close

Enter

Log in using OpenID

応募状況 - 市民社会創造ファンド

embedDownload
「ダイワSRIファンド」助成プログラム2008
応 募 状 況
2008年の公募は、2007年10月9日から約1ヶ月間にわたり、主にインターネットを通じて行った。その結果全国より44件(新規41
件、継続3件)の応募があった。
●応募の状況(新規助成)
(支援対象分野)
応募の多い支援対象分野は、障害者、外国籍住民、ひきこもり・不登校・ニートなどで、昨年と同様の傾向であったが、今年は多
重債務・自殺防止分野からの応募が目立った。またDV被害者支援の活動は減少した。
(団体の状況)
①常勤スタッフ数 事務局の常勤スタッフ数(有給で週3日以上勤務)は小規模な団体が多く、0~1人で約2割、2~3人で4割
であった。昨年と比べて10人を超える団体からの応募が減った。
②事業規模
前年度の支出総額からみた事業規模は、500万円未満が37%、1,000~3,000万円が17%、3,000~5,000
万円が12%であった。
③活動年数
活動年数は、団体設立後6~10年が最も多く約4割で、3~5年が約3割であった。(3年未満は本プログラム
対象外)
④所在地域
団体の所在地は、全国公募ではあるが偏りが見られ、大都市圏に集中している。関東地域で約半数(うち
東京都24%)、近畿地域で約1/4(大阪府10%、兵庫県10%)であった。
①常勤スタッフ数
②事業規模
その他
10%
10人以上
2%
8~9人
12%
1億円以上
2%
5,000万円以
上~1億円
5%
3,000万円以
上~5,000万
円未満
12%
1,000万円以
上~3,000万
円未満
17%
0~1人
22%
6~7人
7%
2~3人
37%
4~5人
10%
無記入
5%
100万円未満
12%
100万円以上
~500万円未
満
25%
500万円以上
~1,000万円
未満
22%
③活動年数
16~20年
7%
20年以降
10%
1~2年
7%
11~15年
5%
3~5年
32%
6~10年
39%
④所在地域
19
20
18
16
14
12
件
数 10
8
6
4
2
0
10
1
縄
沖
州
九
国
0
四
国
中
畿
近
東
海
0
信
越
・北
陸
東
0
関
北
4
3
2
東
北
海
道
2
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
1/2
「ダイワSRIファンド」助成プログラム2008
応募状況
「ダイワSRIファンド」助成プログラム2008
(スタッフと組織の育成方法)
スタッフの育成方法は、組織内部におけるOJTや外部講師を招いた研修と、外部を活用した講習会・研修会、他団体の見学・研
修、資格取得などが多かった。
また、組織としてのフォロー方法は、本プログラムで実施条件としているスーパーバイザーの設置と定期レポート以外に、研修担
当者の配置と研修時のバックアップ調整、定期会議による情報共有などが採用されている。
さらに雇用環境の整備面では、ボランティアやアルバイトスタッフの正職員化、社会保険の加入や充実などがあり、育成の取り組
み全体としては、これらを組み合わせた方法が採られている。
スタッフの専門性の向上
1.組織内部の取り組み
・OJT
-通常業務
-講座開発
-教育プログラムの開発
-支援プログラムの開発
-インタビュー
-広報物の作成
・研修
-外部専門家による研修
・業務の見直し
-マニュアル作成
・調査
-事例研究
-海外現地調査
・報告会
など
2.外部の活用
・講習会・研修会
・シンポジウム
・学会
・他団体の見学・研修
・海外視察・研修
・資格取得
・論文作成
組織によるフォロー
1)人の配置
・スーパーバイザー★
・研修担当者
・理事による指導
・非常勤スタッフによるサポート
・研修時の人員調整
・業務の専任化
2)進行状況確認とフォロー
・定期打合せ
3)研修の場の設定
・講師の確保
・外部研修先の設定
4)ネットワークの紹介
5)内部の情報共有
・定期会議
・学習会
・スタッフ間の相互指導
など
6)報告・発表の場の設定
・定期レポート★
7)コスト負担
・研修時間の確保
・研修経費の負担
8)その他
-カウンセリング
など
雇用環境の整備
・雇用
・社会保険の加入◎
・報酬
など
*本プログラムでは★印を実施条件として、◎印を実施要件としてあらかじめ採用している。
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド
2/2
「ダイワSRIファンド」助成プログラム2008
応募状況
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
162 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content