close

Enter

Log in using OpenID

平成27年3月期 決算説明資料 スルガ銀行株式会社

embedDownload
平成27年3月期
決算説明資料
スルガ銀行株式会社
【 目 次 】
Ⅰ 平成27年3月期決算の概要
1. 損益の状況
2.主要勘定の状況
3.経営指標の状況
4.自己資本の状況
5.有価証券の評価差額の状況
6.平成28年3月期の業績予想
7.資産の状況
8.与信費用の状況
9.配当の状況
単
単
単
単
単
単・連
単
単
単
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
3
5
6
7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8
9
10
単
連
単
単
単
単
単・連
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11
12
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14
単
単・連
単・連
単・連
単
単
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15
16
17
単
単
単
単
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
18
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
19
単・連
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20
単・連
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
21
Ⅱ 平成27年3月期決算の状況
1. 損益状況
2.業務純益
3.利ざや
4.ROA・ROE
5.有価証券関係損益
6.自己資本比率
Ⅲ 貸出金等の状況
資産内容の開示における各種基準の比較
1.リスク管理債権の状況
2.リスク管理債権に対する引当率
3.貸倒引当金等の状況
4.金融再生法開示債権
5.金融再生法開示債権の保全状況
6.業種別貸出状況等
①業種別貸出金
②業種別リスク管理債権
③個人ローン残高
④中小企業等貸出比率
7.国別貸出状況等
①特定海外債権残高
②アジア向け貸出金
8.預金、貸出金の残高
9.店舗数
単
単
単
単
Ⅳ 時価のある有価証券の評価差額
1.評価差額
Ⅴ 退職給付関連
1.退職給付費用に関する事項
(注)表中の増減比較値は、表上の計数(単位:百万円、%)で比較した値です。
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
Ⅰ.平成27年3月期決算の概要
1.損益の状況【単体】
(単位:百万円)
27年3月期
業務粗利益
資金利益
役務取引等利益
その他業務利益(注1)
コア業務粗利益
経費 △
コア業務純益(注2)
国債等債券損益
一般貸倒引当金繰入額 △(注3)
業務純益
不良債権処理額△
貸倒引当金戻入益(注3)
償却債権取立益
株式等損益
経常利益
固定資産処分損益
当期純利益
与信費用
実質与信費用(注4)
99,452
100,368
△2,003
96
98,460
45,600
52,860
991
-
53,852
4,211
2,485
747
△221
51,850
△1,071
32,135
26年3月期比
8,585
7,930
△219
△15
7,695
2,261
5,435
890
-
6,325
△1,051
△937
△24
△272
6,487
△795
4,582
1,726
979
△114
△89
26年3月期
90,867
92,438
△1,784
111
90,765
43,339
47,425
101
-
47,527
5,262
3,422
771
51
45,363
△276
27,553
1,840
1,068
(注1)除く国債等債券損益
(注2)コア業務純益=業務純益+一般貸倒引当金繰入額-国債等債券損益
(注3)平成 27 年 3 月期において、一般貸倒引当金の取崩額が個別貸倒引当金繰入額を上回り、貸倒引当金が
取崩超過となりましたので、取崩超過額を貸倒引当金戻入益に計上しております。
平成 26 年 3 月期において、一般貸倒引当金ならびに個別貸倒引当金が取崩となりましたので、取崩額を貸倒
引当金戻入益に計上しております。
(注4)実質与信費用=与信費用(一般貸倒引当金繰入額+不良債権処理額-貸倒引当金戻入益)-償却債権取立益
(1)業務粗利益:994億円
・資金利益は、貸出金利息の増加が寄与し、前期比79億円増加。
・円貨預貸金利益は、前期比73億円増加。
・コア業務粗利益は、資金利益の増加(79億円)を主因に前期比76億円増加。
・業務粗利益は、前期比85億円増加。
(億円)
(億円)
資金利益
1,003
円貨預貸金利益
969
896
924
829
851
769
799
735
23年3月 24年3月 25年3月 26年3月 27年3月
769
23年3月 24年3月 25年3月 26年3月 27年3月
-1-
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
(2)経費:OHRは
45.8%
・経費は、前期比22億円の増加。
・OHRは、業務粗利益の増加(85億円)により前期比改善し、45.8%。
(OHR(%) = 経費 ÷ 業務粗利益 × 100)
業務粗利益
経費
OHR
(億円)
53.1%
51.7%
801
771
409
23年3月
49.4%
840
414
24年3月
994
47.6%
908
25年3月
456
433
415
26年3月
45.8%
27年3月
(3)コア業務純益:528億円・業務純益:538億円
・コア業務純益は、資金利益の増加(79億円)により、前期比54億円増加。
・業務純益は、前期比63億円増加。
コア業務純益
業務純益
(億円)
358
375
364
416
424
474
475
528
538
330
23年3月
24年3月
25年3月
26年3月
27年3月
(4)経常利益:518億円
・経常利益は、業務純益の増加(63億円)により、前期比64億円増加。
(5)当期純利益:321億円
・当期純利益は、経常利益の増加(64億円)により、前期比45億円増加。
(6)実質与信費用:9億円
・与信費用は、不良債権処理額の減少(10億円)や、貸倒引当金戻入益の減少(9億円)により、
前期比1億円の減少。
・実質与信費用は、与信費用(17億円)から償却債権取立益(7億円)を控除した9億円。
-2-
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
2.主要勘定の状況【単体】
(1)貸出金
・貸出金期末残高は、個人ローンの増加を主因に、前期末比1,312億円(4.5%)増加。
・個人ローンは、フリーローンを中心に、3,932億円を実行し、期末残高は前期末比1,396億円
(5.6%)増加。
・貸出金利回り(国内)は、前期比0.11%上昇の、3.51%。
・住宅ローン、フリーローンの延滞率・毀損率は低い水準を維持。
(単位:百万円)
27年3月
貸出金(期末残高)
うち個人ローン
うち住宅ローン
貸出金(期中平均残高)
預貸率(末残ベース)
預貸率(平残ベース)
26年9月比
57,055
60,457
△8,958
37,559
△0.8%
0.5%
3,011,310
2,610,205
1,956,248
2,883,802
76.0%
75.6%
26年9月
26年3月比
131,225
139,683
△203
131,042
0.6%
△1.7%
26年3月
2,954,255
2,549,748
1,965,206
2,846,243
76.8%
75.1%
2,880,085
2,470,522
1,956,451
2,752,760
75.4%
77.3%
(参考)
(単位:億円)
ゆうちょ銀行代理事業
取扱い分
住宅ローン実行額(年間累計)
貸出金期末残高
27年3月期
348
個人ローン比率
個人ローン期末残高
(億円)
25,272
27,553
26,122
23,273
21,705
20,315
28,800
26,102
24,705
84.4%
83.0%
30,113
26年3月期
26年3月期比
104
244
貸出金利回り(国内)
86.6%
85.7%
80.3%
3.51%
3.33%
23年3月 24年3月 25年3月 26年3月 27年3月
23年3月
個人ローン上期実行額
2,632
(億円)
2,989
3.28%
3.33%
3.40%
24年3月
25年3月
26年3月
個人ローン下期実行額
3,322
3,557
3,932
1,939
1,607
1,767
1,793
1,431
1,201
1,382
1,555
1,763
1,993
25年3月
26年3月
27年3月
23年3月
24年3月
27年3月
【個人ローンの延滞率・毀損率の状況】
フリーローン
住宅ローン
利回り
3.33%
3.32%
延滞率
3.33%
利回り
毀損率
3.37%
延滞率
毀損率
6.20%
6.12%
3.42%
6.84%
6.71%
0.55%
0.40%
0.39%
0.36%
0.33%
0.28%
0.28%
0.22%
0.21%
0.09%
0.03%
0.03%
0.03%
0.22%
0.16%
0.09%
27年3月
23年3月
24年3月
25年3月
23年3月
24年3月
25年3月
26年3月
※延滞率=3カ月以上延滞債権÷ローン残高
※毀損率=デフォルト率×(1-回収率)
-3-
6.05%
0.33%
0.32%
0.05%
26年3月
27年3月
0.07%
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
(2)預金
・預金期末残高は、個人預金残高の増加により前期末比1,428億円(3.7%)増加。
・個人預金期末残高は、前期末比1,622億円(5.9%)増加。
・預金利回り(国内)は、前期比0.01%上昇し0.10%。
(単位:百万円)
27年3月
預金(期末残高)
うち個人預金
預金(期中平均残高)
3,959,197
2,889,421
3,813,149
預金期末残高
3,843,347
2,821,402
3,789,389
個人預金比率
28,894
27,271
3,816,373
2,727,187
3,560,226
預金利回り(国内)
24,995
22,785
24年3月
25年3月
26年3月
27年3月
23年3月
71.4%
0.09%
0.08%
0.09%
0.10%
24年3月
25年3月
26年3月
27年3月
(3)役務取引等利益
・役務取引等利益は、役務取引等費用の増加(5億円)等により、前期比2億円の減少。
役務取引等利益
(百万円)
11,972
12,267
▲ 295
23年3月
役務取引等収益
11,926
12,906
▲ 980
24年3月
13,562
11,503
▲ 2,058
役務取引等費用
13,167
11,382
▲ 1,784
25年3月
-4-
26年3月
72.9%
71.1%
69.7%
68.7%
0.13%
23年3月
26年3月
35,148
32,649
21,843
26年9月
26年3月比
142,824
162,234
252,923
個人預金期末残高
39,591
38,163
(億円)
31,793
26年9月比
115,850
68,019
23,760
11,714
13,718
▲ 2,003
27年3月
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
(4)個人預り資産
・個人預り資産期末残高は、前期末比1,511億円増加。
・投資性商品比率(個人預り資産残高全体に占める割合)は、前期末比0.9%低下の7.9%。
(単位:百万円)
27年3月末
個人預り資産残高
26年9月末比 26年3月末比
3,131,343
うち円貨預金
62,417
2,882,275
69,528
164,342
249,068
△7,111
△13,198
うち外貨預金
7,146
△1,509
△2,108
22,325
△4,799
△7,996
134,307
8,816
15,924
うち個人年金保険
71,000
△10,389
△20,870
うち一時払終身保険
14,288
771
1,853
7.9%
△0.4%
△0.9%
うち投資信託
投資性商品比率
26年3月末
3,068,926
2,812,747
256,179
8,655
27,124
125,491
81,389
13,517
8.3%
2,980,199
151,144
うち投資性商品
うち国債等保護預り
26年9月末
2,717,933
262,266
9,254
30,321
118,383
91,870
12,435
8.8%
3.経営指標の状況【単体】
(1)利ざや
・預貸金利ざやは、貸出金利回りの上昇や、経費率の低下により、
前期比0.13%拡大の2.19%。
・総資金利ざやは、資金運用利回りの上昇ならびに資金調達原価の低下により、
前期比0.04%拡大し1.35%となり、高水準を維持。
(単位:%)
27年3月期
26年3月期
26年3月期比
預貸金粗利ざや
3.39
0.11
3.28
預貸金利ざや
2.19
0.13
2.06
総資金利ざや
1.35
0.04
1.31
預貸金粗利ざや
預貸金利ざや
総資金利ざや
3.12%
3.20%
3.28%
3.39%
1.78%
1.81%
1.94%
2.06%
2.19%
1.09%
1.15%
1.24%
1.31%
23年3月
24年3月
25年3月
26年3月
3.12%
-5-
1.35%
27年3月
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
4.自己資本の状況【単体】
・自己資本比率は、前期末比0.17%上昇し、11.59%。
平成 26 年 3 月末より新基準にて算出(経過措置を適用)。
新基準・・・・・・バーゼルⅢを踏まえた国内基準
(1)信用リスク
:標準的手法
(2)オペレーショナルリスク
:基礎的手法
(3)CVAリスク
:簡便的リスク測定方式
(単位:%)
27 年 3 月末
自己資本比率(国内基準)
11.59
26 年 9 月末比 26 年 3 月末比
0.06
0.17
自己資本 繰延税金資産(B/S計上額)
繰延税金資産/自己資本
26 年 9 月末
26 年 3 月末
11.53
11.42
自己資本比率
(億円)
(新基準)
11.42%
2,672
2,476
2,197
2,011
1,935
10.57%
10.47%
23年3月
24年3月
(新基準)
11.59%
10.78%
13.8%
7.4%
267
149
3.4%
1.4%
▲ 0.4%
75
36
▲ 11
23年3月
24年3月
25年3月
26年3月
27年3月
-6-
25年3月
26年3月
27年3月
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
5.有価証券の評価差額の状況【単体】
・有価証券の評価差額は、株式の評価差額の増加を主因に前期末比150億円増加。
(単位:百万円)
27 年 3 月末
その他有価証券
株式
債券
その他
30,820
26,794
40
3,985
26 年 9 月末比 26 年 3 月末比
11,432
14,884
10,329
13,065
△4
△7
1,107
1,826
26 年 9 月末
19,388
16,465
44
2,878
26 年 3 月末
15,936
13,729
47
2,159
(単位:百万円)
27 年 3 月末
満期保有目的(含み損益)
△162
26 年 9 月末比 26 年 3 月末比
180
140
26 年 9 月末
26 年 3 月末
△342
6.平成28年3月期の業績予想
【単体】
(単位:百万円)
経常収益
業務純益
経常利益
当期(中間)純利益
28年3月期 (予想)
中間期
通期
62,500
123,500
28,000
56,500
26,500
52,500
17,500
35,000
実質与信費用
1,500
3,000
【連結】
(単位:百万円)
経常収益
経常利益
親会社株主に帰属する
当期(中間)純利益
28年3月期 (予想)
中間期
通期
67,500
134,500
26,900
53,400
17,600
35,300
(注)業績予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、
実際の業績は、今後の様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。
-7-
△302
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
7.資産の状況【単体】
(1)金融再生法開示債権
金融再生法開示債権は、前期末比53億円減少し、457億円。
また、開示債権比率については、前期末比0.26%低下し、1.50%。
〔残高推移〕
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
破産更生債権及び
これらに準ずる債権
危
険
債
権
要 管 理 債 権
26 年 9 月末比 26 年 3 月末比
22
△692
7,518
8,232
18,817
△1,093
△3,161
19,910
20,642
48,071
2,974,229
1.61
21,978
19,391
△1,251
△1,521
45,748
△2,323
△5,374
高 B
3,031,904
57,675
131,713
総 与 信 残 高 比 A /B
1.50
△0.11
△0.26
総
計
与 信 残
26 年 3 月末
7,540
A
合
26 年 9 月末
〔保全状況〕
20,912
51,122
2,900,191
1.76
(単位:百万円、%)
破産更生債権等
危険債権
要管理債権
債権額合計
26 年 3 月末比
金融再生法開示債権額 A
7,540
18,817
19,391
45,748
△5,374
保 全 額 合 計 (C + D ) B
7,540
16,731
13,259
37,531
△4,807
担保保証等による保全額 C
4,680
15,068
10,298
30,047
△4,253
貸倒引当金による引当額 D
保 全 率
( B / A )
担保保証等で保全されていな
い部分 (A-C) E
上記に対する引当率(D/E)
(参考) 26年3月末
担保保証等で保全されていな
い部分
上記に対する引当率
2,859
1,662
2,961
7,483
△555
100.00
88.91
68.37
82.03
△0.78
2,859
3,748
9,093
15,701
△1,120
100.00
44.35
32.56
47.66
△0.13
2,595
4,445
9,781
16,821
100.00
56.39
30.01
47.78
(注)1.破産更生債権等(自己査定上の破綻先・実質破綻先)の担保保証等により保全されていないⅣ分類債権は部分直接償却を実施し
ています。なお、今後再生が見込まれる等回収不能額の確定しない先に対しては個別貸倒引当金を計上しております。
2.危険債権(自己査定上の破綻懸念先)については、過去3算定期間の貸倒実績率に基づき、今後3年間の予想損失率を算出し、
担保保証等により保全されていないⅢ分類債権に予想損失率を乗じて個別貸倒引当金に計上しております。
3.要管理(先)債権については、過去3算定期間の貸倒実績率に基づき、今後3年間の予想損失率を算出し、対象全債権(Ⅰ・Ⅱ分
類)に予想損失率を乗じて一般貸倒引当金に計上しております。
4.なお、破綻懸念先及び要管理先で与信額が一定額以上の大口債務者のうち、将来キャッシュフローを合理的に見積ることができ
る債権については、DCF法により引当金を算出しております。
破産・更生債権及びこれらに準ずる債権
危険債権
要管理債権
開示債権比率
開示債権比率(引当金控除後)
開示債権比率(担保・保証・引当控除後)
(億円)
771
517
400
119
161
209
558
111
511
82
203
238
219
194
208
209
3.03%
457
1.96%
75
188
1.96%
193
23年3月 24年3月 25年3月 26年3月 27年3月
-8-
2.01%
1.76%
1.50%
0.28%
1.61%
0.31%
1.65%
0.33%
1.48%
0.30%
1.26%
0.27%
23年3月
24年3月
25年3月
26年3月
27年3月
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
(2)リスク管理債権
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
26 年 9 月末
26 年 9 月末比 26 年 3 月末比
△247
△272
額
25,652
△804
△3,565
3カ月以上延滞債権額
254
△59
△50
貸 出 条 件 緩 和 債 権
19,136
△1,193
△1,471
計
45,631
△2,302
△5,358
834
26,456
313
20,329
47,933
保 全 率
81.99
△0.37
△0.80
82.36
破
延
綻 先 債 権 額
滞
債
権
合
587
8.与信費用の状況【単体】
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
26 年 3 月末比
26 年 3 月末
一般貸倒引当金繰入額
①
―
―
―
不良債権処理額
②
4,211
△1,051
5,262
2,249
△485
2,734
―
―
―
2,023
△534
2,557
△60
△32
△28
貸出金償却
個別貸倒引当金純繰入額
延滞債権等売却損
偶発損失引当金繰入額
貸倒引当金戻入益
③
2,485
△937
3,422
償却債権取立益
A
747
△24
771
④(=①+②-③)
1,726
△114
1,840
④-A
979
△89
1,068
2,883,802
131,042
2,752,760
与信費用比率
0.05
△0.01
0.06
実質与信費用比率
0.03
0.00
0.03
与信費用
実質与信費用
貸出金平残
※与信費用比率=与信費用÷貸出金平残
※実質与信費用比率=実質与信費用÷貸出金平残
リスク管理債権
(億円)
実質与信費用
実質与信費用比率
767
1.15%
556
277
509
515
0.33%
83
0.16%
43
23年3月
24年3月
25年3月
-9-
456
0.03%
10
26年3月
0.03%
9
27年3月
26 年 3 月末
859
29,217
304
20,607
50,989
82.79
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
9.配当の状況
・株主の皆様への利益還元を重視し、期末配当を1株当たり11.5円とし、年間配当を
1株当たり20円(うち普通配当19円、創立120周年記念配当1円)とさせていただきます。
28年3月期につきましては、業績予想等を勘案し、1株当たり19円の配当を予定しております。
26 年 3 月期比
26 年 3 月期
(実績)
20 円 00 銭
3 円 00 銭
17 円 00 銭
中間配当金
8 円 50 銭
1 円 00 銭
7 円 50 銭
期末配当金
11 円 50 銭
2 円 00 銭
9 円 50 銭
うち普通配当金
10 円 50 銭
1 円 00 銭
9 円 50 銭
うち記念配当金
1 円 00 銭
1 円 00 銭
―
27 年 3 月期
1株当たり年間配当金
期末記念配当金
期末普通配当金
中間配当金
20.0
(円)
1.0
19.0
17.0
15.0
13.0
13.0
13.0
13.0
13.0
9.5
11.0
7.0
10.5
9.5
8.5
9.5
8.5
6.5
6.5
6.5
6.5
6.5
6.5
6.5
6.5
6.0
5.0
6.0
6.5
7.5
19年3月期 20年3月期 21年3月期 22年3月期 23年3月期 24年3月期 25年3月期 26年3月期 27年3月期 28年3月期
予定
- 10 -
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
Ⅱ.平成27年3月期決算の状況
1.損益状況【単体】
(単位:百万円)
27年3月期
業務粗利益
(除く国債等債券損益(5勘定尻))
国内業務粗利益
(除く国債等債券損益)
資金利益
役務取引等利益
その他業務利益
うち国債等債券損益
国際業務粗利益
(除く国債等債券損益)
資金利益
役務取引等利益
その他業務利益
うち国債等債券損益
経費(除く臨時処理分)
人件費
物件費
税金
業務純益(一般貸倒引当金繰入前)
(除く国債等債券損益)
一般貸倒引当金繰入額(注)
業務純益
うち国債等債券損益
臨時損益
うち貸倒引当金戻入益(注)
うち償却債権取立益
うち株式等損益(3勘定尻)
経常利益
特別損益
うち固定資産処分損益
固定資産処分益
固定資産処分損
税引前当期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法人税等合計
当期純利益
(
(
(
(
(
①一般貸倒引当金繰入額(注)
②不良債権処理額
貸出金償却
個別貸倒引当金純繰入額(注)
偶発損失引当金繰入額
延滞債権等売却損
③貸倒引当金戻入益(注)
④与信費用(①+②-③)
⑤償却債権取立益
⑥実質与信費用(④-⑤)
99,452
98,460
98,942
97,950
99,977
△2,027
992
991
510
510
391
23
95
-
45,600
18,114
24,300
3,184
53,852
52,860
-
53,852
991
△2,000
2,485
747
△221
51,850
△1,050
△1,071
-
1,071
50,799
16,852
1,811
18,664
32,135
26年3月期比
8,585
7,695
8,650
7,760
7,978
△220
891
890
△65
△65
△48
0
△17
-
2,261
2,243
220
△203
6,325
5,435
-
6,325
890
162
△937
△24
△272
6,487
△863
△795
△33
762
5,624
1,628
△587
1,042
4,582
-
4,211
2,249
-
△60
2,023
2,485
1,726
747
979
-
△1,051
△485
-
△32
△534
△937
△114
△24
△89
26年3月期
90,867
90,765
90,292
90,190
91,999
△1,807
101
101
575
575
439
23
112
-
43,339
15,871
24,080
3,387
47,527
47,425
-
47,527
101
△2,162
3,422
771
51
45,363
△187
△276
33
309
45,175
15,224
2,398
17,622
27,553
)
)
)
)
)
-
5,262
2,734
-
△28
2,557
3,422
1,840
771
1,068
(注)平成 27 年 3 月期において、一般貸倒引当金の取崩額が個別貸倒引当金繰入額を上回り、貸倒引当金が取崩超過とな
りましたので、取崩超過額を「臨時損益」の貸倒引当金戻入益に計上しております。
平成 26 年 3 月期において、一般貸倒引当金ならびに個別貸倒引当金が取崩となりましたので、取崩額を「臨時損益」
の貸倒引当金戻入益に計上しております。
- 11 -
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
損益状況【連結】
(単位:百万円)
27年3月期
連結粗利益
資金利益
役務取引等利益
その他業務利益
経費(除く臨時処理分)
実質与信費用
株式等関係損益
持分法による投資損益
その他
経常利益
特別損益
税金等調整前当期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
法人税等合計
少数株主利益
当期純利益
①一般貸倒引当金繰入額
②不良債権処理額
貸出金償却
個別貸倒引当金繰入額
延滞債権等売却損
偶発損失引当金繰入額
③貸倒引当金戻入益
④与信費用(①+②-③)
⑤償却債権取立益
⑥実質与信費用(④-⑤)
106,008
105,419
△1,122
1,711
48,407
3,266
△221
65
△772
53,405
△1,044
52,360
17,537
1,848
19,385
83
32,891
26年3月期比
9,574
8,781
△235
1,028
2,195
291
△246
92
361
7,295
△875
6,419
1,601
△450
1,151
△17
5,284
-
5,895
3,820
-
2,135
△60
1,592
4,302
1,036
3,266
-
△743
△65
-
△646
△32
△1,027
284
△7
291
26年3月期
96,434
96,638
△887
683
46,212
2,975
25
△27
△1,133
46,110
△169
45,941
15,936
2,298
18,234
100
27,607
-
6,638
3,885
-
2,781
△28
2,619
4,018
1,043
2,975
(注)連結粗利益=(資金運用収益-資金調達費用)+(役務取引等収益-役務取引等費用)
+(その他業務収益-その他業務費用)
(参考)
(単位:百万円)
連結業務純益
57,600
(注)連結業務純益= 連結粗利益 - 連結経費 -
びに平成 27 年 3 月期は「-」)
7,378
50,222
連結一般貸倒引当金繰入額(平成 26 年 3 月期なら
(連結対象会社数)
(単位:社)
連結子会社数
持分法適用関連会社数
8
1
-
-
8
1
2.業務純益【単体】
(単位:百万円)
27年3月期
業務純益
職員一人当たり(千円)
53,852
33,594
- 12 -
26年3月期比
6,325
3,703
26年3月期
47,527
29,891
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
3.利ざや【単体】
(全店)
(単位:%)
27年3月期
(1)資金運用利回
(A)
2.65
(イ)貸出金利回
3.49
(ロ)有価証券利回
1.20
(2)資金調達原価
(B)
1.30
(イ)預金等利回
0.10
(3)預貸金利ざや
(4)総資金利ざや
2.19
(A)-(B)
1.35
26年3月期比
0.02
0.11
0.30
△0.01
0.01
0.13
0.04
(国内)
26年3月期
2.63
3.38
0.90
1.31
0.09
2.06
1.31
(単位:%)
27年3月期
(1)資金運用利回
(A)
2.66
(イ)貸出金利回
3.51
(ロ)有価証券利回
1.18
(2)資金調達原価
(B)
1.27
(イ)預金等利回
0.10
(3)預貸金利ざや
(4)総資金利ざや
2.20
(A)-(B)
1.39
26年3月期比
0.02
0.11
0.32
△0.01
0.01
0.12
0.04
26年3月期
2.64
3.40
0.86
1.28
0.09
2.08
1.35
4.ROA・ROE【単体】
(単位:%)
27年3月期
ROA
ROE
業務純益
当期純利益
業務純益
当期純利益
1.31
0.78
23.34
13.92
26年3月期比
0.07
0.06
0.53
0.70
26年3月期
1.24
0.72
22.81
13.22
5.有価証券関係損益【単体】
(単位:百万円)
27年3月期
26年3月期
-
26年3月期比
890
△11
344
△187
△369
-
△221
△272
51
売却益
387
334
53
売却損
-
△2
2
609
609
-
国債等債券損益(5勘定尻)
991
売却益
15
償還益
1,097
売却損
0
償還損
121
償却
株式等損益(3勘定尻)
償却
- 13 -
101
26
753
187
490
-
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
6.自己資本比率(国内基準)
【単体】
(単位:百万円)
27年3月末
自己資本比率
自己資本(コア資本)
コア資本に係る基礎項目
コア資本に係る調整項目(△)
リスクアセット等
26年3月末比
26年3月末
11.59%
0.17
11.42%
267,294
19,601
247,693
271,341
23,549
247,792
4,046
3,948
98
2,305,278
138,001
2,167,277
【連結】
(単位:百万円)
27年3月末
自己資本比率
自己資本(コア資本)
コア資本に係る基礎項目
コア資本に係る調整項目(△)
リスクアセット等
- 14 -
26年3月末比
26年3月末
11.69%
0.22
11.47%
272,831
20,814
252,017
279,778
25,331
254,447
6,947
4,518
2,429
2,332,561
136,998
2,195,563
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
Ⅲ.貸出金等の状況
資産内容の開示における各種基準の比較
【単体】
(平成 27 年 3 月末)
(単位:百万円)
開示基準別の分類・保全状況
自己査定結果(債務者区分別)
金融再生法の開示基準
対象:貸出金等与信関連債権
区
分
分
与信残高
非分類
対象:貸出金
等与信関連債権および当社保証付私募債
類
Ⅱ分類
リスク管理債権
対象:要管理債権は貸出金のみ、その他は貸出金
区
Ⅲ分類
Ⅳ分類
分
与信残高
担保・保証
引当額
保全率
区
分
残
高
破綻先
663
298
364
―
(293)
―
(293)
実質破綻先
6,877
3,639
3,238
―
(2,566)
―
破産更生債
権およびこ
れらに準ず
る債権
7,540
破綻先債権
4,680
2,859
100%
(2,566)
延滞債権
破綻懸念先
18,817
9,655
7,075
(1,662)
2,085
―
(1,662)
18,817
19,391
15,068
1,662
88.91%
10,298
2,961
3カ月以上
延滞債権
254
貸出条件緩
和債権
19,136
合計
45,631
68.37%
要管理先
29,598
1,176
28,421
―
―
小計
45,748
注
30,047
7,483
82.03%
意
先
要管理先以外
の要注意先
176,850
37,180
139,669
―
―
正常債権
2,986,155
正常先
2,799,048
2,799,048
―
―
―
2,850,998
178,769
2,085
―
合計
3,031,854
(4,522)
(1,662)
(2,859)
合計
3,031,904
(注1)貸出金等与信関連債権:貸出金・支払承諾見返・外国為替・貸付有価証券・貸出金に準ずる仮払金・貸出金未収利息
(注2)自己査定結果(債務者区分別)における(
25,652
危険債権
要管理債権
要
587
)内は分類額に対する引当額であります。
- 15 -
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
1.リスク管理債権の状況
部分直接償却 (平成 27 年 3 月期 単体:2,567 百万円 連結:4,095 百万円)実施後
未収利息不計上基準(自己査定の破綻懸念先、実質破綻先、破綻先に対する未収利息は全額不計上)
【単体】
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
リ
ス
ク
管
理
債
権
587
△247
△272
834
859
25,652
△804
△3,565
26,456
29,217
254
△59
△50
313
304
貸出条件緩和債権額
19,136
△1,193
△1,471
20,329
20,607
合計
45,631
△2,302
△5,358
47,933
50,989
3,011,310
57,055
131,225
2,954,255
2,880,085
破綻先債権額
0.01
△0.01
△0.01
0.02
0.02
延滞債権額
0.85
△0.04
△0.16
0.89
1.01
3カ月以上延滞債権額
0.00
△0.01
△0.01
0.01
0.01
貸出条件緩和債権額
0.63
△0.05
△0.08
0.68
0.71
合計
1.51
△0.11
△0.26
1.62
1.77
破綻先債権額
延滞債権額
3カ月以上延滞債権額
【連結】
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
リ
ス
ク
管
理
債
権
26 年 9 月末
26 年 3 月末
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
923
△251
△312
1,174
1,235
30,569
△516
△3,192
31,085
33,761
254
△59
△50
313
304
貸出条件緩和債権額
19,136
△1,193
△1,471
20,329
20,607
合計
50,883
△2,019
△5,026
52,902
55,909
3,010,748
58,073
132,025
2,952,675
2,878,723
破綻先債権額
0.03
0.00
△0.01
0.03
0.04
延滞債権額
1.01
△0.04
△0.16
1.05
1.17
3カ月以上延滞債権額
0.00
△0.01
△0.01
0.01
0.01
貸出条件緩和債権額
0.63
△0.05
△0.08
0.68
0.71
合計
1.69
△0.10
△0.25
1.79
1.94
破綻先債権額
延滞債権額
3カ月以上延滞債権額
貸出金残高(末残)
貸
出
金
残
高
比
26 年 3 月末
26 年 3 月末比
貸出金残高(末残)
貸
出
金
残
高
比
26 年 9 月末
26 年 9 月末比
- 16 -
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
2.リスク管理債権に対する引当率
【単体】
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
リスク管理債権額
(A)
担保・保証等
(B)
貸倒引当金
(C)
引当率
(C/A)
保全率
(B+C)/(A)
45,631
30,038
7,375
16.16
81.99
26 年 9 月末比
△2,302
△1,773
△295
0.16
△0.37
26 年 3 月末比
△5,358
△4,245
△556
0.61
△0.80
【連結】
26 年 9 月末
47,933
31,811
7,670
16.00
82.36
50,989
34,283
7,931
15.55
82.79
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
リスク管理債権額
(A)
担保・保証等
(B)
貸倒引当金
(C)
引当率
(C/A)
保全率
(B+C)/(A)
50,883
31,624
9,740
19.14
81.29
26 年 9 月末比
△2,019
△1,665
△42
0.65
△0.12
26 年 3 月末比
△5,026
△4,132
△330
1.13
△0.67
26 年 9 月末
52,902
33,289
9,782
18.49
81.41
3.貸倒引当金等の状況
【単体】
26 年 3 月末
55,909
35,756
10,070
18.01
81.96
(単位:百万円)
27 年 3 月末
貸倒引当金
一般貸倒引当金
個別貸倒引当金
特定海外債権引当勘定
17,268
12,678
4,589
―
26 年 9 月末比
△1,290
△1,216
△75
―
26 年 3 月末比
△3,335
△2,754
△581
―
26 年 9 月末
18,558
13,894
4,664
―
【連結】
26 年 3 月末
20,603
15,432
5,170
―
(単位:百万円)
27 年 3 月末
貸倒引当金
一般貸倒引当金
個別貸倒引当金
特定海外債権引当勘定
22,673
15,038
7,635
―
26 年 9 月末比
△805
△1,054
250
―
26 年 3 月末比
△2,737
△2,400
△336
―
26 年 9 月末
23,478
16,092
7,385
―
4.金融再生法開示債権
【単体】
破産更生債権及びこれらに準
ずる債権
危険債権
要管理債権
合計
(A)
25,410
17,438
7,971
―
(B) /(A)
26 年 3 月末
26 年 3 月末比
7,540
22
△692
7,518
8,232
18,817
19,391
45,748
△1,093
△1,251
△2,323
△3,161
△1,521
△5,374
19,910
20,642
48,071
21,978
20,912
51,122
(単位:百万円、%)
27 年 3 月末
(B)
26 年 9 月末
26 年 9 月末比
5.金融再生法開示債権の保全状況
【単体】
保全額
貸倒引当金
特定債務者引当金
担保保証等
26 年 3 月末
(単位:百万円)
27 年 3 月末
保全率
26 年 3 月末
37,531
7,483
―
30,047
26 年 9 月末比
△2,089
△305
―
△1,785
26 年 3 月末比
△4,807
△555
―
△4,253
82.03
△0.38
△0.78
- 17 -
26 年 9 月末
26 年 3 月末
39,620
7,788
―
31,832
42,338
8,038
―
34,300
82.41
82.81
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
6.業種別貸出状況等
①業種別貸出金【単体】
(単位:百万円)
27 年 3 月末
26 年 9 月末
26 年 3 月末
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
3,011,310
57,055
131,225
2,954,255
2,880,085
70,142
3,009
10,493
67,133
59,649
5,664
△99
△547
5,763
6,211
479
8
5
471
474
―
―
△20
―
20
21,824
△1,101
△3,784
22,925
25,608
電気・ガス・熱供給・水道業
6,788
871
△59
5,917
6,847
情報通信業
1,510
△179
△252
1,689
1,762
運輸業、郵便業
13,045
△700
△732
13,745
13,777
卸売業、小売業
47,093
△2,080
△4,221
49,173
51,314
金融業、保険業
72,132
△9,154
△3,707
81,286
75,839
不動産業、物品賃貸業
87,619
799
△1,355
86,820
88,974
各種サービス業
43,073
△2,465
△4,728
45,538
47,801
国・地方公共団体
26,620
7,206
△890
19,414
27,510
2,615,311
60,940
141,022
2,554,371
2,474,289
国内店分
(除く特別国際金融取引勘定)
製造業
農業、林業
漁業
鉱業、採石業、砂利採取業
建設業
その他
②業種別リスク管理債権【単体】
(単位:百万円)
27 年 3 月末
26 年 9 月末
26 年 3 月末
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
45,631
△2,302
△5,358
47,933
50,989
7,620
△7
△430
7,627
8,050
農業、林業
32
32
32
―
―
漁業
33
0
33
33
―
鉱業、採石業、砂利採取業
―
―
―
―
―
2,105
△180
△547
2,285
2,652
6
0
6
6
―
情報通信業
126
0
0
126
126
運輸業、郵便業
360
△17
△14
377
374
卸売業、小売業
6,010
△156
△208
6,166
6,218
金融業、保険業
―
―
―
―
―
不動産業、物品賃貸業
5,907
△927
△1,521
6,834
7,428
各種サービス業
3,650
△408
△795
4,058
4,445
―
―
―
―
―
19,778
△638
△1,914
20,416
21,692
国内店分
(除く特別国際金融取引勘定)
製造業
建設業
電気・ガス・熱供給・水道業
国・地方公共団体
その他
- 18 -
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
③個人ローン残高【単体】
(単位:百万円)
27 年 3 月末
個人ローン残高
うち住宅ローン残高
うちその他ローン残高
26 年 9 月末
26 年 3 月末
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
2,610,205
60,457
139,683
2,549,748
2,470,522
1,956,248
△8,958
△203
1,965,206
1,956,451
653,957
69,416
139,886
584,541
514,071
④中小企業等貸出比率【単体】
(単位:%)
27 年 3 月末
中小企業等貸出比率
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
△0.51
△0.48
95.29
26 年 9 月末
95.80
26 年 3 月末
95.77
7.国別貸出状況等
①特定海外債権残高【単体】
該当ございません。
②アジア向け貸出金【単体】
該当ございません。
8.預金、貸出金の残高【単体】
(単位:百万円)
27 年 3 月
預金
26 年 9 月比
26 年 3 月比
26 年 9 月
26 年 3 月
(期末残高)
3,959,197
115,850
142,824
3,843,347
3,816,373
(平均残高)
3,813,149
23,760
252,923
3,789,389
3,560,226
貸出金 (期末残高)
3,011,310
57,055
131,225
2,954,255
2,880,085
(平均残高)
2,883,802
37,559
131,042
2,846,243
2,752,760
9.店舗数【単体】
(単位:店)
27 年 3 月末
店舗数
26 年 9 月末比
26 年 3 月末比
1
1
131
- 19 -
26 年 9 月末
130
26 年 3 月末
130
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
Ⅳ.時価のある有価証券の評価差額
1.評価差額
【単体】
(単位:百万円)
27 年 3 月末
時価
その他有価証券
株式
債券
その他
26 年 9 月末
評価差額
評価益
時価
評価損
26 年 3 月末
評価差額
評価益
時価
評価損
評価差額
評価益
評価損
73,052
30,820
31,271
451
64,339
19,388
20,451
1,062
63,339
15,936
17,177
1,240
52,687
26,794
27,209
414
42,859
16,465
17,507
1,041
40,111
13,729
14,821
1,092
1,933
40
40
0
2,530
44
44
0
2,749
47
48
0
18,431
3,985
4,021
36
18,948
2,878
2,899
20
20,479
2,159
2,307
147
(注) 1.記載金額は単位未満を切り捨てて表示しております。
2.時価のある子会社・関連会社株式は該当がないため記載しておりません。
3.「評価差額」ならびに「含み損益」は、期末時点の時価と取得原価との差額を計上しております。
4.満期保有目的の債券に係る含み損益は以下のとおりであります。
(単位:百万円)
27 年 3 月末
帳簿価額
満期保有目的の
債券
145,141
26 年 9 月末
含み損益
含み益
△162
帳簿価額
含み損
0
162 145,182
26 年 3 月末
含み損益
含み益
△342
―
帳簿価額
含み損
342 145,224
含み損益
含み益
△302
―
含み損
302
【連結】
(単位:百万円)
27 年 3 月末
時価
その他有価証券
株式
債券
その他
26 年 9 月末
評価差額
評価益
時価
評価損
26 年 3 月末
評価差額
評価益
時価
評価損
評価差額
評価益
評価損
74,321
31,868
32,319
451
65,323
20,152
21,214
1,062
64,237
16,612
17,852
1,240
53,111
27,120
27,535
414
43,216
16,724
17,765
1,041
40,411
13,931
15,023
1,092
1,933
40
40
0
2,530
44
44
0
2,749
47
48
0
19,277
4,707
4,743
36
19,577
3,383
3,403
20
21,077
2,633
2,781
147
(注) 1.記載金額は単位未満を切り捨てて表示しております。
2.時価のある子会社・関連会社株式は該当がないため記載しておりません。
3.「評価差額」ならびに「含み損益」は、期末時点の時価と取得原価との差額を計上しております。
4.満期保有目的の債券に係る含み損益は以下のとおりであります。
(単位:百万円)
27 年 3 月末
帳簿価額
満期保有目的の
債券
145,141
26 年 9 月末
含み損益
含み益
△162
含み損
0
帳簿価額
162 145,182
- 20 -
26 年 3 月末
含み損益
含み益
△342
―
含み損
帳簿価額
342 145,224
含み損益
含み益
△302
―
含み損
302
スルガ銀行(株)(8358)平成27年3月期決算短信
Ⅴ.退職給付関連
1.退職給付費用に関する事項
【単体】
区
分
勤務費用
利息費用
期待運用収益
数理計算上の差異の費用処理額
過去勤務債務の費用処理額
その他
退職給付費用
663
306
△614
△413
16
―
△42
(単位:百万円)
26 年 3 月期
615
393
△536
25
16
42
557
703
306
△614
△413
16
―
△2
(単位:百万円)
26 年 3 月期
663
393
△536
25
16
42
605
27 年 3 月期
【連結】
区
分
27 年 3 月期
勤務費用
利息費用
期待運用収益
数理計算上の差異の費用処理額
過去勤務債務の費用処理額
その他
退職給付費用
(注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、一括して「勤務費用」に含めて計上しております。
- 21 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
481 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content