................................................................................................................................
6
[ 印刷のプロパティ ] ウィンドウで [OK] をクリックして、グラ
フ形式のベクターを印刷します。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 11
Vector Editor の使用
ベクターステップの使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Vector Editor パレットにあるベクタース
テップを列挙して、利用可能なすべてのステッププロパティに
ついて説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
ベクターステップのパレット
•
ベクターステップのプロパティ
•
新規 Go to ベクターの作成
•
タイプの異なる ACD にベクターを移動、またはコピーする
.............................................................................................................................
5 - 12
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
ベクターステップのパレット
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
ベクターステップは、[Vector Editor] ウィンドウの左側にある
次の 5 つのパレットにグループ化されています。すべてのタイ
プのベクターにすべてのステップが使用できるわけではないこ
とに注意してください。例えば、[ デジットを取得 ] ステッ
プはプロンプティングなしのベクターには使用できません。
•
•
•
•
入力/出力
–
Announcement(アナウンス)
–
Timed Announcement(時間設定アナウンス)
–
Music(音楽)
–
Ringback(呼び出し)
–
Silence(無音)
–
Reply(返信)
–
Consider(判断)
–
Collect(デジットを取得)
–
Converse(Intuity Conversant に接続)
終了
–
Busy(話中)
–
Stop(停止)
–
Disconnect(切断)
テスト
–
Caller Info(発呼者情報)
–
Center Info(センター情報)
–
Queue Activity(キュー状況)
–
Agent Activity(エージェント状況)
–
Time of Day(時刻)
–
Holiday(ホリデー)
キュー
–
Queue Activity(キュー状況)
–
Center Info(センター情報)
–
Agent Activity(エージェント状況)
–
Queue Unconditional(無条件キューイング)
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 13
ベクターステップのパレット
Vector Editor の使用
•
ルーティング
–
Route to Number(番号へのルーティング)
–
Route to Digits(デジットへのルーティング)
–
Adjunct Route(アジャンクトルート)
–
Messaging Split/Skill(メッセージングスプリット/
スキル)
–
Go to Vector(Go to ベクター)
.............................................................................................................................
5 - 14
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
ベクターステップのプロパティ
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
オブジェクトのショートカットメニューから [ プロパティ ] を
選択すると、入力ウィンドウが表示されます。入力ウィンドウ
に必要な情報はオブジェクトによって変わります。
このセクションでは、可能なすべてのプロパティについて説明
します。ただし、すべての機能が自動的に表示されるわけでは
ありません。どのプロパティが表示されるか、どのメニュー項
目が使用可能か、そしてどのツールバーボタンが機能するかは
ユーザーごとに異なります。
次のプロパティについて説明します。
•
[ 入力/出力 ] の [Announcement (アナウンス)] ステッ
プ (5-16) のプロパティ
•
[ 入力/出力 ] の [Timed Announcement(時間設定アナウン
ス)] ステップ (5-17) のプロパティ
•
[ 入力/出力 ] の [Music(音楽)] ステップ (5-17) のプロパ
ティ
•
[ 入力/出力 ] の [Ringback(呼び出し)] ステップ (5-17) の
プロパティ
•
[ 入力/出力 ] の [Silence(無音)] ステップ (5-17) のプロパ
ティ
•
[ 入力/出力 ] の [Reply (返信)] ステップ (5-18) のプロパ
ティ
•
[ 入力/出力 ] の [Consider(判断)] ステップ (5-18) のプロ
パティ
•
[ 入力/出力 ] の [Collect(デジットを取得)] ステッ
プ (5-19) のプロパティ
•
[ 入力/出力 ] の [Converse(Intuity Conversant に接続)] ス
テップ (5-19) のプロパティ
•
[ 終了 ] の [Busy(話中)] ステップ (5-20) のプロパティ
•
[ 終了 ] の [Stop(停止)] ステップ (5-20) のプロパティ
•
[ 終了 ] の [Disconnect (切断)] ステップ (5-20) のプロパ
ティ
•
[ テスト ] の [Caller Info(発呼者情報)] ステップ (5-20) の
プロパティ
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 15
ベクターステップのプロパティ
[ 入力/出力
/出力 ] の
[Announcement
(アナウ
(アナウンス)
ンス)] ステップ
Vector Editor の使用
•
[ テスト ] の [Center Info(センター情報)] ステップ (5-21)
のプロパティ
•
[ テスト ] の [Queue Activity(キュー状況)] ステップ (5-22)
のプロパティ
•
[ テスト ] の [Agent Activity(エージェント状況)] ステッ
プ (5-22) のプロパティ
•
[ テスト ] の [Time Of Day(時刻)] ステップ (5-23) のプロ
パティ
•
[ テスト ] の [Holiday (休日)] ステップ (5-23) のプロパ
ティ
•
[ キュー ] の [Queue Activity(キュー状況)] ステップ (5-24)
のプロパティ
•
[ キュー ] の [Center Info(センター情報)] ステップ (5-24)
のプロパティ
•
[ キュー ] の [Agent Activity(エージェント状況)] ステッ
プ (5-25) のプロパティ
•
[ キュー ] の [Queue Unconditional(無条件キューイング)]
ステップ (5-26) のプロパティ
•
[ ルーティング ] の [Route To Number(番号への ルーティン
グ)] ステップ (5-26) のプロパティ
•
[ ルーティング ] の [Route To Digits(デジットへのルーティ
ング)] ステップ (5-27) のプロパティ
•
[ ルーティング ] の [Adjunct Route(アジャンクト ルート)]
ステップ (5-27) のプロパティ
•
[ ルーティング ] の [Messaging Skill(メッセージングスキ
ル)] ステップ (5-27) のプロパティ
•
[ ルーティング ] の [Go to Vector(Go to ベクター)] ステッ
プ (5-28) のプロパティ
[ 入力/出力 ] の [Announcement(アナウンス)] ステップには、
次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
アナウンス
ステップを保存する先の ACD にとって有効なア
ナウンスを選択するか、[ 内線 ] を選択します。
内線
内線番号を入力します。交換機上で [ アナウンス ]
が [ 内線 ] 番号として設定されていないと、使用
できません。
.............................................................................................................................
5 - 16
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
[ 入力/出力
/出力 ] の [Timed
(時間
Announcement(時
間設定
アナウンス
ウンス) ] ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 入力/出力 ] の [Timed Announcement(時間設定アナウンス)]
ステップには、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
秒
。
数値を入力します(デフォルト値は 0 です)
アナウンス
ステップを保存する先の ACD にとって有効なア
ナウンスを選択するか、[ 内線 ] を選択します。
内線
内線番号を入力します。交換機上で [ アナウンス ]
が [ 内線 ] 番号として設定されていないと、使用
できません。
トリートメント [ 音楽 ]、[ 無音 ]、[ 呼び出し ]、または [ 続行 ] を
選択します。デフォルトは [ 続行 ] です。
コメント
[ 入力/
入力/出力 ] の [Music
(音楽
(音楽)] ステップ
[ 入力/出
力/出力 ] の [Ringback
(呼び出し
び出し) ] ステップ
[ 入力/出力
/出力 ] の [Silence
(無音
(無音)] ステップ
このステップに関連するコメントを入力します。
次の表で、[ 入力/出力 ] の [Music(音楽)] ステップについて
説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
秒
。
数値を入力します(デフォルト値は 0 です)
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 入力/出力 ] の [Ringback(呼び出し)] ステップには、次のよ
うなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
秒
。
数値を入力します(デフォルト値は 0 です)
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 入力/出力 ] の [Silence(無音)] ステップには、次のようなプ
ロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
秒
。
数値を入力します(デフォルト値は 0 です)
I-Silent
選択すると、I-Silent 機能が使用できるようにな
ります。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 17
ベクターステップのプロパティ
力/出力 ] の [Reply
[ 入力/出
(返信)
返信)] ステップ
[ 入力/
入力/出力 ] の [Consider
(判断)
判断)] ステップ
Vector Editor の使用
[ 入力/出力 ] の [Reply(返信)] ステップには、次のような
プロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 入力/出力 ] の [Consider(判断)] ステップには、次のような
プロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルト値は [ スプリット/スキル ] です。該
当する場合は、ドロップダウンリストからロケー
ションを選択します。
スプリット/
スキル
ドロップダウンリストから、スプリット、スキ
ル、または ID(または、EAS の場合、[ 第 1]、
[ 第 2]、[ 第 3])を選択します。このフィールド
は、[ 測定対象 ] フィールドの値が [ ロケーショ
ン ] の場合には使用できません。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ 測定対
象 ] フィールドの値が [ ロケーション ] となって
いる場合、あるいは [ スプリット/スキル ]
フィールドの値が「ID」でない場合には使用でき
ません。オフライン(メモ帳ベクターなど)で作
業している場合には名称も入力できますが、オン
ラインで作業している場合は数字しか使用できま
せん。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ 測定対象 ] フィー
ルドの値が [ ロケーション ] の場合には使用でき
ません。
ロケーション
。この
数値を入力します(デフォルト値は 1 です)
フィールドは、[ 測定対象 ] フィールドの値が [ ス
プリット/スキル ] の場合には使用できません。
調整
。
数値を入力します(デフォルト値は 0 です)
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
5 - 18
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
入力/出力 ] の [Collect
[ 入力/
(デジッ
トを取
取得)] ステップ
デジットを
[ 入力/出力
/出力 ] の [Converse
(Intuity Conversant に接続)
接続)
] ステップ
Vector Editor の使用
[ 入力/出力 ] の [Collect(デジットを取得)] ステップには、
次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
データソース
デフォルト値は [ デジット ] です。該当する場合
は、ドロップダウンリストから [CED] または
[CDPD] を選択します。
デジット数
。こ
数値を入力します(デフォルト値は 1 です)
のフィールドは、[ データソース ] フィールドが
デジットでない場合には使用できません。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 入力/出力 ] の [Converse(Intuity Conversant に接続)] ステッ
プには、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
スプリット/
スキル
説明
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID])を選択します。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。
渡すパラメータ デフォルト値は [ なし ] です。あるいはドロップ
ダウンリストから、VDN、ANI(発信者番号)
、
デジット、qpos、wait、またはデータを選択しま
す。
データ
該当する場合は、数値を入力します。このフィー
ルドは、1 番目の [ 渡すパラメータ ] フィールド
の値が [ データ ] の場合にのみ使用できます。
渡すパラメータ デフォルト値は [ なし ] です。ドロップダウンリ
ストから、VDN、ANI(発信者番号)
、デジット、
qpos、wait、またはデータを選択します。1 番目
の [ 渡すパラメータ ] フィールドの値が [ なし ]
の場合は、この 2 番目の [ 渡すパラメータ ] のプ
ロパティ値には、[ なし ] しか指定できません。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 19
ベクターステップのプロパティ
[ 終了 ] の [Busy(話中)
話中)]
ステップ
[ 終了 ] の [Stop(停止)
停止)]
ステップ
[ 終了 ] の [Disconnect
(切断)
切断)] ステップ
[ テスト ] の [Caller Info
(発呼者
者情報)
(発呼
情報)] ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
データ
該当する場合は、数値を入力します。このフィー
ルドは、2 番目の [ 渡すパラメータ ] フィールド
の値が [ データ ] の場合に使用できます。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 終了 ] の [Busy(話中)] ステップには、次のようなプロパ
ティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 終了 ] の [Stop(停止)] ステップには、次のようなプロパティ
があります。
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ 終了 ] の [Disconnect(切断)] ステップには、次のようなプロ
パティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ テスト ] の [Caller Info(発呼者情報)] ステップには、次のよ
うなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルト値は [ANI] です。該当する場合は、ド
ロップダウンリストから [digits] または [ii-digits]
を選択します。
比較演算子
デフォルトは等号(=)です。または、ドロップ
ダウンリストから [<=]、[<>]、[<]、[>]、[>=]、
[ 含む ]、または [ 含まない ] を選択します。
しきい値
表
ANI または ii-digits の場合は、数値を入力します
(場合によっては、?、+、# も有効)
。このフィー
ルドは、[ 比較演算子 ] フィールドの値が [ 含む ]
または [ 含まない ] の場合にのみ使用できます。
数値を入力します。デフォルトは 0 です。[ 比較
演算子 ] フィールドの値が [ 含む ] または [ 含ま
ない ] 以外の場合、このフィールドは使用できま
せん。
.............................................................................................................................
5 - 20
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
[ テスト ] の [Center Info
(センタ
センター情報
ー情報) ] ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ テスト ] の [Center Info(センター情報)] ステップには、次の
ようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルトは [VDN コールカウント ] です。ある
いは、ドロップダウンリストから [rolling-asa]、
[expected-wait] を選択してください。
スプリット/
スキル
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ 最適 ]、[ 呼 ]、または
[ID])を選択します。このフィールドは、[ 測定
対象 ] フィールドの値が「expected-wait」でない
場合には使用できません。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ 測定対象 ] フィー
ルドの値が「expected-wait」でない場合、または
[ スプリット/スキル ] フィールドの値が [ 最適 ]
または [ 呼 ] の場合には使用できません。
VDN
ドロップダウンリストから [VDN](または内線、
アクティブ、最新)を選択します。このフィール
ドは、[ 測定対象 ] フィールドの値が「expectedwait」の場合には使用できません。
内線
内線番号を入力します。このフィールドは、
[VDN] フィールドの値が [ 内線 ] でない場合には
使用できません。
比較演算子
デフォルト値は [ 等号 (=)] です。または、ドロッ
プダウンリストから [<=]、[<>]、[<]、[>]、[>=]
を選択します。
しきい値
デフォルト値は 1 です。または、[ 測定対象 ] と、
使用している交換機のソフトウェアバージョンに
よっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 21
ベクターステップのプロパティ
テスト ] の [Queue
[ テスト
状況)
)]
Activity(キュー
キュー状況
ステップ
Vector Editor の使用
[ テスト ] の [Queue Activity(キュー状況)] ステップには、次
のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルト値は「rolling-asa」です。または、ド
ロップダウンリストから、 [calls-queued] 、
[interflow-qpos] 、 [oldest-call-wait] 、または [waitimproved] を選択します。
スプリット/
スキル
[ テスト ] の [Agent Activity
(エージ
ェント
ト状況)
エージェン
状況) ]
ステップ
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID]、または [ 最適 ])を
選択します。[ 測定対象 ] が「interflow-qpos」の場
合には使用できません。[ 測定対象 ] が「waitimproved」以外の場合、[ 最適 ] は無効です。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ 測定対象 ] フィー
ルドの値が「interflow-qpos」の場合には使用でき
ません。
比較演算子
デフォルトは等号(=)です。または、ドロップ
ダウンリストから [<=]、[<>]、[<]、[>]、[>=] を
選択します。
しきい値
デフォルト値は 1 です。または、[ 測定対象 ] と、
使用している交換機のソフトウェアバージョンに
よっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ テスト ] の [Agent Activity(エージェント状況)] ステップに
は、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルトは [available-agents] です。または、ド
ロップダウンリストから [staffed-agents] を選択し
ます。
スプリット/
スキル
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID])を選択します。
.............................................................................................................................
5 - 22
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
[ テスト ] の [Time Of Day
(時刻
(時刻)] ステップ
[ テスト
テスト ] の [Holiday
(休日
(休日)] ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
比較演算子
デフォルトは等号(=)です。または、ドロップ
ダウンリストから [<=]、[<>]、[<]、[>]、[>=] を
選択します。
しきい値
デフォルト値はゼロ (0) です。または、[ 比較演
算子 ] と、使用している交換機のソフトウェア
バージョンによっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ テスト ] の [Time Of Day(時刻)] ステップには、次のような
プロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
開始日
デフォルトは [ すべての曜日 ] です。または、ド
ロップダウンリストから開始日を選択します。
[ 終了日 ] が [ すべての曜日 ] の場合、[ 開始日 ]
には [ すべての曜日 ] を選択しなければなりま
せん。
開始時刻
デフォルト値は現在の時刻です。または、24 時
間形式で開始時刻を入力します。
終了日
デフォルトは [ すべての曜日 ] です。または、ド
ロップダウンリストから終了日を選択します。[ 開
始日 ] が [ すべての曜日 ] の場合、[ 終了日 ] には
[ すべての曜日 ] を選択しなければなりません。
終了時刻
デフォルト値は現在の時刻です。必要に応じて、
24 時間形式で終了時刻を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ テスト ] の [Holiday(休日)] ステップには、次のようなプロ
パティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
比較演算子
デフォルトは [ 含む ] です。または、ドロップダ
ウンリストから [ 含まない ] を選択します。
表
数値を入力します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 23
ベクターステップのプロパティ
[ キュー
キュー ] の [Queue
キュー
状況)
Activity(キュ
ー状況
)]
ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ キュー ] の [Queue Activity(キュー状況)] ステップには、
次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルト値は「rolling-asa」です。または、ド
ロップダウンリストから、[calls-queued]、[oldestcall-wait]、[wait-improved] を選択します。
スプリット/
スキル
[ キュー ] の [Center Info
(センター
センター情報)
情報)] ステップ
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID]、または [ 最適 ])
を選択します。[ 測定 ] が「wait-improved」の場
合のみ、[ 最適 ] は有効です。
スキル ID
このフィールドは、[ スプリット/スキル ]
フィールドの値が「ID」でない場合には使用でき
ません。オフライン(メモ帳ベクターなど)で作
業している場合には名称も入力できますが、オン
ラインで作業している場合は数字しか使用できま
せん。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ スプリット/スキ
ル ] フィールドの値が [ 最適 ] の場合には使用で
きません。
比較演算子
自動選択デフォルト値。このフィールドは読み取
り専用です。
しきい値
デフォルト値は 1 です。または、[ 測定対象 ] と、
使用している交換機のソフトウェアバージョンに
よっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ キュー ] の [Center Info(センター情報)] ステップには、次の
ようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
使用できる値は、
「expected-wait」です。
スプリット/
スキル
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ 最適 ]、[ID])を選択
します。
.............................................................................................................................
5 - 24
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
[ キュー ] の [Agent Activity
(エー
(エージェン
ジェント状況
ト状況) ]
ステップ
Vector Editor の使用
プロパ
プロパティ
説明
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 低 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 中 ]、[ 高 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ スプリット/スキ
ル ] フィールドの値が [ 最適 ] の場合には使用で
きません。
比較演算子
自動選択デフォルト値。このフィールドは読み取
り専用です。
しきい値
デフォルト値は 1 です。または、[ 測定対象 ] と、
使用している交換機のソフトウェアバージョンに
よっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
次の表で、[ キュー ] の [Agent Activity(エージェント状況)]
ステップについて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
測定対象
デフォルトは [available-agents] です。または、ド
ロップダウンリストから [staffed-agents] を選択し
ます。
スプリット/
スキル
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID])を選択します。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 低 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 中 ]、[ 高 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。
比較演算子
自動選択デフォルト値。このフィールドは読み取
り専用です。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 25
ベクターステップのプロパティ
[ キュー
キュー ] の [Queue
Unconditional(無条件
キューイ
キューイング)
ング)] ステップ
Vector Editor の使用
プロパテ
ロパティ
説明
しきい値
デフォルト値はゼロ (0) です。または、[ 比較演
算子 ] の値と、使用している交換機のソフトウェ
アバージョンによっては、数値を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ キュー ] の [Queue Unconditional(無条件キューイング)] ス
テップには、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
スプリット/
スキル
[ ルーティン
ティング ] の [Route
To Number(番号
(番号への
ルーティ
ルーティング)
ング)] ステップ
説明
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID]、または [ 最適 ])
を選択します。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
優先順位
デフォルトは [ 高 ] です。ドロップダウンリスト
から [ 低 ]、[ 中 ]、[ トップ ] を選択することもで
きます。このフィールドは、[ スプリット/スキ
ル ] フィールドの値が [ 最適 ] の場合には使用で
きません。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
次の表で、[ ルーティング ] の [Route to Number(番号へのルー
ティング)] ステップについて説明します。
プロパテ
ロパティ
説明
番号
1 ~ 16 桁の数字か、その他の有効な文字(*、#、
~p、~w、~W、~m、~s、~r など)を入力します。
~r は先頭にだけ使用でき、後続文字は数字に限定
されます。
カバレッジ
デフォルトは [ なし ] です。または、ドロップダ
ウンリストから [ あり ] を選択します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
5 - 26
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターステップのプロパティ
ーティング ] の [Route
[ ルーティ
To Digits(デジット
ジットへの
ルーテ
ルーティング
ィング) ] ステップ
ルーティング
ィング ] の [Adjunct
[ ルーテ
Route(アジャン
ジャンクト
ルート
ルート)] ステップ
[ ルーティン
ティング ] の
[Messaging Skill(メッ
(メッセー
ジング
ジングスキル
スキル) ] ステップ
Vector Editor の使用
[Route To Digits(デジットへのルーティング)] ステップには、
次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
カバレッジ
デフォルトは [ なし ] です。または、ドロップダ
ウンリストから [ あり ] を選択します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ ルーティング ] の [Adjunct Route(アジャンクトルート)]
ステップには、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
内線
内線番号を入力します。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
[ ルーティング ] の [Messaging Skill(メッセ-ジングスキル)]
ステップには、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
スプリット/
スキル
説明
ドロップダウンリストから、スプリット/スキル
([ 第 1]、[ 第 2]、[ 第 3]、[ID])を選択します。
スキル ID
数値を入力します。このフィールドは、[ スプ
リット/スキル ] フィールドの値が「ID」でない
場合には使用できません。オフライン(メモ帳ベ
クターなど)で作業している場合には名称も入力
できますが、オンラインで作業している場合は数
字しか使用できません。
内線
デフォルトは [ 内線 ] です。必要であれば、[ ア
クティブ ] または [ 直前 ] を選択します。
番号
内線番号を入力します。このフィールドは、[ 内
線 ] フィールドが [ アクティブ ] または [ 直前 ] の
場合には使用できません。
コメント
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 27
ベクターステップのプロパティ
ルーティング
ィング ] の [Go to
[ ルーテ
Vector(Go to ベクター)
ター)]
ステップ
Vector Editor の使用
[ ルーティング ] の [Go to Vector(Go to ベクター)] ステップに
は、次のようなプロパティがあります。
プロパテ
ロパティ
説明
ベクター
ドロップダウンリストから有効なベクターを選択
するか、[ID] を選択します。
ベクター ID
コメント
有効なベクターの数値 ID を入力します。この
フィールドは、[ ベクター ] フィールドの値が
「ID」でない場合には使用できません。
このステップに関連するコメントを入力します。
.............................................................................................................................
5 - 28
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
Vector Editor の使用
新規
Go to ベクターの作成
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
次の操作手順に、Go to ベクターの作成方法の例を示します。
手順
Go to ベクターを作成するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[Visual Vectors Framework] ウィンドウで [ ツール ] を選択した
後、[Vector Editor] サブメニューから [Rx Vector (EAS)] を選択し
ます。この Rx は MultiVantage あるいは Definity のソフトウェア
リリース番号を示します。
結果: 新規ベクター用 [Vector Editor] ウィンドウが表示され
ます。最初のステップは、空(グレー)のボックスです。
新規ベクターを開始するには、処理を夜間発呼者専用(ナイ
トサービス)の別のベクターに分岐させます。まず、時刻の
テストを行う必要があります。
...........................................................................................................................................................................
2
[Vector Editor] ウィンドウの左側で、[ テスト ] パレットをク
リックします。
結果: [ テスト ] パレットに使用可能なアイコンが表示され
ます。
...........................................................................................................................................................................
3
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Time of Day(時
刻)] アイコンをクリックします。ドラッグアンドドロップ操
作で、作業領域にある空のステップボックスにアイコンを移動
します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
4
[Time of Day(時刻)] アイコンをダブルクリックします。
結果: [Time of Day(時刻)のプロパティ ] ウィンドウが表
示されます。このウィンドウにはデフォルト値が表示されま
す。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 29
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
5
[ 開始時刻 ] を選択して 23:00 と入力します。[ 終了時刻 ] を選
択して 5:00 と入力します。
数値入力の先頭のゼロは破棄されます。
...........................................................................................................................................................................
6
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このテストアイ
コンのラベルが「TOD 全 23:00」から「全 05:00」に変わり
ます。
これで、作業領域に空のステップボックスを指す 2 つの矢印
が表示されます。塗りつぶし矢印は、テスト結果が「真」の
場合の次のステップを指します。破線または点線の矢印は、
テスト結果が「偽」の場合の次のステップを指します。
...........................................................................................................................................................................
7
[ ルーティング ] パレットをクリックします。
結果: [ ルーティング ] パレットに使用可能なアイコンが表
示されます。
...........................................................................................................................................................................
8
[Go to Vector(Go to ベクター)] アイコンをクリックします。ド
ラッグアンドドロップ操作で、作業領域にある「真」の場合の
空のステップボックスにアイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
9
[Go to Vector(Go to ベクター)] アイコンをダブルクリックし
ます。
結果: 入力が必要なフィールドの枠が赤で表示された、[Go
to Vector(Go to ベクター)のプロパティ ] ウィンドウが表
示されます。
...........................................................................................................................................................................
10
[ ベクター ID:] を選択して、2 と入力します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [OK] ボタンと [ 適用 ] ボ
タンが使用可能になります。
.............................................................................................................................
5 - 30
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
11
このステップのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このステップア
イコンのラベルが「ベクター 2」に変わります。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
週末呼の
末呼の切断
次に、アナウンス再生後に、週末の発呼者の接続を切断します。
週末呼を切断するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
週末の条件をテストするには、[ テスト ] パレットを再度クリッ
クします。
結果: [ テスト ] パレットに使用可能なアイコンが表示され
ます。
...........................................................................................................................................................................
2
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Time of Day(時
刻)] アイコンを再度クリックします。ドラッグアンドドロッ
プ操作で、作業領域にある「偽」の場合の空のステップボック
スにアイコンを移動します。
結果: 2 番目の条件分岐が作成され、2 つの矢印が空のス
テップボックスを指します。
...........................................................................................................................................................................
3
[Time of Day(時刻)] アイコンをダブルクリックします。
結果: [Time of Day(時刻)のプロパティ ] ウィンドウが表
示されます。このウィンドウにはデフォルト値が表示されま
す。
...........................................................................................................................................................................
4
[Time of Day(時刻)のプロパティ ] ウィンドウで、次のことを
行います。
•
[ 開始日:] ドロップダウンリストから [ 金曜日 ] を選択す
る。
•
[ 終了日:] ドロップダウンリストから [ 月曜日 ] を選択す
る。
•
[ 開始時刻 ] を選択して 20:00 と入力する。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 31
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
•
[ 終了時刻:] を選択して、5:00 と入力する。
数値入力の先頭のゼロは破棄されます。
...........................................................................................................................................................................
5
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このテストアイ
コンのラベルが、「TOD 金 20:00」から「月 05:00」に変わり
ます。
...........................................................................................................................................................................
6
週末の発呼者専用の別のベクターに処理を分岐します。[ 入力
/出力 ] パレットをクリックします。
結果: [ 入力/出力 ] パレットに使用可能なアイコンが表示
されます。
...........................................................................................................................................................................
7
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Announcement
(アナウンス)] アイコンをクリックします。ドラッグアンド
ドロップ操作で、作業領域にある「真」の場合の空のステップ
ボックスにアイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
8
[Announcement(アナウンス)] アイコンをダブルクリックし
ます。
結果: [Announcement(アナウンス)のプロパティ ] ウィン
ドウが表示されます。[ 内線:] フィールドへの入力が要求
されます。
...........................................................................................................................................................................
9
[ 内線:] を選択して、84573 と入力します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [OK] ボタンと [ 適用 ] ボ
タンが使用可能になります。
.............................................................................................................................
5 - 32
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
10
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「内線 84573」に変わります。
...........................................................................................................................................................................
11
次に、アナウンス再生後に、週末の発呼者の接続を切断します。
週末の条件をテストするには、[ 終了 ] パレットをクリックし
ます。
結果: [ 終了 ] パレットにアイコンが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
12
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Disconnect(切
断)] アイコンをクリックします。ドラッグアンドドロップ操
作で、作業領域にある「真」の場合の空のステップボックスに
アイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。[ 切断 ] ステップアイコンで、この条件分
岐が終了します。
これで、作業領域に空のステップボックスを指す 2 つの矢印
が表示されます。塗りつぶし矢印は、テスト結果が「真」の
場合の次のステップを指します。破線または点線の矢印は、
テスト結果が「偽」の場合の次のステップを指します。
...........................................................................................................................................................................
13
週末条件のテスト結果が「偽」の場合に、呼をキューに入れま
す。[ キュー ] パレットをクリックします。
結果: [ キュー ] パレットにアイコンが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
14
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Queue
Unconditional(無条件キューイング)] アイコンをクリックしま
す。ドラッグアンドドロップ操作で、作業領域にある「偽」の
場合の空のステップボックスにアイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 33
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
15
[Queue Unconditional(無条件キューイング)] アイコンをダブル
クリックします。
結果: [Queue Unconditional(無条件キューイング)のプロパ
ティ ] ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
16
[ スキル:] ドロップダウンリストから [ID] を選択します。
結果: [ スキル ID:] フィールドが使用可能になり、入力を
要求されます。
...........................................................................................................................................................................
17
[ スキル ID:] を選択して、1 と入力します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [OK] ボタンと [ 適用 ] ボ
タンが使用可能になります。
...........................................................................................................................................................................
18
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「スキル 1」に変わります。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
呼び出しの
出しの選択
次に、システムが呼び出しをしている間、発呼者に待ってもら
います。呼び出しをアクティブにするには,次の手順に従いま
す。
...........................................................................................................................................................................
1
Vector Editor ウィンドウの左側で、[ 入力/出力 ] パレットをク
リックします。
結果: [ 入力/出力 ] ウィンドウにアイコンが表示され
ます。
...........................................................................................................................................................................
2
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Ringback(呼び
出し)] アイコンをクリックします。
.............................................................................................................................
5 - 34
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
3
ドラッグアンドドロップ操作で、作業領域にある空のステップ
ボックスにアイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
4
[Ringback(呼び出し)] アイコンをダブルクリックします。
結果:
結果: [Ringback(呼び出し)のプロパティ ] ウィンドウが表
示されます。このウィンドウには、デフォルト値として 0 秒
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
5
[ 秒:] フィールドを選択して、ハイライトされているデフォル
ト値を 18 に変更します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [ 適用 ] ボタンが使用可能
になります。
...........................................................................................................................................................................
6
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じ、このステップアイ
コンのラベルが「18 秒」に変わります。
次に、発呼者用アナウンスを再生してから、デジットを取得
します。
...........................................................................................................................................................................
7
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Announcement
(アナウンス)] アイコンをクリックします。ドラッグアンドド
ロップ操作で、作業領域にある空のステップボックスにアイコ
ンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 35
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
8
[Announcement(アナウンス)] アイコンをダブルクリックし
ます。
結果: [Announcement(アナウンス)のプロパティ ] ウィン
ドウが表示されます。
[ 内線:] フィールドへの入力が要求されます。
...........................................................................................................................................................................
9
[ 内線:] フィールドを選択して、72349 と入力します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [OK] ボタンと [ 適用 ] ボ
タンが使用可能になります。
...........................................................................................................................................................................
10
このテストのコメントを [ コメント ] フィールドに入力してか
ら、[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「内線 72349」に変わります。
...........................................................................................................................................................................
11
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Collect(デジッ
トを取得)] アイコンをクリックします。
...........................................................................................................................................................................
12
ドラッグアンドドロップ操作で、作業領域にある空のステップ
ボックスにアイコンを移動します。
結果: ラベルには、デフォルトで「1 デジット」と表示され
ているため、このアイコンのデフォルトのプロパティを編集
する必要はありません。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
発呼者のル
者のルーティ
ーティング
次に、取得したデジットに基づき、発呼者を条件に従ってルー
ティングします。条件は後で追加できます。発呼者をルーティ
ングするには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[ ルーティング ] パレットをクリックします。
結果: [ ルーティング ] パレットにアイコンが表示され
ます。
.............................................................................................................................
5 - 36
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
2
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Route To Number
(番号へのルーティング)] アイコンをクリックします。
...........................................................................................................................................................................
3
ドラッグアンドドロップ操作で、作業領域にある空のステップ
ボックスにアイコンを移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
4
[Route To Number(番号へのルーティング)] アイコンをダブル
クリックします。
結果: [Route To Number(番号へのルーティング)のプロパ
ティ ] ウィンドウが表示されます。このウィンドウにはデ
フォルト値が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
5
[ 番号:] フィールドを選択して、ハイライトされているデフォ
ルト値を 93031234567 に変更します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [ 適用 ] ボタンが使用可能
になります。
...........................................................................................................................................................................
6
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「93031234567 no」に変わります。
...........................................................................................................................................................................
7
条件分岐を追加する必要があります。[ テスト ] パレットをク
リックします。
結果: [ テスト ] パレットに使用可能なアイコンが表示され
ます。
...........................................................................................................................................................................
8
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Caller Info(発呼
者情報)] アイコンをクリックします。ドラッグアンドドロッ
プ操作で、作業領域にある [Route to Number(番号へのルーティ
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 37
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
ング)] アイコンの「前」にある矢印に [Caller Info(発呼者情
報)] アイコンを移動します。
結果: 既存のアイコンの間にアイコンをドロップできる場合
には、黄色のボックスが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
9
[Caller Info(発呼者情報)] アイコンをダブルクリックします。
結果: [Caller Info(発呼者情報)のプロパティ ] ウィンドウ
が表示されます。このウィンドウにはデフォルト値が表示さ
れます。
...........................................................................................................................................................................
10
[ 測定対象:] フィールドのドロップダウンリストから「digits」
を選択します。
結果: [ 適用 ] ボタンが使用可能になります。
...........................................................................................................................................................................
11
[ しきい値:] フィールドを選択して、デフォルト値を 5 に変更
します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウでハイライトされた値が変
更されます。
...........................................................................................................................................................................
12
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じ、このアイコンのラ
ベルが「デジット = 5」に変わります。
これで、作業領域内の空のステップボックスは 2 つになりま
す。取得したデジットが 5 なら、「真」のボックス(塗りつ
ぶし矢印)が次のステップに、そうでない場合は、「偽」の
ボックスが次のステップになります。
...........................................................................................................................................................................
13
取得したデジットが 5 でない場合、音楽を再生して発呼者に
待ってもらうため、[ 入力/出力 ] パレットをクリックします。
結果: [ 入力/出力 ] パレットに使用可能なアイコンが表示
されます。
.............................................................................................................................
5 - 38
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
14
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Music(音楽)]
アイコンをクリックします。ドラッグアンドドロップ操作で、
作業領域にある「偽」の場合の空のボックスにアイコンを移動
します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
15
[Music(音楽)] アイコンをダブルクリックします。
結果: [Music(音楽)のプロパティ ] ウィンドウが表示され
ます。このウィンドウには、デフォルト値として 0 秒が表示
されます。
...........................................................................................................................................................................
16
[ 秒 ] フィールドを選択して、ハイライトされているデフォルト
値を 30 に変更します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [ 適用 ] ボタンが使用可能
になります。
...........................................................................................................................................................................
17
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「30 秒」に変わります。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
アナウ
アナウンスの
ンスの再生
30 秒ごとに発呼者にアナウンスを再生します。アナウンスを再
生するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Announcement
(アナウンス)] アイコンをクリックします。ドラッグアンドド
ロップ操作で、作業領域にある [Music(音楽)] アイコンの後
ろの空のボックスに [Announcement(アナウンス ] アイコンを
移動します。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 39
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
2
[Announcement(アナウンス)] アイコンをダブルクリックし
ます。
結果: [Announcement(アナウンス)のプロパティ ] ウィン
ドウが表示されます。[ 内線:] フィールドへの入力が要求
されます。
...........................................................................................................................................................................
3
[ 内線:] フィールドを選択して、74934 と入力します。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウの [OK] ボタンと [ 適用 ] ボ
タンが使用可能になります。
...........................................................................................................................................................................
4
このテストのコメントを [ コメント:] フィールドに入力し、
[OK] をクリックします。
結果: [ プロパティ ] ウィンドウが閉じて、このアイコンの
ラベルが「内線 74934」に変わります。
...........................................................................................................................................................................
5
次に、聴かせる音楽のループバックを作成するには、[Music
(音楽)] ステップアイコンのすぐ前にある「偽」の矢印に空の
ステップボックスをドラッグします。
結果: 塗りつぶし線がこの矢印に結合され、この [Go to] ス
テップが無条件であることを示します。
[Route to Number(番号へのルーティング)] アイコンの後ろ
にまだ空のステップボックスがあります。
...........................................................................................................................................................................
6
新規ベクターの編集を終了するには、[ 終了 ] パレットをクリッ
クします。
結果: [ 終了 ] パレットに使用可能なステップアイコンが表
示されます。
...........................................................................................................................................................................
7
ツールヒントを使用して(使用可能な場合)、[Music(音楽)]
アイコンをクリックします。ドラッグアンドドロップ操作で、
.............................................................................................................................
5 - 40
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
新規 Goto ベクターの作成
Vector Editor の使用
作業領域にある空のステップボックスにこのアイコンを移動し
ます。
結果:
結果: アイコンをドロップできる場合には、黄色のボックス
が表示されます。[Stop(停止)] ステップアイコンで、この
条件分岐が終了します。
...........................................................................................................................................................................
8
作業をまだ保存していない場合は、[Vector Editor] ウィンドウの
[ ファイル ] メニューまたはツールバーから [ 保存 ] を選択しま
す。
結果:
結果: 初めて保存する場合は、ウィンドウが表示され、ここ
でベクターの保存先を指定します。保存先には、オフライン
の場合はメモ帳を、オンラインの場合は許可されている
ACD のベクターフォルダを指定できます。ベクターが ACD
で新規のベクターの場合(既存のベクター名を使用して保存
しない場合)は、名前と ID の入力を求められます。既存の
ベクター名を使用して保存する場合には、既存のベクターを
上書きするかどうかが尋ねられます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 41
Vector Editor の使用
タイプの異なる ACD にベクターを移動、
またはコピーする
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Navigator を使用して、ある ACD から別の ACD にベクターを移
動したりコピーしたりできます。あるタイプのベクターを表示
または作成してからそれを異なるタイプの ACD に保存できま
す。また、Visual Vectors ツールを使用して異なるベクターの間
で 1 つ以上のステップをコピーして貼り付けることもできます。
これらの場合、ベクターステップには変換が必要です。ソフト
ウェアは変換プロセスの手順をガイドします。
手順
タイプの異なる ACD にベクターを移動したり、コピーしたり、
保存したりするには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
既存のベクターを表示するか、新規のベクター (EAS) を作成し
ます。このベクターには、[Queue Activity(キュー状況)]、
[Center Info(センター情報)]、[Agent Activity(エージェント状
況)] といったステップのスキル関連プロパティや、[Converse
(Intuity Conversant に接続)] や [Collect(デジットを取得)] と
いったステップのデジットプロパティが含まれている必要があ
ります。
...........................................................................................................................................................................
2
ステップ 1 で説明したベクター全体または 1 組のステップをコ
ピーするには、次のいずれかを行います。
•
ベクター内のすべてのステップを選択するために、[ 編集 ]
メニューで [ すべて選択 ] をクリックする。次に、[ 編集 ]
メニューで [ コピー ] を選択して、選択したステップをコ
ピーする。
•
ベクター内の 1 組のステップを選択するために、Shift キー
を押しながらコピーしたいステップをそれぞれクリックす
る。次に、[ 編集 ] メニューで [ コピー ] を選択して、選択
したステップをコピーする。
...........................................................................................................................................................................
3
既存のベクターを表示するか、新規のベクターを作成します
(non-EAS、プロンプティングなし)。
.............................................................................................................................
5 - 42
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
タイプの異なる ACD にベクターを移動、または
コピーする
Vector Editor の使用
...........................................................................................................................................................................
4
表示した、あるいは作成したベクターで、[ 編集 ] メニューの
[ 貼り付け ] を選択して、コピーしておいたベクター全体または
ステップのセットを貼り付けます。
結果: 必要な変換を説明する 1 つ以上のメッセージが表示さ
れます。
...........................................................................................................................................................................
5
次のいずれかの操作を実行します。
•
[ はい ] を選択して、互換性のないステップを個別に修正
する。
•
[ すべてはい ] を選択して、現在選択されている、すべての
ベクターまたはステップにある同じタイプのすべてのス
テップを修正する。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
5 - 43
タイプの異なる ACD にベクターを移動、または
コピーする
Vector Editor の使用
.............................................................................................................................
5 - 44
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6
VDN 割当てウィザードの
使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、VDN 割当てウィザードの使用方法について説明し
ます。この章は次のセクションで構成されています。
•
VDN 割当てウィザードの概要
•
[VDN 割当て ] ウィンドウの使用
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 1
VDN 割当てウィザードの 使用
VDN 割当てウィザードの概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、Visual Vectors の VDN 割当てウィザード
の概要について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
VDN 割当てウィザードの機能
•
VDN 割当てウィザードの開始
•
[VDN 割当てウィザード ] ウィンドウのオブジェクト
.............................................................................................................................
6 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
VDN 割当てウィザードの 使用
VDN
割当てウィザードの機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
呼を受信すると、交換機は、発呼者がダイヤルしたオブジェク
トまたは交換機に送信されたオブジェクトを VDN に変換しま
す。交換機は VDN を使用して、受信した呼を該当するベク
ターに送ります。ベクターが完成して使用できる状態になった
ら、VDN 割当てウィザードを使用することによって、ベクター
への VDN の割当てが簡単になり、VDN に関連する着信呼を
ユーザーの希望する方法で処理できます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 3
VDN 割当てウィザードの 使用
VDN
割当てウィザードの開始
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
VDN 割当てウィザードを開始するには、次の手順に従います。
...........................................................................................................................................................................
1
[VDN 割当てウィザード ] ウィンドウを開くには、Framework の
[ ツール ] メニューから [VDN 割当てウィザード ] を選択する
か、Framework のツールバーにある [VDN 割当てウィザード ]
をクリックします。
結果: [VDN 割当てウィザード ] ウィンドウが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
6 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
VDN 割当てウィザードの 使用
[VDN
割当てウィザード ] ウィンドウのオブジェクト
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
タイトル
イトルバー
[ 最小化 ] ボタン
ボタン、[ 最大化
/元のサイ
のサイズに戻
ズに戻す ]
ボタン、
タン、[ 閉じる ] ボタン
ボタン
ここでは、[VDN 割当て ] ウィンドウの機能について説明し
ます。
タイトルバーには、アプリケーション名が表示されます。
これらのボタンはウィンドウの右上隅にあり、現行ウィンドウ
のサイズを調節したり、閉じたりします。
[VDN 割当てウィザード ] ウィンドウには、次の 5 つのボタン
があります。
ボタン名
タン名
機能
キャンセル
割当てまたは割当ての変更を行わずに、ウィザー
ドを閉じます。
戻る
ウィザードの直前のウィンドウが表示されます。
このボタンは、最初のウィンドウでは使用できま
せん。
次へ
ウィザードの次のウィンドウが表示されます。こ
のボタンは、最後のウィンドウでは [ 編集 ] ボタ
ンに変わります。
「編集」を参照してください。
編集
選択されている 1 つ以上の VDN の [ プロパティ ]
ウィンドウが表示されます。これは、VDN 割当
てウィザードの最後のウィンドウです。
ヘルプ
現在のウィンドウに関するヘルプ情報が表示され
ます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 5
VDN 割当てウィザードの 使用
[VDN 割当て ] ウィンドウの使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、[VDN 割当て ] ウィンドウの使用方法に
ついて説明します。説明に従って、VDN の選択、ウィンドウの
使用、入力フィールドへの値の入力を行います。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
VDN の割当て
.............................................................................................................................
6 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
VDN 割当てウィザードの 使用
VDN
の割当て
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
VDN 割当てウィ
てウィザード
ザードへの
アクセス
VDN 割当てウィザードは、VDN やスキル設定をベクターに割
当てる処理をガイドします。これは一連のダイアログボックス
で構成されます。例えば、あるダイアログボックスでは割当て
る VDN にフィルタをかけて選択し、他のダイアログボックス
では割当てを実行するなどです。
次の手順に従って、VDN 割当てウィザードの最初のウィンドウ
を使用します。
...........................................................................................................................................................................
1
[CentreVu Framework] ウィンドウで、次のいずれかを行います。
•
[ ツール ] メニューから [VDN 割当てウィザード ] を選択す
る。
•
ツールバーの [VDN 割当てウィザード ] アイコンをクリッ
クする。
[VDN 割当てウィザードへようこそ ] のメッセージが書か
れたウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
マイワールド ディレクトリを参照し、目的のオブジェクトを検
索します。
重要 ! サーバーに接続していない場合に、ACD を表示す
るには、サーバーをダブルクリックして、[(サーバーの名
前に)接続 ] ウィンドウに必要な情報を入力する必要があ
ります。
...........................................................................................................................................................................
3
割当てを行うオブジェクトが含まれる ACD をクリックします。
...........................................................................................................................................................................
4
[ 次へ ] をクリックします。
[ 選択可能な項目:] ウィンドウが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 7
VDN の割当て
VDN 割当てウィザードの 使用
択可能な項目
な項目 ]
[ 選択可能
ウィン
ウィンドウの
ドウの使用
[ 選択可能な項目:] ウィンドウに、選択可能なすべての VDN
のリストを表示したり、そのリストにフィルタをかけて、ある
基準を満たす VDN だけを表示したりできます。
...........................................................................................................................................................................
1
選択可能な VDN のリストにフィルタをかけるには、[ フィル
タ:] テキストボックスに次の任意のパラメータを入力します。
これらのパラメータは、1 ~ 20 文字で構成されます。使用でき
る文字は次のとおりです。
•
英字
•
数字
•
アンダースコア (_)
•
空白
•
コンマ (,)
•
ピリオド (.)
•
プラス記号 (+)
使用できない文字は次のとおりです。
•
円記号 (\)
•
アクセント記号 (`)
•
ティルデ (~)
•
ダブルクオート (")
•
パイプ記号 (|)
これらのパラメータでは、次に示すパターンマッチング用ワイ
ルドカードを使用できます。
•
疑問符 (?)(厳密に 1 文字)
•
アスタリスク (*)(任意の数の文字、なしも含まれる)。
文字またはワイルドカードが含まれる文字を入力すると、[ 選
択可能な項目(フィルタ後):] リストボックスに表示されるベ
クターを、部分的または完全に入力に一致したものだけに限定
できます。例:
•
*Sales* と入力した場合、Pre-Sales、Sales、および
Sales Split といった名前の選択可能な VDN が表示され
ます。
•
VDN*1 と入力した場合、VDN1、VDN 201、および
VDNSupport01 といった名前の選択可能な VDN が表示され
ます。
.............................................................................................................................
6 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
VDN の割当て
VDN 割当てウィザードの 使用
...........................................................................................................................................................................
2
次のいずれかの操作を行って、選択可能な VDN のフィルタ後
のリストから、管理する VDN を 1 つ以上選択します。
•
[ 選択可能な項目:] リストボックスで VDN を選択してか
ら、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Ctrl キーを押したまま、対象となる VDN を 1 つずつ選択し
てから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Shift キーを押したまま、対象となる VDN グループの先頭
と最後を選択してから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリック
する。
•
下線付きの下向き矢印ボタンをクリックして、フィルタ後
の [ 選択可能な項目:] リストボックスにあるすべての
VDN を [ 選択された項目:] リストボックスに移動する。
これらの逆の操作を行うことで 1 つ以上の VDN を選択解除す
ることもできます。例えば、上向き矢印ボタン ↑ をクリックし
て、[ 選択された項目:] リストボックスでハイライトされた
VDN を [ 選択可能な項目:] リストボックスに戻すことができ
ます。
...........................................................................................................................................................................
3
[ 次へ ] をクリックして、ウィザードの次のウィンドウに進み
ます。
結果: [ 割当て編集 ] ウィンドウが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
割当て編集 ] ウィンド
ィンドウの
[ 割当て
使用
[ 割当て編集 ] ウィンドウを使用するには、次の手順に従い
ます。
...........................................................................................................................................................................
1
最初に、表示されている [ 選択された ACD] と [ 選択された
VDN] が割当てや編集の対象であることを確認します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 9
VDN の割当て
VDN 割当てウィザードの 使用
...........................................................................................................................................................................
2
[ 編集 ] をクリックして、選択されている VDN をベクターに割
当てるか、他の VDN オブジェクトのプロパティを変更します。
選択した VDN によって表示内容が変わります。
•
1 つの VDN を選択した場合は、その VDN のプロパティ
ウィンドウが表示され、編集可能なプロパティフィールド
には値が表示される。
•
値が異なる複数の VDN を選択した場合は、入力可能な空
のプロパティフィールドが含まれるプロパティウィンドウ
が表示される。
•
同じ値の複数の VDN を選択した場合は、プロパティウィ
ンドウのプロパティフィールドには共通の値が表示され
る。
選択された VDN がすでに共通ベクターに割当てられている
場合は、そのベクターの ID がデフォルト値である。選択さ
れた VDN がまだベクターに割当てられていない場合は、
「1」がデフォルト値となる。
...........................................................................................................................................................................
3
次のいずれかの操作を実行します。
•
デフォルトのベクター ID を変更する必要がない場合は、
ステップ 5 に進む。
•
ベクター ID を変更する必要がある場合は、[ ベクター ID]
フィールドの下向き矢印をクリックする。
[ ベクター ID:] ドロップダウンリストが表示される。
...........................................................................................................................................................................
4
ドロップダウンリストから対象となるベクター ID を選択します。
...........................................................................................................................................................................
5
EAS 機能を購入し、選択された ACD で使用可能な場合は、1 つ
以上のスキル設定を選択する必要があります。選択された VDN
に共通のスキルがすでに割当てられている場合、このスキルが
デフォルト値になります。
次に示す [ 複数のオブジェクトのプロパティ ] ウィンドウでは、
選択された VDN にはすでに共通のスキルが割当てられていま
す。
.............................................................................................................................
6 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
VDN の割当て
VDN 割当てウィザードの 使用
...........................................................................................................................................................................
6
変更する [ スキル設定 ] フィールドの下向き矢印をクリックし
ます。[ なし ] を選択した場合の注意は次のとおりです。
•
スキル設定 1 で [ なし ] を選択した場合は、スキル設定 2
とスキル設定 3 も [ なし ] にする必要があります。
•
スキル設定 2 で [ なし ] を選択した場合は、スキル設定 3
も [ なし ] にする必要があります。
[ なし ] を選択すると、選択された VDN の既存のスキル設定が
削除されることに注意してください。
...........................................................................................................................................................................
7
次のいずれかの操作を実行します。
•
すべての VDN 割当てと、その他の VDN プロパティへの変
更を確定して、ウィンドウを閉じる場合は、[OK] をクリッ
クする。
•
変更は確定するが、さらに入力を行うために [VDN プロパ
ティ ] ウィンドウを開いたままにする場合は、[ 適用 ] をク
リックする。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
6 - 11
VDN の割当て
VDN 割当てウィザードの 使用
.............................................................................................................................
6 - 12
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7
インポート/エクスポート
ウィザードの使用
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
この章では、Visual Vectors のインポート/エクスポートウィ
ザードの使用方法について説明します。この章は次のセクショ
ンで構成されています。
•
インポート/エクスポートウィザードの 概要
•
ベクターのインポートおよび エクスポート
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 1
インポート/エクスポートウィザードの使用
インポート/エクスポートウィザードの
概要
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、インポート/エクスポートウィザードに
関する情報を提供するとともに、インポート/エクスポート
ツールの起動方法と終了方法について説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
インポート/エクスポートウィザードの機能
•
インポート/エクスポートウィザード オブジェクト
.............................................................................................................................
7 - 2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
インポート/エクスポートウィザードの使用
インポート/エクスポートウィザードの機能
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
Visual Vectors のインポート/エクスポート機能を使用すると、
ベクターを作成して、公開ディレクトリや他のアプリケーショ
ンにエクスポートできます。他のユーザーはそこでベクターを
インポートしたり共有したりできます。
例えば、まずベクターファイルを作成します。そのファイルに
は、1 つ以上のベクターオブジェクトを入れることができます。
そして、そのベクターファイルを電子メールに添付するか、共
有または公開ディレクトリにエクスポートできます。他のユー
ザーはこのベクターファイルを自分のシステムにインポートで
きます。また、Visual Vectors ツールを使用して、そのベクター
ファイルを表示したり、編集したり、DEFINITY サーバーに
ロードしたりできます。
インポート/エクスポートウィザードを使用して、次のことを
行うことができます。
•
単一サイト環境または複数サイト環境でベクターを配布
する。
•
他の機関のユーザーとベクターを共有する。
•
他のユーザーがアクセスできるベクターの基幹ライブラリ
を作成する。
•
バックアップのために、LAN 上のサーバーにベクターを
アーカイブする。
•
他のユーザーのトレーニングや教育を行う(ベクターをレ
ビューして修正箇所や提案を電子メールで返信する)。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 3
インポート/エクスポートウィザードの使用
インポート/エクスポートウィザードの開始
............................................................................................................................................................................................................................................................
手順
インポート/エクスポートウィザードを開くには、次の手順に
従います。
...........................................................................................................................................................................
1
Microsoft Windows のタスクバーから [ スタート ] を選択します。
...........................................................................................................................................................................
2
[ スタート ] メニューから [ プログラム ] を選択します。
...........................................................................................................................................................................
3
[Avaya Visual Vectors] プログラムグループを選択します。
...........................................................................................................................................................................
4
Visual Vectors を選択します。
結果: Visual Vectors プログラムが起動して、[Framework]
ウィンドウが表示されます。Visual Vectors は動作していま
すが、CMS サーバーにはまだ接続されていません。
この時点で CMS サーバーに接続する必要はありませんが、
ベクターをインポートしたりエクスポートしたりするには、
CMS サーバーに接続する必要があります。詳細は、Visual
Vectors Framework の起動と終了をご参照下さい。
...........................................................................................................................................................................
5
インポート/エクスポートウィザードを起動するには、
Framework の [ ツール ] メニューから [ インポート/エクスポー
トウィザード ] を選択するか、Framework のツールバーにある
[ インポート/エクスポートウィザード ] アイコンをクリックし
ます。
結果: インポート/エクスポートウィザードが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
7 - 4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
インポート/エクスポートウィザードの使用
インポート/エクスポートウィザード
オブジェクト
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
タイトル
イトルバー
ここでは、[ インポート/エクスポートウィザード ] ウィンドウ
の機能について説明します。
タイトルバーには、アプリケーション名が表示されます。
[ 最小化 ] ボタン
ボタン、[ 最大化
/元のサイ
のサイズに戻
ズに戻す ]
ボタン、
タン、[ 閉じる ] ボタン
これらのボタンは右上隅にあり、現行ウィンドウのサイズを調
節したり、閉じたりします。
ボタン
次の 5 つのボタンが、インポート/エクスポートウィザードの
ウィンドウに表示されます。
ボタン名
機能
キャンセル
割当てまたは割当ての変更を行わずに、ウィザー
ドを閉じます。
戻る
ウィザードの直前のウィンドウが表示されます。
このボタンは、最初のウィンドウでは使用できま
せん。
次へ
ウィザードの次のウィンドウが表示されます。こ
のボタンは、最後のウィンドウでは [ エクスポー
ト ] ボタンに変わります。
「エクスポート」を参
照してください。
エクスポート
エクスポート処理を開始します。
ヘルプ
現在のウィンドウに関するヘルプ情報が表示され
ます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 5
インポート/エクスポートウィザードの使用
ベクターのインポートおよび
エクスポート
概要
............................................................................................................................................................................................................................................................
目的
このセクシ
セクションの
ョンの構成
このセクションでは、ベクターのインポートとエクスポートに
ついて説明します。
このセクションは、次の情報で構成されています。
•
ベクターのエクスポート
•
ベクターのインポート
.............................................................................................................................
7 - 6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
インポート/エクスポートウィザードの使用
ベクターのエクスポート
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポート
ウィザ
ウィザードへ
ードへのアク
のアクセス
インポート/エクスポートウィザードは、エクスポートに必要
な情報を収集したり、エクスポートするベクターを選択したり、
エクスポートを実行したりする処理をガイドします。これは一
連のダイアログボックスで構成されます。例えば、あるダイア
ログボックスではエクスポートしたいベクターにフィルタをか
けて選択し、別のダイアログボックスではエクスポートを実行
します。
次の手順に従って、インポート/エクスポートウィザードの最
初のウィンドウを使用します。
...........................................................................................................................................................................
1
[Framework] ウィンドウで、次のいずれかを行います。
•
[ ツール ] メニューから [ インポート/エクスポートウィ
ザード ] を選択する。
•
ツールバーの [ インポート/エクスポートウィザード ] ア
イコンをクリックする。
[ ベクター インポート/エクスポート ウィザードへようこそ ]
ウィンドウが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
[ エクスポート ] を選択してから、[ 次へ ] をクリックします。
インポート/エクスポートウィザードの 2 番目のウィンドウが
表示されます。
...........................................................................................................................................................................
3
マイワールド ディレクトリを参照して、エクスポートするベク
ターが含まれる ACD またはメモ帳フォルダを検索します。
重要 ! サーバーに接続していない場合に、ACD を表示す
るには、サーバーをダブルクリックして、[(サーバーの名
前に)接続 ] ウィンドウに必要な情報を入力する必要があ
ります。
...........................................................................................................................................................................
4
エクスポートするベクターが含まれるメモ帳フォルダまたは
ACD をクリックします。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 7
ベクターのエクスポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
...........................................................................................................................................................................
5
[ 次へ ] をクリックします。
結果: [ 選択可能な項目:] ウィンドウが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
[ 選択可能
択可能な項目
な項目 ]
ウィン
ウィンドウの
ドウの使用
[ 選択可能な項目:] ウィンドウに、エクスポート可能なすべて
のベクターのリストを表示したり、そのリストにフィルタをか
けて、ある基準を満たすベクターだけを表示できます。
...........................................................................................................................................................................
1
選択可能なベクターのリストにフィルタをかけるには、[ フィル
タ:] テキストボックスに次の任意のパラメータを入力します。
これらのパラメータは、1 ~ 20 文字で構成されます。使用でき
る文字は次のとおりです。
•
英字
•
数字
•
アンダースコア (_)
•
空白
•
コンマ (,)
•
ピリオド (.)
•
プラス記号 (+)
使用できない文字は次のとおりです。
•
円記号 (\)
•
アクセント記号 (`)
•
ティルデ (~)
•
ダブルクオート (")
•
パイプ記号 (|)
これらのパラメータでは、次に示すパターンマッチング用ワイ
ルドカードを使用できます。
•
疑問符 (?)(厳密に 1 文字)
•
アスタリスク (*)(任意の数の文字、なしも含まれる)。
文字またはワイルドカードが含まれる文字を入力すると、[ 選
択可能な項目(フィルタ後):] リストボックスに表示されるベ
クターを、部分的または完全に入力に一致したものだけに限定
できます。
.............................................................................................................................
7 - 8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターのエクスポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
例:
•
*Sales* と入力した場合、Pre-Sales、Sales、および
Sales Split といった名前の選択可能なベクターが表示さ
れます。
•
QFA*1 と入力した場合、QFA1、QFA 201、および
QFASupport01 という名前の選択可能なベクターが表示さ
れます。
...........................................................................................................................................................................
2
次のいずれかの操作を行って、選択可能なベクターのリストに
フィルタをかけて、エクスポートする 1 つ以上のベクターを選
択します。
•
[ 選択可能な項目:] リストボックスでベクターを選択して
から、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Ctrl キーを押したまま、対象となるベクターを 1 つずつ選
択してから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Shift キーを押したまま、対象となるベクターグループの先
頭と最後を選択してから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリック
する。
•
下線付きの下向き矢印ボタンをクリックして、[ 選択可能
な項目:] リストボックスにあるすべてのベクターを [ 選択
された項目:] リストボックスに移動する。
これらの逆の操作を行うことによって 1 つ以上のベクターを選
択解除することもできます。例えば、上向き矢印ボタン ↑ をク
リックして、[ 選択された項目:] リストボックスでハイライト
されているベクターを [ 選択可能な項目:] リストボックスに戻
すことができます。
...........................................................................................................................................................................
3
[ 次へ ] をクリックして、ウィザードの次のウィンドウに進み
ます。
結果: [ アーカイブファイルのエクスポート ] ウィンドウが
表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
[ アーカ
アーカイブフ
イブファイル
ァイル ] ウィ
ンドウお
ドウおよび [ エクスポ
クスポート
の概要
の概要 ] ウィン
ウィンドウの
ドウの使用
[ インポート / エクスポート ウィザード ] ウィンドウを使用する
と、ベクターのエクスポート先のアーカイブファイルを選択で
きます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 9
ベクターのエクスポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
...........................................................................................................................................................................
1
[ インポート / エクスポート ウィザード ] ウィンドウを使用する
には、次のいずれかを行います。
•
ベクターをエクスポートするアーカイブファイルのフルパ
スを入力する。
•
ネットワークを参照してベクターファイルのエクスポート
先フォルダを検索する場合は、[ 参照 ] をクリックする。
結果: [ エクスポートするアーカイブの選択 ] ダイアログ
ボックスが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
ネットワークを検索して、ベクターのエクスポート先のアーカ
イブファイルを見つけます。
...........................................................................................................................................................................
3
ファイルを見つけたら、ハイライトして、[ 保存 ] をクリックし
ます。
結果: [ アーカイブファイルのエクスポート ] ウィンドウが
表示されます。そのウィンドウには選択したファイルのパス
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
4
[ 次へ ] をクリックします。表示されるウィンドウは、エクス
ポートしようとしているアーカイブファイルがエクスポート先
のフォルダにすでに存在するかどうかで異なります。
例:
•
アーカイブファイルがすでに存在する場合は、そのファイ
ルの処理方法を指定するウィンドウが表示される。ステッ
プ 5 に進む。
•
アーカイブファイルが存在しない場合は、[ ベクターのエ
クスポートの概要 ] ウィンドウが表示される。ステップ 6
に進む。
...........................................................................................................................................................................
5
アーカイブファイルがすでに存在する場合、以下に示すウィン
ドウが表示されます。次のいずれかの操作を実行します。
•
エクスポート先のファイルにすでに存在する名前と同じ名
前のベクターをエクスポートしたくない場合は、[ 重複を
上書きしません ] をクリックする。
.............................................................................................................................
7 - 10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターのエクスポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
•
インポート先のファイルにすでに存在する名前と同じ名前
のベクターを上書きする場合は、[ 重複を上書きします ] を
クリックする。
•
新規のファイルを作成して、古いファイルを置き換える場
合は、[ ファイル全体の内容を置き換えます ] をクリック
する。
...........................................................................................................................................................................
6
[ 次へ ] をクリックします。
結果: [ ベクターのエクスポートの概要 ] ウィンドウが表示
されます。このウィンドウには、エクスポート操作を実行す
るために収集した情報の概要が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
7
次のいずれかの操作を実行します。
•
このウィンドウの値を修正する必要がある場合は、[ 戻る ]
をクリックして前のウィンドウに戻る。
•
変更の必要がなければ、[ エクスポート ] をクリックしてエ
クスポート処理を開始する。
結果: エクスポートが完了すると、メッセージ [ エクスポー
トが完了しました。] が表示され、アーカイブファイルにエ
クスポートしたベクター数が表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 11
インポート/エクスポートウィザードの使用
ベクターのインポート
............................................................................................................................................................................................................................................................
概要
インポート/エクスポートウィザードでは、ベクターをイン
ポートするために必要な情報の収集とインポート処理の開始手
順をガイドします。これは一連のダイアログボックスで構成さ
れます。例えば、あるダイアログボックスではインポートした
いベクターにフィルタをかけて選択し、別のダイアログボック
スではインポートを実行します。
インポー
ンポート/エ
ト/エクスポ
クスポート
ウィザ
ードへ
へのアク
ウィザード
のアクセス
次の手順に従って、インポート/エクスポートウィザードの最
初のウィンドウを使用します。
...........................................................................................................................................................................
1
[Framework] ウィンドウで、次のいずれかを行います。
•
[ ツール ] メニューから [ インポート/エクスポートウィ
ザード ] を選択する。
•
ツールバーの [ インポート/エクスポートウィザード ]
アイコンをクリックする。
結果: [ インポート / エクスポート ウィザード ] ウィンドウ
が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
2
[ インポート ] を選択してから、[ 次へ ] をクリックします。
結果: [ アーカイブファイルのインポート ] ウィンドウが表
示されます。
...........................................................................................................................................................................
3
[ インポート / エクスポート ウィザード ] ウィンドウを使用する
には、次のいずれかを行います。
•
インスポートしたいベクターが含まれるアーカイブファイ
ルのフルパスを入力する。
•
ネットワークを参照してインポートしたいベクターが含ま
れるアーカイブファイルを検索する場合は、[ 参照 ] を
クリックする。
結果: [ 参照 ] ダイアログボックスが表示されます。
.............................................................................................................................
7 - 12
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターのインポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
...........................................................................................................................................................................
4
ネットワークを検索して、インポートしたいベクターが含まれ
るファイルを見つけます。
...........................................................................................................................................................................
5
ファイルを見つけたら、それをハイライトして、[ 開く ] を
クリックします。
結果: [ アーカイブファイルのインポート ] ウィンドウが表
示され、選択したファイルのパスが表示されます。
...........................................................................................................................................................................
6
[ 次へ ] をクリックします。
結果: [ インポート選択 ] ウィンドウが表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
選択可能な項
能な項目:] ウィン
[ 選択可
ドウお
ドウおよび [ 概要 ] ウィンド
ウの使用
[ 選択可能な項目:] ウィンドウに、インポート可能なすべての
ベクターのリストを表示したり、そのリストにフィルタをかけ
て、ある基準を満たすベクターだけを表示できます。
...........................................................................................................................................................................
1
選択可能なベクターのリストにフィルタをかけるには、[ フィ
ルタ:] テキストボックスに次の任意のパラメータを入力しま
す。
これらのパラメータは、1 ~ 20 文字で構成されます。使用でき
る文字は次のとおりです。
•
英字
•
数字
•
アンダースコア (_)
•
空白
•
コンマ (,)
•
ピリオド (.)
•
プラス記号 (+)
使用できない文字は次のとおりです。
•
円記号 (\)
•
アクセント記号 (`)
•
ティルデ (~)
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 13
ベクターのインポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
•
ダブルクオート (")
•
パイプ記号 (|)
これらのパラメータでは、次に示すパターンマッチング用ワイ
ルドカードを使用できます。
•
疑問符 (?)(厳密に 1 文字)
•
アスタリスク (*)(任意の数の文字、なしも含まれる)。
文字またはワイルドカードが含まれる文字を入力すると、[ 選
択可能な項目(フィルタ後):] リストボックスに表示されるベ
クターを、部分的または完全に入力に一致したものだけに限定
できます。例:
•
*Sales* と入力した場合、Pre-Sales、Sales、および
Sales Split といった名前の選択可能なベクターが表示さ
れます。
•
QFA*1 と入力した場合、QFA1、QFA 201、および
QFASupport01 という名前の選択可能なベクターが表示さ
れます。
...........................................................................................................................................................................
2
次のいずれかの操作を行って、選択可能なベクターのリストに
フィルタをかけて、インポートする 1 つ以上のベクターを選択
します。
•
[ 選択可能な項目:] リストボックスでベクターをハイライ
トしてから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Ctrl キーを押したまま、対象となるベクターを 1 つずつハ
イライトしてから、下向き矢印 ↓ ボタンをクリックする。
•
Shift キーを押したまま、対象となるベクターグループの先
頭と最後をハイライトしてから、下向き矢印 ↓ ボタンを選
択する。
•
下線付きの下向き矢印ボタンをクリックして、[ 選択可能
な項目:] リストボックスにあるすべてのベクターを [ 選択
された項目:] リストボックスに移動する。
これらの逆の操作を行うことによって 1 つ以上のベクターを選
択解除することもできます。例えば、上向き矢印ボタン ↑ をク
リックして、[ 選択された項目:] リストボックスでハイライト
されているベクターを [ 選択可能な項目:] リストボックスに戻
すことができます。
.............................................................................................................................
7 - 14
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
ベクターのインポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
...........................................................................................................................................................................
3
[ 次へ ] をクリックします。
結果: 次のウィンドウが表示されるので、ここから、ベク
ターをインポートする ACD またはメモ帳フォルダを選択で
きます。
...........................................................................................................................................................................
4
マイワールド ディレクトリを参照して、ベクターをエクスポー
トする ACD またはメモ帳フォルダを検索します。
重要 ! サーバーに接続していない場合に、ACD を表示す
るには、サーバーをダブルクリックして、[(サーバーの名
前に)接続 ] ウィンドウに必要な情報を入力する必要があ
ります。
...........................................................................................................................................................................
5
該当するメモ帳フォルダまたは ACD をハイライトします。
...........................................................................................................................................................................
6
次のいずれかを実行します。
•
インポート先のファイルにすでに存在する名前と同じ名前
のベクターをエクスポートしたくない場合は、[ 重複を上
書きしません ] をクリックする。
•
インポート先のファイルにすでに存在する名前と同じ名前
のベクターを上書きする場合は、[ 重複を上書きします ] を
クリックする。
...........................................................................................................................................................................
7
[ 次へ ] をクリックします。
結果: [ ベクターのインポートの概要 ] ウィンドウが表示さ
れます。このウィンドウには、インポート操作を実行するた
めに収集した情報の概要が表示されます。
...........................................................................................................................................................................
8
次のいずれかを実行します。
•
このウィンドウの値を修正する必要がある場合は、[ 戻る ]
をクリックして前のウィンドウに戻る。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
7 - 15
ベクターのインポート
インポート/エクスポートウィザードの使用
•
変更の必要がなければ、[ インポート ] をクリックしてイン
ポート処理を開始する。
結果: インポートが完了すると、メッセージ [ インポートが
完了しました。] が表示され、ACD またはメモ帳にインポー
トしたベクター数が表示されます。
ス
テップ終了
...........................................................................................................................................................................
.............................................................................................................................
7 - 16
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用語集
ACD
「自動呼分配(ACD)
」を参照してください。
Avaya CMS Supervisor
Microsoft Windows オペレーティングシステム対応のコールマネジメント
システム (CMS) クライアントアプリケーション。
CMS
「コールマネージメントシステム(CMS)
」を参照してください。
EAS
「エキスパートエージェントセレクション(EAS)
」を参照してください。
Framework
Visual Vectors ソフトウェアのウィンドウで、ここから Navigator、Vector
Editor、VDN 割当てウィザードなどのツールにアクセスします。この
ウィンドウの [ ファイル ] メニューを使用して、CMS サーバーに接続し
たり、サーバーから切断したりできます。
VDN
「ベクターディレクトリ番号 (VDN)」を参照してください。
VDN コール
コールカウン
カウント
「VDN へのカウント済み呼」や「アクティブ VDN 呼」とも呼ばれます。
G3V4 以降の交換機で利用できるベクター機能の 1 つです。VDN コール
カウントは、
「go to ステップ(go to step)
」コマンドと「go to ベクター
(go to vector)
」コマンドの条件分岐(同じベクターの別のステップか別の
ベクターへ向かう)で使うパラメータです。これは VDN で現時点で処理
中のトランク着信呼数に基づきます。
VDN スキル
スキル設定
1 つの VDN で設定管理される応答エージェントに対して必要とされるか、
またはより好ましいとされるエージェントスキルの優先順位のリストで
す。VDN スキル設定は、呼が特定の能力を持つ ACD エージェントに
ルーティングされる要件を表します。
EAS の場合のみ、最大 3 つのスキルを VDN に割当てることができます。
呼は VDN スキルを使用して、ベクターで設定した選択に応じたルーティ
ングを行います。VDN スキル設定は、ベクター中でそれぞれ「プライマ
リ」
、
「セカンダリ」
、
「3 次」と呼ばれます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用 語 集
GL-1
Visual Vectors クライアン
イアント
CMS に接続した ACD の設定要素を作成したり、修正したりするための
グラフィカル・ユーザー・インタフェースを提供するクライアントソフ
トウェア。
VOA
「オリジナル VDN アナウンス」を参照してください。
アクセ
アクセス許可
ス許可
ユーザーに割当てられた許可。これによって、ユーザーはサーバーの異
なる領域にアクセスしたり、ACD の特定エンティティ(スプリットまた
はスキル、トランクグループ、ベクター、VDN など)を管理したりでき
ます。アクセス許可は、読み取り許可または書き込み許可として指定さ
れます。読み取り許可を与えられたユーザーは、データにアクセスして、
表示できます。書き込み許可を与えられたユーザーは、データを追加、
修正、削除することができるとともに、処理を実行できます。
アクテ
アクティブ VDN 呼
「VDN へのコールカウント」とも呼ばれます。G3V4 以降の交換機で利用
できるベクター機能の 1 つです。VDN へのコールカウントは、
「go to ス
テップ」コマンドや「go to ベクター」コマンドのパラメータです。VDN
がベクターまたはエージェントで処理中の着信トランク呼数に基づいて、
同一ベクター内の別のステップや別のベクターに条件分岐します。
アナウ
アナウンス
通常、発呼者に呼の着信先を知らせる録音されたボイスメッセージを指
します。アナウンスを使って、発呼者に対して応答されるまで電話を切
らずに待つように依頼できます。コールベクター機能を利用する場合は、
アナウンスはベクターの呼処理の一部になることもあります。アナウン
スをベクターに割当てるには、アナウンス番号を入力します。
エージ
エージェント
ェント
ACD スプリット/スキルへの呼に応答する人。エージェントは、電話機
のキーパッドから入力されたログイン ID により、CMS に認識されます。
エージ
エージェント
ェントスキル
スキル
ACD エージェントに関連づけられた属性。エージェントスキルとは、特
別なスキルセットを持ったエージェントがその中の 1 つを必要とする呼
を処理する能力と考えることができます。各エージェントスキルの意味
を定義するのはユーザーです。スキルの例としては、外国語を話せる能
力や特定の製品を扱える専門知識などがあります。
「プライマリスキル」
、
「セカンダリスキル」
、および「スキルレベル」も
参照してください。
............................................................................................................................
用 語 集
GL-2
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
エージ
エージェント
ェントログイ
ログイン ID
ACD エージェントがそのエージェントポジションを有効にするために電
話機から入力する番号。エージェントログインは、CMS が測定するすべ
ての ACD エージェントに必要です。
エキス
エキスパート
パートエージ
エージェント
ェントセレク
セレクション
ション (EAS)
エキスパートエージェントセレクション (EAS) は、交換機のコールベク
ター機能と ACD 機能に基づいて構築された交換機のオプション機能で
す。特定の呼処理に必要なスキルと、発信者が要求するスキルの中の少
なくとも 1 つを持つエージェントとを対応させるものです。ACD キュー
イングと、[ キュー ] コマンドおよび [ チェック ] ベクターコマンドを使
用して、呼処理に必要なスキルを持つエージェントにその呼をルーティ
ングします。EAS 機能が利用できる場合、呼の配信はスキルに基づいて
行われます。
CMS は、スプリットに関するデータを収集するのと同じ方法で、スキル
に関するデータを収集します。
また CMS は、VDN スキル設定ごとの VDN データをレポートします。
これにより、ユーザーが特定のスキルを必要とする各種の呼に関連した
コールセンターの稼動状況を評価できます。CMS は、特定の VDN 中で
特定のスキル設定のキューに入れられた呼に対して、処理された呼の数、
これらの呼がサービスを待った時間、平均通話時間についてレポートし
ます。
エンテ
エンティティ
ィティ
次のいずれかを指す一般用語。アナウンス、スプリット/スキル、トラ
ンクグループ、VDN、またはベクター。Visual Vectors が表示および管理
可能なエンティティには、ベクターと VDN があります。エンティティ名
は、CMS 辞書から取得されます。Visual Vectors を使用してエンティティ
の名前を変更すると、CMS 辞書が変更されます。
オブジ
オブジェクト
ェクト
Navigator ツールを使用して マイワールド オブジェクト用ディレクトリに
表示できる項目。オブジェクトは、他のオブジェクトやエンティティの
コンテナ(VDN フォルダなど)の場合もあれば、管理可能なエンティ
ティ自体(VDN など)の場合もあります。
オリジ
オリジナル VDN アナウン
ナウンス (VOA)
交換機の設定管理を使って VDN に割当てる短いアナウンス機能です。
VOA は、その呼に応答するコールセンターのエージェントに対し、発信
元または目的を識別します。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用 語 集
GL-3
疑似 ACD
以前にバックアップした ACD データを保存するために CMS 上に作成す
る領域。疑似 ACD はアクティブまたは本物の ACD ではないので、交換
機とのやり取りは行いません。
キュー
キュー
呼が受け付けられた順番で応答されるまでロービングする呼の保留領域
です。待ち呼列内の呼の優先順位が異なる場合、優先順位の高い呼が最
初に応答されます。
キュー
キューイング
イング状態
ACD 呼がトランクを占有し、エージェントが応答するまでロービングす
るスプリット/スキルへキューイングされるトランクの状態。
交換機
交換機
音声専用または音声とデータ通信サービスを提供する構内交換機システ
ム。公衆網およびユーザー構内の端末グループ専用網へのアクセスを含
みます。
コール
コールプロン
プロンプティ
プティング機
ング機能
交換機機能の 1 つ。アカウント番号など、発信者から入力された情報
(ディジット)に基づいて着信呼をルーティングします。発信者はアナウ
ンスを聞いて、その中で挙げられたオプションから 1 つを選択するよう
求められます。
コール
コールベクタ
ベクタリング
リング機能
ACD 呼処理の柔軟性を格段に向上させる交換機機能。トランクグループ
とスプリット間の処理点として VDN とベクターを使用します。コールベ
クター機能により、スプリットとは無関係に呼処理を行うことができま
す。コンピュータプログラムと同様に、コールベクターは、コールセン
ター環境で発生する条件に基づいて着信呼のルーティングを制御する命
令のセットです。コールベクターの条件の例として、1 日の時間帯や待ち
呼数などがあります。
コール
コールマネー
マネージメン
ジメントシス
トシステム (CMS)
アバイアの電話交換機/ ECS を使用するビジネスユーザー向けのソフト
ウェア製品。この交換機/ ECS が提供する自動呼分配 (ACD) 機能を通じ
て処理する電話着信が大量になる場合に有効です。CMS は、呼トラッ
フィックデータの収集や管理レポートのフォーマット化を実行し、また
交換機の ACD 機能への管理用のインタフェースを提供します。
サービ
サービス監視
ス監視 - VDN
G3V4 以降の交換機で利用できる機能。これによって電話機のユーザー
は、各 VDN 別の呼処理を監視できます。
............................................................................................................................
用 語 集
GL-4
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
辞書
CMS サブシステムの 1 つ。これを使用して、ログイン ID、スプリットま
たはスキル、トランクグループ、VDN、ベクターなど、コールセンター
の各種の要素に対して名前の割当てができます。これらの名前はレポー
トに表示され、レポートをよりわかりやすくします。
自動呼
自動呼分配 (ACD)
交換機機能の 1 つで、大量の着信呼および発信呼のトラフィックをエー
ジェントグループ(スプリットまたはスキル)に振り分けるソフトウェ
アを使用するもの。また、エージェント状態の 1 つで、内線が ACD 呼を
処理している状態。
「不応答転送」および「連続オートインスプリット」も参照してください。
スキル
スキル
ACD エージェントに割当てられる属性。特定のスキルセットを持つエー
ジェントがその中の 1 つのスキルを必要とする呼を処理できる能力を
エージェントスキルだと考えることができます。また、特定のユーザー
のニーズや要件、または、コールセンターのビジネスニーズと定義する
こともできます。
スキル
スキルハント
ハントグルー
グループ
EAS が使用可能になっていると、呼は特定のスキルハントグループに
ルーティングされます。これらのスキルハントグループは、通常、ユー
ザーのニーズに基づいています。エージェントは通常スキルグループに
割当てられていませんが、エージェントが電話にログインしたときにア
クティブになった特定のスキルに割当てられます。
スキル
スキルレベル
レベル
1(最高)から 16(最低)までの優先順位。エージェントの専門能力レベ
ルや、与えられたスキルの呼を処理する能力を表します。スキルレベル
は、ECS バージョン 5 以降で使用されます。
ステー
ステーション
ション
測定対象外の内線。現在エージェントがログインしていない内線か、測
定対象外のスプリット/スキルまたはハントグループのメンバーです。
スプリ
スプリット
目的別に効率的に呼を受け付ける内線グループ。通常、スプリットあて
の呼は基本的には 1 つまたは複数のトランクグループを介して到着し
ます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用 語 集
GL-5
セカン
セカンダリス
ダリスキル
エージェントに割当てられるスキル。セカンダリスキルは、エージェン
トの知識が専門レベルに達していない分野や、得意ではない分野のスキ
ルです。セカンダリスキルは、EAS を搭載した G3V2 ~ G3V4 で使用し
ます。
「エージェントスキル」および「スキルレベル」も参照してください。
測定対
測定対象
ACD エンティティ(エージェント、スプリット/スキル、トランク、ト
ランクグループ、ベクター、VDN)がデータ収集のために CMS によって
識別されていることを意味する用語。ACD 要素を測定しないと、データ
は収集されません。
通話中
通話中
呼が発信または着信のいずれかでトランクを使用中であるトランクの
状態。
データ
データベース
ベーステーブ
テーブル
CMS は ACD データを収集、保存、および検索するために、これらの
テーブルを使用します。標準的な CMS 項目(データベース項目)は、
CMS データベーステーブル中の列の名前です。
トラン
トランク
2 つの交換機間、局用交換機 (CO) と構内交換機の間、または CO と電話
機間で、呼を搬送する電話回線。
トラン
トランクグル
クグループ
同一のダイヤルデジットを割当てられたトランクのグループ。これらの
デジットは、電話番号またはダイレクトインダイヤル (DID) プレフィッ
クスです。
ノンプ
ノンプライマ
ライマリスプ
リスプリット
リット/スキ
/スキル
呼が複数のスプリットまたはスキルあてにキューイングされる場合、呼
が VDN 内で 2 番目と 3 番目にキューイングするスプリットまたはスキル
をノンプライマリスプリットまたはノンプライマリスキルと呼びます。
また、このスプリットまたはスキルはそれぞれセカンダリスプリットま
たはセカンダリスキル、3 次スプリットまたは 3 次スキルとも呼びます。
ヒスト
ヒストリカル
リカルデータ
データベース
ベース
CMS で測定した各エージェント、スプリット/スキル、トランク、トラ
ンクグループ、ベクター、VDN について、最高 62 日までのイントラア
ワーレコード(ディジット)
、5 年までの日間レコード(ディジット)
、
10 年までの週間および月間レコード(ディジット)を格納します。
............................................................................................................................
用 語 集
GL-6
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
日付フ
日付フォーマ
ォーマット
Supervisor の各レポートに入力する日付の標準フォーマット。
利用できるフォーマットは以下のとおりです。
•
年/月/日(例 : 1993/3/21)
•
今日の日付を基準にした相対日付(例 :「-1」は昨日を意味する)。
数字の範囲も入力できます(例 :「0」から「-7」まで)。
•
セミコロンで区切られた個々のデータ入力項目(例 : 3/23/93;3/25/93.
•
ハイフンで区切られた範囲(例 : 1993/3/21-1993/3/25).
週間レポートで日付を指定する場合、その日付または日付の範囲は、[ シ
ステム設定 ]-[ データ保存インターバル ] ウィンドウで選択された週の開
始日と一致する必要があります。日付と曜日が対応しない場合、
「データ
が見つかりません」というメッセージがステータス行に表示されます。
月の開始日は月の最初の日でなければなりません。
フォル
フォルダ
Navigator ツール内のオブジェクトで、エンティティ(スプリットまたは
スキル、トランクグループ、VDN、ベクターなど)を含むもの。フォル
ダを使用して、ACD の特定タイプのすべてのエンティティをまとめて表
示します。
プライ
プライマリス
マリスキル
エージェントに割当てられるスキル。プライマリスキルとは、エージェ
ントが最も深い専門知識をもつ領域のことです。
「エージェントスキル」も参照してください。
ベクタ
ベクター
ユーザーが定義する方法で呼を処理するステップのリスト。ベクター内
のステップは、呼をスプリットへ送出したり、アナウンスや音楽を再生
したり、呼を切断したり、呼に話中信号を流したり、または呼を他のあ
て先へルーティングしたりできます。呼は VDN によってベクター処理に
入りますが、このベクターは、指定のトランクグループ、他のベクター、
または交換機へ接続されている内線から呼を受信することもあります。
ベクタ
ベクターオブ
ーオブジェク
ジェクト
Visual Vectors アプリケーションにアクセス可能なベクターを意味する用
語。ベクターオブジェクトには、DEFINITY 交換機内のベクター、Visual
Vectors のメモ帳フォルダに保存されたベクター、ベクターファイル内の
ベクターなどがあります。
ベクタ
ベクターコマ
ーコマンド
呼に対して実行すべき操作(キュー、チェック、切断など)を説明する
ベクターステップ。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用 語 集
GL-7
ベクタ
ベクターステ
ーステップ
ベクター内の 1 つの処理ステップ。ベクターステップは、1 つのコマンド
と、1 つ以上の条件またはパラメータで構成されます。これらの条件また
はパラメータについては、Visual Vectors クライアントソフトウェアのス
テップの [ プロパティ ] ウィンドウを参照してください。
ベクタ
ベクターステ
ーステップの
ップの条件
ベクターコマンドに伴う条件で、そのコマンドが呼に適用される状況に
ついて定義します。これらの条件については、Visual Vectors クライアン
トソフトウェアのステップの [ プロパティ ] ウィンドウを参照してくださ
い。
ベクタ
ベクターディ
ーディレクト
レクトリ番号
リ番号 (VDN)
処理する呼をベクターに接続するための内線番号。VDN は、装置の場所
には、割当てられません。ベクターに割当てられます。呼が割当てられ
た自動着信トランクグループを経由して到着した場合、またはダイヤル
リピート専用線 (DID) トランクグループ経由で到着した呼の末尾の数桁
が VDN と一致した場合、その VDN により呼はベクターに接続できます。
交換機に接続された任意の内線から VDN のみをダイヤルして、ベクター
にアクセスできます。
ベクタ
ベクターファ
ーファイル
エクスポート操作によって作成される Windows でアクセス可能なファイ
ル。エクスポートされたベクターファイルには、1 つ以上のベクターオブ
ジェクトを入れることができます。
マイワ
マイワールド
ールド
Visual Vectors Framework で表示および管理できるオブジェクトとエン
ティティの集合。与えられた許可によって、アクセス、編集、または割
当ての対象が異なります。
メモ帳
メモ帳
既定のメモ帳の名前は、交換機または ECS リンクまたは CMS 接続が使用
できない場合にベクターをオフラインで保存するように設計されている
PC 上のコンテナ領域の名前です。Navigator の [ ファイル ] メニューから
[ 新規のメモ帳 ] を選択すると、デフォルトフォルダの下にサブフォルダ
の階層を作成できます。
ユニバ
ユニバーサル
ーサルコール
コール ID (UCID)
UCID をサポートするノードのネットワーク中で呼をユニークに識別する
ID 番号。この番号は、CMS のコールヒストリー機能で使用されるレコー
ドの一部です。
............................................................................................................................
用 語 集
GL-8
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
リアル
リアルタイム
タイムデータ
データベース
ベース
CMS が測定したエージェント、スプリット、トランク、トランクグルー
プ、ベクター、VDN に関する現時点および直前のイントラアワーデータ
で構成されます。
ルック
ルックアヘッ
アヘッドイン
ドインターフ
ターフロー (LAI)
交換機の機能の 1 つで、複数のコールセンター間で呼のロード数の均衡
をとります。LAI はコールベクタリング機能や ISDN PRI トランクととも
に動作し、コールセンター間で呼の高度なルーティングを行います。こ
れによって、複数のコールセンター間で作業量を割り振り、対応時間を
拡大し、異なる時間帯のコールセンターでも呼が違和感なく扱われるよ
うになります。
ログオ
ログオン中の
ン中のエージ
エージェント
ェント
現時点で、交換機にログインしているエージェント。
論理エ
論理エージェ
ージェント
EAS 機能の 1 つ。エージェントのログイン時にそのログイン ID を実際の
内線に関連付けます。登録スキル、制限クラス、カバレッジパスなどの
プロパティは、実際の内線ではなくログイン ID に関連付けられます。こ
れによってエージェントは、空いているどの音声端末(電話機など)か
らでもログインできます。
エージェントに割当てられるワークモードボタンは 1 セットだけです。
スキルごとに 1 セットではありません。これによってエージェントが
ワークモードボタンの操作を容易に理解できるようになります。[MI] ボ
タンまたは [AI] ボタンが点灯すると、エージェントは任意の割当てられ
たスキルの呼に応答可能になります。
論理エージェント機能によって、エージェントへの呼は、各自のログイ
ン ID にダイヤルすることで接続できます。ログイン ID あての呼は、適
切な制限クラスが与えられている場合にはダイレクトエージェント ACD
呼として扱われます。それ以外の場合は、内線呼(パーソナルコール)
として扱われます。呼をダイレクトエージェント呼として扱うと、業務
上の通話とパーソナルコールとを区別できます。
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
用 語 集
GL-9
............................................................................................................................
用 語 集
GL-10
585-210-709JA
第 1 版 2002 年 5 月
索引
A
ACD
管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-6
ベクターの移動 . . . . . . . . . . . . . 5-42
ベクターのコピー . . . . . . . . . . . . 5-42
ベクターの保存 . . . . . . . . . . . . . 5-42
ACD, 単一の
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5
ACD, 複数の
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5
ACD オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . .2-19, 2-25
ACD データ
CMS 辞書 . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
集計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-12
保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .1-12
ACD リンク状況 . . . . . . . . . . . . . . 4-4
[Adjunct Route(アジャンクトルート)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-27
[Agent Activity(エージェント状況)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . .5-22, 5-25
[Announcement(アナウンス)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . .5-16
B
[Busy(話中)] ステップ . . . . . . . . . . 5-20
C
[Caller Info(発呼者情報)] ステップ . . . . 5-20
[Center Info(センター情報)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . .5-21, 5-24
CMS
Visual Vectors とのインタラクション . . 1-10
CMS Supervisor
インタラクション . . . . . . . . . . . . 1-9
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . GL-1
CMS Supervisor ソフトウェア
インタラクション . . . . . . . . . . . . 1-9
CMS オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . .2-18, 2-25
CMS サーバー
新規サーバーの追加 . . . . . . . .
切断 . . . . . . . . . . . . . . . .
ログイン . . . . . . . . . . . . . .
ログインする . . . . . . . . . . .
CMS サーバーソフトウェア
Visual Vectors とのインタラ
クション . . . . . . . . . . . . . .
CMS 辞書
内容 . . . . . . . . . . . . . . . .
[Collect(デジットを取得)] ステップ
[Consider(判断)] ステップ . . . .
.
.
.
.
2-5, 3-5
. . . 3-6
2-4, 3-5
. . . 2-4
. . . 1-10
. . . 1-12
. . . 5-19
. . . 5-18
D
[Disconnect(切断)] ステップ . . . . . . 5-20
F
Framework
ウィンドウの基本的な機能
起動 . . . . . . . . . . . .
使用 . . . . . . . . . . . .
説明 . . . . . . . . . . . .
定義 . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .3-7
. . 3-4
. . 3-2
. . 3-3
. GL-1
G
[Goto Vector(Goto ベクター)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-28
Goto ベクタ
作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-29
H
[Holiday(休日)] ステップ . . . . . . . . 5-23
I
[Intuity Conversant に接続 ] ステップ . . . 5-19
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
索 引
IN-1
M
[Messaging Skill(メッセージングスキル)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-27
[Music(音楽)] ステップ . . . . . . . . . 5-17
N
Navigator
機能 . . . . . . . . . . .
使用 . . . . . . . . . . .
ステータスインジケータ
[Navigator]ウィンドウ
オブジェクト . . . . . .
[Navigator]ウィンドウ . .
Navigator ツール
使用 . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . 4-3
. . . . . . . . . 4-1
. . . . . . . . . 4-4
. . . . . . . . . 4-4
. . . . . . . . . 4-4
. . . . . . . . . 4-1
Q
[Queue Activity(キュー状況)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-22
キュー . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-24
[Queue Unconditional
(無条件キューイング)] ステップ . . . . 5-26
R
[Reply(返信)] ステップ . . . . .
[Ringback(呼び出し)] ステップ .
[Route To Digits(デジットへの
ルーティング)] ステップ . . . .
[Route To Number(番号への
ルーティング)] ステップ . . . .
. . . . 5-18
. . . . 5-17
. . . . 5-27
. . . . 5-26
. . . . . . . . . 5-20
T
[Time Of Day(時刻)] ステップ . . . . . 5-23
[Timed Announcement(時間設定
アナウンス)] ステップ . . . . . . . . . 5-17
V
VDN
割当て . . . . . . . . .
VDN オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . .
VDN のプロパティ
編集 . . . . . . . . . . .
VDN フォルダオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . .
VDN 割当てウィザード
[Welcome] ウィンドウ .
オブジェクト . . . . . .
機能 . . . . . . . . . . .
. . . 6-4
. . . 6-5
. . . 6-9
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 5-5
. 5-3
. 5-5
. 5-4
. 5-29
. 5-39
. 5-31
. 5-36
. 5-34
. . . 1-4
. . . 1-6
. . . 1-3
. . GL-2
. . . 1-4
. . . 1-4
. . . 1-5
. . . 1-3
. . . 1-10
W
[Welcome] ウィンドウ . . . . . . 6-7, 7-7, 7-12
あ
S
[Stop(停止)] ステップ
開く . . . . . . . . . . . . . . . .
ボタン . . . . . . . . . . . . . . .
[ 割当て編集 ] ウィンドウ . . . . .
Vector Editor
ウィンドウのオブジェクト . . . .
機能 . . . . . . . . . . . . . . . .
ステータスインジケータ . . . . . .
開く . . . . . . . . . . . . . . . .
Vector Editor の操作手順 . . . . . . .
アナウンスの再生 . . . . . . . . .
週末呼の切断 . . . . . . . . . . . .
発呼者のルーティング . . . . . . .
呼び出しの選択 . . . . . . . . . .
Visual Vectors
Windows ベースのクライアント
ソフトウェア . . . . . . . . . . .
管理 . . . . . . . . . . . . . . . .
説明 . . . . . . . . . . . . . . . .
Visual Vectors クライアント
定義 . . . . . . . . . . . . . . . .
Visual Vectors サーバー
サポートするハードウェア
プラットフォーム . . . . . . . .
必要なソフトウェア . . . . . . . .
Visual Vectors サーバーソフトウェア
サポートする交換機 . . . . . . . .
Visual Vectors ソフトウェア
説明 . . . . . . . . . . . . . . . .
Visual Vectors のインタラクション
CMS . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . 6-7
. . . . . 2-22, 2-29
. . . . . . . . . 6-9
. . . . . 2-21, 2-29
. . . . . . . . . 6-5
. . . . . . . . . 6-5
. . . . . . . . . 6-3
アーカイブファイル
選択 , インポート . . . . . . . . . . . . 7-13
アーカイブファイル , エクスポート
選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-10
アーカイブファイルのインポート
選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-13
重複を上書きする . . . . . . . . . . . . 7-15
[ アーカイブファイルのインポート ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . .7-12
アーカイブファイルのエクスポート
選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-10
[ アーカイブファイルのエクスポート ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . 7-9
アクセス
ベクター . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-7
アクセス許可
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . GL-2
アナウンスオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-19, 2-26
アナウンスフォルダオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-19, 2-26
............................................................................................................................
索 引
IN-2
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
[ 印刷 ] ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . 5-10
インポート/エクスポートウィザード
[Welcome] ウィンドウ . . . . . . . . . . 7-5
[ アーカイブファイルのインポート ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . .7-12
[ アーカイブファイルのエクスポート ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . 7-9
オブジェクト . . . . . . . . . . . . . . . 7-5
機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-3
開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-4
ベクターのエクスポート . . . . . . . . . 7-7
ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-5
ウィンドウ
Framework . . . . . . . . . . . . . . . . 3-7
Navigator . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4
VDN 割り当てウィザード . . . . . . . . 6-8
VDN 割当てウィザード . . . . .6-7, 6-8, 6-9
[ 印刷 ] . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-10
インポート/エクスポート
ウィザード . . . . . . . . . . 7-7, 7-8, 7-13
ウィンドウの制御 . . . . . . . .3-7, 6-5, 7-5
[ 拡縮を指定した印刷 ] . . . . . . . . . . 5-10
ステータスバー . . . . . . . . . . . . . 3-8
ツールバー . . . . . . . . . . . . . . . . 3-7
入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-8
入力ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . 5-15
[開きたいベクターの選択] . . . . . . . 5-8
ベクターのインポート . . . . . . . . . . 7-12
[ ベクターのインポートの概要 ] . . . . . 7-15
[ ベクターのエクスポートの概要 ] . . . . 7-11
[ベクター名を付けて保存] . . . . . . . 5-9
ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . 6-5, 7-5
メニューバー . . . . . . . . . . . . . . . 3-8
[ ウィンドウ ] メニュー . . . . . . . . . . . 3-9
ウィンドウ
インポート/エクスポート
ウィザード . . . . . . . . . . . . . . .7-12
エンティティ
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . GL-3
オブジェクト
Navigator . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4
一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-17
削除 . . . . . . . . . . . . . . . .2-11, 2-12
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2-17
選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-8
追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9
追加および削除 . . . . . . . . . . . . . 2-7
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . GL-3
名前の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13
プロパティ . . . . . . . . . . . . . . . . 2-23
プロパティの変更 . . . . . . . . . . . . 2-15
マイワールド . . . . . . . . . . . .2-16, 2-24
オブジェクト指向 . . . . . . . . . . . . . . 2-3
オブジェクトの追加 . . . . . . . . . . . . 2-9
か
[ 拡縮を指定した印刷 ] ウィンドウ
機能
VDN 割当てウィザード . . . . .
Vector Editor . . . . . . . . . . .
インポート/エクスポート
ウィザード . . . . . . . . . . .
マイワールド . . . . . . . . . .
クライアントコンピュータ
必要最小限の構成 . . . . . . . .
現在のステップ
表示されている . . . . . . . . .
保存されている . . . . . . . . .
交換機 , サポートする . . . . . . .
コールベクタリング
説明 . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . 5-10
. . . . .6-3
. . . . . 5-3
. . . . . 7-3
. . . . . 2-3
. . . . . 1-4
. . . . . 5-5
. . . . . 5-5
. . . . .1-5
. . . . . 1-7
さ
削除
オブジェクト . . . . . . . . . . . . . . 2-11
システム管理
前提条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-14
集計
ACD データ . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
スキル設定
[複数のオブジェクトのプロパティ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . 6-10
ステータスインジケータ . . . . . . . . . . .4-4
Vector Editor . . . . . . . . . . . . . . . . 5-5
ステータスメッセージ . . . . . . . . . . . . 4-4
ステップ
Vector Editor . . . . . . . . . . . . . . . 5-13
スプリット/スキルオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-20, 2-27
スプリット/スキルフォルダ オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-19, 2-27
切断
CMS サーバー . . . . . . . . . . . . . . . 3-6
選択可能な VDN のリスト
フィルタリング . . . . . . . . . . . . . . 6-8
[選択可能な項目]ウィンドウ . . 6-8, 7-8, 7-13
操作手順
Vector Editor . . . . . . . . . . . . . . . 5-29
た
単一オブジェクト
プロパティの変更 . . . . . . .
[ツール]メニュー . . . . . . . .
テクニカルサポート , 情報の入手
データベース
エントリの削除 . . . . . . . .
エントリの名前の変更 . . . .
ドキュメント
注文 . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメントの注文 . . . . . . .
. . . . . 2-15
. . . . . . 3-8
. . . . . 1-15
. . . . . 2-12
. . . . . 2-13
. . . . . . x
. . . . . . x
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
索 引
IN-3
トランクグループオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-20, 2-28
トランクグループフォルダ オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-20, 2-27
な
入力ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . 5-15
入力ウィンドウの機能 . . . . . . . . . . . . 2-8
は
パレット
ベクターステップ . . . . . . . . . . . 5-13
ヒストリカルデータベース
集計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
[開きたいベクターの選択]ウィンドウ . . . 5-8
[ ファイル ] メニュー . . . . . . . . . . . . 3-8
フィルタリング
選択可能な VDN のリスト . . . . . . . . 6-8
ベクター . . . . . . . . . . . . . . 7-8, 7-13
フォルダ
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . GL-7
[複数のオブジェクトのプロパティ]
ウィンドウ
スキル設定 . . . . . . . . . . . . . . . 6-10
ベクター ID . . . . . . . . . . . . . . . 6-10
プロパティ
CMS データベース . . . . . . . . 2-11, 2-13
オブジェクト . . . . . . . . . . . . . . 2-23
[ プロパティ ] ウィンドウ
[Adjunct Route(アジャンクト
ルート)] ステップ . . . . . . . . . . 5-27
[Agent Activity(エージェント
状況)] ステップ . . . . . . . . 5-22, 5-25
[Announcement(アナウンス)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . 5-16
[Busy(話中)] ステップ . . . . . . . . 5-20
[Center Info(センター情報)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . 5-21, 5-24
[Collect(デジットを取得)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . 5-19
[Consider(判断)] ステップ . . . . . . 5-18
[Disconnect(切断)] ステップ . . . . . 5-20
[Goto Vector(Goto ベクター)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . . . . 5-28
[Holiday(休日)] ステップ . . . . . . 5-23
[Intuity Conversant に接続 ] ステップ . 5-19
[Messaging Skill(メッセージング
スキル)] ステップ . . . . . . . . . . 5-27
[Music(音楽)] ステップ . . . . . . . 5-17
[Queue Activity(キュー状況)]
ステップ . . . . . . . . . . . . . 5-24, 5-22
[Queue Unconditional(無条件
キューイング)] ステップ . . . . . . 5-26
[Reply(返信)] ステップ . . . . . . . 5-18
[Ringback(呼び出し)] ステップ . . . . 5-17
[Route To Digits(デジットへの
ルーティング)] ステップ . . . . . . . 5-27
[Route To Number(番号への
ルーティング)] ステップ . . . . . . . 5-26
[Stop(停止)] ステップ . . . . . . . . . 5-20
[Time Of Day(時刻)] ステップ . . . . 5-23
[Timed Announcement(時間設定
アナウンス)] ステップ . . . . . . . . 5-17
[ 無音(Silence)] ステップ . . . . . . . 5-17
ベクター
VDN の割当て . . . . . . . . . . . . . . 6-3
アクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-7
インポートおよびエクスポート . . . . . 7-3
作成 . . . . . . . . . . . . . . . . 5-3, 5-29
フィルタリング . . . . . . . . . . 7-8, 7-13
編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-3
ベクター ID
[複数のオブジェクトのプロパティ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . 6-10
ベクターフォルダ オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-20
ベクターオブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . 2-21, 2-28
ベクターステップ
パレット . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-13
ベクターの移動
ACD . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-42
[ ベクターのインポートの概要 ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . .7-15
ベクターのエクスポート . . . . . . . . . . 7-7
[ ベクターのエクスポートの概要 ]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . .7-11
ベクターのコピー
ACD . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-42
ベクターの保存
ACD . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-42
ベクターフォルダ オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-28
[ベクター名を付けて保存]
ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . 5-9
[ヘルプ]メニュー . . . . . . . . . . . . . 3-10
変更
単一オブジェクトのプロパティ . . . . . 2-15
編集
VDN のプロパティ . . . . . . . . . . . . 6-9
保存
ACD データ . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
ま
マイワールド
オブジェクト . . . . . . .
オブジェクトの定義 . . .
機能 . . . . . . . . . . .
セットアップ . . . . . . .
マイワールド オブジェクト
説明 . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.2-16, 2-17
. . . . 2-17
. . . . 2-3
. . . . 2-1
. . . . . . . . 2-24
............................................................................................................................
索 引
IN-4
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
メッセージ
ステータス . . . .
メニュー
[ ウィンドウ ] . .
[ ツール ] . . . . .
[ ファイル ] . . . .
[ ヘルプ ] . . . . .
メモ帳オブジェクト
説明 . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . 4-4
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 3-9
. 3-8
. 3-8
. 3-10
. . . . . . . . .2-25, 2-18
や
ユーザーインタフェース
Framework . . . . . .
Navigator . . . . . . .
Navigator ツール . . .
Visual Vectors . . . .
ユーザー許可 . . . . . .
読み取り/書き込み許可
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 3-2
. 4-1
. 4-1
. 5-3
. 1-13
. 1-13
ら
リアルタイムデータベース
集計 . . . . . . . . . .
保存 . . . . . . . . . .
ログイン
既存のサーバー . . . .
新規サーバー . . . . . .
ログイン状況 . . . . . . .
. . . . . . . . .1-12
. . . . . . . . .1-12
. . . . . . . 2-4, 3-5
. . . . . . . 2-5, 3-5
. . . . . . . . . 4-4
わ
割り当て
VDN . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-7
[ 割当て編集 ] ウィンドウ . . . . . . . . . . 6-9
[ 無音(Silence)] ステップ . . . . . . . . 5-17
.............................................................................................................................
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
索 引
IN-5
............................................................................................................................
索 引
IN-6
585-210-709JA
第 3 版 2002 年 5 月
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
8
File Size
1 405 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content