close

Enter

Log in using OpenID

華道クラブ

embedDownload
華道クラブ
・・・クラブの目的・・・
生け花を通して、季節の花々に触れ、花の香りや色、形などを楽しんでいただくことや、
季節感などを味わっていただくことにより、利用者の方の五感を刺激する。
また、花を通して、季節の話や思い出話などに話題を広げることにより、利用者の方との
コミュニケーションを深めることにつなげる。
活動日:毎月第 2・4木曜日(変更あり)
活動場所:食堂ホール
所属利用者:○○氏、○○氏、○○氏、○○氏、○○氏、○○氏、○○氏、○○
氏、○○氏、○○氏
内容:講師による生け花
準備等:①テーブル(厨房側3台)に新聞紙を敷く。
②中庭にある華道クラブ倉庫から、花器・剣山、自販機横の棚から、名札、
ハサミを入れたBOXを取り出す。(その他、季節にあわせた飾り等があ
るときは、準備を行う。)
③花と花器、剣山を1セットにし、テーブルに並べる。
(花は、包装紙・輪ゴムを取り外しておく。また、花器に水を注ぐ。)
④華道クラブの放送を行い、クラブに所属されている利用者の方をテーブ
ルまで誘導する。
⑤講師の方、利用者の方と一緒に生け花を行う。
(活動の中で、花の名前の説明を行う)←花の領収書のコピーを使ってください。
季節に応じた飾り付け等も利用者の方と一緒に行ってください。
⑥花を生け終えたら、展示する。
玄関や談話コーナーの棚、食堂、機能回復訓練室のテーブルの上、
苑長室など(デイサポートからの参加者がいた場合は、デイサポー
トの食堂等)に花を飾る。その際、生け花の作品に名札をつけて展
示する。
⑦講師の方に、講師出席簿への印鑑をもらう。
次の活動日の確認を行う。
(講師の方の都合があられたり、苑行事と
重なったりする場合があるため、確認を行う)
⑧全て生け終わり、飾り終えたら、掃除を行う。
華道クラブで出たゴミや新聞紙などを捨て、掃除をする。使用した
テーブルの下・周辺の床の掃き掃除や、テーブル拭きも行う。
利用者の方との関わりについて:
① 花の名前を紹介したり、利用者の方に見えるように花を近づけ、花の香り
や色、形などを楽しんでいただく。
② 花を通して季節の話や、思い出話など話題を広げ、コミュニケーションを
図る。
③ 生け花を展示するときに、名札をつけることで、生け花の作品を作ったと
いう充実感や、次はどんな花を活けよう、どんな風に活けようという意欲
をもっていただくことにつなげる。
その他:
・剣山、ハサミの取り扱いに十分注意する。
・活けた花は、約 1 週間後に処分する。(枯れている花は取り除く)
・花の処分後は、花器・剣山を洗い、水気を拭き取り、華道クラブの
BOX にもどす。
(天候が良く、時間があれば、花器を天日干しする)
・飾っている花が、床や棚などに散っている場合、掃除をする。
・花の図鑑を見ながら、利用者の方とコミュニケーションをとり、
活動の中で活けてみたい花を聞く。
・花の水やり、ハサミとぎをクラブ担当者にて気がけて行う。
楽しんで活動していただけるよう、ご協力よろしくお願いします。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
164 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content