close

Enter

Log in using OpenID

1 マタイによる福音書16:21~28 「命の質」 インドで、貧しい

embedDownload
マタイによる福音書16:21~28
「命の質」
イ ンド で 、貧 し い 人 々 の ため に 生 涯 を さ さ げ た マザ ー・テ レ サ は 、毎 日、
「 わ た し を 、神
様 の 平和 の 道 具 に し て く だ さい 」 と 、 ア ッ シ ジ の フラ ン チ ェ ス コ が 作 っ たと さ れ る 、 祈 り
を 祈 って い た そ う で す 。 神 様の 道 具 に な る 、 神 様 に用 い ら れ る 、 と い う こと を 求 め 続 け 、
そ う いう 生 き 方 の 中 に あ る 幸い を 証 し 続 け た の が 、 マ ザ ー ・ テ レ サ と い う、 偉 大 な 、 神 様
へ の 仕え 人 の 生 涯 だ っ た と 言う こ と が で き る と 思 いま す 。
今 朝の 御 言 葉 に は 、 こ の 聖書 の 中 で も 特 に 有 名 で、 そ れ で い て 、 こ の 心に 重 く 突 き 刺 さ
る よ うな 、 ひ と つ の 言 葉 が 出て き ま す 。 そ れ は 24 節 か ら 25 節 の 、 主 イ エス の 言 葉 で す。
「 わ た し に つ い て 来 た い 者 は 、自 分 を 捨 て 、自 分 の 十 字 架 を 背 負 っ て 、わ た し に 従 い な さ
い 。」 鉛 の よ う な 重 み を 持 っ た 言 葉 で す 。 自 分 の 十 字 架 を 背 負 い な さ い と 言 わ れ て い ま す
け れ ども 、 自 分 の 十 字 架 と は、 自 分 に 特 別 に 課 せ られ て い る 責 任 を 負 う こと や 、 自 分 の 運
命 と も思 え る よ う な こ と を 背負 っ て 生 き て い く と いう こ と で し ょ う か ?
私 が まだ 小 学 校 一 年 生 だ っ た頃 、NHK の 朝 の 連 続 ドラ マ で 、「 お しん 」が 流 行 し て い ま
し て 、大 根 め し を 食 べ な が ら、 辛 い こ と に も 辛 抱 して 耐 え て い る お し ん の姿 を 、 幼 心 に 大
変 だ なと 思 っ て 見 て い た の です が 、 自 分 の 十 字 架 を背 負 う と い う こ と は 、 そ れ よ り も も っ
と 厳 しい こ と で す 。 十 字 架 とは 、 処 刑 を す る た め の、 最 も 過 酷 な 手 段 で あり 、 単 な る 罰 と
か 、 重荷 と か 、 試 練 と い う よう な も の で は な く 、 それ は 死 そ の も の を 意 味し ま す 。 自 分 の
十 字 架を 背 負 う と い う こ と は、 自 分 を 死 に 至 ら せ てい く と い う 歩 み な の です 。 な ぜ 、 こ ん
な に 厳し い こ と を 主 は お っ しゃ る の で し ょ う か ? 主イ エ ス は 逆 に 、 疲 れ た者 、 重 荷 を 負 う
者 は わた し の も と に 来 な さ い。 休 ま せ て あ げ よ う 。と 言 わ れ た の で は な かっ た の で し ょ う
か?
先 週の 御 言 葉 の 中 で 、 主 イエ ス は 誰 か ? と い う こと が 、 ペ ト ロ の 言 葉 から 明 ら か に な り
ま し た。「 あ な たは メ シ ア 、 生け る 神 の 子 で す。」 そ して そ れ は 、 主 イ エ ス のガ リ ラ ヤ 北 部
へ の 逃避 行 の 旅 の 、 終 わ り に位 置 す る 言 葉 で 、 そ こを 境 に 、 主 イ エ ス は エル サ レ ム で の 十
字 架 に向 か っ て 、 一 直 線 に 歩ま れ る と い う 歩 み を 始め ら れ ま す 。 そ し て 主イ エ ス は 、 生 け
る 神 の子 は 、 で は ど う や っ て生 き る の か と い う こ とを 、 そ の メ シ ア 、 救 い主 の 具 体 的 な 生
き 方 を、 今 朝 、 明 ら か に さ れま す 。 そ れ は 、21 節 で 語ら れ て い ま す、「 必 ず エ ル サ レ ム に
行 っ て 、長 老 、祭 司 長 、律 法 学 者 た ち か ら 多 く の 苦 し み を 受 け て 、殺 さ れ 、三 日 目 に 復 活
す る 」 とい う 生 き 方 で す 。
そ して 今 朝 、 私 た ち の 前 には 、 二 種 類 の 生 き 方 が、 二 者 択 一 の 二 つ の 生き 方 が 、 差 し 出
さ れ ます 。 一 つ は 、 メ シ ア 、主 イ エ ス の 生 き 方 、 もう 一 つ は 、 そ の 生 き 方と は 逆 の 生 き 方
で す 。そ の 二 つ の 生 き 方 が 、 今 朝 の 御 言 葉 の 中 で 、主 イ エ ス と 、 弟 子 の ペト ロ を 通 し て ぶ
つ か って い ま す 。
主 イエ ス が 、 御 自 分 は 必 ずエ ル サ レ ム に 行 っ て 、長 老 、 祭 司 長 、 律 法 学者 た ち か ら 多 く
の 苦 しみ を 受 け て 、 殺 さ れ 、三 日 目 に 復 活 す る と 言わ れ た 時 、 こ の 主 イ エス の 言 葉 は 、 英
語 で 訳せ ば must と い う 助 動詞 が 連 続 し て 語 ら れ る言 葉 で す の で 、 そ れ を加 味 し て 訳 し 直
1
せ ば、主 イ エ ス が 言 わ れ た のは 、
「 絶対 に エ ル サ レ ムに 行 か な け れ ば な ら ない 。そ し て 絶 対
に 苦 しみ を 受 け 、 絶 対 に 殺 され な け れ ば な ら な い 。そ し て 、 絶 対 に 命 に 向か っ て 立 ち 上 が
る。」 と い う こ とで し た 。
そ の 強 い主 イ エ ス の 言 葉 で あ り決 意 に 対 し て 、 そ れ を聞 く や い な や 、 前 回 、先 週 の 箇 所
で 、 主イ エ ス の 本 質 を 言 い 当て た ペ ト ロ が 、 ま た も、 饒 舌 に も 前 に 出 て きて 、 主 イ エ ス の
must に 真っ 向 か ら 反 し て 、never と 反 論 す る の です 。 22 節 の 「 い さ め 始め た 」 と い う 言
葉 は、非 難 す る とい う 言 葉 です 。ペ ト ロは 、never と 、
「 決 し て して は な らな い 」と いう 言
葉 を 用い て 、 主 よ 、 許 し ま せん 。 絶 対 に ダ メ で す 。と 言 い ま し た 。 何 が ダメ な の か ? も ち
ろ ん それ は 、 エ ル サ レ ム に 行く こ と 、 苦 し み を 受 ける こ と 、 殺 さ れ る こ とで す 。 復 活 と い
う こ とも 主 イ エ ス は 言 わ れ まし た け れ ど も 、 そ の 言葉 が ち ゃ ん と ペ ト ロ の耳 に 入 っ て い た
か ど うか は 分 か り ま せ ん 。 ある い は 、 耳 に 入 っ て はい て も 、 そ れ は ペ ト ロに は 理 解 不 能 な
言 葉 だっ た の か も し れ ま せ ん。 と に か く ペ ト ロ は 、主 イ エ ス が ま さ に こ れか ら や ろ う と し
て お られ る 、 エ ル サ レ ム で の十 字 架 の 死 へ と 一 直 線に 進 ん で い く よ う な 歩み は 、 つ ま り 、
こ れ はま さ に 、 自 分 の 十 字 架を 背 負 っ て い く 歩 み なの で す け れ ど も 、 そ のよ う な 生 き 方 は
絶 対 に許 さ れ ま せ ん と 、 そ れを 強 く 否 定 し ま し た 。
ペ ト ロの 言 い 分 は こ う で す。
「 主 よ 、と ん で も な い こと で す 。神 の 御 子 メ シア が 、そ ん な
こ と をす る 必 要 は な い 。 あ なた は メ シ ア 、 救 い 主 であ る の に 、 苦 し め ら れて 殺 さ れ て し ま
う な んて 、 そ ん な ひ ど い こ とは 、 絶 対 に あ っ て は なら な い 。 主 イ エ ス よ 、あ な た は 救 い 主
で す 。あ な た は 大 切 な 方 で す。 あ な た は も っ と 、 自分 を 大 切 に し て く だ さい 。 そ ん な 危 険
な こ とは 絶 対 に 避 け て く だ さい 。」
ペ ト ロ のこ の 気 持 ち 、 良 く 分 かる 気 が し ま す 。 も し 私が 主 イ エ ス の 横 に 居 たら 、 同 じ こ
と を 言っ て い た か も し れ ま せん 。
「そ の や り 方 は 良 くな い で す 。も っ と い い他 の や り 方 が あ
る に 違い あ り ま せ ん 。 も う ちょ っ と 冷 静 に な っ て 、そ れ を 探 し ま し ょ う よ。 死 ん だ ら ダ メ
で す よ。 そ れ は リ ス ク で す よ。 安 全 な 道 を 探 し ま しょ う よ 」 と 。
し か し その ペ ト ロ の 言 葉 に 対 して 、 主 イ エ ス は 激 怒 され ま し た 。 上 か ら 殴 りつ け る よ う
に し て 、 主 イ エ ス は ペ ト ロ に 向 か っ て 叫 ば れ ま し た 。「 サ タ ン 、 引 き 下 が れ 。 あ な た は わ
た し の 邪 魔 を す る 者 。 神 の こ と を 思 わ ず 、 人 間 の こ と を 思 っ て い る 。」 ド キ ッ と す る 言 葉
で す 。ペ ト ロ に 向 か っ て 主 イエ ス が 、 サ タ ン 、 と 言わ れ る 。 主 イ エ ス は この 時 、 ペ ト ロ の
中 に はっ き り と サ タ ン の 姿 を見 て お ら れ て 、 そ の 悪魔 に 向 け て 、 お 前 は 引き 下 が れ ! と 強
い 調 子で 命 令 し て お ら れ ま す。 聖 書 は 、 悪 魔 と か 、サ タ ン と い う も の を 、単 な る オ カ ル ト
的 な もの と し て 退 け て は い ませ ん 。 む し ろ そ れ が 存在 す る と い う こ と を 、聖 書 は リ ア リ テ
ィ ー をも っ て は っ き り と 語 って い ま す 。 主 イ エ ス にも こ の 時 、 ペ テ ロ に 取り 付 い て 、 ペ ト
ロ の 言葉 を 使 っ て 主 イ エ ス をい さ め よ う と し て い たサ タ ン の 姿 が 、 は っ きり と 見 え て い る
の で す。 信 仰 を 持 っ て い れ ば、 サ タ ン か ら は 守 ら れる と い う 考 え が 、 ク リス チ ャ ン の 中 で
は 一 般的 な よ う に 感 じ ま す が、つ い 先 ほ ど、
「 あ な たは 救 い 主 、生 け る 神 」と 主 イ エ ス へ の
信 仰 を告 白 し た ば か り の ペ トロ に も 、 つ ま り 信 仰 を持 っ て い る 者 に 対 し ても 、 悪 魔 は か え
っ て 強力 か つ 必 要 に 働 き か け て き ま す 。 主 イ エ ス は、 ペ ト ロ の 中 に 悪 魔 を見 出 し 、 そ れ を
2
つ ま み出 そ う と さ れ ま し た 。そ こ を ど け 、 引 き 下 がれ と 。
私 た ち も、 主 に 従 う 者 た ち と して 、 悪 を 見 分 け る こ の霊 的 な 洞 察 を 与 え ら れた い と 願 う
の で す。 サ タ ン の 霊 と い う もの が 、 何 か 実 体 の な い霧 の よ う に た ち こ め るも の と し て 、 な
ん と なく 私 た ち を 包 ん で い ると い う の で は な く て 、悪 の 霊 も 、 主 の 霊 と 同じ よ う に 、 具 体
的 な 人格 を も っ て い て 、 行 動し て 、 考 え て 、 何 と か神 の 業 を 妨 害 し て や ろう 。 こ の 弱 い 罪
人 を 、悪 に 向 か っ て 歩 む 人 間に し て や ろ う と 、 虎 視眈 々 と 、 実 に 巧 妙 に 、そ し て 、 こ の 時
の 様 に、 主 イ エ ス の 目 の 前 にい た 弟 子 た ち に 対 し てさ え 、 大 胆 に 働 き か けて く る の で す 。
こ の とて も リ ア ル な 悪 魔 の 存在 が 、 自 分 も 、 隣 人 をも 、 教 会 を も 、 こ の 世界 を も 悪 に 向 け
て コ ント ロ ー ル し て し ま お うと 狙 っ て い る。こ の こと を 本 当 に 私 た ち が、知 っ て 、恐 れ て 、
そ の 存在 を 意 識 し て 戦 っ て いく こ と 「
。 わ れ ら を 誘 惑に あ わ せ ず、悪 よ り 救 い出 し た ま え。」
と 主 に祈 り な が ら 歩 む こ と 。神 様 の 道 具 と し て 用 いて い た だ く た め の こ の心 と 体 を 、 悪 魔
に 使 わせ な い こ と 、 こ の 種 の戦 い は 、 私 た ち に と って 、 今 、 と て も 大 切 なこ と で す 。
悪 魔 は この 時 、 ペ ト ロ を 使 っ て、 主 イ エ ス の 救 い の 御業 を 、 人 間 の 罪 の 赦 しの た め に 十
字 架 にか か り 、 そ の 死 に よ って 、 私 た ち を 支 配 す る死 の 力 を 滅 ぼ さ れ る 、そ の 計 画 を 、 今
の う ちに 阻 止 し て お こ う と 考え て い た の で す 。 主 イエ ス は ペ ト ロ の 中 に いる サ タ ン を 指 さ
さ れ なが ら 、「 神 の こ と を 思 わ ず 、人 間 の こ と を 思 っ て い る 。」 と 言 わ れ ま した 。サ タ ン は
私 た ちの エ ゴ イ ズ ム を 刺 激 しま す 。 私 た ち 自 身 の 、自 分 の こ と 、 自 分 の 思い と か 、 自 分 の
所 有 とか 、 自 分 の 計 画 な ど 、そ の 人 自 身 の こ と を 思わ せ 、 大 切 に さ せ る こと に よ っ て 、 神
様 を 大切 に す る こ と を 忘 れ てし ま う よ う に 、 う ま く仕 向 け て き ま す 。 そ して 何 よ り サ タ ン
は 、 死の 恐 怖 を 使 っ て 、 死 ぬか も し れ な い と い う 恐怖 で 、 私 た ち を 支 配 しま す し 、 こ の 時
主 イ エス を も 操 ろ う と し ま した 。
け れ ど も、 神 様 か ら 離 れ て 、 自分 を 第 一 と し て 生 き る な ら ば 、 実 は そ こ に 命は な い の だ
と 、 主 は 言 わ れ ま し た 。 そ れ が 、 あ の 冒 頭 の 言 葉 で す 。『 わ た し に つ い て 来 た い 者 は 、 自
分 を 捨 て 、自 分 の 十 字 架 を 背 負 っ て 、わ た し に 従 い な さ い 。自 分 の 命 を 救 い た い と 思 う 者
は 、 そ れ を 失 う が 、 わ た し の た め に 命 を 失 う 者 は 、 そ れ を 得 る 。』
聖 書 に おい て 命 と は 、 命 の 源 であ ら れ る 神 様 と の 麗 しい 関 係 の 中 を 生 き る とい う こ と で
す。た と え 心 臓 は 鼓動 し て いて も 、肉 体 的に は 生 きて い て も 、神様 と の 関係 が な い な ら ば 、
聖 書 はそ れ を 、 生 き て い る とは 語 り ま せ ん 。 創 世 記で 、 ア ダ ム と イ ブ は 、食 べ た ら 死 ぬ と
言 わ れた 木 の 実 を 食 べ つ つ も、す ぐ に は死 に は せ ず、た だ エ デ ンの 園 か ら 追 放さ れ ま し た 。
け れ ども こ の 、 神 様 の 前 か らの 追 放 は 、 実 質 的 に は、 彼 ら の 死 を 意 味 し てい ま し た 。 問 題
は 、 この 心 臓 の 鼓 動 時 間 が 長い か 短 い か と い う こ とで は な く 、 命 の 質 で あり 、 内 容 で す 。
こ の 命を 、死 を 恐 れ な が ら 、いく ら 大 切 に 保 存 し よう と し て も 、こ の 命 は結 局 100 年 も持
ち ま せん 。 命 よ り も 大 切 な こと は 、 命 を 、 神 様 に 救っ て い た だ く こ と で す。 こ の 命 が 、 命
の 源 であ ら れ る 神 様 と 結 び つく こ と で す 。
主 イ エ ス が 、「 人 は 、 た と え 全 世 界 を 手 に 入 れ て も 、 自 分 の 命 を 失 っ た ら 、 何 の 特 が あ
ろ う か 。 自 分 の 命 を 買 い 戻 す の に 、 ど ん な 代 価 を 支 払 え よ う か 。」 と 言 わ れ た 通 り 、 神 様
か ら 離れ た 所 で 命 を 救 お う とし て も 、 そ こ に 救 い も命 も あ り ま せ ん し 、 やが て 尽 き る こ の
3
命 を 買い 足 し て 伸 ば し て い く代 価 も 、 そ の 術 も 、 どこ に も あ り ま せ ん 。 神様 か ら 、 離 れ れ
ば 離 れる 程 、 こ の 命 は 枯 渇 しま す 。 そ し て 、 こ の 命が 唯 一 救 わ れ る 道 は 、主 イ エ ス が 十 字
架 に 架か っ て 、 死 ん で 、 自 ら手 渡 し て く だ さ る 神 の命 を 、 信 仰 の 手 を 差 し出 し て 、 こ の 胸
に 受 け取 る こ と に よ る の み です 。 こ の 命 は 、 生 き てお ら れ る 神 様 と の 、 生き た 関 係 を 築 く
た め にあ る の で す 。
『 わ た し に つ い て 来 た い 者 は 、自 分 を 捨 て 、自 分 の 十 字 架 を 背 負 っ て 、わ た し に 従 い な
さ い 。』
命 は 、 それ を 守 る こ と に よ ら ず、 そ れ を 使 う こ と に よっ て 輝 き 、 生 き 生 き とみ な ぎ り ま
す 。 主イ エ ス は 、 神 と 等 し い方 で あ り な が ら 、 人 間に な ら れ 、 人 間 と し てこ の 地 上 を 歩 ま
れ な がら 、 人 間 の 本 当 の 生 き方 と は 何 か ? こ の 命 の、 本 来 の 使 い 方 と は 何か を 、 見 せ て く
だ さ った の で す 。 命 と は 、 自分 で 囲 い 込 む も の で はな く て 、 人 の た め に 、神 の た め に 、 使
う も のだ と 。 そ の た め に こ の命 は あ る 。 そ し て 、 その 歩 み の 先 に こ そ 、 この 肉 体 の 命 を 超
え た 、永 遠 に 費 え な い 命 が ある 。 そ の 永 遠 の 命 を 、神 様 と 共 に 生 き る と いう 時 間 こ そ が 、
実 は 私た ち の 人 生 の 本 筋 で す。 で す か ら こ の 地 上 での 命 は 、 や が て 来 る 永遠 の 命 の 、 前 座
で す 。も っ と 本 質 的 で 、 本 格的 な 命 は 、 次 に 来 る 。次 に 待 っ て い る 。 そ の、 ま す ま す 充 実
し た 命に 向 か っ て 、 希 望 を 持っ て 、 そ こ に 繋 ぎ 合 わさ れ る と い う 期 待 を 持っ て 歩 む 。 こ れ
が 、 今日 の 私 た ち の 、 こ の 命の 使 い 方 で す 。
自 分 の ため に 、 自 分 の 命 の た めに 生 き る の が 良 い こ とで 、 他 の 人 や 神 様 の ため に 生 き る
な ん てい う の は 、 特 に な ら ない し 、 骨 折 り 損 だ 。 神の た め 、 人 の た め に 生き る な ん て い う
生 き 方は 、 一 部 の 聖 人 の よ うな 人 に 任 せ て お け ば よい 。 人 の こ と な ん て 考え ず に 、 自 分 は
自 分 の命 の こ と だ け 考 え て いれ ば よ い の だ 、 と い う考 え 方 は 、 実 は 、 悪 魔の 吹 聴 で あ り 、
ま や かし で す 。 誤 っ た 、 悪 魔に よ っ て 歪 め ら れ た 人生 の 理 解 で す 。 こ の 命、 こ の 人 生 は 、
自 分 に割 り 当 て ら れ た 余 命 を、 少 し ず つ 切 り 崩 し なが ら 、 自 分 の こ と だ け考 え て 生 き て い
く よ うな 、 決 し て そ ん な 小 さな こ と の た め に 与 え られ て い る の で は あ り ませ ん 。
生 涯 を 神様 に 捧 げ た マ ザ ー ・ テレ サ は 、 決 し て 、 自 分を 押 し 殺 し て 、 青 白 い顔 を し て 、
楽 し みの な い 、 悲 壮 感 の 中 で、 神 と 人 々 に 仕 え た ので は な か っ た の だ と 思い ま す 。 も ち ろ
ん そ れは 簡 単 な 生 き 方 で は な く 、苦 労 も多 か っ た こ とも 承 知 し て い ま す が、彼 女 の 中 には 、
確 か な喜 び が あ り ま し た 。 この 種 の 喜 び と い う こ とで あ れ ば 、 及 ば ず な がら 、 私 も 、 若 い
時 に 、こ の 板 宿 教 会 で 、 仕 える 喜 び を 学 び ま し た 。震 災 時 の ボ ラ ン テ ィ アを 通 し て 、 献 身
す る こと 、 神 様 に 用 い て い ただ け る と い う こ と の 喜び 、 自 分 の 喜 び の た めに 何 か す る 以 上
に 、 人に 「 嬉 し い 」 と 言 っ ても ら え た 時 に こ そ 与 えら れ る 、 確 か な 手 ご たえ 、 深 い 大 き な
喜 び 、を そ こ で 初 め て 味 わ い知 り ま し た 。 そ し て 、こ う い う 現 場 に こ そ 、生 き る 喜 び が あ
る 。 生き 甲 斐 が あ る 、 そ う いう 、 教 会 と い う 場 所 にこ そ 、 わ た し は こ の 命を 使 っ て い く べ
き だ、そ し て そ の命 の 使 い 方 以上 に 、私 にと っ て 嬉 し く 幸 せ な 道 は 他 に な い と悟 り ま し た 。
主 イ エ スは 、 サ タ ン よ 引 き 下 がれ と 叫 ば れ て 、 サ タ ンを 退 け ら れ て 、 私 た ちの 命 を 救 う
た め の、 十 字 架 へ の 道 を 歩 まれ ま す 。 そ し て 、 今 朝の 御 言 葉 の 最 後 の 部 分で 、 主 イ エ ス は
豊 か な約 束 を も 、 私 た ち に 与え て く だ さ い ま し た 。
27 節 で は 、 私 た ちの こ の 人 生は 、 将 来 必 ず 報 わ れ ると い う こ と 、 そ し て 28 節 に は 、教
4
会 に おい て 実 現 す る 、 神 様 の祝 福 が 約 束 さ れ て い ます 。 27 節 から 28 節 を お 読み い た し ま
す 。「 人 の 子 は 、 父 の 栄 光 に 輝 い て 、 天 使 た ち と 共 に 来 る が 、 そ の と き 、 そ れ ぞ れ の 行 い
に 応 じ て 、報 い る の で あ る 。は っ き り 言 っ て お く 。こ こ に 一 緒 に い る 人 々 の 中 に は 、人 の
子 が そ の 国 と 共 に 来 る の を 見 る ま で は 、 決 し て 死 な な い 者 が い る 。」
28 節 で 語ら れ て い る、こ こ に一 緒 に い た 弟 子 た ち が、死 な な い うち に、そ の 生 涯 の 中 で
見 た もの と は 、 先 週 の 御 言 葉で 、 こ の 岩 の 上 に 教 会を 建 て る と 主 イ エ ス が言 わ れ た こ と の
成 就 。つ ま り 、 キ リ ス ト 教 会の 誕 生 で し た 。 教 会 には 、 聖 霊 に よ っ て キ リス ト 御 自 身 が 降
り 、 宿っ て く だ さ り 、 そ こ では キ リ ス ト が 、 教 会 の頭 で あ ら れ ま す 。 そ の時 こ の 教 会 は 、
こ の 地上 に お け る 神 の 国 の 現れ で あ る と 、 聖 書 は 語っ て い ま す 。
主 イ エ スに 従 う 者 が 、 そ の 命 を救 わ れ る 場 所 、 屋 根 にキ リ ス ト の 十 字 架 を 掲げ 、 そ こ か
ら 来 るキ リ ス ト の 命 に よ っ て、 今 生 か さ れ て い る 人々 の 集 ま り が 、 こ の 教会 で す 。 私 た ち
と 、 この 教 会 は 、 自 分 が 、 どん な 生 き 方 を さ れ た 、ど ん な 方 に よ っ て 、 今生 か さ れ て い る
の か を、 知 っ て い ま す 。 そ の方 の 愛 に よ っ て 救 わ れた 、 私 た ち の こ の 命 です 。 で す か ら こ
の 命 を、 神 を 愛 す る た め に 、人 を 愛 す る た め に 、 喜ん で 使 い ま し ょ う 。 この 先 に あ る 、 も
っ と 豊か な 命 に 向 か っ て 、 喜ん で 、 こ れ を 使 い 切 りま し ょ う 。
祈り
神 様 、 御言 葉 に よ っ て 、 今 こ の胸 を 開 い て く だ さ り 、 喜 ん で こ の 命 を 愛 す る人 々 に 、 愛
す る あな た の た め に 、 高 く 御前 に 捧 げ て い く 、 そ の道 筋 を 示 し て く だ さ り、 あ り が と う ご
ざ い ます 。 私 た ち は 、 あ な たか ら 、 尊 い 命 を 、 そ れぞ れ い た だ い て い ま す。 そ し て 、 永 遠
の 御 国で の 命 を も 、 約 束 さ れて い ま す 。 そ れ を も たら し て く だ さ る 主 イ エス に 、 私 た ち は
今 、 面会 し て い ま す 。 心 か ら 感 謝 い た し ま す 。 私 たち は 、 こ の 命 を 、 あ なた の 御 前 に 掲 げ
ま す 。生 け る 神 様 、 ど う か この 命 を 用 い て く だ さ い。 こ の 命 を 、 あ な た の命 の 一 部 に 、 ま
た こ の教 会 と 、愛 する 人 々 の命 の 一 部 に し て く だ さい 。主 よ、生 き る こ と の素 晴 ら し さ を 、
あ な たの た め に 生 き ら れ る こと の 喜 び を 、 今 日 、 味わ わ せ て く だ さ い 。 心か ら の 賛 美 を 歌
わ せ てく だ さ い 。 あ な た へ の感 謝 を 表 し て 生 き る た め に 、 私 た ち の こ の 口を 用 い て く だ さ
い 。 どう か 、 私 た ち の 一 週 間を 、 新 し い 献 身 の 一 週間 と し て く だ さ り 、 あな た の た め に 生
き る 喜び で 、 満 た し て く だ さい 。 全 て を お 委 ね し 、感 謝 し て 、 今 、 救 い 主、 主 イ エ ス ・ キ
リ ス トの 御 名 に よ っ て 、 祈 りま す 。 ア ー メ ン
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
15
File Size
265 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content