close

Enter

Log in using OpenID

第 10 回一点持寄り座談会 第 293 回(2 月)例会

embedDownload
第 293 回(2 月)例会
第
10 回一点持寄り座談会
2014年2月23日 ( 日 )
参加者:会員他ゲスト6名
場所:TS4312
< 澤登丈夫 >
作家 田端麻子 題「犬」
昨年も一点持ち寄りでは、田端さんを出している。2年続きとなってしまった。
友人が、「これを引き取ってほしい」と持ってきたのが、この田端さんの作品で、
ひと目見るなり、良いなと思い、言い値で入手した。
持ってきた友人は、箱無しで題名は解らないと云うことだった。
その後、偶々、麻子さんが、 TS 4312に来たので、聞いてみた。彼女は、家に
帰って確認してみますと。数日ほど経って、一通のハガキが来た。それがこのハガ
キである。なんとこの作品の版画で、万年筆で2000年制作の「犬」です、とあ
る。結局は彼女からハガキの証書が来たわけで、一緒に大切に保管している。
彼女のフアンでもある丹さんは、田端さんに直接聞いた話として、「彼女は、気に入っ
た作品については、自製の額を黒くし、縁に金色を入れる、と云っていた、この作品は
額が金色で、彼女としては、相当気に入った作品。昨年私がマイコレに出品したのも、
金縁です。」と。
彼女の作品は、いつも何か、不思議な雰囲気を持っている。まるで、あの世と接してい
るようである。この奇妙な雰囲気が私は好きである。これからもいいものに出会えれば、
買いたい作家である。
< 泉ユキヲ
presents 外田千賀(そとだ・ちか) >
「かわい子ちゃん」ということばは、すっかり死語になってしまった。いまは
「キュートなギャル」という。でもね、外田千賀さんが描いた小品「であい」の
彼女は、まぎれもなく「かわい子ちゃん」です。軽快な薄緑色のブラウスに白い
ホットパンツ。
そうなんです。こんな彼女と仲よくできたらいいな! と胸をときめかせなが
ら上京してきたわたしでした。もちろんムリでした。だから、せめてこの絵で
「かわい子ちゃん」への あこがれを いやすしかないのです。
「であい」に出会ったのは平成 25 年 9 月 17 日、銀座二丁目のスパンアート
1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
238 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content