close

Enter

Log in using OpenID

ここテキストより

embedDownload
当 事 者 の 手 記 ( こ こ テ キ ス ト よ り ) ★ L さ ん 夫 ( 3 2 歳 / 原 因 不 明 無 精 子 症 / 実 父 6 1 歳 / E T 2 回 目 妊 娠 ) 「子どもには色々と悩みを持たせたりするかも
しれないけれど、それを補ってあまりある楽し
い 家 庭 を 築 け ば よ い の で は な い だ ろ う か 」 も う す ぐ 娘 が 9 ヶ 月 に な る 。元 気 に 育 っ て く れ て い る 様
子 に い つ も 嬉 し く あ る と と も に 神 秘 的 な 気 持 ち に な る 。 私 は 、 19歳 の 時 、 無 精 子 症 で あ り 治 療 は 不 可 能 で あ る と
診 断 さ れ た 。思 春 期 に 、男 子 の 猥 談 に う ま く 付 い て い け な
か っ た の だ が 、本 来 男 性 に 現 れ る 射 精 が 私 に は な か っ た か
ら だ と い う こ と を そ の 時 知 っ た 。 そ れ 以 降 、自 分 が 男 性 と し て 不 完 全 で あ る こ と に 自 信 を
失 い 、特 に 女 性 と 面 と 向 き 合 っ て お 付 き 合 い す る こ と は と
て も で き る 心 境 で は な か っ た 。い つ も ど こ か 自 分 に 自 信 が
な く ネ ガ テ ィ ブ な 心 持 ち に な る 日 々 だ っ た 。 私はもともと親類に小さい子が多い環境で育ったので、
子 ど も は と て も 好 き だ っ た 。し か し 、無 精 子 症 で あ る 私 に
は 自 分 の 血 を 受 け 継 い だ 子 ど も が で き な い こ と を 知 り 、何
年 も か か っ て 、な ん と か そ の 事 実 を 受 け 止 め る こ と が で き
た 。 折 し も 、マ ス メ デ ィ ア で は 、向 井 亜 紀 さ ん の 代 理 出 産 の
報 道 が な さ れ て い た こ ろ だ っ た 。ど こ か 批 判 じ み た 眼 差 し
も 彼 女 に 寄 せ ら れ て い た よ う な 印 象 を も っ て い た が 、生 殖
機 能 の 不 全 と い う (私 か ら 見 れ ば 誰 に で も お き う る )疾 患
を有する人が子どもを持ちたいという思いをもつことは
共 感 し た し 、ま た 、彼 女 の 決 断 力 と 行 動 力 は 真 似 で き な い
と 思 っ た し 、ま た 、批 判 的 眼 差 し に 対 し て は 、「 血 を 分 け
た 」家 族 と い う 牧 歌 的 な 家 族 観 が コ チ コ チ に 固 ま っ て 浸 透
している日本の社会の一面を垣間みた気がするとともに、
このような価値観に無批判に依拠してマイノリティを攻
撃 す る メ ン タ リ テ ィ に 対 し て 嫌 悪 感 も 持 っ た 。例 え ば 、ア
メ リ カ の 芸 能 人 の ゴ シ ッ プ 報 道 を み て い て も 、国 籍 す ら 問
わ な い 養 子 も あ ま り 抵 抗 感 が な い よ う で も あ り 、ず い ぶ ん
お お ら か な 価 値 観 が 浸 透 し て い る 国 も あ る よ う に み え る 。 こ の よ う に 、 私 の 20代 は 、 い つ も ど こ か ぽ っ か り と 穴 が
空 い て い て 、気 持 ち が 満 ち な い 日 々 だ っ た け れ ど も 、自 分
自 身 が 本 当 に 満 足 で き る も の を 求 め て 、哲 学 や 政 治 思 想 な
ど の 伝 統 的 な 西 欧 の 学 問 や 、ア ー ト や 音 楽 の 深 い 世 界 な ど 、
世の中にある本当によいものに対して強い好奇心をもつ
こ と が で き 、ま た 、何 度 も バ ッ ク パ ッ ク 旅 行 を し て 世 界 の
若 者 と 国 際 交 流 を す る こ と も で き 、充 実 し た 日 々 だ っ た と
思 う 。 よ い 友 人 や 恩 師 に も め ぐ ま れ た 。「 人 間 万 事 塞 翁 が
馬 」 と い う 言 葉 が い つ も 頭 に 浮 か ん で い た 。 妻 に は 、結 婚 を 決 め る に 先 立 っ て 、私 が 無 精 子 症 で あ る
こ と も 理 解 し て も ら っ た 。子 ど も は で き な く て も 楽 し い 夫
婦 生 活 に な る よ う に す る 心 意 気 は あ っ た も の の 、こ の 事 実
自体を彼女が受け入れて結婚を決めてくれたことは本当
に 嬉 し か っ た 。 結 婚 の 時 点 で 、私 は 子 ど も を 持 つ こ と を 完 全 に 諦 め て い
た 。で も 、彼 女 は 、何 か 方 法 が な い か 一 生 懸 命 探 し て い た 。
生殖医療の歴史がある都内の某大学の先生に色々と相談
に行ったり、都内の某医院に相談に行くなどした。私は、
彼 女 の 熱 意 に お さ れ る よ う に 相 談 に 同 行 し て い た が 、あ ま
り気が進まないというのが正直な気持ちだったように思
う 。 私 は 、子 ど も の な い 人 生 を 2 0 代 い っ ぱ い か け て 受 け 入 れ
て し ま っ て い た し 、 ま た 、 生 活 上 の 父 親 と 違 う 精 子 を DNA
に持つことを子どもが知った時子どもは受け入れること
が で き る の だ ろ う か 、自 分 が 苦 し ん だ こ と の な い 苦 し み を
抱 え さ せ る よ う で 、他 者 か ら 精 子 の 提 供 を 受 け る 生 殖 医 療
に は 消 極 的 だ っ た 。さ ら に 、都 内 の 病 院 で 唯 一 選 ぶ 事 が で
き る 生 殖 医 療 が 、匿 名 者 か ら の 精 子 提 供 と い う 不 自 然 な 治
療 方 法 だ け と い う 状 況 で 、状 況 の 困 難 さ も ま た 、そ う さ せ
る 要 因 だ っ た と 思 う 。彼 女 の 熱 意 に は 応 じ よ う と 思 っ た け
れ ど も 、そ れ は 、彼 女 も 諦 め が つ く ま で 、で き る 限 り の こ
と を し よ う と い う 、 い か に も 消 極 的 な 心 持 ち だ っ た 。 一方、彼女は、熱心に色々と調べていた。困難に直面す
るたびにその熱意はより熱を帯びていったように見えた。
彼 女 が 熱 意 を 持 て ば 持 つ ほ ど 、諦 め き っ て い る 私 と で 、し
ば し ば 衝 突 も 起 こ っ た 。そ ん な な か 、彼 女 が 、諏 訪 マ タ ニ
テ ィ ー ク リ ニ ッ ク の こ と を 教 え て く れ た 。彼 女 は 、私 の 父
親の精子提供による生殖医療をやって頂けるクリニック
を 見 つ け た 事 に 大 変 喜 ん で い た 。こ の 時 、私 の 反 応 が 今 ひ
と つ だ っ た よ う で 、い つ も 以 上 に 、ぶ つ か り あ い に な っ た
の で 、 こ の 時 の 彼 女 の 喜 ぶ 姿 は 本 当 に よ く 覚 え て い る 。 こ の 頃 に は 、夫 婦 感 の 気 持 ち の ギ ャ ッ プ に も 少 し 変 化 が
出 始 め て い た と 思 う 。彼 女 や 私 の 姉 妹 が 子 ど も を 生 ん で い
て 、子 ど も を 持 つ 事 が と て も 身 近 に な っ て い た し 、新 婚 旅
行先で子どもと出会った時にも彼女も私も出会った子ど
も た ち を 可 愛 が る 機 会 が 多 く 、そ ん な 様 子 を 見 て い て 、自
分 た ち に 子 ど も が 生 ま れ た ら 、彼 女 は 子 ど も の 面 倒 を よ く
見 る よ い 母 親 に な る だ ろ う と 思 っ た し 、彼 女 も 私 を み て そ
う( 面 倒 見 の よ い 父 親 に な り そ う と )思 っ た み た い だ っ た 。 諏訪マタニティークリニックの医療方針はお話を聞く
ご と に 、強 い 賛 同 を 覚 え る も の だ っ た 。考 え て み れ ば 、不
妊 の 男 性 が い る 場 合 に 、そ の 父 親 や 兄 弟 か ら の 精 子 提 供 を
受 け た 生 殖 医 療 を 行 う と い う の は 、( 難 し い 問 題 を 慎 重 に
ク リ ア す る こ と は 当 然 の 前 提 と し て )一 番 素 直 で 自 然 な こ
と だ と 思 う 。家 族 間 の 人 間 関 係 に 微 妙 な ね じ れ を 生 じ さ せ
る こ と で 生 じ る 問 題 に つ い て は 、公 の 機 関 が 一 律 に ル ー ル
を 作 っ て 硬 直 的 に 運 用 す る の で な く( そ の 結 果 、先 に も 書
いたような保守的な価値観が硬直化するだけの結果とな
っ て い る わ け で )、真 に 自 立 し た 大 人 同 士 が 、自 分 の 自 由
で 独 立 し た 意 志 の も と 、精 子 の 提 供 を 受 け る こ と を 、プ ロ
フ ェ ッ シ ョ ナ ル か ら の 十 分 な ア ド バ イ ス の も と 、何 度 も 話
し 合 い を 重 ね て 、結 論 に 達 し た の で あ れ ば 、そ の 意 志 を 尊
重 し て 生 殖 医 療 を 行 う と い う の は 、私 の 価 値 観 に と て も 合
致 す る も の だ っ た 。 そ の 後 、両 親 と 妻 と も 何 度 も 話 し 合 い を し た 。子 ど も へ
の 告 知 の こ と も 話 し 合 っ た 。た だ 、結 局 は 、妻 と 子 ど も と
私 と で 、子 ど も が 充 実 感 を 持 ち 、帰 っ て き た い と い つ も 思
うような温かい家庭を築くことが大事なんじゃないかと
い う 素 朴 な 結 論 に 至 っ た 。子 ど も に は 色 々 と 悩 み を 持 た せ
た り す る か も し れ な い け れ ど 、そ れ を 補 っ て あ ま り あ る 楽
し い 家 庭 を 築 け ば よ い の で は な い だ ろ う か 。 私 た ち は 、諏 訪 マ タ ニ テ ィ ー ク リ ニ ッ ク で の 医 療 を 受 け る
こ と に し た 。こ れ ま で と 色 々 と 書 い て き た が 、大 変 な の は
こ こ か ら だ っ た 。私 た ち は 東 京 の 二 十 三 区 に 住 ん で い る が 、
(患者さんのなかでは通院の便がよい方ではあるものの)
片 道 3 時 間 の 通 院 が 必 要 で あ り 、ま た 、採 卵 の た め の 投 薬
や 注 射 を 続 け る こ と 、し か も 、必 ず 子 ど も を 授 か れ る と い
う 保 証 が な い な か で 辛 い 医 療 を 続 け る こ と は 、精 神 力 が 要
求 さ れ る こ と だ と 感 じ た 。 最 初 の 挑 戦 は 残 念 な が ら う ま く い か な か っ た も の の 、幸
運なことに二度目の挑戦で我が子を授かることができた。
諏訪マタニティークリニックをみつけてくるまでの熱意、
忍 耐 強 く 投 薬・注 射 と 通 院 を 続 け る 姿 に 、本 当 に 頭 が 下 が
る 思 い だ っ た 。 子 ど も は 授 か り も の と は よ く 言 っ た も の だ と 思 う 。た だ 、
妻 の 奮 闘 、両 親 の 協 力 、そ し て 何 よ り こ の よ う な 治 療 の 道
を開いて頂いた諏訪マタニティークリニックがなければ、
授 か る こ と は で き な か っ た 。私 が 失 礼 を 働 い て し ま う こ と
も 多 い 中 、す ば ら し い 治 療 と 対 応 を し て 頂 け た 事 、本 当 に
あ り が た く 思 う 次 第 で あ る 。こ の 感 謝 の 念 を 、我 が 子 へ の
愛 情 と し て 注 い で い け た ら と 思 う 。 ★ L さ ん 妻 カ ウ ン セ ラ ー さ ん と の 電 話 の 後 、心 の 中 は 挑 戦 で き る 嬉
し
さ と 緊 張 が 入 り 交 じ っ た 。そ れ か ら 夫 と 両 家 の 親 と で 子
「息子に精子を提供する事への思いや家族とは
ど も に つ い て の 話 し 合 い を 何 度 も 重 ね た 。息 子 に 精 子 を 提
何かを地方から東京に来る度に、紙に書きとめ
供 す る 事 へ の 思 い や 家 族 と は 何 か な ど 、地 方 か ら 東 京 に 来
て渡してくれた義父や義母の思いに感謝で一杯
る度に自分の考えを紙に書きとめてきて下さった義父や
義 母 の 思 い に は た だ た だ 頭 が 下 が り 感 謝 で 一 杯 だ っ た 。ま
だ っ た 」 た 、夫 婦 の 間 で は 、時 に 気 ま ず か っ た り 言 い 合 い を し な が
ら も 、感 じ て い る こ と を な る べ く 溜 め 込 ま ず に 伝 え る よ う
忘 れ も し な い ○ 年 前 の ○ 月 。 諏 訪 マ タ ニ テ ィ ー ク リ ニ ッ
に し た 。 クに初めて電話をし非配偶者間体外受精の問い合わせを
し か し 、そ う い っ た 心 強 い 家 族 の 協 力 や 理 解 の あ る 環 境
し た 。電 話 先 の カ ウ ン セ ラ ー さ ん か ら「 当 院 で で き ま す よ 。
の
中 で も 実 現 ま で に は 自 分 な り の 強 い 葛 藤 が あ っ た 。子 ど
よ く 電 話 を し て き て く れ ま し た ね 」と 言 わ れ た 時 、こ れ ま
もが欲しいという気持ちと相反して頭の中を色々な事が
でいっぱいいっぱいだった気持ちが溢れ出して電話口で
巡 る 。本 当 に こ の よ う な 事 を し て よ い の か ? も し 自 分 が 生
大 泣 き し て し ま っ た 。私 の 場 合 は 、夫 と 結 婚 す る 前 か ら 通
まれてきた子どもでこの事実を知った時どう感じるの
常の方法で子どもを作ることがおおかた不可能なことは
か?もし障害を持って生まれたら?夫は生まれてきた子
分 か っ て い た 。( 夫 が 子 ど も 時 代 の 病 気 が 原 因 で 無 精 子 で
を 自 分 の 子 と 思 っ て 愛 せ る の か 。家 族 が 欲 し い 、命 を 育 み
は な い か ? と い う 状 況 で )そ れ で も 子 ど も が 欲 し い と い う
たいという気持ちは同じなのにどうしてこんなにも普通
思 い を 諦 め き れ ず 、結 婚 を 機 に 子 ど も を つ く る 為 に で き る
の 妊 娠 と 感 覚 が 違 う の か ? 。 だ け の 事 を し て み よ う と い う 話 を し て い た 。 そんな胸中をいつもカウンセラーさんに聴いて頂いた。
結 婚 後 、病 院 で 夫 が 再 検 査 を 受 け や は り 精 子 が 見 当 た ら
そ
し て 先 生 、方 と 面 談 し 、だ ん だ ん に 命 に つ い て の 自 分 な
な い と 分 か り 、さ て 残 さ れ た 選 択 肢 は 第 三 者 の 精 子 を 頂 く 、
り の 考 え が 出 来 て き た 。そ れ は 、命 と は 、受 精 → 細 胞 分 裂
義 父 の 精 子 を 頂 く 、養 子 を 持 つ 、子 ど も を 持 た な い と い う
→ 誕 生 、た だ そ れ だ け で は な い と い う こ と 。言 っ て し ま え
こ の 4つ だ っ た 。 そ の 中 で 自 分 と 夫 、 家 族 が 一 番 納 得 で き
ば 当 た り 前 な こ と か も し れ な い が 、当 た り 前 で 、一 番 大 切
る方法は夫と血の繋がりのある義父の精子を頂くという
な 事 と 感 じ て い る 。有 り 難 い 事 に 2 回 目 の 体 外 受 精 が 成 功
方 法 だ っ た 。し か し そ う 決 め て か ら 様 々 な 病 院 に 問 い 合 わ
し 、今 こ の 手 に 抱 い て い る 子 が ど れ だ け の 人 の 思 い と 協 力
せ 、カ ウ ン セ リ ン グ も 何 度 と 受 け た の だ が そ の 方 法 で 受 け
で 誕 生 し た か 分 か ら な い 。そ う や っ て 非 配 偶 者 間 の 体 外 受
入れてくれる病院はなかった。第三者が可能なのだから、
精 で で き た 子 も 、自 然 に で き た 子 も も ち ろ ん 同 じ く 大 切 な
親族間での方法はもちろんどこかの病院で受け入れても
命。命の重さとは、親、家族、友人や周りの人がその人を
ら え る と 思 い 込 ん で い た 私 は 、日 本 で ダ メ な ら 海 外 か な ど
大 切 に す る 思 い や 時 間 、愛 情 、心 、と い う 人 と 人 と の 間 に
と 途 方 に 暮 れ も う 絶 望 的 な 気 持 ち だ っ た 。そ ん な 時 家 族 か
ら“ 諏 訪 マ タ ニ テ ィ ー ク リ ニ ッ ク と い う 病 院 は ど う な の ? ” 育 っ て い く も の な の か な と 思 う 。面 談 の 際 に 先 生 方 が お っ
し ゃ っ て い た 言 葉 が ず し り と 思 い 出 さ れ る 。「 生 む こ と よ
と言われたのが初めて諏訪マタニティークリニックを知
り も 、 育 て て い く こ と が 目 標 に な ら な い と ね 」「 大 き く な
っ た き っ か け だ っ た 。 ったら子どもに事実を伝えられるように育てるといいね」
と 伝 え ら れ た 。こ れ ま で の 事 を 振 り 返 る と 、悩 ん だ り 心 配
したり辛かったという以上に、私にとって、子どもの事、
家 族 に つ い て 、命 に つ い て 、今 ま で 思 い も よ ら な い 事 ま で
考 え た 時 間 が 、 人 生 に お い て 本 当 に 大 切 な 経 験 と な っ た 。 諏訪マタニティークリニックに出会い体外受精に挑戦
で き た こ と 、妊 娠 し 、出 産 で き た こ と に 心 か ら 感 謝 し 、授
からせて頂いた子どもを自分らしく精一杯育てていこう
と 思 う 。そ し て 、大 き く な っ た 我 が 子 に 出 生 の 事 実 を 伝 え
よ う と 考 え て い る 。そ れ が 一 人 の 人 間 の 尊 厳 を 守 る 事 と 思
う か ら 。そ し て 、こ れ か ら ど ん な 困 難 が 起 こ っ た 時 家 族 で
支 え 合 う こ と を 心 に 誓 っ た 。こ れ ま で い つ も 話 を し 、一 緒
にがんばってくれた夫へは本当にありがとうのひと言で
あ る 。こ れ か ら 、不 妊 に 関 し て 、世 の 中 の 多 く の 人 が も っ
と正しい情報を持ちより開かれた問題となっていく事を
願 っ て い る 。 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
138 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content