close

Enter

Log in using OpenID

現代アメリカの人種問題

embedDownload
2012年度 学部共通科目
「科学と人間」
7月13日
「現代アメリカの人種問題」
担当:吉岡宏祐
目次
• 過去の人種差別:南部の人種隔離法
• 「人種」概念の恣意性
• 現代アメリカの人種問題
過去の人種差別
南部の人種隔離法「ジム・クロウ」制度
• プレッシー対ファーガソン最高裁判決(1896)
「分離すれども平等」(separate but equal)と述
べ、公共施設で人種別に隔離することは合憲
と判断
経緯
• ホーマー・プレッシー:靴屋で働く男性(30歳)
8分の7が白人の血、8分の1が黒人の血
⇒容貌≠黒人
• 1892年、鉄道の白人車両に座ったため逮捕
• 1896年、最高裁は、州が鉄道車両を含む公
共施設で人種隔離することは合憲と判断
⇒「ホワイト・オンリー」、「カラード」表記の氾濫
「ジム・クロウ」制度の実例
(ンディアイ 2010)
• ジョージア州アトランタ、エレベーターを白人と黒
人用に
• オクラホマ州、電話ボックスを白人用と黒人用に
• ルイジアナ州、動物園や映画館、白人用と黒人
用の切符売り場を7.5メートル以上離して設置す
ることと規定
• ノースカロライナ州とフロリダ州、共同で使う学校
の教科書を白人の生徒用と黒人の生徒用で
別々に保管
「ジム・クロウ」制度の実例
(ンディアイ 2010)
• プール、水が汚れるという理由で、黒人は一
週間に一日、清掃前の日にしか入れないとこ
ろも
• テネシー州メンフィス(1927):自動車を運転し
ていた白人女性が事故で負傷、現場に駆け
付けた救急隊員が黒人男性で、白人女性に
触れることが禁じられていたため、適切な処
置ができずに白人女性は死亡
「ジム・クロウ」制度の実例
(ンディアイ 2010)
• 赤十字社(1942まで)、白人の血と黒人
の血を分けて保存、輸血の際も、白人に
は白人の血、黒人には黒人の血を使用
⇒このように、明確な「人種」区分が用い
られているが、そもそも「白人」や「黒人」と
は誰のことを指すのだろうか。
「人種」概念の恣意性
異人種間結婚禁止法
(堀西 2004, 山田 2006, フックス 2010)
• 植民地時代の1660年代に施行、
1800年までに10州で制定、1913年
に41州が制定、1960年代以降廃止
傾向に、1998年サウスカロライナ、
最後に残ったアラバマ州が2000年
に廃止
多数の「混血」者の存在
• 奴隷制時代における奴隷主による
黒人女性奴隷の性的搾取の結果
(収入源としての奴隷の繁殖)→1662
年法律:奴隷の母親から生まれた子
どもは奴隷と規定
禁止法関連訴訟における人種の判定方法
①被告の祖父母・父母らの人種から被告
の人種を判定
②被告の顔立ちや皮膚の色などの外見
的特徴から被告の人種を判定
③被告の社会的所属、人間関係から被告
の人種を判定
例:「ウィルソン対アラバマ州訴訟」
(1924年)
• 被告サラ・ウィルソンについての証言
• 「私はあの家[サラの住まいのこと]にいつも黒
人の女性たちがいるのを見ましたし、彼女は
通りで黒人と一緒でした。あるときには彼女と
別の黒人女性が、二人の黒人男性と一緒に
彼女の家から出てくるのを見たんです」
⇒サラの出自ではなく社会的行為自体が人種
判定の材料に
逆に「白人」とは?
• 「ウェーヴァー対アラバマ州訴訟」(1928年)
• 白人との付き合いがあり、みすぼらしい生活
をしておらず、十分に道徳的である人物と規
定
⇒主観的判断によって決定されていた「人種」
アメリカ合衆国の国勢調査に見
られる「人種」の恣意性
国勢調査における住民の分類基準(青柳 2010)
①1790年~1840年:自由人と奴隷の区分
世帯主の名前のみ記入、各世帯員については、
自由白人男性(16歳以上、もしくは15歳以下)、
自由白人女性、その他すべての自由人、奴隷
に分類して各々の人数のみを記入
②1850年~1860年:奴隷に対しては自由人と
は別の調査票を使用
自由人すべての名前が記載、各人について年
齢、性別、カラー(ホワイト、ブラック、ムラート)
の記載、自由人と奴隷とはそれぞれ別の調査
票を使用(奴隷用調査票には、奴隷所有者が各
奴隷の年齢、性、カラー(ブラック、ムラート)、身
体障害の程度などを記入、奴隷は番号によっ
て表示され、名前の記入は不要
③1870年~1880年:奴隷解放宣言を受け自由
人と奴隷区分が廃止
1863年のリンカーンによる奴隷解放宣言を受け、
自由人と奴隷を区分する項目や、奴隷用の調
査票は廃止、カラーの欄にはこれまでのホワイ
ト、ブラック、ムラートに加えて、中国人とイン
ディアンの選択肢を導入
④1890年~1920年:人種の詳細な区分
1890年には混血の割合によりムラート(3/8から
5/8までのブラックの血を持つ者)、クアドルーン
(quadroon)、オクトルーン(octoroon)を使用
⑤1930年~1960年:人種の詳細な区分の廃止
とムラートの「黒人化」
黒人の血が一滴でも入っていれば、ニグロ(ブ
ラック)に分類⇒「血の一滴ルール」(one drop
rule)
⑥ 1970年~1990年:人種の自己認定開始
• 従来は調査員が戸別訪問し手引書に従って
被調査者の人種を判定して記入
• 1960年からは回答者の自己認定も併用、
1970年以降は完全な自己認定へ(調査者に
よる訂正は禁止)
⑦2000年~現在 :人種の複数選択
• これまではただ一つの人種を選択するよう指
示されていたが、2000年以降、人種の複数選
択が可能に
• 2010年:白人75.1%、黒人12.3%、ヒスパニッ
ク12.5%、アジア系3.6%、アメリカ先住民
0.9%
現代合衆国における人種問題
スポーツと「人種」を巡る議論
人種分離撤廃の度合いによるスポー
ツ種目の分類(川島 2004)
①最も撤廃が進んだ種目
陸上、ボクシング、野球(95年MLB黒人選手の
割合19%)、アメリカン・フットボール(94年NFL黒
人選手の割合68%)、バスケットボール(94年
NBA黒人選手の割合8割強)
【共通項】:比較的低コストで練習を積むこと
のできる競技、巨額の資本に支えられて発展し
た大規模なスペクテータースポーツ
肌の色<能力重視⇒利潤の追求
②非白人の台頭によって注目を集める種目
テニス(ウィリアムズ姉妹)、ゴルフ(タイガー・
ウッズ)
【共通項】:「高コスト・スポーツ」、低所得の非白
人には手が届かないとされながらも、有名選手
の台頭
③現在なお白人が圧倒的多数を占める種目:
水泳、アーチェリー、バドミントン、カヌー・カヤッ
ク、サイクリング、乗馬、ヨット、フィールドホッ
ケーなど
【共通項】:これらの種目のオリンピック代表は
アメリカ史を通じてほぼ白人
スタッキング(stacking)を巡る問題
• スタッキングとは:ポジションの固定化
• 「白人は、専門知識が豊富で的確な状況判
断ができて統率力に優れている。一方、黒人
は、ボールを持って走ったり、ボールを遠くに
飛ばしたり、ダンクシュートを決めたりするの
に適した身体的能力を有している」といった遺
伝的特性を強調する言説(平井 2004)
スタッキングの例
• バスケットボール:黒人の占有率が高いため、
2、30年前に消滅
• 野球:白人に比べて黒人のピッチャーや
キャッチャーが極端に少ない
• フットボール:圧倒的に少ない黒人のクォー
ターバックやポイントガード
スタッキング問題の移行
(選手⇒管理職)
• 引退した黒人選手が経営や管理職部門に昇
進する可能性が白人に比べて極めて低い
• 1995年時点で三大プロスポーツにおける有
色人種のチーム・オーナーは一人のみ
現代合衆国の住宅差別
「人種操舵」(racial steering)
• 有色人が人種的に統合された住宅地を望ん
でも、あの手この手を使って同じ人種が住む
地域へ追いやること
• 2010年国勢調査:デトロイト市住民の82.7%
が黒人、フォード高速道路を隔てたディア
ボーン郊外の住民は黒人4%、白人86%以
上(バーダマン 2011)
サブプライム・ローン問題
(Powell 2009, ワイズ 2011)
• 信用度の低い顧客に高い金利で貸し出す融
資 優良客(プライム層)よりも下位の層
• 2006年までの統計でラティーノと黒人の住宅
ローンがサブプライム・ローンになる率は白
人の2.5倍~3倍
ニューヨーク市の例
• 年収6万8000㌦以上の黒人世帯がサブプライ
ム・ローンへ回された率は、年収が同じかそ
れ以下の白人世帯の5倍。これが意味するの
は、35万㌦中期ローンでいうと、ローン完済ま
でに黒人世帯は白人世帯より25万ドル以上
余分に利払いする必要性
黒人団体が、大手銀行ウェルズファーゴ
に対して訴訟を起こした裁判(2010年)
• 元ウェルズファーゴ社員による宣誓供述書の
証言
• 貸付担当者たちが黒人顧客を習慣的に「人
間の滓(mud people)」と呼んでいたこと、黒人
に販売したローンを「ゲットー・ローン」と呼ん
でいたこと、そして黒人顧客をうまくサブプラ
イム・ローンへ誘導した貸付担当者にはボー
ナスが支給されていたことが明らかに
ウェルズファーゴでサブプライム・ローン販売成
績トップだった元社員の証言
• 低利のプライム融資を受ける資格がある顧
客でも、それが黒人であると、銀行はあの手
この手で高利のサブプライム・ローンへ誘導
• 貸付担当者は黒人顧客の信用度情報を改ざ
ん。信用度が低い申し入れ者の情報をコン
ピューターで切り取って、それを信用度が高
い黒人申込者の情報欄に張りつけ、その人
をプライム・ローンからサブプライム・ローンへ
とランク下げ
アファーマティブ・アクションの推進
アファーマティブ・アクション
(Affirmative Action)
• 「積極的差別是正措置」
• 当初はマイノリティの差別を撤廃し、なおかつ
彼らの社会参画の促進を通じて多様性を実
現する方策として導入・展開
• A.A.の起源
1960年代に民主党のケネディ、ジョンソン両大
統領が発布した大統領行政命令
ジョンソン大統領の演説(1965年6月)
100ヤード競走で1人が足枷をつけ、もう1人が足枷
のない状況を想像してみよう。足枷をはめた人が
10ヤード走ったとき、他の走者は50ヤードまで行っ
ていた。この状況をどう是正するのか。足枷をはず
すだけでレースを続行させるのか。足枷をはずす
ことで「平等の機会」がもどったといえるかもしれな
い。しかし、40ヤード先に走者がいるのだ。足枷を
つけていた走者を40ヤード進ませるのが公正とい
うものではないのか。これが平等に向けてのア
ファーマティブ・アクションであろう。
「機会の平等」⇒「結果の平等」へ
1964年公民権法
• 公共施設、公的教育機関での人種差別の禁
止、職場における人種・肌の色・出身国に基
づく雇用差別の禁止
⇒「機会の平等」の実現
しかし、社会に残存する過去の差別の影響
⇒「結果の平等」による教育、雇用、契約の分
野における差別是正
ミシガン大学における二つのア
ファーマティブ・アクション関連訴訟
グラッツ対ボリンジャー訴訟(Gratz v.
Bollinger 2003)
• ミシガン大学学部のA.A.を巡る訴訟
• 「多岐にわたる」(miscellaneous)区分
【十分に代表されていないマイノリティ集団の構
成員か否か、マイノリティが圧倒的多数を占め
る高校に通っているか否かという基準】これを
満たした場合には、20点を自動的に付与
⇒2003年、最高裁は、学部入学者選抜時にお
いて施行されていたA.A.を違憲
グラッター対ボリンジャー訴訟
(Grutter v. Bollinger 2003)
• 裁判の争点:十分に代表されていないマイノ
リティ学生を「必要不可欠な数」(critical mass)
入学させるという目標の正当性
• 多様性の重要性を説いた最高裁とその理由
• 1)大学にとっての「教育的恩恵」
• 2)企業にとっての「非理論的ではあるが現実
的な恩恵」
⇒法科大学院のA.A.を合憲とした最高裁判決
多様性とは
• 多様性(diversity):人種・民族・性別等といっ
た広く異なる特徴を有する個々人が、教育・
契約・雇用の分野において、一定の割合で共
存している状態
企業による「多様性」擁護論
企業による法廷助言書(法的根拠を述べた請
願書)
• 2000年7月17日:GMによる法廷助言書
• フォーチュン500社に数えられる全米の大企
業33社による法廷助言書(2001年5月31日)
⇒ミシガン大学学部・大学院双方において施行
されていたA.A.に支持を表明
A.A.を支持した背景
1. 企業のイメージ戦略
助言書を提出した大企業33社のうち4分の1以
上が人種差別関連訴訟を提起されていた
⇒A.A.関連訴訟においてA.A.擁護の姿勢を見
せることによって、企業は低コストでイメージを
回復させようとした(Anonymous 2001, June 22)。
2. 多様性を確保することによって経済的発展を
成し遂げようとする思惑
• 大企業33社による助言書:「多様な環境で教
育を受けた様々な背景を持つ個々人」が、
「世界市場における法廷助言者[大企業33社]
の継続的な成功にとって欠かせない」。
(傍点原文、Brief of 3M, et al. 2001)
⇒経済的観点から多様性を希求する声は、
他の多くの企業にも共有
• 職場における多様性とは「人事の域をはるか
に超えた問題であり、それはまた***良い
商売のためでもある」(***原文)
• 「同僚が持つ背景や能力の多様性は競争上
の優位性を意味すると考える。それ故、多様
性に傾倒することは日常的な責務なのであ
る」(Brief of General Motors Corporation 2001)
⇒多様性の確保は企業国家アメリカにとって至
上命題
大学に多様な人材の輩出を要請する
企業
• ミシガン大学アナーバー校工学研究科長ス
ティーブン・W・ディレクター(Stephen W. Director)
の言説(Schmidt 2000)
• 「我が研究科のみならず全ての大学は、多様性
を増大させるようにという産業界の圧力のもとに
ある。我々が四六時中企業から言われることと
言ったら、これまで多様性を増大してきたことに
対する感謝と、今後はこれまで以上に多様性を
増大して欲しいとの要求である」。
• ⇒ミシガン大学工学研究科だけで、マイノリ
ティ学生用の奨学金やプログラムのために企
業が提供する支援金の額は年額80万ドル(5
年前の1995年より180%以上の増加)
• さらに、1999年度工学研究科が受け取った企
業献金は総額560万ドル、その他にも企業か
らは無制限の支援が提供。これら支援はマイ
ノリティの卒業生を何名輩出したかという実績
に基づいて算出(Schmidt 2000)
まとめ
• 経済界が多様性推進に見出した大義
グローバル化する経済のもと、企業が内部に多
様な人材を抱えることが競争力の強化や延い
ては国力の増強に資するといった経済的利害
主要参考文献
• ジェームス・M・バーダマン(水谷八也
訳)(2007)『黒人差別とアメリカ公民権運動』集
英社。
• ティム・ワイズ (脇浜義明訳)(2011)『アメリカ人
種問題のジレンマ―オバマのカラー・ブライン
ド戦略のゆくえ』明石書店。
• パップ・ンディアイ(明石紀雄監修)(2010)『アメ
リカ黒人の歴史―自由と平和への長い道の
り』、創元社。
主要参考文献
• 青柳まちこ(2010)『国勢調査から考える人種・
民族・国籍―オバマはなぜ「黒人」大統領と呼
ばれるのか』、明石書店。
• 川島浩平(2004)「スポーツと人種」、明石紀雄
監修(2004)『21世紀アメリカ社会を知るため
の67章』、明石書店、123-6頁。
• 上坂昇(1992)『増補アメリカ黒人のジレンマ
「逆差別」という新しい人種関係』明石書店。
小テスト
1. 「分離すれども平等」と判断した最
高裁判決は次の内どれでしょう。
①ブラウン対教育委員会判決
②プレッシー対ファーガソン判決
③グラッツ対ボリンジャー判決
④グラッター対ボリンジャー判決
2. 異人種間結婚関連訴訟で行われた人種の
判定法として間違っているのはどれでしょう。
①家族の人種から被告の人種を判定
②人間関係から被告の人種を判定
③採血の結果から被告の人種を判定
④外見的特徴から被告の人種を判定
3. 20世紀転換期において黒人の血を1/8有す
る人は何と呼ばれていたでしょう。
①ムラート
②クアドルーン
③オクトルーン
④ホワイト
4. 最も人種分離撤廃の進んだスポーツ種目の
組み合わせとして正しいのはどれでしょう。
①水泳、アーチェリー、サイクリング
②乗馬、テニス、ゴルフ
③陸上、ボクシング、バスケット・ボール
④カヌー・カヤック、ヨット、フィールドホッケー
5. マイノリティの差別を撤廃し、社会参画の促進に
よって多様性を実現しようとする方策は何か。
①スタッキング(stacking)
②アファーマティブ・アクション(Affirmative Action)
③人種操舵(Racial Steering)
④ジム・クロウ(Jim Crow)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
626 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content